九州

3月24日(金)のれん分け評論家失格

 あまりにも予想通りの
「深い眠りからの快適な目覚め」
早速
「適度な湿気がある高温サウナ→ちょっと塩素臭いけれどひえひえの水風呂」

「徹底的に繰り返せば」
もう
「完璧に整います」
ですよ。。。。。
Img_8888_2
(朝、さわやかな朝)


 はっきりいって
「これで今日一日が快適に過ごせる」
ことが約束されたもののやふでござひますよ。

 とにかく
「目覚めのサウナほど気持ちよいものってないですよね」
だって
「明らかに夜よりたくさん汗かけるし、長くサウナに入っていられる」
そして
「爽快感も夜よりもあるんですよ」
いかにも
「体の全ての細胞が入れ変わった感じ」
と言ったら大げさかしらん。。。。。

 あまりおなかすいていないけれど、せっかくなので
「コンプリメンタリーな朝食」
を軽くいただいて、お部屋で軽く雑務をこなしてから出発。。。。。
Img_8898
(北九州シリーズ開幕)


 えっと
「一年ぶりの北九州シリーズ」
でござひまひて、
「おかげさまで、今日も朝から盛大に」
ほんと
「ありがたい」
の一言でござひますよ。。。。。

 遅いランチといふことで、思案した結果
鉄なべさん
へ初参戦させていただきます。。。。
Img_8899
(大盛況)


 これ
「全然初参戦ぢゃないだろ?」
と誰しもがおもふところなんだけれど、実は
「鉄なべさんはいろいろあるんですよ」
わらしが、いつも愛用しているのが
中州のであい橋店
でござひます。。。。
Img_8890
(実は初参戦)


 店頭には
荒江にも同名の店がありますが、関係ない旨親切に告知してあります
でも、実は他にも
祇園にもあるんですよね
この存在は全く無視されてます。。。。
Img_8891
(よく焼きでうまい!)


 でもでも、実は
本当の元祖は小倉の鉄なべさんらしい
といふことが、だんだんとわかってまひりました。。。。

 でもさあ、なんとなく
「中州こそが本流だ!小倉とかどーなんだよ?」
と思ひたかったので、なかなか足が向かなかったんだけれど、
「これぢゃいけない!」
と思ひ、とうとうこの日がやってまひりまひたよ。。。。
Img_8893
(ちゃんぽんもウマイ!)


 いやあ
「おくさん!またやってしまひまひた」
ですよ、そうです
「アレですよ」
いつもの
「食わず嫌いはダメ」
といふことを改めて実感しましたですよ、
「はっきりいって、中州より好み、しっかり焼いてあってさあ」
ほんと
「おもわずおかわりしやふかと」
おもひまひたですよ。。。。

 つくづく
「変な先入観は持たずに、とりあえず食ってみろ!食ってから判断しろ!」
といふことを
「50近くにして改めて理解したやふな気がしないでもない」
今日この頃ではあるけれど
「のれん分け評論家としては、まづ本家、元祖から参戦すべきだったんだよなあ」
と、心の底から情けなく思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_8909
(特長のないおつくり)


 若者たちの労をねぎらうべく、思案した結果
味楽さん
へ昨年に続いての参戦でござひますが、
「とりあえず安心」
といふか
「超無難な選択」
でござひひますよ。。。。
Img_8905
(特徴のあるレモンハイ)


 とはいへ、例によって
「超飲みにくい生レモンハイ以外は全く印象に残らなかった」
といふのも否定できない事実ではござひますけどねえ。。。。

 ただねえ
「若者たちは大いに喜んでくれたので、それで十分ぢゃん」
とおもふ今日この頃ではあるんだけれど、
「やっぱり、この街は泊まる街ではないなあ」
と、改めておもふ今日この頃でござひますけどね。
Img_8917
(いわゆる海鮮丼)


 実は、客人から
今月末で閉まる屋台を予約したけどいかが?」
ちなみに
「深夜12時から」
といふオファーあり。。。。
 
 ほんと
「申し訳ないけれど、欠場ですよ」
なんでも
大人気の屋台で、予約難しい
とのことだけれど
「めんどくさいっすよ」
とおもふ今日この頃ではあるけれど
「好奇心に身体がついていかなくなったなあ」
と、寂しく思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月23日(木)ただ者ぢゃない

 残念ながら
「非常に浅い眠り」
明方いつけたラジオからは
「わらしが愛する倫敦でテロ」
といふことで
「一気に気がめいりますですよ」
つけたテレビでは
「わらしが愛する倫敦の光景が映されてます」
。。。。
Img_8848
(おはようござひます)

 
 とりあえず
「ちょっとカラカラなサウナ→水風呂がないので水浴び→源泉かけ流し温泉」

「徹底的にくりかえせば」
生き返ってまいりますです。。。。
Img_8846
(朝食会場)
Img_8841
(なんと卵職人が2人も!)
Img_8843
(具雑煮とかあるよ)

 生き返ったところで
「コンプリメンタリーな朝食ブッフェ」
をいただいてから
「軽く散策しやふ」
と思ったけれど
「遺憾ながら小雨がぱらついてきた」
ので断念。。。。
Img_8849
(視察断念)


