中国・四国

2月6日(火) 驚くことばかり

 昨年導入された
「A321」
へは初搭乗。。。。
Img_2098
(岡山へ)


 ようやく
「携帯重電が可能になってなにより」
まあ、それはともかく
「着陸前15分は盛大に揺れました」
それはともかく
「久しぶりの岡山は寒いっすよ」
あきらかに
「東京より5度くらい寒い」
っすよ。。。。
Img_2087
(天神そば)

 
 まづは、すっかり定番になった
「天神そば」
幸いにも
「今日は待ち時間なしでご案内」
相変わらず
「濃い目の醤油味のスープを飲み干しそうで危険」
でござひますわ。。。。
Img_2089
(相変わらずおいC)


 おいしくいただいた後は
「百貨店2つを回ってご挨拶」
そんな中でも
「世界同時株安の速報が続々と入ってきます」
まあ
「いくらなんでも上げ過ぎたよネ」
だから
「ここらでの下げはあって当然」
と理屈ではわかっているけれど
「1600JPYの下げとかなると、動揺を隠すことはできない」
ですわ。。。。。
Img_2092
(さみC)
Img_2093
(百貨店へ)

 本日は
「岡山の農業関連のイイヴェントのゲスト」
第一回の去年は登壇して20分ほどお時間を頂戴しましたが、今年は第一部は出番なしといふことで、気楽なもんですよ。。。。
Img_2094
(この川好き)


 正直
「2時j間超はしんどいね」
まあ、お仕事だからアレだけれど
「もう少しやり方ってなんとかならんかしらん」
と思ったりもする今日この頃ではあるけれど
「これが役所主催だと、例によって政治家が続々と登壇するから、それよりははるかにいいや!」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけれど、そうは言っても
「なんだかんだいっても、政治家って話がうまいし、知っている顔だし、登壇順によって政治家の格とかもわかって楽しいんだよねえ」
と、勝手なことを思ったりもする今日この頃でござひます。。。。
Img_2099
(盛大に)


 第二部は
「懇親会」
こちらの
「冒頭で乾杯のご発声!」
これねえ
「難しいんだよねえ」
だって
「長くてもいけないし、短すぎてもいけないぢゃないですか!」
まあ、
「わらしとしては1分30秒程度にまとめて、それなりの役目は果たせたのでは?」
と思ひつつ、一安心。。。。
Img_2101
(海鼠)


 ただし、
「ここからは盛大に名刺交換およびご挨拶奉行」
の2時間。。。。。
Img_2102
(おつくり)


 宴の終わりは
「手締め」
なんですけれど、
「今日の方もやってしまひまひたね」
そふ
「1本締め」
ですよ。。。。
Img_2103
(あわび)


 例によって
「場内はパン」
だけれど、壇上の方のみ
「パパパンパパパンパパパンパン」
とやってしまひ
「やり直し」
これさあ
「3本締めに統一すべき」
と大昔から思ひ続けておりますが。。。。。
Img_2104
(かき)


 二次会はいつも通り
「ゑびす屋さん」
にて
「瀬戸内のお魚を満喫」
させていただきます。。。。
Img_2105
(あなご)


 ただねえ、今日一番驚いたのは
「京都から岡山へ転勤したのに、京都の自宅から新幹線通勤している方」
京都って言っても
「京都駅からさらに在来線に20分、〆はバスだって」
なんでも
「新幹線定期は200キロまでしか発行しないから京都ー新大阪ー岡山と2枚に分けて購入」
とのことでござひます。。。。
Img_2107
(にぎり)


 んで
「一度だけ寝過ごして、広島まで行ってしまったことがある」
とのことだけれど
「とにかくビックリ」
でござひますが、それよりも
「眞子様結婚延期にはビックリ」
といふか
「一瞬ビックリしたけれど、そりゃそうだろう」
と大いに納得する今日この頃であるけれど
「これが中止でなく、延期」
であり
「週刊誌の報道は関係ない」
との説明を信じる人は誰もいなだろうねえ、と思ったりもする今日この頃でござひます。。。。

 たぶん
「眞子様自身の判断だろうね」
でも
「もう少し事前に調べられなかったのかしらん」
と思ったりする今日この頃であるけれど
「週刊誌の調査能力ってすげえなあ」
と思ったりもしたりする今日この頃であるし
「今週発売の文春・新潮に新たなる驚愕の事実が掲載されるから、その前に。。」
といふことなのかしらん、と思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。。
Img_2108
(アラ入りの赤だし)


 定宿
「三井ガーデンホテルは大浴場がある」
んだけれど
「とにかくカランが少なすぎて、前を隠しながらカランがの順番を待つのは本当にいやなんですよね」
NY今日も暴落で寄り付いたけれど
「そこから一気にプラスへ」
なんとか
「このまま小幅でもプラスで終わればいいねえ」
と思ひつつ力尽きて就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月20日(土)自信をもって日本一

 7時起床、あまり気が進まないけれど
「形だけ10分ほどの入浴」
を済ませてから、朝食なんだけれど
「ご飯が固形燃料で炊く方式が採用」
されているんだよね。

 この
「鳥貴族の釜めし法式」
って最近流行っているけれど
「あんまり好きぢゃないですよ」
だって
「ご飯って大きな釜で炊けば炊くほどおいしい」
ぢゃないですか。。。
Img_1530
(固形燃料ごはんだめ)


 実際
「ごはんがグチャグチャでひどいっすよ」
一口だけいただいて撤収
「お迎えも来ているので、早々にチェックアウト」
しやふと思ったら
「女将のお見送り」
が始まってしまったので、
「滝の前で記念撮影」
まあ、
「なんとも立派だよねえ」
と思ひつつ、萩へ向かひます。。。。
Img_1545
(おお!)


