海外

8月19日(月)香港考

 1度おトイレへ起きたものの
「7時前まで熟睡」
さあ
「最終決戦へ向けて出発」
思案の末
「まづは隣接するサンズへ」
てっきり
「ほぼ無人」
かと思ったら
「おくさん!月曜の早朝だといふのに、大いに賑わってますよ」
これでは
「わらしが望む、ディーラーとのサシ勝負は望めそうもない」
ですわ。。。。

Img_1937

(いざ出陣)

 といふことで
「徒歩で15分、おなじみウィンへ転進」
さすがに
「こっちは空いてますね」
でも
「サシでは勝負できなさそう」
まあ、仕方ないですわ。。。。

Img_1938

(最終決戦といへば)

 これがさあ
「普通の方と一緒ならいいんだけれど」
遺憾なことに
「ダメダメなおじさんと一緒なんだよね」
なにがダメかって
「1回やって、1回休んだりなんだよね」
その
「規則性が全くないんだよ」
当然のごとく、おじさんは
「チップ無くなる→現金を追加投入―チップなくなる」
を繰り返すんだよね。。。

 とにかく
「気になってしまって、集中できないですわ」
そんな中で
「90分プレイして小敗、まだ時間はあるけれど、とりあえず勝っているところで帰ろう、どうせまたすぐ来るから」
といふことで、
「3日間トータルでの勝ち逃げ」
ですわ。。。

 他のプレーヤーの動向が気になるなら
「バカラやら大小、ルーレットで勝負すりゃいいぢゃないか!」
といふのは
「全くもっておっしゃる通りですわ」
それこそ
「クラップスとBJ以外なんでもよいかも」
それは分かっているんだけれど
「やっぱりBJが圧倒的に面白いんだよね」

「サシが無理なら、ファーストベースと呼ばれる、最初に配られる席がいいね」
最も嫌なのが
「全責任を負うといわるサードベース」
実は、昨日もサンズで
「他のメムバーから罵声を浴びせられたからね」
こばさん曰く
「お前が引くから、こうなったんだ!」
と言われたから
「次のカードなんかわかるかって、言い返してやった」
とのこと。。。

Img_1941

(舟内食)

 なんとなく
「わかったけれど、わらしには言い返す語学力も勇気もないからねえ」
ほんと
「こういう時って語学力ぢゃなくて勇気なんだよね」
それこそ
「ジャップ!」
とでも言ってくれれば
「わらしでも侮蔑されたって分かる」
けれどさあ、と思ひつつ
「前回は陸路だったけれど、今回はお船に乗って香港へ」
実は
「お値段も時間も陸路=バスに軍配が上がる」
んだけれど
「せっかくなら市内を通っていきたいからね」
といふことですわ。。。

Img_1942

(香港へ戻って)

 お時間もあるので
「四季酒店でランチ」
いつもは中華だけれど
「オニグラと北京ダックラップ」
を選択。。。。

Img_1945

(イマイチでした)

 なんかねえ珍しく
「パンもオニグラも北京ダックラップとやらもイマイチでした」
まあ
「わらしのチョイスがいけなかった」
といふことで。。。。

Img_1946

(これは失敗)

 混乱もなく機上快速に乗って空港、スイスイと
「ラウンジへ」
いつもなんだけれど
「TGのラウンジのトイレ大って流れにくいんだよね、でもさあ使用済の紙を設置していあるバケツへ投入するのってためらいますよね」
ごめんなさい。。。。。

 結論として
「危惧されたデモやらには遭遇せずですわ」
まあ、
「もともとはイギリスが全部悪いんだよね、租借とかするからさあ」
んで
「当初の99年っていふのは、中国では永遠って意味なんでしょ?自動更新みたいな、だから中国では不動産の所有は認められてないけれど、99年賃貸みたいな」
だから
「99年だけれど、どうせ99年後自動更新すりゃいいぢゃん、って英国は思っていたんだと思ふよ」
したら
「アヘン戦争のころとは国力の関係が全く変わったからねえ」
んで
「返還後50年は1国2制度で」
と約束させたのも
「50年後には中国の共産主義体制も崩壊してるんだろう!」
とタカをくくっていたんだろうねえ。。。

Img_1949

(読めない)

 で
「中国もどうせあと20数年で自然と一緒になるんだから、ほおっておけばいい」
のに
「香港の議会は半分は中国の推薦がないとダメとか、どんどん締め付けているわけですよ。出世するには共産党の子弟ぢゃないとダメとかさあ」
そこへ
「今回の犯人引き渡しを出来るようにしますよ」
とやろうとしたから、
「若者たちが立ち上がったわけですよ」
ただねえ
「落としどころないですよ」
発端となった
「犯人引き渡しだって、完全な撤回ぢゃないからね。そりゃ香港政府は北京政府の顔色伺うしかないわけで、完全に廃案なんかしたら、自らの末路が」
ねえ。。。。

Img_1951

(超うれC)

 他にも
「警察の暴力行為を調べる独立調査委員会の設置」
「普通選挙の実施」
「逮捕者の放免」
「抗議活動を暴動した認定取り消し」
って計5つの要求をしているけれど
「中国共産党は1つも飲めないだろうねえ」
今後だけれど
「雨傘革命のとき同様、いつの間にか収束するんぢゃないかなあ」
当然のごとく
「スパイを送り込んだり、中国共産党はありとあらゆる手段を使ってくるだろうねえ」
さすがに
「深センに集結しているといふ人民解放軍が突入して天安門事件同様の事態になることはない」
とは思ひますけどね。。。。。

Img_1952

(すき焼き御膳)

 こばさん曰く
「周囲の中国人たちは共産党に対して不満などなさそうだ。この30年で、どれだけ豊になったのか?だったら、現体制でいいぢゃないか」
そして
「香港の人たちは何故騒いでいるのか分からん、一緒になったほうが経済だって発展するよ、あんな狭いところで頑張って働いたって家すら買えないぢゃないか!」
って言っているとのこと。。。

