北陸

4月28日(金)順番が回ってきたのか!

 5時30分起床
「早速、善光の湯へ参戦」
して
「あまりやり過ぎると、グッタリしてしまふので、軽く湯あみ」
して早々に退場、6時30分の開場時刻ちょうどに
「朝食ブッフェへ参戦」
いやあ
「ビジネスホテルの朝食ってパスすることが多いけれど、ここは過去最高くらいのよい内容」
に大満足でござひまひた。。。
Img_0319_2
(E感じ)
Img_0320
(しっかり朝食を食べませう)

 お部屋で
「ユックリ」
してから、7時45分にチェックアウトして
「徒歩5分ほどでメトロポリタンホテルさんへ到着」
ここで
「扇沢行きのバスに乗り込みますが」
なんと
「お客さんはわらしだけ!」
さすがに
「この時期は誰もいないのかしらん?」
と思っていたら、次の停車駅
「長野駅南口から、盛大に中国人の皆さんが乗っていらして、なんとブックフル」
これには
「度胆を抜かれました」
ですよ。。。。
Img_0321
(まづはバス!)


 でさあ、
「ほとんどの人が立山黒部アルペンルートの長野側の玄関である、扇沢まで乗車するはず」
なんだけれど、中国人の方がおひとり
「シナノオーマチ」
とか言ってるわけでして
「確かにこの駅には止まるけれど、なにもないけれどいーの?」
とか運転手さんが日本語で再三問いかけるも
「シナノオーマチ」
しか返答がないんだよね。
Img_0328
(扇沢へ到着!さあ出発するぞ!)


 仕方なく、わらしが横から
「ふぁっといず ゆあ でぃすてぃねーしょん?」
と割って入ると
「倫敦仕込みのわらしの英語も通じず」
結局、途中の信濃大町で下車したけれど、おかげで5分遅れて出発。。。。
Img_0327
(トローリーバス)


 高速かと思ったら
「延々と下道を2時間ほど走って9時50分に到着!」
事前に
「10時30分発のトローリーバスを予約してあった」
んだけれど
「今なら10時に乗れますよ!」
とのことで迷わず
「10時のトローリーバスに乗車」
そふ、
いよいよ念願の立山黒部アルペンルートの出発!」
でござひます。。。
Img_0330
(トンネルを進みます)
Img_0334
(どうも下り優先らしい)
Img_0335
(220段を一気に駆け上がる!)


 わらしは先頭のバスに乗り込んだんだけれど
「なんと5両も続行するのにビックリ」
しかもさあ
「10分も乗らないのに、真ん中で行き違いするんだよね」

「列車と同じタブレットの交換とかしちゃって、さらにビックリ」

「あっといふ間に黒部ダムへ到着」
早速
「階段を220段ほど駆け上って表へ出ます!」
いやあ
「おくさん!超絶景ですよ!」
残念ながらこの時期は放水してませんが、
「あまりの絶景に見とれてしまひまひた」
ですよ。。。。
Img_0338
(黒部ダムきたあ!!!)
Img_0348
(たしかにおいC)
Img_0414
(近くへ)
Img_0412
(わらし以外はほぼ中国人)

 ダムにそって5分くらい歩いて
「続いてケーブルカー」
さらに
「ロープウェイ」
さらにさらに
「再びトローリーバス」
に乗って、
「最高地点の?室堂」
に到着。。。。。
Img_0465
(ケーブルカー)
Img_0468
(ロープウエイ)

 HPの事前情報によると
「今日の混雑度合いがA(もっとも混雑)」
とのことで
「下手すると乗り物毎に1時間の待ち時間がある」
とか告知されていたので
「かなりの駆け足」
で次々に乗り換えたんだけれど
「ありがたいことに待ち時間はほぼゼロ」
ただし
「中国人と思われる皆さんの団体さんたちで大変な混雑」
でござひます。。。。
Img_0480
(ドンドンのぼります!)


 列が
「団体と個人に完全に別れていて、個人はほぼ待ち時間なしなんですよね」
これは
「本当にありがたかった」
ですよ。。。。
Img_0482
(再びトローリーバス)


 それはともかく
「室堂周辺の雪にはビックリでござひます」
よく
「テレビのニュースで見る雪の壁そのものですよ!」
早速
「お外へ出て散策」
しましたけれど
「まぶしくてまぶしくて、長時間お外にいることが出きない」
っすよ。。。。
Img_0483
(これはすごい!)
Img_0485
(感動だね)

 でも
「やっぱり感動ですよ!」
20分ほど滞在して
「今度は普通のバスに乗り込みます」
けれど、今までは
「環境に配慮して電気バス使っています」
とか案内していたけれど、
「ここは普通のディーゼルでした」
これが
「もっとも長くて30分くらいのったかな?」
でも
「一番高いところでは20メートルもある雪の壁は見事のひとこと!」
たのしゅうござひます。。。。。
Img_0488
(これこれ!)
Img_0497
(路肩に赤い目印アリ)
Img_0500
(絶景かな)


 だいぶ下って、
「最後はケーブルカーに乗って立山へ」
ちなみにお値段は
「まとめて事前購入出来て8290JPY」
でござひまひた。。。
Img_0515
(立山へ到着)


 ここから
「富山電鉄に1時間乗車して富山駅へ向かう」
んだけれど
「30分過ぎくらいから、おトイレへ行きたくて行きたくて、久しぶりにやばかったです」
といふことで
「8時に長野駅を出発して、7時間と12090JPY」
かけて
「無事、富山へ到着」
いたしまひた。。。。
Img_0516
(おトイレが我慢するのが大変でした)


 いやあ
「超よかったですよ!」
つくづく
「有名な観光地って、それなりのことがある!」
といふことを、改めて感じてしまふ今日この頃ではあるんだけれど
「何故、富山側からのチケットはブックフル多発なのに、長野側はそうでもなかったのはなんですかね?」
このあたりはよくわかりませぬが。。。。。
Img_0518
(ご挨拶)


 とりあえず、富山へ来たので
「お付き合いのある百貨店へご挨拶」
ありがたいことに
「非常に手厚い歓迎」
を受けましたです。。。。
Img_0521
(スパ・アルプスさんへ)


