« 10月1日(土)よっぽどの縁があってのあなたと私 | トップページ | 10月3日(月)前はどこ? »

10月2日(日)伊賀牛と腰の低さに感動

 残念ながら
「いつも通り、松坂の定宿は全く眠れず」
それこそ
「30分おきにおトイレ行ったり、冷房のスイッチ入り切りしたり」
と、ほぼ全く眠れず。。。。。
Img_1442
(朝から高笑いのこいさん社長)


 ただし、
「いつも通り、513ベーカリーの焼き立てパンの朝食をいただけば、すっかり元気になってしまふ」
んだから、不思議でござひますよ。。。。

 本日は、
「忍者でおなじみの伊賀へ」
津から西へ進んだところへ伊賀はあるんだけれど
「もともとは大きな城下町だったけれど、近鉄の本線が通らなかったから衰退した」
とのことでござひますが
「そもそも近鉄って奈良を通らなかったりよく分からんのだよね」
でも
「その代わり無料の素晴らしい国道があるから、かえっていいと思ったりするのは素人」
なのかもしれないけれど。。。。
Img_1448
(忍者屋敷)


 まづは
忍者ショー・忍者屋敷を見学
したんだけれど
「好天に恵まれた日曜といふことで、思いのほか盛況」
のやふでござひます。。。。
Img_1447
(忍者といふよりコソ泥みたい)


 ただし、
「そんな何時間も滞在できる内容ぢゃないんだよね」
忍者屋敷としては
金沢の忍者寺の方が圧倒的にいい

「なんか、お金かけなくてももう少し楽しめる施設、内容にすればいいのになあ」
と思ったりもする今日この頃でござひますが
「やりすぎると、昨日のやふなバブルの遺物になってしまふからサジ加減が難しいんだよなあ」
と思ったりもする今日この頃でもあるんだよなあ。。。。
Img_1451
(伊賀は寂しい町だねえ)


 お昼は、
「松坂牛ばかりが肉ぢゃない!」
実は
「伊賀牛だってあるんだよ!」
とは聞いていたんだけれど、なかなか食する機会がなく
「ようやく伊賀牛を初体験」
させていただくことに。。。。

 といふことで
金谷本店さん
へ参戦させていただくことに。。。。
Img_1454
(金谷さんへ勇躍参戦)


 まあ、それにしても
「伊賀の町といふのは寂しゅうござひますよ」
大袈裟でなく
「人っ子一人いない」
てな感じなんだけれど
「やっぱり忍者だから隠れているのかしらん」
なんて思ひつつ、
「いかにも歴史ありそうな建屋の店内」
へ勇躍参戦。。。。
Img_1459
(これが伊賀牛だ!)


 入場するなり
「あら?男性お二人ですか?お狭いお部屋なんですよ、申し訳ないです」
と謝罪されましたが、通されると実際かなり狭い部屋なんだけれど
「ここは女史2人でも男女でもどっちにしろ狭いぢゃん、男2人だから狭いってことぢゃないだろ」
と思ったりするんだけれどね。。。。。
Img_1465
(肉にお砂糖とおしょうゆかけて焼きます!)


 こちらは
「当たり前だけれど、松坂牛でなく伊賀牛」
どうも違いは
「飼育期間が伊賀は2年、松坂は3年(最近は2年も出てきたらしい)」
これ、不思議なのは
「鹿児島や宮崎から仔牛を連れてきて、当地で2年か3年か飼育する年の違い」
らしいけれど
「産地での生育期間は違わないのか?の問いにはそこは一緒だ」
とのことだから、
「実際松坂の方が大人になってから食べるから養育費がより多くかかっている」
ことは間違いないんだろうね。
Img_1469
(いい感じに)


 でもねえ
「伊賀牛うまいっすよ!」
決して
「サシが少ないわけぢゃなく、適度にはいっているんだけれど、しつこくなくドンドン食べられちゃう」
んだよねえ。。。
Img_1470
(おいしゅうござひます)


 金谷さんのすき焼きは
「割したを使わず、しょうゆと砂糖のみで味付け」
なんだけれど、これがおいしゅうござひまひたよ
「やっぱり来て観て、食べてみなきゃ分からないなあ」
と改めて思ふ今日この頃でござひます。。。。。
Img_1477
(お野菜もいただかないとね!)


 津へ戻って実はですねえ
「今日は葉加瀬太郎さんなんですよ」
本日は
「前から7列目中央の良席」
を確保いただいてますが、
「立ち見まで完売」
とのことでござひます。。。。
Img_1473
(ドヤ顔)


 内容は
「先日、かつしかと全く一緒」
といへば一緒だけれど
「曲以外の部分で若干の変更があるやふで、それも含めて楽しませていただきます」
ほんとねえ
「アナザースカイ・タイムメッセンジャー」

「震えるくらい感動」
させていただきました。。。。

 でさあ、実は
「コンサート終了後、ご挨拶させていただく幸運に恵まれました」
いやあ
「腰の低さにビックリ」
でござひます。。。。
Img_1484
(いやあ感動ですな)


 わらしも
「来年はハカセンビキヤやりましょう!」
と仕掛けて大いに盛り上がったんだけれど
「それにしても異様なまでの腰の低さに驚いてしまふ」
今日この頃ではあるんだけれど
「こんなに成功している人でもこの腰の低さなんだから、わらしも見習わなければ」
と心新たにしつつ帰京。。。。。

 それにしても
「スターティングオーヴァーの10月初っ端から素晴らしい週末でしたね」
ほんと
「いい勉強させていただきました」
凱旋門賞の売上41億円に衝撃を受けつつ、就寝。。。。。

|

« 10月1日(土)よっぽどの縁があってのあなたと私 | トップページ | 10月3日(月)前はどこ? »

中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/64292390

この記事へのトラックバック一覧です: 10月2日(日)伊賀牛と腰の低さに感動:

« 10月1日(土)よっぽどの縁があってのあなたと私 | トップページ | 10月3日(月)前はどこ? »