関西

10月21日(金)虫の予感

 やっぱり
「ホテル阪神は別格なんだよね」
だって
「最近は1時間おきだった深夜のトイレが全くなく、朝まで熟睡」
だもん、
「色々あるけれど、やっぱりホテル阪神」
といふことを、改めて確認する朝でござひます。。。
Img_2039
(おはようござひます)


 早速
「サウナ→ひえひえの水風呂→露天風呂」

「徹底的に繰り返して、朝から完璧に整った」
とことで、チェックアウト。。。。
Img_2038
(西の聖地)


 せっかくなので
川上さんで、豚エビモダン
を美味しくいただいて、梅田経由新大阪へ。。。
 
 そふ、迷ったけれど
「久しぶりにのぞみ号で帰京」
なんですけれど
「博多から来るのぞみ号でして、12分ほどの遅れ」
ての出発になりました。。。
Img_2041
(おいC)


 そしたら1時間30分後に
「ただいま、静岡駅を時刻表通りに通過いたしました!」
なんて
「誇らしげなアナウンスが聞こえてきてビックリ」
でござひます。。。

 おそらく
「7分前ののぞみ号は新大阪を定時に出発させて」
さらに
「1本後のひかり号を先行させたけれど、途中で退避」
させたから
「最大限のスピード」
を出して
「一気に遅れを取り戻した」
んだろうけれど
「たいしたもんだよねえ」
と改めて思ふ今日この頃であるし
「ぢゃあ、先行が全くなくて余裕のないダイヤだったら、あと何分くらい所要時間を縮めることが出来るのかしらん?」
と思ったりもする今日この頃でござひます。。。
Img_2044
(この列車は影響なし)


 品川から
「一旦家に荷物を置いて新宿へ」
なんだけれど
「ここで嫌な予感がすごくしたんだよね」
そしたらさあ母親から
「鍵を落としたからかえってきてください」
との連絡があり
「ビックリ」
する今日この頃であるし
「なんか虫の予感ってあるんだねえ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけれど
「申し訳ないけれど商談があるので1時間ほど後になんとか急ぎ帰還」
しましたが
「ちょっと考えこんでしまふ」
今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_2045
(じゅくへ)


 色々思ひつつ、自宅をあとにして
「オフィスで雑務」
ひと段落ついたところで
「たまにはおいCお肉でも喰わなきゃやってられない」
といふことで、
こうへいさんと、房家日暮里店さん
へ。。。。
Img_2052
(タン盛りあわせ)
Img_2054
(煙の向こうにこうへいさん)

 実は、今宵は
「プロサウナーそうたさんを囲む夕べ」
が開催予定だったんだけれど
「今話題の件とは全く関係なく、ご本人の体調不良により中止になった」
んだけれど、お店に申し訳ないので2人で参戦といふことに。。。。
Img_2056
(とらマッコリ)


 おいCお肉をいただきながら
「パディ問題」
京都大学の留年については名分だ問題
とはいへ、タモリ、秋元康、堺雅人が中退しているから大丈夫だって書かれても、みな芸能人ぢゃないか問題」
「高校の留年率は本当に1%にもみたないのか?問題」
「卓球の愛ちゃんは、中国で卓球やるのに、なぜ早稲田へ入学したのか?問題」
「やっぱり、中学で留年させてはいけないぞ問題」
「とはいへ、どんなにきれいごと書いても留年はしたものでないと、心の傷は分からないぞ問題」
といった、昨今の諸問題を討議した結果
「いやいや、心の傷は両親の方が大きいんだ」
といふ、まったくもって申し訳ない結論が一旦は出る。
Img_2063
(お肉)
Img_2064
(おいCそう)

 しかしながら、
「ランドクルーザーで東北へ行くのは大丈夫なのか?問題」
が突如として浮上して、さらには
「スクープの福山は超カッコイイぞ問題」
「リリーフランキーは映画に出まくっているぞ問題」
「聖の青春は必見だ問題」
「東出さん演じる羽生は素晴らしいぞ問題」
といった深まりゆく秋に相応しい数々の難問を討議した結果
「九州の女性は情が深いぞ」
「七人の侍4kは必見だ」
といふ、非常に前向きな結論が出たところでお開きでござひます。。。
Img_2065
(軽くあぶって)


 それにしても
「やっぱり房家さんのお肉はすばらCっすよ」
そして
「どこへ行っても素晴らしいけれど、この日暮里店の店長さんの接客は本当に素晴らしい」
と心から思ふ今日この頃でござひます。。。
Img_2066
(てぐたん)
Img_2067
(手打ち冷麺)

 日暮里からだと
「やっぱり山手線を半周するしかないだろう」
といふことで
「池袋周りでご帰還」
帰宅すると、当然のごとく色々あるんだけれど、まあ
「寝るしかない」
といふことでござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月20日(木)どないしはりました?

