中部

2月18日(土)改まった服装

 1時から
「8時過ぎまで完璧な熟睡」
早速
「サウナ→水風呂→露天風呂」

「軽く繰り返して、そこそこ整った」
ところで、早々にチェックアウトなんですけれど
「はっきりいって三重へ参戦するやふになって、こんなに熟睡できたの初めて」
勿論
「体が塩素臭い」
とかあることはあるんだけれど
「明らかに今までのホテルとは格が違うんだよね、お部屋へ入った瞬間」

「今宵は眠れそうだ」
と確信しまひたですよ。。。。
Img_7219
(さらに大きくなった)


 なんといふか
「お部屋へ入場した際の匂いでわかるんですよ、わらしくらい遠征のヴェテランになると」
今後は
「松坂からは少々距離があるけれど、ドーミーインにしやふ」
意を決しながらチェックアウト。。。。。。
Img_7210
(おいしSO)


 お迎えの車にのって
「513ベーカリーへ」
来る度に
「1000年オリーブがますます大きくなっていっているやふで、とってもとっても嬉しくおもふ」
今日この頃でござひますよ。。。。

 まさに
「513ベーカリーが地元に付いていることの証」
でござひますよ。。。。
Img_7212
(今朝はスーツ姿で)


 焼きたてパンをおいしくいただいて
「伊勢神宮へ」
本日は待望の
「御垣内(公式)参拝」
といふことで
「スーツにネクタイといふ正装をまとって厳粛な気分で鳥居をくぐって、まづは外宮」
へ。。。。。
Img_7220_2
(まづは外宮へ)


 こいさん社長の指示に従って
「御造営資金として1万JPYほどご寄付」
させていただくと
「特別参宮章なる、会員証のやふなカード」
をいただきます。。。。
Img_7229
(御朱印帳の列が)


 そうなんですよ
「決して公式参拝用のためのお金を払うわけではござひませぬ」
これを理解していない後ろの方が
「毎回チケットを買っているんですが。。」
といふ趣旨のことを告げた途端に、祢木さんと思われる方が
「そんなもの売ってません、これはご寄付をいただいた方に。。ご趣旨をご理解ください」
と、なかなか厳しい口調で説明してましたですよ。。。。

 神殿?横にある
「受付に特別参宮章(決してファストパスではありませぬ)」
を出して受付を済ませてから、いよいよ
「御垣内参拝」
まづは
「軽くお清め」
していただいたから
「柵の中へ案内されて、お外の皆さんに注目されながら、二礼二拍手一拝の参拝」
をさせていただきました。。。。
Img_7231
(内宮へ)


 続いて
「内宮へ転進」
先ほどの
「特別参宮章は内宮外宮共通」
とのことで、速やかに
「受付へ」
むかひます。。。

 こちらは結構な賑わいでして、
「わが軍の前には団体さんもいらっしゃいます」

「男子はスーツなんですけれど、女史は割とラフな服装な方もいらっしゃいます」
ですよ
「これ大丈夫なのかしらん?」

「興味津々」
で見ていたら
「やはりラフな服装な3名の女史は待機を指示」
されたやふでござひます。。。。
Img_7237
(賑わってますねえ)


 無事参拝を終えてから、早速
「特別参宮章の裏面」
の注意書きを確認すると
「ご参拝の際は改まった服装で。。。男性は背広・ネクタイ、女性はスーツなどフォーマルな服装でご参入ください」
と書いてありますですよ。。。。
Img_7244
(参拝の後は赤福さんへ)


 ちなみに競馬場の場合は
「女性は男性に準じる」
とあって
「難しいっすよね」
さすがに
「リクルートスーツみたいなので来るのが一番無難っていやあ無難だけれど、そふいうわけにもいかんだろうからねえ」
と考える今日この頃ではあるんだけれど
「さすがにさっきの皆さんはNGだろ、誰でもわかるだろ」
と小声でつぶやいてしまったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_7255
(ああ)
Img_7261
(浜辺やさんの大将です)

 無事に
「御垣内参拝」
を終えて
「超混雑なおかげ横丁をひやかして」
から
五十鈴茶屋さん
にて
「赤福とお抹茶」
をおいしくいただきました。
Img_7262
(九重部屋のちゃんこ)


 やっぱり
「御垣内参拝の後で、ふつーの赤福っていふわけにはいかんでしょ」
お帰りの際は
「靴磨きまでしていただいちゃって」
うれしくおもふ今日この頃であるんだけれど、そういへば
「できる男は一回一回靴ひもを結びなおす」
なんて、あるビジネス本に書いてあったけれど
「さすがに出来ないっすよねえ」
とおもふ今日この頃でもあるんだけれど
「だったら、紐靴履かなきゃいいぢゃん」
と思ったりもする今日この頃あるんだけれどねえ。。。。
Img_7263
(おつくり)
Img_7265
(親方が愛した煮魚)

 続いて
「鳥羽へ転進」
そふ
「親方が愛した海」
「親方が愛した魚」
そして
親方が愛した浜辺やさん
へお邪魔することに。。。。
Img_7267
(親方が愛したカレー)


 いきなり
「笑顔の親方の写真」
をで迎えられると
「思わずぐっときてしまひますですよ」
親方のおもひでを語りながら
「お魚」
「九重部屋秘伝のちゃんこ」
をおいしくいただきましたですよ。。。
Img_7268
(親方が愛した海)


 ほんと
ご縁あるんですよ、ここの大将とも
だって
「国技館で行われたお別れの会」
は欠席したんだけれど
「その数時間後に、近鉄特急で隣り合わせなったんだもんねえ」
こんなの
「絶対に偶然ぢゃないもんねえ」
とにかく
「いただいたご縁を大切にしたい」

「心から心からおもひつつ、次回は鯛釣りの季節に参戦することを約束」
して退場。。。。。
Img_7273
(国際ホテルのチーズケーキ)


 志摩国際ホテルで
「チーズケーキ」
をいただいてから
「志摩観光ホテルさん」
へ転進。。。。
Img_7276
(おお)
Img_7281
(すばらしい)

 いわゆる例の
「サミットの記念撮影した場所でパチリ」
なんですけれど、それより
「スパ&サウナの存在が気になって気になって仕方がない」
今日この頃でござひますが。。。
Img_7289
(いいねえ)


