« 3月23日(土)キュツキュツはないけれど | トップページ | 3月25日(月)この勢いで馬券裁判も! »

3月24日(日)年に一度の帯広参戦

 明け方に一度おトイレへ参戦したものの
「7時まで熟睡」
速やかに湯香郷へ参戦
「サウナ・水風呂・露天風呂・ジャグジー」
を軽く繰り返すと、超気持ち良い朝でござひます。。。。

 いつも通り
「コンプリメンタリーな朝食ブッフェ」
をいただきますけれど、
「こちらの朝食は毎回リニューアルするんですよ」
今回は
「そば・豚汁さらに、海苔は焼き海苔と味付け海苔の2種類完備」
してあって、
「うれしい驚き」
でござひます。。。。
032
(東へ向かふ)


 かつて城山でも思ったけれど、
「えっ?こんなのが朝食ヴァイキングに登場するの?」
といふ
「驚き」
がとっても大切でござひます。。。。

 ちなみに海苔って
「関東では焼き海苔7×味付け海苔3、これが西へ行くとほぼ逆転するんですよ」
まあ、関東人の小生としては
「グルタミンソーダたっぷりの海苔って、ベタベタしているし、海苔本来の香ばしさといふか風味が台無しぢゃん」
と思ふんですけどね。。。。。

 半年ぶりですけれど
「やっぱり、北の定宿は別格によろしゅうござひます」
すっかりリラックスさせていただいて、早々にチェックアウト。。。。
037_2
(真っ白)


 スーパーおおぞら号に乗って
「帯広へ向かひます」
毎年恒例のことだけれど
「トマム周辺の雪は、まだまだ盛大だよね」
外の景色をみつつ、ウツラウツラ、読書もはかどり、たまには在来線特急での移動も快適でござひます。。。

 まづは、諸般の事情で
地元のお菓子メーカー柳月さんの工場へ参戦」
周辺は
「じゃがいも・ピート畑に囲まれて、ポツンと1軒だけ立ってます」
高速のインターからは近いやふで、観光コースになっているようでござひます。。。
047
(周囲に何もないね)


 こちらの工場は
「直販は勿論、工場見学、さらにお菓子づくり体験教室」
までそろっていて、
「まさにお菓子のテーマパーク」
でござひますね。。。。
038_2_2
(こんな感じ)


 早速、HACCP対応の工場見学させていただきますけれど
「これはいいですよね、バウムクーヘンの行程がすべて見れますから」
お子さんたちもみなさん歓声上げて喜んでいて、なによりでござひます。。。。
041
(見学コース)


 続いて
「出来立てのケーキを購入して、コンプリメンタリーなコーヒーと共にイートインスペースでいただきます」
これがねえ
「なんと、衝撃的な安さなんですよ」
だってさあ
「4個で610JPYなんですよ、おくさん!!」
ちなみに
「シュークリーム75JPY・ショートケーキ190JPY・モンブラン200JPY/チーズケーキ155JPときちゃんですよ」
もう、声もでません。。。。。
046_2
(出来たてケーキをいただきます)


 お店の方に、安さの秘訣を窺うと
「創業者が、一家4人で食べてワンコインで大丈夫」
といふのをコンセプトと商品づくりをしています。
042
(610JPY)


 とのことですが、
「もちろん、めちゃ美味しいといふわけではないですけれど、この値段でこれが売れればすごいのひとこと」
でござひますよ。。。。

 そして、HPを見てもわかるやふに
「会社としても理念がはっきりしていて、ぶれない」
といふ姿勢に感動を覚えてしまひますよねえ。。。。
 
 お次は
「直売所で商品を物色させていただいて、敬意を表して盛大に購入させていただいました」
勿論
「綺麗ごとの部分も少なからずあると思ふんですよ、実際六花亭だって安いぢゃないですか?北の大地のお菓子の値段っておしなべて東京の半分以下だからね」
でもねえ
「その意気やよし」
って感じでござひますよ。。。。。
 
 いふまでもなく
「本日は、ばんえい競馬一年の総決算 ばんえい記念」
でござひまして、
「ばんえいと北の大地をこよなく愛しているわりに、本場へ1年に1度しか参戦しないどころか、馬券もほとんど買わないんですけど」
とにかく
「応援する=出来るだけたくさん馬券を購入する」
といふことで、がむばって参戦でござひます。。。。
049
(まづは豚丼)


