九州

9月9日(日)誠実な方でした

 7時起床
「90分ほど、サウナー水風呂―少しだけジャグジー」

「徹底的に繰り返し、ちょっと記憶にないくらい完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただいて、お名残惜しゅうござひますが、早々にチェックアウト。
Img_0242
(名残おC)


 日曜の午前便は空席が目立つはずだけれど
「珍しくブックフル」
羽田から急ぎオフィスへ戻って盛大に雑務をこなしてから
「国技館へ」
そふ
「大相撲9月場所初日へ参戦」
させていただきます。。。。
Img_0245
(やってきました国技館)
Img_0246
(わくわく)

 まづは、おなじみ
「ちゃんこ」

「焼鳥」
をいただけば
「ここへ戻ってきたことを実感」
しますですよ。。。。
Img_0248
(ちゃんこ)


 幕下に続いて、
「協会ご挨拶」
「優勝旗返還」
など
「初日ならではの行事」
を堪能させていただいてから
「十両」
さらに
「幕内」
へ。。。。
Img_0252
(うれしSO)
Img_0253
(定番の)

 当たり前っていやあ当たり前だけれど
「幕内になると迫力が全然違いますですよね」
今日は、なんといっても
「稀勢の里」
もう、これに尽きますですよ。。。。
Img_0260
(幕内土俵入り)


 ほんと
「全部持っていきましたよ」
勝った瞬間の盛り上がりは
「ちょっと尋常ぢゃない、横綱が1つ勝っただけなのにねえ」
と思ったりする今日この頃ではあるけれど
「まあ、とにかく盛り上がってなにより」
と心から思ったりもする今日この頃でござひます。。。
Img_0265
(稀勢の里土俵入り)


 今場所は
「中日参戦といふ選択肢もあった」
けれど
「いつまで三横綱が見られるか分からないので初日」
に足を運べて、よかったですわ。。。。
Img_0282
(どきどき)
Img_0284
(勝ってよかったね!)

 今宵は
「元琴欧洲 鳴戸親方」
を囲んでの御食事会。。。。
Img_0289
(おいC前菜)
Img_0291
(超おいCふかひれス-プ)

 会場は思案した結果
「桃花林さん」
我ながら
「この選択は正しかった」
と思ひますですよ。。。。。
Img_0292
(北京ダック)
Img_0294
(ほてて)
Img_0295
(牛)


 いつもは
「五目つゆそば」
しか食べないけれど
「今更ながら、オークラの中華っていふのは、何食べてもおいしゅうござひます」
ですわ。。。。
Img_0296
(エビチリ)
Img_0298
(マーボー豆腐)

 おいC
「オーセンティックな中華」
をいただきながら
「俺は一週間の体験と言われて、騙されて連れてこられたぞ問題」
「1枚800JPYのお好み焼きへ連れて行って、10人で10万JPYとは大変だぞ問題」
「特別扱いは全くなかったけれど、それがよかったんだ問題」
「実はヨーグルトは日本の方がおいCぞ問題」
「わらししかいないから、海外旅行などありえないぞ問題」
といった角会ならではの難問を討議した結果
「とにかくまじめにやるしかない、そうすれば結果はついてくる」
といふ、
「ちょっとわらしには荷が重い結論」
が出たところでお開きでござひます。。。。
Img_0299
(やきそば)
Img_0300
(杏仁豆腐)

 それはともかく
「福浦が2本、それもホームランまで打ってあと4本!」
いやあ
「あと4本ですよ!」
今週末からはマリンが続くから
「地元での達成がいよいよ現実味を帯びてきましたね」
なんか
「うれしい」
やら
「さみしい」
やら複雑な気持ちでござひますですよ。。。
Img_0301
(いくらなんでもでかすぎる)


 それにしても、
「夜になっても、続々とテレビを撮影した画像が送られてきますね」
つくづく
「みなさん相撲見てるねえ、好きだねえ」
と思ひつつ、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月8日(土)超完璧に整う

 8時まで
「10時間熟睡」
実は
「6時にいったん目が覚めたけれど、まあいいや、ともうひと眠り」
早速
「サウナー水風呂ージャグジー」

「1時間ほど徹底的に繰り返して、もう完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただいて、一息つきます。。。。
Img_0202
(軽めに)


 まあ
「至福のひと時ですな」
もう
「なにもする気が起きなくなる」
けれど、起き出して
「天神へ」
10月の打ち合わせを済ませてから
豊前うどん
とやらをいただきましたが
「稲庭うどん」
のやふでござひまひた。。。
Img_0209
(豊前うどんさん)


 やっぱり
「福岡へ来たら資さんうどん食べたいなあ」
とおもふ今日この頃であるけれど
「ファンドが盛大に出店展開するやふだけれど、なんかそれも違うんだよなあ」
と妙に残念に思ったりもする今日この頃でござひますですよ。。。。
Img_0214
(桃パフェ)


 客人と共に、
プリンスオヴフルーツさん
ちょうど1年ぶりの参戦となりますが
「相変わらず、マダムたちでにぎわってますよ」
思案した結果
「桃パフェ」

「キーツマンゴーパフェ」
をいただくことに。。。。
Img_0217
(キーツマンゴーパフェ)


 正直
「まだ桃やってるだ?」
と思ったりもする今日この頃ではあるけれど
「十分おいしゅうござひますですよ」
この内容だったら
「わが軍なら、あと500JPYは高く設定しちゃうだろうなあ」
とおもひつつ、おいしくいただいて退場。。。。

