海外

9月16日(日)カムサハニムダ

 8時まで
「グッスリ」
と言いたいところだけれど
「夜更けに2回ほどおトイレへ」
おトイレといへば、
「今回の滞在中は、ほれぼれするくらい素敵な大が大量にでるんですよ」
これは
「ニンニクの効果なのか?当地の水があっているのか?」
わかりませんが
「それはそれは見事な大にうっとり」
でござひます。。。
Img_0571
(卵職人)


 どうしても
「プールへ参戦する気がおきず」
今朝も
「カラカラなサウナー水風呂ー43度のお風呂」

「徹底的に繰り返して、そこそこと整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきます。。。
Img_0575
(肉職人)

 
 こちらは
「卵職人はもちろん、肉職人まで常駐していて、うれしゅうござひます」
ただし
「朝食の時はコーラゼロを撤収してしまふのが不思議」
でござひまひた。。。。
Img_0572
(朝からプルコギ)


 お部屋へ戻って
「徹底的に読書」
おかげで
「2冊ほど読了」
非常にうれしゅうござひます。。。
Img_0576
(贅沢な時間だね)


 お昼前に、
「戦争記念館へ」
ここねえ
「ある程度理解したいたけれど、1910~1945くらいまではスッポリ抜けてますわ」
メインは言うまでもなく
「朝鮮戦争の展示」
ですよ。。。
Img_0578
(前は川、後ろは山って守りやすいね)

 今更ながら
「ソウルはもちろん釜山まで盛大に占領されたのに、よくもまあ北緯38度線まで盛り返したよね」
ほんと
「もう少しで朝鮮半島が全て北で統一されるところだった」
といふのは、
「恐ろしい事実」
であることを再認識させていただきました。。。
Img_0594
(ふらっと)


 周辺をウロウロしていたら
「1軒だけ大いに賑わっているホルモン焼きやさんがある」
ので
ピョンヤンオックさんへ、迷わず参戦
を。。。。。
Img_0582
(内臓系だね)


 日本語が堪能なオモニのいふとおり
「ミノ・ホルモン・ハラミ」

「ジウジウ」
することに。。。。
Img_0585
(オモニに焼いていただきます)


 これ
「確かにおいしいっていやあおいしいですよ」
でもねえ
「いかんせん高い!奥さん高すぎですよ!」
だって
「〆のキムチチャーハン、これ絶品でしたけれど、ビール1本と肉3皿と合わせて90000Wってありえない」
ぢゃないですか。。。。
Img_0587
(じうじう)


 思わず
「リリー?」
って聞き返してしまひまひたが
「カード使えなかったら完全にアウト」
でござひまひた。。。
Img_0592
(絶品だね)


 ホテルへご帰還
「再度スパ」
そこそこ整ったところで
「お部屋へ戻って読書」
つくづく
「16時チェックアウトって、夜便の時はうれしゅうござひます」
ですよ。。。。
Img_0602
(巨大モールへ)


 渋滞も考慮して
「早めに空港へ」
確かに少々渋滞はあったけれど、
「3時間も前に到着って記憶にない」
ですね。。。
Img_0604
(がってん)


 といふことで
「隣接するロッテモールさん」
へ参戦することに。。。
Img_0606
(さぼてん)


 いわゆる
「アメリカ型のSC」
でして
「百貨店・食品スーパー・専門店・映画館とフル装備ですよ」
ただし、
「予想通りスーパーマーケットのロッテマートは盛り上がっているけれど、ロッテ百貨店は寂しかった」
けどね。。。
Img_0609
(かわE)

 
 せっかくなので
「プルコギ」
をいただきましたが
「但馬屋さんの偉大さを再認識する結果」
に終わりました。。。。

 帰りは
「UGもなくエコでご帰還」
ですけれど
「手荷物検査で、120ミリの洗顔クリームが没収されたのは初めて、もちろん正しい」
んだけれどね。。。
Img_0600
(残念)


 それはともかく
「羽田はひどいね」
だって
「いまどき入国審査でフォーク並び出来ない国って、あんまりないですよ」
いかにもダメそうな係員が
「あっちの方が空いてます」
とか告知しているけれど
「そうぢゃないでしょ!」
と叫びたくなりましたですわ。。。。

 ソウルは
「2泊3日で十分かな、いかんせん近いもんね、時差もなし、日本語もそこそも通じる」
ただし
「渋滞が読めないですよ、あと帰りが20時過ぎの便ってやっぱり遅いなあ、それでもその日中に帰宅できるってすごい」
と言わざるを得ないですけどね。

 ちなみに
「朝でも昼でも夜でもアニョハセヨなのね、これは楽っていやあ楽だけれど、つまらないっていやあつまらない」
お金は
「ジャスト1/10だからとっても計算しやすいよね」
ただねえ
「まあ次回は10年後でもいいかしらん」
と思ひつつ、お風呂に入ってサンジャポみて就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日(土)ぶらタツローINソウル

 6時30分起床、速やかにスパへ参戦
「カラカラのサウナー巨大な水風呂ー43度の熱々ジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
まあ
「そこそも整った」
ところで出発。。。。
Img_0495
(おはようござひます)


 明洞パシフィックホテルのロビーにて
「タツローと合流」
そふ
「今回はタツローの訪韓に合わせての日程調整」
でして
「本日は一日ご一緒」
させていただくことに。。。
Img_0506
(なんて読むんだか?)
Img_0503
(空いてますね)

 まづは
里門ソルロンタンさんにて朝食
なんだか、小道の奥の方にある
「おかゆやさん?」
おかゆといっても
「お米と一緒にそうめんがはいっているんですよ」

「出汁はうすーく牛骨」
と思われるんだけれど
「味はほとんどない、塩気も皆無」
なので
「お塩とキムチで各自調整」
していただきます。。。。
Img_0500
(オールユーキャンイート)


 いわゆる
「優しいお味」
といふやつでござひますが
「絶品といふまではいかなっすね、ミシュラン掲載店」
のやふでござひますが。。。。
Img_0499
(やさCお味)