 いつも思ふけれど
「山口j県は道路がいいっすよね」
ただでさえ
「総理大臣をたくさん排出しているのに、さらに数年前に国体やったからね」
ほんと
「オリムピックもそうだけれど、国体の1週間だか10日間のために道路作ったりする発想がすごいっすよね」
これが
「お金がある国ならいいんだけれど、この国お金ないんですよ」
。。。。。
Img_1538
(選別)


 毎年恒例の
「みかんの搾汁立ち合い」
なんですけれど、
「とにかく今シーズンはみかんがない」
さらに
「あってもひどいのばかり」
そんな中
「とんでもなくおいしいみかんジュースが出来ました」
ですよ。。。。
Img_1543
(搾ります)


 だってさあ
「もともとのみかんがおいしい」
のにさらに
「小玉だけ選別して搾ってくれるんですよ」
ほんと
「ありがたい!」
としか言いようがござひませぬ。。。。
22089340_1760648223954436_920232522
(手剥きですよ)


 早速
「飲み比べます」
搾汁といっても
「今日だけでなく年末から10回以上に分けてやってます」
それも
「園地毎にやってますから、当然ロット毎に糖度、酸度、食味が異なります」
それを
「ブレンドする、とっても楽しい作業」
でござひます。。。
Img_1547
(テイスティングとブレンド)


 試行錯誤の末
「最高のお味が完成!」
ほんとねえ
「今シーズンはヤバイのでは?」
と不安だったんだけれど
「ありがたい!」
としか言いようがござひませぬ。。。
Img_1550
(1回目のランチ)


 ちなみに
「今年の一般的なみかんジュースの平均糖度は9度、わが軍は13.5度」
非常に
「説得力のある数字」
でござひます。。。。

 新山口へ送ってもらい、まだお腹が空いていないんだけれど
「せっかくなのでランチ」
こだま号に30分乗って
「小倉で下車」
お取り組み先へ
「ちょっと込み入った話」
をさせていただき駅へトンボ帰り。。。。。
Img_1551
(2回目のランチ)


 諸般の事情により
「なんと第二回目のお昼ご飯」
なんか
「第一回目とほぼ同じやふな内容」
とりあえず
「軽く箸をつけて撤収」
のぞみ号に乗って博多へ。。。。。
Img_1552
(天神へ)


 天神へ出て
「かなり込み入った話」
普段は
「ここまで込み入った話はしない」
んだけれど。。。。。
Img_1553
(諸般の事情により)
Img_1554
(ふーん)

 とりあえずひと段落ついたところで
「知人のカレーショップ」

「その前にある蕎麦屋さんをハシゴ」
結果としては
「カロリー無駄に摂取xした」
ってことになってしまひまひたが
「まあ付き合い」
といふことで。。。。
Img_1555
(ふらふらっと)
Img_1557
(これはこれであり)


 
 といふことで
「今年初の森さんのハイボール」
を1杯だけいただいたところで定宿へ。。。。
Img_1562
(あけましておめでとうござひます)


 なんかもう
「疲れ果てました」
まだ
「19時前なのにね」
しばし動けず。。。。
Img_1561
(明るいうちに撤収)


 ひとだんらくしたところで
「サウナ」

「サウナー水風呂ージャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで、お部屋へ戻り力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月19日(金)女将劇場健在

 オフィスで雑務をこなしてから
「羽田へ」
車中で
「テレフォン人生相談」
パーソナリティは他にもいるけど、なんといっても
「加藤諦三さんが迫力あるよね」
で、今日は
「いじめとか、攻撃してくる相手に対してはファイティングポーズをとらないとだめだ。ちゃんとやり返してくる相手に対してはいずれしてこなくなる」

「よく聞く正論」
で諭していた。

 それはねえ
「社会的にも成功している強者の論理ですよ完全に」
先日もシンガポールで大成功している方がご子息がいじめにあったときに
「一度でいいから死ぬ気でやりかえせ!と言って、実際にやり返したら相手が怪我して、親が乗り込んできたので、とりあえず謝ったけれど、息子には褒めてあげた」
と経験談を聞かせていただいたけれど
「そんな甘いもんぢゃないですよ!皆がそれをできるわけないぢゃないか!」
と心からおもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_1453
(フェンスの向こうは米軍だよ)

 
 ちょうど昨日の新聞に、小学生からの投稿で
「キリンもシマウマも外敵から逃げることで生き延びてきたのに、何故人間は逃げるな!と言われるんだろう」
と書いてあったのを思ひだしましたけどね。。。。

 本日は、なんと
「山口錦帯橋空港へ」
そふ、ようやく
「ANAさんも機内WIFI無料化されたので、早速接続したら、あっさりつながりました」
ただねえ
「機内くらいは読書に専念してもよいんだけれどなあ」
と思ひつつ着陸。。。。
Img_1458
(錦帯橋へ初参戦)


 ここは
「米軍との共用空港なので、当然のことながらオスプレイありますね」
でさあ、駐車場見ると
「山口ナンバー5・広島ナンバー3.5残りは他県」
てな感じでした。。。。

 お迎えの車に乗って
「錦帯橋へ」
まさか
「300JPYの有料とは夢にも思わず」
往復10分ほどで早々に撤収。。。。
Img_1461
(木だけでつくっているんでしょ?)