 一旦ホテルへ戻って
「サウナー水風呂」

「徹底的に繰り返したら」
一気に眠くなってしまひまひて
「気持ちよくお昼寝タイム」
を。。。。
Img_0225
(刺し盛り)


 夕方
「軽くサウナー水風呂」
をくりかえして、さらに整ったところで
客人に予約していただいた、あんどうさん
へ初参戦。。。。
Img_0227
(皮が大根の餃子です)


 いわゆる
「個人経営の創作料理」
ってやつでして
「大根餃子」
がおいしゅうござひまひたが
「まあ、一回でいいかしらん」
といふことで。。。。
 
 ほんとねえ
「感じよい大将で地元密着店ですね」
これはこれで
「素晴らしい」
と言わざるを得ないですわ。。。。

 続いて、
「是非うしさんに紹介したい店がある」
とのことで
「スフレとワインのバー?」
へ転進することに。。。。
Img_0232
(かっこつけちゃって)


 これねえ、久しぶりに
「う~ん」
でしたねえ。。。。。
Img_0236
(スフレだって)


 もうねえ
「うまい・まずい以前の問題」
申し訳ないけれど
「あれぢゃだめ、客人には申し訳ないけれど、もう二度と行かない」
ですわ。。。。
Img_0238
(バイウォーク)


 9時過ぎには戻って
「サウナー水風呂ー少しだけジャグジー」

「1時間ほど徹底的に繰り返します」
なんかもう
「これ以上ない整い方ですわ」
力尽きながらベッドの中で
「永野護箸 敗戦真相記」
を読了したところで、力尽きて22時過ぎには意識遠のく。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月7日(金)熊本に湯らっくすさんアリ!

 6時起床、今朝は
「猛烈な便意に襲われることなく」
気持ちよく
「1時間ほど、ニッポン放送を聞きながら散歩」
確かに
「気持ちいいことは気持ちいいんだけれど、ものすごい湿気ですね」
もう
「汗ビッショリですわ」
そのまま
「水風呂へ」
もうねえ
「温泉よりサウナより水風呂ですよ」
これなかったら
「とても生きていけませんし、早朝ウォークも無理」
でござひます。。。。
Img_0169
(おはようござひます)


 それにしても
「1時間歩いただけで、すいかTしゃつが臭くてたまらんですよ」
これ
「加齢臭も加わっているのか?食生活に問題があるのか?」
まあ
「両方合わせ技」
とはおもふけれど
「4泊だと最低8枚くらい持参しないと足りない」
ですわ。。。。
Img_0171
(気持ちE)


 名残おしゅうござひますが
「早々にチェックアウトして武岡の主治医」
へ駆け込み
「体の手入れ」
なんかねえ
「すっかり人気が出てしまって、予約を取るのが大変ですよ」
ようは
「HP作って、SEO対策を重点的に施したから」
とのことですが
「ここまで劇的に変わるのか」
ってご本人も驚いているとのことでござひますが
「まあ、一度来れば違いが分かるからなあ、きっかけさえあれば」
ってことですよ。。。。。
Img_0175
(駅弁)

 
 いつものことだけれど
「柔道整復師・あんま・マッサージ・接骨院・整骨院・カイロ・リラクゼーション」
の違いって分からなんですよね
「柔道整復師が保険適用って、本当に闇ですよ」
つくづく
「金丸信先生恐るべし」
あらためておもふ今日この頃でござひます。。。
Img_0177
(熊本へ)


 お弁当をいただきながら
「みずほ号にて熊本へ」
これねえ
「みずほ号なのに、久留米に止まるは、車内販売がないわでびっくり」
車掌さん曰く
「臨時扱いなので、車内販売がないんですよ。ただし、本州へ直通するみずほ・さくらは基本的に車内販売あるけれど、それも時間制限があるって、意味不明だよ。最初は新八代ー鹿児島中央のみでも盛大に美人さんが乗車していたのに」
とおもひつつ、あっという間に到着。。。。。
Img_0181
(ご迷惑をおかけしております)


 今年はねえ
「ご迷惑をおかけしてますよ」
本当に
「心から申し訳なくおもふ」
今日この頃でござひますがので
「できる限りのことを」
。。。。。

 夕方から
リニュウアルオープンしたといふ、湯らっくすさんへいやあ
「想像をはるかに超えてました」
だって
「飲める水風呂」
「日本で最も深い171センチ」
これ
「本当にすごいですよ」
冗談ぢゃなく
「溺れそうですよ」
非常用の?浮き輪も完備してましたが。。。。
Img_0185
(すばらしい)


 サウナも3つあって
「ヒーリングミュージックが流れて、お外を眺めながら、セルロウユウって完璧ですよ」
もうねえ
「サウナー水風呂を徹底的に繰り返しました」
唯一の欠点?は
「天然温泉の浴槽が小さいくらいかな?」
これは
「全国からサウナーが集まってきますね」
プロサウナーいわく
「マーケティングの匂いが強すぎる」
といふ、
「なるほど、さすがはサウナとマーケティング共にプロ中のプロ」
と思わせる分析ではあるけれど
「それでもいいよ、これだけのサウナと水風呂つくってくれれば!」
と心から感動しながら熊本駅へ戻って、さくら号で博多へ。。。。
Img_0186
(またね!)