 そこれそ
「雨降ってなかったら、超久しぶりにV字回復を遂げたらしいハウステンボスを視察したい」
ところだけれど
「雨だし、結構なお値段だし断念」
といふか、10時から
「そんなことより楽しいテレビ中継が始まっちゃったんだもん」
ねえ。。。。
 
 いやあ
「かなり面白いっすよ」
それこそ
「これだけ国会中継に注目したのは、加藤の乱以来ぢゃないかしらん」
とにかく
「あのおっさんただ者ぢゃないですよ」
だって
「午前参議院、午後衆議院でやって、さらに夕方は外国人記者クラブで会見しているんでしょ」まあ
「超人だよな」
。。。。。
Img_8857
(ステーキバーガー)


 で、
「あたらに議員の名前が3人?」
ほど出てきたけれど
「他にないですか?」
の問いに対して
「じっくり間をとって、にやりとしながら、ござひません」
だもん
「ほんと役者ですよ」
ただ、結論として
「差額の7億円」
「なぜ認可されたのか?」
の2点については謎のままでござひますけどね。

 今更だけれど
「推薦入学の件とおか、怪しいこと満載ですよね」
だからこそ
「その怪しい人物が運営する学校がどうして認可されたのか?減額されたのか?」
これは
「何か政治的な力が働いたに違いない」
といふことなんですけどね。
Img_8856
(めくるとすごいんです)


 すっかり定番になった
「あいかわさんで長崎牛ステーキバーガー」
これ、なにがすごいって
「普通のステーキバーガーってステーキだけぢゃないですか」
ところが
「ステーキとハンバーガーが両方サンドされているんですよ」
もちろん
「ぢゃあ、両方サンドされていたほうがおいCのか?」
と問われると答えに窮しますけどね。。。。

 快調に飛ばして
「福岡へ」
まづは
「天神にて2件ほど打ち合わせ」
してから、久しぶりに
「濱田屋さんにて水炊き」
ここねえ、2年ほど前に初参戦した際に
「お隣りの席に、ちょっとといふかかなり怖い皆さんが陣取っていらっしゃっていて、なんとも食った気がしなかった」
ことがあったので
「当時のお味は覚えておりません」
ですよ。。。。
Img_8860
(水炊き)


 で、
「から揚げとか水炊きとか」
いただきましたが
「ちょっと物足りないっすね」
なんといふか
「もっとスープ飲みたいって気がおきませんでした」
いふまでもなく
「水炊きの主役ってスープですからねえ」
。。。。
Img_8869_2
(つくね)


 それでいて
「水炊きなのに、豚しゃぶが登場したのにはビックリですよ」
色々あるんだけれど
「とり田さんの方が総合的には上だなあ」
とおもひまひたですよ。。。。
Img_8872_2
(なんと豚しゃぶとは)


 当然のことながら
「収まりがつかない」
ので
「森さんのハイボール」
へ転進。。。。
Img_8878
(森さんの角ハイ)


 ハイボールはもちろんなんだけれど
「お料理抜群においしゅうござひます」
前から
「このオニグラはただ者ぢゃない」
と思っていたんだけれど
「ピザやらパスタやらも絶品でござひました」
なんでも
「超一流ホテルの料理長が移籍してきた」
とのことで、納得でござひます。。。。
Img_8884
(オニグラ)
Img_8885_2
(ピザ)
Img_8886
(魚介のパスタ)

 本日は
「スタートが早かった」
ので、早々に撤収して
「サウナ→水風呂」

「徹底的に繰り返して、超整いましたよ」
ほんと
「珍しく熟睡できそう」
あたりまえだけれど
「よいサウナとよい水風呂でのお時間がたっぷりあると、よい睡眠がとれて明日への活力が漲るんだよなあ」と思ひつつ、力尽きて就寝。。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月22日(水)させぼでしーすー

 検査場ではうまく
「二次元ヴァーコード」
をアイフォンに表示できたんだけれど、なぜか
「搭乗口では表示できず大いに焦る」
結局
「グランドのお姉さんに紙をだしていたただてなんとかご搭乗」
もう
「次回からは紙で対応しやふ」
と心に固く誓いつつ満席の機内へ。。。。

 ほんとねえ
「毎度毎度で申し訳ない」
けれど
「やばいくらいレヴェル落ちてますよ」
ほんと
「ビジネスキップの値段とかしらっと上げ続けていたり」
するのはまだ許せるけれど、まあとにかく
「人のふり見て我が振り直せ」
ぢゃないけれど
「やっぱり拡大すると身がついてこないんだよね」
つくづく思ひながら
「中2日で福岡空港」
へ着陸。。。。。
Img_8804
(基山PA名物田舎カレー)

 ニッポンレンタカー
「カローラ号」
にのって
「都市高速から九州道へ入ろう」
としたら
「おくさん!なんと前の前の車がETCゲートのところでストップしてしまった」
ので
「慌ててバック」
して隣のレーンへ進み、九州道から
「基山PA」
にピットイン。。。。
Img_8805
(肉うどん)


 久しぶりに
「基山PA名物の 田舎カレー・肉うどん」
をおいしくいただきましたが、そいへば
「PAとSAの違いってなんなんですかね?」
一般的には
「SAの方が断然格上のイメージ」
あるけれど
「この基山はGSもあるし巨大だし、一概にそういもいえないんだよねえ」
と思ひつつ、
「長崎道から西九州道」
と快走している最中に
「WBC終了」
でござひます。。。。
Img_8810_2
(おお!)