 せっかくなので
「歴史博物館」
とか
「観光名所をグルリ」
と。。。。
Img_0511
(古い歴史は興味なし)


 申し訳ないけれど
「古代とか興味ないんですよ」
はっきりいって、わらしは
「近代史のみ大いに関心ありますですね」
いわゆる
「日本統治時代のことを知りたいですわ」
これ
「どういう風に描かれているか本当に知りたい」
あと
「慰安婦像もみたい」
けれど、諸般の事情により、そういうわけにもいかず。。。。
Img_0521
(撮影フリーの門番さん)


 明洞へ戻って
明洞咸興麺屋さん
へ参戦して
「冷麺とビビン麺
これは
「普通においしゅうござひます」
ですね。。。
Img_0522
(有名店らしい)


 ビックリなのが
「CODなんですよ」
そふ
「お料理が運ばれてくると、その場で代金払う仕組み」
でござひまひた。。。
Img_0525
(オモニがチョキチョキしてくれます)
Img_0524
(冷麺)
Img_0523
(ビビン麺)


 続いて、お隣の
明洞餃子さん
へ転進。。。
Img_0535
(店内は大行列だよ)


 こちらは
「3階だか4階だかまでビッシリ、ほとんどが中国および日本人でござひますが」
ここも
「お料理は1分足らずで登場」

「餃子と言っても、シュウマイみたい」
ですわ。。。
Img_0528
(ワンタンメン)


 なんといっても
「ニンニクたっぷりのタレが決めて」
だけれど
「冷麺共々一回でいいかも」
といふことで。。。。
Img_0529
(餃子といふよりはシウマイ)


 一旦解散して、
「諸般の事情にて、わらしはロッテ百貨店へ」
前回参戦したときは
「李承ヨプ(火へんに華) (イ・スンヨプフェアー)開催中」
だったから、何年前だろうかしらん。。。。

 訪韓の主たる目的を終えてから
「マッサージ」
これ
「なかなか良かったですわ」
ただし
「ほとんど寝てました」
けどね。。。
Img_0540
(気持ちE)


 続いて
「韓国名物偽物を冷やかしに」
30年前に初訪韓した際は
「ローレックスとハンティングの時計を購入したんだよね」
あっといふ間に止まったけれど、それはそれでよし。。。

 今回は
「おくさん!モンクレールが3万円ですよ!」
表向きはアメ横みたいな通りの一角で安い服を売っているんだけれど、
「一声かけると、怪しい雑居ビルの一室へ連れていかれましたですよ。部屋中雑多に陳列といふか保管されてますね」
だけど
「こんなのあったっけ?」

「いかにもっていふ日本語の完璧なおじさん」
に聞くと
「本物があるから偽物があるんだ!」

「全く持っておっしゃるとおり」
な回答で一喝されましたですよ。。。
Img_0545
(ディナーはここ)


 夜は
ソルパッ炭火カルビさんにて焼肉ですわ
当然
「豚さん」
を選択。。。。
Img_0546
(勝手に出てきます)


 まづは
「味がついているデジカルビ」
続いて
「味がついていない、サムギョプサル」
と美味しくいただきました。。。
Img_0547
(デジカルビ)
Img_0551
(ジウジウ)
Img_0552
(サンチュでくるんで)
Img_0555
(いただきます)

 わらし的には
「後者の方が好み」
といふことで。。。。
Img_0559
(豚バラ肉ね)


 それはそうと
「美味しくいただいて、お会計」
といふ段になって、
「おくさん!お隣のテーブルにユッケが運ばれてきましたよ」
これが
「日本のやふに、ちょんぼりぢゃなくて盛大に盛られているんですよ」
いやあ
「惜しいことしました」
ですわ。。。。
Img_0561
(きつね色)


 ある意味
「今回唯一の後悔」
と言っても過言ではござひませぬですわ。。。。
Img_0564
(はさみでチョキチョキ)


 ここで
「タツローとは解散」
して、わらしは単独
「セブンラックカジノさん」
へ向かひます。。。。
Img_0562
(石焼ビビムパ)
Img_0563
(ビャンビャンブランシール)

 こちらは初参戦でござひますが
「小さくて、全然盛り上がってないですね」
で、
「BJはレートがとっても高いですが、1台だけ30000W=3000JPYがあったけれど、空きそうにないので断念」
して早々にホテルへご帰還。。。。
Img_0569
(ハレ感がない)


 なんかねえ
「キャッシングもうまくいかなかったんだよね」
わらし
「基本的にはキャッシング出来ない設定なんだけれど、1枚だけ可のカードがあるんだけれどそれを持参しなかった」
から
「手持ちの現金だけでは事実上参戦不可能」
でござひまひた。。。

 タクシーの運転手さん曰く
「それはラッキーだよ!」
とのこと、
「おっしゃるとおり」
ではござひますが、
「分かっていても、カジノ大好き」
なんだけれどね。。。
Img_0570
(タオルは使い放題がベスト)


 といふことで
「カラカラのサウナー巨大な水風呂ー43度の熱々風呂」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで力尽きて倒れこむやふに就寝といふことで。。。。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月14日(金)牛喰って鳥喰って

 カウンターで
「うしさん、申し訳ございません。今日はブックフルなので、ビジネスクラスへUGさせていただきました」
「そんな勝手なことされたら困るよ、責任者呼んできなさい!」
「えっ?」
「すばらしいお心遣いに心からの御礼をもうしあげたい」
「一同爆笑」
といふお決まりの儀式ののち
「ラウンヂで盛大にカレー」
をいただいて、ご搭乗。。。。。
Img_0417
(いつも旅はカレーから始まる)


 離陸前に就寝
「山陰地方上空に差し掛かったところで、ステーキ!」
をいただき
「再度ウツラウツラー読書」
で、あっといふ間に
「金浦空港」
へ着陸。。。。。
Img_0418
(短距離なのに肉とはビックリ)


 シートポケットにあった
「税関申告書だけ記入したけれど、これでいいのかな?」
と思っていたら
「やっぱりNGで、入国カードを書き直して、列の最後尾に並び直すといふ失態」
なんか
「今回は最初から調子悪い」
ですわ。。。。
Img_0421
(ソウル名物渋滞)


