« 3月9日(土)大きな一区切り | トップページ | 3月11日(月)意味もなく立ちあうオヤジ »

3月10日(日)忘れの里雅叙園参戦

 ちょっと嫌な夢を見たんだけれど
「一応、9時まで熟睡!爽快なお目覚め」
でござひます。。。。
046_2
(こんな感じ)


 しかし、相変わらず
「夢って、現実の出来事にリンクしているといふか、精神状態を表すよね。悩み事とか、心配事が絶対悪い形で登場する」
もんねえ。。。。。

 カーテンを全開にすると
「昨日よりはくっきりと桜島さんを拝むことができて、とてもうれしゅうござひます」
速やかに、展望温泉へ参戦し
「日曜討論を見ながら、サウナでじっくり汗を流し」
水風呂、温泉を徹底的に繰り返して、すっかりよい気分。。。。。

 サンジャポ見れないのが、残念ではあるけれど
「風呂上りに、桜島をバックに、ゼロコーラを飲みながら、日経・日刊・南日本を熟読する至福の瞬間(とき)」
を過ごさせていただきます。。。。
048
(しばしお別れ)


 昨日に続いて、
「海上遊歩道を散策」
させていただいてから、チェックアウト。。。。

 まづは
「国分へ向かひます」
実は
「ここには、山の支店があるんですけれど、ある方を訪ねます」
まあ
「世の中いろいろあるし、思ふところいろいろあるんですけれど、礼を欠いてはいけない!」
を実践させていただきます。。。。

 ほんと、色々あるんですけれど
「ここで一旦、完全に断ち切らせていただき」
かねてから、
「大いに注目していた、忘れの里雅叙園さん
へ初参戦を果たします。。。。。
070
(雅叙園さんへ参戦)


 いつも参戦する
「石原荘さんとは、川の対岸に位置するんですよね」
ただ
「以前は、御日帰り様は受け入れていなかったんだけれど、最近ランチ付の御日帰り様を受け入れ始めた」
とのことで、好機を窺っておりました。
049
(まづはランチ会場へ)
053
(いもの前菜)

 いやあ、
「一歩足を踏み入れると、まさに忘れの里」
といふか
「別天地ですよね」
そこは
「昭和はおろか、明治といっても過言ではない、田舎の風景」
が広がっておりました。
060
(親子丼)
061
(にわとり優先)

 まづは
「親子丼のランチをいただきます」
カウンター席の前にはお庭が広がっていて
「なんと、お外から直接配膳してくれるんですよ」
うれしい驚きでござひます。。。。。
062
(いい感じ)
064
(朝食会場)

 お食事の後は
「敷地内を散策」
させていただきますが
「思ったより敷地は狭いですね」
築100年以上といふ移設してきた建物は趣ありまくりです。
066
(炊飯場)
065
(いいねえ)

 いよいよ
「大きな岩を削った、温泉へ参戦」
でござひますが、
「確かに、すんばらしいですよ」
ただ
「完全な露天ではないので、露天をお望みなら石原荘の方が」
といふ気もしないでもないですけどね。
073
(半露天)


 湯上りラウンジで
「炭火にあたりながら、レモン水をいただいて、のんびりと本日2回目の至福の瞬間(とき)」
でござひますよねえ。。。。。

 まあ、正直言って
「好み別れるでしょう」
いくら古い建物を移設したといっても
「つくられた世界」
といふのは否定できないからね、まあ
「石原荘と共に宿泊してみないことには、なんとも言えないなあ」
ってことですよ。。。。。
077
(湯上りラウンジ)


 霧島神宮へ転進
「一応、無事治療に一区切りがついたお礼」
をさせていただきます。
079
(お礼参り)


 そふいへば
「霧島神宮への初もうでが3月にずれ込んだのって、初めてかしらん?」
と反省しつつ
「この4種類あるおみくじの価格設定の違ひの意図がどふしても理解できないなあ」
と真剣に悩んでしまふ、治療に一区切りがついた今日この頃でござひます。。。。
080
(100JPY)
081
(200JPY)

 情報によると今日の
「東京には空がない」
とのことだけれど、一応つつがなく帰京。。。。。

 なんだ
「全然温かくないぢゃん」
って感じなんだけれど、帰宅後
「NHKスペシャル.原子炉冷却の死角」
この
「再現ドラマは恐ろしすぎます」
。。。。。。

 ちょっと不謹慎かもしれないけれど
「皆さん、そんなに売れている役者さんではないと思ふけれど、役者さんってすごいよねえ」
って、つくづく驚きますよ。

 しかし、結論として
「水素爆発で建屋が吹っ飛んだから外部から注水できた」
ってことらしいけれど。。。。。。

 どんなに検索しても
「本日放送の たかじん委員会を見ることができず」
仕方がないので、早々に就寝。。。。。

|

« 3月9日(土)大きな一区切り | トップページ | 3月11日(月)意味もなく立ちあうオヤジ »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/56929211

この記事へのトラックバック一覧です: 3月10日(日)忘れの里雅叙園参戦:

« 3月9日(土)大きな一区切り | トップページ | 3月11日(月)意味もなく立ちあうオヤジ »