 すっかり定番になった
正福さん
て一献、といふか
「晩御飯」
ですね。。。
Img_0187
(生姜焼きハーフ)
Img_0188
(ごまさば)

 相変わらず
「何食ってもおいC」
んですよねえ。。。
Img_0189
(ポテサラ)


 ただねえ、最近は
「おばさんの圧がなくなった、常連として認定してくれたのかしらん」
と、
「うれしく思っていたら」
今日は
「久しぶりに徹底的にやられました」
ですよ。。。
Img_0196
(たまごやき)
Img_0192
(野菜炒め)

 ここ
「たいていのおかずは、ハーフがあるんですよね」

「から揚げハーフ、生姜焼きハーフ」
などを注文した後に
「ポテサラハーフ」
って注文しようとしたら
「うちは、ハーフはありません!」
って店中に響き渡る声で。。。。。
Img_0195
(豚汁)


 だけどさあ
「ほとんどのメニューにハーフあるぢゃないですか!」
と少しだけ言ようかしらん、と思ったりもする今日この頃ではあるけれど
「久しぶりに盛大に一喝されて、妙にうれしく思ったりもする」
今日この頃でるけれど
「まあ、基本Mだからねえ」
と改めて思ったりもする今日この頃でござひます。。。
Img_0194
(ごはん)


 いつもとおり
「森さんのハイオールを1杯やってから、中締めはバスキンロビンでダブル」
大締めは
「高温多湿な上質なサウナー水風呂」

「徹底的に繰り返せば」
ほんと
「完璧に完璧に整いますですよ」
23時前には意識が遠のき、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月6日(木)つなぐ喜び

 6時起床
「速やかに出発」
なんだけれど
「北の大地で大きな地震発生」
といふ
「衝撃的な事態が飛び込んできた」
まあ、とりあえず
「ニッポン放送を聞きながら散歩へ出発」
したけれど
「おくさん!猛烈な便意が襲ってきましたよ」
ちょっと
「あまりにも強烈な便意なので、遺憾ながら30分ほどでホテルへ戻り」
自室までもちそうにないので
「ロビー階のトイレへ飛び込んだら、和式のみヴェーカントだったので、慌てて脱ぐ」
いやあ
「なんともまあ、大量のアレが。。。。」
ほんと
「ちょっと最近ではみたことのない大量の。。。。」
おもわず、見入ってしまひまひた。。。。
Img_0138
(おはようござひます)


 ちょっと
「サウナって感じでもない」
ので
「水風呂とぬるめの温泉」
を軽く繰り返して早々に撤収。。。。
Img_0139
(遺憾ながら早々に撤収)


 それにして
「安平町で6強とは。。」
さっそく
「現地のみなさんに連絡を取りました」
けど
「人馬共に無事」
とのことだけれど
「全道290万世帯が停電って信じられないですね」
どうも
「すべての火力発電所が苫東あたりに集中しているよう」
ではあるけれど
「それにしたってねえ」
とおもひますですよ。。。
Img_0143
(諸般の事情により)


 9時ちょうど
「エレベーターで2階へ下りてイヴェントに参加」
いやあ
「アンバサダー就寝後、初めてのアレなんだけれど、盛大な歓迎に恐縮してしまふ」
今日この頃でござひます。。。
Img_0145
(おなじみの部長さんの開会宣言)


 ある程度予想されたこととはいへ
「おくさん!知っている人多過ぎですよ!」
自分でいふのもアレだけれど
「いくら故郷であり、大使であっても、大したもんだなあ」
とあたらめておもふ今日この頃でござひます。。。。

 一旦退場して
「めっけもんでかるく廻します」
同行の魚のプロいわく
「これは立派なもんだ」
と感心していただいたようで
「心から嬉しくおもふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_0148
(知り合いばっかしでした)


 ただし
「いjくら朝盛大にアレしたとはいへ、午前中はそこそこ試食」
したりもしたので
「普段の半分くらいのお皿しか食べれず」
まあ
「あの方が不在」
といふ特殊事情もありましたが。。。。
Img_0151
(しお3カン)
Img_0155
(ヒラマサ)

 山へ登って
「昨日発見した、大名ソフトクリーム」
これ
「500JPYといふ、とんでもなく高い価格設定」
ですけれど
「たしかにおいしゅうござひます」
これ
「なんだかよく分からないけれど、溶けにくそう」
そふ
「昔、京都でなおキングと食べた、溶けないソフトクリームみたい」
でござひまひた。。。。
Img_0156
(山へ登る)


 それにしても
「山の館内」
さらに
「天文館でも、合計3人様とバッタリ」
いきなり街中で
「うしさん」
って声をかけられても
「びっくりしないから、立派なもんだよなあ、これなら大使としての資格あるかも」
と、少し安心いたしましたですよ。。。。
Img_0158
(へえ)


 よくご一緒する
「知覧のお茶屋さん」

「東京で催事したい」
とのことなので
「早速、関係各所へその場へご連絡」
まあ
「アンバサダーのお仕事」
でござひますから。。。。

 ホテルへ戻って
「みなさんと近況と盛大に語り合う」
香港へ出た
「あの方も2店目は厳しい」
とのことだけれど
「コーズウエィベイとチムサチョイでそこまで客層、客単が異なるとはビックリ」
そふいへば
「来年、わが軍のおひざ元へも再度進出してくるんだよねえ、立派なもの」
でござひます。。。。