 いずれにしろ
「実際に来てみると、サウナもあるやふだし、一度参戦してサウナとフレンチを楽しんでもいいかしらん」
とおもひ志摩を後に。。。。
Img_7284
(ここが)


 はっきいって、東京の人間にとっては
「伊勢も志摩も鳥羽も一緒だよね、下手すりゃ松坂だっていっしょのエリア」
でござひますが、
「特に関西のリゾートって全然わからんですよ、南紀白浜・有馬温泉もわらしは何度も参戦済だけれど、ほとんどの関東の人間にとってはイメージわかない」
のは確かでござひますが、とにかく
「伊勢志摩はいまはサミット効果があるだろうけれど、10年後はどーよ?」
とおもふ今日この頃でござひますが
「せっかくできたご縁なので、何かお役に立てればいいなあ」
と心からおもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_7291
(これは。。。。)


 津から
「近鉄特急、名古屋でのぞみ号に乗り換えて」
21時過ぎにご帰還。。。。。
Img_7293
(名古屋駅からの新幹線の友)

 土曜夜のお楽しみ
「球辞苑」
今夜は
「左殺し」
今回は
「なじみのある選手が多数登場して面白かった」
それにしても
「元プロ選手って、スナックと親和性がとっても高いのね」
とってもたのしゅうござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月17日(金)塩はふってほしい!

 またまた
「天気予報通りな強風」
両手に荷物だったので珍しく
「乗ったタクシーの扉が自動で開閉できずビックリ」
でござひまひた。。。。

 20分ほど間隔が開いたせいか
「13時過ぎののぞみ号は予想外に大混雑」
幸運なことに
「お隣りが来なかったのだらくちんだったけれどね」
あっといふ間に
「眠りにおちてしまひ」
これまた、あっといふ間に名古屋着。。。。

 アーバンライナに乗り換えて
「40分ほどで、津に到着」
ちなみに
「次の停車駅は鶴橋」
といふ
「名阪速達便」
なんだけれど、
「結構な乗車率なんだよね」
といふことは
「名古屋ー大阪間を近鉄特急で移動する人が少なからずいる」
といふ事実を目の当たりにして
「大いに衝撃を受ける」
今日この頃でござひますよ。。。
Img_7167
(シャトーブリアンいわゆるヒレ)


 まづは1件
「超極秘プロジェクトの打ち合わせ」
を終えてから、
あの有名な和田金さん
へ参戦。。。。
Img_7171_2
(炭火で軽く焼きます!)


 実は、わらしは
「人生二度目の和田金さんなんですよ」
たしか
「8年位前に単独で参戦を果たしたら、仲居さんと鍋を挟んでサシで相対することになってしまひ」
なんか
「とってもとってもきまづかった」
さらに
「お会計がキャッシュのみってどーよ?」
といふ感じで
「お味の印象はあまりござひませぬ」
でした。。。。
Img_7174
(きたあ!)


 本日は
「親方が愛したシャトーブリアンの網焼き」
さらに
「リブロースのすき焼き」
さらにさらに
「牛肉のひつまぶし」
といふ
「超フルコース」
を堪能させていただきました。。。
Img_7183
(砂糖とシークレットソイソースで!)


 やっぱり
「安心感ありますよね」
ただ
「各個室に仲居さんつけてって人件費だけで大変ですよ」
ほんと。。。。
Img_7184
(煮るんぢゃなくてあくまでも焼くんだそうです)
Img_7186
(とろけちゃいます)
Img_7190
(松坂牛のひつまぶし)
Img_7193
(おだしをかけて)

 つづいて
一升瓶さんへ転進
松坂ならではの
「みそだれ焼肉の名店中の名店」
でござひますよ。。。
Img_7204
(趣ある外観)


 まあ、なんといふか
「中には塩モノもある」
んだけれど
「やっぱり塩ふってほしいっすよ」
これは
「先日の米沢牛さんも同様だったけれど」
ある意味
「料理で一番難しく、肝心なことって塩加減ぢゃないですか!」
いくら
「好みがある」
とはいへ
「料理屋がそれを放棄しちゃだめですよ」
これは
「強く強く言いたくおもふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_7197
(松坂牛のタン)


 はっきりいって
「もう限界」
なんですけれど、
「三重へきて、こいさんへ顔出さないわけにいかないでしょ」
といふことで
こいさんへ
転進。。。。
Img_7195
(松坂牛盛り合わせ)
Img_7200
(きたあ!)

 今宵は
「松坂牛の網焼き→松坂牛のすき焼き→松坂牛の松坂牛の焼肉」
ときて、
「大締めは、もつ鍋」
でござひます。。。
Img_7199
(お味噌だよ!)


 もつ鍋だけは
「松坂牛ではない模様、松坂牛のもつ鍋もあることはあるんだれど、モツは固くて。。とのこと

まあ、
「このあたりは、こいさん社長におまかせ」
でござひます。。。。
Img_7206
(もう無理だああ)


 当たり前だけれど
「もう何もはいりませぬ」
早々に撤収して
「津のドーミーインへチェックイン」
早速
「温泉にて汗を流します」
相変わらず
「清潔なんだけれど、どうしても塩素がきついんだよねえ」
。。。。。
Img_7208
(大締めは鳥?)


 お部屋へ戻って
「体のにおいをかぐと、塩素臭に閉口してしましますですよ」
でも
「今宵は眠れる自信アリ」
でござひます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月22日(木)相当な時間と重大な決意

 すっかりおなじみになった
「品川からひかり号に乗って1時間、静岡で下車」
ただし、本日は
「しきじ」
ではなく、東海道線に乗り継いで
「藤枝」
まで。。。
Img_4816
(アンデルセン)


 そふ、こちらへは二度目の参戦なんですけれど
「長年の懸案だったヴァレンタインのアレの製造立ち合い」
でござひます。。。。

 ほんと
「長年の懸案が形になるってうれしゅうござひますよ」
で、実際
「本製造に立ち会ってみると、想定外の難儀な事案が浮上するのも確か」
でござひますが、ほんと
「現場の皆さんの一生懸命な作業を見学させていただくと、心から感謝感激雨あられ」
としかいいやふがない今日この頃でござひますよ。。。。
Img_4824
(いよいよ!)