 山口といへば
NHKドキュメント72時間
に登場していた
山奥の不夜城レストラン
へどうしても参戦したかったんだけれど、時間の関係上断念。。。。

 なんとしても
「一度参戦して、山賊焼きと山賊握りを食べてみたいなあ」
と思ひつつ
「山口大島にある缶詰工場」
へ。。。。。
Img_1467
(ご苦労様です)


 大島は
「瀬戸内海で3番目に大きな島」
以前は
「盛大に柑橘の栽培がおこなわれていたやふだけれど、最近はなかなか」
よって
「今後の設備投資の判断が難しい」
だろうねえ。。。。。

 山口市内のの客先を訪問してから
「湯田温泉へ」
そふ、
「女将劇場でおなじみの 常盤さん」
へ3年ぶりの参戦でござひます。。。。
 
 まづは客人との会食なんだけれど
「女将劇場が気になって気になった、それどころぢゃないですよ!」
そんな中、
「女将がご挨拶に登場」
なんでも
「今宵は宴会場がブックフルのため、ロビー前で小規模に開催」
とのことでござひますが
「そんなことより、お元気そうでなにより、今宵も女将劇場が見れるんだ!」
と大いに胸が高まってまひります。。。。
Img_1485
(3年ぶりの女将劇場幕開け)


 いやあ
「とにかくすごいっすよ」
ただねえ、前回は
「あの若者たちは付き合わされてかわいそうだ」
と思っていいたんだけれど、
「全然違うのね」
なんと
「一般の接客の方は劇場へは出演しないのね」
こちらは
「女将劇場専用スタッフとして採用している」
とのことでござひます。。。
Img_1512
(こ、これは)


 どうも
「ほとんどが山口大学の学生さん」
とのことで
「サークルで代々太鼓叩いている男子やら、女将と一緒に踊っている女史もいる」
とのこと。。。
 
 なにより驚いたのが
「お料理を運んでくれた男子」
彼は
「名古屋出身の山口大学の学生さんで、なんと30年前にお父さんも同大学へ通っていて、こちらで太鼓をたたいていた。ぜひとも親子二代で太鼓をたたきたい!と女将に希望したのに、お父さんのことを忘れているわ、太鼓の要因は足りているわで、こちらへ回されてとっても残念」
と貴重な御話を語ってくれました。。。。
Img_1515
(う~ん)


 ただ、残念なのは
「心無い酔客のヤジ」
はまだしも
「絡んでくるのは見ていて不愉快」
やっぱり
「これは温かい目で見て、大いに楽しまなくっちゃねえ」
と心からおもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_1523
(髪の毛が筆に)

 
 お風呂は
「相変わらず残念」
だって
「塩素の丸い錠剤が風呂の底にたくさん沈んでいるんだもん」
さすがに
「これは初めでだよね」
こうなると
「徹底的にシャワー浴びるしかない」
ですよ。。。。
Img_1526
(おつかれサマー)


 T小室引退
「その気持ちよーくわかります」
ほんと
「よーくわかります」
といったら失礼だけれど
「わかっているやふな気がする」
今日この頃でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月28日(木)ひとくさりしないと気が済まない

 出発までに
「機材変更のためお席が変更になりました」
「機材繰りのため15分出発が遅れます」
「搭乗口が変更になりました」
といふ
「3通のメール」
をいただくも、20分遅れで離陸。。。。。
Img_6071
(おいC肉うどん)


 いつものやふ
「離陸もお飲み物も気づかず」
たいした揺れも感じず
「およそ20分遅れで岡山空港へ」
お迎えの車に乗って
「山陽道を西へ」
まづは、
「お昼」
といふことで、鴨方にある
手打ちうどん たぐちさん
へ勇躍参戦。。。。。
Img_6072
(目の前で)


 なんでも
「巨大な天ぷらがウリ」
とのことだけれど
「残念ながらソルドアウト」
次善の策として
「肉うどん」

「ぶっかけ」
をいただきましたが
「これが、おいしゅうござひまひた」
やっぱり
「目の前で気難しそうな店主がうどん打っているっていいっすよ」
ほんと。。。。
Img_6069
(ぶっかけ)


 なんといふか
「もう少し大人にならんといけん」
とわかっているけれど
「どうしてもひとくさりしないといけないたちは死ぬまで治らないんだろうなあ」
と思ったりもする今日この頃ではあるんだけれど
「それにしても悔しい、遺憾、残念、そんな理不尽ってあり?ふざけるな?だから仕方ないぢゃないか」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_6076
(もずく)


 たぶん
「今日では決まらないでしょ」
とにかく
「これをくりかえしていくしか道は残っていない」
と思ひつつ岡山へ戻ります。。。。
Img_6078
(おつくり)


 お部屋でシャワーを浴びてから、おなじみ
ゑびす屋さん
にて
「瀬戸内の幸を盛大にいただきます」
なんですけれど
「いかんせんおなか壊しているので、おそるおそる」
ですよ。。。。。
Img_6079
(あわび)


 いふまでもなく、
「わらしは、寿司屋では、つまみではなく、握り食べたい派」
なんだけれど
「いつもこちらでは、つまみもありだよなあ」
とおもひますですよ。。。。
Img_6080
(あなご)


 きっと
「日本酒好きだったら最高なんだろうなあ」
と心からおもふ今日この頃でござひますですよ
「でも、年に1回もしくは2回参戦して10年以上経過」
してますが
「女将ひろちゃんは最高」
もう
「うっとり」
してしまひますですよ。。。。
Img_6081
(酢の物)


 でさあ
「全然年取らないから不思議」
でござひますよねえ。。。。。
Img_6082
(まぐろ)


 いかんせん
「体調不良だし、前向きな岡山滞在案件ではない」
ので
「21時過ぎには終了してホテル」
へご帰還。。。。。
Img_6083
(ひろちゃんとにぎり)