 そりゃ

「おくさん!西側陣営は、道路一本作るのだって何十年もかかるわけですよ。ところが、中国では、住民の意思なんか関係ないから、道路でも鉄道でも即出来る」

から

「経済発展の速度が違って当然ですよ」

ねえ。。。

 こばさん自身も
「中国に住んでいて不便とか不満はない」
って言っているけれどさあ
「そりゃ外人だからであって、自分の子供を学校に行かせたりしたくないだろうし、そもそもラインもFBもツイッターもグーグルも使えない、すべてのメールやらウイチャットを監視して、国民に点数をつけているような国ですよ」
とにかく
「人権を守る・言論の自由こそがすべてにおいて優先される」
と心から思ふ今日この頃でござひますわ。。。。

 ありがたいことにお帰りの便は
「Fのシートへアサインしていただきました」
なんだかんだいっても
「異国で、機内泊を含む6泊すると、空港で青い翼に会うとほっとしますよね」
今回は
「少なからず旅程の中止やら変更まで検討しました」
ですからねえ。。。。

Img_1953

(さあ帰ろう)

 超久しぶりに
「Fのシート乗りましたが、やっぱり超ラクチンですわ」
前回の香港帰りでは税関で女性係官に
「では、全部開けて見せてください!」
ってやられたので
「時間もあるし、是非開けて欲しいなあ」
と思ったけれど、
「今回はなし、は何故なんだろうかしらん」
ねえ。。。

 直接デモやらには遭遇してないけれど
「このタイミングで香港へ行けたのはよかったですわ」
サンジャポ等を見つつ、早々に就寝。。。。

| | コメント (0)

8月18日(日)ウインで3食

 8時起床、まづは
「ウインへお散歩」
して
「おいC朝食」
をいただきますが
「お粥と担々麺はすぐ来たけれど、その他がこない」
大好きなレストランなだけに
「残念」
でござひます。。。

Img_1908

Img_1909

(担々麺)

Img_1910

Img_1911

(湯葉まき)

 で
「戦いの始まり!」
一進一退なんだけれど
「ちょっと負けてきました」
先は長いので
「お先に失礼」
して
「プールへ」
いやあ
「家族連れで大いに盛り上がってますよ」
水も適温だし、超気持ちEですわ。。。

Img_1914

(気持ちEねえ)

 ただねえ、20分くらいしたら
「おくさん!雨雲が迫ってきました!」
と思ったら
「土砂降りですわ」
んで
「ピー」
といふ笛の音を合図に残念ながら
「クローズ」
逃げるやふに
「サウナへ転進して、セルフロウリュウサウナー水シャワー」

「徹底的に繰り返し、そこそこ整った」
ところで、戦線復帰。。。。。

Img_1916

(愛のスコール)

 んでさあ
「とにかくスタートがダメなんだよね」
へこんだところからスタートすると
「チャラまでいっても、そこから大幅+へもっていくのは難儀」
ですわ。。。

 遺憾ながら
「さらにもうけを食いつぶしていきます」
まだ、なんとかプラスですが。。。
 
 遅めのお昼を
「ウインで!」
と思って歩き始めたら
「おくさん!嵐ですよ、飴風半端ないですよ、本当に雨が当たると痛いんですよ」
ちょっと
「危険な状況にビックリ」
でした。。。

Img_1920

(危険な風雨)
 
 20分くらい経過して多少落ち着いてきたところで
「走ってウインへ」
なんかさあ
「大好きなチャーハンの味が落ちましたよ」
注文も忘れるし
「ガックシ」
ですわ。。。

Img_1922

(ジャージャー麺)

Img_1925

(がっくし)

Img_1926

(全然辛くないよ!)

 18時に出国する
「こばさんと最終決戦」
わらしは
「一進一退」
ですが、
「こばさんはだいぶ利益が出た模様」
ですわ。。。

Img_1928

(笑)

 お見送りを済ませてから
「サウナ他でしばし休憩」
してから
「いよいよ決戦」
へと向かひます。。。

Img_1930

(勝ち組)

 1時間少々戦って
「プラスを増やして撤収」
勢いが出てきたところだから
「ここからが勝負!」
なんだろうけれど
「初心に戻って、そこそこの勝ち逃げを積み重ねていく」
まあ
「一気に大勝ちを狙わない」
といふことで。。。

 とりあえず
「飯だろう」
ってことで
「本日三度目のウインへ」
またまた調子に乗って
「盛大にいただいた」
ら、
「マカオビア」
の勢いも手伝って、おいしくいただきまひた。。

Img_1933

(マカオビア)

 さあて
「最終決戦」
といふことで
「ウインを見回したけれど、賑わってます」
仕方なく
「サンズ」
へ戻るも、こちらもまだまだ盛り上がってますわ。。。

Img_1934

(焼き物ごはん)

Img_1935

(鳥野菜炒め)

Img_1936

(シウマイ)

 わらしの
「最終決戦は出来る限りディーラーとサシがいいんだよねえ」
まあ
「明日の早朝へ持ち越しだね、程よく酔いも回っている」
し。。。。

 お部屋へ戻って
「久米さんのラジオ」
「辛坊さんのラジオ」
を聞きつつ、
「最終決戦に備えて」
早々に就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0)

8月17日(土)お姉さん!もっと薄く!

 おかげさまで
「7時まで超熟睡」
シャワーを浴びて整ったところで
「コンプリメンタリーな朝食」
これも
「充実なんだよね、卵職人は勿論、麺職人もいるしさあ」
なにより
「ヘラを使っているとはいえ、卵職人の技がなかなかものもの」
でしたわ。。。

Img_1879

(E天気)

Img_1875

(卵職人)

Img_1876

(コンプリメンタリーな朝食)

 お部屋へ戻って
「雑務」
を片付けてから
「プールでひと泳ぎ」
ここねえ
「40メートル以上あるはずですよ」
いつもは
「20メートルぢゃないですか、その倍以上クロールするもん」
ちょっと
「負荷のかかり方が違いますわ」
でも
「超気持ちE」
んだよねえ。。。。

Img_1878

(きもちE)

 一休みしてから
「軽く勝負」
30分やって
「ほぼチャラ(350HKD+)といふ結果」
短時間だけれど
「普段と賭け金がぜんぜん違うから緊張感といふか疲れ方が違いますわ」
でもさあ
「現金と違ってチップって現実味ないんだよねえ」
これがまた。。。。

Img_1880

(紅牛)

 ラウンジで
「紅牛を飲んで一休み」
眼下には
「マカオ国際空港」
が臨めるんだけれど
「予想りはるかに沢山の飛行機が離発着するのね」
もちろん、何回も利用したことあるけれど
「ここまで頻繁に離発着があるとは思わず」
ですわ。。。。

Img_1881

(ひっきりなしに離着陸があるよ!)

