« 6月30日(土)美女軍団と行く南紀白浜ツアー前篇 | トップページ | 7月2日(月)壮大な実験に注目! »

7月1日(日)美女軍団と行く南紀白浜ツアー後編

 ツアー参加者全員の祈りもむなしく
「これぞ降水確率90%の朝」
って感じで、朝から盛大に雨が降っている。。。。
P1070462
(う~ん)


 入浴、朝食を済ませ
「観念して、傘も購入、マリーンズキャップを被り、リュックにはマリーンズポンチョも忍ばせて出発!」
ホテルからアドヴェンチャーワールド(以下AWS)へは、車で10分程度なんですけど、
「なんと、到着した9時過ぎには、奇跡的に一旦雨がやみましたよ!」
。。。。。
P1070463
(目標は一番左のパンダバックヤードツアー)


 開園は9時30分なんですけど
「当日先着順申し込みのパンダバックヤードツアーのために、早々に参戦なんですよね」
男衆3人は列を別れて並びましたよ。
P1070465
(無念、出遅れた。。。。)


 まあ、
「AWSヴェテランの小生もメンツにかけても、ここは負けられませぬ」
といふことで、がむばったつもりだったんですけど、
「スタート直後に、前が詰まって行き場をなくし完敗。。。。。」
しかしながら
「美女2号のご主人がなんとか、ギリギリのところで権利獲得」
もう、
「AWSヴェテランを自負する小生としては、恥ずかしいやら、ほっと一安心やら、なんとも複雑な気分」
でござひます。。。。
P1070466
(ドヤ顔のE氏は、やっぱり持ってる?)


 この件については、
「美女軍団から一日中、言われ続けることになるんだけれど。。。。。」
気を取り直して、まづは
「海浜・陽浜ミルクタイム」
でござひます。。。。
P1070468
(複雑な気持ちでござひます)


 AWSヴェテランを自負する小生も
「実は、海浜・陽浜のふたごちゃんとお会いするのは、初めてでござひます」
間もなく2歳になるんですけど、
「体重50キロくらいの二匹は、超カワイイですよ」
御両親は、すっかり寝込んでしまっているけれど、
「まだまだ遊びたい盛り?」
のふたごちゃんは、元気に動き回ってます!
P1070473
(おお!この双子は初対面です)


 AWS初参戦の参加者の皆さんからは
「おお!!可愛いねえ!うわ、こんな近くで見れるの!上野だったら2時間並んで10秒だよ、!うしちゃん凄い!」
なんて、歓声が上がっり、主催者としては
「先ほどの失点を少しは取り返したかしらん?」
と心の中で、ホッと一息でござひます。。。。。
P1070481
(滑り台大好き)
P1070482
(座って食べて、寝て食べて)

 今でこそ、こうしてガイド役まで務めるようになったAWSのヴェテランである小生なんですけど、、初参戦時からAWSの先達である、るいさんからいただいた
「パンダは朝に限る!」
といふ教えを忠実に守り続けているんですよね。
P1070484
(ふたごA)


 今回も美女軍団から
「とにかく、うしちゃんは人の言ふことを全然聞かない!」
と、しばしば糾弾されるんですけど、
「この情報化社会においては、入ってくるすべての情報を鵜呑みにしていてはダメ!ようは情報の取捨選択が大切」
といふことなんですよね、小生は
「その情報が重要か否かを瞬時に聞き分ける能力が長けている」
ってことを、そろそろ理解してほしいなあ、と思っている今日この頃でもあるよね。。。。
P1070485
(ふたごB)


 AWSヴェテンの小生といへども、当たり前といへば当たり前なんですけど
「ふたごのパンダちゃんは、見分けがつかない」
勿論、
「双子ぢゃなくても見分けられないだろう」
と言われると、その返す言葉がないんですけど、中等部でご一緒だった双子姉妹同様見分けがつかない。
P1070489
(氷のベッドで寝て寒くないの?)