 予定通り
「衆議院解散」
是非はともかく
「本会議を欠席する民進党のは最後までダメダメでしたね」
だったら
「解散直前に内閣不信任案でも提出すりゃよかったんだよね」
とにかく
「どんな理由であろうと体調以外で国会欠席する議員は最低だよ」
ほんと。。。。。

 いろんな考え方はあるだろうけれど
「この短期間でこれだけの決断をした前原氏のことをわらしは認めますですよ」
まさに
「この決断こそ政治家であり政治なんだなあ」
と心から思ひますです。。。。
 
 でも
「やっぱりある程度方にはご遠慮いただかないと、また同じことのくりかえしになるんだよなあ、でも議員総会って揉めなかったねえ。。。」
と思ひつつ、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月8日(水)バナナは草です

 なかなか寝付けなかったけれど
「明け方は深い眠り」
早速
「昨晩の件について情報収集」
すると
「皆さんご存知だけれど、すべてが終わってからお知らせされた」
とのこと、
「本当にお世話になった方なので、お墓参りだけでもさせていただかないと気が済まない」
ですよ。。。。。
Img_6673
(こんぷりめんたりーな朝食)


 とりあえず
「朝風呂」
さすがに
「カランはブックフルではなかった」
けれど
「昨日まで使っていたシェービングクリームが見当たりませぬ」
なんとか
「男のスクラブ洗顔クリームで代用」
して事なきを得たんだけれど
「英国やら仏国、泰国へも一緒しいてた相棒なので最後まで使い切ってあげたかあったなあ」
「志半ばで遠征から離脱させてしまったことを心から残念におもふ」
今日この頃でござひますよ。。。。
Img_6674
(この時期は初めてだ)


 正直
「まだおなかはブックフル」
なんだけれど
「コンプリメンタリーな朝食ブッフェを軽くいただきます」
なんか
「エビ飯をはじめとしたご当地メニューが並んでいる」
のはいいけれど
「さすがにきび団子はどーなのかしらん」
と思ふ今日この頃でござひまひた。。。。
Img_6676
(5月末にお会いしましょう)


 お迎えの車に乗って
「愛するアレキの視察」
わらしも、岡山へは何十回とお邪魔しているけれど
「花を見るのは初めて」
でござひまひたが
「御年73歳の大ヴェテランの生産者の方のお話は大いに参考」
になりました。。。。

 なかでも
「とにかくできるだけのことはしたい、天候のせいにすることは誰でもできる。まあ、うまくできる年もあるし、そうでない年もある、だから農業は面白いし、もっとうまくなってやろう!と毎年おもふんだ」
との
「あまりにも重ひお話に感動」
させていただきました。。。。
Img_6701
(おお!)


 山陽道を東へ走って
「笠岡へ」
いやあ
「おくさん!なんと国産のバナナとパパイヤですよ!」
この
「事実上初の試みに驚愕」
ですよ。。。。
Img_6697
(なんと国産無農薬バナナ)


 まあ、正直なところ
「バナナって暑ければほっといてもなる」
んだけれど、なにより
「この真冬に日中とはいへ暖房たいていないのには驚き」
でござひますよ。。。。
Img_6713
(パパイヤも)


 仕掛けは
「天井が二重になっているハウス」
んだけれど
「さすがに夜は暖房いれるようだけれど、これは立派のひとこと」
でござひますよ。。。
Img_6695
(バナナの花)


 早速
「お味を確かめさせていただきます」

「やっぱりちょっと淡泊」
でござひますが、
「まあ、これからが楽しみ」
でござひますよねえ。。。
Img_6715
(淡泊)


 ちなみに最大のウリは
「国産・無農薬」
はっきりいって
「バナナは結構農薬使うんですよね、とくに収穫後まで。。。」
そのあたりを考慮すると
「値段さえ許せば、すこーしならニーズもあるのかもしれないなあ?」
とおもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_6732
(おうどん)


 本体別れて
「ゼリー工場へ転進」
まさに
「グッドタイミングでの参戦」
もう
「夏が始まっている」
んですよ。。。。

 岡山空港まで送っていただいて
「羽田経由ご帰還」
帰宅後、録画しておいたものを含めて
「アザナーストーリーズを3本ほど」
この番組見たことなかったんだけれど
「BSとはいえ、日活ロマンポルノを取り上げて、絡みのシーンまで放送するとはNHKすごすぎだぜ!」
それだけぢゃなくて
「超面白かったですな、白川和子さん、田中真理さんかっこよすぎですよ」
感動しましたですよ。。。。
Img_6734
(夏の始まり)


 昨日ご一緒させていただいた方から連絡あり
「あの方同様、すい蔵がんだったとのこと」
救いは
「あまり苦しまなかった」
ことくらいか。。。。

 ほんと
「出会いの数だけ別れがあるんだよね」
残念なのは
「皆さんを〇〇式に来ていただくことができなかったことだよね」
今のところ
「母親が元気なのが救い」
ではあるが。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月7日(火)岡山でひと仕事

 こんな
「真冬の岡山は初めて」
バスで駅で出て、まづは
「デミカツ丼が売り」
といふ
野村さんへ
いきなり
「食券の自動販売機がお出迎え」
してくれた時点で
「ある程度覚悟していた」
とはいへ
「がっかり」
でござひまひた。。。。
Img_6631
(がっくし)


 早々に失礼して
「某百貨店へ」
まあ
「申し訳ないけれど、お世辞にも元気あるとは思えない」
っすよ。。。。
Img_6635
(う~ん)


 お打ち合わせの後、客人推薦の
天神そば
へ転進。。。。
Img_6636
(さみCアーケード)


 こちらは
「10人も入ればブックフルなお店」
でして
「女性が4人で仕切っている模様」
まあ
「濃厚な醤油味の典型的な岡山ラーメン」
でござひまひたが
「さきほどのデミカツ丼よりははるかにおいしゅうござひまひた」
ですよ。。。。
Img_6639
(おいC)


 ただし
「スープの飲み過ぎにチュー意」
でござひますよね。。。
Img_6641
(なぜ通産省?)