 いかんせん
「まだ4時前なので、めぼしいお店はやっていない!」
といふことで、以前から注目していた
「スパ・アルプスさん」
へ、これまた念願の初参戦を果たします。。。。。

 ここねえ、
「しきじ同様、水風呂の水が飲めるんですよ!」
たしかに
「お風呂も水風呂の水もとってもいい感じです」
ただし
「サウナはイマイチなんだよなあ」
ほんと
「惜しい!」
といふのは率直な感想でござひまひた。。。。
Img_0524
(お魚)


 富山駅へ戻って
「早めの夕飯」
なんだけれど
「残念ながら、ここでの出来事について詳細を記することはできませぬ」
ほんと
「心から残念」
でござひます。。。。
 
 普通なら
「北陸新幹線で帰京」
なんだろうけれど、
「スタアラの奴隷を自称している、わらしとしては、きときと空港からA社の最終便に乗ってご帰還」
まあ、乗っておいて言うのもなんなんだけれど
「この距離で新幹線開通したら、貴重な羽田の発着枠に富山とか小松で使うのは勿体ないですよ」
ねえ。。。。。
Img_0533
(そのとーり!)


 いよいよ
「明日です!」
昨日から
「続々と応援メッセージ・参戦表明が寄せられてますよ」
といふことで
「お席の準備が大変」
でござひますが
「たくさんの皆さんに応援していただけて、心からありがたい!」
のひとことでござひますですよ。
Img_0510
(負ける要素なし!)


 はっきり言って
「負ける要素が見当たらないですよね」
だって
「他のメムバーがあまりにも厳しいメムバーだもん」
ただし
「また大外枠といふのが気にはなりますよね」
でも
「明らかに地力が違う!」
ほんと
「そろそろ順番が回ってきてもいいよね?」
と心から思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「ここまで盛り上がった時って、どーなのよ?」
と秘かに思ひつつ
「やっぱり今宵は眠れそうにない」
んだよなあ。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月17日(日)あっさりラーメン食べて帰京

 二度ほどおトイレへ参戦したものの
「基本的にはゆっくり休ませていただきました」
せっかくなので
「コンプリメンタリーでオールユーキャンイートな朝食」
をいただきます。。。。
Img_9758
(卵職人の華麗な技)


 正直なところ
「コンプリメンタリーだからいただくけれど、2000JPYと言われると考えてしまひます」
ただし
「卵職人の腕はなかなかのモノでござひます」
あとねえ
「ソフトクリームマシンを自分で操作できるのはたのしゅうござひますよ」
お子さんはたまらんだろうね。。。。
Img_9759
(おーるゆーきゃんいーと)


 大人の場合は
「たまに生ビールサーヴァを自分で操作できるタイプだと嬉しいね」
ただ、普通のタイプだと美味しく出来ないので
「空港のラウンジにあるやふな、グラスが勝手に傾くやふなタイプだと嬉しい」
だけど
「あれは量を調節できないんですよね」
小生にとって、あれは量が多すぎますです。。。。。

 新潟の〆は、これまた師お気に入りの
三吉屋さん
今度は、寿司ではなく
「ラーメン」
でござひます。。。
Img_9771
(もやしチャーシューメン)


 ここねえ
「おいしいっすよ」
まさに
「鹿児島のふくまんのように、さっぱりとした中華そば」
本来は邪道かもしれないけれど
「もやし麺チャーシュー入り」
をいただきましたが
「なかなかのもの」
でござひます。。。。。
Img_9772
(よくあるチャーシュー)


 つくづく
「なぜ、東京にこのやふなラーメンってないんだろう?」
と不思議に思ふ今日この頃でござひます。。。
Img_9773
(極細麺)


 なんとか確保した
「MAXとき号」
に乗って帰京なんですけれど
「8+8=16両編成なんだけれど、前よりの8両は車内販売なしだけれd、後ろの8両は臨時売店営業します」
とのこと、本来越後湯沢発着のたにがわを急きょ新潟まで増結したんですかね?
Img_9775
(う~ん)


 まあ、小生ににはホームで購入した
「こしひかりアイス」
があるからいいんだけれど
「260JPYにはビックリ」
といふか
「知らないでレヂに持って行ったけれど、驚いて購入中止する人いるんぢゃないですかね?」
と思ひつつ深い眠りにつきました。。。。。。

 越後湯沢で接続待ちのため
「3分遅れ」
これが
「大宮では1分回復して2分遅れ」
そのまま遅れを取り戻せず東京着。。。。。

 あまり新幹線って乗る機会がないんだけれど
「飛行機は繁忙期だと徹底的に高くするけれど、新幹線は回数券使えなくするくらいで、ベラボウに高くはならないのね」
景色もよいし、たまにのると新鮮だよねえ。。。。

 倉山満著
「大間違いの太平洋戦争」
読了。。。。
Img_9776
(260JPYとは。。。)


 これねえアメリカといふより
「対イギリスに焦点を当てていて、なかなか興味深かったですね」
あと、数冊出ているようなので、早速購入せねば。。。。。

 文藝春秋で読んだけれど
「ここへ書かせると、ナベツネ氏はやっぱり大したもんだね」
やきうやら政治に関与しなければ、私的には特に害はないんだけれど
「文藝春秋への寄稿を差し引いても、やっぱり大いに困るなあ」
と思ひますけどね。。。。

 たかじん委員会を見ていたら、
「どふしてもアレが恋しくなり」
23時過ぎには
「カズとうしとネイマールと愛ちゃん、さらにはこうへいさん夫妻を夢中したアレ」
へ身を委ねると
「あっといふ間に眠りに夢中」
でござひます。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月5日(金)とりあえず脱稿?校了?