 名残おしゅうござひますが
「チェックアウトしてマカオへ」
はい
「定宿であるグランドラパさん」
へご移動ですわ。。。

 もちろん
「設備では劣る」
けれど、
「はーい、みすたーうし!こんにちわ!うえるかむばっく!」
といつものおじさんに出迎えられると
「やっぱり定宿っていいなあ」
と心から嬉しくおもふ今日この頃でござひます。。。

Img_1882

(おいC)

 まづは
「エッグタルト」
やっぱ
「おいしゅうござひます、ほんと別格だなあ」
と思っているところへ
「広州から、こばさん到着」
でござひます。。。

 早目の夕食を、すっかりおなじみになった
「永利軒さん」
こちら
「☆の店といふことで、短パンはNG」
チノパンに履き替えてきてよかったですわ。。。

Img_1893

(これ食べに来ました!)

 お目当ては、もちろん
「北京ダックさんですよ」
軽く前菜、スープなどいただいて、いよいよ到着ですわ。。。

 フォトセッションを終えてから
「お姉さんが皮を剥いで、セットしてくれます」

「おくさん!肉まで一緒になってしまって、ガックシですよ」
ほんと。。。

Img_1896

(お姉さん!もっと薄く!)

 いふまでもなく
「北京ダックは、皮だけ食べるからおいCんだよね、残念だわ」
とか日本語で話していたら、通じたやふで
「後半戦はうすーく剥いでくれて、おいしくいただきました」
ですわ。。。

Img_1899

(やる気満々)

 んで
「パサパサなお肉はXOジャン炒め」
にしていただきますが
「ボリュウムがすごいですわ」
まあ
「そもそもダック1羽を2人で」
ってこと自体が無理がありますよねえ。。。

Img_1903

(食べきれないですわ)

 とはいへ
「日本ぢゃ北京ダック食えないし、絶対的にこちらで食べるのが最高ですよ」
といふことで、大いに満足して退場。。。。

 といふことで
「徹底的に戦いますよ」
本日は
「定宿隣接の金沙(サンズ)」
を主戦場に定めました。。。。

Img_1906

(定宿)

 ここ、不思議なのが
「BJの最初に配られる2枚の合計が13より上か下かっていふ賭けがある」
んだけれど
「みなさん楽しそうにやっているんだよね」
でもさあ
「13より上に賭けて、同時に普通のプレイもするぢゃないですか」
んで
「最初の1枚が配られたあとに、次の1枚の希望が自己矛盾を起こすことがあるぢゃないですか」
まあ、いいけれど。。。。

 休憩挟んで
「8時間かな」
わらしは
「一進一退でしたわ」
友と戦うのは楽しいですが
「引き時だけは難しくなるんだよねえ」
疲れ果てて倒れこむやふに就寝させていただきます。。。

| | コメント (0)

8月16日(金)香港は平穏でした?

 6時チェックアウト
「6時40分には空港着」
イミグレも
「スイスイ」

「ラウンヂで1時間近く寛いで」
から
「8時の便で香港へ向かいます」
これさあ、かなり緊張していたんだけれど
「懸念された事態は全くなく滞りなく着陸」
ですわ。。。

Img_1821

(TGは定刻通りに離陸)

Img_1824

(無事香港へ着陸できるのかな?)

 んで、
「かなりドキドキ」
しながら入国したんだけれど
「奥さん!全く喧騒な光景はなしですよ」
といふか
「旅行客の大幅な減少から、とにかく空港ガラガラですよ」
念のため
「出発階も視察」
しましたけれど
「こちらもガラガラ」
ですわ。。。

Img_1828

(あら?)

Img_1826

(あらら)

 正直
「拍子抜け」
まあ、それはともかく
「市内へ出て、3か所ほど回って」
さらに
「今日は打ち合わせ」
もあり。。。。

Img_1833

(平穏)

Img_1831

(平穏?)

Img_1846

(平穏だねえ)

 かなり
「歩きまわって、スターフェリーも乗って、地下鉄も乗ったのでクタクタ」
んで
「地下道の張り紙」
だけが、
「香港の現状」
を表してましたわ。。。

Img_1842

(いつもと同じ景色)

 ようは
「中共と警察を非難する内容ばかり」
なんだけれど
「STAND UP ENGLAND」
っていふのもあったけれど
「さすがにそれは無理でしょ」
とおもふ今日この頃ではあるけれど
「まあ、そもそも大英帝国が盛大に悪さして、99年租借なんかしなければ、一国二制度になんかならなかった」
といふ気もしたりする今日この頃でござひます。。。。

Img_1835

(地下道)

 盛大に
「案件を終えて、グッタリですわ」
でも
「いよいよ前進」
するので
「少なからず期待があります」
ですよ。。。

Img_1836
Img_1840

(いろんな言葉で書いてます)
 んで
「マカオ経由タイパ島へ」
橋ができたけれど
「船は全く減便してないし、それなりにお客さん乗ってますね、お値段も下がってないし」
結局
「バス停まで行くの不便だもんね」
といふことかしらん。。。。

 ありがたいことに
「UGしていただいて、かなりよいお部屋へ」
泊めていただくことに。。。

Img_1851

(E景色)

 まづは
「プールでひと泳ぎ」
気持ちよいんだけれど
「水温が少々たかいなあ」
あと
「仕方ないけど、家族連れが多いので、盛大にクロールやる環境でない」
ですわ。。。

Img_1855

(40メートルくらいあるね)

 んでさあ
「サウナがなくて、スチームなんだよね」
当然
「水風呂もなし」
なのがガックシですわ。。。

Img_1859

(プライベートジャグジー)

 イマイチ整わないんだけれど
「ラウンヂが超充実ですわ」
だって
「肉職人がジュージューお肉焼き続けてくれるんですよ」
まさか
「ロースやらカルビやら盛大に焼いているとはビックリ」
ですわ。。。

Img_1865

(焼肉職人が!)