 ミルクタイムの終盤に、飼育係のお姉さんから
「何か質問ありませんか?」
と声がかかったので、
「さっきの失点を取り返すチャンスだ!ここは、いっちょAWSのヴェテランである小生が、ひとつ気の利いた質問をしてやろう!」
と、考えこんでいる隙に、なんと
「またもや美女2号のご主人様から手が挙がり、衝撃」
でござひます。。。。

 まあ、この方は
「昨年、連合三田会の福引で日産LEAFを当てた!」
といふとんでない強運の持ち主だといふことは理解していたつもりだったんだけれど、
「それにしても、格の違ひをまざまざと見せつけられて、グーの音も出ない」
今日この頃でござひますよねえ。。。。
P1070490
(永明とは長い付き合いだね)


 しかし、
「偉大なるお父さんである、永明とはもう長い付き合いだけれど、彼が動いている姿はほとんど見たことがない」
パンダの寿命は分からないけれど、2年下の頼れる母さんこと梅梅が亡くなって2年経っているから、
「これが、最後かもしれない」
と思って、じっくり目に焼き付けておきました。
P1070492
(う~ん)


 あとは
「愛浜・明浜兄弟・梅浜・永浜兄弟も室内で見たけれど、あんまり可愛くないねえ(笑)」
この2組の双子ちゃんも、生後一か月目から成長を見守ってているけれど、
「当時は、とってもかわいかったけれど、すっかり愛想なくなっちゃって・・・」
まあ、
「小生が命名しようとした、有浜・志浜を名乗っていれば、また違った人生?を送っていたはずなのになあ」
と残念にも思ふ今日この頃でもあるけどね。。。。
Img_1325
(夢のツアー実現しました!)


 AWSのウリといえば、勿論パンダだけれど、
「水の部だって見逃せない」
そう、
「マリンライブの行われる、ビッグオーシャンへ転進」
これねえ、実はHPでダウンロードした時刻表と違うので、ちょっと戸惑ってしまひ、またまた美女軍団に糾弾されたんですけど、ちょと納得いかない。。。。
P1070493
(素晴らしい景色だね)


 まあ、相変わらず
「イルカと飼育係の皆さんとの ふれあいといふか、信頼関係といふか、愛」
たっぷりの
「ショー」
に感激なんですけど、
「前回もそうだったんですけど、MCがなくなっちゃったんですよ」
これが、とっても残念でござひます。。。
P1070494
(踏み切ってジャムプ!)


 AWSは初心者なんですけど、品川エプソンなどのイルカショーへ参戦経験があり、
「イルカショーのヴェテランである」
美女2号いわく
「たしかに、ここは技は凄いけど、もう少しショーアップすればさらによい」
とのことだけれど、
「全くもっておっしゃるとおり」
であり、AWSを支持し続けている小生としても、
「何故、改悪されたのか?」
広報へでも問い合わせてみたいですよねえ。。。
P1070497
(すげえ)


 以前は
「イルカが子供にキスとかしていたような・・・・」
音楽も
やっぱり、Shine on you(シャインオンユー)が断然いいですよ!」
あの曲は、ノリノリで手拍子叩くのにピッタリだったしねえ。。。
P1070498
(感動!!)


 とはいえ、これ以降現在のテーマ曲
Thank you allを一日中、口ずさんで、これまた美女軍団から糾弾される」
のは遺憾だよね。

 AWSヴェテランの小生といへども
「やっぱり、AWSへ来るって超非日常ぢゃないですか!」
ここへ来たら
「結婚してようが、独身だろうが、関係なく平等に楽しめる空間ぢゃないですか!小生が人生の敗北者だってことを、今日一日くらい、現実忘れて歌ったって、いいぢゃないですか!」
。。。。。
P1070499
(アシカちゃん)


 そふいえは、
「指宿の砂蒸し温泉 砂楽」
の内風呂には、
「ここへ来れば皆平等、社長さんも泥棒も関係ない」
みたいなことが書いてあったけれど、
「社長さんと泥棒は決して平等ではないと思ふ」
今日lこの頃ではあるけどなあ。。。
P1070501
(ペンギンさん達も)


