九州

6月27日(火)上質を求めて西へ南へ

 5時起床
「さすがにとんでもなく眠い」
今朝は車で羽田
「お馴染み7時10分発の関空便は、国際線仕様の767なので、前方席はビジネスクラスシート」

「超ラクチン」
当然のやふに
「離陸前から上質な眠り、お飲み物も飲まずにあっといふ間に関空へ着陸」
お迎えの車に乗って
「この時期恒例の協力工場」
へ。。。。。
Img_3080
(西川!)


 いつ来ても
「トラックにファイターズ西川は違和感アリ」
だけれど
「ここの協力工場は本当に信頼できる」
んですよ。。。。

 同行者も
「これなら間違いない」
と言ってくれて
「安心、まさに上質」
でござひますよ。。。。
Img_3073
(信頼してます)


 ちなみに、こちらの時給は
「なんと鹿児島よりも安い」
とのことでビックリでござひまひた。。。。

 全く気のりしないんだけれど、これまた
「定番の弥一へ」
なんかねえ
「とにかく、同行者が張り切っているんだよねえ」
大げさに
「ネタが新鮮、こんなうまい回転寿司食べたことない」
って大興奮ですよ。。。。
Img_3097
(まぐろ3カン)


 こりゃ
「めっけもん行ったらどーなるんだ?」
とおもふ今日この頃ではあるけれど
「やっぱり、寿司屋で手袋して寿司握るのはやめてほしい!」
心からおもふ今日この頃でござひますよ。。。。。
Img_3100
(いか3カン)


 つづいて
「コメダへ転進」
して
「盛大に試食会」
一同
「こりゃうまい!」
と感激してくれますですよ。。。。
Img_3105
(小倉トースト大好き)
Img_3106
(キャラノワール)

 続いて
「りんくうタウンのアウトレット」
へ参戦したら
「平日の昼間だといふのに、予想外に盛り上がっているんだよね」
なるほど
「外国の方が帰国前に立ち寄って盛大に購入するのね」
これはこれで
「なにより」
でござひます。。。。
Img_3108
(アウトレット)


 羽田へ帰る同行者を見送って、わらしは
「15分遅れて乗り込むは、沖縄 那覇行き」
でござひますです、せっかくなので
「ポイントでプレミアム」
へ陣取って2時間、
「ウツラウツラ」
しているうちに、那覇空港へ到着。。。。。
Img_3112
(すんげえ雲)

 速やかに
「ゆいレールへ乗り込んで牧志へ、まづはホテルへチェックイン」
荷物だけおいて、急いで
「再度ゆいレールへ乗り込んで」
向かうは
「沖縄セルラースタジアムさん」
でござひます。。。。。
Img_3113
(夕立だ!)


 と思ったら
「国際通りへ出たところで、盛大な雨」
当然
「試合も中断中」
とのこと。。。
Img_3116
(わくわく!)
Img_3119
(こりゃたのC)

 20分ほどで止んだので
「なんとか球場へ到着」
するも
「グラウンド内は盛大に整備中」
ただ、この
「整備といっても、田んぼに砂まいてトンボで広げる」
てな感じで、どうにもならん。。。
Img_3123
(おお!)
Img_3126
(これは。。。)


 
 でもねえ
「久しぶりに初めての球場へ参戦するときめきって別格ですよ」
何分待っていても
「全然飽きない」
ですよ。。。。
Img_3134
(なんとか再開)


 まあ
「なんとか、水たまりはなくなったので、30分後に試合再開」
といふことで早速
「オリオンビア」
をいただこうと試みるも、注ぐ前から
「泡ばっかりだから2杯か3杯あげますよ」
とのこと。。。。
Img_3132
(上質な?ビア)


 まあ、
「普段やってないから、泡ばっかりになるんだろうね」
つくづく、表参道の中年飲食業者氏が
「1年生で泡ばっかりの新人を発掘して俺が育てるんだ」
と言っているのは
「そういうことか」
と、妙に感心してしまひまひたですよ。。。。
Img_3136
(上質なファウルボール)


 3回表途中で、すでに20時といふことで、
「試合とにまともな店は絶望的な状態」
になってきたところで、
「おくさん!雷雨ですよ!」
もうねえ
「審判が試合止める前に、おかわり君がベンチへ向かって一直線に走ってました」
これは
「止んでも再開は無理」
だから
「とっとと撤収したい」
ところだけれど
「傘がないからそれも無理」
といふことで、スタンドでおとなしくしていたら、10分ほどで
「雷雨ノーゲーム」
これ
「人工芝だったらできたけれど、天然芝でいいっすよ」
気持ちいい球場だもんねえ。。。
Img_3142
(これは無理だ)


 地方球場って
「一球一球に驚きとため息が聞こえてくるんだよね、これ最高っすよ。我々が忘れているプロの一挙手一投足に注目しているもんね」
ごく平凡なゴロでも盛り上がるし
「ライナー性のファールがスタンドへ飛んできたときなんか、とんでもなくわくしね」
そんななか
「ファウルボールもゲットしたし」
これ最後までやっても大変な時間になるし、雨は止んだけれど、中止に文句なし。。。。
Img_3153
(雨上がりの国際通り)
Img_3160
(高すぎだよ!)

