競馬

7月8日(土)上質なこの一瞬を忘れない!

 灼熱の朝
「大宮だけ止まるやまびこ号にのって福島へ」
それにしても
「夏の福島へ参戦することになるとは。。。。」
とにかく
「とんでもなく暑いので、タクシーに乗って、何年ぶりか記憶がないくらい久しぶりの福島競馬場」
へ。。。。
Img_3528
(とうとう福島へ)


 念のため2時間くらい前に到着したけれど
「まあ、気が気ぢゃないですよ」
だって
「あまりにもメムバー揃った」
「調子も前々走がピークだった?」
「なにもよりによって1150で1枠はねえだろ、包まれちゃうぢゃん」
「騎乗予定だった大野が1番人気の馬を選んだ」
「その代わりに田辺の騎乗が決まっていた が先週落馬で乗れず」
「最悪5着外すと、このまま引退して、園田で3つもしくは南関東で2つ勝ってもどってくる?」
なんてことを考えているわらしと
「一度しか走っていないけれど、明らかに右回りの方が走りがスムース」
「東京よりも、まぎれのある小回りの方がよさそう」
「しかも絶好の1番枠ぢゃん」
「この灼熱の暑さは、いよいよすいかの季節到来だ!」
「実は、いまだからいうけれど、デビュー前から北村Jに乗ってほしかったんですよ。だって2年前のクリスマスパーティーで、北村Jの方から、こないだテレビ出てましたよね?と話しかけられ、いつか一緒に写真とりたいね!と話していた約束が果たせるかも!」
といふ。
「二人のわらしがいました」
ですよ。。。。
Img_3534
(E感じ!)


 いよいよ
「ドキドキのパドック」
えっと
「Eっすよ!明らかに前走よりE」
はっきりいって
「自信でましたよ!」
。。。。。

 周回を重ねても
「大野騎乗の1番人気の馬よりよく見える」
いよいよ騎乗の際に
「北村さんよろしく!」
と一声かけて
「アイコンタクト完了」
なんか
「明らかにE感じ」
ですよ。。。。
Img_3540
(ご縁ある北村ジョッキー!)

 
 本馬場入場も
「しっかりゴール板まで歩かせてから、ゆっくり返し馬へ」
ここで、社台S氏から入電
「なんか疲れているみたいだねえ。。。」
と、
「なんのためにかけてきたのか不明な電話は聞き流し」
そして
「いよいよスタート!」
しっかり出たところで
「逃げ集団のすぐ後ろへつけて」
いきますですよ。。。。
Img_3541
(馬を落ち着かせます!)


 ある意味
「超理想の展開」
これで
「包まれなければ!」
と思う間もなく
「4コーナー」
短い直線コースへはいり
「あと200」
といふことろから
「北村が盛大に、すいかに気合をつけます!」
そこから
「どうだ?伸びるのか?外から来られるのか?」
と考える間もなく
「内からE足で伸びてきましたよ」
ここからは
「周囲の皆さんを気にすることなく、盛大に声をだし!机をたたきました!」
そふ
「夢にまで見た初勝利の瞬間!」
でござひます。。。。。
Img_3564
(きたあ!!)


 急ぎ下へ降りて
「抱き合うやら、握手するやら」
もう
「何がなんだかわからないっすよ」
ほんと
「生きていてよかった!」
といふかなんといふか
「応援してくてた皆さんに心から心から感謝」
ですよ!
Img_3557
(よーく頑張りました!)


 ほんと
「うれしゅうござひますよ」
北村ジョッキーと出会いからの流れも面白けれど、
「大野君が、出てきて おめでとうござひます!と握手を求めてくれたのもうれしゅうござひます」
いやあ
「長かった!」
のか
「早かった」
のか
「わかりませんが、おしい競馬が続く、生みの苦しみが大きかったので喜びもひとしおですよ」
一通り儀式を終えてエレベーターへ乗ろうとしたら
「バッタリあったM会長からも祝福のお言葉をいただき」
これまだ。。。。
Img_3543
(北村ジョッキーありが10!)


 急ぎ
「タクシーに飛び乗って駅へ」
車内で
「たくさんあった着信・メッセージなどを確認」
まづは
「T社長にお礼」
乗れるかどうか微妙だった
「1338のやまびこ号に間に合ったので、運転手さんにチップ」
を渡して。。。。
Img_3542
(一番がむばったのはもちろんすいか君!)


 車内で
「レースVTRを繰り返し繰り返し見て、さらに興奮がたかまった」
ところで
「仙台へ到着」
改札の外へ出て、いつもの
「北辰鮨さんで、ビアと梵天丸」
いやあ
「こんなにうまいビアは初めて」
ほんと
「一気に飲み干しました」
勿論支払いは
「上質なダイナースカード」
でござひますけどね。。。。
Img_3558
(最高にうまいビア)
Img_3560
(おなじみ)

 仙台滞在50分で
「はやぶさ号に乗りつぎ」
ようやく落ち着いたところで
「皆さんにお礼をおくります」
合間には
「レース映像を繰り返しみちゃったりして」
まさに
「上質な時間」
だよねえ。。。。
Img_3565
(ついたねえ)
Img_3563
(上質なビスケットサンド)

 320キロの俊足で
「あっといふ間に盛岡」
実は
「ここから先は初乗り区間」
盛岡を発車すると
「最高速度が一気に60キロ落ちて260キロ」
正直
「とにかく遠いし、遅いんだけれど、今日のところは気にならないっすよね」

「新青森」
からは
「北海道新幹線へ初乗り」
なんだけれど
「青函トンネルへ入る前から遅いっすよ、140キロくらい?」
本来なら
「盛大に酷評して断じるところなんだけれど、今日のところは気にならないっすよ」
まあ
一回くらいは乗らないとね」
。。。。。
Img_3561
(誇らしげな行き先表示)
Img_3578
(ほぼ貸し切り)
Img_3574
(函館山がお出迎え!)


