« 6月14日(木)喜劇 休憩列車出発進行 | トップページ | 6月16日(土)暗黒の薩摩 »

6月15日(金)鉄道員(ぽっぽや)魂

 当たり前だけれど
「全然眠れないですよ」
それにしても
「徳山まで動かしたのに、接続する在来線動かさないってどーいうつもりですかね?」
それこそ
「下関あたりまで在来線動かしてあげれば、かなりの人が助かるのでは?」
とか思ったりしてますが、
「みなさん一旦改札を出てセブンかなんかへ買い出しに行っているやふだれど、そんな気力もなし」

「座ったり、ホームをウロウロ」
したり。。。。。
Img_6883
(とても眠れません)

 
 1時30分過ぎに
「第一回目の物資が配給される」
アナウンスでは
「簡単な御食事と飲料水」
って言っていたけれど
「だれも手をつけないでしょ」
ねえ。。。。
Img_6881
(一回目の配給)


 えっと、
「車内がだんだん暑くなってきて、ホームへ出たり改札へ行ったり」
だって
「車内のトイレ終了ですよ」
なんか
「悪臭が漂ってきました」
どうやら
「備蓄の水が底をついてきたよう」
でござひます。。。。
Img_6882
(眠らない街徳山)


 徳山っていふのは
「目の前が海であり、工業地帯がきれいですよ、トクヤマさんやら、ゼオンさんやら」
ぜんぜん違うけど、午前中通った
「瀬戸大橋を挟んで、本州にも四国側にも遊園地やらリゾートホテルの残骸があるんだよね」
つくづく
「バブル恐るべし!」
と心からおもふ今日この頃であるけれど
「このような昔からの工業地帯の灯りが灯り続けているおかげで、この国はなんとかやっていけるんだから、心からありっがたくおもふ」
今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_6886
(開けない夜はない)


 5時前に改札へ下りたら
「6時ちょうどに動き出します、ただしどこの駅に止まって、どこまで行くかはわかりません。現場検証が終わったかもわかりませぬ」
とのことだけれど、常識的に考えれば
「事故現場は小倉ー博多間なんだから、最悪小倉までは行くでしょう、おそらく各駅停車で。おそらく小倉ー博多間は折り返し設備があるだろうしね」
みなさんが検討しているのは
「5時33分発の在来線の下関行きへ乗るべきか?」
といふことですが、
「新山口、下関でもこのまま新幹線に乗っていくべきでしょう」
とか話しているうちに
「6時出発、各駅に止まります、博多まで参ります」
といふ
「天の声」
が降りてきて
「ひと段落」
でござひます。。。。
Img_6884
(おお!)


 車内へ戻り
「5時30分 第二回物資配給」
今度は
「セブンのおにぎり、パン」
そういへば
「JR西のキオスクはセブンになったんだよね、でも徳山中のセブンから物がなくなると、毎朝買いに行く地元の皆さんが困らないかしらん」
と思ったりする今日この頃であるんだけれど、同様の例って
「わらしが遠征先で買う1紙しか入荷していない競馬ブックを買ってしまったときは、毎週購入していう方が途方に暮れてしまったりしてないかしらん」
とか考えながらも購入するから、仕方ないのかしらん、と思ったりもする今日この頃でもあるんだよねえ。。。
Img_6887
(おつかれサマー)
Img_6888
(第二回配給)

 6時ちょうど
「ゆっくりと動き出しましたよ」
てっきり
「車内は拍手に包まれる!」
と思っていたのに
「拍手したのはわらしだけでガックシ」
なんだけれど、
「ホームの先端に10人ほどの駅員さんが一列に並んで、我々に向かって頭を下げ続けている姿を発見して、おもわず涙ぐんしてしまひまひた」
ですよ。。。。
Img_6889
(こだま191号出発進行!)


 例によって
「これが、鉄道員=ぽっぽや魂!」
とかとか言いそうな方もいるけれど、
「純粋に感動してしまひまひた」
。。。。

 6時ちょうどに出発した
「こだま971号」

「前がつっかえることもなく、後ろに先を譲ることもなく快走」
当たり前かもしれないけれど
「厚峡駅以外はそれなりも降りる方多数」
でもさあ、
「だったら、深夜に低速でもいいから、小倉まで運行できなかかったのかしらん?それ以前に鼻先が破壊された700系が新下関から動いていなかったのかもしれないけど」
どうも
「0時~6時までは絶対に走ってはいけないといふことではなさそうですよ」
しかも
「前につっかえているわけではなかったわけだしね、実際保線っていっても、少なくとも徳山駅周辺はやっていなかった」
しなあ。。。。

 無事
「6時55分博多駅到着」
といふことで
「この列車が最も早く博多へ到着した」
といふことで
「岡山に宿泊しなかった時点では最善の手を打った」
といふことになるでしょうねえ、
「おそらく広島駅の休憩列車は2編成では乗り切れなかたのでは?」
とか思ひつつ、
「改札口で待ち構えているだろう、報道陣向けてのコメント」
を考えますよ。。。。

 さっきの
「徳山駅のホームで感動しました、お礼を言いたいです」
とかではなく
「とにかく情報が入ってこない、二転三転する、JRは危機管理ができていない、これから着替えて得意先ですよ」

「疲れ切った表情で、足早に去っていきました」
といふ
「みなさんが望む画ぢゃないとオンエアされないだろうなあ」
とか思ひつつ、緊張の面持ちで改札を抜けたけれど、
「完全にスルーで残念」
でござひまひたよ。。。。
Img_8173
(まづは入浴)


 やっぱり
「持つべきものは定宿だよねえ」
当然のごとく
「昨晩のはキャンセル料不要、7時チェックインOK」
だもんねえ。。。

 まづは
「風呂、風呂ですよ!」
熱いお風呂で身体が清まったところで
「コンプリメンタリーな朝食」
をいただき一旦就寝。。。。。
Img_6891
(おいC)


 本来は
「10時前のかもめ号で長崎へ向かふ予定」
だったんだけれど
「さすがにごめんなさい、リスケ」
させていただき
「ゆっくりさせていただきます」
まあ、いいでしょ。。。。

 午後からは
「久しぶりに雑務、これがまたはかどりますわ」
今宵は
The Wine Bar Nakasu2周年
といふことで客人と共に参戦。。。。
Img_6906
(おめで10!)


 お祝いといふことで
「6リットルの巨大シャンパーニュで乾杯」
させていただきますが
「熟成期間が長いといふだけあって、まろやか」
でござひます。。。。
Img_6908
(お祝いに一緒に乾杯!)

 さすがに
「眠い眠すぎですよ」
といふことで
「1杯だけ」
いただいて、心からのお祝いの言葉を述べて、早々に撤収。。。。

 再度
「サウナー水風呂ージャグジー」
を少しだけ繰り返して
「力尽きた」
ところで、力尽きて倒れこむやふに就寝。。。。。

|

« 6月14日(木)喜劇 休憩列車出発進行 | トップページ | 6月16日(土)暗黒の薩摩 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/66832722

この記事へのトラックバック一覧です: 6月15日(金)鉄道員(ぽっぽや)魂:

« 6月14日(木)喜劇 休憩列車出発進行 | トップページ | 6月16日(土)暗黒の薩摩 »