 続いて、
「アニマルアクションへ転進!」
これもねえ、
「ちょっと言いたいことアルデスヨ」
マリンライブ同様
「MCがほとんどいないんですよね」
だから
「次から次へ登場する動物の名前すら分からない」
これぢゃダメですよ。。。
P1070500
(彼は悪くないけど)


 さらにねえ、AWSヴェテランの小生としては初心者の皆さんに
例の、サクラのお姉さんが水へ落ちちゃう、アレを見せたいぢゃないですか!」
それもなかったんですよ!!!
P1070503
(パンダの赤ちゃんを抱く?)


 朝から糾弾されている小生としては
例のヤツで度胆を抜きたかったんですよ(動画見てね)」
それこそ
「ギャフン(死後)」
と言わせたくて、ずうっと黙っていたのに、
「とってもとっても残念でござひます」
マリンライブ同様
「なんらかの意図があることは分かるんだけれど、絶対に方向性が違ふよ!」
と声を大にして叫んでみようと思ふ今日この頃ではるよねえ。。。。
P1070507
(ずっしりと)


 気を取り直して、いよいよ
「本日のメインイヴェント パンダバックヤードツアー」
でござひます。。。
P1070506
(う~ん)


 このツアーは、
「パンダのエサやり、ふれあい・ヴィデオによる座学」
と二部構成になっているんだけれど、
「ハムバーグのときには、ニンジンやピーマンを先に食べてしまふ小生としては、先にヴィデオがいいなあ」
と思ったら、その通りで何よりでござひました。
P1070513
(いよいよ)


 ヴィデオは、
「パンダの交配→出産→子育て」
なんていふ流れなんですけど、今回も
「永明が良浜の後ろから!!!!!!」
ってところで、
「画面が白くフェードアウト」
してしまひ、気まずくなってしまふ、大人の皆さん(笑)
P1070511
(良浜と対面)


 いよいよ、
「メインイヴェントである、パンダとのふれあい」
の時間でござひます。。。。
P1070519
(立ち上がる良浜)


 本日は
「双子のお母さんである、良浜が登場!」
簡単な説明の後、
「まごの手の先に設置したニンジンを食べさせます!」
聞くまでもなく、どうですか?
「上野ぢゃこんなこと出来るわけないでしょ!」
初心者の皆さん、大興奮でござひます!!
P1070515
(大興奮のご夫妻)
P1070520
(チーズフォンデュ)

 ここで疑問なのが
「パンダって、笹だけ食べるんぢゃないのね?」
飼育係のお姉さん曰く
「ニンジンも食べますし、リンゴが大好物です、私たちと一緒で甘い物が大好きなんですよ」
とのことでござひます。。。。
P1070522
(美女3号も!)
P1070526
(美女2号は良浜を立たせて)
P1070527
(小生はヴェテランの振る舞い?)


 良浜とのふれあい?は短時間でございましたが、初心者の皆さんから
「こんな体験なかなか出来ないよね、うしちゃんありがとう!」
と、初めてお褒めのお言葉を頂戴して、よふやくツアー主催者の面目躍如でござひます。。。
P1070530
(パンダのウンチにうっとり)


 ここで、
「ようやくランチタイムで、一息」
実は、
「大変遺憾な、お絵かき問題が発生するんだけれど、詳細についてここで触れるわけにはいかない」
小生としても
「反論したい」
気持ちはあるんだけれど、引き続き午後ももAWSを満喫すべく、終始大人の対応を心掛ける。。。。
P1070535
(ツインパンダカレー)
P1070537
(チーズ煮込みハムバーグ)

 AWSツアーに対する、皆さんの意気込みのおかけで、奇跡的にここまで
「降水確率90%の中、踏ん張ってきた白浜の空に、ポツリポツリ・・・」
バスに乗車する意見も出たけれど、
「やっぱり、徒歩でしょ!ここは絶対に歩かないとダメ!」
といふ意見を小生が断固として貫き、
「ウォーキングサファリ」
へ出発!
Img_0557
(エサを購入しませう!)
P1070539_2
(やっぱり歩かないと!)