 ホテルへは
「いわゆる高いタクシーで向かいます」
これが
「キャデラックみたいな韓国車だけれど、確かに座り心地はいいけれど、エコノミーといくら違うんだろう?」
と思ひつつ、
「久しぶりに韓国の渋滞にはまりながら」
1時間弱でホテルへ小高い梨泰院の丘の上に位置するホテルへ到着。。。。。
Img_0422
(丘の上)
Img_0424
(Eねえ)

 まだ時間前だけれど、チェックインを許可され早速
「ご自慢のスパヘ」
これ
「確かにすごいですわ」
巨大な浴槽が3つあって、サウナも3つあるんですよ
「プールも屋外と屋内と2つも」
あるし。。。
Img_0426
(屋内プール)


 ただし
「サウナはカラカラで汗が全く出てこないですわ」
とはいへ
「43度の巨大のな浴槽と20度の水風呂を行ったり来たりすれば、それなりに整います」
ですよ。。。。
Img_0425
(カラカラ)


 お部屋へ戻って
「ベッドに横たわって読書しながら、お昼寝」
つくづく
「海外へ来た感じがしない」
っすよねえ。。。。
Img_0438
(明洞)
Img_0439
(ざくろジュースが人気)
Img_0437
(うらやまC)


 一息ついたところで、ソウル最大の繁華街
「明洞へ」
なんといふか
「原宿と新宿と銀座を一緒にしたような盛り上がり方ね」
早速
「ロッテデパートさん」
へ。。。。
Img_0446
(すべて韓国産だよ)
Img_0450
(当然シャインも)
Img_0444
(黄桃)


 こちらは珍しく
「日本式のデパ地下が充実しているんだよね」
ちょうど
「来週が韓国のお盆」
といふことで
「フルーツギフトが盛大に盛りあがってますよ」
やっぱり
「現地へ足を運んでみないとダメだね」
よく
「果物を贈答に使うのは日本くらい」
なんて講演でしゃべていたけれど
「大嘘でしたわ」
これは
「日本より果物贈答市場は遥かに大きい」
と言わざるを得ないですよ。。。。
Img_0447
(ギフトだよ)
Img_0451
(これもギフト)

 明洞の街を歩くと
「丸亀製麺・ZAKUZAKU・ベイク・ココイチ」
なんてところはありますけれど
「他のアジアよりは日本の外食の進出は少ないですね」
。。。。。。
Img_0452
(ZAKUZAKU)
Img_0453
(八天堂)

 タクシ-に乗って
「江南へ」
そふ、
「いわゆるカンナムスタイルってやつ」
これが
「大失敗」
とにかく
「川を渡るのに1時間くらいかかったんぢゃないかしらん、車内でウツラウツラ」
。。。。。
Img_0463
(これがカンナムスタイル)


 事前にリサーチした
「高級スーパーへ転進」
したけれど
「ここでもシャインマスカット・りんご・梨など盛大に盛りあがっていてビックリ」
ですわ
「明らかに日本より果物の地位が高い」
って実感しますです。。。。
Img_0462
(百貨店さんよりだいぶ安いね)


 韓国飯一軒目は
「モゴボカ メウンプルカルビチム」
これ
「美味しいっていやあ美味しい」
れど
「牛肉自体が美味しくないんだよね」
でもねえ
「ニンニクたっぷり、唐辛子たっぷり」
はうれしゅうござひます。。。。
Img_0434
(ドキドキ)
Img_0431
(全く読めない)
Img_0427
(オールユーキャンイート)
Img_0428
(キムチおいC)

 そして、なにより
「アルコール度が低いビールがすすみますデスヨ」
こちらの皆さんは
「ジンロでなくチャミスル」
をストレートで召し上がっているようですが。。。。
Img_0430
(野菜おいCけど肉がまづいね)
Img_0432
(おこげ最高)

 続いて
ケリムウォンへ」
ここねえ、まあ鳥の店ですよ
「お外で盛大に鳥をグルグル焼いていて、俄然期待値が上がってまいります」
ですよ。。。。
Img_0465
(わくわく)
Img_0470
(Eねえ)
Img_0475
(ライブ感アリ)

 料理名は不明だけれど
「五穀米とチーズと鳥を一緒に焼いたやつ」
これ
「最高においしゅうござひます」
ほんと
「絶品」
ですわ。。。。
Img_0489
(これはおいC)


 いわゆる
「ダッカルビとはちょっと違う感じ」
でして
「鳥と米とチーズと辛めのソースが絶妙なんだよねえ、巨大なチキンドリアって言ったら強引かな?」
これ
「タバスコかけたらもっと美味しいだろうなあ」
と思ふ今日この頃であるし
「日本へ持ってきたら流行るだろうなあ」
と思ったりもする今日この頃でござひますですよ。。。。
Img_0494
(夜景にうっとり)


 残念ながら
「スパは21時で終了」
といふことで
「お部屋でシャワー」
を浴びて、倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月19日(日)定点観測は必要だね

 えっとねえ
「中国人といふか、上海人の民度って格段に上がった」
といふのが
「我々の統一見解」
だって
「明らかに表情が丸くなった」

「街中でけんかしている人もいない」

「車のクラクションやら悪質な運転も減った」
し例外は少なからずあるけれど
「ちゃんと並ぶようになりました」
ですよ。。。
Img_9452
(おはようござひます)


 とか思っていたんだけれど、
「深夜にピンポン」
あわてて跳び起きて、小窓から確認すると
「酔っぱらいの若者が複数ウロウロしてました」
それにしても
「深夜のピンポン」
および
「ドンドン」
って
「生きた心地しないですよね」
と深夜の出来事を振り返りつつ
「カーテンを開けたら、いままでもっとも美しい景色が登場」
して気を取り直します。。。
Img_9453
(Eねえ)
Img_9458
(未来都市みたい)

 さすがに食欲なく
「まづはヤクルト」
冷静に考えるまでもなく
「ヤクルトって偉大だよね」
だって
「ロンドン・パリ・上海のホテルで常備されているんだもん」
こんな
「世界中へ進出している日本の食品って他にないですよね?まあダノンが目をつけるのも分からないでもないなあ」
と思ったりする今日この頃でござひます。。。
Img_9336
(ヤクルトすごいぞ!)