 かなり体調悪いんですけれど、必死に起きて
「羽田のラウンジへ駈け込む」
実は
「ご搭乗時刻まで1時間以上あるんですけれど、とにかく集中してアレのラストスパート」
でござひます。。。。
P1000874
(富士さん)


 かなり真剣に
「一文字一文字考えに考え抜いて、メールを送付」
し終わったら
「もう最終のご搭乗の時刻」
になってしまひ、慌てて乗り混んだのは小松行きでござひます。。。。

 小生
「何が何でも通路側人間」
でござひますけれど、この小松便だけれは
「飛行時間が短いのでおトイレへ立つ心配がないし、なにより低空を飛ぶのですごく景色がいいんですよね」
特にこの時期は、アルプスの山々が綺麗でござひますからねえ。。。
P1000881
(いい感じ)


 1時間の間に盛大に、着信とメールが到着してますけれど
「速やかにバスに乗って、金沢市内へ向かひます」
相変わらず
「北陸道のこの区間の景色はいいですよね」
ただし、噂には聞いていたけれど
「美川県一の町の看板が撤去」
されていたのが、とても寂しゅうござひました。。。。。
P1000882
(香林坊)


 しかしながら、
「車内では徹底的に作業」
やっとのおもひで、終わったところで
「下車後、電話にて最終確認」
とりあえず
「これで、いいでしょ?」
といふことで、ひと段落でござひます。。。。

 香林坊へは2年ぶりの参戦なんですけれど
「すげえ歓迎をしていただいて、とてもうれしゅうござひます」
いきなり
「うしさん、お茶いこ!お茶いこ!」
てな感じでして
「もっと頻繁に参戦せにゃあかんなあ」
と改めて思ふ今日この頃でござひます。。。
P1000884
(花見のピーク)


 ちなみに、お茶飲んでいると
「周囲にいらっしゃる方の平均年齢は70超では?」
てな感じなんですよ、
「たしかに、平日の昼間に百貨店でコーヒー飲んでる人だから、あたりまえ」
なんですけれどね、そして
「皆さんが顔なじみのやふで、とてもよい感じでした」
同じ百貨店と名がついても
「東京と地方都市では全く別物」
ではあるんだけれど、いずれにしろ考えるところありますよねえ。。。
P1000886
(金沢はいいところだよ)


 本来なら
「兼六園を軽く散策」
するのが常なんだけれど、本日はお疲れなのでパス、屋上から金沢城などを眺めて退場。。。。。

 しかし、どふしても欠かせないのは
もりもり寿司さんでござひます

小生も、米川師の指導の下当地でもあらかた参戦したけれど
「やっぱり、ココが一番」
でござひます。。。。
P1000887
(やっぱり、もりもり寿司)


 早速
「北陸三昧980JPY」
でスタートして、
「赤いか3点」
「まぐろ3点」
「たたき3点」
といった、イチオシの3点盛りを中心にいただきます。
P1000889
(北陸三昧)
P1000890
(赤いか3点)

 もちろん、いふまでもなく
「全部、おいしゅうござひます」
お寿司のレヴェルとしては
「鹿児島のめっけもんと並んで、最上級ですよ」
ただねえ
「ちょっと遺憾なことが、複数回あったんですよね」
ここへは記さないけれど、かなり遺憾でござひました。。。
P1000893
(まぐろ3点)
P1000894
(ぼたんえび)
P1000895
(あぶり3点)


 サンダーバードに乗って、南下なんですけれど
「金沢の次が、加賀温泉、福井」
と停車していきますが、福井を出るときに
「次は京都に止まります」
といふアナウンスが流れると、
「おお!」
ってときめきますです。。。。

 これはねえ
「大宮での、次は仙台に止まります」
「新横浜での、次は名古屋に止まります」
と同じくらい、いや
「それ以上にときめきますです」
とはいっては、金沢・大阪間は2時間30分かかるわけで、結構疲れましたけどね。
P1000897
(サンダーバードGO)


 といふことで
「福井から大阪までの北陸新幹線早くつくるべきですよ、まだルートすら決まっていないってお話になりませぬ」
具体的な数字は分からないけれど
「東京結ぶより、大阪と結ぶ方が重要では?」
と思ったりもしますよね。

 なんて、百貨店の方とお話ししていたら
「それが、お取引先様の多くは、大阪の管轄だったのが、最近ではすっかり東京の管轄になっている」
とのことだけれど、
「中日新聞も売っている、少なからず名古屋文化もあるだろうけれど、なんでもかんでも東京になるのは、よくない傾向」
と思っておりますです。
 
 新幹線に戻りますが
「福井では、新八代と同じ対面ホームでの乗換があるとは思ふけれど、やっぱり大阪まで直通が必要ですよ」
この際、ルートはどふでもよろしゅうござひます。。。。

 梅田で
「先週、東京送別会で送り出した方と再会」
先方はビックリしていたけれど、
「まあ、そんなもの」
でござひます(笑)
P1000900
(おひさしぶりです)


 ほんと、ふらふらの状態で
「ホテル阪神へチェックイン」
なじみのフロントさんが
「あれ、うしさん大分お久しぶりですね!」
と温かく迎えてくれて、うれしゅうござひます。。。。
P1000901
(にんにく・唐辛子たっぷり)


 早速、阪神サウナへ参戦
「サウナ・水風呂・露天風呂・ヂャグヂーを徹底的に繰り返して、ふにゃふにゃになったところで、本日はマッサージを奮発」
でござひます。。。。

 やっぱりねえ
「ここでのマッサージは極楽ですよ」
とにかく
「ふにゃふにゃになった後に受けるマッサージは格別でござひます」
多少なりとも復活したところで
「金太郎へ参戦」
今年は2月シリーズをお休みしたので、確かにちょっと間が空きましたね。
P1000904
(たまりませぬ!)


 いふまでもなく
「やっぱり、金太郎のてっちゃん鍋は格別」
どふしても
「この甘辛い鍋が食べたくなるんですよねえ」
なんて話していたら、マスターが
「そふいへば、こないだ うし日記を読んできました。といふお客さんが来ましたよ!」
と衝撃的な報告があったんですよ。

 もちろん
「ありがたいことは間違ひないし、とてもうれしゅうござひます」
ただ、せっかくなので
「行かれた方は、是非ともここでレポートしていただきたい」
と心から思ふ今日この頃でござひます。。。。
P1000909
(速やかに名乗り出てください)


 本来ならば
「ハイボールヴァーへ転進しなければならないんだけれど、どふにもこふにもお疲れのため、ごめんなさい」
してお部屋で就寝態勢に入って、テレビをつけたら
「NHK のドキュメント72時間 で歌舞伎町のお花屋さん」
やってたんですよ。

 このシリーズは日曜の深夜の定番のはずでして、
「すすきののおにぎりやさん」
とか名作がありましたけれど、格上げされての復活ならうれしゅうござひます。。。。

 でさあ、
「16000JPYの花束もらっていて、男をふる女性ってなんですかね?」
受け取っておいて
「来世では結婚しませう」
って、あっさり断っていたけど。。。。。