 どれくらい乗っていたか分からないけれど
「なんとか新函館北斗駅へ到着」
いやあ
「この駅は、ちょっとやばいくらいの駅ですねえ」
本来なら
「盛大に酷評するところなんだけれど、今日のところは気にならないっすよ」
20分ほどの待ち合わせで
「スーパー北斗19号へ乗車」
なんだけれど
「乗り継ぎ時間って10分くらにならないのかしらん?」
と思ひつつ、
「新型ディーゼル特急はうなりを上げ北へむかひます」
。。。。
Img_3580
(やってきました北の大地へ)
Img_3579
(行き止まりなのに片方下り???)
Img_3595
(いよいよ最終走者)
Img_3598
(大沼)

 函館本線を北上するのって、
「それこそカシオペアだかトワイライトエクスプレス以来?」
か分からないけれど
「Eっすねえ」
車内で
「レ-ス映像を繰り返し見て、さらに皆さんへお返事を書いて」
まさに
「上質な時間を堪能」
していると、
「東京を出てから11時間、福島を出てから7時間、登別へ到着」
バスに乗って
「まさに上質な温泉 第一滝本館」
へチェックイン。。。。。。
Img_3604
(噴火湾を右手に)


 急ぎ
「温泉天国」
へ駆け込み
「超上質な金蔵の湯」
を筆頭に
「盛大に盛大に長旅の疲れを癒しますですよ」
ほんと
「これぞ上質な空間、重質な時間」
でござひますよ。。。。。
Img_3607
(あ!上質になった!)
Img_3608
(こっちも!)

 1時間ほど
「徹底的に湯あみ」
して
「ふにゃふにゃ」
になったところで
「いつもの上質なラーメンやさん」
入場すると
「あら、うしさん1年ぶりくらいですかね!」
と、上質なおもてなしを受け
「サッポロクラシックとみそラーメンで祝杯」
御食事中も、当然
「上質なレース映像を繰り返し見ながら」
これ
「上質なのツマミ」
でござひますよ。。。。
Img_3610
(最高にうまいビア)


 おなかもいっぱいなったところで
「再度温泉天国へ」
もう
「何も考えずに、上質な湯を楽しみます」
いつまでも、いつまでも。。。。。
Img_3611
(上質なラーメン)


 かつて
「藤波辰巳に勝った長州力」

「俺の人生でも、1日くらいこんな日があってもいいだろう」
と、つぶやいた日のことを思ひだしましたですよ、そふ
「夢なら醒めないでほしいですよ」
改めて
「リスクをとった者だけが夢を語ることが許される」
いやあ
「リスクとってよかったですよ!夢が現実になりました!」
ですよ
「本当に本当にありが10!!!!!!!」
。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日(土)神様は昼も夜も試練を

 やっぱり
「深夜に数回起きて、最終的に6時起床」
なんだかんだ
「ウダウダ」
やっても盛大に時間が余ってしまひ、9時過ぎには
「上半期最後の東京競馬場」
へ到着。。。。
Img_2465
(マイナス2キロ)


 当たり前だけれど
「消化試合感がプンプン」
でござひますが
「わらしにとっては、最後の大勝負」
といっても過言ではござひませぬ。。。。

 わかってはいたけれど
「パドックいっても、師も社長もS南氏も、K原氏さえも、本当に誰もいないっていふのは寂しゅうござひます」
けれど
「そんなときこそ勝つもんだ!」
と思ったりもする今日この頃でござひますが
「わらしの競馬の原点であり、まさに上質な男の生き方を実践している、しんちゃんさんが応援に参戦」
してきてくれているのが、心強いですよ。。。
Img_2471
(ルメールならなんとかしてくれると信じるしか)


 パドックでは
「-2キロ」
正直なところ
「叩き3走だった前走が究極の仕上げだったのかしらん」
といふのが偽らざる気持ちでござひます。。。。

 それにしても
「まさかの3着」
しかも
「最後はアップアップの3着」
テキから釈明電話が入ったけれど
「それにしても。。。。」
って感じで
「とうとう土俵際まで追い詰められましたね」
おそらく
「新潟では勝てないでしょう、勝つなら次の福島1150」
これを
「うまく先行してなだれ込めば」
って感じでござひますよねえ。。。。
Img_2472
(返し馬もよしだったけれど)


 当たり前だけれど、
「わらしは上質な男にはなれなかった」
といふことのやふでござひます。。。

 当然のやふに
「これ以上、ここへとどまる理由はなにもない」
ので
「府中まで歩いて、準特急から都営新宿線へ乗り継いで」
オフィスへ向かったら
「灼熱の太陽の下、しろもち君がお出迎え」
なんか
「涙でそう」
でござひますよ。。。。。
Img_2476
(しろもち君がお出迎え)


 まあ、
「開き直って、飛行機の予約ほか詳細なスケジュール調整を徹底的に」
とにかく
「来週以降は盛大ですなあ」
しばらくは
「すいかのことは忘れて、上質を探し求めるしかないよう」
だよねえ。。。。

 全く気が乗らないけれど
「半年前からの約束なのでドームへ」
待ち合わせの
「22番ゲート前」
で待機していると、K川氏から
「どの柱の前?」
と問い合わせが入り、あわてて確認すると
「監督さんの柱」
といふことが判明しましたですよ。。
Img_2478
(監督さんの柱前)


 恒例の
「まづいブッフェ」
をいただき、一応試合を見ますが
「あまりにも予想通りに全く打てませぬ」
ですよ。。。
Img_2486
(今年もブッフェ)
Img_2487
(う~ん)

 もう慣れたけれど
「あんまりにもあんまりなので、ここにいても時間の無駄なので8回表で帰ろう」
と提案すると、
「今日はだめ!試合終了後にグラウンドへ降りれるんだ!」
と力説される。。。。
Img_2508
(うれしそう)


 まあ、ご招待された立場なので
「いやいやついていくと」
なんか
「小部屋へ通されて、説明を受けます」
なんと
「ヒーローインタビュー?ハイタッチ????」
これ
「全然聞いてねえよ!」
。。。。
Img_2529
(なんだこいつは?)