 それにしても
「よく話とか人と人とがつながるよね、面白いくらい話ってつながるよ」
いふまでもなく
「お金には全くならないけれど、こうしてどんどんつながるって、うれしゅうござひます、まあ今後のわらしの生甲斐そのもの」
って言っても過言ではないなあ、と改めておもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_0160
(バッタリ会いすぎだよ)


 夕方
「不幸の電話が連発して入る」
いふまでもなく
「北の大地に比べれば全然大したことない」
んだけれど
「疲れました」
勿論
「いいこともあれば、遺憾なこともある」
とはわかっておりますが。。。。。

 全然おなかすいていないんだけれど
「諸般の事情により丸一」
もう
「かつだけ食って、ご飯はほぼ手つかずで申し訳ない」
です。。。。。

 さすがに
「このままぢゃいけない」
といふことで
「バイウォーク」
で、ご帰還。。。。

 不謹慎化もしれないけれど
「NHK全国ニュースに、福井アナが登場すると安心するね」
これで思ひがすのは
「東日本大震災の時、登坂アナが急きょ応援に東京へ参戦していたときも、一部マニアの間では盛り上がった」
のを思ひだしました。。。
Img_0167
(かんりきつい)


 それひしても
「深夜三時だから、ほとんど火を使っている人もいなかったし、9月頭だから、冷房なくても、暖房なくてもなんとかなる、って言ったら怒られるかなあ」
それにしても「
「それにしても道内完全に停電って、北電は責めらても仕方ないよね」
NHKテレビでは
「スマホの電池を持たせる方法」
を常時告知しているけれど
「その情報が必要な方はテレヒ見れないんぢゃないのかしらん」
。。。。。。

 なんか
「とってもとっても疲れました」
サウナはパスして
「ぬるめのお湯とぬるめの水風呂を軽く繰り返して、そこそこ整った」
ところで、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月5日(水)大使召還

 5時起床
「上ちゃんラジオを聴きながら羽田へ」
上ちゃんは
「定年ラジオを出版したんだよね」
そふ
「上ちゃんが定年なんだもん、わらしだって50過ぎるよね」
なんか
「複雑な思ひで羽田へ到着」
したら
「乗務員繰りの為?6時40分が30分遅れの7時10分発へ遅延」
とのことで
「ラウンジでゆっくり」
なんだけれど
「ここのおにぎり、パン、スープも飽きたよ、全然おいしくないんだもん、有料でいいから国際線ラウンジのカレーとか、うどんとか食べさせてくれないかしらん、商品戦略部へ嘆願書を提出してみやふかしらん」
とおもひつつ、バスに乗ってご搭乗。。。。
Img_0110
(天国)


 いやあ
「おくさん!おなかいたいですよ!トイレ行きたいですよ!」
普通は
「この早朝便なら離陸前に就寝のはずんだけれど、それどこぢゃないですよ」
ほんと
「いつベルトサインが消えるのか、気が気ぢゃないですよ」
大げさでなく
「上昇中だろうが、トイレへ駆け込む寸前でした」
また、
「こういうときに限って、揺れが続ているためシートベルトサインが点灯してます」
なんだけれど
「ベルト外して、脂汗流しながら待つこと1時間」
ようやく
「ポーン」
といふ音と共に
「トイレへ駆け込んで事なきを得ました」
けれど
「久しぶりにやばかったですね」
ほんと。。。。

 まづは
「湯之谷山荘」
いやあ
「貸し切りですよ」
大げさでなく
「今一番のお気にいりですよ」
なんといっても
「熱湯・ぬる湯・冷泉」

「3つの源泉かけ流しを堪能できるって、ほかにあまり知らないですよ」
といふことで
「推定44度・推定41度・推定22度の極上の温泉を徹底的に堪能します」
休憩をはさんで
「2時間たっぷり独り占め」
させていただいて
「超完璧に整った」
ところで市内へ。。。。
Img_0115
(お久しぶりです)


 2か月ぶりの
「丸一はやっぱり最高ですね」
それにしても
「以前にもましてお待ちの列ができてますね」
本日は
「昼の部終了後に、小一時間ほど込み入った打ち合わせ」
をさせていただいて
「懸案事項を解決」
させていただきましたですよ。。。。
Img_0118
(別格)


 急ぎ
「山へ登る」
本日は
「かなり偉い方」
といっても
「実は同級生」

「アンバサダー就任の報告と御礼ですね」
そして
「これからも一緒に鹿児島のためにやっていきませう!」
と固い握手を交わして解散。。。。
Img_3018
(山に登る)


 一旦ホテルへチェックインしたら、
「総裁候補石破茂くん講演会」
なんて看板が出ていて
「大いに衝撃を受ける」
これは
「飛び入り参戦させていただこうかしらん」
と真剣に思ひますですよ、だって
「安倍・麻生体制が続いちゃ終わりですよ、この国は」
ほんと。。。。
Img_0123
(おお!)


 今宵は
「膳」
にて
「当地のみなさんと懇親会」
ただねえ
「あまりにもお昼がボリュウムありましたよ、時間も遅かったしねえ」
これは
「加齢によるパワーダウン」
ではなくて
「誰だって食えねえだろ」
といふことでござひますけどね。。。。
Img_0126
(おつくり)
Img_0131
(さつま揚げ)

 ただし、
「相変わらず、何食ってもうまいっすよね」
今日のところは
「薄めの三岳」
に集中しましたが。。。。
Img_0133
(薩摩黒牛)
Img_0128
(ポテサラ)


 いやあ
「たのしゅうござひまひた」
そして
「方向性が固まってなにより」
そして
「福メーター更新1993」
いい気持で倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日(水)大使館?大使公邸?