 あさイチの来客を終えてから
「超重い身体をひきずって羽田」
なんとか
「伊丹便」
へ乗り込んで、伊丹から大阪空港交通リムジンバスで
「あべの橋」
あまりにもお腹が空いたので
「コメダに飛び込んで、たまごたっぷりピザトースト」
をいただいて一息。。。。
Img_2010
(あべの橋)


 一息ついたところで
「あべの橋だか、天王寺だか知らないけれど」
日本一高いビルに上って
「客人を訪問」
まあ
「いずこも厳しそう」
でござひます。。。
Img_2011_2
(コメダ)


 諸般の事情により
「京阪の京橋駅へ」
小腹がすいたので
以前から注目していたホームのフランクフルト
をいただきます。。。
Img_2012_2
(京橋駅ホーム)


 これさあ
「いつ行っても皆さんうまそうに喰っているんだよね」
で、初めていただきましたが
「ホームだからでしょうけれど、ケチャップもマスタードもないフランクはダメですよ」
たしかに
「そのまま食べても美味しいんだろうけれど」
しかも
「1本120JPYといふのが絶妙な価格設定なんだろうけれどね」
まあ
「30年くらい大阪通っているけれど、このあたりの習慣の違ひだけは永遠に理解できないだろうなあ」
と思ふ今日この頃でござひます。。。
Img_2013
(先入れ先出しできるのか?)


 梅田へ出て
「一つ目のH」
3か月ぶりだけれど
「まさか、あそこが徹底して、あそことあそこが出店しているとは」
どうでもいいけれど
「一つ目のHさん。。。。」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_2018
(ムッシュM閉店かあ)


 続いて、
「二つ目のH」

「結構重い商談」
でござひまひた。
Img_2015
(だからって。。。)


 非常に
「ありがたい話」
でござひますが
「なかなか先の長いお話だなあ」
と思ふ今日この頃ではあるけれど
「やっぱり同じHでも、二つ目のHの方が断然Eよなあ」
と改めて思ふ今日この頃でござひます。。。
Img_2020
(だいぶおちつきましたね)


 ほんと
「ありえないくらい重ひ体をひきづってホテル阪神へ」
最後の力を振り絞って
「阪神サウナへ」
なんと
「サウナ室内が全面リニューアル」
されていて、更に快適でござひます。。。
Img_2023
(わくわく)


 まづは
「サウナ→ひえひへの水風呂→露天風呂」

「徹底的に繰り返して」
そこそこ
「整った」
ところで
「いつもの方に施術していただきます」
いきなり
「今までで一番かたくなってますが、どないしはりまひた?」
と。。。。。
Img_2025
(おなじみ)


 まあ
「どないしはりまひた?」
と問われても
「心身共に限界ですぅ」
と、最後の力を振り絞って、蚊の鳴くような声でつぶやくしかできませぬ。。。。

 周囲のみなさんが
「大丈夫ですか?」
と思ふくらい
「絶叫」
を上げながら、たっぷり施術していただいたら、だいぶ楽になりましたですよ。。。
Img_2028
(うますぎるぜ)


 再び
「サウナ→ひえひえの水風呂→露天風呂」

「少しだけ繰り返してから、アクエリアスをいただけば」
もう
「完璧に整いました」
。。。。。

 完璧に整った後は
「金太郎で5辛のてっちゃん鍋」
をいただけば
「天国へ昇天」
してしまひますですよ。。。
Img_2033
(大〆)


 つくづく
「阪神サウナ→金太郎」
さらに
「ハイボール」

「キタのゴールデンルート」
であることを、毎度毎度確認させていただきますですよ。。。。
Img_2035
(やっぱり角ハイ)

 
 いやあ
「3時間前までの重ひ身体はどこへ?」
もう
「すっかり整った」
とことで、ホテル阪神のダブルベッドへ体を預ければ、あっといふ間に意識が遠のきます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月2日(火)前人未到・空前絶後

 4時起床
「うえちゃんを聞きながら、まづは全然していなかった仕事のメールを徹底的に返信」
なんか
「4時に起きちゃうといふより、うえちゃんがラジオやっているから早起きしてしまふ」
感じがする今日この頃ではあるけれど
「いかんせん長い付き合いだし、絶対に聞けない日中よりははるかにありがたいよねえ」
と思ったりする今日この頃でござひます。。。
Img_9582_2
(おはようございます)


 引き続き
「高島さん」
を聞きながら、執筆なんですけれど
「高島さんにいたっては、小学生の時からだから40年だもんねえ」
そういへば
「父親が亡くなる直前にわらしに言ったのも、このラジオをつけろだった」
んだよなあ。。。

 ちなみに
「父親は69歳、二番目の父親である親方は61歳で亡くなった」
ともに
「早い」
と言われるけれど、
「何歳まで生きれば、早いねえといわれなくなるんですかね?なんとなく75歳くらいかしらん?」
とすると
「母親はすでに達しているし」
何気に
「61歳となると、わらしもう13年しかないんですよね」
これ結構大変な事実でして
「だって13年なんてあっといふ間ですよね」
このままのペースで
「日々のんべんたらりと生きていたら、あっといふ間に何も残さずに死んでしまひますですよ」
しかも
「いざといふとき、闘病するっていっても誰も面倒みてくれないもんね」
本当に本当に
「大いに考えさせられる」
今日この頃でござひます。。。。
Img_9586_2
(大団円?)


 いよいよ
「大阪夏の陣も最終日」
本当に本当に
「たくさんのお客様にご来店いただいて心から心から感謝ですよ」
そして
「本当に本当に皆さんよくやってくれました!」
もう
「それしかこ言葉が見つかりませぬ」
結局
「前人未到・空前絶後の大記録を打ち立てました(親方みたいだね)」
遺憾ながら
「最後の最後に不可抗力とはいへ。。。」
ねえ。。。。

 もう
「感無量」
なんですけれど
「数字以上にうれしいことがたくさんありましたよね」
つくづく
「もっともっとがんばらねば!」
と思ひつつ、後ろ髪をひかれるおもひで新大阪へ。。。

 そうなんですよ
「どうしても外せない所用のため打ち上げは欠席」
まさに
「後ろ髪を引かれるおもひ」
だよねえ。。。。
Img_9587_2
(なんぢゃこりゃ?)