 もう
「ここから引き返すわけにもいかず、大人の対応」
をさせていただきました。。。。
Img_2533
(勝ち誇ったやふに)


 それにしても
「ヨウダイカンやらジャビットジジイやらとハイタッチすることになるとは。。。。」
まあ、それはともかく
「試合直後にキャッチャーに指導している田口かっこよかったすよ」
あとねえ
「マリンよりはるかに人工芝固いっすね」
そして
「アンツーカーといふか、ホーム周辺の土はとんでもなく固い」
てなところが感想でござひまひた。。。。
Img_2509
(おお!)


 もう
「疲れ果てましたよ」
だって
「昼はあんまりにもあんまりな結果」
だし、
「夜も試合は予想通りの結果」
だけれど
「さらに、こんな仕打ちを受けるとは」
これぢゃ
「上質な男どころぢゃないですよ」
。。。。。
Img_2532
(こ、これは。。。。)
Img_2538
(撮影に夢中)

 ほんと
「神様は試練を与えるなあ」
でも
「神様は乗り越えられない試練は与えない」
といふのは
「嘘だね」
と思ひつつ、力尽きて意識遠のきますですよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月28日(日)ルメールでも勝てない。。。

 9時前
「快晴の東京競馬場へ到着」
前回が盛大過ぎたので、今回は少々控えめに
「3人の応援団と合流」
して
「いざパドックへ!」
えっと
「中3週で+8」
なんとなく
「これはよさそう」
といふ気配。。。。
Img_1807
(明らかに体調よさそう)


 ひとつきぶりの再会ですが
「いまままでで一番いい仕上がり」
これは
「わらしが言うんだから、間違いない」
ですよ。。。。

 あさイチから
「ノリノリのナオキング」
はルメールに
「フランス語で がむばれ!」
って叫んだら、こちらを振り向いてくれました。。。。
Img_1813
(感慨深いねえ)


 もう
「これ以上ない完璧なスタート」
から
「好位を追走」
して、
「4角から直線向いたところで、前がバテてきたので、うちをついて一気に先頭へ!」
もうねえ
「これはもらった!楽勝だ!」
と思ったら、
「昨日の時点で、わらしがすいかと無関係なら、買うのはこいつだ!」
と確信していた
「11番に差し替えされたんだよねえ」
ほんと
「まさかの3着に敗退」
でござひます。。。。。

 なんでも
「先頭に立ったところでソラを使った(今まで先頭に立ったことがない)」
「あまりにも時計が早すぎた」
とかありますが、
「馬体は完璧、ルメールもうまく乗った」
となると
「もう」
。。。。。
Img_1837
(ふーん)


 いちおう
「中2で使う予定でルメールを抑えた」
けれど
「本当は中3あけたいところなんだよね」
ただでさえ
「休み明け3戦したからもう上積みは期待できない」
し。。。。。

 せっかくなので
「シズラーでランチ」
もう
「キングはさらに絶好調」
。。。。。
Img_1847
(へえ)


 競馬場へ戻っても
「キングはさらにさらに絶好調」
もう
「疲れました」
ですよ。。。。
Img_1871
(う~ん)


 ダービー
「超スローを読み切って、まくったルメールは歴史に残る好騎乗」
これ
「本当にすごい」
としかいいやふござひませぬよ。。。。
Img_1877
(ダービーへようこそ!)


 ちなみに
「最終の目黒記念まで勝った」
っていふんだから
「神がかっている」
のに
「そのルメールでも勝てなかった馬って。。。」
ねえ。。。。
Img_1869
(サトノから勝負!)
Img_1884
(ダービー的中!)

 11レース終了後、急ぎ錦糸町へ向かひ
「木瀬部屋打ち上げへ参戦」
いふまでもなく
「主役は11勝して技能賞受賞しなかった宇良」
なんだけれど、
「覚えてますよ!八百屋さんですよネ」
とのことでござひますが
「先週の7日目見に行ったよ!」
と言っても
「誰とどんな相撲とったか全く覚えてないですよ」
といふことで
「記憶力がいいんだか、悪いんだかさっぱりわからない」
ですわ。。。。。
Img_1888
(宇良くん 11勝っても技能賞なしとは。。。)


 会の冒頭
「全力士が壇上に上がって、戦績を発表」
されんだけれど
「大きく負け越した佐々木山がなんとも。。。。」
。。。。
Img_1890
(戦績発表)


 ちゃんこといふか
「豚汁」
をいただき早々に撤収。。。。
Img_1893
(みそちゃんこ)


 近隣の焼鳥屋で飲んでいる
「ナオキングたちに合流」
したけれど
「あんまりにもあんまりな振る舞い」

「あきれ果てて」
早々に撤収。。。。

 もう
「さすがに疲れましたわ」
早々に就寝だ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日(日)あんな小さかった子が!

 8時30分起床、速やかに支度して
「京王線特急にのって東京競馬場へ」
いきなり、受付で
「うしさん!昨日相撲中継盛大に映ってましたよ!」
と朝いちから来られてしまひ
「大いに衝撃を受けました」
ですが、まさか
「夕方までに10人もの皆さんからお声がけいただくとは夢にも思わず」
ですよ。。。。。
Img_1539
(中2週)


 午前中は
「盛大にご挨拶」
に徹してから、まづは
「ベストアクター登場」
はっきりいって
「なぜ、ここで無理して中2週で使う必要があるんだ?」
といふのが本音ですよ。。。。

 しかも
「おくさん!まさかの1番人気ですよ」
結果は
「6着といふ、ある意味当然の結果」
ですが
「愛馬が東京競馬場の芝を疾走するのはたのしゅうござひます」
とにかく
「わらしはダート馬ばっかりだから、たまに芝競馬への憧れがあります」
ですよ。。。。。
Img_1541
(馬群に沈んだ)


 続いて
「コロマンデル」
いやあ
「過去最高と思われるくらいの出来」
とにかく
「ドンドンよくなっていくんだよね」
前走も思ったけれど
「これなら勝てる!」
と確信しました。。。。
Img_1547
(素晴らしい馬体)


 好スタートから
「一旦抑えて、直線は窮屈なところがあったけれど、内をついて見事な勝利!」
いやあ
「GⅠデーの東京競馬場での口取り気分いいですよ!」
ほんと
「この馬は偉い子だよねえ」
。。。。。。
Img_1550
(直線のおい比べ!)

