« 7月26日(金)今日だけは勝たないとダメだよ! | トップページ | 7月28日(日)美味しく楽しく! »

7月27日(土)松島のカモメは翔んだけど

 なんていったって
「ヘヴンリーベッドはすばらしい」
最近にない
「完全な熟睡」
で気持ちよく目覚める。。。。。
P1010493
(残念)


 ただし、残念ながら
「高層階からの景色は、かなり厳しい」
正直なところ
「外へ出るのもめんどくさい」
んだけれど、まづはニッポンレタカーさんへ参戦。。。。

 これが、
「ビジネス客用でなく、完全な観光客の方が多い店舗だから説明が長くて大変」
勿論
「お客さんが悪いのではなくて、カウンターを大きくすればよい」
んだけどね。

 強い雨が降り続ける中、仙台から北へ10キロほど車を走らせ
「御取組み先の旧知の方と再会」
大変な歓待をしていたいただて、うれしゅうござひます。。。。

 続いて、山形方面へ転進して
「作並温泉へ向かひます」
ほんと、叩きつける雨でござひました
「こりゃ川っぺりの露天風呂には入れんだろうなあ」
と半ばあきらめつつ
岩松旅館
の門をたたきます。。。。。
P1010542
(名門岩松屋さんへ)
P1010541
(露天への階段)
P1010544
(濁流)


 岩松旅館さんへは諸般の事情により5年前には、数回参戦したことがあるんだけれど
「とにかく、ここの露天風呂はなかなかのものですよ」
なんとか入場を許され
「濁流流れる広瀬川を眺めながら、湯に浸かります」
塩素入りなのは残念だけれど、ここのお湯は嫌いではござひませぬ。。。。
P1010545
(すんごいねえ)


 ただねえ、実は浴槽が5個くらいあって
「一番、奥の方にカップルの姿を確認したんですよね」
そふ
「実は、ここは混浴なんですよ」
30メートルくらい先なんですけれど
「オレンヂのバスタオルを巻くといふ、著しいマナー違反」
のうえ、
「カップルといったて、そんなに積極的に見たいと思せるやふな雰囲気がないのは、分かるんですよ」
それなのに
「遠巻きにこちらをチラチラ見ちゃって、小生が退場するのを待っているんですよね」
なんか、
「こうなりゃ我慢比べた!」
と思ってがむばったんだけれど、
「40分ほどで退場を余儀なくされました」
といふよふに
「小生に我慢比べをさせないためにも、基本的に混浴は廃止すべきだと思ふんですよ」
だって
「ここだって、別に女子専用の露天が別に設置してあるんだからね」
。。。。。。
P1010546
(回文の里?K沼氏の里?)


 湯上りラウンジにて
「ワシントンDCとLINEで打ち合わせ」
しかしまあ
「便利な時代になったよねえ、ただだからねえ」
ただし
「こふいふのは、スパっと決めなければ実現しない法則」
があるので
「少々先行きが不安」
ではあるけれど。。。。。。

 いやあ、
「ここのスタッフの皆さんは、とっても感じよかったですよ」
2時間ほどの滞在でしたけれど
「とっても気持ちよく過ごさせていただき、元気になりましたね」
。。。。。
P1010561
(ああ松島や)


 かなり悩んだんだけれど
「雨も上がったので、いっちまえ!」
といふことで、
「仙台を通過、松島へ!」
むかひます。。。。。
P1010558
(松島や)


 15時の遊覧船に飛び乗って
「松島観光へ向かひます」
ここの遊覧船に乗るのは、通算2回目で、もちろん
「震災後は初めて」
船内のアナウンスによる
「かなり島の形も変わった」
とのことだけれど
「あまりそふいふことは考えずに純粋に松島の景色を楽しみます」
。。。。。
P1010559
(ナイスキャッチなんですよ)


 この遊覧船といへば
「なんといっても、かもめのえさやり」
なんですよね。。。
P1010570
(いいねえ)
P1010573
(自然の芸術)

 お子さんたちが
「100JPYのかっぱえびせんをもって、嬉々としてかもめに餌付けしてます」
これがねえ
「ほんとすごいんですよね」
船と平行に飛んで
「ものの見事にキャッチするんですよ」
手に持って差し出しても
「うまーく口にキャッチするんですよね」
ただし、冷静に振り返ると
「一人で参戦している人間は皆無」
なんだけれど
「大井町さん・表参道の中年飲食業者にドタキャンさんれても、東北にお金を落とすべく孤軍奮闘する小生を自分でほめてあげたい」
と思ふ今日この頃でござひます。。。。。
P1010575
(ロボットみたい)
P1010582
(およそ50分のクルージング)

 今宵は、ご当地のお客さんと参戦なんですけれど
「先発ゴンザレスといふ仕打ちを受けてしまひました」
さらに
「断続的に降る雨で、グッショリ」
なんと
「客人は5回で、さすがの小生も7回の中断時に退場」
もうグッタリ。。。。。。。
P1010600
(大雨の中、カモメは飛ばず)
P1010603
(グッタリ)

 こふなると
「ヤケ喰い!」
といふことで、まづは
「おなじみ、北辰さんにて梵天丸1680JPY」
もう、これをいただいて10年になるけれど
「どふしても、これははずせませぬ」
。。。。。
P1010586
(定番)


 続いて
「伊達の牛たんさんへ転進」
こちらでいただくのも
「言ふまでもなく、極厚芯たん定食」
でござひます。。。。。。
P1010590
(じうじう)


 太助さんも美味しいけれど
「小生的には、これがイチバン」
でござひますよ、ビアと本当に合うんですよねえ。。。。
P1010591_4
(定番その2)


 だけど、
「なぜ牛タンには、麦飯なんですかね?」
ほんと
「おでんの茶飯とともに、永遠の謎」
でござひます。。。。
P1010592
(この厚みが最高!)


 ホテルへ戻り、
「お部屋でお風呂入って温まり」
ヘヴンリーベッドに身を任せ早々に就寝。。。。。

|

« 7月26日(金)今日だけは勝たないとダメだよ! | トップページ | 7月28日(日)美味しく楽しく! »

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/57878316

この記事へのトラックバック一覧です: 7月27日(土)松島のカモメは翔んだけど:

« 7月26日(金)今日だけは勝たないとダメだよ! | トップページ | 7月28日(日)美味しく楽しく! »