« 3月21日(水)日々一枚一枚違う | トップページ | 3月23日(金)残念なことばかり »

3月22日(木)勘違いの義務感

 いちおう
「熟睡はしたものの、身体がとっても重い」
といふか
「だるい」
といふことで
「福岡の朝のルーティンは軽めに」
少々のことなら
「ルーティンを徹底的に繰り返せば完璧に整うことが多い」
んだけれど
「ちょっと深刻」
かも。。。
Img_3621
(小倉城)


 といふことで
「メールをダラダラと返信」
してから
「ご出勤」
いやあ
「寒いっすね」
当たり前だけれど
「鹿児島と北部九州とでは体感で5度くらいは違います」
ですよ。。。。
Img_3609
(やっぱりシロヤでしょ)


 まづは
「資さんうどん」
にて
「おでん」
「ミニカレー」
「かしわうどん」
「牡丹餅」
をば。。。。。
Img_3611
(おでん)
Img_3612
(前菜として)

 これねえ、正直
「おでん・ミニカレーは不要ですよ」
でも
「なんとなく義務感」
あるんだよねえ。。。
Img_3614
(ミニカレー)


 ほんと
「今に始まったことぢゃないけれど」
この
「大きな勘違いの義務感」
のおかげで
「わらしの人生は大損してますよ」
それこそ
「体重だって10キロは違うのになあ」
と思ったりする今日この頃ではあるけれど
「その勘違いの義務感がなくなったら、世間がとっても狭くなってしまふし、体重は減るかもしれないけれど、失うものが少なからずあるんぢゃないのかしらん」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだけれどね。。。
Img_3613
(かしわうどん)
Img_3615
(デザートはぼたもち)

 この時期恒例の
「北九州シリーズ」
祝日といふことで
「昨日は大いに盛り上がったやふ」
今日は
「その反動」
が少なからずあることはあるんだけれど
「それでも、多くの皆さんにお待ちいただいていたやふで、心から嬉しくおもふ」
今日この頃でござひます。。。。
Img_3622
(毎年恒例の)


 夕方、諸般の事情により
「下関へ」
在来線は
「門司港行き3本に対して下関行きが1本の割合」
だけれど
「それなりにお客さんいるのね」
車内放送で
「本州方面へ参ります」
と聞こえてきて
「なんかうれしくなりました」
ですよ。。。
Img_3627
(本州へ向ひます)


 実は
「下関の地を踏んだのは初めて」
申し訳ないけれど
「思っていたより都会ですな」
それこそ、
「大昔は大洋漁業他で盛大に盛り上がっていたんだろうねえ」
でもねえ
「函館なんかと同じ匂いの街、もっとうまくやればレトロ感あって観光地になるのになあ」
と思ったりもする今日この頃でござひますよですよ。。。。。。
Img_3633
(関門橋)


 案件終了後、せっかくなので
「目の前の港からお船に乗って対岸の門司港へ」
ここって、いわゆる
「海賊と呼ばれた男が船にのって海上給油していた海峡ですよ」
だけど
「かなり波もあるし、ここで給油ってすごいよね、海賊と呼ばれるだけのことがあるなあ」
と思っているうちに門司港へ。。。。。
Img_3632
(お船にのって)
Img_3630
(あれが巌流島だ!)

 申し訳ないけれど
「本日は早めに失礼してユックリさせていただくことに」
早速
「サウナー水風呂ー熱めのお湯」

「徹底的に繰り返します」
ほんと
「最近では記憶にないくらい徹底的に繰り返せば、もう完璧に整います」
ですが
「どうにも体が重い」
んだよなあ。。。。
Img_3634
(門司港駅)


 話題の書籍
「貴の乱」
読了しましたが
「よく取材してますな」
とにかく
「相撲協会っていふのは伏魔殿といふか、一般の常識でははかれないところなんだから、公益法人ではく、株式会社として好き勝手にやったほうがいいんぢゃないかしらん」
と改めておもふ今日この頃でござひますよ。。。。
Img_3639
(よく調べてますね)


 毎年のことだけれど
「この時期のFBはお子さんたちの卒業式のUPばかりですな」
それもさあ
「UPしているのはE学校ばっかしなんだよな」
と思ったりするのは
「例によって、ひねくれもののわらしだけなのかしらん」
と思ったりする今日この頃ではあるけれど
「まあ、他から見ればわらしだって同じ、いやそれ以上にアレだよな」
とおもひつつ、力尽きて就寝。。。。。

|

« 3月21日(水)日々一枚一枚違う | トップページ | 3月23日(金)残念なことばかり »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月22日(木)勘違いの義務感:

« 3月21日(水)日々一枚一枚違う | トップページ | 3月23日(金)残念なことばかり »