 7時起床、速やかに
「サウナー水風呂ージャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
を美味しくいただけば、もう
「これ以上ないくらい完璧に整います」
ですよ。。。。
Img_8020
(コンプリメンタリーな朝食)
Img_8021
(ウォーターメロン)

 お部屋へ戻ると、一ふぁんさんから
「南日本新聞」
が送られてまひりまひた。。。

 まあ
「先日も登場したばかり」
ではあるんだけれど
「故郷の新聞に登場」
するといふことは
「日経に登場するよりも光栄だなあ」
と心から嬉しく思ふ今日この頃ではあるけれど
「マンション購入を検討チューまで書いちゃって、色々な業者から資料が送られてきたらどーしよう?」
と少々不安になったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_8022
(ふるさとの新聞)


 予定を2本ほど早めて
「急ぎ帰京」
して本社へ戻って
「徹底的に雑務」
いやあ
「中国地方の交通事情の影響が少なからずありますね」
たしかに
「中国道・山陰道は通行可能だけれど、トラックがない、新規の荷物を受けてくれない、路線便でも大阪や東京まではJR貨物を使っているからどうにもならない」
とか諸事情が分かってきましたですよ。。。。

 1か月前からの、K川氏のお誘いに甘えて
「平日の所沢へ参戦」
ほんと
「西武ドームの平日ナイター参戦なんて10年ぶりくらい」
ぢゃないだろうかしらん。。。。
Img_8037
(暑い暑すぎですよ)


 とにかくねえ
「暑い暑すぎですよ!」
ほんと
「灼熱ですわ」
マリンも暑いけれど
「風があるぢゃないですか、ところがここは全くの無風の上、熱がこもるんだよね」
もう
「座っているだけで汗が噴き出してまひります」
ですよ。。。。

 試合はですねえ
「予想通り西武の大勝ですね」
それはともかく、
「試合途中に、K川氏が行方不明になりました」
ですよ。。。
Img_8032
(使用前)


 おトイレへ行ったはずなんだけれど
「30分も帰ってきません」
ようやく帰ってきたと思ったら
「おくさん!ライオンズのTシャツに衣替え」
とは
「びっくり」
でござひます。。。

 なんでも
「焼鳥のタレを着用していたシャツにこぼしてしまったので、急きょ購入」
したとのことでござひますが
「背番号入りは恥ずかしいので、背中無地を探すのが大変だった」
とのことでござひますが、
「たいして違いはねえだろう」
と心の中でささやいてしまひまひたですよ。。。
Img_8049
(使用後)

 あまりにも暑いので
「代打福浦が四球で交代」
したところで早々に撤収。。。。

 いつも思ふけれど
「15分まって西所沢行きに乗って2駅で乗り換え」
さらに
「所沢で乗り換えって面倒だよね、府中競馬正門前と全く同じ」
まあ
「レッドアロー号が来たからよかった」
けれどねえ。。。。

 帰宅すると
「セレクションセールのカタログが到着」
しているといふ
「憎い演出?」
だけれど
「買わないものは買わないですよ」
そんなことより
「栗の時計は、今日も15-15だった、もう少し早めを出さないとねえ、いや出せないのかしらん?」
と気になって気になって仕方ない今日この頃でござひますですよ。。。

 まあでも、
「そろそろ本気で大使館?大使公邸?の購入を本気で検討しないとねえ、でも条件があうのがないんだよねえ」
とか色々考えつつ、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日(火)薩摩大使委嘱

 6時起床、久しぶりに
「お散歩ですよ」
そふ
「やっぱり今日、歩かないわけにはいかないぢゃないですか!」
ほぼ誰もいない遊歩道を
「朝日を浴びながら、90分ほど歩きますですよ」
もう
「汗びっしょり」
だけれど
「最高の朝を満喫」
させていただきます。。。。。
Img_7966
(幸せ)


 そふなんだよね、
「やっぱり、ここなんだよ、わらしのいるべき場所はここしかないんだよ」
改めて身体全体で感じざるをえない今日この頃でござひます。。。
 
 当たり前なんだけれど
「汗をたっぷり吸ったすいかTシャツは臭いですわ」
まあ
「加齢臭も混じっているんだろうけれど、とんでもなく臭い」
っすよ。。。。
Img_7933
(汗で臭くなったすいかT)


 サウナはパスして
「水風呂に飛び込んでクールダウン」
つくづく、
「水風呂なんだよね」
そふ、軽蔑されるのを覚悟で書くけど
「水風呂さえあれば、サウナはマストではないですよ」
だって
「水風呂とお風呂を交互に入れば、それだけで整っちゃう」
からねえ。。。。。
Img_7972
(無事に到着、さすがはヤマトさん)


 お部屋へ戻って
「ヤマトさんのサイトで確認」
すると
「おくさん!荷物がお届けチューとなってます」
早速、お電話して
「なんとか10時までにもってきてください!」
とお願いすると
「快く引き受けてくれました」
ですよ。。。

 結果として
「9時30分にドライバーさんから着信」
あって
「今さっきロビーへ置いてきました」
と連絡をいただきました。
Img_7975
(県庁さんへ)