 しかも
「オールユーキャンイートな点心やら麺粥もある」
当初は
「マカオビア1本飲んで、軽くつまんで夕飯へ」
と思っていたけれど
「これで十分ですわ」
といふことで、盛大に。。。。

Img_1867

(コンプリメンタリーだぜ!)

 おなかもいっぱいになったところで
「軽く一勝負」
なんだけれど
「おくさん!MINが500HKDですよ」
いやあ
「これはわらしには無理、分不相応」
なんだよね。。。

Img_1869

(ナイスヴュー)

 んで、
「タイパ島のカジノを盛大に歩きました」
けれど
「なんとすべての卓が500HKDなんですよ」
もちろん
「バスでマカオへ移動すれば100でも200でもあるのは分かってますけどめんどくさい」
ので
「本日は断念しようかしらん」
と。。。。

Img_1872

(いざ出陣)

 ただ
「まだ9時前だし、さすがに。。。」
ってことで
「意を決して5000HKDだけチップへ交換して勝負しました」
んで
「浮いたり沈んだり」
を繰り返して
「大分浮きが固まってきました」
んで
「5000が100000になったところで、利益確定」
させて
「あとは少々」

結果

「10000HKDに戻った」
ところで本日の勝負は終了ですわ。。。。
 
 もちろん
「結果は万々歳ですよ」
でもさあ
「強弱つけられないのがきついよね、これよくないですわ」
とはいへ
「気分よく30分強で撤収」
させていただきます。。。。

 さすがに疲れました
「23時前」
には力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0)

8月15日(木)映える氷

 8時起床、まづは
「セルフロウリュサウナー水風呂」

「徹底的に繰り返し」
朝から
「完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいたところで一息。。。

Img_1786

Img_1787

 お部屋で
「雑務」
をこなしつつ、ちょっと気を抜いたら
「うつらうつら」
してしまひ、慌てて跳び起きて
「ミスターフィート」
へ参戦し
「日経を読みながら1時間揉んでもらいます」
当地の人件費って毎年確実に上昇しているのに
「こちらの施術代は、永遠に1時間300THBなのが不思議」
でござひますわ。。。

Img_1789

 新しくできた商業施設の
「フードコートでチキンガーリック炒めライス」
これ
「50THBって安すぎですよ」
それなりにまづくないしね。。。

Img_1790

 急ぎ戻って
「15分だけ泳いで、サウナー水風呂」
を少々繰り返して
「そこそこ整った」
ところで支度して出発。。。

Img_1781

 女史から依頼された
「クッキー」
の購入を済ませ
「お船に乗ってT」
へと向かひます。。。。

Img_1793

 相変わらず」
「モール全体は盛り上がっているんだよね」
でもさあ
「ねえ」
「う~ん」
なんかさあ
「日本からの果物の輸入も制限かかっているみたい」
だし。。

Img_1796
Img_1797

Img_1798

Img_1799

Img_1800
 待ち時間に
「映えるかき氷で人気の=after youさん」
へ参戦。。。。

Img_1803

(大人気)

Img_1804

(もともとは普通のカフェだったらしい)

 当然
「待ち時間あり」
なんだけれど
「30分ほどでご案内」
いやあ
「立派なもんだよ」
とにかく
「氷がいいっすよ、まさに映える」
ですわ。。。

Img_1811

(氷いちご)

 ふわふわの
「氷いちごの中には、チーズケーキ」
だし
「ほうじ茶氷の中にはたっぷりのタピオカ」
見栄えだけぢゃなくて
「お味もE」
これは
「大人気なのもうなずけます」
ですわ。。。

Img_1809

(ほうじ茶氷)

 ちなみに
「四角いクリームパンもおいcですわ」
ほんと
「東南アジアのスイーツで圧倒的なパフォーマンス」
を見せつけてくれて
「大感激」
これ
「ライセンスで日本へ持ってきたら当たるよな!」
本気でおもったりする今日この頃でござひます。。。

Img_1806

(おくさん!クリームパンですよ)

Img_1814

(これは普通)

 今宵は
「当地のトップの方と会食」
いわゆる
「高級タイメシ」
なんだけれど
「こりゃうまい!」
わらしが普段食っているタイメシとは格が違いますわ。。。。

Img_1815

(最高においCトムヤムクン)

 もちろんねえ
「こういう店ぢゃなくて、ガイヤーン的なタイメシの方が好きなんだけれど、以前のわらしだったら露骨に嫌な顔するところだけれど、いかんせん客人がかなりお偉い方なので、そんなそぶりも見せず」
つくづく
「わらしもやれは出来るぢゃん、大人になったなあ」
と秘かに思ったりもする今日この頃でござひますが
「とにかくトムヤムクンとか別格においしゅうござひます」
感動的なおいしさでござひまひたですわ。。。

Img_1817

(ロブスター)

 それはともかく
「お偉い方とは実質初めてお会いした」
んだけれ
「魅力たっぷりの方でした」
久し振りに
「なんとかお力になりたいなあ」
と思ふ方にお会いしましたね。。。。

Img_1818

(プーパッポンカリー)

 といふことで
「おいしく、楽しい会食でござひまひた」
二次会はパスして、ご帰還後
「セルフロウリュウサウナー水風呂」

「少々繰り返して、そこそこ整った」
ところでお部屋へ戻って徹底的に雑務。。。。

Img_1782

(ロウリュウし放題)

 たまった
「雑務を、佐久間宣行のオールナイトニッポンゼロを聴きながらこなします」
が終了前に力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0)

8月14日(水)日本よりは暑くない

 機材整備の為
「定刻より15分ほど遅れてご搭乗」
早速
「ウツラウツラ」
したんだけれど、目が覚めても
「まだ滑走路へ向けて走行中」
で、
「ようやく離陸」
したところで
「盛大にリクライニングして就寝」
させていただきます。。。

Img_1743

(ご搭乗までお待たせ)

