中国・四国

2月8日(水)バナナは草です

 なかなか寝付けなかったけれど
「明け方は深い眠り」
早速
「昨晩の件について情報収集」
すると
「皆さんご存知だけれど、すべてが終わってからお知らせされた」
とのこと、
「本当にお世話になった方なので、お墓参りだけでもさせていただかないと気が済まない」
ですよ。。。。。
Img_6673
(こんぷりめんたりーな朝食)


 とりあえず
「朝風呂」
さすがに
「カランはブックフルではなかった」
けれど
「昨日まで使っていたシェービングクリームが見当たりませぬ」
なんとか
「男のスクラブ洗顔クリームで代用」
して事なきを得たんだけれど
「英国やら仏国、泰国へも一緒しいてた相棒なので最後まで使い切ってあげたかあったなあ」
「志半ばで遠征から離脱させてしまったことを心から残念におもふ」
今日この頃でござひますよ。。。。
Img_6674
(この時期は初めてだ)


 正直
「まだおなかはブックフル」
なんだけれど
「コンプリメンタリーな朝食ブッフェを軽くいただきます」
なんか
「エビ飯をはじめとしたご当地メニューが並んでいる」
のはいいけれど
「さすがにきび団子はどーなのかしらん」
と思ふ今日この頃でござひまひた。。。。
Img_6676
(5月末にお会いしましょう)


 お迎えの車に乗って
「愛するアレキの視察」
わらしも、岡山へは何十回とお邪魔しているけれど
「花を見るのは初めて」
でござひまひたが
「御年73歳の大ヴェテランの生産者の方のお話は大いに参考」
になりました。。。。

 なかでも
「とにかくできるだけのことはしたい、天候のせいにすることは誰でもできる。まあ、うまくできる年もあるし、そうでない年もある、だから農業は面白いし、もっとうまくなってやろう!と毎年おもふんだ」
との
「あまりにも重ひお話に感動」
させていただきました。。。。
Img_6701
(おお!)


 山陽道を東へ走って
「笠岡へ」
いやあ
「おくさん!なんと国産のバナナとパパイヤですよ!」
この
「事実上初の試みに驚愕」
ですよ。。。。
Img_6697
(なんと国産無農薬バナナ)


 まあ、正直なところ
「バナナって暑ければほっといてもなる」
んだけれど、なにより
「この真冬に日中とはいへ暖房たいていないのには驚き」
でござひますよ。。。。
Img_6713
(パパイヤも)


 仕掛けは
「天井が二重になっているハウス」
んだけれど
「さすがに夜は暖房いれるようだけれど、これは立派のひとこと」
でござひますよ。。。
Img_6695
(バナナの花)


 早速
「お味を確かめさせていただきます」

「やっぱりちょっと淡泊」
でござひますが、
「まあ、これからが楽しみ」
でござひますよねえ。。。
Img_6715
(淡泊)


 ちなみに最大のウリは
「国産・無農薬」
はっきりいって
「バナナは結構農薬使うんですよね、とくに収穫後まで。。。」
そのあたりを考慮すると
「値段さえ許せば、すこーしならニーズもあるのかもしれないなあ?」
とおもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_6732
(おうどん)


 本体別れて
「ゼリー工場へ転進」
まさに
「グッドタイミングでの参戦」
もう
「夏が始まっている」
んですよ。。。。

 岡山空港まで送っていただいて
「羽田経由ご帰還」
帰宅後、録画しておいたものを含めて
「アザナーストーリーズを3本ほど」
この番組見たことなかったんだけれど
「BSとはいえ、日活ロマンポルノを取り上げて、絡みのシーンまで放送するとはNHKすごすぎだぜ!」
それだけぢゃなくて
「超面白かったですな、白川和子さん、田中真理さんかっこよすぎですよ」
感動しましたですよ。。。。
Img_6734
(夏の始まり)


 昨日ご一緒させていただいた方から連絡あり
「あの方同様、すい蔵がんだったとのこと」
救いは
「あまり苦しまなかった」
ことくらいか。。。。

 ほんと
「出会いの数だけ別れがあるんだよね」
残念なのは
「皆さんを〇〇式に来ていただくことができなかったことだよね」
今のところ
「母親が元気なのが救い」
ではあるが。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月7日(火)岡山でひと仕事

 こんな
「真冬の岡山は初めて」
バスで駅で出て、まづは
「デミカツ丼が売り」
といふ
野村さんへ
いきなり
「食券の自動販売機がお出迎え」
してくれた時点で
「ある程度覚悟していた」
とはいへ
「がっかり」
でござひまひた。。。。
Img_6631
(がっくし)


 早々に失礼して
「某百貨店へ」
まあ
「申し訳ないけれど、お世辞にも元気あるとは思えない」
っすよ。。。。
Img_6635
(う~ん)


 お打ち合わせの後、客人推薦の
天神そば
へ転進。。。。
Img_6636
(さみCアーケード)


 こちらは
「10人も入ればブックフルなお店」
でして
「女性が4人で仕切っている模様」
まあ
「濃厚な醤油味の典型的な岡山ラーメン」
でござひまひたが
「さきほどのデミカツ丼よりははるかにおいしゅうござひまひた」
ですよ。。。。
Img_6639
(おいC)


 ただし
「スープの飲み過ぎにチュー意」
でござひますよね。。。
Img_6641
(なぜ通産省?)