 お昼に
「うな重」
をいただき、引き続き
「午後の作業」
に立ち合って
「本日のミッションは無事終了」
でござひます。。。。
Img_4833
(堂々完成)


 来た道を戻りますが、時間の余裕があるので
「5分接続のひかり号を見送って、ゆっくりお買い物して20分後のこだま号」
に乗りこみます。。。。。
Img_4839
(お昼はうふぎ)


 ところが
「発車時刻になっても全然動かないんですよ」
なんと
「おくさん!沿線火災により東海道新幹線運転見合わせ!」
でざひます。。。。
Img_4848
(えっ?)
Img_4851
(ええ?)

 なんか
「こりゃ長期戦になりそうだ!」
といふことで
「糧秣を盛大に買い込んで食べるしかないです」
そのうち
「運転再開までには相当な時間がかかる見込み」
なんて情報が流れてまひります。。。。
Img_4854
(隣にのぞみ号も停車)


 これは
「もう絶望的と覚悟決めねば」
とおもふ今日この頃ではあるんだけれど、かつて
「重大な決意と言ったけれど、その重大な決意とやらを実行しなかった総理もいたからなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけどね。
Img_4847
(親子めし)


 さすがに
「すべてを投げ出して、しきじへ転進」
する気はなかったですね、だって
「広瀬香美ライブ」
なんだもん。。。。。
Img_4857
(売店に人が群がる)


 FB上で
「なんと、わらしと同じこだま号に同級生が乗車していることを確認」
さらに
「他にも3人ほど他の列車に缶詰になっている同志がいる」
といふことも判明。。。。
Img_4865
(糧秣を買い込む)


 結局
「1時間52分遅れで静岡駅を発車」
まあ
「途中駅で盛大に抜かれますよ」
三島とか大田原とか
「追い抜かれるのはせいぜい1本にしてほしいなあ」
と、しみじみおもふ今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_4868
(相当な時間)


 なんとかかんとか
「8時過ぎに旧パシフィックホテルさん」
へ到着、
「曲の途中で入場できるのかしらん?」
と心配したけれど、杞憂に終わり入場を許されます。。。。
Img_4869
(なんとかかんとか)


 後半だけでしたが
「アレとアレとあの曲」
をしっかり聴かせていただいたので
「ある意味十分」
でござひますが、やっぱり
「ピアノ弾き語りは凄い」
んだけれど
「バンドが入った方が盛り上がることも確か」
でござひますよ。。。。
Img_4879
(オニオン)


 とはいへ
「あの高音は本当にすごいっすよね」
で、例によって
「ボーイミーツガール」
「フォーリンラブ」
とこちらが合わせないと
「ブチ切れてやり直し」
になってしまふ芸風も相変わらずでござひますよ。。。。
Img_4883
(肉)


 ただねえ
「やっぱり盛り上がりはイマイチでしたね」
なんといふか
「コアなファン」
といふより
「スポンサーの動員が多かった」
といふ感じを否定できないんだよねえ。。。
Img_4890
(あまいもの)


 だからか分からないけれど
「アンコールはなし!」
で、
「あっさり終了」
でござひまひた。。。

 雨も降っているので
「目の前のアウトバックさんへ転進」
おいCお肉をいただきながら
「とにかく新幹線缶詰は参ったぞ問題」
「夜の合コンが始まってもサングラスかけている男とは結ばれたくないぞ問題」
「1年前にこれからはわらしがお父さんだぞ!と言ったのに問題」
「でも、もっといいお父さんが見つかったんだからEぢゃないか問題」
といった諸問題を討議した結果
「今宵のライブで湘南美容外科がスポンサーなのは、いかがなものだろうか?」
といふ結論が出たところでお開きでござひます。。。
Img_4892
(白金ドンキが火事?)


 当然のことながら
「日本交通さんの迎車システムはビジーでつながらず」
なんとか
「個人タクシーに乗れた」
けれど
「確かに、今宵は一年で一番タクシー捕まらない日」
だよねえ。。。。

 帰り道
「白金ドンキの前が多数の消防車で騒然」
これ
「火事かどうか分からないけれど、大宮でもあったやふだし、全国で多数火災が発生しているみたいだね」
確かに
「理由は不明だけれど年末は火災が多いよねえ」
と思ひつつ、
「さくっと入浴」
倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日(日)盛り沢山な日帰り遠征

 山手線の車内で
「2度列車を変更」
して
「品川駅で3分の乗り継ぎでのぞみ号に乗り込む」
しかも
「探しに探してお隣りがいない窓側A席を確保」
できたんだから、つくづく
「エクスプレス予約って便利だなあ」
と思ひつつ、
「うつらうつら」
している間に、あっといふ間に
「名古屋」
へ到着。。。。
Img_4042
(お久しぶりです)


 とりあえず、久しぶりに
「きしめん」
まあ
「とりあえず食べたけれど、相変わらず冷凍麺はコシがあっていいっすよね」
ただひ
「エビとかかき揚げとかオプションつけると、とんでもなく高くなっちゃうから、きつね」
ということで。。。。
Img_4043
(きつね)
Img_4045
(冷凍めんはおいC)

 急ぎ
「栄へ向かい、用件を一つ済ませ」
とんぼ帰りで
「名駅でもう一つ済ませ」
名鉄に乗って
「中京競馬場へ」
ほんと
「ギリギリのところで間に合いました」
ですよ。。。。
Img_4047
(たーふぃー)


 わらしも長いことやってますが
「単勝1.5倍の1番人気、しかも鞍上はムーア」
てなことは、
「そうそうあるもんぢゃない」
ので、かけつけてまひりまひた。。。
Img_4057
(なんとムーア)


 そして
「いざレーズも、こんなに安心して見たことってはじめですよ」
だって
「全く声出なかったもんねえ」
ほんと
「超久しぶりの口取り」
でござひますが
「諸般の事情によりヒッソリと」
。。。。
Img_4065
(完勝)


 まあでも、なんといふか
「おもふところ多々ありますですよ」
あまりかけないけれど。。。
Img_4066
(見事3勝目)
Img_4069
(安心して見られました)

 とりあえず
「盛大にご挨拶周り」
を済ませてから
「名鉄急行から快速特急に乗り換えて豊橋へ」
せっかくなので
「パノラマカー」
に初めて乗ったけれど
「これはいいっすよ迫力ありますねえ」
途中駅で購入した
「大あんまき」
をいただきながら、しばし車窓を楽しみます。。。。
Img_4077
(快速特急)
Img_4078
(こりゃEねえ)
Img_4075
(おいCよ)