 国際通りへ出て
「まつもとで上質な豚しゃぶでも食べたい」
と思ったけれど
「遺憾ながらブックフル」
となると
「ジャッキーくらいしか思い浮かばない」
けれど、手近なところで
「ステーキ88」
で済ませたら、、これが予想とおり惨敗に終わりました。。。。
Img_3156
(全然上質ぢゃない)


 ホテルへ戻ると、師から
「指原 莉乃 @345__chan 現状、スタッフみんなでどうなるのか話し合ってくれています。本当にどうなるのかわからないけど、それすらも楽しむのがAKBと言い聞かすしかないのが現状です。 何度も言いますが、本当にごめんなさい。今後野外でのこのような事がないように私たちメンバーも意見を出していきます。」
なんていふのが送られてきた、つくづく
「どんな組織でもトップになる上質な人間といふのは、それなりの理由(わjけ)あるなあ」
と、改めて思ひつつ、力尽きて早々に就寝だ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日(土)上質とは惜しまないこと

 4時45分起床
「早速カーテンを開ける」
祈りが通じたのか
「下半分はそのお姿を見せてくれてますよ」
しかも
「雨も上がった模様」
といふことで
「恒例の早朝散歩」
を決行させていただきます。。。。。
Img_2885
(なんとかギリギリ)


 おおよそ
「1時間くらい歩いた」
ところで
「空模様も悪くなってきたので、早々に終了」
でも
「なんか、達成感いっぱいですよ」
つくづく
「鹿児島、桜島さんとの相性の良さを感じます」
ですよ。。。。
Img_2881
(早朝からおつかれサマー)


 ほんと
「祈りとかおもひは通じるんだなあ」
と実感しつつ
「サウナ→ぬるめの水風呂→温泉」

「本当に徹底的にくりかえし」
超完璧に整ったところで、お部屋へ戻って一休み。。。。。

 1時間くらい
「ウツラウツラ」
していたら、急きょ連絡が入り
「おくさん!桜島さんが盛大に見えてますよ!」
といふことで、慌ててお着換えを済ませて
「再度桜島前の遊歩道を30分ほどあるきました」
ですよ。。。。
Img_2901
(きたあー!)


 ほんと
「そのお姿全部をお見せいただきました!」
ものの
「30分程度」
だったんだけれど
「思いは通じるんだなあ、奇跡っておきるんだなあ」
と、心から心から
「桜島さんに感謝」
でござひます。。。。
Img_2900
(惜しまない皆さん)


 これにて
「上質探しの旅はほぼ終了でござひます」
けれど
「とにかく無事に終えてよかったですよ、この上質な景色がなかったら意味なかった」
ですからねえ。。。。
Img_2913
(きたあ!)


 とはいへ、
「上質探しの旅の最後には、最大のイベントが待っておりますです」
そふ
「丸一」
にて盛大にアレをやらせていただきました。
Img_2904
(こ、これは。。。。)


 もうねえ
「心から心から感謝の言葉しか見つかりませぬ」
だって
「そこまでやってくれるのか!」
てな感じで
「盛大にやってくれたんですよ」
当然のことながら
「これかあ!すげえ!来てよかった!これこそ本当の上質だ!」
てな感じで、驚きの声が盛大に上がりましたですよ。
Img_2916
(上質な男の上質な仕事)
Img_2919
(上質な油の温度を確認)
Img_2924
(上質な揚げあがりを確認)


 ほんとねえ
「今回は急な、上質探しの旅になったけれど、皆さんに鹿児島の上質を分かってもらえてよかったです」
ウソ偽りなく
「幸せ」
でござひます。。。。。
Img_2934
(きたあ!!!)
Img_2937
(今日はとくに上質だ!)
Img_2950
(上質な食べ方を指南)
Img_2953
(上質な男も大満足)

 無事すべてのアレを終えて空港へ、
「わらし達だけだったら、当然上質な温泉へ立ち寄る」
んだけれど、そうもいかず
「なんと、ラウンジで2時間待機」
といふ、空前絶後の上質ぢゃない時間の使い方。。。。。
Img_2955
(上質な男の上質な眠り)


 日本橋へ戻って
「今宵はお世話になっている方のバースディーパーティー」
色々ありましたが
「無事終わって、喜んでいただけたとしたらよかった」
ですよ。。。。。
Img_2961
(上質なバースデーケーキ)


 さすがに
「疲れました、疲れ果てました」
力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月23日(金)上質探しの旅