 
 2歳の春まで
「小さくて競争馬になれるのかしらん?」
と祈るやな気持ちでいたのに
「5歳春で4つ勝って、6700万も稼いだんだもんねえ」
ほんと
「馬も偉いけれど、安田師すごい!」
と言わざるを得ないですよねえ。。。。
Img_1554
(うれC)


 もう
「オークスはさほど気にならなくなった」
んだけれど
「ソウルスターリング圧勝!」
あの
「ルメールの喜び方はすごいっすねえ!」
こちらもうれしくなってしまひまひたですよ。。。。。
Img_1557
(ハーゲンダッツで勝ち祝い!)


 だからといふわけではないんだけれど、諸般の事情により
「ビストロシロさん」
で開催の祝勝会に。。。。。

 こちらは
「お魚中心といふか、お肉は一切なしのフレンチ」
今宵も
「おいしく、楽しくいただきました」
ですよ。。。。
Img_1565
(おさなか)


 実は
「本日は夕飯抜き」
の予定だったので、
「せめてもの償い」
の意味を込めて
「恵比寿から徒歩にてご帰還」
ちょうど良いお散歩でござひまひた。。。。
Img_1566
(リゾット)


 本日の
「そこまで言って委員会NP」

「なかなかの企画」
なんだけれど、とにかく
「疲れ果ててしまひ」
力尽きてそのまま就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月29日(土)敗者には用なし

 思ったよりも
「よく眠れました」
テレビをつけると
「北朝鮮がミサイル発射!でも失敗?」
とのニュースが流れているけれど
「これは落としどころとしてアリだよね」
と思ひつつ、早々に出発。。。。

 いやあ
「ゴールデンウイークといふことで、土曜の午前中だといふのに競馬場へは大量の皆さんが吸い込まれていきますよ!」
10時前から
「しんちゃんさんはじめ、総勢10人超といふ空前の大応援団の皆さんが続々と到着」
ほんと
「心から有難くおもふ」
今日この頃でござひますが
「ひととおりご挨拶を済ませると、一気に気分が高揚して固くなってきました」
ですよ。。。。
Img_0539
(なんか違う)


 馬体重は
「増減なし」
なんだけれど、
「はっきりいって、元気ないし、前走の時の方が出来は断然よかったですよ!」
と思ひつつも
「ここでは負けられないよね」
と言い聞かせますですよ。。。。

 緊張のスタートなんだけれど
「またやっちゃったのかな?」
でも
「中段まで上がったけれど、この超スローぢゃ厳しいでしょ」
それでも
「最後の直線で勝負!」
と思ったところで
「また左に寄れました」

「まさかの3着」
に言葉を失いました。。。。。
Img_0552
(キングごめんなさい)


 まあ
「こんなもんですよ」
とはいへ
「血の気が引くのが自分でもわかります」
どうも
「トモに疲れが残っていた?スタート直後にトモを落とした。直線手前を替えたときに左によれた」
とか色々ありますが。。。。。

 正直
「こういうときって、故障しているパターンですよね」
テキ曰く
「中3くらいで使いたい」
とのことだけれど
「このまま順調に使えるとはちょっと考えにくい負け方」
でござひますですよ。。。。

 一部には
「次は勝ちたかったらジョッキー替えろ!」
とかアドヴァイスもあったけれど
「別に騎手のせいではない」
と思ひますですよねえ。。。。。
Img_0546
(まさかのデビュー勝ち)

 それはともかくとして
「まだ呆然としている敗戦5分後にK原氏が早々退場にはビックリ」
まあ
「敗者には用無し」
といふことで
「勝負の世界の厳しさは分かっているつもりだったけれど、いざ直面してみると寂しく思ったりもする」
今日この頃であるし
「やっぱり勝負事は勝たないとダメ!」
改めておもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_0545
(敗者には用がないそうです)

 それにしても、1時間後に
「未出走のベストアクターが圧勝するとは、なんとも皮肉なものですよね」
これも
「昔だったら、大喜びなんだけれど、今回ばかりは。。。。」
ねえ。。。。。。

 オークラで
「ビアとシェフのおまかせランチで残念会」
これが
「シェフにまかせるんぢゃなかった!」
といふような
「これまた残念な内容なランチ」
でござひまひたが
「まあ、敗者には相応しいランチ」
といえなくもないすよな、やっぱり
「勝負事は勝たないとダメ!」
と改めておもふ今日この頃でござひますよ。。。
Img_0551
(残念なランチ)

 
 さらに
「レストランを出たところで、おぎさん夫妻が退場」
まあ
「飯も食ったし、これ以上敗者には用無し」
といふことで
「勝負の世界の厳しさは分かっているつもりだったけれど、いざ直面してみると寂しく思ったりもする」
今日この頃であるし、
「やっぱり勝負事は勝たないとダメ!」
改めておもふ今日この頃でござひますよ。。。。


 せっかくなので
「青葉賞見てから退場」
本来なら
「あの店でお肉でも!」
の予定だったんだけれど、応援のお礼を兼ねて
「新宿あたりで軽く残念会いがか?」
と誘ったものの
「しんちゃんさんからはつれないお返事」
まあ
「飯も食ったし、ビアも飲んだし、青葉賞も見たし、これ以上敗者には用無し」
といふことで、
「勝負の世界の厳しさは分かっているともりだったけれど、いざ直面すると寂しく思ったりもする」
今日この頃であるし、
「やっぱり勝負事は勝たないとダメ!」
と改めて思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。

