海外

4月20日(土)バンコクからご到着のうし様!

 7時起床、
「どうにもこうにも喉といふか、声の調子が悪い」
ほんと
「昨日の午後から突然ですわ」
んでも、長期遠征の最後といふことで
「軽くひと泳ぎ」
この時間でも
「やっぱり水がぬるいわ」
これは
「チラー入れないとダメよほんと」
長居できないですわ。。。。

Img_8317

(ぬるいよ)

 んでも
「10日連続泳いだって記憶にないねえ」
とか思ひつつ
「セルフロウリュサウナー水風呂」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで
「コクゼロ改めスパークリングウォーター」
を飲み干してから
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて
「日経を読む」
なんか
「池袋で老人が運転する車が突っ込んで母子が亡くなるといふいたましい事故」
があったけれど、これ
「昨日のネット上のニュースでは実名が出ていたけれど、今朝の日経では実名報道せず」
事故って
「過失があるかないかは詳しく調べてみないとわからないっていやあその通り」
だけれど
「だったら明確な飲酒やらスピード違反がない場合は、判決が出るまで実名報道はすべきぢゃないのかしらん
とかおもふところ多い南国の朝でござひます。。。。

Img_8318

Img_8320

(炭水化物を減らそう)

 開店10分前の
「ミスターフィート」
へ駆け込み、1時間
「たっぷりもんでもらってスッキリ」
ほんと
「毎日行きたいですよ」
ねえ。。。

Img_8322

(毎日通いたい)

 んで
「チェックアウト」
して
「空港へ」
初めて
「ミラクルラウンジ」
とやらへ参戦したけれど
「チキンライス職人やら麺職人が常駐していていい感じ」
でござひまひた。。。

Img_8323

(さらばエラワン)

 この
「13時55分の便で帰るのは初めて」
羽田22時過ぎだから、乗り継ぎは無理だけれど、わらしにとっては
「朝10時の便よりは使い勝手いいですよ」
今日のように
「朝ゆっくりできるからね」
欲を言えば
「あと1時間遅くしてくれれば、街で御昼を食べてから乗れるんだよね」
渋滞を考慮して
「12時にはホテルでないといけないから、お昼は断念」
もちろん
「23時羽田着だと需要が減るんだろうから、やっぱこれがギリギリの時間だわな」
ちなみに
「10時の便はプラス10万だったけれど、こちらは追加なしで搭乗を許されました」
んでも
「かなり空席あり」
でござひますから。。。。

Img_8330

(前菜)

 読書する気満々だったのに
「全くその気がなくなり、ウダウダ過ごす」
まあ、いいか。。。。。

 ちなみに、今遠征中
「文藝春秋5月号」

「辛坊治郎著 壊されつつある この国の未来」

「川上徹也著 ザ・殺し文句」

「お股ニキ著 セイバーメトリクスの落とし穴~マネーボールを超える野球論」

を読了しました。

Img_8331

(硬くて食えないねえ)

 定刻前に着陸、
「預けた荷物が出て来ないですわ」

ようは
「前の便の荷物が出終わってからぢゃないと出ないのね」

もう
「全てがパンクしているのよ、羽田の国際線は」

んで
「いくらなんでも遅いんぢゃないの!」

と少々イライラして待っていたら
「バンコクからご到着の うし様!」

と呼びだしがかかり、慌ててかけつけると
「お席にアイパッドお忘れでした」

いやあ
「荷物がでてくるのがゆっくりでよかったですよ!」

ほんと。。。。

 なんだかんだいっても
「おうちは落ち着きますわ」

お風呂あがりも
「かゆくないしね」

なんか
「沢山積まれている郵便物を開封」

あとはルンちゃんに託して、一足先に休ませていただきますわ。。。。

 

| | コメント (0)

4月19日(金)タイでも北へ

 7時起床
「予想通り、この時間なら水温は上がっておらず、快適な環境にて軽くひと泳ぎ」
ここのプールは
「水深が深いところと浅いところの差が激しんですよ」
よって
「浅いところではクロールの場合、手がプールの底についてしまふことがある」

「深いところでは、やっとの思いで到着しても、深くて寛げないことがない」
んだよねえ、やっぱり
「お子様専用は別途設置された、長方形のプールがいいっすよ、色気がないっていやあその通り」
ではあるけれどね。。。

Img_8243

(命の水風呂)

 いい感じで泳げた後は
「セルフロウリュウサウナーひえひえの水風呂」

「少々繰り返し、そこそこ整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただき、一休み。。。。

Img_8279

(陽気な卵職人)

Img_8280

(お野菜がうれC)

 例によって
「お船に乗って対岸へ」
予想とおり
「平日の午前中だといふのに、それなり、いやそれなり以上のお客さんいますよ」
たださあ、予想通り
「奥へはお客さん入ってこない」
んだよねえ、これがまた。。。。

Img_8283

Img_8288

 んで
「それなりに売れているといわれている店でも、アイテム変わってますね」
たとえば
「メロンも高いの盛大に陳列していたのに、品種変わって一気に値段下がっているし」
あと
「早くも撤退した店舗」
やら
「日本人店長の退社」
とか、いろいろありますですわ。。。。。。

Img_8293

Img_8290

(なぜかトマト沢山)

 いろいろあるんだけれど、お昼は
「館内で高級タイシーフード」

たしかに
「おいしゅうござひます」

んで
「とても上品」

ですわ。。。
Img_8302

(魚)