 おかげさまで
「2度ほど起きた」
ものの
「着陸まで眠れましたよ」
だけどさあ
「到着予定時刻は現地時間4時35分なんだけれど、その2時間前から朝飯出さなくてよいよ」
わらしは
「一切のサーヴィスをお断りした」
けれど
「やっぱり朝食の喧騒で起きたもんね」
これだったら
「おなじクラスでも朝飯食う人は後へ固めるとかしてもいいんぢゃないかしらん」
と思ひつつ、定刻より前に無事着陸ですわ。。。。

Img_1744

(朝飯食ってんぢゃねえよ)

 そふいへば
「この期に及んでも飲酒で乗務変わったパイロットとかいるんだよね」
しかもさあ
「そのPってあの事故起こした会社の方ですわ」
なにもさあ
「この時期に。。。」
と心から思ふ今日この頃ではあるけれど
「やっぱり沈まぬ太陽なんだなあ」
と改めておもふ今日この頃でござひます。。。。

 イミグレスイスイ、
「道路もスイスイ」

「5時過ぎには定宿へ到着」
正直言って
「お部屋へ入れてくれる自信ありましたよ」
んで
「お姉さんが盛大に端末叩いて、15分だけ待ってくれ、準備する、ただしアップグレードは出来ない、申し訳ない」
とのこと。。。

 もちろん快諾して
「ウエィテングのマッサージ機で待つこと10分でご案内」
荷物だけおいて
「6時スタートのコンプリメンタリーな朝食」
をおいしくいただきます。。。

Img_1746

(笑顔がすばらしい女流卵職人)

Img_1747

(6時に朝食)

 当然のことながら
「本来は今朝のご飯はついてないんだけれどね」
おいしくいただいて、ベッドに横たわったら2時間ほど意識遠のきます。。。。。

 んで
「軽くプールで泳いで」
から
「サウナー水風呂」

「徹底的に繰り返して」
もう完璧に整ったところで飲むコクゼロはおいしいはず、なんだけれど
「当地のコクゼロはイマイチなんだよね、炭酸が弱い」
んですわ。。。

Img_1748

(日本の方が暑いよ確実に)

 一休みしてから
「お支度してIへ」
相変わらず
「人っ子一人いないですわ」
御担当へご挨拶だけれど
『今後の見通しについて明確な回答を得ることはできず」
ですわ。。。。
Img_1752

Img_1753

(ノーコメントだなあ)


 遅い御昼を
「サバイジャイガイヤーン」
タイは
「14時~17時はお酒の販売禁止だから、ギリギリセーフ」
やっぱ
「ビール飲まないとおいしくないもんね」
まあでも
「いつ食べても、何食べてもおいしゅうござひます」
ですよ。。。。

Img_1754

(昼ビアはご隠居みたい)

 大げさでなく
「世界一の鶏料理の地位はゆるぎないものがあります」
断言出来ますわ。。。

Img_1759

(最高だぜ!)

Img_1762

(トムヤムクーン)

Img_1763

(空心菜)

 ついでに
「ドンキへ」
今年も
「あの県産の桃とか盛大に販売」
しているけれど
「ノーコメント」
といふことで。。。。

Img_1765

(そういうことか!)

 道すがら
「商業施設を冷やかして」
からホテルへ戻ったら
「再度ウツラウツラ」
んで、起き出して
「プールで軽く泳いでからサウナー水風呂」
やっぱ
「セルフロウリュウは最高にたのしゅうござひます」
ですよ。。。

 風呂上がりに
「ラウンジで一杯」
いつも思ふんだけれど
「いくらコンプリメンタリーでも皆さん盛大にやり過ぎですよ」
だって
「せっかく旅行で来たんだったら、ここでは軽くにしておいて、盛大にお外へ出た方がいいんぢゃないかしらん」
と世界中どこの定宿でもおもふことでござひますが。。。。

Img_1772

(コンプリメンタリーでオールユーキャンイート)

Img_1774

(お酒飲みはたまらんだろうね)

 正直、おなかすいてないけれど
「MKで軽く焼き物とタイスキ」
改めてだけれど
「やっぱりコカレストランの方が上」
ですわ。。。

Img_1777

(これぞバンコク)

 とうとう
「ベイもカープも力尽きましたね」
そういへば
「ハムは清宮が4番だけれど、4番かねえ?」
だって
「今日だって松永登場で代打出されているしさあ」
恐らく
「栗山監督もそろそろいいんぢゃないかしらん」
とは思ひますですよ。。。

Img_1778

(義務感だなあ)

 定宿は
「サウナが23時までなのがうれしゅうござひます」
第三回入浴を済ませ、力尽きたところで倒れこむやふに就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0)

4月20日(土)バンコクからご到着のうし様!

 7時起床、
「どうにもこうにも喉といふか、声の調子が悪い」
ほんと
「昨日の午後から突然ですわ」
んでも、長期遠征の最後といふことで
「軽くひと泳ぎ」
この時間でも
「やっぱり水がぬるいわ」
これは
「チラー入れないとダメよほんと」
長居できないですわ。。。。

Img_8317

(ぬるいよ)

 んでも
「10日連続泳いだって記憶にないねえ」
とか思ひつつ
「セルフロウリュサウナー水風呂」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで
「コクゼロ改めスパークリングウォーター」
を飲み干してから
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて
「日経を読む」
なんか
「池袋で老人が運転する車が突っ込んで母子が亡くなるといふいたましい事故」
があったけれど、これ
「昨日のネット上のニュースでは実名が出ていたけれど、今朝の日経では実名報道せず」
事故って
「過失があるかないかは詳しく調べてみないとわからないっていやあその通り」
だけれど
「だったら明確な飲酒やらスピード違反がない場合は、判決が出るまで実名報道はすべきぢゃないのかしらん
とかおもふところ多い南国の朝でござひます。。。。

Img_8318

Img_8320

(炭水化物を減らそう)

 開店10分前の
「ミスターフィート」
へ駆け込み、1時間
「たっぷりもんでもらってスッキリ」
ほんと
「毎日行きたいですよ」
ねえ。。。

Img_8322

(毎日通いたい)

 んで
「チェックアウト」
して
「空港へ」
初めて
「ミラクルラウンジ」
とやらへ参戦したけれど
「チキンライス職人やら麺職人が常駐していていい感じ」
でござひまひた。。。

Img_8323

(さらばエラワン)