 それこそ
「選挙で負けたあとって、こんな感じで蜘蛛の子を散らすやふに誰もいなくなるんだろうなあ」
と思ひつつ
「仕方ないので、オフィスへ直行」
たまっていた
「雑務を徹底的にこなしまひた」
帰宅後、もう
「早々に就寝」
するしかないやふですな。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月8日(土)呆然

 小雨が降り続く
「あいにくの空模様」
千駄ヶ谷駅で
「なおキング・こいさん社長をピックアップ」
して、いざ中山へ。。。。
Img_9550
(応援団の皆さん)


 競馬場につくと、おなじみの皆さんから
「そろそろだね!」
と、お声がけをいただき
「一体だれが座るんだろう」
と思っていた
「ボックス席」
へ初めて陣取ります。。。。
Img_9552
(楽しそー)


 1レースの時計が
「1.11.1といふ超高速決着」
に衝撃を受けつつ
「いざパドックへ」
なんと
「3歳4月の休み明けで、-12キロ」
師曰く
「前走は太目残りだった」
とのことだけれど、ちなみに前走のパドックでは
「成長分ですよ」
と、おっしゃっていたけれど。。。。
Img_9559
(仕上がったね)


 それはともかく
「おくさん!抜群の出来ですよ!」
正直
「これはいける」

「自信が確信に変わりました」
です。。。。。

 いよいよスタート
「ちゃんと出た!」
と思ったら
「なんかいつの間にか後方に下がって、再度上がっていきます」
まあ
「これが致命傷」
でしたなあ。。。
Img_9562
(慰めのビア登場)


 直線は
「しっかり伸びて3着は確保」
してくれたけれど
「なんとも、悔しいですよ」
VTRとパトロールで確認すると
「スタート直後に左によれて盛大に迷惑かけてますね」
なんとも
「とにかく、もったいないですよ」
これ
「ふつーに使えれば次かその次にチャンスは来るでしょう」
ただ
「8月にデビューして4戦目といふことは、ふつーに使えていないといふことですからね」
なんでも
「右回りの方がEから。。。」
とのことだけれど
「福島だったら再来週でしょ」
ふつーに考えれば
「東京の3週目あたりのダート1400だとおもふ」
けどねえ。。。。
Img_9582
(残念会)


 勝てば
「瀬里奈で盛大に!」
を予定していたんだけれど、
「遺憾」
な結果に終わったので
「競馬場近くのスエヒロさんにて残念会」
これ
「1800JPYですごいボリュウム」
でしたが、
「食った気しなかった」
ですよ。。。。
Img_9583
(ボリュウミー)


 まあでも
「みなさんのおかげでしんみりしなくてよかったですな」
でも、ほんとねえ
「3着でよかったぢゃん」
といふ皆さんに
「未勝利戦は勝たないとダメ、意味がない、もう時間がない、しかも順調に使えない」
といふのを説明して理解してもらうのは
「難儀」
ですよ。。。
Img_9604
(マリンへ転進)


 このままいても仕方ないので
「小雨降るマリンへ転進」
転進はしたものの
「寒くて寒くて」
どーにもならんですよ。。。
Img_9606
(帰ってこない)


 試合はどうでもよくて
「キングは寝てしまうし」
起きたと思ったら
「タバコ吸いに行って40分戻ってこないし」
さらに
「若者は飲みきれないビアを盛大に購入して、通路に放置」
しているしねえ。。。
Img_9620
(帰ってきた!)
Img_9632
(熟睡)
Img_9640
(見苦しい)

 
 帰りの車中
「ギングは熟睡」
小腹もすいたところで
「代々木ポパイ」
へ立ち寄ってご帰還。。。。
Img_9641
(おつかれサマー)


 NHKスペシャル
「奇跡のパンダファミリー ~愛と涙の子育て物語~」
はっきりいって
「NHK遅いよ!遅すぎだよ!上野動物園のパンダぢゃないんだよ!白浜アドヴェンチャーワールドなんですよ!」
まあ、おなじみ
「熊川さんの密着」
みたいな内容でしたな。
Img_9647
(眠そう)


 とにかく
「成都へ遠征した熊川さんたちが白浜から旅立ったパンダたちと再会するシーンでは涙」
ですよねえ、
「わらしだって成都では会えなかったけれど、幸浜を必死に探したもんね」
いやあ
「疲れた、疲れ果てましたよ」
とにかく
「寝るしか」
ないですよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月26日(土)100万人の仲間はいないけど

 いやあ
「土曜の1レース参戦なんて何年ぶりだろうかしらん?」
開催日は、
「特急・準特急も東府中に臨時停車するのに、早すぎてそれもなし」
なので
「府中から歩いたら、開門前に結構な行列が出来ていてビックリ」
さらに
「その横には明日の開門待ちの列まであったりして、心からありがたく思ふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_3806
(ありがたい)


 それにしても
「プラス12キロは驚きですよ」
あっさり
「成長分ですよ」
と言い切るテキにも驚きましたが。。。。
Img_3807
(う~ん)


 それでも
「いい感じで先行して4コーナーではもらった!」
とおもひましたが
「最後の200で失速」
ほんと
「まさかの8着ですよ」
ある意味
「なんとか8着でふんばった!」
と喜ぶべきなのかもしれないけれど。。。。
Img_3812
(言われなければ分からないけど)


 どうしても問題なるのが
「続戦か?放牧で間隔をあけるのか?」
なんだけれど、あっさり
「一旦出しましょう、うちは年明け開催は強い厩舎ですから」
と、言い切るテキにはビックリでござひます。。。
Img_3815
(直線沈んだ)