 とにかく
「超お疲れなんですけれど、阪神サウナと金太郎のおかげで、ライフポイントは大分上昇」
したところで、力尽きて就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月22日(水)大阪のエースと北陸の名湯

 依然として体調悪し、
「風邪ひいたときの治り方が、明らかに年々遅くなっている」
まあ、
「歳なんだから、当たり前といえば当たり前」
なんだけれど、
「加齢というか、生命力の衰えを実感する」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 羽田へ、
「政府専用機が2機並んでいた」
NYの国連へ参戦する、菅総理御一行様を待っているんだろうけれど、
「もっと、燃費のよい773とかに機種変更する気はないのかしらん?」
と、すごく疑問に感じてしまふ今日この頃ではあるよねえ。。。。
001
(NYへ1往復いくらかかるのだろうか?)


 ご挨拶回りを済ませてから、
「バスを経由して、小松行きに乗り込む」
さすがに、いつ乗っても
「小松空港はあっという間に降下が始まる」
だけど、いつ開通するか知らないけれど
「北陸新幹線が金沢まで開通したら、羽田便は大幅に減便するんだろうね」
まあ、それは誰も困らないからいいとしても、
「困る人が多そうな、ほくほく線は廃止されるのだろうか?」
なんて考えつつ、たいした揺れもなく無事着陸。。。。。
002
(おなじみ)


 ニッポンレンタカーさん、コルト号に乗って
「北陸道を東へ」
もちろん、道中
「美川県一の町の塔」
を撮影することは忘れないんだけれど、いつも疑問に思うのが
「あの塔は、ご本人が事件を起こす前からあったのだろうか?あったとしたら、その時は白く塗ったりしたのだろか?」
なんて、思いつつ無事香林坊へ到着。。。。。。
017
(石川県へ来た実感があるねえ)
004
(兼六園)


 用件を済ませ、いつも通り
「屋上へ上がって、兼六園や市内を撮影」
まあ、一連の作業もブログやってなかったら必要は全くないんだけれど、
「まあ、そのおかげで、とりあえず眺める」
ということを積極的に行うので、よしとしようと思う今日この頃ではあるのだ。。。。
005_2
(香林坊を望む)


 ひと仕事終えた後は、念願かなって
まいもん寿司 金沢西本店
へ参戦、さすがにランチタイムを過ぎている平日なので、混雑はしているけれど、すぐに着席を許された。
016
(念願かなって初参戦)


 まあ、考えるまでもなく、
「こういう場合、ランチセットはとんでもなくお得だ」
ちょっとメニュー見ただけで、
「1000円のランチは、明らかにボリュウムもあって、お得!」
だけど、
「せっかく、まいもん寿司金沢西本店へ参戦したら、色々なお皿を好きに頼んでみたいぢゃないですか!」
ということで、散々悩んだ挙句まずは
「まいもん びちびち5貫盛 1000円」
をいただくことに。。。。
007
(のどぐろは焼きの方が美味しい)


 冷静に考えるまでもなく
「回転寿司で5貫1000円って、ちょっとありえないお値段ですよね」
ちなみに、セットは12貫におわんまでついて1000円だからねえ。。。。
008
(自家製玉子焼きは美味)


 でもねえ、
「のどぐろ・生甘エビ・中とろ・ふくらぎ・ぶり」
と、なんともまあ豪華な面々が登場しちゃって、もう大満足。。。。。
010
(がすえび)


 こうなると、自制が効かなくなってしまい、
「がすえび・自家製たまご焼き・ぶり・ばい貝・まんじゅ貝」
といただいて、〆に
「わさび入りかんぴょう巻き」
なんかもいただいちゃったりして、大満足でござひました。。。。。
011
(ぶり)


 ちなみに、お会計は
「ノーコメント」
ということにさせていただこうと思う、今日この頃ではあるけれど、
「とにかく、接客が素晴らしいかった」
小生の師で回転寿司評論家の米川師
「回転寿司では、エース格の職人さんは入口近くのポジションにつくので、近くに陣取るべし!」
という助言は、明らかに正しかったですねえ。。。。。。
013
(ばい貝だっけ?)
014
(こっちが、まんじゅ貝?)

 余談だけれど、昨日逮捕された検事氏は
「大阪のエース」
とのことだけれど、一般的に
大阪のエースといえば、金子千尋を指す
マスコミも簡単に大阪のエースなんて呼称を使うべきでない、と思う今日この頃でもあるよねえ。。。。
009
(あら汁)


 ひと仕事終わったし、おなかも一杯になったし、フライトまで時間があるので、
「北陸の三大名湯と言われる、山中温泉へ参戦する」
実は、昨晩色々検討し
かよう亭あらや滔々庵どちらかへ参戦したいなあ」
と思ったんだけれど、どちらも
「すみません、入浴のみはやってません」
とのことなので、困っているところへ、
「福井県在住のY様より、救いのメールが入った」
3つご提案をいただいたんだけれど、その中で最も気になった
花つばきさんへ参戦」
することに。。。。。。
027
(やってきました)
022
(このエレベーターはビックリ)
019
(確かに、野天ではあるが)


 到着後、早速
「湯畑・露天風呂・大浴場とハシゴ」
まあ、ハシゴはいいんだけれど、致命的欠陥として
「全て、離れた場所にあるので、いちいち服を着用しての移動なんですよね」
あとねえ、なんといふか
「ちょっとHPの写真映り良すぎ(爆)」
って感想でございました。。。。。
023
(露天風呂)
026
(大浴場)

 まあ、あと
「いかせん、小生の体調が悪かったというのも一因ではあるけれど・・・・」
ただねえ、
「やっぱり、このままじゃ終われない」
と思って、思案した結果、以前から気になっていた
「小松空港近くの、うさみ温泉へ参戦」
こちらは、打って変わって田んぼのど真ん中にポツンとあるような、
「地元民100%の温泉銭湯」
みたいな施設なんだけれど、
「これが、予想以上に素晴らしかった」
033
(うさみ温泉へ転進)

