« 8月15日(金)とても感慨深い | トップページ | 8月17日(日)あっさりラーメン食べて帰京 »

8月16日(土)原点の地で絶品の寿司にウットリ

 午前中はデスクワーク、一息ついたところで
「上野まで徒歩」
一汗かいたところで
「タオルを取り出そうとしたら忘れていてガックシ」
この時期は
「ハンカチぢゃだめなんですよね、タオルぢゃないと」
それも
「小さいやつぢゃだめで、御年賀にいただくやふなやつが最高」
なんだけれどねえ。。。。
Img_9726
(暑い)


 久しぶりに
「とき号に乗車」
上越新幹線といへば
「あさひ号」
かと思ったら、
「あさひ号は、とっくに消滅していたのね」
しかも全盛期は
「新清水トンネルの下り勾配を利用して200系で275キロかなんかですっ飛ばしてませんでしたっけ?」
E3系とき号は、最高速度240キロでゆっくりと走ります。。。。
Img_9727_2
(寒い)


 一応、速達みたいなのは1本あるみたいだけれど、実質ないといっても過言でなく
「普通に熊谷とか停車」
ただ、その割には
「越後湯沢は通過」
したりして、よく分りませぬ。。。。

 でさあ、
「車内がかなり寒いんですよね、冷房が直撃して汗が引いた小生にはとにかく寒いんですよ」
かなり震えながら日経を読んでいたら
「京急の品川駅を地上におろし4線化、しかも八ツ山橋の踏切を廃止するのはいいんだけれど、地下化ではなく高架にする」
との記事にビックリ。。。。。

 だって
「品川駅の地上にスペースがあるとは思えないし、八ツ山橋までの上り勾配ってすごい急坂になりそうですよね?」
まあ大きなお世話だとは思ふけれど、
「出来るんですかねえ?莫大な費用がかかること間違いないし」
なんて思ひつつウツラウツラしているうちに新潟へ到着。。。。。
Img_9728
(まづは弁慶さんへ)


 夏の新潟といへば
「尋常ぢゃない暑さ」
のイメージなんだけれど
「涼しいくらいで拍子抜け」
でござひます。。。。
 
 まづは、
佐渡回転寿司弁慶さん
駅かた徒歩20分くらいのところにある複合施設の中の一店舗なんだけれど
「大いに賑わってます」
だって
「16時過ぎだっていふのに、お待ちの方がたくさん」
早速整理券を発券すると
「56組 40分以上」
と表示され愕然としますが、まあ待つしかござひませぬ。。。。
Img_9729
(なんぢゃこりゃ?)


 たいてい、このテの待ち時間表示っていふのは大袈裟に書いてあるものだけれど
「ほぼ40分で着席を許された」
で、肝心の寿司なんですけれど
「期待しすぎちゃったのかしらん?」
まあ
「確かに130JPYの皿はお得感ありましたが」
同じ日本海側でも
「金沢とは違うんだねえ」
といふのが、思わず出てしまった本音でござひます。。。。
Img_9732
(130JPY)
Img_9733
(130JPY)
Img_9736
(生たこ130JPY噛みきれませぬ)


 新潟には
「MとIと2つの百貨店があるんだけれど、今やそれが一緒だもんねえ」

「Iは30周年」
とのことだけれど
「まさにバブル絶頂期」
だったんだよねえ。。。。
Img_9737
(万代橋から)
Img_9739
(古町)
Img_9741
(万代シテイ周辺)


 で、なんか
まだ時間も早いし、このまま終了するのもアレなので米川師お気に入りといふ寿司安さんへ緊急転進
ただ、お電話すると
「満席なんですけれど、お一人だったら空席待ち一番目にお呼びしますから」
と、誠に素晴らしいお電話のやりとり。。。。
Img_9742
(師お気に入りのお店)


 まあ、
「この電話のやりとりで、安心しましたよ」
そふ
「結局そふいふことなんですよ」
で、事前に告げられていた時間より早めに御呼びがかかり入場を許されます。。。。。。
Img_9744
(これがカステラ)


 恥ずかしながら50近くなっても
「廻らない寿司って緊張しますよね、実際東京ではすし天さん以外行かないしねえ」
で、かなり緊張しつつ入場したんだけれど
「大将が温かく迎えてくれましたよ」
まずは
「極握り 3000JPY」
をいただきます。。。。。
Img_9743
(これも自家製だよ)


 ただ、その前に
「この店の名物である、カステラ」
をいただきます、このお店には
「なんと玉子焼きが2種類あるんですよね」
カステラは1時間30分も時間がかかるそうだけれど、
「ふわふわで絶品」
でござひます。。。。
Img_9747
(おいC)


 すべてのお寿司に
「にきり」
もしくは
「しお」
をつけて食べる方式で、事実上手元の醤油は不要。
Img_9749
(おいC)
Img_9748
(もちろんおいC)

 なんですけれど大将曰く
「寿司はお好きなやふにお召し上がりください」
と強制しないんですよ
「で、とにかく徹底的にダジャレ」
を言い続けて、たのしゅうござひます。。。。
Img_9750
(最高!)


 極をいただいてから、追加でいただいた
「のどぐろ」
が本当に本当においしゅうござひましたよ。。。。
Img_9750_2
(うまE)


 どふも
「最後の1カン」
だったやふで幸運でござひます、
「寿司屋ではながっちりをしないのが江戸っ子」
といふことで
「1時間ほどで退場」
小生としては珍しく日本酒1合もいただいて、とってもとってもいい気分でお店を後に。。。。。
Img_9751
(煮いか)


 実は新潟って、高校生の時初めて単独遠征した
「想ひ出の場所=小生の原点」
でもあるんですよね。。。。。
Img_9753
(うに・いくら)


 当時はネットがなかったから、新潟駅前の案内所で相談して
「至近にあるベンクーガーホテルさんをご紹介いただきました」
たしか4500JPYくらいで
「お金もないし、あまりにも暑いのでお部屋に引きこもってホカ弁を食べて、100JPY山積みにしてフツーのテレビを見ながら、勝馬で明日の検討をしていた」
んだよねえ。。。。
Img_9754
(のどぐろ最高です!)


 必死で探したんだけれど
「周辺にサウナはなし」
仕方がないのでシャワーで合汗を流し、ほろ酔い気分のまま22時過ぎにはベッドに倒れこみます。。。。。。

 つくづく
「郷に入らば郷に従え、寿司のことは米川師に聞け」

|

« 8月15日(金)とても感慨深い | トップページ | 8月17日(日)あっさりラーメン食べて帰京 »

中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/60163955

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日(土)原点の地で絶品の寿司にウットリ:

« 8月15日(金)とても感慨深い | トップページ | 8月17日(日)あっさりラーメン食べて帰京 »