« 11月5日(月)第二回米川師と廻す会 | トップページ | 11月7日(水)新杵屋と新東宝 »

11月6日(火)上杉以来の愛あるおもてなし

 会議を途中で抜け出させていただいて
「東京駅からつばさ号に乗りこむ」
いつものことだけれど、
「短時間でのキビキビとした清掃作業は見事のひとこと」
福島経由米沢へ参戦でござひます。
P1090416
(米沢へ)


 しかし、会議を途中退場といふのは、忙しそうでいいんですけど、小心者の小生としては
「いなくなった途端に小生の悪口が始まっているのでは?」
と不安になってしまふ一面も持ち合わせております。。。。
P1090422
(店主のお出迎え!)


 まずは、おなじみ
豆いちさんへ参戦
なんと、本日は店休日にも関わらず
「特招会」
といふことで小生のみ入店が許されて恐縮でござひます。
P1090417
(おもてなしの昼食)


 恒例の
「豆いち特製の芋煮で昼食」
なんですけど、
「なんと、今年は夫人でなく店主自ら、しょうゆを購入しにいくことから始まり、腕を振るった」
とのことで、さらに感激でござひます。。。
P1090418
(感激しました)


 それだけでも感動なんですけど、
「なんとなんとテーブルにはゼロコーラ・ネックス・メッツコーラとゼロ系のコーラが3種類用意されているんですよ!」
いやあ、
「これぞおもてなしの心!」
ってことで大げさでなく感動してしまひました。。。。
P1090420
(店主お手製とは。。。)


 豆いち店主特製の
「芋煮」
をいただきながら
「牛肉ど真ん中」
さらに、
「メンチや牛肉コロッケ」
さらにさらに
「ポテトサラダ」
までご用意いただいちゃふとは
「もう、やられた、完敗です、さすがはうし日記の熱心な愛読者だ!」
って心から感激でござひますよ、ホント。。。。
P1090419
(どまんなか)


 といふことで
「おもてなしの心いっぱいのウエルカムランチの後は、特招会で盛大にお買いもの」
なんですけど
「いかんせん、豆いちさんはその名の通りコーヒー豆屋さんです」
ご存じのとほり
「コーヒーとチャコレートとスキャンダルはノーサンキュー」
な小生としてはメガネクリンビューの円蔵師匠ぢゃないけど
「メガネすっきりくもりなし、料理すっかり喰うものなし」
ばりに
「何か買わなきゃいけないけど、買うものない」
って感じで困り果ててしまひます。。。
P1090421
(ポテサラまで!)


 熟慮の結果
「お茶碗、輸入物のクッキー、ドライフルーツ」
といった、
「何もここで買わなくても」
と誰しもが思ふものを購入させていただきました。。。。

 午後は
「某工場で立ち合いとお打合せ」
まあ
「年に一度の儀式といふか、イヴェント」
でござひます。。。。。

 晩御飯は
「米沢牛の名店」
へ参戦なんですけど
「牛肉づくしといふことで、とにかく食べきれない量のお料理が次から次へと運ばれて困り果てます」
。。。。。
P1090424
(筋煮)
P1090425
(前菜盛)

 実は、この事態は根本的には去年と変わらないんですけど、
「今年は比較的前半戦にすき焼きが出てきたのが幸い」
でござひまして、なんとかメインの
「米沢牛ロース肉をのすき焼き」
まではおいしくいただかせていただきました!
P1090426
(来ました!)


 まあねえ、色々あるんですけど、
「サーヴィス業って、どうしても譲れない部分は譲らなくていいと思ふですよ、お店のアイデンティテイの根幹な部分はね」
だけど
「それ以外の部分って出来る限りゲストの要望に応えようとするべき、といふか応えようと最善を尽くす姿勢は見せるべき」
と思ふんですよ。
P1090440
(軽く火を通す程度で)
P1090432
(おいしゅござひます)

 ようは
「小生を感激しようと、ゼロ系(新幹線みたい)のコーラを3種類も用意するっていふ発想があるかないか?」
ってことだと思ふんですよね、例の
「鷹狩りに出かけてお茶を頼んだら、一杯目はぬるめが出てきて、二杯目は熱いのが出てきた」
とかと根っこは一緒ね、昼間に感動したから余計感じたのでしょうが。。。。。
P1090437
(真ん中には牛そぼろが)


 しかし、帰り際に飾ってあった来店した芸能人の写真には笑ったね、
「松原千秋さん=石田純一さんの元婦人、岡田美里さん=堺正章さんの元婦人」
って説明が書いてあって、
「お二人とも芸能人なんだから、いくらなんでも。。。。」
って感じだし
「さらに夫人を婦人と追い打ちをかけるやふに間違えちゃっているし」
まあ、ネタとしては大いにありがたいけれど。。。。。
P1090439
(焼き物も)

 今宵の宿は
白布温泉 西屋さん
かなり久しぶりの参戦なんですけど
「とにかく、こちらの滝湯は極上中の極上なんですよ」
かなり熱いお湯なんですけど
「水でうめるのがもったいない」
ので、死ぬ気で我慢して浸かります。。。。。
P1090441
(巾着みたいなの)


 こちらの唯一の欠点は
「おトイレがお部屋の外なんですよ」
といふことで、
「冷たい廊下を通って複数回おトイレへの参戦は、この歳になるとシンドイものがござひます」
で、
「さらに気になっちゃって、いつもより頻繁に参戦するはめに・・・」
悪循環にはまってしまひ、なかなか寝付けず
「おもてなしの心」
について徹底的に考え込む。
P1090442
(とても食べられない)


 最近はすっかりなくなったけれど、小生だって40年も生きていれば
「2~3度は女性と会食した経験くらいある」
となると
「こんな小生と会食してくれるんだから、なんとか楽しんでもらいたいなあ」
と心から思ひ
「小生なりのおもてなしの心で接っしたつもりでござひます。。。。」
だけど、
「やっぱり小細工が多いといふか、本当のおもてなしの心で接していなかったんだろうなあ」
と、その
「2~3件を振り返ってみやふと思ふ」
今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1090443_2
(テールスープ)


 う~ん
「おもてなしの心、相手の立場になって考える、一期一会」
ちょっと眠れそうにない。。。。。

|

« 11月5日(月)第二回米川師と廻す会 | トップページ | 11月7日(水)新杵屋と新東宝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/56062323

この記事へのトラックバック一覧です: 11月6日(火)上杉以来の愛あるおもてなし:

« 11月5日(月)第二回米川師と廻す会 | トップページ | 11月7日(水)新杵屋と新東宝 »