 せっかくなので
「岡山駅前のサウナで身体を清めます」
浴室内は
「非常に清潔」
で好感持てるんだけれど
「肝心のサウナが好みぢゃないのが惜しいっすよ」
30分ほどで撤収。。。。
Img_6646
(このタイプは嫌い)
Img_6644
(水はきれい)

 一旦、定宿である
「三井ガーデンホテルさんへチェックイン」
相変わらず
「フロント女史の対応が素晴らしいっすよ」
まづ
「お疲れのところ誠に恐縮でござひますが、こちらにご署名をば。。。」
とか、
「笑顔で言われると癒されますよね」
とにかく
「地方都市である程度のレベルのサービス業の女史のレヴェルってとっても高いですよ」
それは
「男子の比ぢゃない」
ですよねえ。。。。
Img_6647
(お仕事お仕事)


 荷物だけおいて
「徒歩10分ほどの会場へ」
まあ、なんといふか
「よくあるイヴェントで少々お話しをさせていただきました」

「まづまづご好評」
をいただいたやふで
「なんとか役目を果たせたかしらん」
ひと安心でござひます。。。。
Img_6652
(パス)


 第一部の
「座学」
に続いて第二部の
「懇親会」
ですが
「笑顔で50枚以上名刺交換しましたね」

「いくらパーティー料理をこよなく愛するわらしでもお食事はバス」
させていただきました。
Img_6653
(すげえうまそうなビア)


 だって、
愛するゑびす屋さん
が待っているだもん。。。。
Img_6655
(おつくり)
Img_6656
(ナマコ)
Img_6657
(かき)
Img_6658
(あなご)

 いやあ
「いつ来ても、素晴らしいですよ」
もうねえ
「女将ひろちゃんの接客に感動」
やっと
「岡山へ帰ってきた」
といふ実感がわいてまひりまひたですよ。。。。
Img_6660
(にぎり1)
Img_6664
(にぎり2)

 もちろん
「生シャコ」
やら
「なまこ」
さらに
「ままかり」
「黄ニラ」
なんてところにも大満足なんですけれど
「ここではひろちゃんの脇役」
になってしまひますですよ。。。。。
Img_6662
(味噌汁)


 軽く
「二次会だか三次会」

「大いに語って」
から
〆は山富士さんでねぎそば
をいただけば本日の全行程が終了でござひます。。。

 ガーデンホテルは
「最上階に大浴場があるのはいい」
んだけれど
「カランが6か所しかないんですよね」
あの
「全裸でカランを待つ間っていふのはとってもとっても苦痛でござひますよ」
最初に
「体洗ってお風呂につかっても」
どうしても
「カランの混雑状況ばかり気になってしまひますですよ」
だって
「塩素風呂には上がりのシャワーが必須ぢゃないですか」
ほんとねえ。。。。
Img_6669
(大締め)


 実は突然
「ちょっとショックな訃報を耳にしたんですよ」
まさか
「1年も前に。。。。」
ほんと
「とってもとってもお世話になった方」
なので。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日(水)ああ宮島や宮島や

 7時起床
「熱いシャワー」
を浴びてから
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきますが
「卵職人はじめスタッフの方は皆さん素晴らしい」
んだけれど
「ジュース?パンなどなどは。。。。」
ちと残念でした。
Img_3656
(卵職人華麗な技)


 最上階へ昇って
「景色を見たけれど、こんなに海が近いとは思わず」
西には
「宮島」
も見えて、なかなかのもんでござひますよ。。。。
Img_3660
(E ねえ)
Img_3662
(近くも)

 その宮島へは、熟慮の結果
「広電に乗って50分」
市街地を抜けると
「専用軌道が登場して結構な俊足を披露」
しかも
「運賃260JPYは破格」
でござひます。。。。
Img_3663
(広電に乗って)


 終着駅の駅前から
「フェリーに乗るんですけれど、なんと2社あるのね」
どちらか全く事前の知識がなかったので
「宮島松大汽船」
といふ方に乗りこめば、
「あっといふ間に宮島に到着」
でござひます。。。。
Img_3664
(右がJR、左が松大)
Img_3668
(おお!)


 いやあ
「結構な人出ですよ」
そして
「結構な数の鹿さんが」
放牧されていてびっくりしてしまふ今日この頃ではあるんだけれど
「皆さん角を切られているのに、野生の鹿と称しているのではいかがなものかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよなあ。。。
Img_3710
(すごい)
Img_3708
(大人気)
Img_3672
(バンビちゃん)


 とりあえず
「厳島神社」
を参拝しましたが
「いやあやっぱりなかなかのもんですよ」
これが。。。。
Img_3677
(おお!)
Img_3692
(いいかんじ)
Img_3690
(新嘗祭やってました)


 なんだかんだいっても
「観光名所っていふのは、それなりのことがある、馬鹿にしちゃいけない」
といふのは先日の
「英仏遠征で学んだ通り」
でござひます。。。。
Img_3687
(Eねえ)


 2時間ほど散策して
「まあいいか」
てな感じなんですけれど、ひとつだけ
「平清盛をまつった神社があまりにも小さくてビックリ」
でござひまひた。。。
Img_3681
(ふーん)


 帰りは
「JRの船で対岸へ」
まあ
「どっちでもいいや」
といふのが結論でござひます。。。
Img_3715
(かき)


 帰りも
「広電で市内へ」
お昼はこちらへ赴任している客人と一献なんですけれど
貴家。さん
へ参戦でござひます。。。

 まあ、正直なところ
「お好み焼きは、どこも大した違いはないっすよ」
ただし
「今日はオプションでもちを追加したのが大正解」
でござひまひた。。。
Img_3718
(そば)


 それにしても
「昨晩も今日も広島の街って大いに賑わっていてビックリ」
最近行った
「地方都市の中では圧倒的な盛り上がりですよ」
やっぱり
「カープ優勝」
はあるだろうけれど
「マツダが好調」
といふのも関係しているんだろうなあ、とおもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_3719
(うどん)


 久しぶりにリムジンバスで広島空港へ向かひまひたが
「いくらなんでも遠すぎますですよ」
よくもまあ
「こんな場所に空港作ったもんだよなあ」
感心してしまひますですよねえ、ただし
「それでも広島の場合は新幹線の選択はないですよ、4時間の壁どころか岡山だって飛行機だよねえ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。