 せっかくなので
「岡山駅前のサウナで身体を清めます」
浴室内は
「非常に清潔」
で好感持てるんだけれど
「肝心のサウナが好みぢゃないのが惜しいっすよ」
30分ほどで撤収。。。。
Img_6646
(このタイプは嫌い)
Img_6644
(水はきれい)

 一旦、定宿である
「三井ガーデンホテルさんへチェックイン」
相変わらず
「フロント女史の対応が素晴らしいっすよ」
まづ
「お疲れのところ誠に恐縮でござひますが、こちらにご署名をば。。。」
とか、
「笑顔で言われると癒されますよね」
とにかく
「地方都市である程度のレベルのサービス業の女史のレヴェルってとっても高いですよ」
それは
「男子の比ぢゃない」
ですよねえ。。。。
Img_6647
(お仕事お仕事)


 荷物だけおいて
「徒歩10分ほどの会場へ」
まあ、なんといふか
「よくあるイヴェントで少々お話しをさせていただきました」

「まづまづご好評」
をいただいたやふで
「なんとか役目を果たせたかしらん」
ひと安心でござひます。。。。
Img_6652
(パス)


 第一部の
「座学」
に続いて第二部の
「懇親会」
ですが
「笑顔で50枚以上名刺交換しましたね」

「いくらパーティー料理をこよなく愛するわらしでもお食事はバス」
させていただきました。
Img_6653
(すげえうまそうなビア)


 だって、
愛するゑびす屋さん
が待っているだもん。。。。
Img_6655
(おつくり)
Img_6656
(ナマコ)
Img_6657
(かき)
Img_6658
(あなご)

 いやあ
「いつ来ても、素晴らしいですよ」
もうねえ
「女将ひろちゃんの接客に感動」
やっと
「岡山へ帰ってきた」
といふ実感がわいてまひりまひたですよ。。。。
Img_6660
(にぎり1)
Img_6664
(にぎり2)

 もちろん
「生シャコ」
やら
「なまこ」
さらに
「ままかり」
「黄ニラ」
なんてところにも大満足なんですけれど
「ここではひろちゃんの脇役」
になってしまひますですよ。。。。。
Img_6662
(味噌汁)


 軽く
「二次会だか三次会」

「大いに語って」
から
〆は山富士さんでねぎそば
をいただけば本日の全行程が終了でござひます。。。

 ガーデンホテルは
「最上階に大浴場があるのはいい」
んだけれど
「カランが6か所しかないんですよね」
あの
「全裸でカランを待つ間っていふのはとってもとっても苦痛でござひますよ」
最初に
「体洗ってお風呂につかっても」
どうしても
「カランの混雑状況ばかり気になってしまひますですよ」
だって
「塩素風呂には上がりのシャワーが必須ぢゃないですか」
ほんとねえ。。。。
Img_6669
(大締め)


 実は突然
「ちょっとショックな訃報を耳にしたんですよ」
まさか
「1年も前に。。。。」
ほんと
「とってもとってもお世話になった方」
なので。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日(水)ああ宮島や宮島や

 7時起床
「熱いシャワー」
を浴びてから
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきますが
「卵職人はじめスタッフの方は皆さん素晴らしい」
んだけれど
「ジュース?パンなどなどは。。。。」
ちと残念でした。
Img_3656
(卵職人華麗な技)


 最上階へ昇って
「景色を見たけれど、こんなに海が近いとは思わず」
西には
「宮島」
も見えて、なかなかのもんでござひますよ。。。。
Img_3660
(E ねえ)
Img_3662
(近くも)

 その宮島へは、熟慮の結果
「広電に乗って50分」
市街地を抜けると
「専用軌道が登場して結構な俊足を披露」
しかも
「運賃260JPYは破格」
でござひます。。。。
Img_3663
(広電に乗って)


 終着駅の駅前から
「フェリーに乗るんですけれど、なんと2社あるのね」
どちらか全く事前の知識がなかったので
「宮島松大汽船」
といふ方に乗りこめば、
「あっといふ間に宮島に到着」
でござひます。。。。
Img_3664
(右がJR、左が松大)
Img_3668
(おお!)


 いやあ
「結構な人出ですよ」
そして
「結構な数の鹿さんが」
放牧されていてびっくりしてしまふ今日この頃ではあるんだけれど
「皆さん角を切られているのに、野生の鹿と称しているのではいかがなものかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよなあ。。。
Img_3710
(すごい)
Img_3708
(大人気)
Img_3672
(バンビちゃん)


 とりあえず
「厳島神社」
を参拝しましたが
「いやあやっぱりなかなかのもんですよ」
これが。。。。
Img_3677
(おお!)
Img_3692
(いいかんじ)
Img_3690
(新嘗祭やってました)


 なんだかんだいっても
「観光名所っていふのは、それなりのことがある、馬鹿にしちゃいけない」
といふのは先日の
「英仏遠征で学んだ通り」
でござひます。。。。
Img_3687
(Eねえ)


 2時間ほど散策して
「まあいいか」
てな感じなんですけれど、ひとつだけ
「平清盛をまつった神社があまりにも小さくてビックリ」
でござひまひた。。。
Img_3681
(ふーん)