 こうなると
「朝から飲むしかないだろ!」
といふこと
「まづはビア」
これぢゃ収まらないので早々に撤収して
「銀座アスター新宿店へ」
おいC中華ランチをいただきながら
「いくらなんでもこれで放牧はないだろう問題」
「新開ちゃん~、調教難しいけれど、続戦してよ!というべきだ問題」
「南関5勝といへば、聞こえだけは立派だ問題」
「乗り役さんはテキの前だと太かったとはいわないぞ問題」
「川の上に駅があるなんてほとんどの人は知らないぞ問題」
「C1一組は相当手ごわいメンバーだ問題」
「B3とC1混合は2キロもらえるからC1にとっては有利かも問題」
「的場さんは、若いジョッキーからも的ちゃんとよばれて愛されているぞ問題」
「やっぱりC3の馬を交流重賞に使うテキへ愛馬を預けることは出来ないぞ問題」
「某競馬場では馬主さんに2つ口座を作ってもらうらしいぞ問題」
「某競馬場では、賞金と出走手当の行き先が違うらしいぞ問題」
といった、
「土曜あさイチの敗者に相応しい暗い諸問題」
を討議した結果
「やっぱりアスター麺は絶品だ」
「コーナー4つ回る中山ダート1800こそが最適かもしれないぞ!2分0秒くらいでは走れるかもしれないぞ」
「100万人の仲間は一体どこにいるか分からないけれど、わらしとメロンには応援してくれる仲間がたくさんいるぞ」
といふ、非常に微妙な結論が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_3822
(応援ありが10!)
Img_3823
(水餃子)
Img_3826
(ふかひれスープ)
Img_3827
(ペキンダック)
Img_3830
(エビチリと酢豚)
Img_3831
(アスター麺)

 速やかに
「東中野へ転進」
せっかくなので
ポレポレ東中野で上映中の、カレーライスを一からつくる
を鑑賞することに。。。
Img_3836
(気になってました)


 これ
「大学の課外授業で、お米や野菜、スパイス、食器、鳥肉まですべて一から栽培、作り、カレーを食べるドキュメント映画」
なんですけれど
「正直なところ、テレビでいいやって感じでした」
と思っていたら
「やっぱりフジの深夜ドキュメントで放送した作品の再編集なのね」
ある意味
「予想通り過ぎる展開」
だったからかなあ。。。
Img_3838
(トークショウ付)


 それこそ
「飼育した鳥を食べるか?否か?論争」
なんていふのは
「ちょっと前に映画であったよね」
あと
「品川の食肉の方が登場していたけれど、差別問題まで踏み込んだつもりの作品だったのか?」
がなんといふか、中途半端に感じましたね。

 再び
「新宿へ戻ったら、色々な方と盛大に立ち話」
が始まってしまひ、なんと
「50歳になる独身のお知り合いが先週ご結婚した」
とご本人から報告をいただき
「仰天」
するしかない今日この頃でござひますよ。。。。
Img_3839
(ジュクへ)

 疲れたので
「グローバル治療院で身体の手入れ」
してから、
「久しぶりに代々木ポパイでやけ食いだあ!」
と思ったら
おくさん!なんとポパイが閉店したとのこと
これ
「超ショック」
でござひます。。。

 あの
「生姜焼き・チキンカツランチ」
とかもう食べれないと思ふと
「心から悲しく思ふ」
今日この頃でござひます。。。
Img_3840
(ココイチ)


 といふことで
「ココイチでカツカレー」
をいただいてから、デザートに
「森永しっとりビスケットサンド」
をいただいてご帰還だけれど
「このしっとりビスケットサンドって本当においしゅうござひますよね」
いつも探すんだけれど
「なかなかないんだよね」
特に
「ファミマで売っている、PBのやつはチョコとのミックスになっているし、バニラもレベル低いし全然だめだから、ファミマでは探さないんだよね」
はっきりいって
「NBアイスの最高峰」
と断言できますですよ。。。。
Img_3841
(最高だぜ!)


 久しぶりに
「球辞苑」
今宵は
「スイッチヒッター」
といふことで
「高橋慶彦氏が登場」
してましたけれど、なにより
「松永氏の打撃理論が全く分からず」
閉口していたら、
「梅沢富美男さんかと思った」
といふオチには頷くしかないっすよ、
「ああいふ誰もが分からないだろうマニアックなネタの後に、こうして落とすことが出来る芸人さんは一流だよねえ」
と思ひつつ、力尽きて就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月30日(日)大きなハナ差

 何年振りか分からないけれど、
「新宿駅京王線改札前の、C&Cで朝カレー」
いただくのは、もちろん
「カツカレー+らっきょう」
でござひます。。。。
Img_2212
(超久しぶり)


 正直なところ
「いつまでも変わらぬお味は美味しいとは思えないんだけれど、相変わらず皆さん朝から盛大に喰ってますなあ」
と思ひつつ、カツは完食したけれど、ごはんは半分残したところで京王線特急にのりこみます。。。
Img_2211
(らっきょうが有料になっていまひた)


 ありがたいことに
「朝から盛大に声をかけられ」
気合のりがさらに高まったところで
「パドックへ」
いやあ
「まだ3レースだといふのに、パドックは重賞並の盛り上がり」
そして
「2か月ぶりのメロンとの再会」

「おお!さらに立派になったねえ」
と心からうれしく思ふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_2218
(立派になったねえ)


 いよいよスタート、
「なにも前回に続いて大外でなくても。。」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「大外からうまいスタートで中団につけます」
そして
「4コーナーから先頭集団にとりついて」
直線へ。。。。。
Img_2220
(祈るやふに)


 外へ出して
「いい感じで追いこんできました」
ただ、
「ああ、2着かあ」
と思ったんだけれど
「もう一伸び!」
と思ったところで
「よれてしまひ、一旦控えます」
やっぱり
「ここまでかあ」
と思ったところで、再びエンジンがかかり
「おおの!おおの!おおの!おおの!」
と周りの皆さんの視線を一身に浴びながら叫び続けます!
Img_2235
(ドキドキ)