 LFの実況で
「何大会ぶりの世界一を目指して」
とか言っているけれど、
「ぢゃあWBCで三連覇とかしたら、メジャー挑戦とか言わなくなるのかな?」
そして
「米国で一流とは言えない選手が日本に来て圧倒的なパフォーマンスを見せつけられることはないのかな?」
共に絶対にないっすよねえ。

 そもそも
「プロレベルの野球だかベースボールだかをトーナメントでやるのは意味があるんですかね?」
しかも
「開幕ひと月前に仕上げるリスクをおってまで。。。」
よjくわからないよね
「イスラエル代表とか」
そふいえば
「数年前に選手会がWBCボイコットとかやっていたけれど、もう一度やったらいかがですか?」
まあ
「けがしなくてよかったね」
といふことでござひますよ。。。。
Img_8811_2
(1の皿)


 まづは
「誇らしげに鎮座している天皇杯のモニュメント前でパチリ」
恒例の
「反省会」
でござひますが、
「受賞は受賞として、今シーズンは検討課題が山積ですな、今だから言えるけれど」
でも
「温度差ありますよね」
当然だけれど。。。。
Img_8815
(まぐろ)
Img_8816
(いか)

 今宵は
重兵衛寿司さん
にて久しぶりに
「電気代とレール代をけちっている、廻らないお店」
にて
「おいCお寿司」
をいただきます。。。。
Img_8821
(とろ)
Img_8824
(こち)

 ひさしぶりに
「くじらのさえずり(舌)」
なんていただきましたが
「全くクセがなくて、おいしゅうござひまひた」
地物の
「うちわエビ」
とか
「クエ」
とか。。。。
Img_8826
(うに)
Img_8828_2
(さヴぁ)

 残念なのは
「〆にかんぴょうまきがなかったことくらい」
ほんと
「わらしの〆はかんぴょう巻」
なんですよねえ。。。。

 あと、申し訳ないけれど
「トリュフ使うのは。。。。」
わらし
「あの匂いあまり得意ぢゃないんですよね」
あんまりにも強烈だからさあ。。。。
Img_8830
(さより)


 突然だけれど
「愛子様中学卒業おめで10ござひます!」
これねえ
「ちょっと学校休めば盛大に報じられる」
「学校行けば、週刊誌に追われる」
「ちょっと痩せれば、激ヤセって騒がれる」
これさあ
「あんまりにもあんまりだよね」
ほんと
「そんな状況を背負う中学生ってなかなかいないっすよね」
。。。。
Img_8832
(あなご)


 それこそ
「わらしが男に生まれてくればよかった、と思っている人が少なからずいるに違いない」
とか
「母娘で思っているとしたら、もうあんまりにもあんまりだよね」
しかも
「学校には、乱暴なふるまいをされる方がいらっしゃったわけぢゃないですか」
ねえ。。。。
Img_8833
(うちわえび)


 佐世保の定宿は
「相変わらず温泉が快適ですよ」
ここ
「朝と晩で男女入れ替わる」
んだけれど
「夜の男風呂には水風呂ついている」
けれど
「朝の男風呂には水風呂ついてないのはなぜなんですかね?」
だって
「サウナは両方ついているのにねえ」
これ
「永遠の謎」
でござひます。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月20日(月)ミスハワイ

 結局
「寝たのは4時過ぎ」
しかも
「未明に鼻出血発症しちゃったりして」
非情によくない目覚め。。。。
Img_8749
(コンプリメンタリーな朝食)


 とりあえず
「熱いシャワー浴びます」
けれど
「やっぱり、ホテルは水回りっすよね」
とにかく
「勢いがすごいし、温度の調整も速やか」
この
「水回りについては圧倒的に日本ですよね」
ビジネスホテルを建設する場合
「満室の時、何割の部屋で同時にシャワーを使うのか?」
を想定して水回りを設計するんだよね
「当然100に近いに越したことがないけれど、実際そんなことはないから低めに設定するけれど、そのあたりにホテルの格」
が出るんだよねえ。。。。。

 そふいへば
「ミスハワイ」
って
「漫才師いましたよね」
さすがに、生で見たことはないけれど
「すごい芸名だよなあ」
改めて仰天してしまひまひたよ。。。。

 いかんせん
「三連休最終日なので午後便は全便満席」
といふことで、早々に撤収。。。。
Img_8759
(待合室で待機)


 久しぶりに
「カタヤマさんでランチ」
2時近いとはいへ祝日なので
「隣接する待合室にて20分ほど待機」
してから入場を許されて
「オムライス・ステーキ」
をいただきまひたが
「おいしゅうござひます!」
これ
「中ぐらいのレヴェルのお肉なんですけれど、やっぱりおいしゅうござひます!」
正直なところ
「オムライスは要らなかったっすね」
そもそも
「お肉には白いご飯の方が合いますわな」
。。。。。
Img_8754
(ジャーン)