 本日で、福山競馬が終了してしまったやふに
「ばんえいも相当厳しい」
なんとか500万で踏ん張ってきた、
「ばんえい記念の賞金も。とうとう300万まで落ちてしまった」
1000万JPYあった時代から考えると、隔世の感がありますよねえ。。。
058
(姫が誘導馬に)


 でもねえ
「今日の競馬場は、お客さんも入っている、なにより好レースが続いて、大いに盛り上がります」
小生が参戦した中では最も盛り上がっているようで、とてもうれしゅうござひます。。。

 馬券はかなり
「浮き沈みが激しい一日でござひますが少勝利の状態で、いよいよメインのばんえい記念」
を迎えます。。。。。
055
(ブラックは引退レース)


 一応、パドックで馬をみるんだけれど、周囲の地元の親子連れのファンは
「よし、カネサの最後の雄姿をみるべえ!」
なんて楽しそうに参戦していて、なんだかこちらまでうれしゅうござひます。。。。
060
(さあ、盛り上がってまひりました)


 もうねえ、検討するまでもなく
「今日が引退レースの、カネサブラック→ナリタボブサップの1点で勝負ですよ!」
ここ数年、馬場が湿っていて速い時計での決着が続いているんだけれど
「本日の水分は1.9%といふことで、いい感じですよ」
といふうことで
「道中、何回も休憩を入れて息を整え整え進みます」
で、ばんえい最大の見せ場
「第二障害」
への挑戦が始まります。。。。。。
061
(なんなく第一障害を越えて)
062
(ばんえい最高峰レースです)

 騎手が
「止めて、止めて、一気に上がります」
最初に登りきったのは
「やっぱりカネサブラック!」
もう圧勝の気配なんですけれど、
「ナリタボブサップは、後方でもがいている」
まあこの時点で、馬券はあきらめましたねえ。。。。。。
063
(止まって息を整えます)
066
(あげろ!)
067
(よし!)


 だけど、
「せっかくなら、カネサに強い競馬見せてもらいたいなあ」
と思っていたら、
「なんと、ゴール際で、止まってしまひ、9歳の新鋭ギンガリュウセイに差されてまさかの2着」
でござひました。。。。。
069
(あがった!)
070
(独走か!)

 まあ、残念は残念だけれど
「ここで、カネサとナリタの引退組にワンツーされると、来年度のお楽しみが全くなくなってしまふので、世代交代=新しいばんえい競馬のスターが誕生したことを素直に喜びたいですよ」
。。。。。。
074
(ああ、な、なんと)


 馬券は取れなかったけれど
「いい競馬見せてもらったし、とても気分よく帰宅の途へ」
空港で
「再度、豚丼」
をいただきますけれど
「この豚丼といふのは外れが少ない食べ物ですよね、タレに漬け込んだ豚肉焼いてごはんに盛るだけだから、そんなに不味くなりようもない」
とは思ふし、
「なにより、これ粗利すごい高いですよ、といふことでお店にとってもお客さんにとっても素晴らしい名物」
だよねえ。。。。。
076
(本日2杯目)


 お帰りは
「今年もエア・ドウなんでけれど、ちょっと検査場の対応に衝撃を受けたけれど、機内サーヴィスは熱いスープも用意されれていて、素晴らしゅうござひます」
ただ、不思議なのが
「モニターあるんだったら、着陸態勢入るまではなんか映像なり、地図でも映せばいいぢゃん、それこそ A社みたいにサラメシ」
とかでもいいけどね。。。。

 まあ
「ばんえい記念と共に競馬シーズン終了、やきうシーズン開幕だよねえ」
なんて思ひつつ帰宅すると、同行していたしんといふ方から
「なんと、カネサブラックが勝っていた!」
との衝撃的な連絡が入ってきた。。。。

 たしかに
「映像を見ても。。。。」
しかし
「競馬歴長いけれど、勝ち馬を間違えて撤収って、ちょっと記憶にありませぬ」
ちなみに
「馬券はどっちにしろ、はずれだからいいんだけれどね」
・・・・

 ちょっとといふか、かなりショッキングな出来事に、愕然としつつ倒れこむやふに就寝。。。。。

|

« 3月23日(土)キュツキュツはないけれど | トップページ | 3月25日(月)この勢いで馬券裁判も! »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/57026926

この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日(日)年に一度の帯広参戦:

« 3月23日(土)キュツキュツはないけれど | トップページ | 3月25日(月)この勢いで馬券裁判も! »