 それにしても
「おくさん!本当に明日の朝は雪が降っているんですかねえ?」
万一の場合は
「アレの出番」
でござひますが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日(火)佐世保→福岡→松山→広島

 5時50分起床
「5時59分開店と同時に温泉へ」
早速
「6時ちょうどにサウナへ入場」
したら、サウナ内テレビのNHKアナが
「おはようございます」
とあいさつと同時に
「おくさん!いきなり緊急地震速報」
ですよ。。。。
Img_3567
(SAにて)


 早速身構えましたが
「とりあえず、長崎ではないのでそのまま」
なんですけれど、いやあ
「男性アナのスイッチの切り替えは見事につきますよ」
ほんと
「ここから延々と地震・津波情報の告知を見事にこなします」
なんといふか
「いま津波警報がでました!すぐに避難してください。。。。」
てなところからはなんとも
「いかに日ごろから訓練しているのか」
といふことと個人の資質の高さが分かりました。
Img_3569
(JACさん)


 だけど
「お年寄りや動けない方はいませんか?」
のくだりは、
「道徳的にはとても正しいんだけれど、これで本人の生命を危険にさらした方が前回の時に多数いたんだけれど、どーなんですかね?」
わらしにはとてもわかりませんが。。。。
Img_3568
(四国へ)


 6時30分チェックアウトで福岡空港へ向かひますが、
「とりえあずエアウィーブについて触れておかねばならないですよね」
結論から言いますと
「いいっすよ、腰のフィット具合とかとてもよい」
ただし
「オークラだから元々のマットレスもEぢゃないですか」
でもまあ
「最近では比較的眠りに夢中になれた方」
といふのは間違いござひませぬが。。。。
Img_3571
(愛媛へ上陸)


 それにしても
「東日本の時は、その日熊本から佐世保へ移動して、このホテルへ泊まっていた」
んだよね。

 さらに
「去年鹿児島で震度4だかの地震が起きて、緊急地震速報でとび起きて、某ホテルのテーブルを破壊して弁償をしたのは、佐世保のホテル」
でござひます。。。
 
 そして
「熊本の時は、まさに18時まで熊本にいて、福岡のサウナ内テレビで緊急地震速報を体験した」
といふことは
「なんか一連の地震と、わらしの移動に関連性があるかもしれない、と思っているのはわらしだけではないかもしれないなあ?」
と思ったりもする今日この頃でござひますけどね。
Img_3573
(お膳がデカイ)
Img_3576
(おいC)

 渋滞もなく
「予想より早めに福岡空港へ到着」
久し振りに
「J社のラウンジへ入場しましたが、なんか調子狂うんだよなあ」
で、本日乗り込んだのは
「おくさん!なんとなんと松山行き」
でござひますよ。。。。。
Img_3578
(甘平)


 ほんと
「宮崎と同じくらい、あっといふ間に着陸」
まづは
「鯛のぶっかげご飯」
の出迎えを受けます。。。。

 そして、いよいよ
「柑橘王国を回りますが」
なんといっても注目は
「紅まどんな」
でござひますが
「ハウス内で見ると、その鮮やかな濃い紅色に圧倒されます」
ですよ。。。。。
Img_3591_2
(紅まどんな)


 これも、実は以前から
「あいか」
として生産・販売されていたんだけれど
「その絶妙なネーミングをつけてから、わらしも注目しはじめたんだよね」
つくづく
「ネーミングといふかマーケティングといふかプロデュースって大事だなあ」
とおもふ今日この頃でござひますよねえ。。。
Img_3605
(いよかん)


 4種類ほど柑橘を見学させていただきましたが
「愛媛いいところですよね」
ただし、
「やっぱり和歌山のやふに傾斜地だよね、お米には不向きな」
正直
「今まではご縁がなかったけれど、これからは定期的に参戦せねばならないなあ」
とおもふ今日この頃であるし、
「食わず嫌いはダメだよなあ」
と強くおもふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_3626
(Eねえ)
Img_3616
(とてもEねえ)
Img_3625
(感動的ですな)


 東京へ帰りチームを見送って、わらしは
「一人松山観光港へむかひます」
そふ
「滞在時間5時間ほどで久しぶりの四国を後にして、高速船に乗って広島へむかひます」
今回初めて、この区間が高速船ってわかったんですけれど
「ぢゃあしまなみ海道って一体なんだったんだ?」
とおもふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_3634
(たつろーと一献)


 この区間の高速船はまさに
「香港・マカオ間の高速船を少々小さくした感じ」
早速2階の左側席に陣取って
「瀬戸内海の景色を堪能」
させていただきます。。。。
Img_3632
(おつくり)


 まづは
「興居島」
を左にみていると
「夕日がとってもうつくC」
んですよ。。。。

 さらに
「るいさんが愛する中島!」
これはかなり大きな島のやふで、
「盛大に柑橘の生産も行われている」
とのことですので、
「次回は!」
と心に誓っておりますですよ。。。。
Img_3638
(あなご)


 まあ、
「それにしても、瀬戸内海に沈む夕日っていふのは見事の一言」
勿論
「わらしに昇る朝日はなくて、夕日しかないけれど夕日ってこんなに素晴らしいんだ」
といふことを教えてくれたことを心から感謝しやふとおもふ今日この頃でござひますよ。。。
Img_3643
(かきふらい)


 船は
「呉港で半分くらい乗客をおろして」
1時間10分くらいで、広島港へ無事到着。。。。

 ここからは
「おなじみ路面電車に乗って中心部へ」
これ
「市内区間だと30分乗っても160JPYって破格の安さ」
ただし
「イコカは使えるけれどスイカは使えない」
のは困りますですが。。。。
Img_3651
(うどん)


 今宵、1軒目は
酒菜竹のしたさん
へ参戦なんですけれど、なんと
「当地へ移住している、たつろーと一献」
でござひます。。。。
Img_3652
(そば)