 諸般の事情により
かつさとさんでかつ丼を頂きます
諸般の事情とは
「こちらの社長さんとは友人なんですよ」

「どうしても一度食べてみたかった」
のでござひますする。。。
Img_4080
(以前から注目してました)


 いやあ
「なかなかどうしてもおいしゅうござひます」
ほんと
「想像よりはるかにおいしかったですよ」
はっきりいって
「近所にある、かつやさんとは比べられないほどレベル高いですよ」
ただし
「やっぱり漬物ほしいし、かつ丼にはお茶ほしいですよ」
まあ、このあたりは機会があればまた。。。。
Img_4082
(おいしゅうござひますよ)


 当然のことながら
「これで一気に東京へはまひりません」
そふ
「静岡で途中下車」
して
「しきじ」
へ参戦。。。。
Img_4092
(しきじへ)


 やっぱり
「別格ですよねえ」
いつものやふに
「天国見させていただいて、完璧に整ったところで」
名残惜しゅうごさひますが、3時間ほどで退場。。。
Img_4094
(野菜炒め定食)


 帰りのタクシーの運転手さんが
「おれはしきじの主みたいなもんだよ」
といふ方で
「ほぼ毎日しきじへ通っていて」
さらに
「休みの日は朝から西焼津のサウナへ行って、夕方しきじへ戻ってくる」
といふことで
「どうせまたしきじで会うでしょ!」
とのことでござひまひた。。。
Img_4095
(こ、これは!!)


 こだま号
「車内に搭載されている雑誌に、柳川の立花藩18代目が登場」
していて
「衝撃を受ける」
今日この頃でござひますよ。。。
Img_4099
(おお!)


 だって
「18代目の奥様は、美女〇号ですからねえ」
それにしても
「ご飯食べて、おいしいとか言ってはいけない」
なんて言われたら
「わらしにはとても18代目は務まらないよねえ」
なんておもふ今日この頃でござひます。。。
Img_4100
(う~ん)


 帰宅後、改めてレース見たけれど
「やっぱりムーアの追い方って美しいっすよね」
それはともかく
「あまりにも予想通りに放牧とのこと」
まあ
「結果出しているから何もいえないっすよねえ」
と思ひつつ、早々に就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月2日(日)伊賀牛と腰の低さに感動

 残念ながら
「いつも通り、松坂の定宿は全く眠れず」
それこそ
「30分おきにおトイレ行ったり、冷房のスイッチ入り切りしたり」
と、ほぼ全く眠れず。。。。。
Img_1442
(朝から高笑いのこいさん社長)


 ただし、
「いつも通り、513ベーカリーの焼き立てパンの朝食をいただけば、すっかり元気になってしまふ」
んだから、不思議でござひますよ。。。。

 本日は、
「忍者でおなじみの伊賀へ」
津から西へ進んだところへ伊賀はあるんだけれど
「もともとは大きな城下町だったけれど、近鉄の本線が通らなかったから衰退した」
とのことでござひますが
「そもそも近鉄って奈良を通らなかったりよく分からんのだよね」
でも
「その代わり無料の素晴らしい国道があるから、かえっていいと思ったりするのは素人」
なのかもしれないけれど。。。。
Img_1448
(忍者屋敷)


 まづは
忍者ショー・忍者屋敷を見学
したんだけれど
「好天に恵まれた日曜といふことで、思いのほか盛況」
のやふでござひます。。。。
Img_1447
(忍者といふよりコソ泥みたい)


 ただし、
「そんな何時間も滞在できる内容ぢゃないんだよね」
忍者屋敷としては
金沢の忍者寺の方が圧倒的にいい

「なんか、お金かけなくてももう少し楽しめる施設、内容にすればいいのになあ」
と思ったりもする今日この頃でござひますが
「やりすぎると、昨日のやふなバブルの遺物になってしまふからサジ加減が難しいんだよなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_1451
(伊賀は寂しい町だねえ)


 お昼は、
「松坂牛ばかりが肉ぢゃない!」
実は
「伊賀牛だってあるんだよ!」
とは聞いていたんだけれど、なかなか食する機会がなく
「ようやく伊賀牛を初体験」
させていただくことに。。。。

 といふことで
金谷本店さん
へ参戦させていただくことに。。。。
Img_1454
(金谷さんへ勇躍参戦)


 まあ、それにしても
「伊賀の町といふのは寂しゅうござひますよ」
大袈裟でなく
「人っ子一人いない」
てな感じなんだけれど
「やっぱり忍者だから隠れているのかしらん」
なんて思ひつつ、
「いかにも歴史ありそうな建屋の店内」
へ勇躍参戦。。。。
Img_1459
(これが伊賀牛だ!)


 入場するなり
「あら?男性お二人ですか?お狭いお部屋なんですよ、申し訳ないです」
と謝罪されましたが、通されると実際かなり狭い部屋なんだけれど
「ここは女史2人でも男女でもどっちにしろ狭いぢゃん、男2人だから狭いってことぢゃないだろ」
と思ったりするんだけれどね。。。。。
Img_1465
(肉にお砂糖とおしょうゆかけて焼きます!)


 こちらは
「当たり前だけれど、松坂牛でなく伊賀牛」
どうも違いは
「飼育期間が伊賀は2年、松坂は3年(最近は2年も出てきたらしい)」
これ、不思議なのは
「鹿児島や宮崎から仔牛を連れてきて、当地で2年か3年か飼育する年の違い」
らしいけれど
「産地での生育期間は違わないのか?の問いにはそこは一緒だ」
とのことだから、
「実際松坂の方が大人になってから食べるから養育費がより多くかかっている」
ことは間違いないんだろうね。
Img_1469
(いい感じに)


 でもねえ
「伊賀牛うまいっすよ!」
決して
「サシが少ないわけぢゃなく、適度にはいっているんだけれど、しつこくなくドンドン食べられちゃう」
んだよねえ。。。
Img_1470
(おいしゅうござひます)


 金谷さんのすき焼きは
「割したを使わず、しょうゆと砂糖のみで味付け」
なんだけれど、これがおいしゅうござひまひたよ
「やっぱり来て観て、食べてみなきゃ分からないなあ」
と改めて思ふ今日この頃でござひます。。。。。
Img_1477
(お野菜もいただかないとね!)


