« 10月23日(火)恋愛もビジネスも同じなのかしらん? | トップページ | 10月25日(木)うし版ローマの半休 »

10月24日(水)小生の通訳で日伊友好?

 自他ともに認めるスタアラの奴隷である小生には
「同行者と一緒のアリタリアでのローマ直行など、選択肢に全くござひませぬ」
といふことで
「フランクフルトもしくはミュンヘン経由」
になるんだけれど、
「特典航空券利用かつビジネスクラス」
となると、選択肢はさらに限られる。
P1080710
(おなじみのかき揚げうどんだよ)


 といふことで、
「久しぶりのルフトハンザ利用」
でござひまして、ラウンジもいつものファーストではなく、ビジネス用のANAラウンジになるんだけれど、
「ダメモトで伺ったら、快諾してくれてファーストラウンジにて搭乗時刻までユックリ」
でござひます。。。。、
P1080712
(最近、このカレーにはまってます)


 LHの機内食は
「A社なんてもんぢゃなく、さらにヤバイ」
と聞いていただので、朝から盛大にいただひてしまひます。。。
P1080713
(ド迫力アリマス)


 ちょっとといふか、かなりワクワクしているのは
「いわゆる総2階建てA380といふのもあるんですよ」
厳密にいふと
「クアラランプール→香港のキャセイ便 エコノミー」
に乗ったことがあるんだけれど、長距離ビジネスクラスは初めて。
P1080716
(500人近くが乗ります)


 近くでみると
「やっぱり、迫力アリマス」
さらに、お隣の上海便の搭乗口と比べて、数倍のお客さんがお待ちでござひます。。。
P1080719
(2階へ直接)


 いきなり
「2階へのスロープに度肝を抜かれます」
機内へ足を踏み入れると
「98席ビジネスクラスの広々とした空間に唖然」
とするしかないんですけれど
「さすがに、Cの搭乗率は厳しいのかしらん?」
てな感じで、小生もお隣は不在でござひますね(実際は83人だからすごい)。
P1080722
(意外と空席アリマス)


 ただねえ、
「座席は、さほど広くない」
おトイレも4穴しかないので、ブックフルだったらCでも待ち時間がありそう。
P1080721
(シートはイマイチ)


 で、早速機内食なんですけれど、予想通り
「あんまりにも、あんまり」
って感じでござひまして、
「こふいう牛肉食べたのって、20年前に韓国の板門店ツアーで食べた米韓軍のローストビーフ以来」
でござひます。。。。。
P1080723
(まづはドイツビア)


 なんでも
「ペニンシュラホテル東京監修」
とのことだけれど、
「これペニンシュラにとっては、完全に逆効果ですよ」
諸般の事情もあって
「このテのコラボには徹底的に厳しい」
小生なんだけれど
「とにかくヤバイっすよ、マルコム・トンプソン様」
。。。。。。
P1080725
(前菜のチキン)


 3年ぶり2回目の欧州なんですけれど
「前回の反省から、とにかく機内で寝たい!」
といふ強い思ひがあり、その前段として
「昨晩、なんとかして半徹夜状態に持っていこう」
と思ってがむばったんだけれど、普段よりも早く0時前に就寝してしまったので、快適な目覚めはいいんだけれど、機内では1時間くらいしか眠れずガックシ。。。。。
P1080726
(このビーフは超ヤバイ)
P1080727
(デザート・チーズ)

 当然のごとく
「映画は見ない」
ゲームも、イマイチ面白いのがなく、週刊朝日、持参した文庫本
「鉄の骨」
を読み進め、ウダウダしているうちに、到着2時間まえに2回目のお食事。
P1080730
(やっぱりA社ぢゃないとダメ)


 パスタか
「フランクフルトソーセージ」
といふことで、
「ソーセージを選択したら、おいしゅうござひました」
当然のごとくドイツビアもご一緒に!
P1080735
(これはおいしゅうござひます)


 ほぼ定刻に着陸なんですけれど、
「フランク在住といふ日本人CAさんとか、普通に足組んじゃったりしてるんだよね」
まあ、どうでもよいですけれど。。。。
P1080736
(フランクでの乗り継ぎは慣れてます?)