 いやあ
「やっぱりヤマトさんは素晴らしいですわ」
あまり言いたくないけれど
「お客さんがどれだけ、この荷物を急いでほしがっているかを理解してくれました。それに比べて。。。。」
まあ、
「仕方ない」
けどね。。。。
 
 といふことで
「バーバリースーツにゼニアのネクタイを締めて向かうは県庁さん」
でござひます。。。
Img_7984
(謹んでお受けいたします、薩摩大使の名に恥じぬよう今後とも精進いたします)


 実はですね
「薩摩大使の委嘱式でござひまひた」
ほんと
「ようやく、ここまできたなあ」
と、
「心から心から嬉しく思ふ」
今日この頃でござひますですよ。。。。
Img_7987
(今日は特別です)


 わらしのおもひって
「一方通行ばっかりだった人生です」

「こうして、受け入れてもらえたって、経験ってそんなにないもん」
ほんと
「一ふぁんさんはじめ、薩摩の皆さんのおかげ」

「心から心から感謝させていただこうと思ふ」
今日この頃でござひますし
「今後もさらに、薩摩の為に身を粉にしてがむばらねば!」
と、
「桜島さんに誓わせていただきました」
ですよ。。。。
Img_8010
(博多へ)


 報告に
「丸一さんへ」
いやあ
「皆さんに喜んでいただきましたよ」
といふことで
「胸いっぱい、お腹いっぱいで、完食するのがやっと」
でござひます。。。
Img_8003
(こちらでスタート)


 晴れやかな気持ちで
「さくら号」
に乗って
「故郷鹿児島を後に福岡へ」
むかひます。。。
Img_8002
(角ハイで祝杯)


 いやあ
「とにかく暑くて暑くて」
当たり前だけれど
「長袖シャツにスーツはつらいですよ」
まづは
「客先へ出向いて、報告を兼ねて打ち合わせ」
ほんと
「福岡の皆さんにもお喜こびいただけて、同じ九州人としてうれしゅうござひます」
ですよ。。。。
Img_8007
(ナポリタン)


 一旦ホテルへ入って
「サウナー水風呂―ジャグジー」

「徹底的に繰り返して」
もう
「完璧に整った」
ところで、いつものお店にて祝杯。。。。

 今朝ほどのは撤回ですね
「当地のサウナと水風呂は別格に気持ちいいんですよ」
だから
「薩摩大使といへども、絞りきれないんだよなあ」
ほんと申し訳ないけれど。。。。
Img_8013
(この方も薩摩です)


 今宵は
「角ハイ」

「ナポリタン」
でスタート。。。。

 河岸をかえて
「ラフロイグ」
飲み比べると、
「やっぱりラフロイグはさらにおいしゅうござひます」
ですよねえ。。。。

 とにかく
「大きな仕事を終えて、疲れ果てました」
といふことで
「21時には解散」
させていただきました。。。。
Img_7999
(塩派ぢゃないし、街中で注目される)


 お宿へ戻って
「サウナ―壬生風呂」

「徹底的に繰り返して、もう完璧に整った」
ところで、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

 皆さんにお願いがござひますが、今後は
「大使」
もしくは
「アンバサダー」
と呼んでほしいなあ、と心からのお願いをしておこうと思ふ今日この頃でござひまですよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日(日)西郷どんの足跡

 今朝は
「恒例の散歩は断念」
ゆっくり寝かせていただき
「軽く湯あみ」
してから
「二度寝」
いやあ
「目の前には暗雲」
が迫ってまひりまひた。。。。
Img_6973
(あらら)
Img_6970
(こりゃ無理だ)

 これ
「8年位前に一度あったくらいのヤバさですよ」
その時は
「車のガラスに黒い物体がボトボト落ちてきましたですよ」
今日は
「台風の影響もあって南の方へ強い風にのって流れている」
やふでござひますが。。。
Img_6978
(暗雲迫る)


 もう
「スルーするわけにはいかなくなった、めっけもん」
へ参戦なんですけれど
「今日はいつも以上に満足感あります」
ですよ。。。。
Img_6982
(市場からのめっけもん3カン)


 なにがすごかったかって、
「和牛ですよ」
そふ
「日本一になった鹿児島産黒毛和牛」
を使った
「西郷(せご)どんの足跡」
なる、お寿司でござひます。。。。
Img_6981
(いか)


 基本的に
「肉寿司」
とか
「変わり寿司は嫌い」
なんだけれど
「まあ、これは寿司といふより、ただの焼肉」
だから
「これなりアリ!」
でござひます。。。
Img_6989
(肉厚うなぎ)
Img_6991
(マグロ3カン)

 ところで、その
「和牛日本一」
っていまだに良くわからないっすよ
「種牛部門やら、立ち姿部門とかあって」
必ずしも
「日本で一番おいしいってわけでもない」
やに伺っておりますですよ。。。。
Img_6996
(びっくり)


 それはともかく、
「いつものやふに盛大に歓迎され、盛大に見送りを受ける」
ので
「恥ずかしくて、恥ずかしくて」
もちろん
「少しは慣れた」
とはいへ。。。。
Img_6998
(こんな寿司もアリ)


 おいしくいただいて、表へ出たら
「おくさん!カールおじさんですよ!」
そふ
「関東には絶対に姿を現すことがないだろう、カールおじさん!」
ですよ。。。。
Img_7005
(カールおじさんだ!)