 で、到着してビックリしたんだけれど
「どうも1時間以上止まっていたらしく駅構内は大混雑」
はっきり言って
「どれが先に動き出すかわからない」
こーいふときは
「エクスプレスでグリーン買って、来た列車に飛び乗る」
んですよ。。。。
Img_9597_2
(作戦成功)


 案の定
「大成功」
ただし
「ビアも弁当も来ない」
ので
「時代の先端を行く雑誌」
を、パタパラと。。。

 まあ
「どーせ名古屋で下車だからいいんだけれどね」
その名古屋では
「5分後に来た、こだまへ乗り換え」
なんとか
「おなじみの名古屋弁当・ビア・カールをゲット」
して、デッキまでギッシリの自由席を横目に、ガラガラのグリーン車に陣取ってひと段落。。。。。
Img_9596_2
(ようやく)


 1時間ほど
「ゆっくり」
させていただきますが、
「やっぱグリーン車っていいですよねえ」
と思ひつつ掛川で下車。。。。

 ふらふらしつつ定宿である
「ドーミーインさんへチェックイン」
早速
「知る人ぞ知る 夜泣きそば」
これ
「コンプリンメンタリーなんだけれど、さすがに食べたことなかった」
んだけれど
「とうとう」
。。。。。
Img_9599_2
(ドーミーインといへば 夜泣きそば)


 それはともかく
「屋上の露天と水風呂でスッキリ」
ほんと
「さすがに今日移動しての延泊ってシンドイっすよねえ」
倒れこむやふに就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月1日(月)ココロノツバサ

 ほんと
「何もする気が起きず」
よくもまあ
「赤の他人のことで、これだけ泣けるもんだなあ」

「自分の新しい一面にビックリ」
する今日この頃ではあうるんだけれど
「やっぱり歳なんだろうなあ」
と思ったりする今日この頃でもあるんだけれど
「こんな時こそ、共に笑ったり、泣いたりする人がいればなあ」
と、さらに悲しくなってしまったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_9571_2
(お客様からの差し入れ)


 いろいろ友人から電話かかってきたけれど
「どうしても号泣しちゃうんですよ」
まさか
「仕事場でこんなに感情高まるとは」
完全に想定外でござひまひたよ。

 でも
「当たり前だけれど、洪水のやふにたくさんのお客様が」
まさか
「月曜ににここまでとは。。。」
と、ほんと
「びっくりする」
今日この頃ではあるんだけれど
「心から心からありがたくおもふ今日この頃」
であるし、
「今日は休んでください」
と言ってくれた
「若者たちの心遣いも本当にうれしくおもふ今日この頃でもあるんだけれど」
そうはいっても
「やるしかないだろう!」
と頑張って、一時だけでも忘れようと思ふ今日この頃でもああるんだよねえ。。。。
Img_9573
(ありがたい)


 頑張った若者たちには申し訳ないけれど
「今日はみんなで食べておいて!」
とお願いして
「阪神サウナ」

「サウナ→ひえひえの水風呂→露天風呂」

「徹底的に繰り返し」
なんとか整ってまひります。。。。

 確か山本五十六だっけ、
「言いたいこともあるだあろう、泣きたいときもあるだろう、それを我慢していくのが男の修行」
とかいったらしいけれど
「心の底からさみしい時、悲しくて悲しくてたまらない時だってあるんだよ!」
「それを我慢できない夜だってあるんだよ!」
山口瞳さん伊集院静さんみたいに格好良くはいかないけれど。。。。。。
Img_9575
(マスターズドリーム)


 ハイボールバー VINTAGE
「一人カウンターで思ひにふけます」
そんな間にも
「号泣する、こいさん社長」
から電話がかかったきたりして
「親方にふぐ焼いてもらったのなんか、我々だけだよねえ」
また、涙が止まらないですよ。。。。

 あの時、
「親方に焼いてもらった焼きふぐの味なんて緊張しちゃって全く覚えてないよ」
また、冬になったら
「一緒にふぐ食べたかった」
なあ。。。

 でもさあ
「俺と会うときはいつも、あいつは元気か?なんで今日いないんだ?と聞いてくるんだよ」
なんて、
「身に余る光栄なこと」
言われちゃうとさあ、周囲に人がいても涙止まらないですよ。

 こんなこと書いているけれど、冷静に考えると凄いことだよね
「親方が、猪木さんと長嶋さん、王さんだけは別格だ」
とおっしゃっていた、まさにその方と親方と3人でご飯食べさせてもらったけれど
「いわゆる、頭が真っ白とはこのこと」
って感じだったですよ。

 あとねえ、二回目の鹿児島の時は
「親方の日程知らなかった」
んだけれど
「行きのA社の機内で偶然会ったんだよね」
親方夫妻はプレミアム、わらしはエコノミーの一番前だから、降りるときに
「あっ!」
って声かけたら
「おお!お前もか!今晩やるぞ!車乗っていくか!」

「ニヤリ」
としてくれましたけれど
「ご縁としかいいようがない」
ですよ、ほんと。。。。

 大好きだったけれど、
「ご病気されてからは一滴も飲まなかった」
ので
「親方とは一緒に飲んだことはなかった」
けれど
「今夜だけは一緒に飲ませてください、こっちは序二段以下だからビアとハイボール2杯しかご一緒できなくて」
役不足ですけどね。
Img_9580
(角ハイ)