 それよりも
「久しぶりに、キャベツの千切りをいただけたのがうれしゅうござひますよ」
とにかく
「野菜不足」
が顕著ですからねえ。。。
Img_8752
(野菜がうれC)


 3年ぶりに
「出陣式参戦」
なにがびっくりって
「お料理に群がる勢いにビックリですよ」
だって
「1皿に冷凍と思われるケーキ10個とかとって盛大に食べている人」
とかねえ。。。。
Img_8766
(出陣式参戦)


 まあ
「出陣式自体は、選手と触れ合えてよかったすよね」
ただ
「やっぱり、選手は怖さも少なからずあったと思いますよ」
客の間を通って退場するんだけれど
「きちんと整理してないから、群がっちゃってさあ」
このあたりが
「この球団の限界」
といふ気がしますですけどね。
Img_8764
(メガネすっきり曇りなし、料理すっかり食うものなし)


 途中からだけれど
「トヨタのドラマ」
これ
「なかなかよかったですね」
一応確認したけれど
「スポンサーはトヨタ一社提供とかぢゃないのね」
それにしても
「住友銀行のイメージダウンは結構なものだろうね」
たぶん本当のエピソードなんだろうけれど。。。。

 それにしても
「この日記書くのがつらくなってきまひたな」
だって
「遠征中は盛りだくさんだけれど、もう書けないっすよ」
今まで
「勝手な義務感でやってきたけれどねえ」
ほんと。。。。
Img_8778
(お土産うれC 福浦だよ!)


 やっぱり
「遠征中こそ記録として残しておくべき」
なんだろうけれど
「盛りだくさん過ぎて書けないし、なによりB5のレッツノートではあまりにも作業性が悪い」
でも
「遠征中って、更新しなくても異常にアクセスか増加するんだよね、更新できないのが申し訳なくてさあ」
でも、
「もう書けません」
って
「円谷選手ぢゃないけれど」
さあ。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月19日(日)パンケーキより資さんうどん

 7時過ぎの便で
「福岡へ」
これ
「昨日の便の続きなんですよね」
国際線から24時間以内のの接続だと
「国内線はすべて1万JPY」
だから
「韓国往復に石垣往復なんかつけて、マイルやプレミアムポイントを稼ぐ人」
いわゆる
「修行者」
が使うテでござひます、今はまさに繁忙期だから差額は膨大ですよ。。。
Img_8728
(かしわうどん)


 空港から
「博多へ出て、こだま号にのって小倉へ」
まづは
「某所にていよいよ3日後に迫ったアレの直前打ち合わせ」
を済ませてから
「資うどん」
で朝食。。。。
Img_8725
(おでん)


 当たり前だけれど
「ハワイでパンケーキより、北九の資さんで食べるかしわうどん」
の方が
「わらしには合うなあ」
と思ひつつ、おいしくいただきました。。。。
Img_8727
(ぼたもち)


 おいしくいただいてから
「某ホテルへ」
えっと
「諸般の事情により、あるパーティー」
へ出席させていただきまひた。。。
Img_8729
(某ホテルへ)


 まあ、なんといふか
「こういうパーティーってなかなかご縁がなかった」
んで
「こんな世界もあるんだ」
と大いに勉強させていただきましたですよ。。。

 本当は
「諸問題について盛大に書きたい」
ところなんだけれど
「残念ながら、ここへ記することができる問題は全くござひません」
ですよ。。。。
Img_8748
(名物焼きうどん)


 しいていえば
「地元のために汗をかくことは素晴らしい」
といふことくらいでござひますわな。。。。

 福岡だっていふのに
「19時過ぎからお部屋に缶詰」
4日間ほおっておいた
「雑務の整理」
。。。。

 せっかくなので
「北の国から 遺言後編」
さらに
「そこまで言って委員会NP」
つくづく
「お部屋に関しては、同じブランドなんだけれど、日本の方がはるかにいいなあ」
と思ひつつ、力尽きて就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月25日(水)ジャンピング一本締め

 一昨日に続いて
「8時まで完璧な熟睡」
ほんと
「超快適な目覚めござひます」
早速
「サウナ→水風呂→ジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整えば」
なんとか
「一昨日の大失態を忘れる」
ことが少しだけできましたですよ。。。。
Img_6271
(コンプリメンタリーな朝食)


 本日は
「午前中はホテルでの自室で雑務」
を片付けてから、客人と
「とり田さん」
でランチ。。。。
Img_6272
(ぐつぐつ)


 当初の予定では
「から揚げ定食」
だったんだけれど、お隣の皆さんが
「美味しそうに水炊きをたべている」
のを目撃した結果
「急きょランチ水炊き」
をいただくことに。。。。。
Img_6273
(スープ最高)


 実は
「とり田さん」
とは浅からぬご縁があって、
「あの国の話や、この国の話」
なんどぞ盛大に。。。。。。
Img_6274
(おいCお肉)
Img_6275
(お野菜)
Img_6276
(唐揚げも)


 おいしくいただいて
「身も心もあったまった」
ところで
「羽田へ」
定刻に着陸して、そのまま
「急ぎ箱崎ロイヤルパークホテルさん」
へ転進。。。。。

 本日は
「身内の会合」
での参戦でござひます。。。。。
Img_6279
(ロイパへ)