 群がる母子を押しのけて
「早速撮影!」
いやあ
「心からうれしゅうござひます」
いつの日か
「東日本でもカールおじさんに再会できる日が来ることを心から心から願って」
お別れ。。。。
Img_7009
(やっぱりおいC)


 フライト前に
「湯之谷山荘で湯あみ」
地元の
「湯治のおじいさんと、お話しさせていただき」
1時間強たっぷり滞在して
「すっかりリフレッシュ」
させていただきましたですよ。。。

 空港のコンビニで
「サンドイッチを購入しようとしたら、なんと消費期限切れ」
しかも
「レヂさんが交換にいったら、再度消費期限切れ」
まあ
「明日は我が身」
ではあるけれど。。。。。
Img_7010
(日本一といっても過言ではない)


 ラウンジでは
「ソフトドリンクのマシーンが故障」

「コクゼロが飲めない」
だったらさあ
「ペットボトル置くとか、少しはヤル気みせろよ!」
なんかねえ。。。。

 帰宅後
「盛大に揉める」
まあ
「仕方ない」
わねえ。。。

 といふことで
「サンジャポ・そこまで言って委員会」
と続けて、早々に就寝。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月16日(土)暗黒の薩摩

 当たり前っていや当たり前だけれど
「6時30分まで完璧な熟睡」
もう一時間余計に寝る選択もあるんだけれど
「サウナー水風呂ージャグジーを徹底的に繰り返すことを選択」
完璧に整ったところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただいて、早々にチェックアウト。。。。
Img_6919
(コンプリメンタリーな朝食)

 8時30分の
「みずほ号」
はさすがに早く
「ウツラウツラ」
している間に到着。。。。
Img_6921
(お迎えの車は灰まみれ)


 お迎えの車に乗って
「大隅半島」
へ向かひます、まづは
「お馴染みの、うな重」
なんですけれど
「これが、注文から5分ほどで登場」
しちゃうし
「なんか、ゴムみたいな食感」
たしかに
「ボリュウムは凄いっすよ」
もちろん
「ここから5キロほどのところに鰻の養殖所があるから、産地直送?」
とは思ひますが。。。。。
Img_6922
(3500JPYは確かに安いけど)


 あの
「伝説の上質なCM」
にも登場した
「上質なパッションフルーツ」
そふ
「1年ぶりの参戦」
でござひます。。。。
Img_6926
(まさにこれからが旬)


 いやあ
「みなさん、お元気そうでなにより」
と心から嬉しくおもふ今日この頃であるけれど
「いつも相撲に映っているよ」
と第一声を上げられたのには、戸惑ってしまふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_6932
(2通りの収穫スタイル)


 行きは高速だけれど、帰りは
「フェリー」
船に乗っているときは分からなかったんだけれど、下船すると
「目の前には暗黒の闇が広がってました」
そふ
「ちょっと最近では記憶にないくらいの灰」
でござひます。。。
Img_6944
(あらら)
Img_6946
(あららら)

 今朝ほど、
「一ふぁんさんから送られてきた写真」
で確認済ではあったけれど
「実体験すると、衝撃を受けますですよ」
これねえ
「風向きによって、かなり限定的に降るんだよね」
今回は
「県庁から南、それこそ谷山の方までが危険なエリア」
らしいですわ。。。。
Img_6955
(やばい)


 軽く
「湯あみ」
してから
「丸一へ」
本日は
「ちょっと込み入った話」
があるので
「閉店」
まで待って、じっくりと。。。。
Img_6958
(お元気そうです)


 帰りは
「いつものように徒歩」
なんですけれど
「たしかに天文館から甲突川あたりまでは灰は、さほどなし」
ただし
「歩いていると、口の中がジャリジャリしてきますね」
途中で
「タクシー」
の誘惑にうちかって
「なんとか無事ホテルへ」
ご帰還。。。。
Img_6962
(盛大に)
Img_6963
(本日のデザート)

 JR西の副社長氏が会見したけれど
「栄氏やらN大関係者とは格が違いますな」

「小倉で止めておけばよかった」
とか批判しているけれど
「まあ、仕方ないっすよ」
今回は
「JR西は完全に被害者だよ」

「52歳の介護士の方の遺族には、どれくらいの損害賠償が請求されるんだろうかしらん?」
と少しだけ考えつつ、力尽きて早々に就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月15日(金)鉄道員(ぽっぽや)魂

 当たり前だけれど
「全然眠れないですよ」
それにしても
「徳山まで動かしたのに、接続する在来線動かさないってどーいうつもりですかね?」
それこそ
「下関あたりまで在来線動かしてあげれば、かなりの人が助かるのでは?」
とか思ったりしてますが、
「みなさん一旦改札を出てセブンかなんかへ買い出しに行っているやふだれど、そんな気力もなし」

「座ったり、ホームをウロウロ」
したり。。。。。
Img_6883
(とても眠れません)

 
 1時30分過ぎに
「第一回目の物資が配給される」
アナウンスでは
「簡単な御食事と飲料水」
って言っていたけれど
「だれも手をつけないでしょ」
ねえ。。。。
Img_6881
(一回目の配給)


 えっと、
「車内がだんだん暑くなってきて、ホームへ出たり改札へ行ったり」
だって
「車内のトイレ終了ですよ」
なんか
「悪臭が漂ってきました」
どうやら
「備蓄の水が底をついてきたよう」
でござひます。。。。
Img_6882
(眠らない街徳山)


