海外

1月29日(月)やる人にしかわからん感覚

 なんと
「7時まで10時間の熟睡」
とりあえず
「最終決戦やるしかないでしょ!」
といふことで
「ラパで軽く勝負」
したけれど
「どうにもこううにも緊張感なし」
これは
「ウィンへ行くしかないでしょ」
といふことで
「ウィンへ参戦」
したけれど
「昨日と違って、あっといふ間に終了」
なんといふか
「この、あっといふ間に溶けた時の、脱力感のもギャンブルのだいご味」
これは
「やる人にしかわからん感覚」
といふことで。。。。
Img_1843
(早朝の最終決戦へ)


 といふことで
「中敗」
ある意味
「スッキリですよ」
朝食はパスして
「シャワー」
を浴びて早々にチェックアウト、それにしても
「寒いですなあ」
徒歩にてフェリーターミナルヘ。。。。。
Img_1847
(香港へ)

 
 例によって
「香港で雑務」
久し振りに
「添好運點心專門店」
へ参戦を試みるも
「あまりの混雑に恐れをなして退場」
思案した結果
「やっぱり四季酒店だろ!」
といふごく当たり前の結論。。。。。
Img_1848
(雑務)
Img_1856
(ここ注目)
Img_1857
(断念)


 こちらの難点が
「パンがおいしいから、お料理出る前の盛大に食べちゃうんだよね」
それはそうと
「初めてオニグラ」
をいただきましたが
「あれ?」
って感じ。。。。
Img_1849
(おいCパン)


 だって
「パンは固すぎだし、オニオンのいため方も足りないなあ」
勿論
「鳥の炒め物とサービスは絶品」
でござひますが。。。
Img_1851
(オニグラ)


 いつ来ても
「気持ちよくしてくれますよね、こちらは」
ほんと
「なんて気持ちよいサービスなんだろ!」
と感激しつつ空港へ。。。。。
Img_1855
(絶品だ)


 帰りも
「プレミアムエコをつけていただきました」
ほんと
「ラクチン」
だからといふのもあるだろけれど
「離陸前から就寝」
御食事はパスして
「ウツラウツラー読書ーウツラウツラ」
といふ感じで、羽田へ。。。。

 さすがに空腹なので
「回転寿司へ」
これがさあ
「味噌汁がぬるすぎ」
しかも
「あっため直してもなあぬるいだもん」
つくづく
「めっけもんって別格なんだなあ」
といふことを、改めて確認するよい機会をいただいたと、おもふことに。。。。
Img_1859
(寒ブリはおいCけど)


 帰宅後
「そこまで言って委員会NP」
「球辞苑」
と見てから、寝室へ参戦したら
「なんとお部屋の温度が8度」
慌てて
「暖房入れて1時間」
ようやく就寝。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月28日(日)メリハリが大事だけれど

 9時起床、こばさん曰く
「以前はいびきなかったけれど、今回は復活しましたねえ」
とのことですが
「なんとなく体重の増加に起因しているんではないかしらん」
あとは
「疲れってありますですよね」
ねえ。。。。。
Img_1762
(甘辛麺)
Img_1764
(おつかれサマー)

 まづは
「ウィン」

「おいC朝食」
を盛大に
「楽しく」
いただきます。。。。。
Img_1765
(大好きな粥)
Img_1766
(チャイニーズレタス)

 とにかく昨日は
「大雪でタクシーが空港にたどりつけず、ようやく到着したら欠航。当然のごとく、かの国の皆さんは列に並ぶなんてことはできず。。。。」

「高速鉄道へ転進したけれど、降雪地帯では150キロ前後しか出さずユックリ」
まあ
「なんとかかんとか広州へもどり、さらに国境まで2時間かけて到着」
ほんと
「普通は欠場するでしょ」
ねえ。。。。
Img_1768
(甘辛餃子)


 といふことで
「朝っぱらからラパで一勝負」
これがねえ
「一進一退なんですよね」
実は
「昨晩、ほれぼれするやふな打ち手ごご一緒させていただきましたよ」
彼は
「基本は100HKD」
なんだけれど
「場に小さいカードがたくさんでて、そろそろ10が盛大に出そう」
って時に
「我々のところも含めて、2000HKD×3の大勝負に出るんですよ」
これが
「見事に我々含めて全勝なんですよ」
本来
「ブラックジャックって、カードカウンティングしていって、残りが大きいカードになった時点で勝負」
といふのが基本的な戦略でした。
Img_1774
(スタジオシティ)


 古くは
「映画レインマンがまさにそれ」
だし
「ラスベガスをぶっつぶせ」
も同様なんだけれど、
「ここマカオではエンドレスシャッフルマシーンが使われていて、その手の戦略が全くつかえないですよ」
よって
「古くからのBJプレイヤーにとっては、そんなもんやってられねえや、いい加減にしろや!」
って状況なんだけれど
「この戦略に、似て非なる戦略を駆使してました(わらしも基本的には同じ戦略ですよ)」
結局
「いまだ!ここが勝負だ!」
っそれぞれあると思ふんだけれど
「60倍ものメリハリをつけれる人ってなかなかいないからねえ」
たのしませていただきましたよ。。。。
Img_1775
(う~ん)
Img_1776
(盛り上がってますね)

 さらに
「小敗」
したところで
「こばさんのホームグラウンド」
である
「タイパ島へ」
とにかく
「こっちへ来るたびに、新しいホテルができてますなあ」
そして
「ゴージャスですよ」
ただし
「ラスベガスのストリップと違って街並みが全くなく、回遊出来ないんだよね」
基本的に
「その施設の中へ客を囲い込む、第一滝本館方式」
だから、つまらないんだけれどね。。。。
Img_1785
(エッフェル塔)