 この
「13時55分の便で帰るのは初めて」
羽田22時過ぎだから、乗り継ぎは無理だけれど、わらしにとっては
「朝10時の便よりは使い勝手いいですよ」
今日のように
「朝ゆっくりできるからね」
欲を言えば
「あと1時間遅くしてくれれば、街で御昼を食べてから乗れるんだよね」
渋滞を考慮して
「12時にはホテルでないといけないから、お昼は断念」
もちろん
「23時羽田着だと需要が減るんだろうから、やっぱこれがギリギリの時間だわな」
ちなみに
「10時の便はプラス10万だったけれど、こちらは追加なしで搭乗を許されました」
んでも
「かなり空席あり」
でござひますから。。。。

Img_8330

(前菜)

 読書する気満々だったのに
「全くその気がなくなり、ウダウダ過ごす」
まあ、いいか。。。。。

 ちなみに、今遠征中
「文藝春秋5月号」

「辛坊治郎著 壊されつつある この国の未来」

「川上徹也著 ザ・殺し文句」

「お股ニキ著 セイバーメトリクスの落とし穴~マネーボールを超える野球論」

を読了しました。

Img_8331

(硬くて食えないねえ)

 定刻前に着陸、
「預けた荷物が出て来ないですわ」

ようは
「前の便の荷物が出終わってからぢゃないと出ないのね」

もう
「全てがパンクしているのよ、羽田の国際線は」

んで
「いくらなんでも遅いんぢゃないの!」

と少々イライラして待っていたら
「バンコクからご到着の うし様!」

と呼びだしがかかり、慌ててかけつけると
「お席にアイパッドお忘れでした」

いやあ
「荷物がでてくるのがゆっくりでよかったですよ!」

ほんと。。。。

 なんだかんだいっても
「おうちは落ち着きますわ」

お風呂あがりも
「かゆくないしね」

なんか
「沢山積まれている郵便物を開封」

あとはルンちゃんに託して、一足先に休ませていただきますわ。。。。

 

| | コメント (0)

4月19日(金)タイでも北へ

 7時起床
「予想通り、この時間なら水温は上がっておらず、快適な環境にて軽くひと泳ぎ」
ここのプールは
「水深が深いところと浅いところの差が激しんですよ」
よって
「浅いところではクロールの場合、手がプールの底についてしまふことがある」

「深いところでは、やっとの思いで到着しても、深くて寛げないことがない」
んだよねえ、やっぱり
「お子様専用は別途設置された、長方形のプールがいいっすよ、色気がないっていやあその通り」
ではあるけれどね。。。

Img_8243

(命の水風呂)

 いい感じで泳げた後は
「セルフロウリュウサウナーひえひえの水風呂」

「少々繰り返し、そこそこ整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただき、一休み。。。。

Img_8279

(陽気な卵職人)

Img_8280

(お野菜がうれC)

 例によって
「お船に乗って対岸へ」
予想とおり
「平日の午前中だといふのに、それなり、いやそれなり以上のお客さんいますよ」
たださあ、予想通り
「奥へはお客さん入ってこない」
んだよねえ、これがまた。。。。

Img_8283

Img_8288

 んで
「それなりに売れているといわれている店でも、アイテム変わってますね」
たとえば
「メロンも高いの盛大に陳列していたのに、品種変わって一気に値段下がっているし」
あと
「早くも撤退した店舗」
やら
「日本人店長の退社」
とか、いろいろありますですわ。。。。。。

Img_8293

Img_8290

(なぜかトマト沢山)

 いろいろあるんだけれど、お昼は
「館内で高級タイシーフード」

たしかに
「おいしゅうござひます」

んで
「とても上品」

ですわ。。。
Img_8302

(魚)

Img_8298

(空心菜)

Img_8301

(オースワン)

 ほんと
「空心菜ひとつとっても、違うですわ」

ただし
「プーパッポンは食べる部分が異常に少ない」

のが残念ですわ。。。。

Img_8303

(食うところないね)

Img_8299

(蟹チャーハン)

 おいしくいただいて
「さらに数か所転進」

してから解散
「そのままミスターフィートへ」

1時間ほど施術していただいてから、定宿へ戻ってシャワーで汗を流します。。。。

今宵は
「客人のリクエストにお応えして、北!」

まあ
「あれだけ、盛大に北の話しをすれば、行きたくなるのも無理はない」

ですわ。。。

Img_8310

(タイでも北)

 いつもあれだけ閑散としていたのに
「ほぼ満席なのにビックリ」

つくづく
「時代は北なのかしらん、とうとう皆さんわかってきたのかしらん」

と、妙にうれしくおもふ今日この頃でござひます。。。

Img_8311

 最初は
「おっかなびっくり」

していた
「若い客人も、だんだんリラックスしてきたやふでなにより」

でござひますが、ほんと、わらしだって
「関心をもってから初参戦を果たすまで、かなりの時間を要したですからね」

若者同様、本気で
「拉致とは言わないけれど、おっかなびっくり」

だったですからねえ。。。

Img_8316

(ピョンヤン冷麺)

 ちなみに
「女の子のメムバーはほぼ同じでした」

まさかの
「お兄さん、何回も来てますよね?」

と覚えていただいていて
「心から嬉しくおもふ」

今日この頃でござひます。。。

 大入りの為か、通常20時スタートのショウが
「本日は20時40分スタート」

いやあ
「今日も40分間たっぷり楽しませていただきましたわ」
なぜか
「楽器演奏なし」

は残念でしたが
「我々も一緒になって、YMCAを盛大に踊って心はひとつになりました」

そふ
「国交はないけれど、ひとつになりましたですわ」

ほんとだよ。。。。

Img_8315

(サムギョプサル)

 客人も
「次回から、お客さん連れてきますよ」


「大喜びなのが、なにより」

二次会はなしで、22時過ぎには定宿へ。。。。
 
 なんとか
「今日は眠れることを心から祈りますが、どうなることやら不安な夜」

は更けていきますですよ。。。。

 

| | コメント (0)

4月18日(木)さらにバンコクへ転進

 遺憾ながら
「よく眠れませぬ」
とにかく
「かゆいんだよね」
まあ
「汗だとは思ふけれど。。。」
あとは
「プールもあるんだろうね」
かなり頻繁にシャワー浴びてますが
「悪化する一方」
今朝はプールは自重して
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて、お部屋でしばし休憩。。。。
Img_8234