 徳山っていふのは
「目の前が海であり、工業地帯がきれいですよ、トクヤマさんやら、ゼオンさんやら」
ぜんぜん違うけど、午前中通った
「瀬戸大橋を挟んで、本州にも四国側にも遊園地やらリゾートホテルの残骸があるんだよね」
つくづく
「バブル恐るべし!」
と心からおもふ今日この頃であるけれど
「このような昔からの工業地帯の灯りが灯り続けているおかげで、この国はなんとかやっていけるんだから、心からありっがたくおもふ」
今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_6886
(開けない夜はない)


 5時前に改札へ下りたら
「6時ちょうどに動き出します、ただしどこの駅に止まって、どこまで行くかはわかりません。現場検証が終わったかもわかりませぬ」
とのことだけれど、常識的に考えれば
「事故現場は小倉ー博多間なんだから、最悪小倉までは行くでしょう、おそらく各駅停車で。おそらく小倉ー博多間は折り返し設備があるだろうしね」
みなさんが検討しているのは
「5時33分発の在来線の下関行きへ乗るべきか?」
といふことですが、
「新山口、下関でもこのまま新幹線に乗っていくべきでしょう」
とか話しているうちに
「6時出発、各駅に止まります、博多まで参ります」
といふ
「天の声」
が降りてきて
「ひと段落」
でござひます。。。。
Img_6884
(おお!)


 車内へ戻り
「5時30分 第二回物資配給」
今度は
「セブンのおにぎり、パン」
そういへば
「JR西のキオスクはセブンになったんだよね、でも徳山中のセブンから物がなくなると、毎朝買いに行く地元の皆さんが困らないかしらん」
と思ったりする今日この頃であるんだけれど、同様の例って
「わらしが遠征先で買う1紙しか入荷していない競馬ブックを買ってしまったときは、毎週購入していう方が途方に暮れてしまったりしてないかしらん」
とか考えながらも購入するから、仕方ないのかしらん、と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_6887
(おつかれサマー)
Img_6888
(第二回配給)

 6時ちょうど
「ゆっくりと動き出しましたよ」
てっきり
「車内は拍手に包まれる!」
と思っていたのに
「拍手したのはわらしだけでガックシ」
なんだけれど、
「ホームの先端に10人ほどの駅員さんが一列に並んで、我々に向かって頭を下げ続けている姿を発見して、おもわず涙ぐんしてしまひまひた」
ですよ。。。。
Img_6889
(こだま191号出発進行!)


 例によって
「これが、鉄道員=ぽっぽや魂!」
とかとか言いそうな方もいるけれど、
「純粋に感動してしまひまひた」
。。。。

 6時ちょうどに出発した
「こだま971号」

「前がつっかえることもなく、後ろに先を譲ることもなく快走」
当たり前かもしれないけれど
「厚峡駅以外はそれなりも降りる方多数」
でもさあ、
「だったら、深夜に低速でもいいから、小倉まで運行できなかかったのかしらん?それ以前に鼻先が破壊された700系が新下関から動いていなかったのかもしれないけど」
どうも
「0時~6時までは絶対に走ってはいけないといふことではなさそうですよ」
しかも
「前につっかえているわけではなかったわけだしね、実際保線っていっても、少なくとも徳山駅周辺はやっていなかった」
しなあ。。。。

 無事
「6時55分博多駅到着」
といふことで
「この列車が最も早く博多へ到着した」
といふことで
「岡山に宿泊しなかった時点では最善の手を打った」
といふことになるでしょうねえ、
「おそらく広島駅の休憩列車は2編成では乗り切れなかたのでは?」
とか思ひつつ、
「改札口で待ち構えているだろう、報道陣向けてのコメント」
を考えますよ。。。。

 さっきの
「徳山駅のホームで感動しました、お礼を言いたいです」
とかではなく
「とにかく情報が入ってこない、二転三転する、JRは危機管理ができていない、これから着替えて得意先ですよ」

「疲れ切った表情で、足早に去っていきました」
といふ
「みなさんが望む画ぢゃないとオンエアされないだろうなあ」
とか思ひつつ、緊張の面持ちで改札を抜けたけれど、
「完全にスルーで残念」
でござひまひたよ。。。。
Img_8173
(まづは入浴)


 やっぱり
「持つべきものは定宿だよねえ」
当然のごとく
「昨晩のはキャンセル料不要、7時チェックインOK」
だもんねえ。。。

 まづは
「風呂、風呂ですよ!」
熱いお風呂で身体が清まったところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただき一旦就寝。。。。。
Img_6891
(おいC)


 本来は
「10時前のかもめ号で長崎へ向かふ予定」
だったんだけれど
「さすがにごめんなさい、リスケ」
させていただき
「ゆっくりさせていただきます」
まあ、いいでしょ。。。。

 午後からは
「久しぶりに雑務、これがまたはかどりますわ」
今宵は
The Wine Bar Nakasu2周年
といふことで客人と共に参戦。。。。
Img_6906
(おめで10!)


 お祝いといふことで
「6リットルの巨大シャンパーニュで乾杯」
させていただきますが
「熟成期間が長いといふだけあって、まろやか」
でござひます。。。。
Img_6908
(お祝いに一緒に乾杯!)

 さすがに
「眠い眠すぎですよ」
といふことで
「1杯だけ」
いただいて、心からのお祝いの言葉を述べて、早々に撤収。。。。

 再度
「サウナー水風呂ージャグジー」
を少しだけ繰り返して
「力尽きた」
ところで、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