Img_8298

(空心菜)

Img_8301

(オースワン)

 ほんと
「空心菜ひとつとっても、違うですわ」

ただし
「プーパッポンは食べる部分が異常に少ない」

のが残念ですわ。。。。

Img_8303

(食うところないね)

Img_8299

(蟹チャーハン)

 おいしくいただいて
「さらに数か所転進」

してから解散
「そのままミスターフィートへ」

1時間ほど施術していただいてから、定宿へ戻ってシャワーで汗を流します。。。。

今宵は
「客人のリクエストにお応えして、北!」

まあ
「あれだけ、盛大に北の話しをすれば、行きたくなるのも無理はない」

ですわ。。。

Img_8310

(タイでも北)

 いつもあれだけ閑散としていたのに
「ほぼ満席なのにビックリ」

つくづく
「時代は北なのかしらん、とうとう皆さんわかってきたのかしらん」

と、妙にうれしくおもふ今日この頃でござひます。。。

Img_8311

 最初は
「おっかなびっくり」

していた
「若い客人も、だんだんリラックスしてきたやふでなにより」

でござひますが、ほんと、わらしだって
「関心をもってから初参戦を果たすまで、かなりの時間を要したですからね」

若者同様、本気で
「拉致とは言わないけれど、おっかなびっくり」

だったですからねえ。。。

Img_8316

(ピョンヤン冷麺)

 ちなみに
「女の子のメムバーはほぼ同じでした」

まさかの
「お兄さん、何回も来てますよね?」

と覚えていただいていて
「心から嬉しくおもふ」

今日この頃でござひます。。。

 大入りの為か、通常20時スタートのショウが
「本日は20時40分スタート」

いやあ
「今日も40分間たっぷり楽しませていただきましたわ」
なぜか
「楽器演奏なし」

は残念でしたが
「我々も一緒になって、YMCAを盛大に踊って心はひとつになりました」

そふ
「国交はないけれど、ひとつになりましたですわ」

ほんとだよ。。。。

Img_8315

(サムギョプサル)

 客人も
「次回から、お客さん連れてきますよ」


「大喜びなのが、なにより」

二次会はなしで、22時過ぎには定宿へ。。。。
 
 なんとか
「今日は眠れることを心から祈りますが、どうなることやら不安な夜」

は更けていきますですよ。。。。

 

| | コメント (0)

4月18日(木)さらにバンコクへ転進

 遺憾ながら
「よく眠れませぬ」
とにかく
「かゆいんだよね」
まあ
「汗だとは思ふけれど。。。」
あとは
「プールもあるんだろうね」
かなり頻繁にシャワー浴びてますが
「悪化する一方」
今朝はプールは自重して
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて、お部屋でしばし休憩。。。。
Img_8234

(美人シェフ軍団)

 今朝の
「日経文化蘭」

「全国の野球場を徹底的に参戦している御仁が登場」
していたけれど
「うわ、やられた!」
って感じですわ。。。

Img_8236

(ディアハンターみたい)

 御隠居さんは明確に
「この欄に登場したい」
って宣言していたけれど
「わらし同様、ひとつにしぼり切れないから難しいと言わざるを得ないですわ」
ただこの方も
「高校野球5回まで見て、1日3球場ハシゴ」
って
「義務感になっているから、楽しくなさそう」
とか思ひつつ
「トゥクトゥクに乗って空港へ」
ちなみに、
「一昨日は空港から乗って9USD」
だったけれど
「今日は5USD」
これを
「得したとみるか?損したとみるか?で人生別れる」
と思ったりする今日この頃であるけれど、
「楽しいなあ」
と心から思っておりますですよ。。。
Img_8239  

(当然徒歩にて搭乗)

 久しぶりの
「エアアジア」
これ
「公式サイトで購入しやふとしたら、何度試みても決済のところで固まってしまった」
ので
「エクスペディア経由で購入」
したのはいいんだけれど
「13USD払って通路側へ変更」
を試みようとしたら
「カウンターの列が進まなくて断念、まあ窓席だからいい」
けれどね。。。。

 出国もスイスイ、カウンターの下に
「ここでお金を払う必要はありません」
といふ注意書き貼られていたのが、うれしゅうござひますですわ。。。
Img_8241  

(暑くて熱い)

 目的地のバンコク
「ドンムアン空港までは1時間、定刻通りの快適なフライト」
当然ながら
「この古いLCC専用の空港へは初参戦、メリットは都心に近いってことね」
まあ
「小牧やら伊丹やら、丘珠って感じかしらん」
ただし、思ったよりも渋滞していて、スワンナプームからとたいして時間変わらんかったけどね。

Img_8252

(デジタルサイネージ?日本って遅れているよね)

3か月ぶりの定宿
「早速プール」
へ参戦するも
「奥さん!お湯ですよ!のぼせちゃって長い時間入っていられないですよ」
ほんと
「ドバイのプールみたいにチラーつけないとダメよ」
と思ひつつ、軽く泳いで早々に撤収。。。。

 伊勢丹前には
「新しいSC誕生」
なかなか面白そうな飲食店多数でした。。。

Img_8254

(開発が進む)