(美人シェフ軍団)

 今朝の
「日経文化蘭」

「全国の野球場を徹底的に参戦している御仁が登場」
していたけれど
「うわ、やられた!」
って感じですわ。。。

Img_8236

(ディアハンターみたい)

 御隠居さんは明確に
「この欄に登場したい」
って宣言していたけれど
「わらし同様、ひとつにしぼり切れないから難しいと言わざるを得ないですわ」
ただこの方も
「高校野球5回まで見て、1日3球場ハシゴ」
って
「義務感になっているから、楽しくなさそう」
とか思ひつつ
「トゥクトゥクに乗って空港へ」
ちなみに、
「一昨日は空港から乗って9USD」
だったけれど
「今日は5USD」
これを
「得したとみるか?損したとみるか?で人生別れる」
と思ったりする今日この頃であるけれど、
「楽しいなあ」
と心から思っておりますですよ。。。
Img_8239  

(当然徒歩にて搭乗)

 久しぶりの
「エアアジア」
これ
「公式サイトで購入しやふとしたら、何度試みても決済のところで固まってしまった」
ので
「エクスペディア経由で購入」
したのはいいんだけれど
「13USD払って通路側へ変更」
を試みようとしたら
「カウンターの列が進まなくて断念、まあ窓席だからいい」
けれどね。。。。

 出国もスイスイ、カウンターの下に
「ここでお金を払う必要はありません」
といふ注意書き貼られていたのが、うれしゅうござひますですわ。。。
Img_8241  

(暑くて熱い)

 目的地のバンコク
「ドンムアン空港までは1時間、定刻通りの快適なフライト」
当然ながら
「この古いLCC専用の空港へは初参戦、メリットは都心に近いってことね」
まあ
「小牧やら伊丹やら、丘珠って感じかしらん」
ただし、思ったよりも渋滞していて、スワンナプームからとたいして時間変わらんかったけどね。

Img_8252

(デジタルサイネージ?日本って遅れているよね)

3か月ぶりの定宿
「早速プール」
へ参戦するも
「奥さん!お湯ですよ!のぼせちゃって長い時間入っていられないですよ」
ほんと
「ドバイのプールみたいにチラーつけないとダメよ」
と思ひつつ、軽く泳いで早々に撤収。。。。

 伊勢丹前には
「新しいSC誕生」
なかなか面白そうな飲食店多数でした。。。

Img_8254

(開発が進む)

 BTSに乗って
「エカマイ」
降りたら
「シンハビールのビアガーデンが閉店して、更地になってましたわ」
これ
「コンドミニアム造るんだったら絶対に買いですよ」
だって
「スクンビットの駅直結のコンドなんて、他に出ないよね、旧ガイヤーンの跡地なんかよりはるかに魅力的だけれど、軽く億ションなんだろうねえ」
と思ひつつ、汗をかきかきドンキへ。。。。

Img_8257

 なんだかんだいっても
「大したもんですよ、他店舗より圧倒的に安いもん」
ただ
「品揃えみると、NBよりも弱小メーカーの品(例 金ちゃんヌードル)が目立って、色々あるんだなあ」
とは思ひますですけどね。。。

Img_8261

 客人と合流して
「サヴァイジャイガイヤーン」
とりあえず
「世界一の鶏料理と勝手に認定させていただいている味を満喫」
を。。。。

Img_8266

Img_8268

 体調もよくないので
「早々に解散してホテルへ戻って入念にシャワー」
厳しいですわ。。。。

Img_8272

Img_8270

 

 どうでもいいけど
「テキから入電」
なんでも
「冬毛も出ていて体調よくないから、もうすこし時間がかかりますだって」
そういうけれど
「6月に戻っても、あと何回出走できるんだよ?」
諦めちゃいけないとは思うけれど
「戻って三振して再度放牧して走らせるにしても、せいぜい1走」
だし
「9着で続戦だって、せいぜい2~3走」
だったら
「退職金減額される前に見切り付けた方がいいと思ふのが合理的な考え」
と思ふのはわらしだけかしらん、と憤りながらモンモンとした夜は更けていくのだった。。。。

| | コメント (0)

4月17日(水)朝から晩まで暑くて熱い

 早朝5時
お迎えの車にて出発」
まあ、眠いなんてもんぢゃないね
「だって3時過ぎまで、盛大にやっているんだもん、眠れるわけないぢゃないですか!」
そんなこと言っても仕方ないので、まづは
「アンコールワットチケットセンター」
へ参戦して
「ワンデーパス 37USD」
を購入、これ
「その場で撮影する顔写真付き」
ですわ。。。

Img_8109

(まづはチケットセンターへ!公共の施設でもUSDってすごい)

 そのまま
「アンコールワットへ」
ただし、入場せずにお堀の反対側から
「朝日が昇るのを待ちます」
ですよ。。。。

Img_8112 
(わくわく)

 7時10分に昇ったことは昇ったんだけれど
「乾季なのに雲があってイマイチ」
なんでも
「3月と9月に真ん中に太陽が昇るやふに設計されている」
とのことでござひます。。。。

Img_8122

(ちょっと雲がかかって残念)

 んで
「一旦ホテルへ戻って、コンプリメンタリーでオールユーキャンイートな朝食」
をいただきますが、
「とにかくオレンヂジュースとデニッシュがおいしゅうござひまひた」
ですわ。。。。

Img_8127

(いったん戻って朝食)

 軽くシャワーを浴びて
「再びアンコールワットへ向けて出発」
まだ8時前なんですけれど
「一気に暑くなりました」
5分歩くと
「汗ビッショリ」
もう
「マリーンズTシャツが臭くて。。。」
ほんと暑いわ。。。。

Img_8130

(お濠の橋を渡って)

Img_8136

(池に映るのが見せ場らしい)

 んで、この
「アンコールワットは1000年前に30年かけて造られた」
「でもこの遺跡が発見されたのが100年前」
って
「意味不明」
だよね。。。

Img_8142

(おくさん!アンコールワットですよ!)

