« 4月16日(火)目立たぬやふにそっとだよそっと! | トップページ | 4月18日(木)さらにバンコクへ転進 »

4月17日(水)朝から晩まで暑くて熱い

 早朝5時
お迎えの車にて出発」
まあ、眠いなんてもんぢゃないね
「だって3時過ぎまで、盛大にやっているんだもん、眠れるわけないぢゃないですか!」
そんなこと言っても仕方ないので、まづは
「アンコールワットチケットセンター」
へ参戦して
「ワンデーパス 37USD」
を購入、これ
「その場で撮影する顔写真付き」
ですわ。。。

Img_8109

(まづはチケットセンターへ!公共の施設でもUSDってすごい)

 そのまま
「アンコールワットへ」
ただし、入場せずにお堀の反対側から
「朝日が昇るのを待ちます」
ですよ。。。。

Img_8112 
(わくわく)

 7時10分に昇ったことは昇ったんだけれど
「乾季なのに雲があってイマイチ」
なんでも
「3月と9月に真ん中に太陽が昇るやふに設計されている」
とのことでござひます。。。。

Img_8122

(ちょっと雲がかかって残念)

 んで
「一旦ホテルへ戻って、コンプリメンタリーでオールユーキャンイートな朝食」
をいただきますが、
「とにかくオレンヂジュースとデニッシュがおいしゅうござひまひた」
ですわ。。。。

Img_8127

(いったん戻って朝食)

 軽くシャワーを浴びて
「再びアンコールワットへ向けて出発」
まだ8時前なんですけれど
「一気に暑くなりました」
5分歩くと
「汗ビッショリ」
もう
「マリーンズTシャツが臭くて。。。」
ほんと暑いわ。。。。

Img_8130

(お濠の橋を渡って)

Img_8136

(池に映るのが見せ場らしい)

 んで、この
「アンコールワットは1000年前に30年かけて造られた」
「でもこの遺跡が発見されたのが100年前」
って
「意味不明」
だよね。。。

Img_8142

(おくさん!アンコールワットですよ!)

 たしかに
「アンコールワットはヒンズー教の寺院」

「カンボジアは今では9割が仏教徒だし、首都はプノンペンへ遷都した」
とのことだけれど
「それにしても不思議」
でござひます。。。

Img_8143

(この柱大丈夫かしらん?)

 このテの歴史的建造物に造詣が深い
「宗主国であった、フランスにより50年かけて修復、保存がされた」
とのことだけれど。。。。

Img_8147

(漢字の落書き?を説明するガイドのポリンさん)

 せっかくなので
「かなり急こう配な階段を必死のおもひでてっぺんまで上がりました」
なんでも
「市内の建物は、この高さ未満にしないといけない」
とのことで
「わらしのお宿も3階建て」
なのが納得。。。。

Img_8151

(以前はこっちを登らせて大事故が発生とのこと)

Img_8162

(無理)

 でも
「この暑さで急階段はしんどいですわ」
実際
「お年寄りはダウンしている方少なからずあり」
つくづく
「こうして動けるうちに色々なところへ行かないといけないなあ」
と改めておもったりもする今日この頃でござひます。。。。

Img_8154

(一度に100人しかダメなんだって)

Img_8159

(屋上広場)

Img_8156

(グッタリだよ)

 続いて、
「車で移動してアンコールトムへ」
実は
「こちらの方がワットより100年くらい古いんだってね」
んで
「ワットは寺院だけれど、トムは王様の宮殿?」
とのこと。。。。

Img_8167

(後ろからワット)

 トムを作った王様は
「ヒンズー教と仏教の融合、仲良くしよう」
てな意味を込めて、これを作ったのに、その後色々あったんだってね。

Img_8172

(トムへ転進)

Img_8173

(顔が象徴的)

Img_8183

(こっちの方が好き)

 こっちの方が
「宗教施設でない分、遊びも多くて、好みですわ」
大きさも
「ワットの数倍」
なんだけれど
「なぜか、ワットは有名でも、トムは無名」
なんだよねえ。。。

Img_8184

(顔ばっかしだね)

 それこそ
「伊勢の内宮と外宮みたいで、こっちの方が圧倒的に空いてますわ
でもさあ
「時間が2時間違うので、暑さが。。。。」
さらに
「階段はこっちの方が急」
なんでも
「日本人の団体ツアーは、この階段昇るの禁止している」
とのことだもん。。。