 それにしても、こんな時に
「そのおもひを新潟で発散しませう」
と書き込んでくる
「若者は素晴らしい、ほんといい後輩持ったなあ(リスクテイカーとしては大先輩)」
といわざるを得ない今日この頃ではあるんだよね。。。

 やっぱり、人間って大別すると
「リスクをとって夢を語る人間と、そうでない人間にわかれる」
とおもふんだけれど
「共にリスクとっている者だからこそ分かり合えるんだよなあ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。

 明け方、FBで
「わらしのサウナの師匠」
が、ご自身が担当の時に作ったA社のコピー
何もしなければ何も起きない。 行かなければ それはやってこない。 飛び出さなければ世界は変わらない。 すべてのひとの心に翼は ある。 使うか、つかわないか。 世界は待っている。 飛ぶか、飛ばないか。 海をこえよう
のエピソードを書いてくれていたけれど、
「こんな素晴らしいコピーってないよね、ライターの方は本当に天才ですよ」
つくづく
「言葉が人を感動させる、人を動かす力を持っている」
と確信する今日この頃であるけれど
「もちろん葉加瀬太郎さんのAnother Sky=音楽」
と双璧だよなあ、とおもふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 親方は
「心の翼だけでなく本物の翼で海を越えて行ってしまった」
んだよね、でも
「わらしも一緒にココロのツバサで海を越えますよ!いいでしょ?」
。。。。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月31日(日)悲しいよお!寂しいよお!また会いたいよお!

 今回の
「大阪夏の陣はホテル阪神に宿泊しているのに、阪神サウナに全く参戦できなかった」
んだけれど、なんと
「土日は7時オープン」
といふことで
「開店と同時に勇躍参戦」
いやあ
「夢がかなった」
って感じで
「サウナ→水風呂→露天風呂」

「徹底的に繰り返し、超絶整った」
とことでご出勤。。。。。
Img_9539
(朝サウナ最高だぜ!)


 今日も
「午後から盛大」
と分かっているので、早めのお昼を
「釜たけうどんで、ちくてん釜うどん」
これさあ
「東京どころか、同じビルにあるんだけれど、どうしても東京では食べる気が起きないんだよね」
金太郎も同様ですが。。。。

 予想通りとはいへ
「塾高敗れる」
まあ、でも
「立派なもんですよ、お疲れ様でした」
としか言葉見つからないですよ。。。。
Img_9544
(大阪だから)


 夕方のピーク時に
「とても大切な方の訃報が飛び込む」
正直なところ
「覚悟はしてました」
だけど、実際になってみると
「絶句」
するしかござひません。。。。

 その方と知り合ってからは1年も経っていないけれど
「あまりにも濃密な時間を過ごさせていただきました」
あんな
「天上の人なのに、わらしなんかと気さくに接してくれて」
感謝の言葉も見つかりません。

 本当に
「口の悪い方」
だったから敵も多かったと聞いてますけれど
「本当は本当に優しい人なんですよ」
実は
「ひと月前も三重ですれ違い」
になってしまひ
「なんで、俺がくるって分かっているのにマンビキヤはいないんだ!」
と怒ってくれたんだよね。

 ほんと
「悔いが残りますよ」
この日も
「とっても体調悪そうだったんだよね」
こんなことはここへ記すことではないとは思ふんだけれど、
「自分のための日記だから書いておきます」
それにしても
「職場で号泣したのは生まれて初めて」
でござひます。。。。

 名古屋でも初日に
「いまだかつてないくらいの雷を落とした」
らしいんだけど
「おそらく覚悟していたんだろうなあ」
。。。。。

 今宵は客人、若者たちと
「金太郎」
一時の間訃報を忘れておいしくいただきます。
Img_9550
(若者たちも大喜び)


 でも
「お部屋へ戻って一人になると」
どうしても考えてしましますよね。。。。

 丸一へご案内した時も
「なんだ、真っ黒ぢゃないか!こんなのくえるか!」
って怒鳴ったので、わたしも不愉快だったんだけれど
「その後、ひそかに手土産持って再訪したそうですね」
爆笑だったですよ。

 食事の食べ方から叱られて
「そんなことだから結婚できないんだ!」
って怒られると
「できないんぢゃないんです、しないだけです」
と反論すると
「絶対に違う、お前は結婚できないんだ!」
と力強く言われると反論できませんでした
「そうなんですよ、私は結婚しないんぢゃなくて、できないんですよ」
さみしいよ親方。。。。。

 叱られると
「はいはい」
「はいは一度でいい」

「父親のように叱ってくれた」
うっとおしいと思ったこともあるけれど
「大好きだったよ親方」
悲しいよ。。。。

 一緒に遊んでくれて、珍しくわらしが勝った時は
「そんなの分かっていたよ!」
と言ってたけれど
「親方に一泡吹かせてうれしかったですよ!」
でも、終わったあと
「後ろも振り返らずに怒っていっちゃいましたよね、遊びとはいへ勝負師がわらしなんぞに負けたのが悔しかったんでしょうね」
笑っちゃいましたよ。

 

 日曜の昼間に
「すき焼きが食べたい!」
ってことだったので
「必死に探しましたよ」
正直
「なんで、わらしがこんなに必死にならなきゃいけないんだ?」
と思ったけれど、
「でも、親方のためだったら」
と思って、なんとかやってくれる店を探し当てたときは、うれしかったですよ。

