« 5月30日(月)本当に解散しないのか? | トップページ | 6月1日(水)複雑な気分 »

5月31日(火)ことばを失う

 5時起床
「いよいよ最後の朝」
といふことで
「いつもより速足かつ長めの1時間30分ほど歩いて汗ビッショリ」
お名残惜しゅうござひますが、
「とうとう、桜島さんとお別れでござひます」
それにしても
「すでに昨日の時点で指摘されていたけれど、顔が真っ赤に焼けますよね」
。。。。。。
Img_6895
(最後の朝)


 一息ついて
「サウナ→ぬるめの水風呂→展望温泉」

「徹底的に繰り返し」
すっかり整ったところで
「ベランダへ出て桜島さんを眺めながら、日経・日刊・南日本の3紙を熟読」
ゼロコーラを飲んで、完璧に整ったところで
「2時間ほど雑務」
を片づけてから、チェックアウト。。。。
Img_6896
(しばしのお別れ)


 かなり悩んだけれど
「やっぱり、最後は丸一」
ただねえ、
「上ロース・ヒレ・エビフライ添え」
を完食するのは、本当につらくなってまひりまひた。。。。
Img_6897
(食べきれない)


 1時間に1本に減便された
「さくら号に乗って北上開始」
普通車全席自由席なので
「当然のごとく本来指定2列2列の車両に人気が集中」
各駅停車も新八代まではスイスイだけれど
「新八代―熊本は徐行運転」
なんといふか
「いやがうえにも緊張感高まってまひります」
ですよ。
Img_6901
(北上開始)


 熊本が近づいてくると
「車窓にはブルーシートを被せた屋根が目立ってきます」
重々しい空気の中、ゆっくりと熊本駅のホームへ。。。。
Img_6907
(ブルーシートが)


 まづは路面電車に乗って中心部へ向かいますが
「目立った被害はない」
といふのが率直な感想。。。。
Img_6910
(一見すると)


 でも
「熊本城の周辺は、なんとも痛々しい状況」
あんまりにもあんまりなお姿に声を失う。。。。。。
Img_6916
(ああ)
Img_6918
(近づけない)
Img_6911
(言葉がでない)


 商店街は
「一見すると普段通り」
だけれど
「マックをはじめ閉店している店もチラホラ」
アーケードの屋根は補修したようだが。。。。
Img_6924
(アーケード街)


 肝心の
「鶴屋さんは、まもなく全館営業再開できる」
とのことだけれど、
「予想よりは一見すると損傷は少なかった感じ」
ではあるけれど。。。。。
Img_6927
(よぅやく全館営業)


 熊本駅へ戻り
「さくら号に飛び乗って博多を通りすぎて小倉へ」
一件商談を済ませてから
「客人と一献」
正直なところ
「どーでもよい店」
でござひまひた。。。。
Img_6929_2
(くまもん)
Img_6930
(北九へ)

 さすがにお疲れですよ
「福岡の定宿へチェックイン」
熱めの風呂につかって
「ナバーロの超特大ホームラン」
に衝撃を受けつつ、力尽きて就寝。。。。。。。

|

« 5月30日(月)本当に解散しないのか? | トップページ | 6月1日(水)複雑な気分 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/63712712

この記事へのトラックバック一覧です: 5月31日(火)ことばを失う:

« 5月30日(月)本当に解散しないのか? | トップページ | 6月1日(水)複雑な気分 »