Img_8187

(これ登るの本当にしんどかった)

Img_8190

(いつ崩落するか分からんよ)

 いやあ
「朝5時からお昼まで、汗だくになってたっぷり回りましたよ」
ガイドの
「ポリンさんには心から感謝」
でござひますわ。。。

Img_8195

(中心街)

 ちなみに、
「日本語ガイドは全盛期600人いたけれど、それが現在では100人」
それでも
「仕事は月に3~4本」
これが
「倍あるとだいぶいい生活ができるのにねえ」
とのことだけれど
「それでも月3~4日しかも半日の勤務で生活しているんだから、この国の生活水準がわかる」
とは思ひますわ。。。

Img_8196

(おすすめのLYLYレストランへ)

Img_8197

(謎肉うまい!)

Img_8199

(ダック焼きそばうまいよ!)

 わらしが払ったのが
「純粋なガイドフィーとしては80UDD」
だから
「取り分半分って感じかな」
お昼は
「3USDでも食べられるけど、5USDくらい出せばおいCものが食べられるから、5USD(コクゼロは0.45USD)」
とのことでした。。。

Img_8202

(お泊りのホテルも3階建て)

 たった半日だけれど、人柄のよいガイドさんとの別れはいつも寂しゅうございますが、お昼は、ご紹介いただいた
「LYLYレストランさんへ参戦」
ここ
「おいしゅうごっざひます」
お料理は
「完全にタイ料理ですけどね」
でも
「2皿+コクゼロで9USD」
昨晩もここへ行けばよかったですわ。。。

 シャワーで汗を流してから
「軽くプールサイドで休憩」
いやあ、
「疲れました」
ですわ。。。。

Img_8204

Img_8205

(ヤギ?ウシ?ウマ?)

 一休みしてから、トゥクトゥクへ乗って
「北へ参戦」
そふ
「バンコクでもおなじみ、北朝鮮レストラン」
でござひますわ。。。

Img_8208

(どうしも来ちゃうんだよね)

 事前の情報通り
「店の前には観光バスが盛大に止まってます」
んで、入店を許されると
「バンコクよりデカイ、それこそ昔のドライブインの団体用大広間みたいな感じ、無機質なだだっぴろい空間に、韓国からの団体さんが半分くらい埋まっていて大盛況」
でござひます。。。

Img_8209

(内装は世界共通だね) 

とりあえず
「冷麺、キムチ、肉」
を注文
「ビアは15USDとありえない値段なのでパス(コーラは1USD)」
ですわ。。。。

Img_8211

(ピョンヤン冷麺7USD)

 やっぱり
「撮影はNG」
なんと
「ショウどころか料理の撮影もNG」
でも
「盛大に撮影していた韓国人の方は注意はされたけれど、消去せよって感じではない」
。。。。

Img_8214

(ショウタイム!)

 いつもながら
「北のショウは魅せてくれますよ!」
あたりまえだけれど
「おなじ民族、言葉の皆さんは楽しいだろうなあ」
と。。。。

Img_8216

(ハームサップスリムサ)

 でさあ、およそ40分のショウ終了後
「撮影会ありですよ!」
これはマストでしょ
「きゃないていくあぴくちゃー!」
って聞くと
「OK」
とのことで
「早速!」
いやあ
「これも、将軍様の融和政策の一環なのかしらん」

「わるい気はしない」
ですわ、すっかり取り込まれしまった感がある、わらしでござひます。。。

Img_8218

Img_8219

 トゥクトゥクで中心街へ戻り
「ナイトマーケット」
を冷やかしてから
「ガイドさんオススメのステーキレストランでハムバーガー」
たしかに
「おいしゅうござひます」

「お値段も手ごろ」
です。。。。

Img_8222

(意外とおいC)

 9時過ぎにはホテルへ戻り
「シャワーを浴びてゆっくり」
それにしても
「長く、暑く、盛りだくさんな一日」
でござひまひた。。。。。

|

« 4月16日(火)目立たぬやふにそっとだよそっと! | トップページ | 4月18日(木)さらにバンコクへ転進 »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月16日(火)目立たぬやふにそっとだよそっと! | トップページ | 4月18日(木)さらにバンコクへ転進 »