 昨晩
「上質探しの旅に出たい」
とおもひはじめ、
「いてもたってもいられず早朝の羽田へ」
いつものやふにラウンヂで朝食なんですけれど
「2つあるジュースサヴァーの1つがコカからペプシ(サントリー)へ変更」
といふ
「大事件に遭遇」
して
「大いに衝撃を受けました」
ですよ。。。。
Img_2800
(なんと!)
Img_2798
(ゼロコーラ飲み比べ)

 上質探しの旅となれば、
「エコノミーってわけにはいかず」
久しぶりに
「プレミアムクラス」
早速
「上質なコクゼロをお願いする」
も、なんと
「おくさん!コクゼロ撤去ですよ!」
いやあ
「国際線エコノミーから退場した」
とは聞いていたけれど
「プレミアムからの撤去とは、もはやA社はプレミアムといえども、上質とは程遠い存在になってしまった」
と、
「唖然といふか、J社はWIFIもコンプリメンタリーだし、真剣に考え始めないといけない時期にきたのしらん」
と思ひつつ
「前へずりずり滑ってしまふ上質とは程遠いシートに陣取ってウツラウツラ」
でござひます。。。。
Img_2803
(な、なんと。。。。)


 いふまでもなく
「上質探しの旅の目的地は鹿児島」
早速お迎えの車に乗って
「上質探し開始」
でござひます。。。。
Img_2804
(上質探しの旅の始まり)


 まづは
「先日お邪魔した、そう鹿児島」
なんですけれど、残念ながら
「上質なマンゴーのシーズンは終了」
といふことで
「上質なパッションフルーツ」
をば。。。。。
Img_2807
(上質なパッションフルーツ)
Img_2809
(とても上質なパッションフルーツ)

 まあ
「なんとか、上質探しの旅のスタートとしてはよい感じだったんぢゃないのかしらん」
と思ひつつ、
「垂水フェリー」
乗って市内へ。。。。。
Img_2825
(上質とは程遠いうどん)
Img_2848
(上質な船旅)

 残念ながら
「天気もうどんも上質は言えずガックシ」
でござひますが。。。。
Img_2824
(上質でない天気)


 本来は
「明日の朝やるべき」
なんだけど、あまりにも予報が悪いので、なんとか小雨のうちに
「上質探しの散歩」
まあ
「なんとかギリギリ上質さが伝わったらいいなあ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。
Img_2827
(う~ん)


 ひと段落したところで
「上質なサウナと、ぬるぬるの水風呂、上質な温泉」

「徹底的に繰り返し」
もう
「完璧にととのった」
ところで、
「上質探しの旅もいったん休憩」
。。。。。

 今宵は
「上質な仲間と上質な空間で、上質なお料理と上質な御酒をいただく」
といふことで、思案した結果
「寿庵さん」
へ参戦。。。。。
Img_2833
(しゃぶしゃぶと)


 なんと
「おくさん!ここから大井町さんが緊急参戦」
でござひます。。。。
Img_2828
(上質な薬味)


 まづは
「そこまで上質でないビアで乾杯」
してから
「上質なさつまあげ」
さらに
「上質な黒豚しゃぶしゃぶ」
さらにさらに
「悪くないロースかつ」
をいただき
「上質なおとこの、お支払いはもちろんダイナースカード!」
でござひますよ。。。。
Img_2836
(悪くないカツ)


 続いて
「上質な薩摩料理の膳」
へ転進
「上質なポテトサラダ」
さらに
「上質なお刺身他」
をいただき、
「上質なおとこのお支払いは、いふまでもなくダイナースカード」
でござひます。。
Img_2861
(上質なおつくり)
Img_2859
(上質な鳥)
Img_2862
(上質な牛)
Img_2863
(上質なさつまあげ)
Img_2858
(超上質なポテサラ)

 
 上質な男の仕上げといへば
「上質なラーメンでおなじみ小金太」
時刻も遅いので
「ミニ」
を軽くいただきますが
「さすがに、ここは上質な男の代表大井町さんといへども、お支払いは現金」
。。。。。
Img_2879
(上質を知る男の上質なシメ)


 12時ギリギリに
「展望温泉」
へ飛び込んで、今宵の行程はすべて終了ですが
「こんなにたくさんの上質な男が揃ったので、明日は上質な朝を迎えることができだろう、そう確信」
して力尽きて就寝。。。。。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月31日(水)空気も水も合わない

 いやあ
「盛大に眠りましたよ」
不思議なもので
「鹿児島を離れると、早起きしなくなるんだよねえ」
と思ひつつ、
「サウナ→水風呂(ひえひえだけれど、塩素強め)→ジャグジー」

「徹底的に繰り返して、完璧に整った」
ところで
「コンプリメンタリーな朝食」
を少しだけいただきますですよ。。。。。
Img_1974
(おはようござひます)