 たのしゅうござひますから、珍しく
「日本酒なんかもいただいちゃって、E気分」
たつろー曰く
「みんな、いくいくって言うけれど、本当に来るのはうしだけだ」
といふ、
「最大級の賛辞?」
といただけたのが、うれしゅうござひます。。。

 といふことで、つづいて
お好み焼き ふみちゃんさん
へ転進。。。。。
 
 こちら人気店のやふですが、
「どうしても広島風のお好み焼きって好みぢゃないんだよなあ」
やっぱり
わらしには、下町鉄板川上さんが最も合っているやふ
でござひますですよ。。。。。

 おなかもいっぱいになったところで
「グランドサウナ広島さん」
へ参戦なんですけれど
「申し訳ないけれど、全く整わなかったですよ」
あまり多くを語ることはしないけれど。。。。。
Img_3655
(広島の〆)


 そふ同じく、
「たつろーと討議した諸問題」
についても
「いろいろあるんだなあ」
といふだけで、この場であまり多くを語ることはできないのでござひますよ。。。。

 だって
「たつろーパパと美女1号パパ、美女4号パパとか親友らしいからなあ」
とにかく
「人生そんなに一筋縄ぢゃいかない」
といふことが分かったことだけは確かでござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月19日(金)ふゆももがたり

 6時起床、
「昨日はそんなに早く就寝したわけではないけれど、すっかり早起きさんになってしまっておりますですよ」
シャワーを浴びて、雑務をこなして、軽く朝食済ませても、まだまだ時間があるから読書。。。
Img_0100
(清水白桃)


 お迎えの車に乗って
「桃の缶詰製造視察」
こちらは
「すべて湯剥き=手剥きでやってくれているので、出来上がりが全然違うんですよ」
ほんと
「大変な作業ですから、心からありがたくおもふ」
今日この頃でござひます。。。
Img_0103
(湯剥き)


 それにしても
「ご高齢の方が多いですよね」
これはどこでも同じことだけれど
「10年後、20年後はどーなんですかね?」
と少々心配になってしまひますが。。。。
Img_0102
(すべて手作業)


 続いて、今回のメインイベント
「なんと11月に収穫して真冬にたベられる桃」
その名も
「ふゆももがたり」
の視察でござひます。。。
Img_0104
(シロップに漬け込みます)


 これすごいっすよ
「本当にまだ実が小さいんだよね」
でも
「開花時期は他の桃と一緒だから、ゆっくりゆっくり時間をかけて大きくなるんですよ」
ちなみに
「突然変異か人工的な交配かも担当者が辞めたので不明」
とのことでござひます。。。
Img_0192
(まだ全然小さい)


 わらしは
「基本的には旬を大切にする人間ですよ」
よって
「真冬のマンゴーとか、真夏のハウスみかんなんていふのも興味ないです」
だって
「その季節にあった果物食べればいいぢゃん」
そして
「真冬にすいかやマンゴーは体が欲しがらないですよ」
よって
「基本的には冬の桃もそんなに興味があるわけではないんだけれど、ふゆももがたりは作為的に作っていない」
から全然違ひますよ。。。。
Img_0185
(わくわく)


 あとねえ、毎年数件
「どうしても桃を食べさせてあげたんですけれど、なんとかならないでしょうか?」
といふお電話を頂戴することがあるので
「今まで、お力になれず心から申し訳なかったんですよ」、最後の頼みと思ってきてくれているのに無力感を痛感してました
だから
「冬の桃だけは少なからず意味があって、大いに期待する」
今日この頃でござひます。。。。
Img_0186
(本当に楽しみだぜ!)


 続いて
「ある工場へ転進」
ここねえ
「残念ながらまだ極秘中の極秘」
なんですけれど
「いい出会いになったですよ、本当に感謝感謝」
でござひます。。。。

 猛暑の岡山駅から
「さくら号→新快速→環状線」
と乗り継いで
「鶴橋から近鉄特急アーヴァンライナー」
にて
「津」
へ向ひます。。。。。
Img_0200
(松坂牛のタン)


 これがねえ
「意外と乗っているんだよね、さすがに名古屋まで行く人は少ないと思われますが」
いつも不思議なのが
「大和八木っていふのは交通の要所なんですかね?」
少なくとも
「関東の人間には全くご縁がないですよね、金山同様」
なんて考えつつ、快適に東へ。。。。。。

 近鉄といへば、かつて社長さんが
「なんで中村なんかに何億円も払わないけんのか?球団辞めたら毎年特急電車何両買えるんだ?」
と言ったそうだけれど
「当時は憤慨したけれど、冷静に考えれば経営者として当たり前の感覚だったんだろうね」
と思わざるを得ない今日この頃であるけれど
「物わかりのよい大人になってしまったことを遺憾におもふ」
今日この頃でもあるんだよねえ。。。。。
Img_0206
(肉肉Cね)


 今宵は、松坂牛の名店
千力さん
へ参戦。。。。

 千力さんは、実はこいさんn社長からいただいた
「お正月の超おいしいすき焼き用のお肉でおなじみのお店」
といふことで、大いに楽しみにしておりましたが、なんとなんと
「おくさん!513の美女軍団と同席させていただく栄誉」
まで。。。。。

 おいCお肉を頂きながら
「夜空の向こうには何が見えるのか?問題」
「出会いの数だけ別れがある、分かっているけど人は恋をするぞ問題」
「25歳までに結婚したいなんていふ女史は、仕事から逃げたいだけだぞ問題」
「工藤静香問題」
「松崎しげるビックリしたぞ問題」
「松坂きて、こいさんママのとのことへ顔出さないわけにはいかないだろう問題」
といった、松坂牛ナイトにふさわC、
「肉肉C諸問題」
を真剣に討議した結果
「ナンパはされなかったけれど、やっぱりハワイは最高だ!」
といふ、なんとなくわかる結論が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_0209
(おいC)