 帰りは
「JRの船で対岸へ」
まあ
「どっちでもいいや」
といふのが結論でござひます。。。
Img_3715
(かき)


 帰りも
「広電で市内へ」
お昼はこちらへ赴任している客人と一献なんですけれど
貴家。さん
へ参戦でござひます。。。

 まあ、正直なところ
「お好み焼きは、どこも大した違いはないっすよ」
ただし
「今日はオプションでもちを追加したのが大正解」
でござひまひた。。。
Img_3718
(そば)


 それにしても
「昨晩も今日も広島の街って大いに賑わっていてビックリ」
最近行った
「地方都市の中では圧倒的な盛り上がりですよ」
やっぱり
「カープ優勝」
はあるだろうけれど
「マツダが好調」
といふのも関係しているんだろうなあ、とおもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_3719
(うどん)


 久しぶりにリムジンバスで広島空港へ向かひまひたが
「いくらなんでも遠すぎますですよ」
よくもまあ
「こんな場所に空港作ったもんだよなあ」
感心してしまひますですよねえ、ただし
「それでも広島の場合は新幹線の選択はないですよ、4時間の壁どころか岡山だって飛行機だよねえ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。

 それにしても
「おくさん!本当に明日の朝は雪が降っているんですかねえ?」
万一の場合は
「アレの出番」
でござひますが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日(火)佐世保→福岡→松山→広島

 5時50分起床
「5時59分開店と同時に温泉へ」
早速
「6時ちょうどにサウナへ入場」
したら、サウナ内テレビのNHKアナが
「おはようございます」
とあいさつと同時に
「おくさん!いきなり緊急地震速報」
ですよ。。。。
Img_3567
(SAにて)


 早速身構えましたが
「とりあえず、長崎ではないのでそのまま」
なんですけれど、いやあ
「男性アナのスイッチの切り替えは見事につきますよ」
ほんと
「ここから延々と地震・津波情報の告知を見事にこなします」
なんといふか
「いま津波警報がでました!すぐに避難してください。。。。」
てなところからはなんとも
「いかに日ごろから訓練しているのか」
といふことと個人の資質の高さが分かりました。
Img_3569
(JACさん)


 だけど
「お年寄りや動けない方はいませんか?」
のくだりは、
「道徳的にはとても正しいんだけれど、これで本人の生命を危険にさらした方が前回の時に多数いたんだけれど、どーなんですかね?」
わらしにはとてもわかりませんが。。。。
Img_3568
(四国へ)


 6時30分チェックアウトで福岡空港へ向かひますが、
「とりえあずエアウィーブについて触れておかねばならないですよね」
結論から言いますと
「いいっすよ、腰のフィット具合とかとてもよい」
ただし
「オークラだから元々のマットレスもEぢゃないですか」
でもまあ
「最近では比較的眠りに夢中になれた方」
といふのは間違いござひませぬが。。。。
Img_3571
(愛媛へ上陸)


 それにしても
「東日本の時は、その日熊本から佐世保へ移動して、このホテルへ泊まっていた」
んだよね。

 さらに
「去年鹿児島で震度4だかの地震が起きて、緊急地震速報でとび起きて、某ホテルのテーブルを破壊して弁償をしたのは、佐世保のホテル」
でござひます。。。
 
 そして
「熊本の時は、まさに18時まで熊本にいて、福岡のサウナ内テレビで緊急地震速報を体験した」
といふことは
「なんか一連の地震と、わらしの移動に関連性があるかもしれない、と思っているのはわらしだけではないかもしれないなあ?」
と思ったりもする今日この頃でござひますけどね。
Img_3573
(お膳がデカイ)
Img_3576
(おいC)

 渋滞もなく
「予想より早めに福岡空港へ到着」
久し振りに
「J社のラウンジへ入場しましたが、なんか調子狂うんだよなあ」
で、本日乗り込んだのは
「おくさん!なんとなんと松山行き」
でござひますよ。。。。。
Img_3578
(甘平)


 ほんと
「宮崎と同じくらい、あっといふ間に着陸」
まづは
「鯛のぶっかげご飯」
の出迎えを受けます。。。。

 そして、いよいよ
「柑橘王国を回りますが」
なんといっても注目は
「紅まどんな」
でござひますが
「ハウス内で見ると、その鮮やかな濃い紅色に圧倒されます」
ですよ。。。。。
Img_3591_2
(紅まどんな)


 これも、実は以前から
「あいか」
として生産・販売されていたんだけれど
「その絶妙なネーミングをつけてから、わらしも注目しはじめたんだよね」
つくづく
「ネーミングといふかマーケティングといふかプロデュースって大事だなあ」
とおもふ今日この頃でござひますよねえ。。。
Img_3605
(いよかん)


 4種類ほど柑橘を見学させていただきましたが
「愛媛いいところですよね」
ただし、
「やっぱり和歌山のやふに傾斜地だよね、お米には不向きな」
正直
「今まではご縁がなかったけれど、これからは定期的に参戦せねばならないなあ」
とおもふ今日この頃であるし、
「食わず嫌いはダメだよなあ」
と強くおもふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_3626
(Eねえ)
Img_3616
(とてもEねえ)
Img_3625
(感動的ですな)


 東京へ帰りチームを見送って、わらしは
「一人松山観光港へむかひます」
そふ
「滞在時間5時間ほどで久しぶりの四国を後にして、高速船に乗って広島へむかひます」
今回初めて、この区間が高速船ってわかったんですけれど
「ぢゃあしまなみ海道って一体なんだったんだ?」
とおもふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_3634
(たつろーと一献)