 膳にご案内した時も
「なんだかんだいってもマスターにサインをしてくれた」

「やせ細っていたのに、丸一でも撮影に応じてくれましたよね」
ともに、
「わらしの顔を立ててくれたんだろうなあ」
と思ってます。。。。。

 二人っきりのとき、思い切って
「なぜ一代年寄を辞退したのか?」
とか
「寺尾との一番」

「番付の仕組み」
とか、相撲ど素人だから聞ける
「大変失礼な質問にも、快く答えてくれましたよね」
あれは
「うしさんだから聞けるんだ!」
と妙にほめられた?んだけれど、こんなわらしにも真剣に答えてくれて
「やっぱり相撲を心から愛しているんだなあ」
とさらに尊敬したし、懐の深さに感激しましたよ。
 
 部屋に
「バナナオムレット」
を持って行って食べたもらったときは
「うまい!」
とほめてくれましたよね
「やっと一本とった!」
と思ったら
「でも大きすぎる、女性はもっと小さいほうが食べやすい」

「一言言わないと気が済まない」
のは、理解してますよ。

 一言言った後は、必ず
「ニヤリ」
とするんだけれど
「これがかっこいいんだよね」
とにかく
「かっこよすぎですよ親方」
出会ったときに、
「かっこいいですね!」
を連発したら
「まだ10回しか言ってないだろ、ふつーは最低50回は言うんだ」
そして
「ニヤリ」
ですよ。。。。

 ほんとねえ
「親方が登場すると、場がパっと明るくなるんですよ」
あれは
「誰にもまねできない本当のスーパースターならではですよ」
また、会いたいなあ。。。。

 とにかく
「三重で会えなかったのが痛恨の極み」
あとねえ
「マンゴー食べてもらう約束と」
これはハナから無理だったけれど
「もしも結婚するときは式に出ていただくといふ約束が残ってましたね」
ずるいですよ
「待っていてくれなかったんですね」
ごめんなさい。

 そろそろ終わりだけれど、どう締めてよいかわからない、とにかく
「ありがとうございました、寂しいですよ、悲しいですよ、また会いたいよお!」
しか思い浮かびません。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月30日(土)つめたいものでも!

 本日は
「大阪夏の陣 最大の天王山」
といふことで
「開店1時間以上前から気合を入れて参戦」
でござひます。。。。
Img_9517_2
(もう一つのビッグイヴェントも開始)


 実は本日は、大阪夏の陣のほかに
「この秋の大きなイヴェントへ向けてのスタートでもあるんですよ」
そのため
「ここへは書けないアレの対応」
も並行して始まってしまったので、かなり大変。。。。
Img_9526
(涙)


 いやあ
「もう開店から閉店まで、本当に本当にたくさんのお客様」
もう
「心から感謝でござひます」
だって
「来てくれてありが10!」
と言われて握手とかされちゃったら、
「涙」
でちゃふぢゃないですか。。。。

 今日は
「みんなで、大きな大きな目標を立てていたんですよ」
これが達成するかは
「かなり微妙」
なところですが、とにかく頑張るだけです。。。。
 
 でも
「終了30分前の状況」

「ギリギリだめっぽい?」
とつぶやいたら、若い女史が
「ここからです!なんとか最後まで頑張りましょう!」
と怒られてしまひ、
「これぢゃいかん!」
と精一杯頑張りました!
Img_9534
(奇跡がおきた!)


 で、運命の一瞬ですが
「おくさん!奇跡が起きましたよ!」
ほんと
「微妙なところで、大きな大きな目標達成」
でござひます。。。。

 ほんと
「お客様はもちろん、東京からの若者たち、現地で一緒に頑張ってくれているみなさん、東京で後方支援してくれているみなさんに心から心から感謝」
する今日この頃ではあるけれど
「新記録だ、日本一だとか割と頻繁にそんな単語を発せられることができるわらしは本当にレアな幸せ者だよねえ、みなさんに支えられて。。。」
心から心から感謝しなければならないと思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_9532_2
(つめたいものでも!)


 そして
「久しぶりに金一封登場」
これを配れるのは
「本当に幸せですよ」
だって
「その瞬間の皆さんのうれしそうな顔ってありえないくらいですよ」
ほんとうに。。。。

 さすがにお疲れなので
「単独大阪王将で餃子とビア」
当然のことながら
「阪神サウナの営業時間中には戻れず」
でもさあ
「お部屋の温泉も割といい感じなんですよね、お肌の具合がいいっすよ」
それにしても
「ホテル阪神泊まって、阪神サウナへ全く参戦できないとは夢にも思わず」
でござひますよねえ。。。
Img_9536_2
(ビア)


 自分で言ふのもアレなんだけれど
「わらしも少しはがむばっているぢゃないか?」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「一緒に喜んでくれる家族とかいたら、もっと頑張ったりできるのでは?」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_9538_2
(大阪王将)


 もちろん
「幸せ者なのは確かだけれど、このまま死にたくない、生きた証をがほしいし、少しは人間らしい人生を送りたい」
と真剣に袋小路に迷ひこんでしまった感がする今日この頃ではあるんだよね、だって
「ナオキングがお嬢からもらった手紙とか感動モノなんですよ」
でも、もう
「手遅れだよねえ」
と落ち込んしまふ、今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月29日(金)レゾンデートル

 目覚ましは5時10分にセットしたんだけれど
「5時起床」
速やかに支度して、間もなく消滅する103系環状線、東海道線と乗り継いで
「6時ののぞみ号に乗り込みます」
ただし
「どうしてもホームでお弁当・サンドイッチなどを購入する気になれず」
周囲を見回すと
「前夜京セラで試合だった巨人軍の皆さんや、甲子園で試合だったスワロースの皆さんの姿もチラホラ」
皆さん
「早起きして帰京して一旦帰宅するのかしらん」
なんて思ひつつ、6時ちょうどに出発。。。。
Img_9489
(6時の上りのぞみ号!)