 早々にチェックアウトして
「高島屋へ」
このエリアは
「9年前に宿泊してデモに遭遇してホテルに缶詰めにあった思ひ出のエリア」
でござひます。。。
Img_9472
(なぞの土産菓子)


 正直
「全くよい噂を聞かない」
んだけれど
「そりゃこの場所ぢゃ無理もないなあ」
と思ひつつ食品売り場を見学。。。
Img_9473
(これは中国製)


 結局ねえ
「おかしや飲み物など日本産もあることにはあるけれど、ほとんどが日本のNB以外ね」
ようは
「飲み物でいへばダイドーやらチェリオすらない」
まあ
「日本でもダイソーで1本20JPYくらいで売っている仲間たち」
といふことですね。。。
Img_9476
(果物は豊富)


 どうも
「RF1も早々に撤退した」
とのことだし。。。。
Img_9477
(晴王はまづいねえ)


 虹橋空港へは早めに到着したけれど
「全くのスイスイ」
ラウンジで
「ヌードルバー」

「三得利ビール」
をいただいてしばし休憩。。。。
Img_9483
(おいC)


 帰りの便は
「みごとFのシートをゲット!」
久しぶりに着席しましたが
「やっぱり別格ですな」
とはいへ
「Cで十分」
といふか
「SQのFとかだったら意味ありそうだけれど。。。」
勿論
「離陸前から熟睡」
させていただき、大いにリラックス。。。。。
Img_9484
(超ラッキー)


 さっきも書いたけれど
「中国に対するイメージはだいぶ好転しましたね」
未明の出来事以外は、
「ほとんど遺憾な事態には遭遇しなかったですもん」
やっぱり
「さらに裕福になって民度が上がった」
といふのは正しい分析だと思ひますですよ。。。。

 こいさん社長曰く、数年前まで
「ドブで油を救っている子供」
「歩道でうんこしているおばあさん」
「街中で怒鳴り合ったりつかみ合いをしているおじさん」
「街中で麻雀、トランプをしているおじさんたち」
とか実際に目撃したけれど
「それが絶滅したのでビックリした」
とのこと。。。
 
 わらしはなにより
「トイレがきれいになったといふのが実感ですね」
ただし
「紙の流れが悪いんだよね」
これだけは
「日本に勝る国はない」
と確信しておりますが。。。。
Img_9489
(まづい)


 お支払いは
「ほぼ100%スマホ」

「ウイチャットペイ・アリペイ」
でして
「クレジットカードは勿論、銀聯カードも過去の遺物」
であるようでして
「決済手段を持たない我々は自販機すら使えないありさま」
でござひまひた。。

 今回
「VPN付きのWIFIを用意して参戦しました」
御承知の通り現地のWIFIでは
「グーグル・フェイスブック・ツイッター・LINE・ユーチューブすべて見れない」
ちなみに
「ヤフーは何故かOK」
なので、
「このVPNを経由してなんとかアクセス可能」
になりましたけれど。。。。

 やっぱり
「定点観測ってしないとダメだなあ」
つくづく感じる今日この頃であるので
「次回は来年くらいにでも再訪したいなあ」
と思ひつつご帰還。。。。

 NHKスペシャル
「届かなかった手紙 時をこえた郵便配達」
これは
「涙なしでは見られなかったですよ」
本当に
「毎年この時期のNスペは見逃せない傑作ばかり」
ですよ。。。
 
 昨日放送の
「徳光さんのラジオと久米さんのラジオ」
を聞きつつ、早々に就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月18日(土)上海で北京ダックを連荘

 水分摂取過多および
「空調の下げ過ぎ?」
もあって
「複数回おトイレへ参戦」
を余儀なくされるも
「さわやかな目覚め」
速やかに
「朝風呂」
につかってから
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただきます。。。
Img_9331
(E天気)
Img_9332
(E景色)
Img_9339
(古いエリア)


 本日は
「車をチャーター」
して
西へ1時間30分ほど走らせて、杭州の西塘
へ向かいます。。。
Img_9366
(到着)


 こちらは
「古い街並みを残したテーマパーク」
まあ
「日光江戸村」
「登別時代村」
「倉敷美観地区」
てな感じですが
「土曜日といふこともあって多くの観光客でにぎわってます」
ですよ。。。。
Img_9371
(いい感じ)


 なんでも
「ミッションインポッシブル3のロケ地」
とのことで
「トムクルーズ好きの。こいさんさん社長の強い希望」
により参戦となりました。。。。
Img_9368
(暑いねえ)


 まあ
「なんというか、ねえ。。。」
お帰りは
「来た道を帰ります」

「高速は料金所の後に公安の関所があって、事前に設置してあるオービスに反応した車はここで検挙される」
といふ
「なかなか合理的なシステム」
のやふ。。。。
Img_9375
(まあ一回でいいかなと)


 今回チャーターしたお車は
「親日家の若者が1台からスタート」
して
「9台まで増えた」
とのことで、とっても感じのよい青年社長さん。。。
Img_9386
(運転手さんオススメの店)


 質問にはなんでも答えてくれたけれど
「共産党の話しだけは、いきなり声が小さくなりました」
けどねえ。。。
Img_9381
(うれしSO)


 上海へ戻って
青年社長おすすめのお店で、小籠包
確かに
「おいしゅうござひます」
ちなみに
「お値段は、テンタイホンのの1/3」
くらいかしらん。。。。
Img_9379
(安くてうまい)


 そしてそして、ある意味目玉である
「コメダ珈琲さん」
へ勇躍参戦。。。。
Img_9431
(上海コメダ)
Img_9429
(同じだね)

 なんか
「公園の近くの日本人が多く住んでいるエリアのビルの2階」
なんですけれど
「内装もメニューも全く同じ」
そふ
「みごとなくらい同じ」
なんですよね。。。。
Img_9422
(シロノワール)