 負けが増え
「中敗」
になったところで
「エッフェル塔」
を見学してから、一旦ラパへ戻って休憩。。。
Img_1792
(休憩)


 かなり厳しくなってきたところなんだけれど
「晩御飯は盛大にやろう!」
といふことで、
「前回、超うまいペキンダック他をいただいた、ミシュラン2つ星のウィンの中華」
へ予約を試みるも
「なんと衝撃のブックフル」
仕方ないので、次善の策として用意しておいた
「北京ダックがウリといふ、グランドハイアットの中華を予約」
一休みしてから再度タイパ島へ。。。。。
Img_1809
(MGM)


 夕飯前に
「一気に負けを取り戻そう!」

「BJ卓を物色」
しますが
「みんな500HKDなんですよ」
これ
「ちょっと無理」
と絶望的な状況。。。。。
Img_1814
(ウィンパレス)


 とはいへ
「ここまで来て、勝負しないのも負け犬」
なので
「コンプリメンタリーなロープウエィに乗ってウインパレス」
へ参戦。。。。。
Img_1800
(無料ロープウエィだって)


 やっぱり
「ウィンはゴージャス感が違いますよ」
冷静に考えるまでもなく
「無料のロープウエィまで作るんだから、どれだけカジノで儲けるつもりなんだ!」
ってことでござひますが。。。。
Img_1818
(これこれ!)


 夕飯の時間があるので
「30分1本勝負」
いやあ
「やっぱりmin500HKDとなると、緊張感が違いますよ」
いやあ
「これこそがカジノ=バクチのだいご味ですな」
たださあ
「5000HKD両替したってチップ10枚しかもらえない」
から
「いわゆるメリハリがつけられないんだよねえ」
そんな中
「中敗を一気に取り返しました」
ですよ。。。。
Img_1827
(パリパリだよ)
Img_1826
(さあ食べよう!)

 やっぱり
「これくらい緊張感がないとダメなのかしらん」
と思ひつつ
「ハイアットで北京ダック他で打ち上げ」
やっぱりねえ
「去年いただいたウィンにはかないませんなあ」
勿論、値段も半分ですけどね。。。。
Img_1836
(負けてもたのC)


 ちなみに、
「こちらは1羽1万JPYくらい」
ほんとは
「2人だったら半羽で十分」
なんだけれど
「それぢゃインスタ映えしないぢゃないですか!」
ねえ。。。。
Img_1837
(デザート)


 おいしくいただいた後
「再度30分一本勝負!」
なんと
「こばさんは、キャッシングですよ!」
と思ったら
「IDカードがないとキャッシングできない」
といふことで
「わらしに両替を依頼」
してきましたが。。。。
Img_1840
(なんと借金出来ない)


 30分待たずに結果がでましたよ
「キャッシングできなかった時点で、やめておけばよかった」
といふことでござひます。。。
Img_1842
(敗者は去るのみ)


 タクシーに乗って
「国境へ向かう、こばさんを見おくってホテルへ」
まだ
「9時だといふのに、ベッドへ横になったらあっといふ間に意識が遠のく」
疲れ果てましたなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月27日(土)まづは小敗でスタート

 昨晩抜いたので
「ラウンジでのカレーが超おいC」
別に
「涌井残留だからではないっすよ」
以前は
「カレー+かき揚げうどん」
だったけれど
「最近は、カレー2」
が旅立ち前の定番となりました。。。。
Img_1720
(今江が怒るんぢゃないかあな)


 昨日の時点で
「プレミアムエコノミー前列通路側」
が確定したので
「CへのUGはあきらめてました」
もちろん
「プレミアムエコで十分ラクチン」
なんだけれど
「お隣が、わらしの1.6倍の巨体の男性」
となると、若干話が異なりますですよ。。。。

 だからといふわけではないけれど
「機内食はパス」
して
「ウツラウツラ・読書・ちびまるこちゃん」
てな感じで
「リラックス」
させていただいる間に着陸。。。。
Img_1724
(マカオフェリーのカウンターへ直行)


 普段なら
「入国ー機上快速で中環ー徒歩にて上環経由マカオフェリ-」
なんだけれど、
「たまには空港からダイレクトで行こう」
とおもひたち、カウンターへ立ち寄ったら
「1時間後にタイパ島行きがあるので即決、これ以前はバスだったのに、今は電車で超ラクチン」
ただし、たぶん
「利用者少ないのね、便数も以前より減ったし、案の定ガラガラ」
でしたが
「ラクチンはラクチンだよね」
ただし
「街へ出るのも嫌いぢゃないし」
お仕事がらみの時は
「街へ出ないといけないから、次回からは利用するか分からんですわ」
これが
「着陸から30分以内での接続なら毎回利用してもいいのになあ」
と思ひつつ
「マカオへ入国、タクシーにて定宿グランドラパ」
へチェックイン。。。。。
Img_1725
(タイパ島行きははじめて)


 本来は
「ほぼ同時刻に、こばんさんと合流予定」
だったんだけれど
「中国内陸部からのフライトが雪のためキャンセル」
なんと
「中国版新幹線で5時間かけての移動」
へ変更となったので
「到着は深夜へずれ込む見込み」
とのことなんだけれど
「そこまでして、参戦しなくても。。。。」
と思ったりする今日この頃ではあるけれど
「ありがたいなあ」
と心から思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_1747
(定宿へ帰ってきました)
Img_1730
(チャーハン)
Img_1731
(点心)
Img_1734
(北京ダック)


 といふことで、まづは
「ウィン」
へ単独参戦して
「世界一のチャーハン」
他をおいしくいただき、一息つきます。。。。
Img_1749
(超おいC)


