« 2月28日(金)もはやいぢめだね | トップページ | 3月2日(日)いつの時代も自国民の保護 »

3月1日(土)うれしくもあり、つらくもあり

 ちょっと記憶にないんだけれど
「出発時間を1時間、間違えて早朝の羽田に到着」
ビジネスキップなので、速やかに変更したら
「最後の4ポイントを使ってプレミアムへUGを許された」
例の
「新しいプレミアムのシートは前の座席の下に荷物を置くこともできないし、隣の席との間隔も狭く感じるし、非常によろしくない」
まあ、めったに乗ることないから、ほとんど関係ないんだけれど。。。。

 いつも通り
「あっといふ間に千歳へ」
まづは
「空港内で、ある方とご面会」
せっかくなので
「雪印パーラーさんで、ロイヤルスペシャルとソフトクリーム」
なんといふか
「昔は相当美味しかったと思っていたんだけれどねえ」
と考えこみながら
「空港内の某店へ」
。。。。。。
P1030748
(う~ん)


 悩んだ挙句
「札駅隣接の某ラーメン店・回転寿司とっぴーとハシゴ」
申しわけないけれど
「共に後悔」
まあ、後者はお名前だけは存じていたんだけれど、なかなか参戦機会がなかったから、
「よい機会だし、フィーも安いし」
と割り切りますが。。。
P1030750
(なんと130JPY)


 本日の主目的のため
「真駒内へ」
市内中心部、幹線道路の雪は大分落ち着いたやふだけれど
「ちょっと引っ込むと、まだまだ盛大に。。。。」
特に
「アイスヴァーンになっていて、左足加療中の小生はおっかなびっくり歩みを進めます」
まあ、正直なところ
「う~ん。。。。。。」
といふところなんですけれど、
「まあ、しゃあないなあ」
といふことだよね。。。。。
P1030753
(雪に埋もれます)


 だけど
「木造の建物って、ちょっと記憶にないですよ」
少なからず不安といふか。。。。。
P1030751
(危ない)


 大通りへ戻って、軽くご挨拶してから
「ジャスマックで軽く湯あみ」
を済ませ、
「おくさん!今宵は廻らない寿司ですよ」
といふことで、かなり緊張気味でござひますよ。。。。
P1030754
(ドキドキ)
P1030756
(たこ)
P1030757
(かに)


 ただ、こちら
みや田さん

「先々週米川師が雪の影響で延泊した際に急きょ参戦して、感動したお店」
といふことで
「まづ、間違いはござひません」
その通り
「いかにも感じのよいご夫妻がお二人でやられているお店で、とにかく温かく迎えていただき一安心」

でござひます。。。。
P1030759
(おつくり)


 鉄則通り
「自ら米川師の舎弟である・米川師推薦での参戦である・廻らない寿司屋は実質初心者である」
旨をカミングアウトして
「このお店の流儀」
を伺ひます。。。。
P1030762
(あんきも)


 といふことで、
「まづは、先付の「かにさん」「たこさん」」
をいただきますが、
「たこの煮加減が最高ですよ、プリプリした歯ごたえが最高」
もう、
「サッポロクラシック」
とよく合ひますよ!
P1030764
(いか・とろ)


 続いて
「おつくり」
なんですけれど
「もう最高ですね!」
特に
「ホタテ・数の子」
なんてところのウマサには感動すら覚えます!
P1030767
(ぼたんえび)
P1030768
(ほたて)

 そして
「いよいよ握ってもらいますが」
これが
「続々と美味しいところが登場するんですよ」
特に
「ボタンエビの甘さ」
には思わず
「うわっ!」
と感嘆の声を上げてしまひます。。。。
P1030770
(さより)


 ご存じの方はご存じだと思ひますが
「小生、うにさん・いくらさんは得意ではござひませぬ」
いつもは、まず選択することがないのですが、
「ここでいただく、うにさん・いくらさんにはビックリ」
最後の赤だしまで、堪能させていただきました。。。。。
P1030769
(しまあじ)

 
 大将とお話しさせていただいて、何が驚きって
「その包丁ですよ」
だって
「なんと、44年間同じ包丁を使い続けているんですよ」
もう
「それだけで頭が下がりますよ」
小生なんぞ
「消しゴムと鉛筆使い切ったことすらないからねえ」
そして、
「とにかく寿司が好きで、この道に入ったんです、今でも毎日寿司食ってますよ!」
といふお話は
「外は氷点下だといふのに、とっても温かく」
させていただきました。。。。。
P1030775
(ねぎとろ)


 さすがにブックフルでして
「目の前の雪風ラーメン・だるま6・4店のジンギスカン・高麗亭の盛岡冷麺」
なんていふハシゴは断念。。。。。
P1030771
(うまい!)


 でも
「こふして再戦しなければならないお店が増えていくのは、うれしくもあり、つらくもありますよね」

だって前回近々の再訪を誓った
きばらしさん
だって未参戦だし、
「福岡ほど頻繁での上陸が叶わない現状とあっては、毎回大いに悩む」
んですよねえ。。。。。
Img_6159
(至福の瞬間)


 早々に客人と解散して
「ジャスマック湯香郷の湯に、ゆっくりと浸かります」
すっかり
「ふにゃふにゃ」
になり、
「〆の氷いちごミルク」
をいただきクールダウンしたところで、倒れこむやふに就寝。。。。。。

|

« 2月28日(金)もはやいぢめだね | トップページ | 3月2日(日)いつの時代も自国民の保護 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/59226936

この記事へのトラックバック一覧です: 3月1日(土)うれしくもあり、つらくもあり:

« 2月28日(金)もはやいぢめだね | トップページ | 3月2日(日)いつの時代も自国民の保護 »