 BTSに乗って
「エカマイ」
降りたら
「シンハビールのビアガーデンが閉店して、更地になってましたわ」
これ
「コンドミニアム造るんだったら絶対に買いですよ」
だって
「スクンビットの駅直結のコンドなんて、他に出ないよね、旧ガイヤーンの跡地なんかよりはるかに魅力的だけれど、軽く億ションなんだろうねえ」
と思ひつつ、汗をかきかきドンキへ。。。。

Img_8257

 なんだかんだいっても
「大したもんですよ、他店舗より圧倒的に安いもん」
ただ
「品揃えみると、NBよりも弱小メーカーの品(例 金ちゃんヌードル)が目立って、色々あるんだなあ」
とは思ひますですけどね。。。

Img_8261

 客人と合流して
「サヴァイジャイガイヤーン」
とりあえず
「世界一の鶏料理と勝手に認定させていただいている味を満喫」
を。。。。

Img_8266

Img_8268

 体調もよくないので
「早々に解散してホテルへ戻って入念にシャワー」
厳しいですわ。。。。

Img_8272

Img_8270

 

 どうでもいいけど
「テキから入電」
なんでも
「冬毛も出ていて体調よくないから、もうすこし時間がかかりますだって」
そういうけれど
「6月に戻っても、あと何回出走できるんだよ?」
諦めちゃいけないとは思うけれど
「戻って三振して再度放牧して走らせるにしても、せいぜい1走」
だし
「9着で続戦だって、せいぜい2~3走」
だったら
「退職金減額される前に見切り付けた方がいいと思ふのが合理的な考え」
と思ふのはわらしだけかしらん、と憤りながらモンモンとした夜は更けていくのだった。。。。

| | コメント (0)

4月17日(水)朝から晩まで暑くて熱い

 早朝5時
お迎えの車にて出発」
まあ、眠いなんてもんぢゃないね
「だって3時過ぎまで、盛大にやっているんだもん、眠れるわけないぢゃないですか!」
そんなこと言っても仕方ないので、まづは
「アンコールワットチケットセンター」
へ参戦して
「ワンデーパス 37USD」
を購入、これ
「その場で撮影する顔写真付き」
ですわ。。。

Img_8109

(まづはチケットセンターへ!公共の施設でもUSDってすごい)

 そのまま
「アンコールワットへ」
ただし、入場せずにお堀の反対側から
「朝日が昇るのを待ちます」
ですよ。。。。

Img_8112 
(わくわく)

 7時10分に昇ったことは昇ったんだけれど
「乾季なのに雲があってイマイチ」
なんでも
「3月と9月に真ん中に太陽が昇るやふに設計されている」
とのことでござひます。。。。

Img_8122

(ちょっと雲がかかって残念)

 んで
「一旦ホテルへ戻って、コンプリメンタリーでオールユーキャンイートな朝食」
をいただきますが、
「とにかくオレンヂジュースとデニッシュがおいしゅうござひまひた」
ですわ。。。。

Img_8127

(いったん戻って朝食)

 軽くシャワーを浴びて
「再びアンコールワットへ向けて出発」
まだ8時前なんですけれど
「一気に暑くなりました」
5分歩くと
「汗ビッショリ」
もう
「マリーンズTシャツが臭くて。。。」
ほんと暑いわ。。。。

Img_8130

(お濠の橋を渡って)

Img_8136

(池に映るのが見せ場らしい)

 んで、この
「アンコールワットは1000年前に30年かけて造られた」
「でもこの遺跡が発見されたのが100年前」
って
「意味不明」
だよね。。。

Img_8142

(おくさん!アンコールワットですよ!)

 たしかに
「アンコールワットはヒンズー教の寺院」

「カンボジアは今では9割が仏教徒だし、首都はプノンペンへ遷都した」
とのことだけれど
「それにしても不思議」
でござひます。。。

Img_8143

(この柱大丈夫かしらん?)

 このテの歴史的建造物に造詣が深い
「宗主国であった、フランスにより50年かけて修復、保存がされた」
とのことだけれど。。。。

Img_8147

(漢字の落書き?を説明するガイドのポリンさん)

 せっかくなので
「かなり急こう配な階段を必死のおもひでてっぺんまで上がりました」
なんでも
「市内の建物は、この高さ未満にしないといけない」
とのことで
「わらしのお宿も3階建て」
なのが納得。。。。

Img_8151

(以前はこっちを登らせて大事故が発生とのこと)

Img_8162

(無理)

 でも
「この暑さで急階段はしんどいですわ」
実際
「お年寄りはダウンしている方少なからずあり」
つくづく
「こうして動けるうちに色々なところへ行かないといけないなあ」
と改めておもったりもする今日この頃でござひます。。。。

Img_8154

(一度に100人しかダメなんだって)

Img_8159

(屋上広場)

Img_8156

(グッタリだよ)

 続いて、
「車で移動してアンコールトムへ」
実は
「こちらの方がワットより100年くらい古いんだってね」
んで
「ワットは寺院だけれど、トムは王様の宮殿?」
とのこと。。。。

Img_8167

(後ろからワット)

 トムを作った王様は
「ヒンズー教と仏教の融合、仲良くしよう」
てな意味を込めて、これを作ったのに、その後色々あったんだってね。

Img_8172

(トムへ転進)

Img_8173

(顔が象徴的)

Img_8183

(こっちの方が好き)

 こっちの方が
「宗教施設でない分、遊びも多くて、好みですわ」
大きさも
「ワットの数倍」
なんだけれど
「なぜか、ワットは有名でも、トムは無名」
なんだよねえ。。。