 かなり際どかったけれど
「これは届いてない」
と長年の経験から確信したんだけれど、お隣に陣取っていた2レースを勝ったオーナーさんが
「これは勝っているよ!」
と囁いてきたので、一気に
「そうですかあ?」
と笑顔になったものの。。。。。。

 祈るようにリプレイ画面を凝視するも
「やっぱりハナ差負け」
もう
「腰が抜けて立ち上がれません」
ですよ。。。。。
Img_2222
(いけると思ったんだけれど)


 その日は多くの方から
「よかったねえ」
「好走おめでとう」
「次は楽勝だね」
とか言われたり、メッセージが届くけれど
「何言ってんだよ、あそこまでいったら勝たなきゃだめだよ、競馬は勝てる時に勝っておかないとだめなんだよ」
と言いたい今日この頃であるし
「あそこまでいっても勝ちきれないのがわらしの人生そのものだよね」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。。。

 余談だけれど、
「馬券は当該レースは大勝利」
だって3・4番人気なのに
「馬単2万超、複勝で1080JPYとは滅多にない超おいC馬券」
でござひまひた。。。

 ちなみに、本日は
「天皇賞を含めて馬券的には記録的な大勝利な一日」
でござひまひたけれどねえ。。。。
Img_2227
(おなじみニューオータニへ)


 時間があるので、新宿から歩いて
「パーティー会場のニューオータニへ」
まあ、なんとも
「凄いっすよ」
だって
「競馬関係者が1500人以上終結しているんだもんねえ」
せっかくなので
「テキとジョッキーと盛大に反省会」
まあ、お決まりの
「馬がまだ子供」
とか色々ありますが、
「馬にまたがったことのない人間には分からない表現」
プロレスでいふところの
「バンプ(受け身)をとったことのない人間には分からない」
といふやつでござひます。。。。

 ただし、テキと2人になった時に、こそっと
「ムーアなら勝ってました?」
と聞いたら
「そりゃそうでしょう」
とのことですが、まあこのあたりのことは全てお任せでござひますよ。。。。
Img_2230
(盛会)


 帰宅後
「何回もレースを繰り返しみました」
けれど
「やっぱり、あのロスさえなければ完勝していたよねえ」
とにかく
「2着ぢゃだめなんですよ!」
と声を大にして叫ぼうと思ふ今日この頃であるけれど、
「とにかく楽しかった週末であることだけは間違いないなあ」
と思ふ今日この頃でもあるし、
「とにかく応援してくださった皆さん、携わってくれている関係者の皆さんに心から感謝せねば」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月14日(日)ご縁に感謝

 当然のやふに
「ほとんど眠れず」
それでも、4時過ぎからは意識が飛んで
「6時起床」
速やかに
「多宝の湯」
へ参戦して
「サウナ→水風呂→露天風呂」

「徹底的に繰り返して」
完璧に整いますよ、本当に
「ドーミーイン新潟の多宝の湯は素晴らしい」
と感激しつつ、チェックアウトまで日記の執筆なんだけれど
「集中出来ないっていふのもあるんだけれど、どうしてもB5レッツノートではデスクトップの3倍くらい時間がかかるし、内容も薄くなってしまふんだよね」
でも、どうしても昨日までの分は済ませておきたかったし。。。。。
Img_9985
(おもひでの地新潟)


 9時30チェックアウト
「駅南口からバスに乗って新潟競馬場へ向かひます」
車中、初めて当地を訪れた30年前を思ひだしますよ。

 まさに
「お盆開催の新潟競馬場」
市場でのバイト代を握りしめて、上野駅から新幹線に飛び乗って新潟駅へ到着、駅前の案内所で
「ベンクーガーホテル(現 新潟シングルイン)」
を紹介してもらったんですよ、たしか4000JPYくらいだったと思ひます。
Img_9984
(まさにこの場所)


 今みたいに町歩きとかする感じぢゃなかったので
「1時間100JPYの地上波アナログテレビ見ながら、部屋でウダウダしてまひた」
お食事は
「近所のホカ弁」
でも、わらしなりの初冒険に高揚してまひたよね。

 で、翌朝バスに乗って
「新潟競馬場へ」
もちろん指定席ぢゃなくて
「暑い暑い灼熱の一般スタンド」
もう競馬どころぢゃなくて
「大きな冷房の前から離れられなかった」
けれど、楽しかったよねえ。。。
Img_9955
(おいC朝食)


 結構鮮明に覚えてますけれど、
「30年経って、その場所へ戻ってきましたよ」
さすがに馬券購入する気にはならず、まづは
「新潟産コシヒリカリのおにぎりと豚汁の朝食」
を美味しくいただきます。。。。
Img_9959
(謎のかつ丼)


 一息ついたところで
「おひるはどーしますか?」
と係りのお姉さんに問われたので、
「やっぱりカツだろ!」
といふことで、おなじみ
「イタリア軒さんのカツカレー・カツ丼・謎のナポリタン」
もいただきましたが。。。。。
Img_9957
(疑惑のナポリタン)


 いよいよ
「緊張のパドック」
ほんと
「出会いからジャスト3か月目の再会ですよ」
正直
「ここから30分間の出来事はよく覚えていない」
です。。。
Img_9967
(真夏にすいか!)
Img_9970
(あの勝負服が甦る)

 落ち着いたところで
「お世話になった関係各位への感謝の連絡」
本当に
「たくさんの皆さんのおかげで今日の日が迎えろことができたんだもんねえ」
とにかく
「ご縁とご協力に心から感謝」
でござひます。。。。
Img_9973
(とりあえず)
Img_9972
(がんばれ!)
S__15712289
(祈るだけ!)