 お部屋に戻って
「盛大に雑務」
とにかく
「レッツノートぢゃはかどらない」
んだよなあ。。。。

 再度
「サウナ→水風呂→ジャグジー」
を少しだけ繰り返して
「そこそこ整った」
ところで、チェックアウトして
「とり田さん」
にて
「から揚げランチ」
いつもながら
「このクオリティで850JPYはすごい!」
から揚げは勿論
「スープがたまらんですよ」
あとねえ
「付け合せの野菜もおいしゅうござひます」
ですよねえ。。。。
Img_1976
(おいC)


 羽田へ戻って
「エアポート急行に乗ってオフィスへ」
さすがに
「デスクが大変なことになっている」
ので
「徹底的に雑務」
をば。。。。。。

 やっぱり
「東京へ戻ると現実に戻らざるを得ないっすよねえ」
とにかく
「空気も水も合わないですわ」
早々に就寝するしかないやふですわ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月30日(火)続きはいつ?

 昨晩は1時過ぎに就寝したので、
「無理に起きることはないんだけれど、勝手に身体が5時に起きてしまふ」
といふことで
「今朝は1時間ほど、ゆっくりを歩を進めます」
ですよ。。。。。
Img_1933
(おはようござひます)


 まあ
「なんとも美しい」
としかいいやふござひませぬが、
「本来ならもっと歩きたい」
ところなんだけれど
「突然猛烈な便意が襲ってきた」
ので、最後は
「かなり危険な状態でホテルへ駆け込む」
ここで
「がむばって部屋へ行くか?ロビーのトイレへ駆け込むか?」
悩むことなくロビーのトイレへ駆け込んで、しのぎ切る。。。。。
Img_1941
(おお!)


 今朝はゆっくり
「サウナ→水風呂→展望温泉につかって、今回の滞在の疲れをとります」
あとは、お部屋で
「軽く二度寝」
してから
「ベランダへ出て桜島さんに別れ」
ほんと
「今回の滞在の感謝」
ですよねえ。。。。

 そんなことをしているうちに、
「K川氏から残念なお知らせが届く」
そふ
「ななつ星落選」
結局
「続きは電車の中で話そうよ」

「続きはいつの日にやってくるのかしらん?」
まあ
「どうせ口だけなんだろうなあ」
と思ひつつチェックアウト。。。。。。
2017052913030000
(続きを話すのはいつ?)


 盛大な荷物を抱えて向かった先は
「丸一」
計算すると
「今シーズン4回目」
でござひますよ。。。。

 普通に考えれば
「よくもまあ、そんなに食べれるなあ」
と思ふでしょうが
「これが食べられちゃうんだよねえ」
ほんと
「あの上質なラードの匂いかぐだけでいっちゃいます」
ですよ。。。。。
Img_1947
(いくら食べても飽きない)


 おなかもいっぱいになったところで
「身体の手入れ」
もうねえ
「左腰が限界なんですよね」
元々痛いけれど
「ここまで痛くなったのは初めて」
結論として
「一度整形外科行ってCTとかとったほうがよいのでは?」
とのことでござひますよ。。。。

 さくら号に乗って
「博多へ」
まづは
「天神へ出て打ち合わせを一件」
済ませてから、博多の美女ご所望の
トリラさん
へ参戦。。。。。
Img_1950
(レバ)


 えっとねえ
「こんなに美味しいレバーをいただいたのは初めて」
でござひますよ
「おそらく、すごく細工しているんでしょ?」
ねえ。。。。
Img_1951
(とりさし)
Img_1962
(きんかんたまご)

 ただし、
「レバーってそこまでして食べる必要ってあるのかしらん」
っていふのが、わらしの持論ではあるけれどね。。。。
Img_1964
(ハツとレバ)


 今宵も〆は
「森さんのハイボール」

「オニグラ」
なんですけれど、
「森さんのオニグラはとっても美味しいけれど、、アマン東京の方がさらにおいしい」
といふ結論がでましたですな。。。。
Img_1968
(森さんのハイボール)
Img_1970
(西日本一のオニグラ)

 今日は珍しく
「ビア・梅酒・ハイボール2杯」

「わらしの限界量をはるかに超えるアルコールを摂取」
本当に
「文字通り、倒れこむやふに就寝」
でござひます。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月29日(月)扉が開かれた

 さすがに
「6時40分発の始発に乗るのは厳しい」
熟睡したいので
「ポイントを使ってプレミアムへUG」
これが
「B3で昔のシートなので広くてリクライニングも深くて超快適」
30分ほどディレイしたんだけれど、かえってお休みできましたですよ。。。。
Img_1905
(ただいま戻りました)


 それはともかく
「始発に乗っても、すこし遅れると開店時間には間に合わない」
といふことが判明いたしまひたですよ。。。。
Img_1904
(盛大に最終日)