 是非とも
「眠りたい」
ところなんだけれど、ラジオを聴きながら日経読んでから
「日記の執筆」
いふまでもなく
「お金もらっているわけではない」
し、
「義務なんかあるわけない」

「それどこか、これをやめればもっともっと限られた時間を有効に使えて、読書量が増えたりする」
んだけれど
「仕方ないっすよ」
まあ
「結婚してくれる女史もいない、わらしでも、この日記の更新を待っていてくれる人が数名はいるのでは?」
といふ妄想だけが、
「わらしにキーボードを叩かせるんだろうなあ」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

 人間だれしも
「人に必要とされたい」
「人から認められたい」
といふ欲望はあるんだろうけど、少なくとも実社会ではわらしのことを必要としてくれる人(特に未婚の女性)が皆無なのは、過去の歴史が明らかにしている。

 だからせめてもの
「レゾンデートル」
を求めているといふことでしょうね、これは
「直訳すると「存在理由」や「存在意義」といった言葉になる。 しかしそれは、周囲が認める存在価値という意味ではない。 自分自身が求める存在意義や、生き甲斐のことを指す。」
ほんと
「これ、正しい」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

 ほとんどの人は
「結婚してパートナーとの生活やら、お子さんとかが生きた証」
になると思ふんだけれど
「本当に本当に残念だけれど、わらしにはそれは無理」
といふことが、よーくわかっているから。。。。。

 だからこそ
「リスクをとってウォーターメロンなんだろうなあ」
と、自らの心理を考察してみまひたですよ。。。
Img_9490
(帰京)


 少しだけ眠ったら
「新横浜」
どうも
「8時台は、自由席特急券で指定席に座れる特例」
があるようだけれど、
「だったら、この特例って他の区間でも適用して欲しいよねえ」
と思っているうちに無事東京駅へ到着したら
「かつて応援してた現スワローズの左腕が同じ列車に乗っていたやふ」
でござひまひた。。。。

 盛大に会議、さらに
「ここしかない!」
といふ時間に設定した商談を終えて、羽田は
「今日はおとといと違って想定より2便前」
に乗れるんだけれど
「おくさん!何年振りかの間席ですよ!」
もう
「往生際悪く、何度たたいてもらってもダメ,、いつもは最後はなんとかなるんだけれどねえ。。」
なにも、こんなに疲れているときに。。。。。。
Img_9496
(まさかの間席)


 挙句の果てに
「使用機到着遅れのため15分遅延ですよ!」
まあ
「わかっていて、大阪へ飛行機使うわらしが馬鹿」
なんだけれど、今朝の新幹線が快適だったから余計にねえ。。。。。
Img_9497
(松葉さんでひといき)


 やっぱ
「間席で遅延、さらにモノレール・阪急となると疲れますね」
気がつくと
「朝から食ってねえや」
といふことで、久しぶりに
「松葉さん」

「鳥・いも・牛2+ウーロン茶+コンプリメンタリーなキャベツ」
味わう間もなく。。。。。
Img_9501
(大変なことに)


 いやあ
「予想してましたが、大変なことに」
もう
「わらしもやるしかない」
と思ふ今日この頃ではあるんだけけれど
「本当に本当にみなさん偉いっすよ、頑張ってますよ!もっともっと、わらしも頑張らねば!と自らの老体に強く鞭を打つ覚悟を決めやふと思ふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_9509
(カレー焼きうどん)


 今宵はねえ、ありがたいことに
「宇都宮からスーパー営業マン」
「三重からこいさん社長」
が参戦してきてくれたんだよね
「本当に本当にありがいし、うれCし、まさに感謝感激雨あられ」
でござひます。。。。。
Img_9511
(モダン)


 川上さんの
おいC焼き物
をいただきながら
「大いに飲み、大いに語った」
んだけれど、
「まさか一人で黒霧1本空けちゃうとはビックリ」
でござひます。。。。
Img_9513
(モチチーズ焼き)
Img_9514_2
(あっといふ間に一本空に)

 でもねえ
「本当に考えますよ」
いろいろ
「複雑な感情が入り混じっておりますですよ」
いろいろあるけれど
「明日も大一番早々に就寝するしかないよねえ」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月28日(木)人に恵まれる

 そこそこな眠り、あさイチは若手にお任せして、申し訳ないけれど
「午前中はお部屋に籠って徹底的に雑務」
今更ながら
「デスクトップとB5レッツノートでは1時間当たりの仕事量が違ひすぎますよね」

「一息ついたと思ったら、電話とメール」
まあ
「ありがたいこと」
ではござひますが。。。。
Img_9441
(バンジャーラでおいCランチ)


 女史弟子を伴って、遅いお昼を
謎のインド人=サニーの経営する バンジャーラ
にて
「おいCインド料理」
をいただきます。。。。
Img_9443
(ラッシー)


 ほんと
「相変わらず謎のインド人だよねえ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど
「お食事がおいCから、まいいかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんですよ。。。。

 午後は、わらしも現場に立ちましたが
「本当に本当にありがたい!」

「心から心から心から思ふ」
今日この頃でござひますよ。。。。
Img_9448
(ありがたい!)