 まあ、つくづく
「わらしの周囲には、どうしてこんなにE人達ばっかりなんだろう」
といつものやふに思ひつつ気持ちよくホテルへ戻ったら
「崎陽軒シウマイ弁当値上げ」
といふ
「一気に酔いが醒める訃報が飛び込んでまひりまひた」
なんと
「おくさん!シウマイ弁当800JPYが830JPYへ30JPYもの値上げとは、これは大打撃」
でござひます。。。。

 かといって
「横濱チャーハンってわけにもいかないからなあ」
ほんと
「から揚げがエビフライに替わったことを理由に値上げしたとき以来の衝撃」
でござひます。。。。

 ほんと
「わらしの生活に密着している、まさに生活必需品だから困るよねえ」
と途方に暮れる松坂の夜でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月18日(木)杭とおトイレ

 なんと
「22時前に就寝」
予想とおり
「23時30分・3時と起きたけれど、まだ朝ぢゃないんだ?」
てな感じで、その都度就寝しなおして、結局
「6時30分起床」
なんだかんだいっても
「やっぱりエアーぢゃなきゃ眠りに夢中になれないのかしらん」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

 午前中は
「盛大に会議・打ち合わせ」
が続いて
「かなりバタバタ」
それはそうと、ふとしたことから
「村田昭二君の 打たれ続ける杭になれ」
といふ言葉を改めて考えると
「まさに、わらしにピッタリだなあ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「出る杭は引っこ抜かれる」
といふ言葉もあるけれどねえ、と思ったりもする今日この頃でもあるんだよね。
Img_0068_2
(シャコとか)


 やっぱり、組織としては
「絶対に後者であってはいけないと思ふ」
今日この頃であるし、
「出過ぎる杭は打たれない」
といふ言葉もあるなあ、と思ったりもする今日この頃でもあるし
「組織人である以上、最低限「杭」にはならないといけないなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだけれど、
「建物は杭と柱だけでなく、梁も必要だからなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。
Img_0070
(はも)


 あとさあ
「籠に乗る人、かつぐ人、そのまた草鞋を作る人」
なんて言葉もあるんだけれど、
「確かに草鞋も必要だとは思ふけれど、この言葉はかなり怪しいなあ」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。。

 晴れの国
「岡山へ」
いやあ
「確かに晴れだし、暑いっすよ」
東京は雷雲が立ち込めていたけれど。。。。。

 今宵は、いつもの
「ゑびすやさん」

「日本有数の笑顔を持つ女将=ひろちゃん」
に会えるのが、心からうれしゅうござひますよ。。。。

 もうこちらへ通って10年くらいになるけれど
「ここも地方の行きつけの店として、絶対に外せない名店のひとつ」
でござひます。。。。
Img_0087_2
(にぎり)


 ほんとうに
「ほっとするんだよねえ」
もちろん
「瀬戸内のおさかなも最高」
なのはいふまでもござひませんが。。。

 遺憾なら
「デザートにマルバンさんのラーメン」
をいただいてしまひまひたが
「これもおいしゅうござひます」
東京って、このテのラーメン少ないっすよねえ。。。。
Img_0096_2
(遺憾だけどおいC〆)


 早々に失礼させていただいて
「グランヴィアの自室にて徹底的に雑務」
ちょっと疲れました。。。。

 ところで、
「発見してしまひまひた」
あの
「山本五十六著 男の修行」
例によって
「おトレイ」
でござひます。。。
Img_0072
(どうして?)


 これは
「どういふ意図なんですかね?」
定番として
「だって人間なんだもん」
でおなじみの
「相田みつを作品集」
と並んで、トイレの掲示物として確固たる地位を得ているんだけれど
「大嫌い」
と言わざるを得ない今日この頃ではあるんだけれど
「実際、わらしも先日引用しちゃったから、偉そうなこと言えないかもしれないなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけれど、やっぱり
「一歩前へ出ようよ男の子」
「いつもきれいにお使いいただきありが10ござひます」
の方が実用的でいいと思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月11日(木)女将劇場の進化とわらしの成長?

 やっぱり
「徹底的にサウナ→水風呂を繰り返してキメキメ」

「翌朝は超快適な目覚め」
なんと
「おくさん!8時間眠りっぱなしですよ」
といふことで、早速サウナへ直行し
「モニーニングショーを見ながら高温サウナ→水風呂→熱い湯」

「徹底的に繰り返すと、朝っぱらからキメキメ」
でござひますよ。。。。
12742616_1108949509124314_777649757
(大地のうどんさん)


 だけど、たまにテレビ見ると、
「週刊文春によると」
てな感じで
「他媒体の後追いといふか、週刊誌の内容を説明しているだけなんだよね」
これって
「テレビの制作に携わる人たちってどー思ひながらやっているんですかね?」
と思ひながら
「ゼロコーラとフルーツヨーグルトをいただき完璧に整い、さらにキメキメ」
でござひます。。。。。
12741958_1108949479124317_397417863
(具たくさんうどん)


 30分ほど部屋でユックリしてから
「再度サウナへ戻りサウナ→水風呂を5回戦ほどこなひ、超完璧にキメキメ」
なところでチェックアウト。。。。。

 急ぎ博多駅前のビル地下2階にある
大地のうどんさん
へ念願の初参戦を果たします。。。。
12743991_1108949489124316_885958511
(好み分かれますよね)


 実は
「新幹線の時間まで残り20分で入店」
したんだけれど
「ギリギリ10分前うどんが運ばれてきて、急いでかっこみます!」
えっとですね
「博多のうどんといふよりは、日清の生めんタイプって感じでござひます」
ただし
「揚げたてのごぼ天はおいしゅうござひます」
残り6分で退場して、ホームへ駆け上がると
「まさにさくら号が入線してきたところ」
普通にかんがえれば
「エクスプレス予約だから、1本遅らせればいいぢゃん」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「遺憾ながら新山口停車ののぞみ・さくらは1時間後なんですよね」
ちなみに、
「1本前は3分前ののぞみ号」
なんだから
「もう少しうまくダイヤが組めないのかしらん」
と思ふ今日この頃でもあるだよねえ。。。。