 ホテルへ戻って
「さすがにプールは無理」
なので
「サウナ」
で一汗流してから、
「ラパ内で一勝負して小敗」
。。。。。
Img_1750
(寒すぎ)
Img_1753
(ロウリュ最高)

 結局
「12時過ぎに、こばさん到着」
正直なところ
「眠くて死にそう」
なんだけれど
「せっかくなので、3時過ぎまでラパにて一戦、引き続き小敗のまま」
文字通り、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月15日(月)カレーに始まりカレーに終わる

 目覚ましがなる前の
「6時50分起床」
つくづく
「目覚ましがなる前に起きる目覚めって最高ですよね」
なんて思ひつつ、恒例の
「サウナー水風呂―ジャグジー」

「2回戦」
昨日よりも早い時間のためか
「サウナ内が温まりきってなく75度前後と物足りない」
けれど
「セルフロウリュウそこそこ整った」
ところで
「3日分のお礼を述べて撤収」
急ぎ部屋へ戻って支度して
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて、早々にチェックアウト。。。。
Img_0626
(今朝の卵職人)
Img_0629
(ごちそうサマー)

 おかげさまで
「空港まではスイスイ」
さらに
「チェックイン・身体検査・出国もスイスイ」
ときて
「搭乗時刻の30分前にエヴァーラウンジへ到着」
ある意味
「ギリギリっていやあギリギリ」
ですな。。。。
Img_0632
(エヴァーラウンジ)


 バンコクっていやあ
「TGのラウンジが基本なんだけれど、エヴァーの方は圧倒的にいいっすよ」
ちなみに香港では指定されているエアフラよりTGの方が圧倒的により
「ようはスタアラだったらどこのラウンジ使ってもよいからお好みで!」
といふことで、本日も
「マッサマンカレー」
をおいしくいただいたところで搭乗のお時間。。。。。
Img_0630
(おいC)


 いつも通り
「離陸前に就寝」
おかげさまで
「1時間30分ほど熟睡」
正規のお食事は
「箸をつける程度」
にして
「ラウンジに引き続きカレーを」
これ
「ANAラウンジのカレーとはちょっと違う気がしまが、なかなかおいしゅうござひます」
次回からは
「御食事なしでカレー一本でいこう!」
思ひつつ、
「WIFI接続」
今回の旅程では往復共に比較的スムーズに接続できましたなあ。。。。
Img_0636
(機内もカレー)


 文藝春秋を読みながら
「相撲」
普段は相撲ってみないけれど
「機内で見れるとなると見ちゃいますよね」
本日は
「高須・西原のご両人が映りっぱなし」
ですなあ。。。。
Img_0637
(台湾上空でお目覚め)


 着陸して
「指紋認証自動ゲート」
へ向かおうとしたら、
「おくさん!顔認証ゲートがスタートしてますよ!」
これ事前の登録なしでできるようなので参戦したら
「あっといふ間に認証されました!」
いやあ
「これは素晴らしいですよ!」
是非とも
「出国も入国もすべて顔認証にしてほしいなあ」
と心からおもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_0641
(機内で相撲が見れます)


 つくづくおもふのが
「近々、すべて携帯認証になることはまちがいないですよね」
これって
「さらに進んですべて顔認証なる時代がこないですかね?」
それこそ
「コンビニでも携帯出さずに、顔で認証して勝手に口座から引き落としされる方が簡単にできるんぢゃないかしらん?当然選挙の投票所なんかもね」
と思ったりもする今日この頃でござひますですよ。。。。

 帰宅後
「12月1週目の忘年懇親会の抽選の2等のダイソンファンヒーターは人気が集中し、お届けが2月中旬以降になります」
とのはがきが来たけれど
「ファンヒーターの2月中旬以降って言われてもねえ」
。。。。

 例の
「振袖の事件ね」
びっくりしたのが
「来年、再来年の成人式のために既に振り込んでいる人が少なからずいるのね」
いかんせん
「成人式、特に女史のことは全く不案内」
なので。。。

 これまたご縁がないけれど
「センター試験の不正で、分度器出したやつね」
これって
「いい度胸しているなあ、ある意味立派なもんですよ、試験は失格だけれど、将来大物になるんぢゃないかしらん」
と思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月14日(日)バンコクにないものはない

 おかげさまで
「7時30分まで熟睡」
7時30分といふことは
「日本時間9時30分」
速やかに移動して
「セルフロウリュサウナー水風呂ーぬるめのジャグジー」

「徹底的に繰り返します」
たしかに
「素晴らしい」
んだけれど
「シンガ同様ドライエリアとウエットエリアが明確ぢゃないんだよね」
だから
「イチイチ、足ふきマットで徹底的に水分を吸収させないといけない」
これ
「シンガで徹底的に叱られた経験アリ」
考えるまでもなく
「すべてタイル張りのウエットエリアにすべき」
だと思ふんだけれど
「文化の違いなのかしらん?」
ねえ。。。。
Img_0578
(女流卵職人)
Img_0579
(女流パンケーキ職人)
Img_0580
(おいC)


 朝から
「完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただいてから
「御部屋でリラックス」
まあ
「うごけなくなるのも当然」
ですな。。。。

 BTSで
「プロンポン」
ここから
ソイ26を20分ほど歩いて、ほぼラマ4近くにある湯の森温泉さん
へ念願の初参戦を果たします。。。。
Img_0582
(湯の森さん)


 ようは
「健康ランドですよ」
ただねえ
「これが予想をはるかに上回る本格的な施設です」
まづは
「セルフロウリュサウナー水風呂」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで
「ゆず湯・炭酸泉」
にかるく浸かって、
「マッサージはご遠慮して撤収」
これ
「バンコクに駐在していれば通っていいですな」
ちなみに
「客層な圧倒的に日本人」
でした。。。。
Img_0585
(清潔なロビー)
Img_0586
(タオルと浴衣をいただきます!)