Img_8184

(顔ばっかしだね)

 それこそ
「伊勢の内宮と外宮みたいで、こっちの方が圧倒的に空いてますわ
でもさあ
「時間が2時間違うので、暑さが。。。。」
さらに
「階段はこっちの方が急」
なんでも
「日本人の団体ツアーは、この階段昇るの禁止している」
とのことだもん。。。

Img_8187

(これ登るの本当にしんどかった)

Img_8190

(いつ崩落するか分からんよ)

 いやあ
「朝5時からお昼まで、汗だくになってたっぷり回りましたよ」
ガイドの
「ポリンさんには心から感謝」
でござひますわ。。。

Img_8195

(中心街)

 ちなみに、
「日本語ガイドは全盛期600人いたけれど、それが現在では100人」
それでも
「仕事は月に3~4本」
これが
「倍あるとだいぶいい生活ができるのにねえ」
とのことだけれど
「それでも月3~4日しかも半日の勤務で生活しているんだから、この国の生活水準がわかる」
とは思ひますわ。。。

Img_8196

(おすすめのLYLYレストランへ)

Img_8197

(謎肉うまい!)

Img_8199

(ダック焼きそばうまいよ!)

 わらしが払ったのが
「純粋なガイドフィーとしては80UDD」
だから
「取り分半分って感じかな」
お昼は
「3USDでも食べられるけど、5USDくらい出せばおいCものが食べられるから、5USD(コクゼロは0.45USD)」
とのことでした。。。

Img_8202

(お泊りのホテルも3階建て)

 たった半日だけれど、人柄のよいガイドさんとの別れはいつも寂しゅうございますが、お昼は、ご紹介いただいた
「LYLYレストランさんへ参戦」
ここ
「おいしゅうごっざひます」
お料理は
「完全にタイ料理ですけどね」
でも
「2皿+コクゼロで9USD」
昨晩もここへ行けばよかったですわ。。。

 シャワーで汗を流してから
「軽くプールサイドで休憩」
いやあ、
「疲れました」
ですわ。。。。

Img_8204

Img_8205

(ヤギ?ウシ?ウマ?)

 一休みしてから、トゥクトゥクへ乗って
「北へ参戦」
そふ
「バンコクでもおなじみ、北朝鮮レストラン」
でござひますわ。。。

Img_8208

(どうしも来ちゃうんだよね)

 事前の情報通り
「店の前には観光バスが盛大に止まってます」
んで、入店を許されると
「バンコクよりデカイ、それこそ昔のドライブインの団体用大広間みたいな感じ、無機質なだだっぴろい空間に、韓国からの団体さんが半分くらい埋まっていて大盛況」
でござひます。。。

Img_8209

(内装は世界共通だね) 

とりあえず
「冷麺、キムチ、肉」
を注文
「ビアは15USDとありえない値段なのでパス(コーラは1USD)」
ですわ。。。。

Img_8211

(ピョンヤン冷麺7USD)

 やっぱり
「撮影はNG」
なんと
「ショウどころか料理の撮影もNG」
でも
「盛大に撮影していた韓国人の方は注意はされたけれど、消去せよって感じではない」
。。。。

Img_8214

(ショウタイム!)

 いつもながら
「北のショウは魅せてくれますよ!」
あたりまえだけれど
「おなじ民族、言葉の皆さんは楽しいだろうなあ」
と。。。。

Img_8216

(ハームサップスリムサ)

 でさあ、およそ40分のショウ終了後
「撮影会ありですよ!」
これはマストでしょ
「きゃないていくあぴくちゃー!」
って聞くと
「OK」
とのことで
「早速!」
いやあ
「これも、将軍様の融和政策の一環なのかしらん」

「わるい気はしない」
ですわ、すっかり取り込まれしまった感がある、わらしでござひます。。。

Img_8218

Img_8219

 トゥクトゥクで中心街へ戻り
「ナイトマーケット」
を冷やかしてから
「ガイドさんオススメのステーキレストランでハムバーガー」
たしかに
「おいしゅうござひます」

「お値段も手ごろ」
です。。。。

Img_8222

(意外とおいC)

 9時過ぎにはホテルへ戻り
「シャワーを浴びてゆっくり」
それにしても
「長く、暑く、盛りだくさんな一日」
でござひまひた。。。。。

| | コメント (0)

4月16日(火)目立たぬやふにそっとだよそっと!

 8時起床
「とりあえず軽く運動」
んで
「軽くジャグジーと水風呂」
んで
「お部屋で雑務」
を片付けてから
「チェックアウトして屁チャンギへ」
本日は、なんと
「シルクエアさんに乗って、カンボジアはシェリムアップへ向かひます」
シルクさんはシンガポール航空の子会社といふことで、SQのサイトで購入したにも関わらず
「おくさん!ラウンジの入場を断られましたよ」
ちょっと
「想定外の事態」
仕方ないので
「マクド」
をいただいてご搭乗。。。。。

Img_8057

(パタパタが好き)

Img_8058

(おとなしくビッグマックにすりゃよかった)

 2時間ほどのフライトで無事
「カンホジアはシェリムアップ空港へ着陸」
いきなり
「盛大に歩いてターミナルビルへ」
んで
「おくさん!暑い!暑いですよ!久しぶりに、きたー!」
って感じでござひますわ。。。

Img_8059

(シルクエアーさん)

Img_8062

(ちきんふらいどらいす)

 実は、

「カンボジアはキューバ同様ビザが必要な国なんですよ」
どうやら
「ほとんどの方は、この空港でアライバルビザを取る」
みたいだけれど、
「ここで並びたくない」
ので
「ネットで事前にEVISA」
を取得したんだけれど
「これが大正解」
わらしの後ろはたいへんなことになっていましたですわ。。。

Img_8064

(まだ入国前ですよ!ビックリ!)