 津へ戻って実はですねえ
「今日は葉加瀬太郎さんなんですよ」
本日は
「前から7列目中央の良席」
を確保いただいてますが、
「立ち見まで完売」
とのことでござひます。。。。
Img_1473
(ドヤ顔)


 内容は
「先日、かつしかと全く一緒」
といへば一緒だけれど
「曲以外の部分で若干の変更があるやふで、それも含めて楽しませていただきます」
ほんとねえ
「アナザースカイ・タイムメッセンジャー」

「震えるくらい感動」
させていただきました。。。。

 でさあ、実は
「コンサート終了後、ご挨拶させていただく幸運に恵まれました」
いやあ
「腰の低さにビックリ」
でござひます。。。。
Img_1484
(いやあ感動ですな)


 わらしも
「来年はハカセンビキヤやりましょう!」
と仕掛けて大いに盛り上がったんだけれど
「それにしても異様なまでの腰の低さに驚いてしまふ」
今日この頃ではあるんだけれど
「こんなに成功している人でもこの腰の低さなんだから、わらしも見習わなければ」
と心新たにしつつ帰京。。。。。

 それにしても
「スターティングオーヴァーの10月初っ端から素晴らしい週末でしたね」
ほんと
「いい勉強させていただきました」
凱旋門賞の売上41億円に衝撃を受けつつ、就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月1日(土)よっぽどの縁があってのあなたと私

 おなじみ
「品川駅7時10分発のひかり号」
は、いつの間にか
「700系からN700A」
に変更されていたけれど、とくににコンセントを使うこともなく、
「うつらうつら」
している間に
「静岡へ到着」
それはいいんだけれど
「駅に早めに到着して、何本ものぞみ号を見送るのはうっとおしいよね。」
ほんと
「ひかり号をもう少し本数増やしてほしいなあ」
とおもふ今日この頃ですよ。。。。
Img_1413
(しきじへ)


 それはともかく
「8時30分前には、しきじのサウナでいい汗かいている」
んだから
「文句言うなよ」
とおもったりもする今日この頃ではあるんだけれだよねえ。。。
Img_1414
(ビア)


 ちょっと久しぶりだけれど
「やっぱり別格中の別格ですよ」
でさあ
「9時15分くらいからビア」
いただいて
「野菜炒め定食+から揚げ」
とかいただいちゃうと
「すっかり整っちゃう」
んだよなあ。。。
Img_1417
(朝ごはん)


 その後は
「ウツラウツラ→起床」
階下の
「サウナ→水風呂→薬草風呂」

「徹底的に繰り返すと」
もう
「これ以上ないくらい完璧に整ってしまひ」
ますですよ。。。。
Img_1418
(命の水)
Img_1415
(生き返る)

 6時間ほど滞在して
「命の洗濯を済ませた」
ところで
「700系ひかり号」
に乗って名古屋さらに、近鉄特急に乗って鳥羽へ。

 いつもはガラガラの近鉄特急なんだけれど
「土曜の夕方だから?なんと満席」
珍しく
「隣の席も埋まって」
いて、おばさんはスマホでゲームをしながら寝てしまひまひた。。。。

 それはいいんだけれど、津を過ぎたあたりで、ようやく空いてきたんだけれど、通路を挟んだ反対側の席から
「親方は。。。。」
なんていふ単語が聞こえてきたんで、注目していると
「なんと、親方のお葬式の時にご一緒させていたいた鳥羽の釣り宿の大将」
いやあ
「こんな偶然ってありえないでしょ?」
そうなんですよ、
「大将は今日国技館で行われたお別れの会の帰り」
とのことでござひます。。。
Img_1422
(バブルの産物)


 これねえ、
「わらしは、もう十分お別れさせていただいたからいいかしらん」
と思って欠場したんだけれど、
「これは偶然ぢゃなくて、親方がしかけたいたずらだよね、またまた叱られたようですよ。おまえなあ、こういうときはちゃんと来るもんなんだよ!だからお前はだめなんだ!(ニヤリ)」
としか考えられないですよ
「人と人がその時、そこで会うのは偶然ぢゃない必然なんだ!」
心の底から確信する今日この頃でござひます。。。。
Img_1420
(ノーコメント)


 こいさん社長運転のお迎えの車に乗って
伊勢安土桃山文化村とやらへ」
まあ
「いわゆるバブル時につくってしまった、日光江戸村的なやつ」
なんだけれど、
「よくもまあ一応残っているなあ」
と、心から驚いてしまふ今日この頃であるけれど
「こんなものを、ここに造ってしまふとは、改めてバブル恐るべし!」
と思わざるを得ない今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 えっとですねえ、今日こちらで行われた
「イヴェント?」
については、遺憾ながらここへ記すことは出来ないけれど
「いくらなんでも、どーなのよ?」
と思わざるを得ない今日この頃でござひます。。。
Img_1431
(サーロインは塩)
Img_1428
(カルビは味噌)

 今宵は
かどやさんで、かるーく焼肉
ぼちぼち
「松坂特有のみそだれにも慣れてきたかしらん」
と思ったりもする今日この頃ではあるんだけれど
「いくらなんでも、〆のかつ丼はどーよ?」
と、
「これだけは理解できないよなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだけれど
「とりあえずペロリと平らげてしまふんだから、郷に入らば郷に従うやふになってきた、順応性の高さを自分で自分を褒めてあげたいなあ」
と思ったりもする今日この頃でござひます。。。。
Img_1433
(〆はかつどん)


 でもさあ、そんなことよりも
「レヂ横に貼ってあった色紙に括目ですよ」
だって
「よっぽどの縁があってのあなたと私」
って
「考えさせられますよ」
ふつーこのテの言葉って
「相田みつをシリーズ的なの大嫌い」
なんだけれど、今日だけは昼間の電車のこともあって
「なるほどなあ、ご縁を大切にしないといけないなあ」
と改めて思ふ今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_1436
(括目)


 もう、
「おなかいっぱい」
なんだけれど、
「松坂へ来て、こいさん社長のお母さんにご挨拶しないわけにはいかんだろ」
といふことで、
「こいさんへ転進」
もつなべを、すこーしだけいただいいて撤収。。。。。
Img_1438
(大〆はもつ鍋)


 ほんと
「大いに考えさせられる、ながーい一日」
でござひまひたよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月20日(土)早朝覚醒?