 ちなみにお値段は
「コーヒーも日本と全く同じ」
とにもかくにも
「こいさん社長が大喜び」
なのをみている
「こちらもうれしゅうござひます」
ですよ。。。
Img_9403
(ほぼ同じだね)


 えっと、
「お客さんは、我々の他は2人だけ、ともに日本人」
でしたが。。。。

 上海ラストナイトは
「ホテルで中華」
これがねえ
「例によって英語が全く通じないですよ」
さらに
「メニューが少なくて」
困り果てます。。。。
Img_9438
(よくある前菜)


 といふことで連夜の
「北京ダック」
をいただくことに。。。。
Img_9441
(メニューにはないそうですが)


 なんと
「おくさん!目の前で皮をそいでくれないんですよ!」
いやあ
「これにはまいりました」
しかしながら
「おくさん!昨日よりおいしゅうござひます」
ですよ。。。。
Img_9440
(上海といへばペキンダック!)


 サイモン曰く
「上海に来て数年たつけれど、うまい中華料理を食べたことがない」
とのことなので
「そんなに外れがない、北京ダック連荘は正解」
といふ結論が導き出されましたですよ。。。。
Img_9436
(63階からの夜景)


 早々に解散して
「自室へ戻って夜景を見入って」
から力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月17日(金)新旧の上海

 なんでも
「台風直撃だか接近中」
だかで
「ものすごい風雨」
63階のお部屋は
「揺れはしないけれど、サッシが揺れる音だかすごんですよ!」
勿論
「いつの間にか意識が遠のいた」
けれど
「これは、いくらなんでもどーよ?」
と思ひつつ熟睡して起床したら
「お外は見えないし依然としてノイズも盛大」
ビューバスだけれど、ビューが全く見えないバスを使ってから
「83階へ上がり、コンプリメンタリーな朝食」
をいただきます。。。
Img_9183
(,少しづづ明るく)


 いちおう
「卵職人は常駐」
しているけれど
「メニューはたいしたことないね」
なにより困るのが
「英語がほとんど通じない」
勿論、わらしの英語って言ったって
「コクゼロ」
くらいだけれど
「これが面白いくらい通じない」
んだよねえ。。。。
Img_9334
(やっとの思いで)
Img_9195
(小籠包)


 当然
「ダイエットコーク」
とか
「ダイコー」
とか
「ノーシュガーコーク」
「コーラライト」
最後の手段で
「コーラを手にもって、ゼロって指で丸くつくってようやく伝わりました」
けどね。。。。
Img_9198
(シュウマイ)


 御部屋で一休みしてから
「地下でつながっていて濡れないで行ける、IFCさんへ参戦」
こちらで
「こいさん社長の昔なじみの女性」
を3人で御食事なんだけれど、試案した結果
「鼎泰豐」
といふありきたりの結論がでてしまひまひた。。。
Img_9196
(チャーハン)


 まあ
「安心のお味ですね」
そして、なにより
「サービスも中国とは思えないほど立派」
結局
「台湾資本だから言葉の壁もなく、色々できるんだろうなあ」
と思ったりする今日この頃でござひますですよ。。。
Img_9203
(水餃子)


 それにしても
「以前来た時と比べて、進化したなあ」
なんとなく思ひはじめましたですねえ。。。
Img_9210
(ウイチャットペイ失敗)


 ちなみに
「こちらの女史は駐赴任したばかりの駐妻さん」
でして
「かつてのこいさん社長の部下」
とのことでござひますが
「とってもよい感じの方」
でござひますけど
「昨日に続いて、異国の地でお知り合いに再会できるというのは、心から嬉しくおもふ」
今日この頃でござひますですよ。。。
Img_9214
(タカキさん)
Img_9219
(ロイズさん)
Img_9216
(あやC箱に入ってます)


 かなり高いけれど、おいしくいただいてあとは
「シティスーパー」
を見学させていただきますが、
「基本は百貨店と同じ」
だけれど
「やっぱり果物についてはIの方が上かしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけどね。。。
Img_9212
(ベイク)
Img_9222
(ザクザクはソフトクリームが人気)
Img_9223
(レディMってNYだっけ?)

 地下鉄にのって、噂の
星巴克臻选上海烘焙工坊=STARBUCKS RESERVE ROASTERY
こちらは、
「スターバックスの上位店」
これねえ
「おくさん!とんでもない店」
でござひますよ。。。。
Img_9263
(これこれ!)
Img_9232
(おお!)

 これは
「コーヒーショップ」
といふよりは
「もはやスタバのテーマパーク」
といった方がピッタリでござひます。。。。
Img_9235
(なんぢゃこりゃ
Img_9241
(焙煎)

 だって
「店の中央で焙煎はしている」

「パンは焼いている」

「とにかく見どころ満点で飽きさせない作りに衝撃を受けざるを得ない」
今日この頃でござひますですよ。。。。
Img_9242
(まさにインスタ映え)


 因みに
「お値段は倍くらいね」
ここよくわからないんだけれど
「上海の大卒の初任給って7万JPYくらい」
といふことは
「おおよそ日本の1/3ですよね」
確かに
「電車、タクシーなどの公共交通機関の運賃はそれくらいかもしれないけれど、他はそんなに安くないんだよね」
まあ、他の東南アジアでも同じ疑問は持ちますけど、ここは顕著だなあ。。。。
Img_9243
(2階)
Img_9246
(コーヒー1杯1000JPY)

 余談ですけど
「来年には中目黒にオープンする予定」
とのことだけれど
「日本より先に中国にオープンというのは、正しい戦略といふことを我々日本人は認識すべき」
と思ひつつ退場。。。。
Img_9259
(仰天だよ)


 昨日に続き
「サイモン合流」
サイモンは検索すると簡単に出てきてしまうけれど
「なかなかのお方でござひます」
けど、サイモンの先導によって
「上海の西へ約2時間ほどタクシーを走らせます」
ですよ。。。
Img_9264
(リングイン)


 まさに
「宇都宮の工業団地のようなイメージ」
の一角に
「それはありました」
ですね。。。。
Img_9270
(相手を挑発)