 ホテルへは
「トゥクトゥク=9USD」
実は
「タクシーは10USD」
だから1USDしか違わないいけれど
「こっちの方が雰囲気あるでしょ」
と思ったのもつかの間
「おくさん!暑いし、熱いし、ほこりすごいし」
さらに
「沿道から放水されるんですよ」
なんと
「本日はカンボジアの正月=ソンクラン=水かけ祭り」
といふことで
「手あたり次第水をかけあう日」
といふことで、
「超厄介なことに」
なってしまひまひたですわ。。。。

Img_8066

(トゥクトゥクみたいなの)

Img_8068

(おくさん!暑すぎですよ!)

 なんとかホテルへ、無事チェックインしたけれど
「古いねえ、広さはあるけれど」
とりあえず
「2つあるといふプールへ」
なんと
「1つは塩水といふことで、当然パス」
いやあ
「プールといふより、水路といふか、池といふか」
ガックシだわ。。。

Img_8074

(水路1)

 んでも、とりあえず
「軽く泳ぎました」
けれど
「太った老人ばっかしで、危なくて泳げないですわ」
遺憾ながら早々に撤収。。。。

Img_8076

(水路2)

 これまた遺憾なことに
「サウナもジャグジーもない」
といふことで
「お部屋へ戻ってシャワ-」
を浴びて一息。。。。

Img_8080

Img_8081

(目を付けられないようにひっそりと)

 夕飯は思案しましたよ、正直
「カンボジア料理ってなによ?」
って感じなんだけれど、せっかくなので、コンシェルおすすめの
Malisレストランさん

へ、おっかなびっくり水を浴びながら参戦。。。

Img_8082

(やっぱりこう来ましたか!)

 えっと
「高級店ですよ」

本来は
「もう少しローカル色がある、それこそサヴァイジャイガイヤーンくらいのランクの店が良かったけれど、仕方ない」

ですわ。。
Img_8085

(ボリュウムありますね)

Img_8087

(野菜スープ)

 よかったのが
「初心者向け、とりあえず一通りカンボジア料理食ってみろコースがあったのね」

正直
「どーってことない」

って
「事前の予想通り」

でしたけれど、
「さすがにバーガーキングとかハードロックカフェってわけにもいかん」

でしょうから。。。。

Img_8089

(想定の範囲内のお味)

 いやあ
「夜になるとやばい」

もうねえ
「暴動!」

ってくらい
「盛り上がってますわ」

もう
「観光客にも容赦ない」

ですわ。。。

Img_8093

(目を合わせないやふに)

Img_8096

(戦場へ行くみたい)

 いかんせん、こういうのって
「踊る阿呆に見る阿呆」

ぢゃないけれど
「見ているだけぢゃ全くつまらない、かといって武器もない」

ので
「参戦はせずお部屋から眺める」

ことに。。。。

Img_8094

(危険な空気が)

Img_8103  

Img_8102

Img_8105

(水売っているやつもいる)

 それにしても
「延々やっているんだよね」

付き合いきれないので
「文藝春秋」

を読みながら
「レアード満塁弾・涌井完封」

を見て、明日に備えて早々に就寝。。。。

| | コメント (0)

4月15日(月)南国の皆さんうれC、ありが10!

 やっぱり
「深夜におトイレ複数回」

ただし
「明け方は問題なしなんだよね」

んで
「軽く朝の運動」

なんだけれど
「お子さんが盛大に水遊びチュー」

といふことで
「邪魔にならないやふに隅っこで軽く泳いで」

早々に撤収
「熱いお風呂ー冷たい水風呂」

を少々繰り返して
「そこそこ整った」

ところで
「コクゼロ」

をいただけば完璧に整ってしまふ南国の朝でござひます。。。
Img_8015

(卵職人とは呼べない)

 おなかペコペコなので
「卵職人とは呼べない女史にヘラを使ったオムレツもどき」

を焼いていただいき、
「コンプリメンタリーな朝食」

を軽く。。。。

 午前中はお部屋にこもって
「徹底的に雑務」

どうしても
「デスクが合わなくて、床に座ってレットノートのキーをたたきます」

ほんと
「これができると圧倒的に雑務がはかどるんだよねえ」

ニッポン放送を聴きながら、盛大に。。。。

Img_8019

(ピッツア)

 お昼は、こちらも毎年一回は参戦する
「イタリアン」

正直
「イタリアンが食べたくなった」

といふより
「タバスコが恋しくなった」

といふことだけどね。。。

Img_8030

(さみC)

 今日は
「本当にお客さん少ないですわ」

なんでも
「タカデーといふことで17時30分へ閉店なんだって」

こちらの会社の風習で
「毎年一回、ホテルで社員慰労会みたいなのを開催して、ご丁寧に明日は店休日とのこと」

まあ
「儲かっているから」

ねえ。。。

Img_8031

(南国の美女2号ご来店)

 そんな中
「南国の美女2号が鮮やかな色のワンピースを纏ってご来店」

ほんと
「心から嬉しくおもふ」

南国の夕方でござひます、大げさでなく
「こんな異国で皆さんにウエルカムしていただけるって、本当に幸せ者ですよ」

ねえ。。。

Img_8049

(ありが10!)

