« 9月21日(金)出るリスクと出ないリスク | トップページ | 9月23日(日)食在廣州 »

9月22日(土)大熊猫穴にいらずんば、大熊猫児を得ず

 モーニングコールは7時だったんですけど
「興奮のあまり6時には目が覚めてしまふ」
熱いシャワーを浴びて
「身体を清め、精神統一を済ませ、チェックアウト」
ロビーでガイドの銭さんと無事ご対面。。。。
P1080096
(選ばれし者だけがくぐれる門)


 そう、とうとうこの日がやってきました夢にまで見た、
「パンダ好きの聖地 成都大熊猫繁盛育研究基地」
参戦でござひます。。。。。
P1080008
(夢は見るもんぢゃない、叶えるものだ)


 よく
「どんな人でも、人生に3回のチャンスがあるが、それをものにできるかできないかは、その人次第」
なんていふけれど、まさに
「今回の、この時期の、中国遠征といふのは、44年目にして初めて訪れた1回目のチャンス」
だと思ふんですよね。
P1080011
(笹のトンネルを抜けると)


 ホントねえ
「これがなかったら、今回のミッションは確実にキャンセルしてましたよ(笑)」
胸の高まりを抑えようともせず、異常なハイテンションで、送迎車のカムリ号に乗りこみます。
P1080012
(あっあれは??)
P1080014
(本場のパンダも寝てます)


 
 どうでもいいけど
「こちらでは、カムリって結構なグレードの車ですよ、クラウンの次くらい。ちなみに、レクサスにも国内にはない、ESってあるみたいだけれど、どんな位置づけなんですかね?」
なんて考えていると、まだ25歳前後で、いかにも人のよさそうなガイドの銭さんが
「うしさん、こんな時期に中国、そして成都まで来てくれて、本当にありがとうござひます。心より歓迎します。中国と日本は残念なこともありますけど、もっと仲良くしなければなりません。楽しくやりませう♪」
と、中国へ来て初めて
「熱烈歓迎!!」
していただいて、思わず
「ウルッ」
と来てしまったのは、小生が涙もろいせいだけではないだろう。。。。
P1080016
(なんとビックリ 雄浜です!!)
P1080017
(涙)

 といふことで
「半日だけれど、気持ちよく過ごさせていただくことを約束されたようなものですよ」
一気に打ち解けて、おしゃべりしながら揺られること30分、とうとう
「成都大熊猫繁盛育研究基地」
の門をくぐります。。。。
P1080018
(みんなそろって朝食タイム)
P1080022
(かわいいねえ)
P1080026
(食い散らかすんぢゃない!)
P1080028
(こいつぁワルだね)

 なんだろう
「江戸時代の人にとっての伊勢神宮、高校球児にとっての甲子園、プロレスファンにとっての後楽園ホール、すき焼き好きにとっての和田金、焼肉愛好家にとっての三ノ輪の七厘、ガイヤーンマニヤのとってのバンコク、サヴァイジャイガイヤーン、成人男性にとっての芳賀書店、若葉会の園児にとっての天現寺、とんかつ愛好家にとっての丸一、温泉マニヤにとっての長湯温泉ラムネの湯」
の地を初めて踏んだ時の感触って、こんなものではないだろうかしらん?
P1080047
(威風堂々)


 まだ時間は8時15分だといふのに
「世界中から、パンダ愛好家達が続々とかけつけてきているぢゃないですか!!」
遅れをとってはならんと、竹藪のアーチをくぐって、ドンドン中へ進みます。
P1080045
(股おっぴろげちゃって)


 人だかりがあるので近づいてみると
「おお!本場のパンダに遭遇!」
当たり前だけれど
「うん、やっぱり本場のパンダは違ふ!」
なんてことは当然なく
「いつものよふに、彼は眠っている。。。。。」
ところが、小生が近づいたら、あら起き上がったんですよ。
P1080044
(眠いよね)


 これは、ひょっとして
「おお!珍しい日本人か!こんな時期に来てくれて、本当にありがとう!」
といふ
「熱烈歓迎の意思表示かしらん?」
って思ひつつ、名札を見ると
「なんと、雄浜ぢゃないですか!!!」
まさか
「白浜で生まれの雄浜とここで再会するとは!!」
もう奇跡でござひます。。。
P1080049
(まだ赤いね)
P1080052
(だいぶ黒くなってきまひた)

 雄浜とは浅からぬ縁があって
「名前募集の時に、有浜・志浜で応募したんですよ(雄浜・隆浜)」
だけど
「てっきり、中国では違ふ名前を名乗っていると思ったのに、心から心から心からうれしゅうござひますね」
彼は、確か四川省大地震の時に九死に一生を得たんですよ。。。。。。。。。
P1080056
(さあ、いよいよです!!)