 身内とはいへ、
「明確な主催者ではないので気楽」
ただし
「〆の挨拶が」
。。。。。。

 といふことで、思案した結果
「とっておき」

「ジャンピング一本締め」
を披露させていただきました。。。。。
Img_6278
(おーるゆーきゃんいーとだよ)

 よく分からないけれど
「一昨日よりははるかに場が盛り上がった」
やふで
「ほっと一安心」
する今日この頃であるけれど、
「所詮、内弁慶ぢゃないか!」
と情けなく思ふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。

 御帰還後、録画しておいた
「北の国から 初恋」
あの
「夜逃げした変わり者の農家の方の言い分は正論ですよ」
だって
「農家同士で連帯保証したって20人で7000万なんか借りちゃだめですよ」
ほんと
「純君が、五郎さんのことを頼りないと思ふのは当然」
でござひます。。。。。

 とはいへ、ラストの
「泥のついた1万円札は超感動ですよねえ」
ほんと
「北の国からって名シーンが多すぎっすよ」
と思ひつつ、早々に就寝を試みるも、全く寝付けず。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月24日(火)軍艦島上陸を果たす

 はっきりいって
「ほとんど眠れず」
でも、かえって
「こふいふ朝は目覚めがいいんだよね」
6時30分起床
「軽くサウナ→露天風呂」
とこなして、7時30分過ぎにチェックアウト。。。。
Img_6197
(おはようござひます)


 急ぎ
「長崎へ」
そふ、
「せっかくなので、まづは枇杷園地の見学」
でござひますよ。。。。
Img_6202
(寒すぎます)


 正直なところ
「枇杷って扱いがかなり少なくなりましたよね」
そもそも
「ハウスとはいへ、1月末とか2月に登場するものぢゃないぢゃないですか」
それこそ
「季節感無し」
といふのもあるけれど
「雪害やら高齢化で年々生産量が減少」
しておりますです。。。。
Img_6203
(まだこんな感じだよ)


 で、
「どうしたら枇杷の消費量増えますかね?」
と問われても
「答えようがなない」
といふのが本音でござひます。。。。。
Img_6204
(これが最も進んでいるね)


 そんなことより
「とにかく寒くて寒くて」
。。。。。。。
Img_6208
(ボリュウムたっぷりランチ)


 そして、午後からいよいよ
「楽しみにしていたメインイベント 軍艦島ツアー」
へ参戦することに。。。。。。
Img_6209
(これが軍艦島だ!)


 いわゆる
「世界遺産の軍艦島」
といふことで
「どうしても一度参戦したかったんですよ」
事前の調査の結果
「ツアー会社は5社」
あって、思案した結果
電話の対応がとってもよかった 軍艦島コンシェルジュさん
へ申し込みました。。。。。
Img_6210
(いざ出航!)


 これがねえ、朝電話したら
「本日は波が高くて上陸できない可能性があります、その場合でも返金できませんけどEですか?ちなみに昨日は上陸どころかツアー自体が中止になりました」
とのことでござひまひた。。。。
Img_6215
(盛大な揺れ)


 回答は
「もちろんEですよ、全て自己責任と認識しておりますですよ」
といふことで
「午後のツアーへ参戦」
なんですけれど、
「午前のツアーは上陸はしたけれど、島の反対側のヴューポイントへは行けなかった」
とのことでござひます。。。。。
Img_6216
(きたあ!!!)


 とりあえず、船に乗り込みますが
「どうも皆さん船の後ろへ陣取ってます」

「千頭の方が景色がいいのになあ」
と思ったら
「船の前側の方が圧倒的に揺れが大きい」
とのことで
「愕然としてしまふ」
今日この頃でござひます。。。。。
Img_6218
(無事上陸!)


 湾内は
「全然揺れません」
しかしながら
「外海へ出ると、これが盛大に。。。。。」
飛行機の場合
「揺れてますが飛行の安全性には全く影響ありません」
といふアナウンスに納得しているけれど
「船の場合は全然安心できないですよ」
当然のごとく
「周囲の女史は終了している方が多数」
それでも
「わらしはなんとか無事」
でござひましたが
「とにかく激しい揺れ」
でござひますよ。。。。。
Img_6219
(いきなり廃墟だよ)


 ちなみに船内は
「ガイドさん1名」
の他に
「補助員さん2名の計3名」
が乗り込んでますが
「ガイドさんの説明とVTRを見ながら進みます」
けれど
「いやあ、立派なもんですよ!ガイドさんもスタッフの皆さんも素晴らしい対応」
に感激でござひます。。。。。
Img_6225
(おお!)