 たしかに
「アンコールワットはヒンズー教の寺院」

「カンボジアは今では9割が仏教徒だし、首都はプノンペンへ遷都した」
とのことだけれど
「それにしても不思議」
でござひます。。。

Img_8143

(この柱大丈夫かしらん?)

 このテの歴史的建造物に造詣が深い
「宗主国であった、フランスにより50年かけて修復、保存がされた」
とのことだけれど。。。。

Img_8147

(漢字の落書き?を説明するガイドのポリンさん)

 せっかくなので
「かなり急こう配な階段を必死のおもひでてっぺんまで上がりました」
なんでも
「市内の建物は、この高さ未満にしないといけない」
とのことで
「わらしのお宿も3階建て」
なのが納得。。。。

Img_8151

(以前はこっちを登らせて大事故が発生とのこと)

Img_8162

(無理)

 でも
「この暑さで急階段はしんどいですわ」
実際
「お年寄りはダウンしている方少なからずあり」
つくづく
「こうして動けるうちに色々なところへ行かないといけないなあ」
と改めておもったりもする今日この頃でござひます。。。。

Img_8154

(一度に100人しかダメなんだって)

Img_8159

(屋上広場)

Img_8156

(グッタリだよ)

 続いて、
「車で移動してアンコールトムへ」
実は
「こちらの方がワットより100年くらい古いんだってね」
んで
「ワットは寺院だけれど、トムは王様の宮殿?」
とのこと。。。。

Img_8167

(後ろからワット)

 トムを作った王様は
「ヒンズー教と仏教の融合、仲良くしよう」
てな意味を込めて、これを作ったのに、その後色々あったんだってね。

Img_8172

(トムへ転進)

Img_8173

(顔が象徴的)

Img_8183

(こっちの方が好き)

 こっちの方が
「宗教施設でない分、遊びも多くて、好みですわ」
大きさも
「ワットの数倍」
なんだけれど
「なぜか、ワットは有名でも、トムは無名」
なんだよねえ。。。

Img_8184

(顔ばっかしだね)

 それこそ
「伊勢の内宮と外宮みたいで、こっちの方が圧倒的に空いてますわ
でもさあ
「時間が2時間違うので、暑さが。。。。」
さらに
「階段はこっちの方が急」
なんでも
「日本人の団体ツアーは、この階段昇るの禁止している」
とのことだもん。。。

Img_8187

(これ登るの本当にしんどかった)

Img_8190

(いつ崩落するか分からんよ)

 いやあ
「朝5時からお昼まで、汗だくになってたっぷり回りましたよ」
ガイドの
「ポリンさんには心から感謝」
でござひますわ。。。

Img_8195

(中心街)

 ちなみに、
「日本語ガイドは全盛期600人いたけれど、それが現在では100人」
それでも
「仕事は月に3~4本」
これが
「倍あるとだいぶいい生活ができるのにねえ」
とのことだけれど
「それでも月3~4日しかも半日の勤務で生活しているんだから、この国の生活水準がわかる」
とは思ひますわ。。。

Img_8196

(おすすめのLYLYレストランへ)

Img_8197

(謎肉うまい!)

Img_8199

(ダック焼きそばうまいよ!)

 わらしが払ったのが
「純粋なガイドフィーとしては80UDD」
だから
「取り分半分って感じかな」
お昼は
「3USDでも食べられるけど、5USDくらい出せばおいCものが食べられるから、5USD(コクゼロは0.45USD)」
とのことでした。。。

Img_8202

(お泊りのホテルも3階建て)

 たった半日だけれど、人柄のよいガイドさんとの別れはいつも寂しゅうございますが、お昼は、ご紹介いただいた
「LYLYレストランさんへ参戦」
ここ
「おいしゅうごっざひます」
お料理は
「完全にタイ料理ですけどね」
でも
「2皿+コクゼロで9USD」
昨晩もここへ行けばよかったですわ。。。

 シャワーで汗を流してから
「軽くプールサイドで休憩」
いやあ、
「疲れました」
ですわ。。。。

Img_8204

Img_8205

(ヤギ?ウシ?ウマ?)

 一休みしてから、トゥクトゥクへ乗って
「北へ参戦」
そふ
「バンコクでもおなじみ、北朝鮮レストラン」
でござひますわ。。。

Img_8208

(どうしも来ちゃうんだよね)

 事前の情報通り
「店の前には観光バスが盛大に止まってます」
んで、入店を許されると
「バンコクよりデカイ、それこそ昔のドライブインの団体用大広間みたいな感じ、無機質なだだっぴろい空間に、韓国からの団体さんが半分くらい埋まっていて大盛況」
でござひます。。。

Img_8209

(内装は世界共通だね) 

とりあえず
「冷麺、キムチ、肉」
を注文
「ビアは15USDとありえない値段なのでパス(コーラは1USD)」
ですわ。。。。

Img_8211

(ピョンヤン冷麺7USD)

 やっぱり
「撮影はNG」
なんと
「ショウどころか料理の撮影もNG」
でも
「盛大に撮影していた韓国人の方は注意はされたけれど、消去せよって感じではない」
。。。。

Img_8214

(ショウタイム!)

 いつもながら
「北のショウは魅せてくれますよ!」
あたりまえだけれど
「おなじ民族、言葉の皆さんは楽しいだろうなあ」
と。。。。

Img_8216

(ハームサップスリムサ)

 でさあ、およそ40分のショウ終了後
「撮影会ありですよ!」
これはマストでしょ
「きゃないていくあぴくちゃー!」
って聞くと
「OK」
とのことで
「早速!」
いやあ
「これも、将軍様の融和政策の一環なのかしらん」

「わるい気はしない」
ですわ、すっかり取り込まれしまった感がある、わらしでござひます。。。

Img_8218

Img_8219

 トゥクトゥクで中心街へ戻り
「ナイトマーケット」
を冷やかしてから
「ガイドさんオススメのステーキレストランでハムバーガー」
たしかに
「おいしゅうござひます」

「お値段も手ごろ」
です。。。。

Img_8222

(意外とおいC)

 9時過ぎにはホテルへ戻り
「シャワーを浴びてゆっくり」
それにしても
「長く、暑く、盛りだくさんな一日」
でござひまひた。。。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