 諸般の事情により
「ここでの出来ごとについては多くを語ることはできない」
けれど
「貴重な経験をさせていただきました」
といふことで。。。。
Img_9269
(ロープワーク)
Img_9277
(コーナートップへ)

 来た道を戻ったら
「もう晩御飯」
正直なところ
「上海料理って何よ?」
といふのがあって、
「聞いても答えがない」
だったら
「北京ダック食おうぜ!」
といふことで
老北京前門烤鴨さん
へ勇躍参戦。。。。
Img_9291
(ワクワク)


 いやあ
「おいしゅうござひますですよ」
ほんと、少なくとも
「日本で食べる北京ダックよりははるかにおいしゅうござひます」
ですし
「食べ応えがありますです」
勿論
「ウインマカオ」
よりは落ちるけれど
「十分堪能」
させていただきました。。。
Img_9301
(ドヤ顔)
Img_9308
(丁寧に包んで)
Img_9312
(大満足)


 せっかくなので、
「外難=バンドー」
の夜景を楽しむことに。。。。
Img_9319
(夜景)


 まあ
「川の堤防を散策しながら対岸のビルの夜景を楽しむ」
だけっていやあその通りでござひますが
「実際、上海の観光地ってここくらい」
といふことで。。。。
Img_9322
(スリにチュー意)


 ただし、いふまでもなく
「香港の夜景に比べれば、たいしたことないっすよ」
あとさあ
「せっかくなら、スターフェリーのやふな廉価な渡し船を観光用に運航すればいいのになあ」
と心から残念におもふ今日この頃でござひますですよね。。。
Img_9325
(新しい上海とレトロな上海)


 台風も行ってしまったやふだし
「楽しい一日でござひまひた」
熱いシャワーを浴びて早々に就寝させていただきます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月16日(木)上海へ上陸

 いつものやふに
「前夜はパスしていおいたので、ラウンヂのカレーを盛大にいただく」
もちろん
「たいしたカレーぢゃないってわかってはいる」
んだけれど
「妙においしく感じで、盛大にいただいてしまひ大満足」
でござひます。。。
Img_9105
(おなじみのカレー)


 当初は
「787の予定だったのに、例の機材整備の為773へ変更」
といふことで
「3クラス仕様なのにビックリ」
だったら
「昨日のチェックインの際、ジャストタイミングで前方のファーストのシートを狙ったのになあ」
と遺憾に思ひつつ、後方のシートへ。。。
Img_9107
(断然トリプルの方がEね)


 本日の目的地は
「久しぶりの上海」
いつものやふに
「離陸前からウツラウツラ」
例によって
「お飲み物で起こされ、珍しく和食」
をいただきましたが、
「ウナギの、やなぎがわ風でござひます」
って
「やながわだよ」
そふ
「美女1号のご城下を知らないのか!」

「ひとくさり」
しつつ箸をつけたけれど
「ラウンヂのカレーの方が圧倒的においしゅうござひます」
といふことで
「早々に断念」
して読書。。。。
Img_9109
(まづい)


 予想された
「管制塔からの指示による上空での旋回もなく、ほぼ定時に着陸」
入管も
「全く問題なく」
タクシーに乗って20分ほどで
「上海金茂君悦大酒店」
へ到着。。。。
Img_9108
(近いねえ)


 いきなり
「84階へ上がってのチェックインには度肝を抜かれました」
確かに
「こりゃとんでもない絶景」
ですわ。。。。
Img_9113
(おお!)
Img_9115
(Eねえ)
Img_9119
(すばらC)


 御部屋は
「残念ながら下層階」
といっても
「63階!」
しかも、
「おそらくコーナースイートと思われるお部屋へUG」
いやあ
「こりゃすばらC」
ですわ。。。。
Img_9116
(なんと)


 これは
「サウナも素晴らしいだろ」
と意気込んでスパへ参戦するも
「おくさん!なんと52度ですよ」
いやあ
「こんなの入ったら風邪ひいちまうだろ!」
といふことで
「推定39度のぬるめのジャグジー」

「推定19度の水風呂」

「徹底的に繰り返し少しだけ整ったところで」
早々に撤収。。。。
Img_9120
(ぬるい)
Img_9121
(だめだこりゃ)

 地下鉄に乗って
「旧市街地へ」
ちなみに、こちらの地下鉄は
「すべての駅で手荷物検査があるんだよね」
勿論、実質見てないだろうけれど
「だったら日本の新幹線もできないわけないぢゃないか」
と思ったりもする今日この頃でござひますねえ。。。
Img_9165
(びっくり)


 久しぶりの
「上海伊勢丹」
まあ、
「あまり変わってないっていやあ変わってない」
けれど、早速のぞいた
「果物屋さん」
には
「シャインマスカット」
ありますですよ。。。。
Img_9129
(おひさしぶりです)
Img_9132
(合点すし!)
Img_9133
(和幸さん)


 まあ、ある意味これがメインみたいなものだから、
「1房購入」
してその場でいただきましたが
「おくさん!おいしゅうござひますですよ!」
いやあ
「噂にはきいていたけれど、これは立派なもん」
はっきりいって
「これで十分ぢゃん」
と複雑なおもひがしてしまふ今日この頃でござひますですねえ。。。
Img_9142
(日本産はなし!)
Img_9136
(シャインは普通においC)

 今宵はIの方と
「火鍋」
これねえ
「どうやってタレをつくっていいかなぞなんだよね」
はっきりいって
「ポン酢とネギと、ニンニクと辛いのがあればいいぢゃん」
と思ひつつ
「ごま油を中心に、適当に少量づついれていきます」
ですよ。。。。
Img_9146
(調味料がたくさん)


 たしかに
「おいしゅうござひます!」
まあ
「まづいわけはないですわな」
だって
「しゃぶしゃぶやらタイスキと同じ」
だもんねえ。
Img_9160
(火鍋)


 つくづく分からないのが
「なんのために日本企業は中国へ進出するのか?」
ですよ。。。
Img_9151
(かえるさん)