 なにより
「お湯の質が素晴らしい!」
そして
「すごく清潔、しかも420円という破格の安さ」
お湯は、もちろんジャンジャンあふれているし、
「すごーく温まるだよねえ」
いやあ、
「ここへ毎日参戦出来る地元の方は幸せだよねえ」
と、大満足しつつ、小松空港へ。。。。。
032
(内湯)


 余談だけれど、ニッポンレンタカーさんによると
「金沢へは、観光の方は皆さんJRを利用されるので、観光客は金沢。小松はビジネスユーズばっかし」
とのこと、
「まあ、なるほどなあ」
と思う今日この頃ではあるんだけれど、
「とにかく、このニッポンレンタカー小松空港営業所の方は、素晴らしく感じが良かった」
ということを記しておこうと思う、今日この頃ではあるのだ。。。。。
031
(素晴らしい露天風呂)

 かなり早めに空港へ到着したので、
「ラウンジで盛大にレッツノートおよび携帯でお仕事」
およそ2時間みっちりやってから、ご搭乗。。。。

 ただし、行き先は羽田にあらず
「福岡行きでござひます」
まあ、それはいいんだけれど
「とにかく、耳が全く抜けなくなってしまいました」
元々、右耳が抜けにくいことは抜けにくいんだけれど、
「風邪の時って、左右ともにほとんど聞えなくなってしまううですよ」
いわゆる
「航空中耳炎状態」
これが、あと30分続いていたら気が狂いそうだったけれど、なんとか着陸。。。。。
001_2
(この便は今年2回目だ)


 小腹が空いたので
天ぷらひらおさんにて、お好み定食」
いつも通り
「天ぷらよりも、塩辛・きゅうりの漬物を中心に」
まあ、それはいいんだけど、反対側のカウンターに座っている女性
「絶対、どこかで会ったことあるんだよなあ」
明らかに、向こうも意識していたけれど。。。。。
003
(これで十分)


 薬局で薬を購入して、チェックイン
「シャワーを浴びてから、粛々と宿題をこなす」
大いに注目していた、札幌ドームは
「なんと、元ロッテ川井がやってくれた!」
普通に考えれば、絶対に武田勝だしファイターズ楽勝だよねえ、
「まあ、ロッテはとにかく明日勝つことだよ!」
なんて思いつつ、お薬を飲んで早々に就寝。。。。。。
005_3
(おまけ)


 ところで、例の大阪地検の件だけれど、
「この騒動によって、明らかに民主党内の政局(組閣)そして、尖閣問題は注目度が落ちた」
これによって、
「誰が得をするのか?」
なんて考えるのは、
「あまりにもひねくれ者かしらん?」
福岡ではゲンダイを読むことが出来ず、とってもとっても残念に思う今日この頃であるのだ
「アイパッドとやらを購入して、電子版を購入すべきなのかしらん?」
と真剣に考え始める今日この頃でもあるのだ。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月13日(火)衝撃!金沢に慶応幼稚○アリ。

 目覚ましは6時30分にセットしたのに
「5時30分には起きてしまう」
ちょっと二度寝可能な雰囲気でもないので、早々に羽田へ向かう。

 ラウンジにて
「崎陽軒炒飯弁当」
炒飯の文字が見えたので、
「横浜炒飯と思って買ったら、なんと800円もした」
確かにおかずが、ちょろっと増えたけれど、シウマイ弁当より高価というのは衝撃的な価格設定だよねえ。。。
005
(800円は衝撃)


 ラウンジで盛大にゼロコーラをいただいたので、機内ではお飲み物を購入するつもりはなかったんだけれど、カタログを熟読していたら
「いかがですか?」
とCAさんに笑顔でたずねられてしまい、思わず
「み、みかんジュースお願いします!」
と注文してしまひました。。。。

 下げる際に
「いかがでしたか?」
と聞かれたので、
「いやあ、最高においしゅうございます!これで300円は安すぎですよ!」
と、反応してしまう己が哀れでもあり、かわいくもあり。。。。。
007
(日本海に沿って東へ戻る)


 小松空港から40分ほどで北陸道経由、
「金沢市内、香林坊へ到着」
お打ち合わせ、確認事項を終え
「せっかくだから、兼六園の桜でも見に行こうかしらん?」
と思って歩き出したら、盛大に雨が降ってきてしまい、あっさりと断念。。。。。
010
(兼六園は断念)


 金沢といえば、なんといっても
「回転寿司のメッカだ!」
もちろん、回転しない
「葵寿司」
が素晴らしいのは分かっているんだけれど、人生の師と仰いでいる
回転寿司評論家 米川氏が絶賛している店へ、参戦したい」
と思うのは、弟子として当然のことだろう。
011
(新幹線を待つ金沢駅)


 しかも、
なんと師は、数日前にこの金沢の地を再訪しているんだよねえ
ということで、金沢駅へ転進
もりもり寿司金沢駅前店さんへ参戦!」
かなりお得なランチセットに食指が動きそうになるのを我慢して、
「3カン盛を盛大にいただく!」
しかしねえ、これだけ3カン盛の種類が豊富な店って、記憶にないよねえ。。。。
012
(やって来ました!もりもり寿司さんへ)


 大いに悩んだんだけれど、
「まずは、地物三点盛!」
北陸といえば、カニっていう人が多いかもしれないけれど、
「なんといってもノドグロなんですよねえ!」
あの脂が盛大にのったノドグロって、本当においしいんですよ!」
014
(ぶり、のどぐろ、めじまぐろ)


 今日の軽くあぶったものを塩でいただいたんだけれど
「おいしいですよ!もちろんおいしいけれど、個人的には本格的に焼き魚でいただいた方が・・・」
って感じでございました。
016
(ぶり鉄火)


 他にも盛大にいただいたんだけれど、なんといって
「ぶり鉄火が最高!」
もちろん
「鉄火巻きっていえば、まぐろに決まっている」
だけれど、このぶり鉄火の迫力には
「衝撃を受けてしまひました」
これは、北陸に限らず全国的に広まって欲しい巻物でございます!
018
(まぐろ3カン)
019
(日本海三点)
021
(ぶり三点)
015
(ぶりあら汁)


 驚いたのは他にもあって、
「ぶりあら汁とぼたもち!」
もう実だくさんのぶりがおいしゅうございました、そして
「回転寿司で、デザートを注文することがまずない小生でも、思わず頼んでしまったぼた餅」
これが、期待を裏切るどころか期待以上でに大感激、気分よくお店をあとに、ごちでした!
023
(ぼたもち)