 フランクでの乗り継ぎは1時間強といふことで、発券前にかなり心配したんだけれど
「全然問題ありませぬ」
といふことだったんですけれど
「確かに、余裕でした」
前回、ジュネーブへ乗りついた際は、ターミナルが変わったので、かなり厄介だったんっだけれど、イマイチしくみといふか構造が分からない、迷路のやふな矢印に沿って進むと、
「入国→搭乗ゲート」
に到着でしたね、どうも近くにラウンジはなさそう。。。。。
P1080737
(オープンなコックピット)


 ほどなく搭乗開始となりましたが、今回って通しでビジネスだったんだけれど
「いわゆる、お隣の席を空けておくビジネスクラス」
といふやつでして、お座席はエコノミーと全く同じね、前回のジュネーブ便も全く同じだったけれど、
「お金払っていたら、怒るだろうなあ」
って感じだよねえ。。。。
P1080742
(3回目のお食事)


 3回目の機内食をいただきながら
「雄大な景色を見ていると、おお欧州へやってきたなあ!」
って感じで、高まってくるのを意識してしまひます。。。。
P1080743
(おお!!!)


 2時間弱のフライトで
「イタリアはローマ空港へ着陸!」
ここで、アリタリアで先乗りのIさんと、先月日本でお会いした
「ヴォナルディの盛大な出迎えを受ける」
ちょっとといふか、かなり感動。。。。。。
P1080748
(おお!ローマよ)


 実はですねえ、事前では全行程通訳付きと伺っていんだけれど
「なんと、今日・明日は通訳なし」
となってしまひ
「なんと、小生ががむばってヴォナルディと英語でコミュニケーションをとります」
。。。。。。。
P1080761
(1回目のイタメシ会場)
P1080763
(明るい店内)
P1080756
(流しのギターがいい感じだね)


 先乗りのI氏は、全く英語ができないので
「なんと2時間強も会話がなかった」
とのことで、
「小生の英語力に今回のミッション・日伊の友好」
の全てがかかってまひります。。。。。。
P1080752
(プロシュート)


 市内までの1時間、さらにお夕飯時間と
「かなり、がむばって、おとなの基礎英語で学んだ技を駆使」
することになって、クタクタでござひます。。。。
P1080750
(お野菜)


 お夕飯は
「タベルナだか、トラットリアだか、リストランテだかよく分からない」
けれど
「これぞ、イタリアンレストラン」
って感じの、なかなか感じのよい店へご案内していただいて、うれしゅうござひます。。。。。
P1080754
(待望のピッツア)


 正直、かなりお疲れなんですけれど
「美味しいワインとお料理と、楽しい英会話」
さらには
「流しのギターの生演奏」
もあって、かなりたのしゅうござひます。。。。。
P1080760
(カニさんのパスタ)


 ただ、事前の情報では
「ピッツアとパスタは別物であって、同じ店では出てこない」
と伺っていたんだけれど、こちらのお店には両方ご用意がありまして
「看板にも、小さく付け足したやふに、赤文字でピッツエリア」
と書いてあるので、最近の流れなのかもしれないですよね。
P1080764
(チーズケーキはのーさんきゅう)


 まあ、小生の本来のスタンスだと
「こんなのダメ」
といふところなんだけれど、とってもうれしゅうござひました。
P1080757
(陽気な?イタリアン???)


 1食目の感想としては
「ピッツアはほぼ日本で食べるのと同じ」
パスタは
「味付けがちょっと薄めだね」
恐らく、特に小生が濃いめの味付けになれてしまっているんだろうけれど。。。。。
P1080768
(ジェラート屋さんがたくさんアリマス)


 で、
「タバスコマニヤの小生としては、タバスコあったら100倍美味いのに」
って感じで超残念だよね、
「ドゥ ユー ハヴ チリ?」
ってお願いすると、例によって
「唐辛子のオリーブオイル漬け」
が出てくるので、かけるけれど、脂っこくなって仕方がない。。。。。

 帰りの道すがら
「ジェラート」
をいただいんですけれど、
「これは、明らかに日本の方が・・・」
って感じでござひましたねえ。。。。
P1080766
(見栄えはいいけれど)


 薄れる意識の中、なんとかたどりついたのは
「どうも、何百年前からある名門らしい、4つ★の.hotelgiuliocesareさん」
確かに建物は趣があるんですけれど
「こふいうホテルはたいてい。。。。。。」
でござひます。。。。
P1080745
(すごいベッド)


 シャワールームは狭いし、ネットはブチブチ切れるし
「ラブホばりの赤いベッドだし」
とはいへ、もうどうにもならないくらい疲れ果てているので、倒れこむやふに就寝。。。。。

|

« 10月23日(火)恋愛もビジネスも同じなのかしらん? | トップページ | 10月25日(木)うし版ローマの半休 »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/55981395

この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日(水)小生の通訳で日伊友好?:

« 10月23日(火)恋愛もビジネスも同じなのかしらん? | トップページ | 10月25日(木)うし版ローマの半休 »