 だって、
「儲かったって、日本へ簡単に送金も、利益を持ち帰ることもできないわけぢゃないですか」
この問いに対して
「今となっては、雇用の確保ですよね、最初に雇った皆さんが、この会社に勤めてよかった、と思ってもらえて定年を迎えてもらうためくらいかな」
との
「衝撃的な回答」
が返ってきましたですよ。。。
Img_9159
(こいさん社長到着)


 なんて話をしているうちに、
「セントレアからの便が4時間ディレイした、こいさん社長が到着!」
正直
「なんでそんなに遅れたのか分かりませんね」
たしかに
「羽田ー虹橋を優先したような気がしないでもない」
けれど
「台風って、まだそこまでぢゃなかったとおもふ」
んだけれどなあ。。。
Img_9161
(たのC夕食)


 といふことで、火鍋の後半戦は
「かえるさんに挑戦!」
まあ
「とりのささみみたいな感じね、脂と繊維でできているわ」
なんでも
「これから台風が接近」
するといふことで、早々に解散。。。。
Img_9164
(ふーん)
Img_9144
(見覚えあり)

 ちなみに、同じホテルでも
「こいさん社長は最上階85階だけれど、わらしは63階」
まあ
「これが格の違いってやつですなあ」
と改めておもふ今日この頃でござひますですよ。。。
Img_9169
(怖いくらいだね)


 夜が更けてくると
「風雨共に強くなってきました」
もうねえ
「ガタガタ音がすごいんですよ、当然お外は全く見えないし」
まあ
「早々に就寝」
させていただきますわ。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月26日(火)粛々と誕生日

 5時15分起床
「桃園発8時過ぎの便で帰国するゲストを見おくって」
から
「二度寝して7時起床」
最終日といふことで
「熱々のジャグジーとひえひえの水風呂」

「徹底的にくりかえし」
ますですよ。。。。
Img_7196
(最高の水風呂)


 こちらの
「水風呂は空気入れているから、とっても柔らか」
はじめは
「この白い水はなんだ?あやC」
と思ったけれど
「これがいいんだよねえ」
ぜひとも
「日本のサウナへも導入して欲しいなあ」
と心から思ひつつ、惜しみつつ退場。。。。。
Img_7494
(卵職人)
Img_7496
(たっぷりと)

 せっかくなので
「コンプリメンタリーな朝食」
をおいしくいただいて
「チェックアウト」
しようとしたら
「はい、みすたーうし!はっぴぃーばーすでー」
と盛大にお祝いしていただいて
「御土産」
までいただき
「心から嬉しくおもひつつ」
チェックアウト。。。。
Img_7520
(ありが10!)


 昨日に引き続き
「商談」
なんですけれど
「こちらはライオンぢゃなくてシーサーみたいなのが飾られてます」
まあ、どうでもいいけれど
「ふーん、そうくるかあ」
といったところですなあ。。。
Img_7497
(シーサー?)


 思案した結果
「鼎泰豐」
お打ち合わせも無事?終了したことだし
「ビア」
にて一人乾杯。。。。
Img_7498
(説得力あるよね)
Img_7500
(薄くて飲みやすいから好き)


 やっぱり
「素晴らしいお店ですな」
味はねえ
「もっとおいしい店あると思ひますですよ」
とにかく
「サービスが別格に素晴らしい」
のが間違いないですわ。。。。
Img_7507
(かわE)
Img_7502

Img_7504
(餃子)
Img_7508
(シウマイ)

 鼎泰豐のすごいところは
「点心だけてなく」
それこそ
「チャーハン・麺」
までおいしいんだよなあ。。。。
Img_7515
(かわE)
Img_7512
(パーコーチャーハン)
Img_7514
(肉なし牛肉麺)


 確かに
「松山空港は便利だわ、だってタクシーで10分だもん」
さすがに
「ラウンジでは何も食べず」
当然
「機内でも断食」
して
「離陸前から就寝」
恐らく
「飛行時間の割合では過去最大級の睡眠でした」
まあ
「3時間中2時間30分」
といったところですが。。。。
Img_7518
(熟睡)


 ありがたいことに
「多数の祝辞をいただきました」
ただねえ
「全然めでたくないですわ」
ほんと。。。。

 日にちが変わった時点から
「本当に沢山のメッセージ」
をいただきまして
「心から嬉しく思ふ」
今日この頃ではあるんだけれど、
「なかには返答に窮するメッセージ」
もあって、
「戸惑いを隠せないぢゃないか、全部に返答しなきゃいけないのかしらん」
と途方に暮れてしまふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。

 まあ
「なってしまったものは仕方ない」
今日のところは、早々に就寝させていただきますわ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日(月)海外の日本人女史

 おかげさまで
「よく眠れましたわ」
7時起床、一瞬悩んだけれど
「ひと泳ぎはパス」
して
「もう少し湿度が欲しいサウナー13度の完璧な水風呂ー41度の最適なジャグジー」

「徹底的に繰り返しますですよ」
ほんと
「至福の瞬間」
とは
「まさにこのこと」
でござひます。。。。
Img_7195
(カラカラのサウナ)


 全然おなかすいていないけれど
「コンプリメンタリーぢゃない朝食」
をいただきましたが
「お金払って食べる必要はないよなあ」
といふのが。。。。
Img_7197
(素晴らしい)


 えっと、
「今日は日中、試作・試食」
さらに
「商談」
といふ感じで、
「あっといふ間に夕方」
に。。。。
Img_7344
(暑すぎる)


 今宵は
台湾料理の梅子さん
正直
「店の名前からして、日本人しかいねえだろ!」
と思ったら
「まさにその通り」
でござひまひた。。。
Img_7454
(おなじみの)


 まあ
「どれもおいCっていやあおいC」
んだけれど
「特徴がないんだよね」
なんか
「これが台湾料理っていふのがなかった」
といふのが偽らざる感想でござひます。。。
Img_7456
(えび)
Img_7457
(角煮)

 台北
「ラストナイト」
といふことで
「大いに飲みましたですよ」
客人のご案内で参戦したお店は
「台湾の女史に交じって日本人の女史もいるのにビックリ」
でござひます。。。
Img_7462
(豆腐)
Img_7463
(とり)