 本日は
「最終日といふことで、別れを惜しむやふに午前中から盛大に。。。」
ほんと
「新たな出会いもあったりして、心からありがたくおもふ」
今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_1909_2
(ド定番)


 3時前に離脱して
「サンロイヤルへチェックイン」
して
「30分1本勝負で入浴」
こちらの温泉は15時開始なんですけれど
「まだお湯が80%くらいしか溜まっていなかった」
といふことは
「やっぱり、毎日お湯を全部抜いて掃除しているってことですよ」
もちろん
「当たり前っていや当たり前のこと」
なんだけれど
「自らの目で確認すると、改めてうれしゅうござひます」
ですよ。。。。

 支度して、急ぎ向かうは
「おくさん!鹿児島県庁ですよ!」
じつは
「諸般の事情により、三ちゃん知事とお会いすることに」
なりましたですよ。。。。。
Img_1912_2
(知事室の扉が開かれた)


 まあ、
「言いたいこと、書きたいことたくさんありますですよ」
ただねえ
「書けないっすよねえ」
言えることは、
「鹿児島へ通い始めて10年以上経過したけれど、ようやく知事室の扉が開かれた」
といふことは
「わらしの生き方に間違いはなかった」
といふことだけは言えるかもしれないなあ、と思ったりもする今日この頃でござひますよ。。。
Img_1915
(お久しぶりです)


 彼との出会いは実は
「昨年の1月にまだ知事選前に、東京で行われた鹿児島ナイトでしたねえ」
この時、7月の知事選に出馬が噂されていた氏が突如として登場して
「現職の知事のとことへ歩みよったんだよね」
あの時の
「異様な緊張感はいまでも覚えてますよ」
あれから
「17か月ぶりに今度は、知事室で再会出来た」
といふのは、感慨深いものがありますなあ。。。。
Img_1922
(なにげにおししい)


 まあ
「原発の問題はいろいろある」
だろうけれど、とにかく
「リスクをとって絶対有利な現職相手にに勝ったんだから、立派なものですよ」
わらし、なんだかんだいっても
「小選挙区で勝ってきた政治家は認めざるを得ない」
といふ主義でござひますから。。。。。

 打ち上げ第一部は、久しぶりの
「華蓮でしゃぶしゃぶ」
はっきいいって
「写真写りはいいけれど」
なんだよなあ。。。。。

 ただし、そんなことよりも
「牛、豚はもちろん、お米、さらにびっくりの白菜を含むすべての野菜を含む今日登場したすべての食材が県内産」
といふのは
「賞賛に値する」
と言わざるを得ないですなあ。。。。。
Img_1926
(二次会はうちうちで)


 二次会は
「一ふぁんさん、丸一夫妻をお迎えしての膳」
なんですけれど
「さすがにおなかいっぱいだし、眠いし、疲れてますよ」
勿論
「皆さんお疲れのところ、忙しい中繰り合わせての参戦」
といふことは
「よーくわかってます」
けれど、
「前面に早く帰りたいオーラが出てしまった」
ことを
「心から申し訳なくおもふ」
今日この頃でござひますよ。。。。。
Img_1931
(ありがたいねえ)
Img_1927
(大好物)
Img_1930
(とり)


 ほんと
「こんなに手厚く歓迎してもらって幸せ」
なんだよね
「でも、疲れちゃちゃいましたよ」
なんでも
「鹿児島では、二次会を固辞する人間は認められない」
とのことだけれど
「やっぱり、わらしは薩摩の人間にはなりきれないのかしらん」
と思ひつつ力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月27日(土)かつ食って勝つよ!

 6時起床、カーテンを開けると
「まさに朝日が昇る瞬間(とき)」
しばし
「美しさに見入って」
から出発。。。。
Img_1758
(おお!)


 土曜の朝は
「徳光さんのラジヲ」
ほんと
「桜島を愛でながら、東京のラジオを聴きながらの早朝ウォーキング」

「贅沢ですわなあ」
本日も
「1時間ほど歩いて体がほぐれた」
ところで撤収。。。。。
Img_1763
(ご機嫌斜め?帰ってほしくないんだねえ?)


 速やかに
「展望大浴場」
へ移動して
「サウナで汗を流し、水風呂でクールダウン」
さらに
「温泉であったまって」
もう
「超完璧に整った」
ところで、ほんに軽めの朝食をいただきます。。。。

 あまり言いたくはないんだけれど
「解凍が済んでいないタイ産マンゴーとかやめませんか?」
いやしくも
「ここはマンゴーの産地ですよ!」
とにかく
「遺憾ながらソフト面はどうにもならん」
のはいまにはじまったことではないけれど。。。。
Img_1738_2
(E天気)


 お部屋へ戻って
「ベランダの扉を全開にしながら雑務」
をこなしてから
「しばしくつろぎ」
つくづく
「幸せだなあ」
と感じてしまひますですよ。。。。
Img_1768
(花板登場!)


