« 2月3日(火)すげえぞアメリカ! | トップページ | 2月5日(木)さらばパリの灯りよ! »

2月4日(水)本当にすげえぞアメリカ!

 超お疲れなんだけれど
「7時起床、速やかに支度してお隣のバリスホテルさんへ向かう」
ここで
「お迎えのバスに乗って空港へ」
この送迎バスの場所は昨晩のうちに確認しておいたから安心。。。。
Img_3404
(ビジョン航空さんのB3にて)


 今回の
「グランドキャニオンツアーの主催者であるヴィジョン航空さんから超丁寧かつ分かりやすい案内が送られてきたから、迷うことありませんでした」
よく
「道案内の仕方で人の能力が測れる」
といふけれど
「だとしたら、とても素晴らしい。これで最高のツアーが約束されたも同然」
ちなみに、
このツアーは、ラスベガス大全さんで調べました
結論から言うと
「共に大正解」
でござひます。。。。
Img_3406
(すげえ!)


 グランドキャニオン観光といへば
「セスナ?せいぜい20人乗りで盛大に揺れる」
と聞いていたんだけれど
「我らがビジョン航空さんは、130人乗りのボーイング737」
だから
「全く揺れずに快適といへば快適なんだけれど、つまらないといえはつまらない」
っすよ。。。。
Img_3407
(砂漠だ!)


 でもねえ、離陸すると
「一面の砂漠を眼下にのぞめます」
もうねえ
「ベガスの街以外は全部砂漠ですよ」
バスツアーは5時間かけて、この砂漠の中の道を進んでいくんだねえ。。。。
Img_3411
(田舎の駅みたいだけれど、検査場もあるしこれで十分 日本の地方空港も見習え)


 およそ30分で
「グランドキャニオン空港へ着陸」
ここで
「バスに乗り換えて一路グランドキャニオン国立公園へ」
バスを降りて二か所ほど見学するんですけれど
「もうその景色に声が出ないっすよ」
ほんと
「昨日のベガスの夜景も声が出なかったけれど、この大自然もすごいっすよ」
ほんと
「超感動」
「来てよかった」
と心から思ふ今日この頃でござひます。。。。
Img_3414
(おお!)


 日本人ガイドさんの
「写真とっても全て同じ風景になりますから、映像で360度撮るとよいですよ」
といふ適切なアドヴァイスに従い撮影してUPしたら
「たしかにすごい」
っすよ。。。。。
Img_3415
(うわあ!)
Img_3418
(まぢ!)

 グランドキャニオンは
「一応対岸?まで行けるし、下まで行くこともできるんですよね。なんでもラバさんに乗って行くツアーもあるやふですが、なんと今までラバさんツアーの転落事故は一件も起きていない」
とのこと。。。。
Img_3431
(リスに触ると狂犬病になります)


 時間があったので
「20分くらい下ってみたけれど、できれば次回はラバさんの乗って下まで下ってみたいねえ」
あとねえ
「観光列車に乗ってきたいですね!」
余談だけれど
「新しい駅をつくったら、竣工式の日にになって実際に列車が到着する際になって、ホームが短くてつかいものにならない」
といふことがわかって、結局使われなかったとのこと。
Img_3432
(まだまだ!)
Img_3434
(これでもか!)

 すかさず、
「それぢゃ荒井注のカラオケ屋と一緒ぢゃないですか!」
と突っ込んだけれど
「車内はシーンとしたまま」
自分としては
「ドッカンドッカン受けると思ったんだけれど、周囲は若者ばかりだったので仕方がないっすねえ」
ほんと
「小生が圧倒的に年齢上かつ、一人でバーバリーのブレザー着用しての参戦って変だねえ」
。。。。。
Img_3438
(観光列車いいなあ)


 4時過ぎにはホテルへ送り届けていただきましたが
「本当に本当にギャンドキャニオンはすごいっすねえ、無理して行ってよかったですよ。ラスベガス大全さん経由でビジョン航空さんのツアーで行ってよかった」
満足感いっぱいでござひます。。。。
Img_3442
(フラミンゴホテルさん)