 続いて、
「パンダの幼稚園」
なるエリアへ転進すると
「いるわ、いるわ、若いやつらが!」
皆で
「ムシャムシャ、朝ごはんの笹を奪いあって食べてます」
8頭だと思ふけれど、
「やっぱり、これだけ一堂に介すると壮観の一言」
でござひます。。。。
P1080057
(待つこと30分手袋が配られます)
P1080058
(扉が開かれると、そこには)

 ちなみにパンダは
「顔が変形しないよふに?笹を左右の歯で均等に食べるんですよね」
それにしても、腸が小さいのによく食べること、食べること。。。。。
P1080059
(き、きたあ!!)


 続いて
「並年大熊猫を見学」
いつものことだけれど
「いくら見ていて全く飽きませんよ、ホント」
。。。。。。。
P1080061
(とうとう、lこの瞬間(とき)が)


 時間に限りがあるので、ドンドン進みます!
「生まれたばかりの、超赤ちゃんパンダを見学」
さすがにここだけは
「立ち止まってはいけませぬ」
状態でして、計3周くらいさせていただきました。
P1080070
(目線がちがふ)


 時計の針が9時を指したところで
「いよいよ、パンダ抱っこ受付センターへ参戦」
でござひます。。。

 ところがですねえ
「どうも、本日の受付は9時30分から」
といふことで、
「待機、ひたすら待機」
でござひます。。。
P1080071_2
(思わず、叫ぶ!!)


 ただねえ、普通だったら
「整理券配布するとか、名前書かせるとかあると思ふアルヨ」
まあ、それはともかく
「9時20分過ぎに、無事受付を済ませ、1300RMB=16900JPYも納付完了!」
でござひます。。。
P1080074
(れ、れいせいになりませう)


 ここから待つことおよそ30分
「午前10時に、その扉は開かれました!」
まづは、先頭に並んでいる我々日本人チームから
「靴カヴァー・青いカッパ・手袋」
を配布され、いよいよ入場でござひます。。。。

 待つこと、およそ5分
「奥の方から、大熊猫さんが登場」
でござひます。。。
P1080075
(やっぱり嫌がってますかね?)


 まづは、お隣に座って撮影タイム
「正直、これだけで十分興奮でござひますよ」
はっきりいって、これで十分満足で、終わりと思ってました。

 そしたら、
「小生の膝の上に、大熊猫さんを乗っけてくれて!」
思わず
「おお!!!」
って大声を出してしまって、たしなめられます。。。
P1080081
(食べ続けます)


 でもねえ
「この状況で、冷静にいられるヤツなんて、いるわけないぢゃないですか!」
だってねえ
「夢にまでみた大熊猫を抱っこできる瞬間ですよ」
ホント。。。。

 ちなみに
「いつか、結婚式の後に、御姫様抱っこ?して・・・・」
とは、思ひ続けておりますが。。。

 本題の大熊猫さんなんですけど、暴れると思ったら
「これが、全然暴れなくて、おとなしくしてるんですよ?実は着ぐるみかしらん?」
と思ったくらい、おとなしゅうござひます。。。
P1080083
(明らかに嫌がってますね)


 第一印象は
「ずっしり!」
って感じですね、正直
「もっと、小さなサンアンドスターの赤ちゃんパンダだと思っていたら、かなりの大きさなんだもん」
女性だと、結構大変かも。。。。。

 でさあ
「パンダの毛って、かなり固いですね。たわしみたいな感じ。。。」
匂いは、特にござひませんでした。。。

 時間にして
「おそらく2分くらいだっと思ひますが、夢のような体験」
に大満足でござひました。。。。
P1080109
(マーボ豆腐好きの聖地)
P1080097
(香辛料がお出迎え)

 本来なら、、もう少しゆっくり園内を散策したいところなんですけど、お時間の関係上
「ここまで」
といふことで、続いて
「麻婆豆腐発祥の店である、陳麻婆豆腐店」
へ向かひます。。。。
P1080101
(欧米人ばかり)


 事前の情報では
「とんでもなく辛くて、痺れて食べられない」
とのことで、とっても楽しみにしていたんですけど
「たいしたことないんですよ、明らかに外国人向けにしてあって、かなり残念」
といふか
「怒りさえ感じますよ」
ホント。。。。。
P1080102
(俺をなめるんぢゃない!!)
P1080107
(ペロリと平らげられるとは。。。。)