 といふことで、17時30分に閉店して、今宵は
「ゴージ他、南国の友人たちとおいC中華をいただく夕べ」

へ向ひます、ですわ。。。。

 ホテルから徒歩15分なんだけれど、
「汗だくになって」
到着したのが
同楽義和さん
はい
「北京ダックがウリのお店」
とのことでござひます。。。。

Img_8036

(こんなの北京ダックぢゃないよ!)

 まあ、でもこうして
「ゴージ、南国の美女3号、さらに高校以来再会のウメダ氏、さらにさらに初登場の、心理カウンセラーサイコセラピスト」
とお集りいただいて、心から心からうれしゅうござひます。。。

Img_8039

(なぜかお魚は取り分ける前に見せる)

 ただし、残念なのが
「おくさん!ダックの撮影タイムが無かったんですよ!」
普通、皮をそぐ前に
「どーだ!」
って見せに来るぢゃないですか、それがなく、奥の方で勝手にそいでいるんだよね、
「これぢゃ何のために北京ダック注文したかわからないぢゃないですか」
一昨日に続いて、大いに落胆してしまふ、シンガポールの夜でござひます。。。

 続いて
「カッページに場所を移して二次会」

ここへ
「今朝、日本から出張で到着したトムも到着」

大いに旧交を温めましたわ。。。。

Img_8054

(二次会)

 いやあ
「ほんと、ありがたいですわ」

深夜にホテルまで徒歩にてご帰還なんだけれど
「それなりに立ちんぼさんいるんですね、ビックリですわ」

熱いシャワーを浴びて、本日6本目の
「コクゼロ」

で体を整えたところで力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0)

4月14日(日)すごいやつがいる

 遺憾ながら
「1時間おきにおトイレ」
まあ
「典型的な老化現象」
であり
「典型的にホテルの冷房で体が冷えた」
といふアレであり、少々不快な目覚めだけれど
「とりあえず朝の運動を軽く」
やっぱり
「もっとガッツリ泳ぎたいんだよね、不完全燃焼」
の朝でござひます。。。。

Img_7975

(日曜朝のご出勤)

 日曜といふことで
「早めにご出勤」
するも
「拍子抜け」
なんだけれど、そんな中早速
「昨日の美人奥様がお買い物に参戦してくださって、心から嬉しくおもふ」
今日この頃でござひます。。。。

Img_7978

 お昼は
「客人と飲茶」
まあ
「普通」
でござひますが
「実りあるお話が出来ました」
ですわ。。。

Img_7980

(腸粉)

Img_7984

(エビシウマイ)

 午後からも
「がむばりましたです」
やっぱり
「日本人多しだよね」
これ
「うちのお客さんは圧倒的に日本人比率高いですわ、他店よりはるかに」
まあ
「知らないと、価格とか理解できない」
もんねえ。。。

Img_7988

 価格といへば
「日本から来ている、あやC高い健康食品売っているお兄さん、本当にすごいんだよね。だって、1日平均80万JPYとか売るんだもん。シンガ、台湾、香港などで。。。」
まあ
「日本では絶対に無理」
だし
「米国からオファーが来ても、訴訟リスク考えると怖くて出れない」
とのことでござひますが、とにかく
「すんげえやつがいるなあ」
心から思ふ今日この頃でござひますわ。。。。

Img_7986

(これがすごいんだよ)

 久しぶりに
「あんずさんで、一番高いロースかつ」
実は
「2年前にオープンした時は、それなりにおいしかったんですよ」
ところが
「あんまりにもあんまりなお味になってました」
やっぱり
「日本人がいなくなると、こうなってしまふ」
の典型でござひますわ。。。。

Img_7998

(やっぱり日本人がいなくなるとの典型)

 相変わらず
「ドンキは賑わってますね」
んで、
「愛する森永ビスッケットサンドが、約200JPYで売っているので、早速購入していただきました」
けれど
「な、なんか味がおかしいんだよね、すっぱい?一回溶けた感じはしないし、それにしても」
。。。。。

Img_8004

(こ、これは?)

Img_8001

 (ダイナース&ドンキだって)

 地下鉄に乗って
「マリナベイサンズ」
はっきりいって
「ヤル気ないんだけれど、とりあえず1時間弱」
一旦、少々浮いたけれど
「勝ち分を一気にかけたところで負け、ちょうどチャラ」
になったところで、早々に撤収。。。。

Img_8010

(サンズへ)

 やっぱり
「出張で来ているときって、徹底的にやる気にならない」

「そもそもシンガ=サンズは勝負する雰囲気ないんだよねえ」
なにげに
「25SGDチップってきらいなんだよね、ハーフ、クォーターの世界は苦手」
でござひます。。。。

 当たり前だけれど
「カジノは、カジノへ行くぞ!戦うぞ!ついでぢゃないんだぜ!真剣勝負だぜ」
ぢゃないと
「楽しくないし、勝てない」

ですわ。。。

 早々に御帰還、シャワーを浴びてから
「そこまで言って委員会NP」
今日も疲れましたわ、力尽きて倒れこむやふに就寝させていただきますわ。。。。

| | コメント (0)