 好天の土曜日といふことで
「あさイチから盛大に!」
そんな中、ほぼ開店同時に
「めっけもん」へ参戦。。。。。

 空いている左奥のレーンを陣取ろうと思ったら、
「花板が中央に参りますので、そちらへどーぞ!」
と。。。。。
Img_1770
(まぐろ3カン)


 薦められるままに中央の席へ着席すると、ほぼ同時に
「一人だけ青い作務衣を纏った永石進が登場!」
いやあ
「とにかく盛大でうれしゅうござひます」
ですよ。。。。
Img_1772
(かつを)


 だけど、周囲のお客さんから
「こいつは一体何者だ?」
といふ
「好奇の目で見られるのが。。。。」
だって
「基本的に、わらしがそっちの立場だったら不快」
だからねえ。。。。
Img_1776
(しお3カン)


 お待ちのお客さんが盛大にいらっしゃるので
「20分ほどで早々に撤収」
もう
「外まで聞こえる声で、お送りされちゃって」
。。。。。

 もう鹿児島は
「夏!」
といふことで、おなじみ
「柳川氷室さん」
へ転進。。。。。
Img_1782
(おいしゅうござひます)


 ここ
「真夏だと本当に盛大にお待ちの列ができる」
んだけれど
「さすがに今日は待ち時間なし」
とにかく
「おいしゅうござひますですよ!」
そして
「ミルクかけても300JPY」
っていふんだから、うれしゅうござひますですよ。。。。。

 午後は
「本当に盛大に」
つくづく
「鹿児島の皆さんにとって、山形屋がなくてはならない別格な存在」
であるといふことを再認識させていただきましたよ。。。。
Img_1796
(ご来店ありが10!)


 友人に
「何もないぢゃん!」
といふと
「いいや!山形屋にはなんでもある!何かきっとある!」
といふ
「全く持って想定外の回答」
が返ってきて、衝撃をうけましたが
「まあ、他に何もないから。。。」
といったほうが正しかったやふな気もしないでもない今日この頃でござひますよ。。。

 夕方には
「寿福新社長も登場」
していただいちゃって、
「心の底から感謝」
しか言葉がみつかりませぬですよ。。。。

 17時28分開店前の
「丸一へ飛び込む!」
本当は
「こういうことやっちゃいけない」
んだけれど
「我慢できなかったですよ!」
そして、なにより
「日本一のカツ食って、明日こそは勝つ!」
といふことで
「後悔しないやふにやれることはやっておこう」
といふことでござひます。。。。。
Img_1798
(カツ食って勝つよ!)


 今日はおかみさんに揚げていただいたんだけれど
「小さめでいいよ!時間ないし!」
って言ったのに
「こんなに盛大に。。。。」
もう
「笑うしかござひませぬ」
ですよ。。。。。

 18時ジャストにお店を飛び出て中央駅へ向かひ
「18時10分の空港バスへギリギリ乗れました!」
さすがに
「土曜の最終便で帰京って初めてだよね」
たしか
「船橋所属のドラゴンシャンハイが東京で出走した時は、京セラに泊まって、あさイチ便で見事勝利」
したんだよねえ。。。。

 ちなみに、
「当うし日記は、そのドラゴンシャンハイが勝った、まさにその日2005年1月30日に開始」
されて
「本日が4502日目」
でござひます。。。。
Img_1787
(11が強そう)


 それにしても
「まさか、ダービーデ-の東京競馬場にすいかが登場することになるとは夢にも思わず」
基本的には
「GⅠデーは平場も強い馬が揃うから避けるべし!」
といふ法則があるんだけれど
「舞台は整った!」
と大いに前向きになりますですよ。。。。。

 ほんと
「ここまで来たら、勝つしかない!」
とおもふ今日この頃であるんだけれど、
「冷静に!冷静に!落ち着いて!落ち着いて!」
と自らに言い聞かせるやふに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日(金)おもひでは尽きない

 昨日より早い
「5時45分起床!」
いやあ
「快晴ですよ!」
超きもちよく
「1時間30分ほどみっちり、軽快なステップ」

「早朝ウォーキング」
。。。。。
Img_1711
(おお!)


 終了間際
「桜島さんの後ろからお日様が顔を出してきちゃって」
もう
「最高の朝」
でござひます。。。。。
Img_1716
(きたあ!)