 ちなみに
「スカイウォークは厳密にいうと、グランドキャニオンではなく、もう少しベガス寄りの場所で先住民の方が運営されているとのこと」
でござひます。。。。
Img_3441
(とーぜんフラミンゴがいます)


  一旦ホテルへ戻ってシャワーを浴び、一休みしてから
「ストリップ周辺を散策」
それにしても
「日本のストリップとは意味合いが違うのね」
なんて思ひつつ街を歩くのが本当にたのしゅうござひます。。。
Img_3446
(どこにでもあるねえ)
Img_3454
(必ずホテルへ帰れる安心)

 正直
「街が楽しすぎ、てカジノやる気が全くおきませぬ」
で、盛りだくさんの今宵は続いて
「シルクドソレイユのO」
へ参戦でござひます。。。
Img_3459
(どきどきわくわく)


 実は、シルクは一度日本で見たときに、
「う~ん」
といふのがあったので
「あまり乗り気ではなかった」
んだけれど、たつろから
「是非見た方がE」
といふアドヴァイスに従って
「日本で事前にネットで、かなりよい席と思われる席を198USDで購入しておきました」
いざショウがスタートすると
「うお!」
「ええ!」
「まぢ!」
「大丈夫かよ!」
と思わず声が出てしまふくらい
「人間業とは思えない技を次から次へと繰り広げてくれます」
もう
「まぢで感動!感激!」
でござひます。。。。
Img_3466
(これは違うショウ)


 何がすごいって
「技もすごいけど、ステージもすごいんですよ」
だって
「最初はふつーの舞台なのに、突然深い深いプールになるし、今度は浅い池になるし」
とにかく
「さっぱりわかりませぬ」
とにかく
「すごいぞシルク!すごいぞO!すごいぞアメリカ(カナダ)!」
でござひます。。。。
Img_3471
(ひとがいっぱい)


 ひとつだけアレなのは
「全身火だるまの男が登場するんですよ、これ日本だったら絶対にNGだよね」
こればかりは。。。。。
Img_3472
(摩天楼を目指して)


 興奮冷めやらぬまま
「夜のストリップを南下」
えっと
「これだけは外せない!」
と思っていた
「ニューヨークニューヨークのコースターへ乗ります!」
ほんと
「わけわからんよね、こんなところにコースター作っちゃうんだから」
でねえ
「おくさん!怖いっすよ、超絶叫」
のうちに、無事に戻って一周でござひます。。。。
Img_3485
(中国のこと笑えないよ)


 それにしても
「ジェットコースター乗ったの何年ぶりだろうかしらん?」
なんて思ひつつ
「夜のベガスの街を散策するのは楽しゅうござひます」
ほんと。。。。
Img_3484
(かなり本格的です)
Img_3482
(必死に撮影)

 で、あとは
「アメリカらしい肉の塊とポテトと、あまいデザートの番ですよ」
日本にあるので、ためらったけれど
「とりあえず目の前にあったアウトバックステーキへ参戦」
でござひます。。。。
Img_3491
(実は一番小さいやつ)
Img_3492
(お前これぢゃ足りないだろう!って心配されたけど)

 ただねえ、小生の注文の仕方が悪くて
「脂身が全くないお肉が登場してガックシ」
わらしは
「肉のうまみ=脂のうまみ派」
なのは言ふまでもござひませぬ。。。。
Img_3493
(甘いデザート)


 とはいへ
「本日は目的を4つも果たしたといふ画期的な一日でござひました」
熱いけれど、出がイマイチなシャワーを浴びて、倒れこむやふに就寝。。。。。

|

« 2月3日(火)すげえぞアメリカ! | トップページ | 2月5日(木)さらばパリの灯りよ! »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/61096118

この記事へのトラックバック一覧です: 2月4日(水)本当にすげえぞアメリカ!:

« 2月3日(火)すげえぞアメリカ! | トップページ | 2月5日(木)さらばパリの灯りよ! »