 数回おトレイへ参戦する
「非常に浅い眠り」
を経て6時起床、とりあえず入浴して雑務を少々こなしているにちに
まだ寝ていたいのに早起きしてしまう・・・。早朝覚醒はうつ病の可能性も
といふ記事が目に飛び込んできました。。。
Img_0216_2
(これが1000年オリーブ)


 興味深く読み進んでいくと
「早期覚醒を招いてしまうストレス」
といふ
「大いに納得できる結論が導き出されました」
これ
「わが意を得たり、膝を打つとはまさにこのこと、本当に本当に大いに納得できる」
今日この頃ではあるんだけれど
「ちょっとこの解決の見込みが立たないので、もうしばらく早朝覚醒が続いてしまふのかしらん」
と、半ばあきらめの境地の今日この頃でもあるんだけれど
「早起きして太陽の光を浴びればうつ病治るぜ!」
といふのが一般的だから
「ポジティブに考えるべき事案なんだろうなあ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_0213_2
(すごいの一言だぜ)


 お迎えの車にのって、ようやくやってきまひたよ
「1000年オリーブ」
いやあ
「見事としかいいやふござひませんよ」
まさに
「横綱千代の富士の土俵入り」
のやふに
「大きく開いた両手が天まで届くやふな堂々としたたたずまい」
に感動でござひます。。。。
Img_0217_2
(パンやさんってたのCね)


 この
「1000年オリーブの植樹祭の参列する親方とは完全に入れ違い」
になってしまったんだけれど
「ようやく、胸のつっかえが少しとけたやふな気」
がしますよ。。。
Img_0218
(おいC朝食)


 車を走らせ
「伊勢神宮 まづは外宮を参拝」
わらしにとっては
「この秋の新商品の安全を祈願してのとても大切な参拝」
でござひます。。。
Img_0238
(まづは外宮から参拝)


 つづいて
「せんぐう館を見学」
学芸員の方に質問させていただくと
「確かに食の神様ではあるんだけれど、衣食住すべての神様でもある」
とのこと、また
「神社庁とい名称を引き継いでいるけれど、今は一宗教法人=民間である。つまり政教分離といふこですね。また、遷宮の大工さんたちは当宗教法人の職員であり、出雲大社などの遷宮には携わっていない」
などなど、大いに勉強させていただきました。。。
Img_0230
(これが、せんぐう館)


 外宮参拝が滞りなくおさまったところで、
「テルマエロマエにも登場した由緒ある山村牛乳さんにて濃い牛乳」
を飲み干し一息つきます。。。。
Img_0233
(大人気だぜ)
Img_0234
(こい牛乳)

 続いて
「内宮なんですけれど、やっぱりものすごい人ですね」
そして
「暑くて暑くて堪らないっすよ」
盛大に汗をかきながら
「非公式参拝」
を終えて
「人生一度は伊勢参り」
でおなじみの伊勢神宮参拝は滞りなく終了。。。。
Img_0239_2
(やっぱり内宮なんだね)


 お約束で
「おかげ横丁へ参戦して、赤福氷」
これさあ
「一日何杯くらい売れるんだろうね?」
なんて思ひつつ、おいしくいただきます。。。。
Img_0250_2
(すんげえなあ)


 人間不思議なもので
「若かりし頃は神社仏閣なんて全く興味なかった」
んだけれど
「こいさん社長のおかげもあって、毎年参拝するやふになったもんねえ」
まあ
「すべてはご縁、と心より感謝」
する今日この頃ではあるんだけれど、大きな意味では
「日本は天皇中心の神の国と言われても全否定は出来ないんぢゃないかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_0243
(520JPY)


 お昼は
「松坂のソウルフードを2軒ハシゴ」
まづは
前島食堂さんで鳥焼き
でござひます。。。。
Img_0261
(暑い暑すぎだぜ)


 これはですねえ
「みそだれで漬け込んだ鶏肉を、焼肉のやふに網焼きするんですよ」
もちろん
「おいしゅうござひます」
ただ
「とにかく、暑くて暑くて、とてもゆっくりは味わえないですよ」
ほんと
「いくらなんでも暑すぎます」
ほんとに。。。。
Img_0262
(謎の鳥スープ)


 続いて、以前から注目していた
不二屋さんへ転進
こちらは
「ラーメンと焼きそばの2品で勝負」
しているお店でして、共にいただきましたが
「そこまでかしらん?とくに焼きそばは山形屋さんの方が。。。」
といふのが偽らざる感想でござひますよ。。。。
Img_0266
(ラーメン)


 せっかくなので
「新装した、こいさん社長のオフィス」
へ顔をだして昨日の女史たちにご挨拶させていただきまひたが
「皆さん、若い女史なんですけれど、活気があってEですよ」
明らかに
「地方都市でそこそこの仕事を任されている女史って、男性よりEですよ」
これは間違いありません。。。。
Img_0267
(焼きそば)


 近鉄特急に乗って名古屋へ
「12分の乗り継ぎで名古屋からのぞみ号」
に乗り換えてご帰還。。。。。

 ほんとねえ
「ストレスって意味ではいろいろ本当にいろいろあると認識している」
今日この頃ではあるんだけれど
「今日の伊勢神宮参拝をもって区切りをつけなきゃ仕方ないだろ、と思ってお賽銭奮発してお札を舞わせたからこれだ大丈V」
とおもふ今日この頃でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月13日(土)原点の地

 昨晩も23時前には就寝して
「今朝は5時過ぎには起床」
ほんと
「完璧に早寝早起きが身につきましたね」
ただし
「五輪は全く興味がないので、徳さんのラジオ」
を聞きながら、
「モゾモゾ」
。。。。。
Img_9909_2
(おいC朝食)


 ほんとねえ
「少しでも五輪に関心があれば、もっと楽しいんだろうな」
とおもふ今日この頃であるし
「五輪に熱狂できる、大多数の国民の皆さんがうらやましくもおもふ」
今日この頃でもあるだけれど、まあわらしは
「すべての関心がウォーターメロン一極集中しているし、熱狂のど真ん中にいることを心から嬉しくおもふ」
今日この頃でもあるんだけれどね。。。