 応援団の皆さんと
「イタリア軒さんで打ち上げ」
それはいいんだけれど
「1時間くらい前に揚げたと思われるフライドポテトが登場して唖然」
お姉さんに確認したら
「今作ったばかりですよ」
「ぢゃあ持って帰って確認してください」
ほどなくして
「大変失礼いたしました、作り直します」
。。。。。。
Img_9983
(疑惑のフライドポテト)


 まあ
「こーいふところでフライドポテトを注文する方が悪い」
といふのは先日のハマスタでも実証済なんだけど、再度運んできたおばさんが
「あら?お久しぶりです。わらしは旧スタンドの時馬主席を担当してました、よくお会いしてましたよ」
と懐かしがられても、こちらには全く記憶がないからなあ。。。。。

 お部屋へ戻っても馬券買う気には全くならず、
「新潟空港から大阪へ戻る若者」
と別れて、駅へ向かい荷物をピックアップして打ち上げ。。。。
 
 お目当ての寿司安さんはブックフルだったので、仕方なく参戦した店は
「いかにも」
ってお店でござひました、まあ
「遠方から応援にきていただいて、こいさん社長には心から心から感謝」
でござひます。。。。
Img_9990
(ごめんなさい)


 セントレアへ戻る、こいさん社長と別れて
「MAXとき号に乗り込んで帰京」
どうでもいいけれど
「どんどん所要時間は伸びるし、本数減るし、ぼろぼろの車両ばかりだし、トンネル内は携帯圏外だし、上越新幹線は話にならないですよ」
なんか、えらく時間を感じた2時間でしたよねえ。。。。

 まあ、でも
「そうはうまくいかないですよ」
これでうまくいったら
「さらに世の中なめちゃいますよね」
と思ふ今日この頃でござひますよ。
Img_9992
(お疲れサマーだね)


 別に今日で終わったわけぢゃないけれど
「夢のやふな三か月に一区切りは確かだよね」
ほんと
「あくまでもスタート地点に立てたことを喜ばないとね」
本当に
「関係者各位には心より御礼申し上げますですよ」
疲れ果てました、倒れこむやふに就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月22日(日)感謝と衝撃の日曜日

 11時30分過ぎに府中駅下車、地域住民からの情報に従い
麺創研かなで紅さん
へ参戦したら
「かなりの行列」
で、実は同じ経営と思われる
麺創研 奏さん
の方は、列がなかったので
「寒空の下10分ほど待って「奏」さん」
へ入場。。。。
Img_3910
(奥は大行列、空いている手前に入場)


 入場してからも
「すでに食券購入済なのに、結構時間かかるんですよ」
で、いただきましたが
「たしかにおいしゅうござひます」
でも
「これで850JPYは安くないし、ボリュウム少ないし、待ってまでねえ」
って感じでござひます。。。。
Img_3913
(おいしいけど。。。。)


 久しぶりの東京競馬場は
「やっぱりEですよ」
ただ、
「諸般の事情により、徹底的にご挨拶」
ほんとねえ
「挨拶奉行」
なんだけれど、例によって
「先方様から、挨拶されても、こちらが全く分らないケース多々」
ほんと
「これを、もー少しうまく相手に失礼ないやふに対応できると小生の人生ももふ少し開けるんだろうなあ」
と、思ひ続けている間に、もうすぐ50歳だもんねえ。。。
Img_3918
(ちょっとイレてるけど、いい感じ)


 で、結局
「全く馬券を購入しないままフェブラリーのパドック」
正直
「マイナス4キロより、もっと絞って欲しかった」
と思ふけれど
「ちょっと入れ込んでいるが、出来は決して悪くない」
圧倒的によく見えたのは
「ローマンレジェンド」
でござひます。。。。
Img_3921
(北村にすべてを託す)


 いよいよ運命のレースなんですけれど
「直線、ここまでか!」
と思ったところから
「もうひと伸で4着は立派だよ」
ほんと
「グレープブランデーそして北村ジョッキー安田調教師に心からお礼を言いたい」
ですよ。。。。
Img_3923
(ジョッキー乗ったらいい感じに)


 安田厩舎2頭だしで
「人気はあっちだったけれど、先生はグレープを押していたもんね」
ほんと
「90%の出来まで戻った」
といふのは、本当でしょうね。。

 いやあ
「北村に乗り替わってから、本当にいい感じですね」
勿論
「脚元だけが心配だけれど、次の目標はどこなんですかね?帝王賞って出られるの?」
とにかく、
「しばらくゆっくり休んで欲しい」
ですよ。。。。
Img_3922
(心からお礼を言いたい)


 せっかくなので
「最終レースは馬券を買おう」
といふことで
「小倉大敗」
続いて
「京都あたり損」
と来て、
「いよいよ東京最終」
でござひます。。。

 これが
「大変な結末」
とにかく
「今日は北村だろう」

「北村から総流ししたら大変なことに」
かなり
「きわどい2着争いを、差し返して北村が2着に」
そしたら、
「なんと、競馬歴30年で最高配当を当ててしまった」
だって
「勝った馬の単勝が185倍もつくんだもん」
とにかく
「配当が出た瞬間、雄叫び」
でござひます。。。。
Img_3925
(な、なんと。。。。)


 打ち上げは
「応援団を伴って、美々卯さんでうどんすき
とにかくねえ
「新宿って、お店知らないんだよね」
今日は
「さっぱりめ」
といふことで、この選択ですが、
「応援団のみなさんも、喜んでいただいた」
やふで、うれしゅうござひます。。。。
Img_3929
(おいしゅうござひます)


 楽しい一日の〆は
「甘いモノ」
といふことで、
「老舗フルーツパーラーにてパフェをいただきます」
なんといふか
「シャーベット中心なのね、アイスクリームと生クリーム派の小生としては」
。。。。。。
Img_3932
(1)
Img_3934
(2)

 さすがにお疲れ
「入浴→お灸→サンジャポ→そこまで言って委員会」
と済ませて、早々に
「カズとうしとネイマール、愛ちゃん、しんちゃんさん、こうへいさん夫妻、美女3号夫妻、瀬川Dを夢中にしたアレ」
に身を委ねると
「あっといふ間に眠りに夢中」
でござひます。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)