 続いて参戦したのは
すし食いねぇ!松任本店
かなり盛大に雨が降り続くなか、デミオ号にて駆けつけました。
033
(はしご)


 さすがに2軒目ということで、
「盛大に!」
というわけにはいかなかったけれど、ここでも三点盛を中心に数皿いただきました。
027
(はたはた、茶八目、赤カレイ)
028
(八目、めだい、かがみだい)

 もちろん、おいしいし
「なにより、板さんが素晴らしかった」
ただ、ちょっときついこと言うと
「シャリが小生好みではなかった」
あとねえ、お皿って食洗機を使うんだろうけれど。。。。。。。
029
(貝3カン)


 まあ、いずれにしろ
「北陸、金沢の回転寿司はレヴェルがとんでもなく高い!」
ということを再認識し、小松空港へ。。。。
031
(ぶり中巻)


 ラウンジで盛大にお仕事を済ませ、いよいよ搭乗なんだけれど、乗り込んだ便は
「羽田行きにあらず、なんと福岡行き!」
さすがに本日2本目のみかんジュース購入はせず、熟睡している間に着陸。。。。。
034
(盛大な雨)


 かなり体調も悪化してきたので、速やかにホテルで就寝すべきところなんだけれど、諸般の事情により
大濠公園近くの、焼鳥 鳥次さんへ初参戦を果たす」
10人も入れば、かなりきつい小さな店なんだけれど、
「いかにも、こだわってそうな雰囲気が伝わってくる」
正直、あまりこの手のタイプの店は得意ではないんだけれど、
「つくね、そぼろご飯が絶品でございました。。。」
いつも通り、新世界で山崎ハイボールを1杯だけいただいて、なんとかホテルへたどり着く。。。。。
039
(すなぎも)
043
(そぼろご飯)

 これまた、いつも通り
「マッサージ」
をしていただいて、就寝したのは結局午前2時過ぎ、体調は一気に悪くなった感じ。。。。。

 ところで、本日午後
「金沢市近郊で衝撃的な発見をしてしまった!」
外見は普通の幼稚園なんだけれど、その名前を見て唖然、だって
慶応幼稚園!」
思わず、車を止めて撮影してしまひました。。。。
004
(こ、これは!)


 しかし、幼稚園の前に車止めて撮影していたら
「完全に不審者だよねえ」
だけどねえ、
「不審者と思われるリスクを負っても、ここは撮影せねば!」
と思い、撮影してしまひました。。。。
026
(慶応学園ねえ)


 商標の問題とか、よく分からないけれど、いずれにしろ
「松涛幼稚園なきあと、小生の子息を通わせる幼稚園の選択肢が増えたことだけは間違いない」
なんて考えつつ、妙な興奮を覚えつつ力尽きて就寝。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月1日(土)選択肢が狭まる幸せ

 急きょ決まった金沢出張
「ANA小松行きは、なんとバスにてご案内」
パインジュースをいただいて、ウツラウツラしているうちに無事小松空港へ着陸。
P1070214_edited
(バスとは。。。。)


 空港バスに乗ること30分程度、
「北陸道、松任・ハイウエィオアシス徳光・美川県一の町」
などを通り過ぎて香林坊にて下車。
P1070215_edited
(おなじみのルート)


 ここで、ちょっとした打ち合わせ。
「まあ、打ち合わせというかお願い事」
先方は速やかに小生の意をくんでくれたようで、会談は終始和やかに行われたのがなにより。
P1070216_edited
(香林坊)


 今日は時間がないので、
「兼六園にも、21世紀美術館にも、本場の回転寿司へも行かず」
さくさくっと、駅構内の
「まいもん寿司さん」
にて、1500円のセットをいただく。
P1070218_edited
(まいもん寿司さんへ参戦)


 まあ、お値段がお値段だし文句を言うつもりはないんだけれど、
「やっぱり金沢へ来たら葵寿司へ行くべきだよねえ~」
と今更ながら当たり前のことを思う今日この頃なのであった。。。。。
P1070217_edited
(1500円也)


 サンダーバードへ乗り込み一路、大阪へ向かう。
「一昔前は金沢へもお泊りしたものだけれど、最近はそういう気もおきなくなった」
和倉温泉だけへ一度行かねばとは思っているけれど、
「さすがに加賀屋もおひとり様プランはなさそうだしなあ」
ということで、お寿司だけは食べるけれど、すっかり通過地点になってしまった感がある北陸なのだ。。。。。。
P1070220_edited
(サンダーバードGO!)


 ちょっとレッツノートを開く気にもならず、
「少々本を読み、少々考え事をし、少々ウツラウツラしているうちに」
無事、大阪へ到着。

 こちらで、商談を兼ねた雑談をおよそ2時間。
「まあ、企業の合併だか統合というのは、本当にいい話を聞かない」
つくづく、できる限り統合というのはしない方がいいと思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 今宵は、およそ3年ぶりに再会する方と
「狸狸亭(ポンポコテイ)でディナー」
この方は、何を隠そう
「小生に狸狸亭(ぽんぽこてい)を紹介してくれた恩人中の恩人なのだ!」
もちろん、お仕事でも大変お世話になっているんだけれど、
「正直、そちらよりも狸狸亭(ポンポコテイ)をご紹介してくれた方に、100倍ありがたさを感じている
今日この頃ではあるよね。。。。。。
P1070221_edited
(とんぺい焼き)


 この方は、ご結婚されているんだけれど、旦那さんが単身赴任で中国を経て、現在はタイへ赴任していらっしゃるとのこと。
 ちなみに
「新婚旅行はワンワールド世界一周航空券を利用して、香港にて現地解散!」
という、なかなか興味深いご夫婦だよね(笑)
P1070223_edited
(カレー焼うどん)


 興味深い話といえば
「結婚して、選択肢が狭まったのがうれしい!」
とのお話、なんでも
「住む家を探すのでも、条件が狭まると決まりやすくて楽」
というのは
「目から鱗」
だよね。。。。。
P1070224_edited_2
(オムレツ)