 続いて
「サウナ→水風呂→展望温泉」

「徹底的に繰り返し」
すっかり
「整った!」
ところで、
「コクゼログビグビ」
してから
「品数だけはあるけれど、コンプリメンタリーだからいいけれど、チープな朝食」
をいただいてから
「お部屋で雑務」
をこなし、早々に出発して
「山まで40分ほどかけて徒歩にてご出勤」
させていただきます。。。。
Img_1727
(最高だぜ!)
Img_1728
(朝食)


 1年ぶりに
「白亜の歯科へ」
美人スタッフ軍団は
「わらしが頻繁に参戦していたころの皆さんはほぼ卒業」
したので
「ああ!うしさん、!おかえりなさい!」
とならないは残念でござひますが
「1年メンテ」
を無事終了して早々に撤収。。。。
Img_1738
(山へ)


 なんだかんだいっても
「お世話になったクリニック、先生が健在なのはうれしゅうござひます」
ですよ。。。。
Img_1730
(おひさしぶりです)
Img_1731
(あやC)

 お昼は
「定番の、ふくまん」
いかんせん
「参戦が義務づけられているお店が多過ぎるので、年一のシリーズのみの参戦」
ではありますが
「ふくまんさんが、東京にあれば通いますよ、ほんと」
九州ラーメンらしくない
「少々薄めのスープとストレート麺がバッチリ」
なんだよなあ。。。。
Img_1736
(ふくまん)
Img_1734
(漬物がたまらん)

 実はですねえ
「腰が過去最悪レベルの悪化なんですよ」
今までは
「歩くだけで痛いなんてことはありえなかった」
んだけれど
「ここ数日本当に痛いんだよねえ」 とふことで、
「かかりつけの整骨院」

「1時間30分ほど、悲鳴をあげつつみっちりと施術」
していただきました。。。。

 歯の師曰く
「順調」
とのことだけけれど、体の師曰く
「過去最悪の固さ」
とのこと。。。。
 
 まあでも、
「ふるさとに、かかりつけ医が複数いることはありたいっすよね」
あとは
「お肌のかかりつけ医も、こちらで探さないとなあ」
とおもふ今日この頃でござひます。。。。
Img_1743
(多数ご来店ありが10!)


 いやあ、夕方は
「皆さん盛大にいらっしゃいましたよ!」
ほんと
「続々と」
って感じで
「金魚屋さん、豆やさん、まる彌さん、お茶の先生その他多数の皆さま」
ほんと
「心から心から感謝」
でござひますよ。。。。

 今宵は
「中1日で丸一」
常識で考えれば
「中1日でとんかつなんて!」
とおもふところなんだろうけれど
「丸一なら、中1日どころか、毎日だって食べられますよ、ほんと」
ねえ。。。。。
Img_1750
(飽きないお味)


 あれから
「ちょうど1年」
といふことで
「中華につづいて、麻雀」
じつは、わらし以外のお二人は
「6月に最後のお務めの重責を果たしたお二人」
でござひます。。。。
Img_1756
(おもひで話は尽きない)


 ほんと
「親方の話題ばっかし」
ただし
「やっぱり、緊張感違いますよね」
あとねえ、
「親方からあがった、国士無双をてんぱったんだけれど、上がれなかった(笑)」
なあ。。。。。

 さすがに
「5時起きで12時過ぎると眠いですよ、疲れますよ」
でもでも
「今日も充実した一日を満喫させていただき、心から感謝」
でござひますよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月25日(木)おもひでの中華

 5時45分起床、カーテンを開けると
「天気予報は外れて、雨は降らず」
これ幸いと
「恒例の早朝ウォーキングへ出発」
いつものやふに
「高嶋ひでだけさんのラジヲを聞きながら1時間30弱、いい感じで歩きました」
終了間際に
「桜島さんから噴煙」
これを、よーく見ると
「おくさん!ハートですよ!」
。。。。。
Img_1656
(おお!降ってないぞ!)


 いやあ
「感激ですよ」
これは明らかに
「桜島さんとわらしが相思相愛」
といふことのやふですよねえ。。。
Img_1662
(なんとハートだ!!!!)


 もともと
「山って女性と言われてますよね」
だから
「ドイツ語では女性名詞」
だし、
「日本でも、トンネル工事の現場は女人禁制(嫉妬するから)」
と言われていたけれど
「どーなのよ?」
と思っていたけれど、
「やっぱり古くからの言い伝えって正しいなあ」
といふことを、改めて感じる今日この頃だし
「本当に歓迎されているんだなあ」
と心から心から嬉しくおもふ今日この頃でござひますよ。。。
Img_1663
(朝食)


 ひと汗かいてから入る
「早朝サウナは最高ですよ!」
もう
「サウナ→ぬるねの水風呂→温泉」

「徹底的にくりかえせば完璧に整います」
ですよ。。。

 久しぶりに
「コンプリメンタリーな朝食をいただき、日経・日刊・南日本の3紙を熟読」
して
「少々ゆっくり」
すると
「最高に贅沢な時間を満喫」
だよねえ。。。
Img_1664
(鹿児島マンゴー)