 なんといふか
「待っていてくれるみなさん、歓迎してくれるみなさんがいる」
といふことは
「心の底から幸せだなあ」
と思ふ今日この頃ではあるんだけれど、それは
「言ふまでもなく、わらしのことを待っているわけでも、歓迎してくれているわけでもない」
といふことだけは、
「勘違いしてはいけないんだよなあ」
と自分に言い聞かせやふと思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 大変申し訳ないんだけれど
「事実上ソルドアウト」
なので、あとは若者たちに任せて
「阪急から地下鉄と乗り継いで、ほっともっと神戸」
へ向かひます。。。。
 
 まあ、いつもながら
「阪急梅田駅って趣ありますよね」
巨大な行き止まりホームに
「阪急マルーン」
と呼ばれる
「なんとも上品な茶色でピカピカの電車が並んでいるんだよね」
そして
「ホームの床もピカピカに光っているんですよ」
これはこれで
「格を認めざるを得ない」
っすよねえ。。。
Img_9460
(やってきました)


 三宮からは地下鉄
「運よく着席を許された」
んだけれど、すぐに老人が乗ってきたので
「速やかに席を譲った」
んだけれど、周囲の
「お子さんや親子連れは全く譲る気配ないんですよ」
もちろん、わらしは偉そうなことを言えるアレは全くないんだけれど
「これはだめだろ」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_9461
(福浦ヒット!)


 かなり
「久しぶりの、ほっともっと神戸(旧スカイマークスタジアム)=グリーンスタジアム神戸」
なんですけれど
「超見やすいし、超きもちよいっすよ」
もちろん
「交通の便が最悪」
なんですけれど
「それを引いても、年々試合数が減っていく一方なのはさみしゅうござひます」
なんでも
「来年から阪神の2軍が使う?」
なんてことらしいけれど
「それも違うんぢゃないかしらん」
と思ひつつ観戦。。。。
Img_9463
(岡田のファウルボールゲット)


 とりあえず
「福浦のヒット」
は見れたからいいけれど
「あんまりにもあんまりな負け方に唖然とするしかない」
今日この頃ではあるんだけれど
「売り子が少ないと思ったら、今日は京セラで巨人戦があるので、皆そっちへ行っていて、ここは8人だから大忙しです」
といふ情報に衝撃を受ける今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_9468
(花火)


 それにしても
「大阪ドームで読売が主催する意味ってあるんですかね?」
しかも
「甲子園でもここでも試合している日ぢゃないですか」
なんかなあ。。。。
Img_9472
(なんとオリファン)


 K原氏と
「三ノ宮の鳥貴族で一献」
安心価格な焼鳥をいただきながら
「KECOさんとはいったいだれなんですか?問題」
「塾高 甲子園で検索すると、後ろから社台のS南さんに頭をたたかれたぞが出てきたぞ問題」
「まづは万平から試してみたぞ問題」
「日本最大の女子大問題」
「キャンパス内にはマクドがあるぞ問題」
といった諸問題を討議した結果
「とはいっても、100万人の仲間とともに!でおなじみのN大学は別格にでかい」
「とはいふものの、われわれの周囲には本当に100万人もいるの?と思えるくらいいない」
といふ結論がいったんは出る。。。。
Img_9477
(トリキで反省会)


 しかしながら、突如として
「子供の頃から函館競馬場へ通い、上京後は池添とメヒアを応援する女史以上の子はいないぞ問題」
が急浮上し、美作さhttp://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000977/んでお好み焼きを食べながら
「一塁側のフェンスに広告があると、牽制球をドンドン投げて看板を映してほしいと願っているぞ問題」
W67台で末12.5はさすがに高望みしすぎだ問題」
「あの3人だけは投票したくないぞ問題」
「近大は英語表記をKINDAI UNIVとしたぞ問題」
「それは、EDOGAWA RIVと同じだぞ問題」
「国会の本会議場で調教時計を調べるせんせいに1票投じたぞ問題」
「せんせい、指輪してへんかったから独身かと思っていたぞ!問題」
「タケシバオーが泣いているぞ問題」
といった熱帯夜にふさわしい熱い諸問題を討議した結果
「やっぱりリスクをとった者だけに夢を見ることがゆるされる」
「行こうよ新潟!新潟は待っている!」
といふ結論が出たところで、新快速・東西線に乗ってご帰還。。。。。
Img_9484_2
(うれしSO)
Img_9486
(仕上げは美作)

 深夜にホテル阪神のお部屋で、ひとりふと
「つくづく、わらしは周囲の人達に恵まれているなあ」
それも
「全国各地さらに世界中の仲間に恵まれているなあ」
と改めて感謝しつつ、力尽きて就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月27日(水)リスクを取らなければ夢を語る資格はない

 色々あるんだけれど
「とりあえず朝は来る」
なんとか出社したら、
「8時過ぎに携帯が。。。。」
基本的に
「こんな時間の携帯はよくないことが多い」
ので
「恐る恐るでます」
ですよ。。。。
Img_9358
(早めのランチ)


 で、
「この日のこの時間の電話といふことは、悪い話ですよね?」
「いやいや、67.3-37.9-13.5です!!楽しみです!」
とのことで、
「捨てる神あれば拾う神あり」
でも、
「絶対に油断してはいけないと思ふ」
今日この頃ではあるけれど
「人間万事塞翁が馬」
なのかもしれないと思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_9357
(麻婆丼)