 つい先日まで
「ほとんど携帯が圏外だった広島以西も大分つながるやふになったやふで一安心」
快調に飛ばして
「なんと36分で新山口へ到着」
お迎えの車にのって協力工場へ向かひますです。。。。
Img_2886_2
(ブレンディングチュー)


 今日は
「新物のぶどうジュースのマル秘ブレンディングでござひます」
実は
「これ毎年やっているんだよね」
いふまでもなく、ぶどうに限らず果物は毎年味が違ふわけで
「その年によってブレンドを微妙に変える必要があるんだよね」
そしてなにより、去年A社の機内で飲んだ時に
「甘すぎ」
と感じまひたですよ。。。。

 ちなみに、
「CAさんたちは裏ワザでペリエ割を楽しんでいた」
とのことでござひますが
「といふことは?」
繰り返し考えた結果、
「2時間ほどあっちを足せ、やっぱりこっちを減らせ!」
といふのを繰り返して
「これだ!」
といふのがようやく出来上がりましたですよ。。。。
Img_2888
(これは秘密)


 ただし
「ここでブレンドしたものと、実際にラインで製造したものはかなり異なるんだよね」
といふことで
「続きはラインテスト後」
といふことですが、
「おなかダボタボ」
でござひまですよ。。。。。

 工場見学の際に
「これは国内で最も強度がある装置でして、NASAでも。。。。」
と説明されたんだけれど
「強度とか耐久性でNASAって言われるとすごーくせっと説得力ありますよね」
ほんと。。。。
Img_2891
(サーモンねえ)


 お夕飯は
「盛大におさかな祭り」
なんですけれど、いきなり
「刺盛りにサーモンが登場してビックリ」
やっぱり
「このあたりのお魚を出すべきでは?」
とひそかに思ひますですよ。。。
Img_2893
(さかなのなかさ(回文))


 まあ、
「サーモンを寿司ネタとして断じて認めていない最後の世代」

「回転すしで一番人気のネタはサーモンの世代とのギャップ」
を、これまたひそかに感じております
「板さんはわらしよりはるかに若かった」
んですよ。。。。。
Img_2892
(なまこマーナ(回文))


 お魚はともかく
湯田温泉といへば、常盤旅館の女将劇場でござひます
実は、今回は宿泊は別なんですけれど
「誰でも来るものは拒まず」
といふことで、ひとっぷろ浴びてから
「勇躍参戦」
でござひますが、
「翌日が平日だといふのに結構なお客さんの入りにビックリ」
でござひます。。。。
Img_2905
(紙切り)
Img_2909
(イリュージョン!)
Img_2910
(満員)
Img_2917_2
(水芸)
Img_2923
(あら不思議)


 で、3年ぶりくらいなんだけれど
「あまり良い印象がなかったんだけれど」
そんな
「愚かな先入観は、あっといふ間に吹っ飛びましたよ」
そればかりか
「心無いヤジを飛ばす酔客に対して無性に腹が立ちました」
だって
「御年71!のおばあさんが一生懸命やってるんだよ!」
なんでも
「40年以上子供を産んだ時以外は休んでいない」
とのこと、
「今日だって汗だくになって1時間以上舞台に立ち続けるわけだから、ふつーの人なら感動しますよ」
大げさでなく
「商売人の鑑」
といっても過言ではござひませぬ。。。。
Img_2930
(これはいくらなんでも。。。。)


 そんなこんなで
「あっといふ間の70分」
ですが、
「自らの髪の毛を筆にしての書」

「感動のフィナーレ」
でござひますが、わらしはもちろん
「スタンディングオベーション」
で感謝の意を表しますが、
「周囲はかなり空席が目立ってまひたね」
実は前回はわらしも途中退場させていただいたことを考えると
「わらしも、また大人の階段をまた一歩つづ登っていたのかしらん」
と思ったりもする今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_2938
(さる年ですよ)


 出口で観客をお見送りする女将を見てびっくり
「もう汗だくで疲れ切ってますよ」
ほんと
「感動」
でござひます。。。。
Img_2960
(なんと髪の毛で!)


 まあ
「網タイツ」

「86歳の仲居さんの白装束だけはいくらなんでもどーよ?」
と思ったりもする今日であるし
「恥ずかしがっている、結構かわいい若手女史従業員さんを巻き込むのもどーよ?」
思ふ今日この頃でもあるだよねえ。。。
Img_2950
(86歳の舞)


 でも
「まあ、常盤へ入社したら女将劇場へ参戦することは事前にわかっていただろうからEのかしらん」
と思ふ今日この頃でもあるし、ご自分が
「こーして60年以上働けているのも社長さん、女将さんのおかげでござひます。死ぬまでこちらで働かせていただき、踊らせていただきます」
ってご本人がおっしゃっているから
「Eんだろうなあ」
と思ったりもする今日この頃でござひます。。。。

 宿へ戻って再度
「かなり遺憾な温泉とヒエヒエの水風呂を交互にはいって、まずまず整ったところで就寝」
なんですけれど
「いかにも眠れなさそうな予感がいたしますです」
。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月28日(金)岡山で名人と名女将に再会

 正直なところ
「非常に浅い眠りに、不快な目覚め」
早々にチェックアウトして
「遺憾ながら、のぞみ号にて福山へ」
なんとか
「さくら号の広い座席に座りたかったんだけれど、時間的にあわず」
ちなみに、予約は同じ
「JーWESTカードだけれど、エクスプレスではなく、e5489」
正直なところ
「どっちが得なのか分からん」
本当に不快な
「N700Aの狭いシートでウツラウツラしながら福山へ」
在来線に乗り換えて5駅ほど乗って下車。。。。
Img_8037
(山陽新幹線で最も乗りたくない車両だね)