4月13日(土)シンガは分類される国

 おかげさまで
「朝まで熟睡」
速やかに
「朝の運動」
続いて
「塩素きつめのジャグジー・ひえひえの水風呂」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで
「お部屋へ戻ってシャワーで入念に塩素を」
洗い流してから
「コクゼロ・V8・季節フルーツ」
といふ軽めの朝食をいただいて、一休み。。。。。
Img_7931  

(距離がないのが残念)

 徒歩にてご出勤
「まあ、やるしかない」
んだけれど
「土曜にしては盛り上がらないですな」
お昼は
「恒例の東南アジアブッフェ」
相変わらず
「何食べてもおいしゅうござひます」
しかしながら
「食べ過ぎてしまふのが欠点」
なんだよねえ。。。。

Img_7940

 なんなんだろうね
「ブッフェの時って、急いでガツガツ食べちゃうんだよね」
ほんと
「50過ぎても直らないんだよね」
情けない限りでござひますわ。。。。

Img_7941

 急ぎ戻って戦線復帰
「シンガ在住のゴージ登場」
ほんと
「こうやって友人が買いものに来てくれるって、心からうれしゅうござひます」
心から心からお礼を述べさせていただきます。。。。

Img_7957

(ゴージありが10!)

 午後も
「がんばったけれど、やっぱり厳しいわ」
やっぱり
「景気下降だし、もう飽きられている部分もあるし、チャンギにも大型SCができるやふだし、完全にオーヴァーストアだし、ドンキもあるし」
ところで、こっちにいる日本人は3年くらいの駐在以外だと
「超大金持ち」
「とにかく海外へ出て働きたい若者」
っていふ二種類に分類されますわ。。。

 前者は、それこそ
「プライベートバンクとかに運用を託して、お金がお金を生むサイクルに入っている」
けれど、後者は
「起業しているわけでもないから、盛大にお金がたまるわけでもない」
って感じですけれど、さらに
「こちらでは保険に入ってないから、いざといふときのリスクが多いだけでなく、日本でも健康保険、年金全て払ってないから、帰国後も厄介なことになる」
なかなか考えさせられますわ。。。。

Img_7960

盛り上がりに欠けますわ)

 今宵は
「駐妻・先輩・今まで知らなかった出張中の同級生でチュー華」
当たり前なんだけれど
「初対面でも共通の知人・友人・話題が多過ぎですわ」
んで
「奥様も美Cんだよね」
毎年思ふけれど
「やっぱり駐妻って美人さんが多いですわ、お客様みていてもほんとおもふ、やっぱりそれなり以上の会社で海外赴任する男、起業して成功する男の奥さんって、それなり以上のレベルですわ」
まあ、
「少なくともカンクンへ一人で参戦する男とは全く異なる人種、住んでいる世界が違う」
ほんと
「はっきりと勝ち組と負け組に分類されているよなあ」
と改めておもふ今日この頃でござひます。。。。

 とっても残念なのは、わらし遅れての参戦だったから仕方ないっていやあ仕方なかったんだけれど
「リクエストの北京ダックが、残骸のやふに2ピース残っていただけなのよ」
ほんと
「あんまりもあんまりで、落ち込んでしまひまひた」
もう
「すっかりヤル気をなくしてしまひまひた」
ですわ。。。

 本気で
「一人で残って、北京ダック再度注文して1羽食べやふかしらん」

と、お食事中そのことばかり考えてしまったけど、さすがに。。。

 まあ
「このままぢゃ一日終われない」
といふことで
「ギャレットさん」
へ参戦して
「ポップコーン」
いやあ、久しぶりにいただきましたが
「おいしゅうござひますわ!」
ほんと
「残念な中華のことは全て忘れて、すっかり元気を取り戻しました」
ですよ。。。
Img_7966  

Img_7969

(キャラメル・チーズミックス)

 熱いシャワーを浴びてから
「久米宏ラジオなんですけど」
を聞きながら盛大に読書、あっといふ間に意識遠のきますです。。。。

| | コメント (0)

4月12日(金)疲れた・眠い・暑い

 まさかの
「深夜バス」

なんか
「シュールな光景なので、おもわず撮影」

それはともかく
「今回は眠れる気がしなかったんですわ」

前回の
「メキシコからの帰りは離陸前から超熟睡だったし、その前のシンガもよーく眠れました」

けれど
「今日は、そこまで眠くなかったんだよね」

しかもさあ
「シートがギャレーの近くで、光は漏れるし、声が聞こえるし」

といふもありましたなあ。。。。

Img_7911

(これはこれでたのCかった)

 んで
「3時間くらいウツラウツラ」

したところで
「着陸1時間前で点灯」

そもそも
「朝飯なんか配らないで、着陸態勢まで消灯すべき」
ですわ。。。。

Img_7912

(起こすの早いよ)

 入国してお荷物を待っていたら、いきなり

「うしさんだよね?」

とお声がかかりびっくり

「なんでも同級生とのことだけれど?」

まあ

「悪名は無名に勝る」

といふことで。。。。


 定宿に8時に到着したけれど
「ブックフルの為チェックイン許されず」

とりあえず
「旧知の卵職人の元へ参戦」

して
「オムレツとは似ても似つかない卵焼き?」

をいただいて、一息つくことに。。。

Img_7914

Img_7915

(平べったいオムレツはオムレツぢゃない)