 この区間の高速船はまさに
「香港・マカオ間の高速船を少々小さくした感じ」
早速2階の左側席に陣取って
「瀬戸内海の景色を堪能」
させていただきます。。。。
Img_3632
(おつくり)


 まづは
「興居島」
を左にみていると
「夕日がとってもうつくC」
んですよ。。。。

 さらに
「るいさんが愛する中島!」
これはかなり大きな島のやふで、
「盛大に柑橘の生産も行われている」
とのことですので、
「次回は!」
と心に誓っておりますですよ。。。。
Img_3638
(あなご)


 まあ、
「それにしても、瀬戸内海に沈む夕日っていふのは見事の一言」
勿論
「わらしに昇る朝日はなくて、夕日しかないけれど夕日ってこんなに素晴らしいんだ」
といふことを教えてくれたことを心から感謝しやふとおもふ今日この頃でござひますよ。。。
Img_3643
(かきふらい)


 船は
「呉港で半分くらい乗客をおろして」
1時間10分くらいで、広島港へ無事到着。。。。

 ここからは
「おなじみ路面電車に乗って中心部へ」
これ
「市内区間だと30分乗っても160JPYって破格の安さ」
ただし
「イコカは使えるけれどスイカは使えない」
のは困りますですが。。。。
Img_3651
(うどん)


 今宵、1軒目は
酒菜竹のしたさん
へ参戦なんですけれど、なんと
「当地へ移住している、たつろーと一献」
でござひます。。。。
Img_3652
(そば)


 たのしゅうござひますから、珍しく
「日本酒なんかもいただいちゃって、E気分」
たつろー曰く
「みんな、いくいくって言うけれど、本当に来るのはうしだけだ」
といふ、
「最大級の賛辞?」
といただけたのが、うれしゅうござひます。。。

 といふことで、つづいて
お好み焼き ふみちゃんさん
へ転進。。。。。
 
 こちら人気店のやふですが、
「どうしても広島風のお好み焼きって好みぢゃないんだよなあ」
やっぱり
わらしには、下町鉄板川上さんが最も合っているやふ
でござひますですよ。。。。。

 おなかもいっぱいになったところで
「グランドサウナ広島さん」
へ参戦なんですけれど
「申し訳ないけれど、全く整わなかったですよ」
あまり多くを語ることはしないけれど。。。。。
Img_3655
(広島の〆)


 そふ同じく、
「たつろーと討議した諸問題」
についても
「いろいろあるんだなあ」
といふだけで、この場であまり多くを語ることはできないのでござひますよ。。。。

 だって
「たつろーパパと美女1号パパ、美女4号パパとか親友らしいからなあ」
とにかく
「人生そんなに一筋縄ぢゃいかない」
といふことが分かったことだけは確かでござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月19日(金)ふゆももがたり

 6時起床、
「昨日はそんなに早く就寝したわけではないけれど、すっかり早起きさんになってしまっておりますですよ」
シャワーを浴びて、雑務をこなして、軽く朝食済ませても、まだまだ時間があるから読書。。。
Img_0100
(清水白桃)


 お迎えの車に乗って
「桃の缶詰製造視察」
こちらは
「すべて湯剥き=手剥きでやってくれているので、出来上がりが全然違うんですよ」
ほんと
「大変な作業ですから、心からありがたくおもふ」
今日この頃でござひます。。。
Img_0103
(湯剥き)


 それにしても
「ご高齢の方が多いですよね」
これはどこでも同じことだけれど
「10年後、20年後はどーなんですかね?」
と少々心配になってしまひますが。。。。
Img_0102
(すべて手作業)


 続いて、今回のメインイベント
「なんと11月に収穫して真冬にたベられる桃」
その名も
「ふゆももがたり」
の視察でござひます。。。
Img_0104
(シロップに漬け込みます)


 これすごいっすよ
「本当にまだ実が小さいんだよね」
でも
「開花時期は他の桃と一緒だから、ゆっくりゆっくり時間をかけて大きくなるんですよ」
ちなみに
「突然変異か人工的な交配かも担当者が辞めたので不明」
とのことでござひます。。。
Img_0192
(まだ全然小さい)


 わらしは
「基本的には旬を大切にする人間ですよ」
よって
「真冬のマンゴーとか、真夏のハウスみかんなんていふのも興味ないです」
だって
「その季節にあった果物食べればいいぢゃん」
そして
「真冬にすいかやマンゴーは体が欲しがらないですよ」
よって
「基本的には冬の桃もそんなに興味があるわけではないんだけれど、ふゆももがたりは作為的に作っていない」
から全然違ひますよ。。。。
Img_0185
(わくわく)


 あとねえ、毎年数件
「どうしても桃を食べさせてあげたんですけれど、なんとかならないでしょうか?」
といふお電話を頂戴することがあるので
「今まで、お力になれず心から申し訳なかったんですよ」、最後の頼みと思ってきてくれているのに無力感を痛感してました
だから
「冬の桃だけは少なからず意味があって、大いに期待する」
今日この頃でござひます。。。。
Img_0186
(本当に楽しみだぜ!)