 まだ時間は早いんだけれど
「家にいても落ち着かないので、早めに出発」
して
「外苑前のサブウェイ」
で朝食を頂きながら読書するも全く頭に入らず。。。。

 なんとか時間をつぶして
「東京駅へ向かい、こいさん社長と合流して、臨時のとき号」
へ乗り込みます。。。。

 実は
「越後湯沢で在来線へ乗り換え」
なんだけれど
「ここが4分しかないんだよね」
まあ
「普通に行けばなんとかなるはず」
なんだけれど
「とき号が5分強遅れ」
車掌さんに確認すると
「もともと接続してないから、待たないよ」
とのこと。。。。。
Img_9915_2
(おもひでの地塩沢へ)


 結果としては
「とき号は遅れたけれど、在来線は20分くらい遅れて難なく乗り継ぎ成功」
ちなみに、遅れの原因は
「お客様対応」
とのことだけれど、
「どんな対応だったのか?」
は説明ないまま、15分ほどで塩沢へ到着。。。。

 塩沢では
「中学からの後輩が営む酒蔵=青木酒造さんを訪問」
なんですけれど、実はこの塩沢って
「小学校の4ー6年の3年間、毎年夏休みを過ごしたおもひでの地」
なんですよ。。。。
Img_9916
(カリー)


 もう
「40年前になってしまづけれど、特に6年生の時は1か月間朝から晩までよく勉強しましたよ」
当時は、
「上野駅からL特急とき号に乗るのが本当に嫌だった」
けれど
「今となってはいいおもひでといふか、心から感謝しているおもひでの地」
を再訪することになって、本当に感慨深いんですよ。

 まづは、青木酒造さんが経営する
「カフェで楽しくランチ」
なんといふか、街並みが整備されていてビックリなんですけれど、それ以上に
「青木君がわらしと一緒に夏に塩沢で学んでいた後輩だったとは、なんとも衝撃的なご縁だなあ」
とおもふ今日この頃であるし
「お嬢さんが、こばさんのお嬢と同じクラスといふ、あまりにも狭い世界に生きていることを衝撃を受ける」
今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 ランチの後は
「酒蔵見学」
当然のごとく
「この時期は作ってはいない」
んだけれど、わらしのイメージとしては
「でっかい木の樽の上で杜氏さんが大きなしゃもじでかき回している感じ」
だったけれど
「全然違って、それなりに近代化しているんですよね」
ちなみに、最も大事なのは
「やっぱり水」
とのこと。。。。
Img_9919
(酒蔵見学)


 こちらでは
「3本井戸水を使っていて、その水温は通年12度!」
いやあ
「通年12度の水風呂あったら人生違うだろうなあ、やっぱりわらしの人生の最初と最後は塩沢なのかしらん」
と思ひつつ
「試飲の時間」
正直
「日本酒は全然わからない」
んだけれど
「高い方がよりマイルド」
といふことだけはなんとなくわかりましたよ。
Img_9934
(試飲)


 本当に
「ご縁に感謝だよねえ」
つくづく
「わらしも、もっと人に親切にしないとダメだなあ」
と心より思ひつつ、こしひかりモナカを食べつつ、浦佐から新潟へ。。。。。
Img_9935
(コシヒカリアイス)


 今宵は
「超ビッグイヴェントの前夜祭」
会場は、
五郎さん
これが
「なかなかのお店でござひまして、まさに超ビッグイヴェントにふさわしいお席とお料理」
でござひまひた。。。
Img_9940
(おつくり)


 やっぱり
「夢を語るって素晴らしいですよ」
つくづく
「リスクをとって夢を語る資格を得てよかった」
とおもふ今日この頃であるし
「本当に皆さんにお世話になっているんだなあ、出会いに感謝感謝感謝」
でござひます。。。。
Img_9943
(のどぐろ)


 二次会は
「なぜか四川飯店」

「それなりの中華」
をいただいて早々に解散、ちなみにこのメムバーは
「東京から3人、三重・大阪から1人」
といふ、まさに
「全国からこの決戦の地に集ふ同志」
でござひまひた。。。

 22時過ぎにはドーミーインさんへ戻って
「多宝の湯」
なんですけれど
「ここのスパは素晴らしいですよ」
ほんと
「ここまで本格的なスパはなかなかないですよ」
1時間以上
「サウナ→水風呂→外気浴→露天風呂」

「徹底的に繰り返し」
完璧に整ひまひた。。。。
Img_9951
(マーボーは飲み物)


 だけど、つくづく
「ご縁ですよ」
だって
「この新潟の地って、30年前に高1の夏、まさにこの週に初めての単独遠征を敢行した地なんだよね」
あの時は
「駅裏のベンクーガーホテルに泊まって、100JPYのテレビ見て、ほか弁食って競馬だけやっていたんだよね」
ほんと
「わらしの原点の地ですよ」
そして
「5月15日の出会いから、ジャスト3か月でこの地で再会出来るのもなんといふ幸運とご縁」
としかいいやふがないですよ。。。。

 すべの
「ご縁と幸運に感謝しつつ、ベッドに横たわるも興奮して眠れず」
でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月3日(水)今は悲劇もいずれ喜劇になる?

 5時起床、さすがに朝風呂は断念して
「迎えの車に乗り込みます」
おなじみ
「メロンの総本山訪問です」
はっきりいって
「わらしはお伴」
なんだけれど
「やっぱりたまに顔出してお話しすると、大いに勉強になるんです」
いい刺激になりました。。。。
Img_9617
(お久しぶりです)

 
 終了後は、静岡で解散して
「そうですよ!あそこへ向ひますですよ」
いわないでもわかるでしょ
「天国に一番近いサウナ しきじ」
でござひます。。。。
Img_0331
(お久しぶりです)


 冷静に考えると
「かなり久しぶりっすよね」
おそらく
「だから、最近のわらしは悪かったんぢゃないかしらん?」
そふ
「しきじにさえ来ればすべて解決する」
んですよ。。。。
Img_9625
(おいC)


 はやる気持ちを抑えて、軽く体を洗ってから
「110度!の高温多湿サウナ」
これねえ
「どうやっても5分しか入っていられないですよ、いくらなんでも熱過ぎですよ」
ふつー
「せいぜい95度でしょ」
。。。。。