 ここで
「トラブル発生」
なんと、東京チームの乗る飛行機がエンジントラブルとかで
「2時間ほど遅れる」
とのこと。。。。

 仕方がないので
「大幅に行程を短縮」
の調整をしつつ、久しぶりに工場を見学しましたが
「水質調査に、めだかを使っているとは思わんかった」
なんでも
「めだかは人間に有害な物質の97%に反応する」
とのことで、
「24時間体制で監視して、おかしな動きをしだしたら自動で給水をストップする仕組みにになっている」
とのことでござひます。。。。
Img_8039
(完全装備で)


 いわゆる
「炭鉱でカナリアを先頭に入坑していく」
のと同じ、
「やっぱり、めだかにもストレスがかかるので、数週間でおかしな動きになるので、入れ替え作業をする」
とのことだけれど、なんか考えさせられますなあ。。。。

 お昼は、
「手延べうどんの名店」
とのことで参戦したら、
「流しそうめんの設備」
があったので、
「若者たちは面白がって、流しそうめん」
をやっていたけれど
「そうめん流しと違って、うまくつかめないんですよね」
そうめん流しの場合は
「箸を突っ込んでおけば、勝手に絡まってくるけれど、ここではそーはいかず」
ただし
「下流にざるが設置してあるので、何度でもチャレンジできる」
んだけれどねえ。。。
Img_8045
(流しそうめん)


 当然のことながら、
「平日の昼間に、流しそうめんをする輩はいないやふで」
従業員さん達も
「こいつらやるんだ?」
といふ感じで
「熱い視線」
を感じましたねえ。。。。
Img_8046
(岡山白桃)
Img_8047
(今年は大玉だね)

 午後からは
「桃・ぶどう」
と園地を回らせていただきました。。。。
Img_8049
(これでは売り物になりません)


 特に
「アレキの名人とは1年ぶりの感動の再会」
でござひます。。。。

 やっぱ
「放送直後は大いに反響あった」
そうで
「なにより」
ですねえ。。。。
Img_8054
(うつC)


 もちろん、今回は
「同行した若者達に喜んでもらえてなにより」
実は
「現地の皆さんに、かなり無理なお願いしたんだけれど、本当に本当にありがたい」
ことでござひます。。。。
Img_8051
(まさに女王)


 17時過ぎに
「岡山市内へ」
1件ほど
「お打合せ」
を済ませてから、おなじみ
ゑびすやさん
へ参戦。。。。
Img_8063
(地元の雄がむばれ!)


 もちろん、
「極上のお寿司」
をいただきに来たんだけれど
「それよりなにより、女将ひろちゃんの極上の接客」
が楽しみなんですよね。。。。
Img_8071
(シャコ)


 今回も
「うっとり」
するほど
「素敵な笑顔」
に出迎えていただき、もうこれだけで大満足でござひますよ。。。。

 ほんとねえ
「いつかプライベートで参戦せねば!」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。
Img_8068
(たまらん(


 続いて
「カラオケ(笑)」
なんですけれど、
「この店はいわくつきでござひます」
数年前に
「お連れした客人が、96点の高得点をたたき出した」
のに
「なんと、その直後にわらしが98点を出してしまひ、一気に場が白けた」
といふ、苦い過去があるんですよ。。。。
Img_8073
(お疲れサマーだよね)


 まさに
「営業失格」
だったんだけど、今回は遠慮することなく
「97点で最高点をあっさり出させていただきまひた」
お酒は少々で、後はウーロン茶。。。。。

 〆はいつもの通り
「山富士さんで、ねぎそば」
を美味しくいただき、すっかり整ったところで岡山の定宿三井ガーデンホテルへ。。。。
Img_8075
(おいC)

 
 相変わらず
「最上階の大浴場は素晴らしい」
んだけれど
「お部屋へ入った瞬間に感じた、これは眠れないだろうなあ」
といふ予感が見事に当たってしまひます。。。

 なんといふか
「これだけホテルを泊まり歩いていると、わかるんだよねえ」
ただし、今宵は
「BSでディアハンターを見てしまった」
から一概にホテルのせいとは言い切れませぬが。。。。
 
 久しぶりに、途中まで見たけれど
「こんな映画を作ってしまふ、アメリカって凄いよねえ」
改めて
「映画館で再見しなければ」
と思ふ今日この頃ござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月16日(金)晴れの国おかやま

 どふしても熟睡することが出来ず
「深夜におトイレへ複数回」
結局6時過ぎには起床、朝食ヴァイキングが開始されるのを待ってからの参戦。。。。
Img_7782
(ピオーネ)


 昨日はバーバリーだったけれど、今朝は
「元ヤ軍リベラTシャツに短パン、ビーサンといふ軽装」
なんですけれど
「そこいら中から、ご挨拶をいただき恐縮」
どうせなら
「井口2000本安打Tシャツにすればよかった」
後悔も反省もしてしまふ決戦の翌朝でござひます。。。

 御部屋へ戻って
「シャワー・髭剃り・ヘアセット」
を済ませ
「3月に髙島屋で駆け込み購入したバーバリーのサマージャケット・スラックス」
へ着替えロビーへ。。。。
Img_7783
(再来週出荷です)


 で、いつも通り
「ロビーからお仕事開始」
お決まりの
「うしさん今日は一日どんな感じでせうか?」
なんてやつからスタート。。。。。
Img_7789
(食べきれませぬ)


 岡山滞在3日目にして、ようやく
「晴れの国 おかやま」
を体感させていただきまして
「桃・ピオーネ・アレキサンドリア」
と園地を回ります。。。。。
Img_7799
(いいなあ)


 最後に
「船穂で名人中の名人と再会」
そして
「パワーいただきましたよ!」
この瞬間
「これだよ!これ!小生がやるべきものはこれなんだ!つっかえていたものがほぼとれました!」
やっぱり
「悩んだり迷ったら原点に戻ろう!」
といふことでござひます。。。。
Img_7798
(やっぱりアレキだよ)