 続いて
「ある工場へ転進」
ここねえ
「残念ながらまだ極秘中の極秘」
なんですけれど
「いい出会いになったですよ、本当に感謝感謝」
でござひます。。。。

 猛暑の岡山駅から
「さくら号→新快速→環状線」
と乗り継いで
「鶴橋から近鉄特急アーヴァンライナー」
にて
「津」
へ向ひます。。。。。
Img_0200
(松坂牛のタン)


 これがねえ
「意外と乗っているんだよね、さすがに名古屋まで行く人は少ないと思われますが」
いつも不思議なのが
「大和八木っていふのは交通の要所なんですかね?」
少なくとも
「関東の人間には全くご縁がないですよね、金山同様」
なんて考えつつ、快適に東へ。。。。。。

 近鉄といへば、かつて社長さんが
「なんで中村なんかに何億円も払わないけんのか?球団辞めたら毎年特急電車何両買えるんだ?」
と言ったそうだけれど
「当時は憤慨したけれど、冷静に考えれば経営者として当たり前の感覚だったんだろうね」
と思わざるを得ない今日この頃であるけれど
「物わかりのよい大人になってしまったことを遺憾におもふ」
今日この頃でもあるんだよねえ。。。。。
Img_0206
(肉肉Cね)


 今宵は、松坂牛の名店
千力さん
へ参戦。。。。

 千力さんは、実はこいさんn社長からいただいた
「お正月の超おいしいすき焼き用のお肉でおなじみのお店」
といふことで、大いに楽しみにしておりましたが、なんとなんと
「おくさん!513の美女軍団と同席させていただく栄誉」
まで。。。。。

 おいCお肉を頂きながら
「夜空の向こうには何が見えるのか?問題」
「出会いの数だけ別れがある、分かっているけど人は恋をするぞ問題」
「25歳までに結婚したいなんていふ女史は、仕事から逃げたいだけだぞ問題」
「工藤静香問題」
「松崎しげるビックリしたぞ問題」
「松坂きて、こいさんママのとのことへ顔出さないわけにはいかないだろう問題」
といった、松坂牛ナイトにふさわC、
「肉肉C諸問題」
を真剣に討議した結果
「ナンパはされなかったけれど、やっぱりハワイは最高だ!」
といふ、なんとなくわかる結論が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_0209
(おいC)


 まあ、つくづく
「わらしの周囲には、どうしてこんなにE人達ばっかりなんだろう」
といつものやふに思ひつつ気持ちよくホテルへ戻ったら
「崎陽軒シウマイ弁当値上げ」
といふ
「一気に酔いが醒める訃報が飛び込んでまひりまひた」
なんと
「おくさん!シウマイ弁当800JPYが830JPYへ30JPYもの値上げとは、これは大打撃」
でござひます。。。。

 かといって
「横濱チャーハンってわけにもいかないからなあ」
ほんと
「から揚げがエビフライに替わったことを理由に値上げしたとき以来の衝撃」
でござひます。。。。

 ほんと
「わらしの生活に密着している、まさに生活必需品だから困るよねえ」
と途方に暮れる松坂の夜でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月18日(木)杭とおトイレ

 なんと
「22時前に就寝」
予想とおり
「23時30分・3時と起きたけれど、まだ朝ぢゃないんだ?」
てな感じで、その都度就寝しなおして、結局
「6時30分起床」
なんだかんだいっても
「やっぱりエアーぢゃなきゃ眠りに夢中になれないのかしらん」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

 午前中は
「盛大に会議・打ち合わせ」
が続いて
「かなりバタバタ」
それはそうと、ふとしたことから
「村田昭二君の 打たれ続ける杭になれ」
といふ言葉を改めて考えると
「まさに、わらしにピッタリだなあ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「出る杭は引っこ抜かれる」
といふ言葉もあるけれどねえ、と思ったりもする今日この頃でもあるんだよね。
Img_0068_2
(シャコとか)


 やっぱり、組織としては
「絶対に後者であってはいけないと思ふ」
今日この頃であるし、
「出過ぎる杭は打たれない」
といふ言葉もあるなあ、と思ったりもする今日この頃でもあるし
「組織人である以上、最低限「杭」にはならないといけないなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだけれど、
「建物は杭と柱だけでなく、梁も必要だからなあ」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。
Img_0070
(はも)


 あとさあ
「籠に乗る人、かつぐ人、そのまた草鞋を作る人」
なんて言葉もあるんだけれど、
「確かに草鞋も必要だとは思ふけれど、この言葉はかなり怪しいなあ」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。。

 晴れの国
「岡山へ」
いやあ
「確かに晴れだし、暑いっすよ」
東京は雷雲が立ち込めていたけれど。。。。。

 今宵は、いつもの
「ゑびすやさん」

「日本有数の笑顔を持つ女将=ひろちゃん」
に会えるのが、心からうれしゅうござひますよ。。。。

 もうこちらへ通って10年くらいになるけれど
「ここも地方の行きつけの店として、絶対に外せない名店のひとつ」
でござひます。。。。
Img_0087_2
(にぎり)


 ほんとうに
「ほっとするんだよねえ」
もちろん
「瀬戸内のおさかなも最高」
なのはいふまでもござひませんが。。。

 遺憾なら
「デザートにマルバンさんのラーメン」
をいただいてしまひまひたが
「これもおいしゅうござひます」
東京って、このテのラーメン少ないっすよねえ。。。。
Img_0096_2
(遺憾だけどおいC〆)


 早々に失礼させていただいて
「グランヴィアの自室にて徹底的に雑務」
ちょっと疲れました。。。。

 ところで、
「発見してしまひまひた」
あの
「山本五十六著 男の修行」
例によって
「おトレイ」
でござひます。。。
Img_0072
(どうして?)


 これは
「どういふ意図なんですかね?」
定番として
「だって人間なんだもん」
でおなじみの
「相田みつを作品集」
と並んで、トイレの掲示物として確固たる地位を得ているんだけれど
「大嫌い」
と言わざるを得ない今日この頃ではあるんだけれど
「実際、わらしも先日引用しちゃったから、偉そうなこと言えないかもしれないなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけれど、やっぱり
「一歩前へ出ようよ男の子」
「いつもきれいにお使いいただきありが10ござひます」
の方が実用的でいいと思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