« 3月8日(土)美女1号お国入りに随行 | トップページ | 3月10日(月)佐久先生と一献! »

3月9日(日)美女軍団と混浴

 完璧な熟睡、6時起床
「7時30分まで、徹底的に入浴」
もうねえ
「露天風呂から眺める朝日を見入ってしまひます」
なんといふか
「結婚も仕事もすべてうまくいかず、浮上の見込みの全くない余生を送り続けている小生にも、コツコツがむばっていれば朝日が昇ることがあるのかも?」
と、うっすらと涙を浮かべてしまひます。。。。
Img_6292
(おお!)
Img_6294
(こんな)
Img_6295
(小生にも)
Img_6296
(朝日が)
Img_6298
(昇る(涙))


 おいしい朝食をいただきますが、自ら選択したとはいへ
「洋食と和食の差が歴然」
原価率相当違ひそう、もちろん事前に分かってましたけどね。。。。
P1030895
(洋食)


 まあ、それはともかく気になるの昨晩の
「本日はお客様の方ね」
最後の方にお姿をお見かけしたけれど、
「本日はお客様、昨晩はゆっくりお休みになられましたか?」
とはならず
「明らかに元気ないご様子」
に、一同少なからず反省。。。。。
P1030896
(おなじみ石焼卵)

 
 美女軍団の提案により
「砂蒸しへ参戦」
砂蒸しといへば、なんといっても指宿なんですけれど、ここ別府にもあるんですよね。

 以前
「竹瓦温泉で参戦したことがあるけれど、やっぱり指宿砂楽にはかなわない」
といふ結論がでていたんだけれど
「別府海浜砂湯」
へは未体験なので、徒歩10分ほどの距離といふこともあり共に参戦を決意。。。。。
Img_6302
(砂蒸しへ)


 根本的に
「スケールが違ひますね、こちらは一度に12人しか砂に埋もれることが出来ないので、かなりのお待ち時間が生じるやふ」
とはいへ
「おくさん!とうとう美女軍団と夢の混浴ですよ!」
なんとも、
「夢のやふな、幸せなひと時でござひます」
だって
「寝そべって、横を見ると元ミス6K=美女1号のお姿が!」
もう、胸の高まりは最高潮。。。。

 ただねえ、
「脱衣所、お風呂なども総合的に判断すると、圧倒的に指宿ですねえ」
。。。。。
Img_6303
(美女と混浴)


 お部屋へ戻り
「第12回入浴」
を済ませ、お名残惜しゅうございますが、チェックアウトのお時間でござひます。。。。

 大いに悩んだ結果
「長湯温泉 ラムネ温泉へ参戦」
それにしても
「美女軍団をラムネ温泉へお連れする」
ことになるとは、夢にもお思わんかったよねえ。。。。
P1030898
(長湯のこの景色が好き)


 ただ、小生が先を急ぎ、アグレッシブな運転をしたばかりに
「美女6号ダウン」
といふ衝撃的な事態を引き起こしてしまひ、昨晩の
「本日は、お客様事件に続いて、大いに反省」
でござひます。。。。

 かなり寒いんですけれど
「美女軍団にラムネ温泉を満喫していただけたやふでなにより」
ですよ、ほんと。。。。。。
P1030897
(美女とラムネ温泉とは。。。。)


 思いのほか、といふか予定通りといふか、
「美女軍団は予想より長い時間、ラムネに滞在」
されたのが
「うれしい悲鳴」
といふことで、少しでも遅れを取り戻すべく先を急ぎます。。。。

 しかしながら、
「またしても美女6号ダウン」
といふ事態を引き起こしてしまい、打開策として
「美女6号に運転を代る」
といふ窮余の策を打つことに。。。。。

 そしたらですねえ
「今度は小生が気持ち悪く。。。。。」
まあ、それはいいんだけれど、
「いきなり、ワイパーとウインカーを間違えるといふのは素敵だよね」
ほんと
「さすがは美女6号は、おりこうさん」
といふことでござひます。。。。。

 到着予定時刻を1時間ほど短縮して、若干の遅れて
「茅乃舎」
今回の遠征の
「最大かつ最終目的地」
へ到着でござひます。。。。

 そもそもが、
「茅乃舎へ行こう!」
といふことから、今回のツアーが企画されたので、感慨もひとしおでござひますよ。
P1030900
(戻ってきました!)
P1030899
(川のせせらぎ)

 まづは
「おなじみのお名前入り敷紙」
に感激といふおなじみのスタートなんですけれど、
「今回は、御花とお野菜で名前が描かれているんですね」
男性客と女性客と使い分けをされているやふで
「さすが!」
のひとことでござひます。。。。。
P1030902
(前菜)
P1030903
(自慢のダシ)


 肝心のお料理なんですけれど
「相変わらず、隙がないですよ」
メインは
「おなじみ十穀鍋」
を選択させていただきます。。。。
P1030904
(おつくり)
P1030905
(豆腐?)
P1030906
(グラタン?)

 とにかく
「お出しがウマイっすよね」
そして
「お鍋にはごぼうがよく合います!」
最後の最後まで、おいしく楽しく過ごすことができました。。。。
P1030909
(十穀鍋)
P1030910
(豚肉をたっぷり入れて)
P1030911
(おいしゅうござひます!)


 おなかもいっぱいになったところで
「急ぎ空港へ向かい、お土産を購入、最終便にて帰京」
勿論、お世辞もあるとは思ふけれど、
「美女軍団に満足していただけたやふでなにより」
でござひます。。。。

 羽田から美女1号→美女6号→美女3号とご家族のもとへ送り届けて
「大役を終えて、ほっと一息」
誰も待つことがない、自宅へご帰還。。。。。。

 それにしても
「我ながら完璧な行程だったのでは?」
と自画自賛でござひます。。。。

 是非とも
「次回は、鹿児島へ皆さんをお連れしたい!」
と思ひつつ、倒れこむやふに就寝。。。。。

|

« 3月8日(土)美女1号お国入りに随行 | トップページ | 3月10日(月)佐久先生と一献! »

九州」カテゴリの記事

コメント

100点

投稿: なおきんぐ | 2014/03/14 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/59280628

この記事へのトラックバック一覧です: 3月9日(日)美女軍団と混浴:

« 3月8日(土)美女1号お国入りに随行 | トップページ | 3月10日(月)佐久先生と一献! »