 それにしても
「やっぱり産地はいいねえ」
楽しくて楽しくて仕方があありません。。。。
Img_7791
(芳醇な香りが)


 岡山での全日程を終えて
「満席のさくら号にて西下」
今宵はなんと
「帰省中の美佳ちゃんをスペシャルゲストにお招きしての会食」
今更ながら
「まさにパッと花が咲いたやふでござひます」
ほんと、さすがでござひますよ。。。。
Img_7808
(美佳ちゃん参戦)
Img_7804
(おばんざい)

 なんだかよく分らない
「おばんざいの店」
でママさんお手製のお料理を美味しくいただきながら
「鉄女問題」
「特急浅香山問題」
「あの病院は超一流だ問題」
「朝ドラでも話題な地域だ問題」
「たこ焼きを焼きのは上手になったぞ問題」
といった、ちょっっと難しめの諸問題を討議した結果
「市議・市長選出馬といふ政界への転進も視野に入れよう」
といった、ちょっと想定外の結論が出たところでお開きでござひます。。。
Img_7839
(おひさしぶりです)
Img_7847
(1)

 もうどふにもならないくらいお疲れなんだけれど
「素通りするわけにもいかない店へ顔だけだす」
ちょっと記憶にないくらい、酔っぱらってしまひ客人に送っていただき、なんとかホテルへたどり着く。。。
Img_7848
(2)
Img_7850
(3)

 我ながら
「もう若くないのに、無茶やりすぎだよ」
と思ひつつ、倒れこむやふにベッドへ。。。。。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月15日(木)決戦は木曜日

 お部屋事態は悪くないだけれど
「予想通り、あまり眠れず」
6時起床。。。。
Img_7721
(うっとり)


 7時過ぎから
「なかなかおいしい朝食」
女性の卵職人の華麗な技にウットリしつつ、ごはんとパン共に盛大にいただいてしまひます。。。
Img_7723
(ついつい食べ過ぎてしまひます)


 決戦までには時間あるので、
「雨の中、露天風呂ランキング西の横綱であり、以前から大いに気になっていた湯原温泉」
へ参戦することに。。。。
Img_7725
(おお!)
Img_7731
(西の横綱)

 山陽道から
「中国道・岡山道と走って1時間30分ほどかかって、湯原温泉へ到着」
到着はしたんだけれど
「例の露天風呂がどこにあるか分りませぬ」
奥へ奥へ進んでいくと
「巨大なダムがみえてきました」
そふ
「これだよ!」
って感じでかなり感動。。。。。
Img_7730
(雨がねえ)


 早速脱衣して、参戦するも
「当然のごとく女史の姿はなし!平均年齢80歳と推定されるヴェテランの皆さんが雨の中傘をさして入浴チュー」
まあ
「それはそれでよし」
なんですけれど
「おくさん!ちょっとといふかかなりぬるいですよ!」
慌ててヴェテランの皆さんに伺うと
「屋根のある部分は温かいよ」
とのことで早速移動すると、確かにこちらは
「いい湯加減」
でござひます。。。。
Img_7727
(屋根下は温かい)


 30分ほど日経読んだりしながら、
「湯あみ」
させていただきましたが
「確かにいいっすよ、次回は天気のよい日に再戦せねば」
と思ひつつ岡山へとんぼ帰り。。。。。
Img_7734
(とうとう)


 いつも思ふけれど
「山陽道・中国道・山陰道と3本必要ぢゃないですよね?2本造るなら山陽と山陰道であって、元祖の中国道って要らないっすよ」
なんて考えながら運転していたら、
「明らかな覆面」
を抜かしそうになり慌てて後ろへ回って事なきを得ましたが。。。。。
Img_7738
(会場を視察)


 ホテルで
「お髭を剃り、ムースで髪を整へ、バーバリーを着用、羽田の靴磨きやさんでピカピカにしてもらったイタリー製の靴を纏い」
いざ
「決戦の場」
へ向かひます。。。。

 例によって
「会場入りするシーンから始まります」
さすがに慣れてきましたが、
「どふしても歩き方が不自然」
になりますよね(笑)
Img_7740
(かわE)


 打ち合わせを終えて、控室で
「はっぴーち」
の出迎えを受け、1時間ほど待機。。。。。。

 とりあえず
「会場を確認すると、確かに事前の情報通り400人超の皆さんが。。。」
まあ
「始まってしまへば、終わりがやってきます」
それにしても
「1時間ってかなり長いっすね」
つくづく
「こんなの毎日何コマもやっている学校の先生って偉大だよねえ」
と思ひつつ
「寝ていたり、途中で席を立たれる方が気になって気になって仕方がありませぬ」
まあ
「学生時代眠り続けていたバチがあたったんだよねえ、もっと面白い話が出来ればと反省する」

今日この頃でござひます。。。。
Img_7766
(若輩者が一段高いところから)


 例によって
「終了後の感想」
なんぞ、しゃべらせていただき
「お部屋へ戻って着替えを済ませ、夜の部へ」
ありがたいことに
「盛大に名刺交換」
とにかく
「皆さんの熱いおもひが伝わってきて」
とてもうれしゅうござひますよ。。。

 合間に
「地元紙のインタビュー」
なんかもあったりして、グッタリ。。。。

 さらには終宴後には
「御取組み先様との懇親会」
さきほどは全く食べられなかったので、地元料理がとてもおいしゅうござひました。。。。
Img_7773
(おつくり)
Img_7775
(焼き物)

 かなり
「ハイ」
になっているせいか
「倒れこむやふに就寝」
とはならず、お部屋でじっくりと反省なんですけれど
「まあ、とりあえず皆さんに多少は喜んでいただけたならよかったのでは?」
と前向きに考えつつ、岡山の夜は更けていくのだった。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)