軽くいただいて、雑務を片付けていたら

「11時前にチェックインを許されましたわ」

つくづく

「持つべきものは定宿だよなあ」

と改めて思ひつつ

「シャワーでスッキリ」

してから軽くお昼寝。。。。

 お目覚めしてから
「再度シャワー」

 んで
「ご出勤」

例年より3週間早いといふこともあって?
「ちょっと盛り上がりに欠ける」

模様。。。。
Img_7917

(オーチャード) 

 本日のところは
「ちょっと込み入った商談」

事前に
「ある程度の内容は理解していた」

けれど
「ほお、そうきますか!」

って感じで、多少なりとも驚きましたが
「決して悪い話ではない」

ので
「よい落としどころが見つかればなあ」

と心から願ふ今日この頃でござひます。。。。

 今宵は、かなり偉い客人と会食、
Otto Ristoran

なる
「シャレオツなイタリアンへ参戦」

といふことに。。。

Img_7918

(ホワイトアスパラガス)

Img_7919

(チーズと生ハムとトマト)

 おいしゅうござひますが
「2人にしてはボリュウム過多でした」

〆の肉は
「2人で300g発注」

しましたけれど、のこしてしまひまひた
「お昼を抜いて万全の体制で臨んだ」

んだけれど、不甲斐ないですわ。。。。

Img_7921

(うにのパスタ)

Img_7924

(豪州産和牛)

 そういえば

「A社って、着陸した時点?その前?の時点ですでにマイル積算済なんだよね」

まあ

「このシステムは大したもんだよね」

少しでいいから

「ニフティも見習ってほCなあ」

と心から思ひつつ、さすがに疲れ果てて倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0)

3月10日(日)分不相応

 8時起床
「さあ、いよいよ最後の戦いへ!」
思案した結果
「最後はウインで盛大にやるべきだろ!」
といふことに。。。
Img_7038
(やっぱり中華粥最高だぜ)


 決意をもってかけつけるも
「BJの卓はMIN500HKD、1000HKDと各1台」
あって
「共にブックフル」
となると
「まづは朝飯」
をおいしくいただいてから、再度。。。。。
Img_7039
(担々麺)


 運がいいのか、悪いのか
「500HKDに空きが」
でもねえ
「この500HKIDってハードル高いですよ」
だって
「7000JPYくらいですよ」
これ
「メリハリつけられないですよね」
ちなみに
「ホームグラウンドのラパは100HKD=1400JPY」
だから戦い易いんだけれど
「だからといって、勝負時に1000HKDとか2000HKDとかは賭けられないんだよね」
だから
「たまには、強制的に500HKD以上賭けよう」
といふことに。。。
Img_7041
(湯葉点心)


 やっぱり
「緊張感違いすぎますよ、でもねえこの緊張感とゴージャス感がたまらないんだよね」
でもねえ
「平常心でプレイできないんだよね、まあ所詮その程度の器量」
といふことなんでしょう。。。
Img_7044
(パッタイみたいな焼きそば)


 昨日までの利益を吐き出してなお、あまりある負けを短時間に喫して
「失意のうちに退場」
ということに。。。。
Img_7047
(バスターミナルへ)


 完成した
「橋で空港へ」
ホテルからタクシーで10分くらい走って
「巨大かつ、新しいバスターミナル」
へ。。。。
Img_7048
(船より全然安い)
Img_7049
(検査あり)

 これ
「スイスイ出国して、バスへ乗り込みます」
事前の情報では
「30分と聞いていたけれど、40分ほど走って香港バスターミナル」
へ無事到着。。。。
Img_7051
(バスは3分おきに出発)
Img_7053
(無人運転でいいんぢゃないかな?)

 ここも
「スイスイ入国」
して
「バスに乗り換えて5分で空港着」
結局
「ホテルを出て100分でラウンジへ入場」
まあ
「今後はバスになるんだろうけれど、どうして香港で一度入国出国なしで、できなかったのかしらん?」
もったいないねえ。。。。
Img_7064
(巨大なターミナル)
Img_7060
(入国)
Img_7062
(2階建てバスに乗って5分)

 帰りも
「プレエコの通路側でラクチン」
なんだけれど、お隣りの
「飛行機マニア軍団がねえ」
だって
「超いそがしそうなCAさんにノート差し出してメッセージ書いてください」
って
「勘弁してやってよ」
ねえ。。。。

 それはともかく
「成田も含めて初めて日本の空港で手荷物検査を受けました」
ようは
「香港から一人で帰国した中年男性=金塊密輸だろ!」
といふ
「誠にもって正しいジャッジ」
ですわ。。。
Img_7066
(12時のバスに乗れば間に合うという結論が出ました)


 若い女性の係官に
「汚れたパンツとか、あやC名刺とかまで見られちゃって」
最後は
「金属探知機まで通って無事終了」
まあでも
「徹底的にやるべきですよ!」
豚コレラ問題もあるし
「この水際で徹底的にやるべきだよねえ」
と改めておもふ今日この頃でござひます。。。

 不思議なもので帰宅して入浴すると
「くしゃみ、鼻水、目のかゆみはだいぶ落ち着きました」
球辞苑みて、パブロン飲んで、早々に就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