 お迎えの車にのって
「高速を2時間走り、大隅半島へ」
去年に続いての
「マンゴー・パッションフルーツの園地へ」
むかひます。。。。
Img_1669
(このくらいの色にならないとねえ)


 正直なところ
「同じマンゴーでも宮崎に比べると2枚くらい落ちますよ」
今回は
「その2枚の内訳を調べにきた」
んだけれど
「なんとなくわかった気がしないでもない」
今日この頃でござひますですよ。。。。
Img_1675
(パッション)
Img_1678
(このくらいの色にならないと)

 遅めのお昼は
「去年と同じ店で、うなぎ」
この辺りは
「うなぎの一大産地」
なんですけれど
「う~ん」
。。。。。
Img_1685
(ごめんなさい)


 夕方、市内へ戻って
「山へ登る」
なんといふか
「ありがたい」
としかいいやふがござひませぬですよ。。。。
Img_1687
(カメダ発見!)
Img_1690
(ファリーで戻ります)

 今宵は、
「あれからちょうど1年」
といふことで、
親方のお伴で連れて行っていただいた中華へ」
参戦。。。。。
Img_1695
(前菜)


 ほんと
「あれから1年って、いくらなんでも早すぎですよねえ」
あの日は
「寿司食って、おなかいっぱい」
になったところで
「おい!もう1軒行くぞ!」
と入場したのlが
「こちらの中華」
でした。。。。
Img_1699
(ふかひれスープ)


 当然のことながら
「味わうどころでなく、出された料理をがむばって口へ運ぶだけ」
だったので
「今日はゆっくり味わいたい」
といふことで。。。。。
Img_1701
(えびちり)


 えっとねえ
「おいしゅうござひますよ」
たしかに
「味付けが濃くて、わらし好み」
でござひます。。。。
Img_1704
(マーヴォー)
Img_1708
(酢豚)

 が、しかし
「決して安くないっすよねえ」
まあ
「鹿児島でこの値段はちょっと厳しくないですかね?」
と思ってしまひますですなあ。。。。
Img_1710
(やきそば)


 まあでも
「ちょうどあれから1年のこの日に、ここへきて中華食べれてよかったなあ」
と心から思ひつつ、気分よくホテルヘ戻って
「サウナ→水風呂→温泉」

「少しだけ繰り返し」
もう
「完璧に整った」
ところで、
「すいかの出走メムバーを確認」
とにかく
「騒がず、そっとそっと、そっと」
ですよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月24日(水)そっと、そっと、本当にそっとだよ

 あさイチ
「ジュクにて打ち合わせ」
まあ、おもふところは多々あるんだけれど、終了後
「バスタ新宿」
へ急ぎむかひ、羽田へむかふんだけれど
「C2富ヶ谷入り口までは10分かかるけれど、そこからは20分もかからずに羽田へ到着」
いつもながら
「圧倒的な速さと快適さは一度覚えてしまふとやめられまへんなあ」
と思ひつつ
「ラウンヂで、いなりとドーナツをいただき、5分で退場」
急ぎ鹿児島行に飛び乗ります。。。。。
Img_1612
(おなじみバスタ新宿)


 お隣りのいない
「B767は快適」
スープをいただきながら
「文藝春秋の美空ひばりさん特集」
を熟読し
「軽くウツラウツラ」
していると、無事着陸。。。。
Img_1619
(ただいま戻りました)


 今年も
「この季節がやってまひりまひたですよ」
そふ
「年に一度のふるさと鹿児島への凱旋シリーズ」
でござひますよ。。。。
Img_1625
(初登場だよ!)

 
 例年通り、わらしが入場する際は
「蒲田行進曲の松坂慶子と平田満が帰省する際のパレード」
ほとではないけれど
「盛大な歓迎を受け、心からありがたくおもふ」
今日この頃なんだよなあ。。。。

 今宵はいふまでもなく
「丸一へ参戦」
なんかねえ、
「明らかにお客さん増えてますよね」
一昔前は
「夜の部はそこまでではなかった」
んだけれど
「最近は夜までビッシリ」
だもんねえ。。。。
Img_1641
(お久しぶりです!)
Img_1642
(すごいぞ!)

 続いて、すっかり定番になってきた
「まる彌さん」
へ転進して
「和服美人女将?の白州ハイボール」
をいただけば
「ようやく故郷へ帰ってきたことを実感する」
今日この頃でござひますよねえ。。。。
Img_1653
(すっかりおなじみのまる彌さんへ)
Img_1615
(前走は権利もち1頭だったからねえ)

 えっと
「日曜の想定が送られてきた」
けれど
「明らかに前走のより相手が骨っぽいよね」
ほんとねえ
「前走は、わらしが盛り上がり過ぎたのが敗戦の大きな一因ですよ」
とにかく
「そっと」
「そっと」
「本当にそっとだよ」
。。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