 で、50分くらい経過したところで
「ようやく軍艦島が見えてきました」

「このあたりの揺れは半端ないっすよ」
とくに
「島の裏側」
へ回った辺りは
「絶好の撮影ポイント」
なんですけれど
「船内は悲鳴が響くほどの揺れ」
でござひます。。。。。
Img_6226
(すんごいねえ)


 そんなこんなで
「なんとか上陸を果たしました!」
島内では
「3か所ほどミーティングポイント」
があって
「説明と撮影会ですね」
まあ
「まさに廃墟」
ですよ。。。。。
Img_6228
(実は世界遺産は島全部ではなくこの石垣なんですよ)


 とはいへ
「鉄筋コンクリートの建物がこんなにも無残な形になるのかしらん」
と思ふ今日この頃ではあるけれど
「この気象条件だとこーなるんだろうなあ」
と納得してしまふ今日この頃でござひますが。。。。。
Img_6236
(日本最古のRC造)


 上陸時間は
「50分ほどかな」
ただし
「行動範囲は結構狭いっすよ」
当然のことながら
「建物の内部なんぞ立ち入り不可」
ガイドさん曰く
「とにかく日々劣化しているので、いつ崩壊するか分からない」
とのことでござひます。。。。
Img_6238
(一番上に幹部宿舎が)


 帰りも
「揺れを覚悟」
したけれど
「何故かほとんど揺れず」
ガイドさんに質問するも
「一直線で来ているから。。。。」
と、あいまいな回答だったのが少々気になりましたが。。。。。
Img_6237
(どうしてこんな穴が?)


 とにもかくにも
「無事に軍艦島上陸を果たしましたよ」
なんでも
「夏場は海が荒れて上陸出来ない日が多い」
とのことですが
「これ以上荒れるってどーなのよ?」
思ひつつ福岡へご帰還。。。。。。
Img_6242
(しお)


 今宵は客人のリクエストにお応えして
焼肉すどうさん
へ参戦。。。。

 なんでも
「熊本で人気の焼肉店が満を持して福岡へ進出」
とのことなんですけれど、
「正直焼肉だけは東京に絶対敵わない」
と確信していたんだけれど。。。。。
Img_6253
(たれ)


 まあ
「悪くないですよ」
ただし
「ちょっと芸が細かすぎるっていふか」
目の前で
「一枚づつお店の人が焼いてくれるんですよね」
もちろん
「そういふのが好きな人はいい」
だろうけれど
「焼肉ってもっとアバウトでいいぢゃん」
といふのが、わらしの考えでござひます。。。。
Img_6261
ほるもん)


 今宵も〆は
「森さんの角ハイ」
やっぱり
「福岡来て、素通りは出来ないでしょ」
ねえ。。。。。
Img_6267
(今夜も〆は)


 早々に撤収して
「サウナ→水風呂→ジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで、そのまま倒れこむやふに就寝、。、。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月23日(月)晴れの日に大失態

 それこそ
「今年一!」
と思えるくらい
「完璧によく眠れた」
色々要因は考えられるけれど
「サウナ→水風呂との相性の良さ」
「お酒を少々いただいてのバタンキュー」
そして
「快適な室温と湿度」
など、さまざまな要因が考えられるが、なんといっても
「自宅の相性の悪さ、福岡との相性の良さ」
といふことなんだろうなあ、と思ひつつカーテンを開けると
「おくさん!地面に白いものが」
。。。。。。
Img_6134
(おくさん!雪化粧ですよ!)


 思ふところあるけれど、取り急ぎ
「サウナ→水風呂→ジャグジー」

「徹底的に繰り返し」
もう
「朝から完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただいて一息ついて
「状況を確認」
させていただきます。。。。
Img_6137
(コンプリメンタリーな朝食)


 道路ですが
「九州道は速度制限あるけれど、問題なさそう」
しかしながら
「都市高速は全面通行止め」
となると、
「JRへ切り替えを視野にいれる」
んだけれど、今後の行程を考えて
「予定通りニッポンレンタカーを選択」
予定よりも2時間早めに出発しますが
「当然のことながら大宰府インターまでが盛大に渋滞」
でござひます。。。。
Img_6138
(とらふぃっくじゃむ)

 なんとか
「渋滞回避の試行錯誤を試みますが、かえってはまってしまひ」
結局
「1時間30分近くかかってしまひました」
ただし、九州道へ乗ってしまえば
「あとはスイスイ」
2時ギリギリに
「九十九島へ到着」
走って走って
「九十九島遊覧船」
へ乗り込みます。。。。。
Img_6139
(なんとか走りこみます)


 そふ、これだけ佐世保へ参戦していても
「九十九島は初なんですよ」
まあ
「スーツ姿の男が一人で乗り込むものではない」
と一般的には思ふでしょうが
「わらしは全く気になりませぬ」
これが
「なかなかのものでしたよ」
いわゆる
「松島めぐりと同じ感じ」
だけれど
「こっちの方が海が綺麗だし、いい感じ」
でござひまひたよ。。。。
Img_6141
(おお!)
Img_6144
(E景色だね)

 1時間ほど
「九十九島の景色を堪能」
してから向かったのは
「わらしが愛する出島の華」
でおなじみの
「JAさせぼ かんきつ部会の皆さんが、なんと天皇杯を受賞」
その
「記念の祝賀会」
会場でござひます。。。
Img_6150
(とても寒い)
Img_6157
(きれいな海だね)
Img_6169
(堪能しました)


 なんといふか
「超感慨深いっすよね」
もう
「我が事のやふにうれしゅうござひますよ」
ただし、周囲の皆さんは
「天皇杯って、競馬?あれ?競馬は天皇賞だよね?ソッカーかしらん?」
てな反応でござひます。。。
Img_6173
(やってきました)


 まあ、わらしも
「天皇杯ってそんなにすごいことなのかしらん?」
と思ってはいんだけれど、
「とんでもなくすごいこと」
といふことは、御来賓の皆様の1時間にわたるご挨拶の中で少しずつ分かってきましたが。。。。
Img_6174
(おお!)