 小生、基本的に
「可能な限り選択肢を広げることが贅沢だ!そのために皆さん頑張っている!」
と思っていたんだけれど、ちょっとビックリな今日この頃ではあるのだった。。。。。

 お話は尽きないんだけれど、
「ホテル阪神内、阪神サウナの入場締め切りのお時間が迫ってきたので名残惜しいけれど早々に解散」
まあ、いかんせん阪神サウナのお時間を最優先するのだけは、仕方がなく思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1070225_edited
(モダン焼き)


 ということで、
「サウナ・水風呂・露天風呂・ジャグジー」
を徹底的に繰り返し、ゼロコーラをいただくと力尽きて12時前に早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月8日(日)富山で初期消火

 一夜明けて、早朝に起床
「羽田へ向かう(笑)」
なんというか、
「スタアラの奴隷ではないのか?」
と疑われても仕方がない今日この頃だよね。。。。
P1050223
(スタアラの奴隷)


 本日の目的地は
「なんと富山」
ということで、かなり短い時間のフライトなんだけれど、最後の1ポイントを使うなら今日しかチャンスがないので
「プレミアムクラスへUG」
2-1-2列の1列に座ったのでさすがに楽チン。

 1時間のフライトなんだけれど、出された
「機内食の湯葉粥が予想以上においしゅうございました」
なんて思っているうちに、本当にあっという間に富山空港につつがなく着陸したのだった。。。。
P1050224
(意外とおいしゅうございました)


 市内で出て、
「このために緊急帰国した突発的な事項に対応」
ちょっと、かなり想定外の事態だったんだけれど、
「香港空港で揉めてまで緊急帰国した甲斐あって、なんとか無事終了」
まあ、いかんせん
「こういうときのために小生がいる」
と思う今日この頃であるし、
「我ながら初期消火に成功したのでは?」
と満足する今日この頃なのであった。。。。。
P1050226
(アルプスには雪が)
P1050228
(きれいな景色だよね)

 まあ、せっかく富山くんだりまで来たので、レンタカーでグルグル廻ることにしたんだけれど、
「これが見事に何もない・・・・」
やっとの思いで観光スポット的な
ほたるいかミュージム
なる施設へ参戦したんだけれど、600円払って入ったのに滞在時間は5分ほど。。。。。。。
P1050225
(蜃気楼は見えず)
P1050229
(ほたるいかミュージアム)

 だけど、富山っていうと他には
「綿貫民輔先生でおなじみのパンサーマークのトナミ運輸・チューリップテレビ」
そして
「伊藤智仁が篠塚にサヨナラホームランを打たれたアルペンスタジアム」
が有名だけれど、今回は時間の関係上参戦を断念。。。。

 食の名物である
「回転寿司」
へ参戦することになった。。。。
 なぜ、開店寿司かというと
回転寿司のベルトコンベアー大手の北日本カコーさんがお隣金沢のメーカーということもあり、もちろん北陸は新鮮なお魚の本場」
ということもあって、回転寿司が盛んなのだった。。。。
P1050239
(氷見きときと寿し)


 国道を走っていると、本当にたくさんの店があるけれど、なんとなく思い立った
きときと寿し
へ参戦。
P1050231
(いか3種)


 もう2時過ぎだったので
「レーンはほとんどカラだったけれど、かえってそれは好都合」
いか・ぶり・かに・まぐろなどなど、久しぶりに回転寿司を盛大にいただきましたよ。
P1050232
(かに3種)
P1050233
(白身3種)
P1050234_2
(ぶり3種)
P1050235
(ねぎとろ(笑))
P1050237
(ぶりとろ)
P1050238
(まぐろ3種)

 ただ、覚悟していたとはいえ
「お勘定が2972円」
となると、もはや回転の値段ではないよねえ。。。。。。


 帰宅後、久しぶりにネットをゆっくり見ていると、なんと
りくおさんのブログが盛大に更新されている!」
じっくりと読みすすむと、
「とにかく、思わせぶりな表現ばかりで、イマイチ理解できないのだ」
まずは
3月6日付けで
「別働隊も掘り出し物があつたやうで、なにより。800圓でなかなかの成果である。さういふ氣持ちを持つてくれること自體、とてもうれしい。」
となっているが、
「いったい、別動隊とは誰のことを指しているのか?そういう気持ちとはどういう気持ちなのか?」
さっぱり分からない今日この頃ではあるよね。。。。。

 まずは、と書いたので、
「他にも一杯指摘しようかと思ったんだけれど、なんか疲れたにばかばかしくなったので」
早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月29日(金)伊藤智仁と葵寿司

 6時30分起床、7時15分出発。2月も終わりだけれど、
「まだまだ朝は寒い」
というか、かなり寒い。品川経由、京急にて羽田へ。この時間の京急下りは本線も混雑しているけれど、空港線も混みこみ。空港線内でも結構乗り降りがあるので、快特ばかりにするわけにもいかないのだろう。

 ANA富山行きは、80%程度の搭乗率。隣が来なかったので、非常に快適だ。767の真ん中通路だったので、機長の
「今、右に見えるのがアルプスです」
というアナウンスにもチラっとしか見えなかった。でも、山がすぐそばに見えたことは確かだ、ある意味屈指の景色がいいフライトなのだろう。
 
 ホント、寝る間もないくらいあっという間に富山空港に着陸。富山空港はもちろん、富山市内も初めてだ。
「トワイライトエクスプレスで通過した以来ではないだろうか?」
数少ない未踏の地だったので、結構ワクワクする。

 バスで20分ほどで、中心街なんだけれど、
「雪が全くないのよね」
想像では
「一面銀世界で、歩くのも困難」
と思っていたのだけれど、銀世界どころか雪は全くなかった。
001
(富山へ初参戦)


 しかも、
「気温14度って暑いくらいだよ」
どうも小生認識を間違えていたようだ。
 
 富山市内には、昨年開店した百貨店がある、予想以上に綺麗な建物でビックリ。まあこのご時世に地方で新しく百貨店を建て直そうというのだから、珍しい経営者もいらっしゃるものだ。
「ただ、その意気やよし!」
と思うね、もちろん全国的に百貨店は郊外のイオンなんかに押されているのも分かるけれど、
「座して死を待つだけでは何も始まらない」
と心から思うよね。