 なんでも
「香港ーシンガポールーバンクーバー」
を経て
「当地へ転進してきた」
とのことで
「びっくり」
でござひますですよ。。。
Img_7464
(豚足)


 よくわからんのが
「ビザ」
って
「ワーホリなのかしらん?」
どうも
「その業界の女史のネットワークがあって、今はどの国のどこの店に人が足りないらしい」
とか
「ネットワークが発達している」
とのことで
「大いに勉強になりました」
ですわ。。。
Img_7468
(筍)


 まあ
「客人が喜んでくれたのが、うれしゅうござひますですよ」
ただねえ
「3時間もいれば十分でしょ、ご本人はまだまだもの足りなさそうでしたが」
それこそ
「首に縄をつけてホテルヘ」
ご帰還。。。。
Img_7471_2
(チャーハン)


 まあ
「今日はいろいろありましたね、ちょっと考えさせられる盛りだくさんな一日でした」
熱いシャワーを浴びて、倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日(日)スペシャルゲスト上陸

 疲れ果てて就寝したんだけれど
「どうにも浅い眠り」
極論いへば
「1時間おきにおトイレへ」
まあ
「それでも明け方は、そこそこ眠ったやふ」
7時に起床して
「プールへ」
この
「30度超のあさイチのひと泳ぎって最高ですわ」
。。。。
Img_7192
(7時からひとおよぎ)


 1時間ほど滞在してから
「88度の乾いたサウナー14度の水風呂ー41度のジャグジー」

「徹底的に繰り返し」
ほんと
「朝から完璧に整う幸せ」
でござひます。。。。
Img_7198
(最高の水風呂とジャグジー)


 全然おなかすいていないけれど
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただきますが
「卵職人の華麗な技が光るオムレツ」
おいしくいただjき
「しばしお部屋で休息時間」
をいただいてから
「地下鉄にのって台北駅」
さらに、
「新しく開通したMRTを乗りついで40分ほどで桃園空港へ」
いやあ
「便利になりましたなあ」
勿論
「松山空港は圧倒的に便利だけれど、桃園も便利になりました」
日本でいへば
「松山は福岡で、桃園は新千歳」
みたいな距離感だなあ。。。。
Img_7200
(卵職人)
Img_7201
(おいC)

 こちらで、
「鹿児島から来る、スペシャルゲストをお出迎え」
かなり遅かったので
「ドキドキ」
しましたが、
「無事合流出来て、なにより」
タクシーに乗って、40分ほどでホテルへ。。。。
Img_7204
(桃園へ)


 お迎えのみなさんと合流して、まづは
「M百貨店・T百貨店」

「徹底的に視察」
からスタート。。。。
Img_7218
(百貨店巡り)

 んで
「4店舗ほど購入」
して
「フードコートで試食」
しましたが
「まあ、こんなもんでしょ」
どうしても
「みなさん、アレを使うやふ」
だけれど
「それはそれで否定しない」
ですわ、わらしは。。。。
Img_7238
(食べ比べ)


 ただ、ひとつ言えることは
「こっちは豚肉が安いですわ」
それこそ
「100g70JPYくらいの世界だから、とんかつも1000JPY未満で提供できる」
といふことですわ。。。。
Img_7215_2
(豚肉安すぎ)


 さらに客先
「打ち合わせおよび検討」
まあ
「なんとかなるんでないかい」
といふ前向きな結論がでましたですよ。。。。
Img_7264
(夜市)


 夕方から
「台湾名物 夜市へ」
台北市内だけでも数か所あるんだけれど、最大級の
「士林夜市」
へ参戦します。。。
Img_7266
(ジャムボチキンカツ)


 実は
「夜市へは初参戦」
ですけれど
「想像以上の盛大さですわ」
なんといふか
「アメ横・縁日・パッポンストリートを合わせたやふな感じ」
でござひますよ。。。
Img_7270
(つぶ貝)


 平日だといふのに
「大いに盛り上がってますよ」
勿論
「観光客もいるけれど、基本はローカル」
ですね。
Img_7286
(とうきびジュース)


 んで
「食べ物屋台の人気者は、チキンをたたいてたたいて大きく伸ばして揚げたジャムボチキンカツ」
とか
「つぶ貝焼き、牛串」
なんてところ。。。
Img_7280
(物販ゾーン)


 アトラクション部門は
「射的・えび釣り」
なんてところでして、驚くことに盛大に盛り上がっているんだよなあ。。。。。
Img_7279
(えび)


 ただし
「さすがにここで晩御飯食べる気はおきないですわ」
とにかく
「暑いしねえ」
といふことで
「も少し涼しい時期の再訪」
を誓って早々に撤収。。。。
Img_7293
(どれにしようかな)


 お夕飯は
鵝肉城活海鮮(ガニクジョウカツカイセン)」
さん、こちらは
「まあ、よくあるタイプの海鮮料理のお店」
店頭の生け簀からお魚を選んで調理していただくお店ね。
Img_7299
(これだけは怖いんだよ)
Img_7302
(えび)
Img_7303
(えび団子)


 まあ
「おいCっていやあおいC」
けれど
「まあ、こんなもんでしょ」
ってところだなあ。。。。
Img_7307
(竜宮城から来た魚だって)

 
 仕上げは、これまた
大人気といふ麺やさん=好記担仔麺
だけれど
「まあ、これもこんなもんでしょ」
といふところが偽らざる感想ですわ。。。
Img_7315
(なんか人だかりが)
Img_7316
(盛大なサンプル)

 なんか
「いかにもまだまだ夜は続くぜ、なにいってるんだ」
っていふ感じの客人には申し訳ないけれど
「もう十分」
といふことで
「ひきずるやふにホテル」
へ連れ帰りますです。。。
Img_7324
(からすみ)


 残念ながら
「スパ終了」
仕方なく、お部屋のシャワーを浴びて、しばしお部屋でゆっくり。。。。
Img_7321
(えびそば)


 とにかく
「御部屋でゆっくりするのが好きなんだよね」
本日5本目の
「コクゼロ」
を飲み干してから就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