 だってさあ
「紙袋や御案内状にまで菊の御紋が入っているんですよね」
これって
「宮内庁からCDロムかなんかでもらうんですかね?」

「周囲は何センチ空けなければいけない」
とか
「背景の色」
とか細かい指定があるとは思ひますが。。。。
Img_6175
(すごい!)


 祝賀会は
「たっぷり1時間ほど、お偉いさんのご挨拶」
ようやく乾杯になりましたが、
「もうご挨拶で歓談に終始し、お食事とお酒はノーサンキュー」
といふことで
「二次会は、おなじみ 花のれんさん」
へ。。。。
 
 正直
「過去最大級!」
と思われる
「お魚盛り」

「天皇杯以上に胸が躍ってしまひます」
ですよ。。。。
Img_6190
(お魚さんは凄いけれど)


 ただねえ
「突然御指名を受けた〆のご挨拶で失敗しました」
なんといふか、いわゆる
「頭が真っ白」
といふやつでござひます。。。。

 はっきりいって
「何言ったのか全く覚えてません」
けど
「全然締まらなかったことだけは確実」
だって
「手締めすらできなかった」
んだから。。。。

 だったら
「最初から言ってくれていれば、考えて行ったのに」

「残念に思ふ」
今日この頃ではあるんだけれど、それよりなにより
「わらしの思ひを皆さんに伝えられなかったのが無念、本当に無念」
に思ふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_6196
(味噌汁が最高だぜ)


 ほんと
「こーいふ時に、その人間の実力って出るんだよねえ」
もう
「心底打ちひしがれて定宿」
へ。。。。。

 一応
「サウナ」
へ入ろうと思ったけれど
「どうしてもそんな気にならず、1分で退場」
軽く
「湯あみ」
だけして早々に就寝。。。。。

 を
「試みるも、あんまりにも無念で全く寝付けず」
もう
「本当に情けない」
。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月22日(日)一線を越えて自己嫌悪

 なかなか
快適な目覚め」
羽田へ向かったら
「締め切り一分前の一便前に乗れた」
こふいふとき、いつも
「もともと乗る予定の便が万一のことがあったら?いやいや、まさにこの便で万一のことがあったら?」
とか考えてしまふのはいつものことでござひます。。。
Img_6095
(北九へ)


 ガラガラの福岡便は定刻に着陸
「急ぎ地下鉄ー新幹線を乗りついで小倉へ」
まあ、いろいろあるんだけれど
「お打ち合わせ先」
を一歩出たら
「小雪が舞ってました」
といふことで、
「冷え切った身体を温めるべく、資さんうどん」
へ参戦。。。。。
Img_6099
(前菜)


 まあ
「普通のうどんっていやあ普通のうどん」
なんだけれど
「やっぱり違うんですよね」
はっきりいって
「資さんぢゃなきゃだめなんですよ」
つくづくおもふ今日この頃でござひます
Img_6101
(かしわうどん)
Img_6103
(ぼたもち)

 続いて、これまた
「北九州市民のソウルフード」
であるところの
OCMさん
へ初参戦。。。。
Img_6104
(初参戦)


 こちら
「いわゆるサブウェィ方式のサンドイッチやさん」
なんですけれど
「大人気の模様で、2階のお店から1階までお待ちの列が伸びてます」
ですよ。。。。
Img_6107
(オリヂナルチキン)


 よくわからなかったので、前の女史を見習って
「オリジナルチキン」
そして
「フルーツトサンド」
を注文。。。。
Img_6106
(フルーツサンド)


 どうも
「オリジナル」

「チキン」
は別のやふで
「オリジナルとチキンのミックスサンド」
やふ。。。。。
Img_6115_2
(天神へ)


 結論から言いますと
「なるほど、そーきましたか!」
でも
「サブウェィの方が野菜たっぷりでEかも」
といふところでござひます。。。。
Img_6113_2
(おいしそう)
Img_6112_2
(初めてだ!)

 福岡へ戻って
「天神へ」
せっかくなので
「朝どれいちご」
を購入してホテルでいただきましたが
「やっぱりおいしゅうござひますよ」
自己矛盾になるのは分かっているけれど
「このいちごには絶対にかなわないよ」
改めて確信する今日この頃でござひます。。。。
Img_6118_2
(圧倒的においC)


 今宵は
「ひとり飯」
あまりにも寒いので
「遠出は出来ない」
といふことで、
「キャナル内」
で検討。。。。
Img_6119
(マスターズドリーム)


 まあ、無難なところで
「松すけさん」
へ参戦を決断。。。。。
Img_6122
(つくね)

  
 ここまではよかったんだけれど、
「まさかの、もつ鍋をいただいてしまひまひた」
だって、
「ここは鶏料理だから水炊きだよねえ」
でもねえ
「水炊きは2人前から」
といふことで断念。。。。