 ソイ26をスクンビットへ戻る道すがら
「北のレストランが営業中なのを確認」
でさあ、遠巻きに見ていたら
「女史同士が抱き合ってましたですよ」
ようは
「そういう仕組みになっているんだなあ」
と大いに納得しましたですよ。。。
Img_0594
(右の北朝鮮レストラン健在だ!)


 お店の前で
「ジロジロ」
していたら、中から
「すっかりおなじみになった超かわE北の女史が登場して招かれました」

「ショウタイムは20時なので、本日は固辞」
是非とも
「次回は!」
とおもふ今日この頃でござひますが
「次回までにお店があるのかしらん?そもそ外貨獲得の手段として有効なのかしらん?給料はともかく家賃払える売上あるのかしらん?きわめて疑問」
に思っている今日この頃でござひますよ。。。。
Img_8845
(去年だよ)
Img_0600
(郊外へ)


 諸般の事情により
「ちょっと郊外のSCで人気のパン屋さんへ」
ここねえ
「破格に安いんですよ」
さらに
「すべてお店にあるコンベクションオーブンで焼きたてを出しているんですよね」
わらしはパンは専門外だけれど
「二次発酵とかどーしているのかしらん?」
まあ
「ベイクみたいなもん」
だけれどねえ。。。。
Img_0601
(ボンジュールさん)
Img_0606
(冷凍生地をコンベクションで焼きます)

 でも
「アイデアだよね」
実際
「4つ食べたけれど、熱々だもん」
そふいへば
「ベイクさんはこちらでも完全に終了した模様」
でござひます。。。。
Img_0605
(たくさんあるね)
Img_0607
(熱々だよ!)

 せっかくなので
「コカでタイスキ」
お味はともかく
「すんげえ高い支払額にビックリ」
明細みてないけれど
「おかしいよ?次回からはMKだなあ」
。。。。。
Img_0619
(おいC肉盛り)
Img_0620
(もう行かないよ)
Img_0618
(1本飲み切れないよ)


 それにしても
「ビアをグラス3杯でベロベロですよ」
ほんと
「もう少しでいいからお酒に強くないたいなあ」
と思ひつつホテルへ戻りベッドに倒れこんだら熟睡。。。。
Img_0617
(ユニクロは苦戦チュー)


 1時間以上経過したところで起床
「サウナー水風呂ージャグジー」
を1回だけこなしたところで、お部屋へ戻って
「ワイドなショー」
「サンジャポ」
「そこまで言って委員会NP]
「球辞苑」
と立て続けに見て就寝。。。。。

 それにしても
「ハワイで空襲警報が鳴ったんですよ」
しかもご丁寧に
「これは訓練にあらず」
といふ注釈までつけて。。。。
Img_0611
(まだクリスマス?)


 もちろん
「誤報」
なんだけれど
「このタイミングだと誤報と思わないですよ、ちょっと前なら絶対に誤報とバカにしただろうけれど」
ほんと
「ここまで戦争とかミサイルとか、核兵器なんてことが、すぐそこにある現実」
として
「認識せざるを得ない時代になったんだよね。つくづく核兵器って軽くなったなあ」
とおもふ今日この頃でござひますよ。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月13日(土)異国で呉越同舟

 7時起床
「あまりにも寒いのでプールはパス」
して
「まづは徹底的にサウナーを楽しみます」
そふ
「セルフロウリュウのジューっていふ音がたまらんすよ」
みなさん
「この音だけで汗かく」
んだよねえ。。。。
Img_0501
(さあ行ってみよう!)
Img_0504
(たまらん)
Img_0500
(完璧に整っちゃうよ!)


 完璧に整ったところで
「lコンプリメンタリーな朝食」
いやあ
「こんな素敵な女史卵職人は初めて!」
なんか
「うっとり」
でござひます。。。。
Img_0512
(かわEねえ)


 いつものやふに
「ここへ来ると、ついつい食べ過ぎてしまふのが唯一の欠点」
でござひおますですよねえ。。。。
Img_0514
(ついつい)


 一休みしてから
「I百貨店へ」
本日は
「子供の日」
といふことで
「いつもより賑わっているも模様」
でござひます。。。。
Img_0517
(バンコクの朝)
Img_0521
(わが軍の陣地)

 お隣の
「セントラルワールドは全面改装中」
ビックリなのが
「お店をなくして、床もなくして、巨大な吹き抜けを作ったんだよね」
こんなの
「日本ぢゃ考えられない」
っすよ。。。。。
Img_0526
(但馬屋さんが!)
Img_0528
(かつやさんも!)

 新しくオープンした
「ソンブーンへ参戦」
やっぱり
「おいしゅうござひます」
ただし
「とにかく脂っこいのに、空心菜とチリは必須」
ですよ。。。
Img_0532
(おいC)
Img_0535
(唐辛子全部入れようね)
Img_0534
(空心菜)


 まあ、それでも
「お皿には盛大に油が残ってます」
けどねえ。。。。
Img_0536
(こ、これは)


 とりあえず
「セントラルワールド他商業視察を徹底的に」
なんか
「もう日本の著名なチェーン飲食店でバンコクでみない店ははほぼなくなりましたねえ」
大げさでなく。。。。
Img_0546
(ここは彼がやっていないみたいね)


 んでおなじみ
「ミスターフィートさんにで1時間30分ほど」
いつものことだけれど
「初めの5分は悲鳴をあげる」
んだけれど、いつの間にか眠りに落ちてしまふのは
「身体が慣れるのか?それともゆる揉みになっているか?」
永遠の謎でござひます。。。。
Img_0548
(痛いから効くんだそうです!)