 商談を終え徒歩10分にて富山駅へ、残念ながら
「LRTは見ることも、乗ることもできず」
LRTとは、バリアフリーの路面電車とでも言うべきだろうか?全国的に話題になっている乗り物なのだ。
004
(富山といえばLRTなんだけれど)


 初参戦の富山だけれど、富山で浮かぶイメージといえば
「LRT・チューリップテレビ・アルペンスタジアム・綿貫 民輔・薬売り・ぶり・ます寿司」
といったところではないだろうか?
 その中でもなんといってもアルペンスタジアムで行われた
「北陸シリーズ 巨人×ヤクルト戦」
を思い浮かべる方は小生だけではないだろう。

 4ヶ月しかなかった全盛期の
「伊藤智仁が8回まで16奪三振を奪った0-0の9回裏、篠塚に2回打席をはずされたあと、サヨナラホームランを打たれた」
という歴史的な試合が行われたのだ。ちなみにラストボールはVTRで見ると高めのストレートだったのだけれど、篠塚は
「狙い通りの変化球だった」
と語っていることは、あまり知られていない事実である。

 まあ、とにかく伊藤智仁は小生が生で見たことある
「ベストピッチャー」
である。
 あまりにも早い終了に野村監督も
「彼には悪いことをした」
と語っている事実もあまり知られていない。

 そんな富山を後にして、しらさぎ号にて金沢へ向かう。車中で食べるはもちろん
「ます寿司」
と決まっている、ぶり寿司もあったけれど、やっぱります寿司でしょ!おそらく食べたのは20年ぶりくらいだと思うけれど、予想以上においしかった。でも、やっぱります寿司だけっていうのも飽きるよね。
「ぶりとますのハーフ&ハーフ」
の販売を熱望する今日この頃である。。。。。。
006
(富山~金沢はかなり近い)
007
(やっぱりおいしゅうございました)

 金沢駅周辺は一足先に工事も完了した感じで、新幹線が近づいていることを感じさせられる。だけど、細かい流動実績は知らないけれど、北陸の場合関東と新幹線で結ぶよりも
「関西と結ぶ方が先ではないかい?」
とは思うよね、ただ、こちらの場合は細かい路線も決まってないからかなり時間がかかりそう。でも、長崎新幹線よりは先にやるべきだと思うけどなあ。。。。。。
018
(金沢駅周辺の工事は着々と)


 当然のことながら
「金沢市内も雪はない」
ちょっと期待はずれというか、安心というか。香林坊にて打ち合わせ、打ち合わせはいいのだけれど
「実は私、明日異動なんです」
とのこと。まあ、それくらいならいいのだけれど、富山では4人と話して2人が
「私、今日で退職なんです」
には驚かされた。まあ、そういう時期なのね。。。。。。
008
(もちろん、雪はない)


 次のアポまで時間があるので、
金沢21世紀美術館
へ参戦、まあ小生と美術館というのは全くご縁がないんだけれど、とりあえず入ってみた。残念ながら、感想については
「ノーコメント」
としておく。
010
(小生に美術館は似合わない)


 まだ若干時間があるので
兼六園
へ参戦、ここへは高校の修学旅行で初参戦して以来何回も参戦しているのだけれど、他に行くところがないので、とりあえず参戦。
011
(まずは瓢池)
012
(翠滝)

 そういえば、その修学旅行へは
「おぎさん・りくおさん」
と一緒に参戦したのだけれど、おぎさんは米国やインドで盛大にやっているようだし、
「りくおさんはチキン南蛮を食べている」
と連絡が入った、あれから20年たったけれど、ブログやメールがあって
「本当に便利な時代になったなあ」
とつくづく思う今日この頃ではある。。。。。
013
(おなじみ噴水)
015
(霞が池1)
016
(霞が池2)


 もう1件の商談を終え、近江町市場を冷やかしてからお待ちかねの
葵寿司へ」
そう、金沢といえば葵寿司なのだ。
020
(大好きなお店だ)

 
 さすがにいきなり
「お茶!」
というわけにもいかず、生小を注文。そして、お刺身でなく、地のものの握りからスタート。
「いやあ、どれもホントおいしいよねえ~」
とくに、なんといっても
「天然ぶりが!!!」
あらもおいしいし、いか・かにとにかく全てがおいしいねえ。。。。。
021
(天然ぶり・あら・えび・いか)
022
(名前忘れたけれど、めちゃおいしい)
023
(みそ付き、ズワイ蟹)
024
(あじ!)
026
(あなごっ!!)
027
(なんだったけ?)

 そして、ある意味本日のメインイベント
「のど黒汐焼き」
普段焼き魚を外では食べない小生だけれど、これだけは大好きだ。もう上品な白身にあぶらがのって、
「たまらく最高!」
骨までしゃぶってしまひました。。。。。
Photo
(本当においしい焼き魚)


 香箱かにがなかったのが残念だけれど、後半戦の
「中とろ・いか・天然ぶり」
などなど、全ておいしゅうございました。
028
(中とろもとろーり)
030
(再度、天然ぶり!辛み大根添え)

 ところで、このぶりがどこの港であがったかは分からないけれど、
「氷見の寒ぶり」
という響きは、いかにもおいしそうだよね。この
「氷見」
という地名は、いかにも海が冷たそうで身がしまっている感じがする。これが
「熱海の寒ぶり」
といっても、イマイチ身がしまってなさそうだねえ。。。。。
031
(締めはかんぴょうと決まっているのだ)


 金沢の定宿はもちろん
「ドーミーイン金沢」
相変わらずお部屋も広いし、露天風呂も清潔だ。ちょっと食べ過ぎたので、サウナでたっぷり汗をかいて、
「探偵!ナイトスクープ」
を見てから疲れ果てて就寝。。。。
「でも、やっぱりおいしいお寿司を食べる、人間幸せな気分になるなあ」
とつくづく思う今日この頃でもある。
019
(ドーミーインも久しぶりだ)


 一方で、りくおさんは
「チキン南蛮のあとは、なにを食べているのだろうか?」
と想像しても思い浮かばないのは小生の想像力の欠如だろうか?

 しかし三浦和義元社長が
「ブログでスケジュールを公開していたから逮捕された」
というのは本当だろうか?
「なんか出来すぎだと思うけどなあ」
と思う今日この頃でもある。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)