 なんといふか
「わらしも堕ちるところまでおちたよね」
だって
「鶏料理店でもつ鍋食べちゃったんだよ!」
いふならば
「鹿児島の居酒屋で黒豚とんかつ(笑)食べるみたいなもんですよ」
もう
「年なのかしらん」
わらしが最も大切にしている
「これだけはやっちゃいけない、最後の一線を越えてしまったみたいで自己嫌悪に陥ってしまふ」
今日この頃ではあるんだけれど
「いざ食べてみると、そんなにまづくはないから困ってしまふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_6129
8なんと、もつ鍋)


 新装なった
「高温サウナ→塩素は強いけどj冷えている水風呂→適温のジャグジー」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで
「日曜日のお楽しみ=北の国から」
。。。。
Img_6126_2
(もも)


 なんといっても
「これまた名シーン数え歌の一つ」
である
「古尾谷雅人扮する長距離ドライヴァー」

「おらあ、これは受け取れん!」
このシーンはもう涙なしには見られないっすよ。。。。

 でも
「古尾谷さんは、その数年後に」
。。。。。

 それにしても
「れいちゃん、かわE よねえ」
だけど、この何年後かに
真珠夫人になってしまふ
とは誰にも予想できず。。。。
Img_6127_2
(今夜も〆は角ハイ)


 で
「ほたるちゃんも、ずうっとかわいい」
んだけれど、この数年後には
「看護師になって医者と不倫して子供産んだり」
とか、考えちゃうと
「やっぱり五郎さんの生き方、子育てとかどうなのよ?」
と言わざるを得ない今日この頃でござひますよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月16日(日)店主からの伝言

 かなり起きるのがつらいけれど
「勇気を振り絞って6時30分起床」
なんとかかんとか、支度して
「早朝うし散歩」
さすがに、
「この時期は5時台なんて無理っすよね」
そもそも
「真っ暗だしね」
それにしても
「ラジコプレミアムのおかげで鹿児島でも東京のラジオを聴きながら散歩できるのは便利だなあ」
と思ったする今日この頃ではあるけれど
「当然のごとくテレビもラジオも地方局が衰退する速度も加速する一方」
なんだろうなあ、と思ったりもする今日この頃ではあるけれど
「逆にチャンスでもあるけれど、きっとそのチャンスを活かさないで既得権だけで商売し続けようとする皆さんが多いだろうから、無理だろうなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんですよ。。。。。
Img_5922
(さむい)


 ホテルへ戻って
「サウナ→そこそこ冷えた水風呂→展望温泉」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで、お部屋へ戻って
「日経・日刊・南日本の3紙を熟読」
してひといきつきます。。。。
Img_5929
(寒すぎますよ)


 早々にチェックアウトして
「山へ登って、新年のご挨拶」
当然のことながら、
「あまり景気のよい話は。。。」
ねえ。。。。。
Img_5934
(きたあ)


 思案した結果
「丸一へ再戦」
店主曰く
「俺が現役でいられるのもあと5年だ、後悔したくない人生を送りたくなければ早めに喰いに来い!って周りの人に言っておいて!」
とのことでござひます。。。。。
Img_5939
(これはまた!)
Img_5940
(やりすぎだ!)

 まあ、確かに
「店主療養のため休業します」
なんていふ張り紙を見ることがたまにあるからなあ。。。。

 帰りの機内で
「セット スライド ヴァー」
なんて放送が聞こえていたけれど、これ
「ドアモードをアームドに変更してください」
ってやつが変わったのね。。。。
Img_5950
(後悔しない人生を送ってますよ!)


 定刻通り羽田に着陸して
「2タミ地下でK原氏と打ち合わせ」
本題よりもなによりも氏が
「南関東競馬の格付け表を携帯していることに衝撃を受ける」
今日この頃ではあるんだけれど
「一見すると、ブラックジャックのベストストラテジーみたいぢゃないか!」
と思ったりもするんだけれど
「そもそも紙ぢゃなくてもいいんぢゃないかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_5956
(まさに格が違うよ)


 まあ、それにしても
「たいしたもんですよ」
で、
「ひそかにこの1月から格付けに若干の変更があることを確認」
まあ、
「どうでもいいっちゃどうでもいい」
んだけれど。。。。
Img_5959
(加賀料理1)


 終了後、急ぎ
「ザギン」
へ出て
大志満(おおしま)」
といふ
「わらしが経営しているんぢゃないかと、よく間違えられる加賀料理の名店」
にて新年会。。。。。
Img_5960
(2の皿)
Img_5961
(3の皿)
Img_5962
(治部煮)
Img_5963
(5の皿)
Img_5964
(6の皿)
Img_5965
(7の皿)

 お料理もおいしゅうござひますが、なにより
「森伊蔵がおーるゆーきゃんどりんく」
なのに驚きでござひます。。。。
Img_5967
(ばあでハイボ0ル)


 終了後、別件
「ばあでハイボール」
お店はビル8階なんだけれど
「扉の隙間から入ってくる冷たい風に凍えてしまひます」
ですよ。。。。

 いやあ
「さすがに疲れましたですね」
荷物もあったので
「珍しくタクシーでご帰還」
今更だけれど
「我が家の寒さは格別なのに驚いてしまふ」
今日この頃ではあるんだけれど
「気を付けないと、風呂場で事故が起きかねないぢゃかいか」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