 ホテルへ戻って
「休憩」なんか
「もう動く気力がなくなりました」
ですよ。。。。。
Img_0552
(オムライスのポムの樹)
Img_0558
(シャトレーゼは全て日本から冷凍で)
Img_0559
(日本でも最近元気ないみたいだけれど?)
Img_0560
(ふーん)


 一休みしてだいぶ元気を取り戻してから
「再度視察」
を終えて、今宵はすっかりおなじみになった
サバイジャイガイヤーンで盛大に
そふ、
「東京ではあまりありえないバンコクならではの大手百貨店呉越同舟が実現しました」
ですよ。。。。
Img_0567
(おなじみガイヤーン)


 皆さん
「うしさんのおかげです」
といってくれるのが、とってもうれしゅうござひますですよ。。。。
Img_0563
(ビアガール)


 それはともかく
「世の中にはいろいろな鶏料理があるけれど、やっぱりこちらが抜けて素晴らしい店ですな」
伊達に
「タイ・ガイヤーン選手権チャンピオンに輝いてないですなあ」
改めておもふ今日この頃でござひます。。。
Img_0572
(トムヤムクーン)


 なんといっても
「おいしいけれど、雰囲気もいいですよね」
お馴染み
「各メーカーから派遣されているビアガールがいて雰囲気を盛り上げている」
んだけれど
「この国ってお酒の宣伝ができないから、こういうところにお金使うんですよ」
まあ
「日本ではお酒のCM禁止って現実的ぢゃないだろうけれど、未成年の飲酒も含めて遅れているよねえ」
と海外へ出るたびに思ひますですよ。。。。
Img_0574
(テンモンパン)


 これだけ
「日本からタイへは飲食店たくさん来ているのに、逆は少ないですよね」
元祖といへる
「コカレストランだって空前の灯だしね」
まあ
「この値段ではもってきても単価上がらないから厳しいのかもしれない」
けどねえ。。。。
Img_0575
(マンムアン)


 まあ、でも
「こうして毎回同じ店へ通っているけれど、まだ見ぬ強豪ってたくさんあるはずなんだよね」
それは
「バンコクは勿論世界中に」
いふまでもなく
「すべてを制覇するのは無理だけれど、もっともっと世界へ出たいですよね、この日記だってもっと自由に書きたいですよ」strong>
やっぱり
「動けるうちに後悔しない選択をすべきなんだろうねえ」
改めておもふ今日この頃でござひます。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月12日(金)自信は過信であり勘違い

 7時起床
「窓の外は今日も雨」
結局
「シンガポール滞在中は全て雨、しかも半袖では肌寒い気温」
といふことで
「プールはパス」
して
「サウナー水風呂ージャグジー」

「徹底的に繰り返し」
朝から
「完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきます。。。
Img_0448
(この方のことぢゃないですよ)


 昨日は不在だった
「なじみのスタッフの方から新年のご挨拶を受ける」
この方、いわゆる
「LGBT」
でして
「60過ぎの黒人男性なんだけれど、日本人の彼がいるから日本びいきなんですよ」
ただねえ
「歩き方がすごいんだよね、脇締めて。。。」
このテの皆さんって
「この歩き方するんだけれど、女性でこの歩き方をしている人ってみたことない」
んだけれどね。。。。。
Img_0451
(おなかいっぱい)


 お部屋へもどって
「雑務」
をこなしてからチェックアウト、空港へ。。。。。

 いつものやふに
「チャンギ空港名物スイスイチェックイン・出国」
を済ませ
「ラウンジで雑務」
搭乗時刻にゲートへ向かったら
「ちょうど使用する機材が到着したところで、折り返しの当便は明らかにディレイ」
まあ、いいけど。。。。
Img_0452
(TGさん)


 例によって
「離陸前にウツラウツラ」

「御食事で起こされる」
厳密にいえば
「ざわざわし出して起きた」
んだけれどね。

Img_0453
(おいC)

 シンガからバンコクは
「2時間30分で到着」
イミグレはスイスイだったけれど
「乗ったタクシーが愛想はいいんだけれど、途中で高速降りてから怪しい道の選択して大渋滞にはまる」
金額は
「最初から握っていたのでわざとではない」
とはおもふけれどね。。。。
 Img_0454
(トラフィックジャム)


 といふことで
「お約束の時間にギリギリになってしまひ」
慌てて
「サウナ1回戦だけ」
済ませてからミーティング。。。。。
Img_0455
(15分一本勝負)


 今回、旧知の方が帰国したため
「新メムバー登場」
なんですけれど、男性はともかく
「女史が立派だよね」
だって
「こちらへ単身乗り込んできて現地採用で働いているんだもん」
これさあ
「知り合いで早大卒の新卒の女史で、どうしても海外へ出たい、といってメキシコの日通で現地採用で働いている」
けれど
「やっぱり女史の方が頑張ってますなあ」
と、
「わらしを筆頭に日本男子の情けなさを痛感」
してしまふ今日この頃でござひます。。。。
Img_0468
(コンプリメンタリーな渡し船に乗って)
Img_0469
(Eね)
Img_0473
(2018オープンのTAKA)

 
 オフィスで打ち合わせしてから
「BTSシーロムライン、さらに渡し船」
いやあ、久しぶりに
「チャオプラヤ川渡ったけれど、いいっすよねえ」
ただし
「昼間見るとただのどぶ川なんだけれどね」
それにしても
「なぜ、このエリアに高級ホテルが集合しているのかは謎なんだよね」
だって
「ここから中心街へ出るのって結構大変」
ですよ。。。。
Img_0477
(素晴らしい夜景)


 まあ
「中心街へ出るといふより、このエリアで長期滞在してユックリ」
といふことなんでしょうけれどね。。。。
Img_0474
(アンダーコンストラクション)