 早めのお昼を、先日オープンしたらしく注目していた店で
「担担麺とマーボ丼」
をいただきましたが
「あまりにも脂っこくって、しょっぱくて途中で断念」
ほんと
「もう歳」
でござひますですよ。。。。。
Img_9355
(ミニ担担麺)


 だからといふわけではないけれど
「少しは若者達と共通言語があった方が仕事もうまくいくのでは?」
と思ひ、やっとのおもひでグーグルアカウント取得して
「ポケモンGO」
始めたんだけれど
「ジムとかコインとか果物とか分からないんだよね」
地道に
「ポッポ・スパット・コラッタとかを捕獲し続けると何かいいことあるのかしらん?」
と疑心暗鬼だけれど、とりあえず
「もう少しだけやってみやふかしらん」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。。


 午後一から
「かなり重要なお打合せ」
終了時間が読めず、とりあえず予約した便を2便遅らせたものの、
「さらにギリギリ」
で何とか伊丹便に乗り込むものの
「おくさん!30分も動き出さないんですよ」
どうも
「国際線から乗り継いだ方のお荷物が確認できず?」
とのことらしいけれど、
「説明不足感が否めない」
っすよ。。。。

 離陸さえすれば速いことは速いんだけれど夕方のラッシュに突入してしまったので
「大阪空港交通リムジンバスはパスして大阪モノレール→阪急宝塚線」
と乗り継いで梅田なんですけれど、今更ながら
「やっぱり大阪は新幹線ですよね」
とくに、わがオフィスの立地考えるとねえ。。。。

 でも
「わらしの場合は仕方ないんだよね」
ほんと
「仕方がない」
としかいいやふがないんですよ。。。。
 
 それはともかく
「ある程度は予想していましたが、まさかこれほどとは。。。。」
なんといふか
「おーさかの皆さんほんとうに本当にお待たせしました!」
心から心から感謝でござひます。

 今宵は、
「関西へ移住したK氏と金太郎」
おいCお鍋を食べながら
「ウォーターメロン W67.3問題」
を重点的に
「夢」
を語ります。。。。
Img_9367
(夢を語り合う仲間)


 ほんとねえ
「人生において仲間と夢を語り合う貴重な時間ってそんなにないと思ふ」
今日この頃ではあるんだけれど
「この3週間はその貴重な時間であるんだぞ問題」
を徹底的に語り合った結果
「リスクを取らない奴には夢を語る資格はない」
といふ、今しか語れない結論が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_9432
(夢を語るには金太郎だよ!)


 ほんとねえ
「この数週間、いや数か月間はは激動ですよ」
ほんといろいろあるけれど
「本当の意味でのスターティングオーバー」
であり
「いちかんぽ」
づつ
「前へ前へと進むしかないんだよなあ」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日(金)経済だけぢゃないだろ!

 非常に
「心地よい目覚め」
結局
「ホテル阪神ならすべて解決する」
といふことを、今更ながら実感する今日この頃ではあるけれど
「ぢゃあ、移住してここへ住んぢゃえば!全く違った残りの人生を送ることができるのになあ」
と、複雑な気分になる今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_7852
(外は大雨だよ)


 雨の梅田へ出て、
「盛大に所用を済ませてから」
リムジンバスに乗ったら
「異臭が。。。。」
なんと
「バスの中で551の豚まん喰っているオヤジがいるんだよねえ」
これは
「先々週ののぞみ号の隣席よりも非常識」
でござひます。。。。

 といふことで
「車内に空席があったので、続々と後方へ避難していく皆さん」
でござひます。。。。

 ラウンジでお昼ご飯をいただいていると
「相場がとんでもないことになってきた」
どうも
「僅差で残留すると思われていた英国が、離脱組が勝利する見込み」
とのことでござひます。。。。

 一瞬
「全て投げ売ろう」
かと思ったけれど
「そういう決断もできず」
ちなみに1時間のフライト中、さらに下げ幅を拡大したやふでござひます。。。。
Img_7864
(おめで10!ほこらC)


 羽田から
「某百貨店の会合へ直行」
なんとも
「微妙な会合でござひますが」
今年は
「女史弟子が表彰される」
ので、心から嬉しく思ふ今日この頃であるし、心から褒めてあげたいと思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_7871
(初めてみた)


 割と早く終了したので
「ライオンズナイターを聴きながら帰宅」
した後も、試合終了をスカーパーで確認できてよかった。。。。

 まあ、なんとも
「この梅雨時期に地方球場の日程を組むのはどーなんですかね?」
この天候ぢゃ
「普通中止でしょう」
勝つには勝ったけれど、かわいそうなプレイが目立ったもんねえ。。。。
Img_7874
(手袋つけて握ってました)


 それ以前に、ライオンズファンのみなさんとしては
「ホームラン打った浅村のバント失敗」
「左投手しか打てないナバーロへわざわざ左をぶつけて、見事に打たれた」
とか、心中お察し申し上げまする。。。。

 それにしても
「しんちゃんさんも書いている」
けれど
「地震でも戦争でもなくて、他国民が民主的な方法で決断したこと」
に対して
「世界中がよってたかってネガティブになるってどーなんだろう?」
と思ふ今日この頃であるんだよねえ。。。

 そして
「経済だけぢゃないだろ!」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。

 山内 昌之著
「嫉妬の世界史」
一気に読了しましたが
「島津兄弟などはよーく分かったけれど、無学なので世界史の登場人物が全く分からないんだよねえ」
ただし
「非常に説得力あるんだよねえ、とにかく嫉妬って判断を狂わせますよね」
と思ふ今日この頃でござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