 でも、その限界まで火照った体を冷やしてくれるのが
「命の水風呂」
だって
「周りのおじさんたちも、皆さん子供のやふに潜って楽しんでいるんだよね」
もうたまりませぬ。。。。。
Img_9626
(命の水)


 といふことで
「サウナ→命の水風呂→薬草風呂」

「徹底的に繰り返し」
てから
「野菜炒め定食+から揚げ」
そして
「命の水」
をいただけば、もうねえ
「超完璧に整ひます」
ですよ。。。。。
Img_9628
(帰京)


 あとはねえ
「休憩したり、マッサージしたり、再度入浴したりと」
一部
「お仕事タイム」
もありましたが、
「命の選択させていただきました」
やっぱり
「定期的に治療に来ないとダメなんだよなあ」
と改めて思ひつつ、こだま号に乗って帰京。。。。。。
Img_9632
(玉置浩二)


 今宵はですねえ、なんと
「あのターボー初の単独ライブ」
といふことで、
「大いに楽しにしておりました」
ですよ。。。。
Img_9635
(平井堅)


 いくら狭い箱とはいへ
「中央一番前に陣取ると、それなりに緊張しますよね」
だって
「場の空気作らなきゃいけない」
じゃないですか。。。
Img_9641
(石原慎太郎)


 結局
「2時間30分もたっぷりやってくれました」
でもねえ
「普段の方が面白かったかも」
なんといふか
「よそ行きなんだよなあ」
。。。。。。
Img_9644
(舛添さん)


 ほんと
「ターボーの物まねって相当面白いですよ」
他って、
「キサラ館」
くらいしか知らないけれど
「ターボーより面白い物まねって知らないですよ」
ほんと。。。
Img_9659
(北の国から)


 あとさあ
「やっぱり、こっちが酒飲んでいる方がいいっすよね」
今回は
「缶ビア1本だけだもんねえ」
それと
「やっぱり石原慎太郎が短かったのがすごく残念」
ちなみに、最も受けたのは
「真田丸」
これ
「全くみたことないんだけれど、周囲につられて勢いで笑ってしまひまひた」
次回は横浜での開催とのこ、新ネタが楽しみでござひます。。。。
Img_9666
(渋谷西武は危険)


 おなかも空いたところで、すっかりお気に入りになってしまった
「ごち惣家さん」
へ転進。。。。。
Img_9669
(家電も家具もリセット?)
Img_9667
(北大路 欣也)

 あいかわらずおいCお料理と、お酒をいただきながら
「彼女ではなくて親友だ問題」
「渋谷西武周辺で、息子の友人や父兄と遭遇したら厄介だぞ問題」
「かれんからの手紙はうらやまCぞ問題」
「男は忘れっぽいけれど、それがいいんだぞ問題」
「石ちゃんは、そろそろ家電も食器もリセットだ問題」
といった、間もなく50になろうとする者たちに相応しいアダルトならなでは難問を討議した結果
「今は悲劇でも、いずれ喜劇になる!」
といふ、珍しく含蓄のある前向きな結論が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_9673
(絶品)


 一週間ぶりにご帰還なんだけれど
「あんまりにもあんまりなお知らせが。。。」
まあ
「覚悟決めるしかないのかしらん」
と思ふ今日この頃でもあるんだけれど。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月1日(金)お土産?

 三重の朝は
「513ベーカリーで始まる」
つくづく
「焼き立てパンで始まる一日っていふのは、幸せだよねえ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど、
「だからといって、屋外テラスで1時間以上暑い中お話するのはどーよ?」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。
Img_8201
(三重の朝は513ベーカリーで始まる)


 これも、ちょっとした
「理由(わけ)」
があるんだけれど、さきほど知り合ったある方と、
「○○が来るから票が伸びるんぢゃない、お土産があるんだぞ問題」
「選挙の事前予測の結果で、勝ち馬に乗る地域と、逆とはっきり分かれるぞ問題」
とか、全くここへは書けない
「わらしの大好きな選挙ネタで大いに盛り上がってしまった」
から、
「嫌いぢゃない」
んだけれどねえ。。。。
Img_8205
(色々あるよ)


 当たり前だけれど
「松坂来て、松坂牛食べないで帰るわけにもいかんだろ」
といふことで
ビーフクラブノエルさん
にて
「おいC網焼きをいただきました」
やっぱり
「お口の中でとろけるんだよねえ」
心から
「幸せ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「やっぱり、ブ厚いステーキも食べてみたいなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_8214
(ノエルさん)
Img_8208
(おいC)

 沢山お土産をいただいて帰京、近鉄特急からのぞみ号へ乗り継ぎなんですけれど
「近鉄からの乗り換え改札ではEX-ICが使えないのね」
これは
「JR東の改札でも同じ」
で、
「東京駅で丸の内へ抜ける際は、EX-ICとスイカを2枚重ねてタッチしないとダメなのね」
これ初めてなので
「まさか入場券代とられるのかしらん?」
と思ったけれど、さすがに大丈夫でしたが。。。。

 実は
「間もなく開業する某旅館へ」
実は、この今流行りのチェーンは
「今まで全くご縁がなかった」
んだけれど
「諸般の事情でお部屋を見学させていただきました」
なんといふか
「ビューが全く望めないからなあ」
と思ふ今日この頃でござひますが。。。。
Img_8216
(大手町に)


 夕方
「熊本からの客人」
色々うかがったけれど、
「自宅のガスを大阪ガスの方が開通させてくれたのが最も感動した」
とのことでござひます。。。。

 うまく言えないけれど
「Eはなしだなあ」
と思ふ今日この頃でござひますが
「一か月も風呂に入れず、営業している銭湯は2時間待ち、皆さん早朝4時くらいから並んでいたとのことは、はつらいよねえ」
と思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 ちなみに、
「現状は、お見舞いのお礼の品を送ったりする需要が多い」
とのこと。。。。。

 あとねえ
「やっぱり耐震補強って意味あったそうです、一部だけこの秋に予定していた部分だけ完全にダメになった」
っていふんだから
「大いに説得力」
ありますよねえ。。。

 帰宅後
「三重から、心配な電話が入る」
なんとも言えないけれど
「心配」
でござひますよ。。。。

 なんとなく
「今日はよーく眠れそう」
23時前に倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