 諸般の事情により
「ミレニアムヒルトンのルーフトップヴァーから街並みを見学」
改めて
「バンコクって起伏が全くない平野なんだよね、だから水害がいつ迫ってくるとか完璧な予測できるんだよね、予測は出来ても対処のしようがないといふのは切ない」
でしょうけどね。。。。。
Img_0479
(果てしない)


 それはそうと
「いくら男2人でも夜景っていいっすね、特に海外での夜景っていいっすよ」
お近くには
「ここへ誘って口説けなかったら男として失格」
といふ
「マンダリンオリエンタルがあるけどね」
もう
「15年前初めて奉泰した際に泊まったけれど、お部屋はたいしたことなかったけれど、たしかに朝食は素晴らしかった」
と記憶しているけれどね。。。。
Img_0486
(チキン1)

 
 たしかに
「わらしも、一度くらいは女史を伴って海外旅行してみたいですよね」
大げさでなく
「そこそこのご案内は出来る自信」
はあるんだけれど、きっと
「その自信とやらは過信であり、大きな勘違いであり、それ以前の問題だからどうにもならないんだろうなあ」
ってことくらい
「50年も生きてくれば、わらしだって少しは理解しないといけない」
ですよねえ。。。。
Img_0487
(チキン2)


 j今宵の一軒目は
バーンソムタムさん
こちら
「こぎれいなタイ料理店で、なかなかでしたよ」
ただし
「看板のソムタムは注文し忘れました」
ですが。。。。

 続いて、欧米人に人気の
「バーンチャイさん」
へ転進。。。。。
Img_0495
(2軒目)


 こちらは
「観光客オンリーのこじゃれたお店」
でしたけど
「まあ一度でいいかしらん」
といふことだなあ。。。。
Img_0496
(深夜でも参拝客でにぎわうエラワン)


 帰りのタクシーは
「道をまちがえました」
とにかく
「英語が通じないんだよね」
会食中は
「寝くて眠くって、何気に時差2時間ってきくんですよ」
ただし、ホテルヘ戻ったら目がさえてしまひ
「路線バスの旅」
とか見ちゃって、いつの間にか意識が遠のく。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月11日(木)うまい例えをしたい

 6時起床
「さあ、ひと泳ぎ!」
と思ったけれど
「あいにくに雨のため断念」
ジムを通り越して
「サウナー超ひえひえだけれど水質は最低の水風呂―ジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
朝から
「完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきます。。。。。
Img_0383
(南国の朝はサウナから始まる)
Img_0322
(冷たいけど水質は。。。。)

 もちろん
「卵職人は駐在している」

「皆さん愛想はとってもいいんだけれど、卵職人と呼べない技術」
なんですよねえ。。。
Img_0326
(南国の卵職人)


 だって
「ヘラ使うだけでもダメダメ」
なのに
「目玉焼きのターンオーヴァーみたいに、ひっくり返すんだもん」
残念ながら
「興ざめ」
でござひます。。。。
Img_0327
(コンプリメンタリーな朝食)


 1時間とはいへ
「時差があると、朝がゆっくりできて幸せですよ」
御部屋で
「ゆっくり雑務」
をこなしてからご出勤。。。。
Img_0329
(小雨。肌寒い)


 昨晩の続きで
「前向きな話をたっぷり伺いましたよ」
なんといっても
「まったくの異業種からの参戦」
といふのがいいっすよ
「既成概念にとらわれないからね」
なんといっても。。。。
Img_0331
(なんと、アイスクリームやさん夜逃げとは)


 それはそうと
「シンガにドンキが上陸しているとはビックリ」
そして
「さすがはドンキ!圧倒的に安いですよ」
それこそ
「飲料なんて日本のコンビニとほぼ同じ価格」
だけど
「これでやっていけるのかしらん?」
と心配になってしまふほどの
「価格破壊」
でござひます。。。。
Img_0336_2
(ドンドンドンドーンキー)


 なんでも
「オープンしたてよりは値上げしたとのこと」
でござひますが
「それでもかなり安いっすよ」
ほんと。。。。
Img_0332
(安い!)


 簡単に
「価格破壊」
と書いたけれど、
「元祖価格破壊といへば、中内功氏だよね」
ドラマ価格破壊で中内氏を演じた
「山崎努さんのド迫力の演技は今でも脳裏に焼き付けます」
ですよ。。。
Img_0334
(激安の殿堂)


 それはそうと、どうも現地の皆さんは
ドンドンドン ドンキドンキ ドンドンドン ドンキドンキ ドンキーホオテー

「歩きながら口ずさんでいるとのこと」
これって
「非常によくわかりますよ」
是非とも
「ダイコクドラックさん」
にも進出してもらって
お時間限定大特価です!大特価大特価大特価です!」
も当地に流行らせてほしいななあ、と心から願ふ今日この頃でござひますですよねえ。。。
Img_0344
(コールドストレッジの韓国いちご)

 
 お昼は思案した結果
「ジャパンタウン(笑)」
せっかくなので
「ミシュラン2つ星のランチ→寿司屋」
とハシゴ。。。。
Img_0347
(白菜ハーフで600JPY)


 まあ
「注文したものが悪かった」
といふのもありますが
「これぢゃあねえ、まあ高くはないけれど」
。。。。。
Img_0369
(向かって右左の順で)


 それはそうと
「日本の果物豊富だよねえ」
はっきりいって
「〇〇〇よりはるかに揃ってますよ」
そして
「いちごをはじめとした韓国産のレヴェル上がってますね」
色々と考えさせられますね。。。。
Img_0364
(う~ん)
Img_0366
(こ、これは)

