« 1月26日(火)駅弁買えずも手打ち麺 | トップページ | 1月28日(木)もつべきものは »

1月27日(水)究極のおもてなし

 まずまずの目覚め、とりあえず
「塩素たっぷりの温水プール?」
へ参戦したんだけれど
「あまりにも塩素くさくて耐えられず」
速やかに退場して、そのまま
「出来合いのおかず満載の朝食」
を軽くいただき、そそくさとお部屋へ戻って
「お支度を済ませ早々にチェックアウト」
しやふとしたら
「あれ?うしさん、こんなところで何しているの?」

「見たことある顔が目の前に」
まあ、つくづく
「どこへ行ってもバッタリ知り合いに遭遇するなあ」
と、我ながら感心しつつ、お迎えの車に乗って出発。。。。。
Img_2347
(おはようござひます)
Img_2348
(ふ~ん)

 本日は
「某所にある工場が老朽化により閉鎖の予定」
とのことで
「新しくお願いすることになる工場の視察」
なんですけれど
「確かに設備自身は立派」
なんだけれど
「社長さんにより会社説明が30分もあって閉口」
さらに
「実はわらしは婿です、しかも次女の。実は最初は長女に婿をとったんですけど、アクシンデントが発生し(笑)」
てな感じで、
「まあ、まじめそう」
でござひますが。。。。。
Img_2357
(りんごは15種類)
Img_2360
(絞って瓶へ)
Img_2364
(飲み比べチュー)


 えっとですねえ
「ここから小一時間の出来事については、ここへ書くことができません」
とにかくですねえ
「甚だ遺憾でござひます」
なんといふか
「理解不能・センスなさすぎ」
といふことでござひます。。。。
Img_2366
(さみしい山形の中心街)


 気を取り直して
「地元の百貨店 大沼」
を見学、さらに
「お隣へ進出した仙台の百貨店のサテライト」
さらにさらに
「MIプラザ(三越の小さな出店)」
と転進したけれど
「う~ん」
なんといふか
「がむばれよ地元の大沼!」
って感じでござひますですよ。。。。
Img_2370
(シベールへ)


 そして
「このテの百貨店の小型店舗ってどーなんですかね?」
なんでも
「MIプラザは100店舗を目指すらしい」
けれど
「少なくとも都会の人間には、この小型店舗の存在意義は理解できない」
んだよなあ。。。。
Img_2368
(う~ん)

 
 ここで、気を取り直し、いつものお迎えの車に乗り換えて
「ラスクでおなじみシベールさんの工場へ」
いやあ
「立派なもんですよ」
正直
「ハラダが出てからは、う~ん」
てな感じだけれど
「まあ立派なもんですよ」
ただし
「パンとかいろいろいただきまひたが」
お味の方は
「う~ん」
でござひますが
「工場をガラス張りオープンにするとか、道の駅的な施設とかの姿勢は非常に好感がもてます」
ですよ。。。。。

 そして
「おなじみのジャム工場訪問」
なんですけれど
「おくさん!ここで大変な事件が!」
まず玄関で、
「スリッパへ履き替えたら、なんとそのスリッパが温かいんですよ!」
ビックリすると、
「あき竹城風の工場長女史」

「ニヤリ」
として
「温めておきまひた!」
と速攻で返してきて
「おお!やられた!」
と感激ですよ。。。。
Img_2380
(おくさん!あったかいんですよ!)


 続いて、応接へ案内されたら、すかさず
「温かい黒烏龍茶と冷たい黒烏龍茶どちらにしますか?」
と畳み掛けられると
「参ひりまひた!完全に降参」
でござひます。。。。。
Img_2382
(みそ餅と黒烏龍茶)


 いやあ
「さすがにここまでだろう!」
と思って油断した矢先に
「みそ餅焼いてきまひた!」

「前回話題に上がった、みそ餅(黒烏龍茶付)が運び込まれてきた」

「グーの音も出ませんよ」
実は
「感動の涙がこぼれるのを我慢するのが大変」
でござひまひた。。。。
Img_2385
(2時間混ぜっぱなしには頭が下がります)


 仕上げはですねえ、
「製造立ち合い」
から戻ってきたときに
「おつかれさまでした!」
と、さっと
「コーラゼロ」
が運び込まれてきたときには
「究極のおもてなし!とはこれだなあ」
と感動、そして、実は
「今回は、当初こちらへは立ち寄らないつもりだったことを、心から詫びる」
わらしがそこにおりまひたです。。。。

 よく、
「田中角栄が訪中」
した際に
「お酒の好みはもちろん、毎朝飲んでいる味噌汁の味噌まで調べら上げられていた」
ので
「かえって恐ろしくなった」
とか
「要人が訪中すると、深夜のホテルにドンピシャの好みの女性が訪ねてくる」
なんて話を聞いたことがあるけれど
「さすがに深夜に、あき竹城さんが来られたら困るけど。。。」
と思ひながら退場、。。。。。

 続いて、
「缶詰工場へ転進」
いつものやふに
「84歳の会長さんと茶飲み話」
今回も
「昭和の初めには、昭二と昭和から一文字とった名前が多かった(ご本人は昭六さん)」
とか貴重なお話を伺うことができてうれしゅうござひまひた。。。。
Img_2391
(おなじみ 談志ひとり会のマスター)


 さらに
「脱サラ、こだわり店主のコーヒー豆店にてお買い物」
1時間ほどの滞在なんですけれど
「なんだかんだ4人のお客さんが参戦して、コーヒー豆を購入していく」
のをみて
「こりゃ、店主の人柄だよなあ」
と改めて驚いてしまふ今日この頃ではあるけれど
「なるほどなあ」
と思ってしまふ今日この頃でもあるんだよねえ。。。。
Img_2393
(爆買い)


 今宵は、
「創業明治27年 米沢牛老舗の登起波(ときわ)さん」
へ参戦、おおいに悩んだ結果
「すき焼き」
でござひます。。。。。

 過去数回、
「米沢牛の名店と言われる店へ参戦してすき焼き」
をいただいてきたけれど、
「結論として、よい肉買って家で食べた方がEのでは?」
といふことのやふでござひますよ。。。。。。
Img_2399
(ロース)


 だって
「すき焼きの割り下って、そんなに違ひないですよ」
わらしが
「しょうゆ・酒・砂糖・水を適当な量投入するのとたいしてかわらない」
と言ったら怒られるでしょうかしらん。。。。。
Img_2404
(ぐつぐつ)


 お泊りは、
「いつものやふに赤湯」
なんですけど
「昨日同様、長湯する気がおきないんだよね」
ものの
「15分程度さささっと湯あみ」
して早々に就寝でござひます。。。。。。

 まあ、それにしても
「今日は、本当のおもてなしとは何か!」
を勉強させていただきまひた。。。。。

|

« 1月26日(火)駅弁買えずも手打ち麺 | トップページ | 1月28日(木)もつべきものは »

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/63130756

この記事へのトラックバック一覧です: 1月27日(水)究極のおもてなし:

« 1月26日(火)駅弁買えずも手打ち麺 | トップページ | 1月28日(木)もつべきものは »