« 10月21日(金)虫の予感 | トップページ | 10月23日(月)大きな船と小さな船 »

10月22日(土)七人の侍

 あさイチ
「遠来からの偉い来客」
を済ませてから
「お隣へ」
そふ、いよいよ待ちに待った
七人の侍
を鑑賞する日がやってまひりまひた。。。
Img_2071
(きたあ!!!)


 もちろん
「今更説明する必要がないくらい超有名作品」
多くの人が
「日本映画史上最高の一本」
と称するんだけれど
「恥ずかしながら、わらしは初見」
でござひます。。。

 3時間超の大作といふことで
「前半と後半の間には5分間の休憩が入ります」
けれど
「時間を全く気にすることがないくらいスクリーンを魅入ってしまいますよ」
まあ
「なんともスケールが大きく、素晴らしい作品だよね」
もう
「全部素晴らしいから説明が難しい」
んだけれど、
「もちろん三船敏郎がすばらしいのは分かってますけれど、わらし的には志村 喬さんですよ」
志村さんといへば
「男はつらいよでは、前田吟の父親役でしたよね」
。。。。
Img_2074
(休憩アリ)

 
 加藤さんもかっこよかったけれど
「剣の達人=宮口 精二さんはかっこ良すぎだよ」
どうも
「ルパン三世に登場する、石川五右衛門のモデル」
と言われているらしいけれど、
「とにかく、役者さん全員かっこ良すぎ」
でござひます。。。

 前半戦は
「侍集め」
から
「村の要塞化」
といふ
「いわば戦いの準備段階」
ここで
「休憩なんだけれど、おトイレから戻ったら、ついついポップコーン購入してしまひまひた」
ですよ。。。
Img_2072
(700JPYだぜ!)


 でもさあ
「700JPYのプレムアムしかないのはどーですか?」
と思ふ今日この頃であるし、
「そもそも、上映前の最後のシャカシャカタイムがないのに売るのはどーなのよ?」
と思ふ今日この頃でもあるんだよなあ。。。

 後半戦は
「農民たちとのふれあい、いよいよ戦い」
てな感じなんですけれど、
「いくらなんでも野武士も弱すぎませんか?」
と思ふ今日この頃であるし
「最後だって夫人たちを人質にとって盛大にやるかと思ったらさにあらず」
といふ、言いたいことも少しはあるけれど、
「とにかく、3時間超を全く感じさせない「超弩級作」に相応しい作品」
を楽しませていただきましたね。

 でもさあ
「60年前の作品と比べて、今の日本映画のスケールがなぜにこんなに小さくなったのかしらん?」
と思ふ今日この頃であることは否定できないっすよねえ。。

 ウィキペエディアで読み込むと
「とにかくとんでもない作品だった」
ことがよくわかるんだけれど
「黒澤天皇」
といふ単語が登場するけれど、
「どんなに偉い、権力者でも天皇と呼ばれる人って、他にはカネヤンの金田天皇しか知らない」
っすよね。

 カネヤンの場合
「国鉄スワローズから巨人さらには、引退した後も、切符を買わないで国鉄に乗っていた」
のをご子息の
「金田賢一さんがテレビで言ったら炎上しちゃったんだよね」
そふいえば、最近見ないけれど。。。。

 実は、あるお気に入りのレストランへ久しぶりに参戦したんだけれど
「飲み物はアイスウォーターでいいです」
って言ったら
「有料のミネラルウォーターが出てきたんだよね」
わらしは
「コンプリメンタリーな氷水でいい」
といふつもりで言ったんだけれど
「わらしが間違っていたのかしらん?」
ただし、どっちが間違っていたか分からないけれど
「あの態度はないよなあ、とってもとっても残念な」
今日この頃でござひます。。。

 それにしても
「今までお気にいりだったお店が、接客でガッカリするケースが増えたよねえ」
もちろん
「わらしが気にしすぎといふのも否定できないけれど」
やっぱり
「ここへきて賃金高騰により、サービス業に人が集まりにくくなっているんぢゃないかしらん?」
とおもふ今日この頃でござひます。。。
 

|

« 10月21日(金)虫の予感 | トップページ | 10月23日(月)大きな船と小さな船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/64383528

この記事へのトラックバック一覧です: 10月22日(土)七人の侍:

« 10月21日(金)虫の予感 | トップページ | 10月23日(月)大きな船と小さな船 »