 せっかくなので
「マリナベイサンズへ」
いつきても
「巨大ですな」
もう
「ちょっと歩くだけで疲れてしまひます」
ですよ。。。。
Img_0372
お馴染みサンズ)


 ATMで
「キャッシングして参戦」
そふいへば
「どこぞの国はカジノつくってもATM設置しないんだって?」
もう
「なにをしたいんだか理解不能」
だよね。。。
Img_0375
(カジノ以外でも楽しめます)


 例の
「100億カジノで負けた大王製紙の元会長さんは、カジノやったことないやつにカジノできるか!そんなの童貞にAVの監督やれっていっているやふなものだ!」

「非常に説得力のあることを言っていた」
けれど
「まさにその通り」
とおもふ今日この頃であるし
「やっぱり地頭がいい人は、うまい例えを使うよ,、わらしの目指すところんなんだけれど、わらしの地頭では無理なんだよなあ」
と、
「格の違いを見せつけられてガックシ」
してしまったりもする今日この頃でもあるだよねえ。。。。
Img_0379
(小?中?勝利)


 えっと例によって
「MIN25SGD=2000JPYの卓に陣取ってBJ」
これがなかなか
「気持ちよい皆さんと一緒にプレイできてたのしゅうござひますですよ」
おかげかどうかわからないけれど
「小一時間プレイして中勝利」
でござひます。。。。
Img_0428
(クラークキーへ)


 時間の余裕はあるけれど
「疲れたし、楽しく遊ばせてもらったので、早々に撤収」
当然
「帰りも地下鉄でお帰り」
そふいへば、かつて
「こばさんは、負けた時ベンツで帰ったことがあるよねえ」
やっぱり
「格が違うけれど、まあわらしはそんなもんですよ、だからこそ、浮き沈みの激しいこの世界でもなんとか長年にわたってプレイして、すいかの面倒まで見れているなだよね」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_0431
(E感じ)


 それにしても
「この国の地下鉄は破格に安いっすよ、おおよそ100JPY」
ちなみに
「すべて無人運転」
そふいへば
「福岡の七隈線は自動運転なのに、なにもしない運転手さん乗り込んでいるんだよね、意味不明」としか言いようがないですわなあ。。。。
Img_0444
(ないすこじーれすとらんだね)


 一旦ホテルへ戻って
「休憩」
してから、再度地下鉄を乗り継いで向かうは
「クラーク・キー」
ここは
「川沿いのE感じのエリア」
東京でいへば
「TYハーバーの拡大版」
みたいな感じでござひます。。。。
Img_0432
(練り物)


 川沿いをE感じに散策しつつ、10分くらいでお目当ての
VIOLETさん
へなんとかかんとか到着。。。。。
Img_0433
(サテ)


 こちらのお店は
「おしゃれな店内でローカル料理をおいしくいただける、なかなかお店」
でござひますですよ。。。。
Img_0436
(煮込み)


 それはともかく
「毎回、南国の美女たちと、こうして楽しく、おいしいひと時を過ごせる」
といふことは
「心から嬉しく、ありがたくおもふ」
今日この頃でござひますよ。。。。
Img_0442
(チャーハン)


 んで
「ローカル料理といへば、焼鳥によく似ているサテ」
もしくは
「ちょっとクセのあるビーフシチューみたいな煮込み料理」
が中心のやふでござひます。。。。
Img_0445
(スイートポテトみたい)


 といふことで、おしゃれでおいCローカル料理をいただきながら
「とにかく日本は、出る杭は打たれる国だ問題」
「とはいっても、シンガに絶対になじめない日本人も少なからずいるぞ問題」
「子供をアイフォンで釣ってはいけないぞ問題」
「早朝マラソンは帰りの足があるからいいけれど、深夜マラソンは1時間走って、帰りに2時間かかったぞ問題」
なんといっても、往年の日活の女優笹森礼子さまはうつくCぞ問題」」
といった南国にふさわしい諸問題を熱く討議した結果
「いくら果物の王様と言われても、ドリアンは絶対に食えない。それは本当においCドリアンを知らないからだ。じゃ今度食わせてやる」
といふ前向きな結論がでたところでお開きでござひます。。。。
Img_0446
(ドリアンのせかき氷)


 やっぱり
「南国へ参戦すると一日が長いですなあ」
力尽きて倒れこむやふに就寝l。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日(水)先入観と疑心暗鬼と

 2週間前に旅程を決めた時点では
「アップグレードどころかビジネス普通運賃までブックフル」
だったんだけれど、1週間前には3席空席が出たので
「これはいけるかも?」
と思ったいたら、案の定
「当日カウンターでCへのUGを許された」
新年早々
「非常にありがたいこと」
でござひます。。。。
Img_0303
(さあ今年も始まるぞ!)

 
 9時過ぎのラウンジは
「盛大に込み合ってますね」
奥のカウンターへ陣取り
「お馴染みのチキンカレー」
をいただき
「雑務」
をこなしていると
「20分ディレイのアナウンス」
お時間になったので、搭乗口へ向かおうとすると
「あれ!うしさん」
と空港関係者からお声がかかり、ご挨拶を済ませたら再度
「うしさん!」
とお声がかかる、まあ
「当たり前っていや当たり前」
なんだけれど
「いつでも、どこでも油断しちゃいけないなあ」
と気を引き締め直してご搭乗。。。。。
Img_0309
(789)


 てっきりブックフルかと思ったら
「3席くらいは空席あるようで、よくわからないなあ」
と思ひつつ、早々に就寝。。。。。

 お食事の時間のやふで、目覚めると同時に
「コーラゼロないんですよね?」
「はい、申し訳ござひませぬ」
とやりとりがあった後に、違うCAさんが登場して
「コーラゼロあります!間違ったご案内を失礼しました」 >ひょっとして
「復活したのかしらん?台北便はなかったはず」
まあでも
「快適な空の旅が楽しめる」
と思ったのつかの間、注文した
「カレーライスはソルドアウトだって」
これって
「初めから搭載してなかったんぢゃないの?」
なんか
「あやC」
ねえ。。。。
Img_0310
(前菜にはコクゼロが合うんだよね)