 だってさあ
「ここへ参戦してくる人っていふのは、それなりの覚悟をもってくるわけぢゃないですか!」
やっぱりねえ、
「ローカルの店へ参戦しないとダメ」
ってことなんですよねえ、本場の大熊猫と違ってかなりガッカリでござひます。。。。
P1080104
(鶏のピーナッツ炒め)
P1080105
(スープは5人前くらい来ました)

 成都空港まで送っていただいた
「ガイドの銭さんと固い握手を交わして、お別れ」
心から、心から、心から
「ありがとう」
でござひます。。。。。
P1080111
(日系ぢゃないって、言いたいのね)
P1080110
(おでんの方が辛そうだね)

 ここからはねえ、色々選択肢があったんですよ
「元々、広州へ転進」
の予定だったんですけど、諸事情を鑑みて
「東京への便がこの時間はないので、香港、マカオ、バンコク」
も視野に入れたんですけど、最終的には予定通り
「食在広州」
といわれる、広州へ転進することを決断いたしました。。。。
P1080114
(素晴らしい空港です!)


 スターアライアンスメムバー、中国国際航空、広州行きは
「さすがは中国のフラッグシップ、といふ感じのフライト(笑)」
でござひます。
P1080116
(でもバスにてご案内)


 ちなみに機材は初搭乗の
「B757なんですけど、これってなぜ日本では導入されなかったのかしらん?」
なんて考えつつ
「猪瀬直樹著 ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」」
を読みつつ、
「ウツラウツラ」
していると、およそ3時間で着陸でござひます。。。。
P1080117
(う~ん)


 いやあ
「暑いですよ!当たり前なんですけど、本当に中国って東西にも南北にも広い、広すぎます!」
これを
「一つの国として統治したり、商圏として考えるって、無理がありますよ、ほんと実感します」
。。。。。
P1080142
(廣州酒家さんへ参戦)
P1080134
(広い店内です)
P1080120
(廣州三田会開催!)
P1080119
(いつものやつ、豚がパリパリでウマイ)
P1080124
(やっぱり海が近いからエビ!)
P1080125
(はくさい)

 ご多忙の中、お迎えに来ていただいた
「広州在住のこばさん」
本当に、本当にありがとうございます、心から御礼申し上げます。。。。
P1080122
(本当にご迷惑をおかけします)
P1080127
(鶏とレバ)

 いふまでもなく
「食在 広州」
ってことで、
「うまいもん食べませう」
となるでありまして、御当地三大酒家である
「ズバリ、その名もそのまんま 広州酒家さん」
へ参戦でござひます。。。。
P1080131
(一心不乱に!)
P1080128
(実は、そんなに好きぢゃないんですよ)

 さすがに
「食在広州といふだけあって、どれもおいしゅうござひます」
ただ、中国滞在中、常に思っていたですけど
「味付け薄いですよ」
まあ、おそらく
「日本の味付けが濃い」
といふことなんだろうとは思ふけれど。。。。
P1080132
(しょうろんぽう)


 広州は、先週も盛大にデモが行われたんですけど
「なんと、明日もデモが予定されている」
この 周辺には自動車関連の工場がたくさんあるんですけど
「完全に労働争議になってしまった」
とのこと。。。。
P1080133
(なんと、ドリアンパイ)


 考えるまでもなく、これからしばらく日本車が売れなくなるので
「余剰在庫もあって、生産調整をかけざるを得なくなる=人の問題が発生する」
といふ悪循環に陥っているとのことだけれど、なんとも言い様がござひません。
P1080135
(マンゴージュースとブンタンのやつ)


 夜も更けてきたので、今一番熱い観光スポットである
「日本領事館が入居している、花園酒店」
を見学させていただくも、当たり前だけど、割れたガラスなどの修理は完了済。。。。
P1080136
(熱々のエッグタルトうまし)


 ちょっと飲む元気もないので
「90分ほどマッサージ、お値段も違ふけれど、明らかに昨日の成都よりは数段ウマイ」
とにかく、
「ちょっと、ここ数年なかったくらい、盛りだくさんの一日」
でござひましたね。
P1080144
(花園ホテルさんを見学)


 よく、
「夢は見ていから楽しいんだ、叶えるなんておもふものぢゃない」
なんていふ人もいるけれど、
「夢は叶えるものなんですよ、そしておもひが強ければ必ず叶ふ!!」
まさに
「大熊猫穴にいらずんば、大熊猫児を得ず」
ってことを実践した夢のやふな一日でござひました。。。。。

|

« 9月21日(金)出るリスクと出ないリスク | トップページ | 9月23日(日)食在廣州 »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/55741813

この記事へのトラックバック一覧です: 9月22日(土)大熊猫穴にいらずんば、大熊猫児を得ず:

« 9月21日(金)出るリスクと出ないリスク | トップページ | 9月23日(日)食在廣州 »