« 6月3日(月)山梨へ | トップページ | 6月5日(水)真のおもてなし »

6月4日(火)その手は桑名の焼き蛤

 あさイチ
「散髪へ」
なんでも
「お嬢はカウンセリングを受けているとのこと」
これ
「母娘別室でそれぞれカウンセリングを受けて、お母さんはお嬢に何を聞かれたか聞いてはいけない」
とのことですが、
「大学院生がほぼボランティアでやってくれているんだってね」
どうも
「区の施設だけでは間に合わない」
ので、こういう仕組みも活用しているやふですが
「とにかく固形物を食べないから成長が心配ですね」
んで原因は分かっているんだけれど
「そっちのカウンセラーが必要」
とか、毎回
「家庭の事情をカウンセリングしてしまふ1時間」
になってしまっておりますですわ。。。

Img_9598

(松屋の朝食)

 帰りがけに
「松屋で朝食」
ここ
「セルフの店になってました」
それはともかく
「変に朝定にしないで、プレミアム牛丼にすりゃよかった」
と後悔ですね。。。。

Img_9599

(宮崎マンゴーパフェのシーズン到来)

 いよいよ
「宮崎マンゴーパフェのシーズン到来ですな」
ただ、
「今年はなんと3240JPY」

わらしが言うのもあれですけれど
「とんでもなくおいしゅうござひます」
ただねえ
「やっぱり安くはないよね」
このお値段は。。。。

 ひかり号に乗って
「名古屋へ」
ちょうど
「6月末で切れてしまふポイントを使ってのグリーン車はラクチン」
だけれど
「三島・静岡・浜松と停車して2時間かかる遅いタイプ」
でも、まあゆっくりできたので。。。。

 お迎えの車に乗って
「愛知と三重の県境を超えて桑名へ」
はい、
どうしてもどうしても参戦したかった、蛤の名店=日の出さん
へ念願かなっての参戦でござひます。。。

Img_9616

(これが桑名の蛤)
 
 いやあ
「張り切ってお昼ご飯抜いたので、おなかペコペコで気持ち悪いくらい」
ですが、なんとか辿り着きました。。。

Img_9622

(しゃぶしゃぶと)

 正直
「蛤なんて、海の家で食べれるぢゃん」
とか思ってましたが
「おくさん!すごいですよ」
とにかく
「4年ものだかの蛤のしゃぶしゃぶ」

「絶品」
でござひます。。。

Img_9623

(おくさん!絶品ですよ)

 これ
「3回に分けてサーヴィスしてくれる」
んだけれど
「どんどん味がが変わってたのしゅうござひます」
ちなみに、わらしは
「2セット目が塩加減、出汁加減ともに好み」
でござひますわ。。。。

Img_9628

(実は焼きが一番高い)

 よくしゃべる
「副女将」
いわく
「桑名の蛤は150トンしか取れない、昔はその数倍とれた」
「桑名の蛤は密漁がひどい、罰金が安すぎるからだ」
「桑名の蛤は3年もの以上でないととってはいけない」
「桑名の蛤は他のものと比べたら一目瞭然、格が違う」
「桑名の蛤の寿命は12年くらい、ごくまれに10ねんものなどがとれる」
「桑名の蛤は雄になったりメスになったり変化する」
「桑名の蛤は、雄が射精したとこに、メスが卵をうむ」
とか大いに勉強しながら、〆までおいしくいただき、大満足でござひます。。。

Img_9634

(野菜と豆腐)

Img_9626

(くずきり)

 当然
「予約を取るのは至難の業」
なんですけれど
「トップシーズン以外はそうでもない」
とのことでござひます。。。。

Img_9635

(ぞうすい)

Img_9636

(にゅうめん)

 お料理は
「大満足、つづく結婚は出来なかったけれど、ひきこまりしなくてよかった」
なんですけれど
「言いたいことも少なからず」
もっとも驚いたのは
「和式トイレね」
だって
「世界から来るやふな名店で、これはないっしょ」
とは思ひますですわ。。。

 名駅のホテルヘ戻って
「ニュース23の小川アナみた」
けれど
「やっぱり違和感あるよね」
わらしは古い人間だから
「多少なりとも時間がかぶる真裏の番組への移籍って違和感ありですよ」
どうせなら
「有働さんも含めて全て22時にニュースもってくりゃいいぢゃん」
と思ったりもする今日この頃でござひますけどね。。。

Img_9637

(蛤アイス?)

 治ったばかりだった
「唇のヘルペスが再発」
いふまでもなく
「触っちゃいけない」
って分かってはいるんだけれど
「手や舌でいじってしまふ、だめだめなわらし」
でござひますわ。。。

|

« 6月3日(月)山梨へ | トップページ | 6月5日(水)真のおもてなし »

中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月3日(月)山梨へ | トップページ | 6月5日(水)真のおもてなし »