 見たい映画もなかったので
「文春・新潮・SPAと熟読」
しているうちに
「ウツラウツラ」
さらに
「文藝春秋」
を読み始めたところで、さらに
「ウツラウツラ」
目覚めたところで
「久しぶりにネット接続を試みたら無事成功」
あまり意味はなかったけどね。。。。。。
Img_0313
(肉)


 だけどさあ
「あれだけ写真や音声の証拠まであるのに、文枝師匠見苦しいですよ。はっきりいって芸人さんなんだから、女の一人や二人どころか十人いてもいいですよ。でも最後まで面倒みなきゃいけないし、こうなったらなんとか笑いにもっていかないとねえ」
あと
「秋元アナも、なにも車の中で、ねえ。。。NHK山梨のお二人は地元のラブホとか入るわけにいかない、っていふのは分かるけれど、この人たちはそこまでぢゃないでしょ」
ねえ。。。。
Img_0314
(ネット接続成功!)


 30分ディレィしたうえに
「雨降りのためか?盛大にタクシー待ち」
当然
「トラフィックジャム」
もあったりして
「クタクタで定宿へ到着」
でござひます。。。。

 実は
「今宵は、初めての客人との会食」
それはともかく
「おくさん!いきなりステーキハウスですよ!」
まあ、
「シンガポールの若夫婦がいたことは、こんなことなかったのになあ」
と思ひつつ会食開始。。。。

 初めての客人
「疑心暗鬼でした」
でもねえ
「5分もすれば理解できました」
やっぱり
「当地で25年、異国で成功を収めって伊達ぢゃないね」
これは
「なかなか面白いことになりそう、変な先入観ってもっちゃいけえないねえ」
改めておもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_0319
(おいC)


 ちなみにお肉は
「米国だか豪州産の和牛」
これも
「疑心暗鬼だった」
んだけれど
「予想以上においしゅうござひました、やっぱり変な先入観って持っちゃいねいなんだよねえ」
と思ひつつ、22時過ぎにホテルへ戻って
「シャワーを浴びてようやくスッキリ」
ですよ。。。。
Img_0320_2
(まっすぐ定宿へ帰ります)


 元気有れば
「サンズ」
なんだけれど、
「もう歳だねえ」
疲れ果てて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月28日(土)さらば台湾また来る日まで

 途中2度ほど起きたものの
「7時まで素晴らしい眠り」
早速
「88度のサウナー14度の水風呂―42度のジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「朝から完璧に整った」
ところでコンプリメタリーな朝食。。。。。
Img_7360
(大雨)


 お部屋へ戻ったところで
「テキから入電」
結局
「北の大地へ戻すことになりました」
まあ
「馬ってこれの繰り返しですよ」
もう
「30年やってますから」
ほんと
「なんで、こんなつらいことやってるんだ?」
とおもふ時がありますよねえ。。。。
Img_7365
(朝は静かだね)


 雨も上がったところで
「三越さんへ」
やっぱり
「土曜の午前中っていふのは、いずこも同じ」

「大人しめのスタート」
でござひます。。。。
Img_7369
(しじみ炒め)

 お昼は
「やっぱり、外せない 欣葉にて台湾料理」
やっぱり
「おいしゅうござひますですよ」
ほんと
「鶏の煮込みなんて最高」
でござひます。。。。
Img_7371
(いかだんご)


 まあ、台北来たらとりあえず
「欣葉とテンタイホン行っておけば間違いない」
ってところでござひますよねえ。。。。
Img_7374
(おいC鳥)


 午後になって
「大いに盛り上がってきましたよ!」
これねえ
「やりようによっては、もう少しなんとかなる」
やふが気がしましたですよ。。。。。
Img_7379
(盛り上がってきました)


 14時にホテルへ戻って待機、
「複数の方が実況してくれました」
そふ
「なんとコロマンデル号神無月ステークスを見事勝利!」
でござひます。。。。

 ほんとねえ
「2歳時は380キロしかなかったし、いかんせんあの細い足でしょ」
もう
「競走馬になれただけでも儲けもの」
なのに、それが
「なんとなんとオープン入り」
とはねえ。。。。
Img_7382
(さらば台北また来ます!)


 これで
「なんとか、すいかの手術代およびお休み期間の費用を捻出出来ました」
ですよ。。。。。

 それにしても
「今日は2着までだろう」
と思っていたのに
「ルメール恐るべし!」
改めて、その実力をまざまざと見せつけられましたですよ。。。。。

 帰りの便は
「修学旅行生の皆さんと一緒」
まあ、たしかに
「台湾くらいなら近いし、治安もよいし修学旅行に最適」
といえなくもないけれど
「歴史的背景とかをしっかり教え、勉強できればよいけどねえ」
と思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。。
Img_7383
(とにかく空港が都心から近い)


 帰りの機材は787-8
「残念ながらNHKは見れない」
お夕飯はパスして
「ひと眠りしてから読書」
ビックリだったのは
「チーフパーサーが中国の方だったのね」
本来驚くべきことではないのかもしれないけどね。

 帰宅後、
「改めてコロマンデル号のレースを繰り返し見る」
着差以上に余裕があったぽいけれど
「次走は?」
それこそ
「根岸ステークスまで休ませてもいいし、年末の兵庫チャンピオンシップっていふ選択肢もあるけれど、いかにも除外されそうだよね」
とか、夢は広がりますが。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