 今回、ビックリしたのが
「出発地点で、500JPY・1000JPYの缶入りの野菜やらのエサを販売しているんですよ」
決断力アル、美女2号のご主人様は、速やかに500JPY×2を購入されていて、さすがでござひます。。。。
P1070540
(いきなり象と美女3号)
P1070543
(おっかなびっくり?)
P1070546
(シカ?)


 まづは
「草食ゾーン」
へ突入なんですけど、小高い丘から全体を見下ろしてAWS初心者一同
「おお!すげえ!広いねえ!」
って感じで、感嘆の声が上がります!
P1070547_3
(楽しくふれあい)
P1070549
(美女も笑顔で)

 AWSヴェテランを自負する小生も
「象やサイ、鹿みたいなの」
とかにエサをやるのは
「大興奮でござひます!」
とにかくねえ
「少しエサやると、追いかけてくるんですよ」
参戦経験ないけれど、
「奈良の鹿」
みたいな感じだそうですね。。。。
P1070548
(それが大変なことに)
P1070552
(逃げ惑う美女3号)
P1070555
(この方は別格?)
P1070559
(小心者を演じるのは疲れます)
P1070550
(逃げても追いかけてきます)


 こんな風に
「初心者は勿論、ヴェテランまで楽しむことができ、常に新しい発見、体験が出来る場所、そんな夢のような 場所=AWS」
でござひますよ。。。。
P1070554
(キリンさんは台にのって)
P1070564
(バッファロー)

 ビックリしたのが
「サイ」
口の前で、エサを出すと
「あーん」
って口を開くんですよ、だから
「本当に口に直接エサを放りこめるんですよね」
ツアーを盛り上げるべく、小生は
「大袈裟に怖がりましたよ(笑)」
主催者とはいへ、ここまで演じるのは大変でござひます。。。。
P1070575_2
(サイの前でパチリ)


 サイの飼育係の方に伺って、興味深かったのが
「飼育係の花形は、てっきりパンダかと思っていたけれど、実はイルカの方が花形」
まあ、確かに
「自らもショーに出演するから、そうかもね」
って感じではござひますけど、何気に意外でした。。。。
P1070573
(ご満悦のI氏)
P1070567
(あーん)
P1070577
(寛いでます?)
P1070580_2
(ひょっとして?)
P1070578
(ガチンコ?演技?)


 続いて、いよいよ
「恐ろしい肉食ゾーンへ突入」
なんと、
「200JPYでライオンにエサをあげられるんですよ」
といふことで、
「早速、筒状の投入口から馬肉を投入」
実は、その投入口からライオンの目が見られるんですけど、これは迫力ござひますねえ。。。。
P1070585
(こ、こわい)
P1070581_2
(ライオンと目が合う??)
P1070582
(200JPY)


 AWS名物、大興奮の
「ウォーキングサファリを終えた一行は、せっかくなのでコンプリメンタリーなケニア号に乗って、復習」
まあ、ついさっき徒歩で回ってきただけあって
「これは、やっぱり歩かないとダメね」
ってことを再認識していただくイヴェントになってしまひましたね。
P1070586
(ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、ライオンだあ)
P1070587
(くまさん)

 AWSでの楽しかった一日も、
「お名残惜しいけど、残りは1時間ほど」
といふことで
「最後にペンギンさんを見学」
ペンギンのヴェテランであるところの、美女2号曰く
「ここまで大きなエンペラーペンギンは珍しい、キングはよく見るけど」
と感激していらっしゃひました。。。
P1070588
(お別れだけど、こいつ大丈夫か?)


 物事には
「残念ながら、始まりがあれば終わり=別れのときがやってくる」
とってもとっても寂しいけれど、
「また、必ずここへ戻ってくる。出来れば一人ではなく・・・」
と心に誓い、ゲートをくぐりました。。。

 AWS初心者の皆さんも
「ここまで、楽しいところとは思わなかった、ありがとう!」
と最大級の謝意を示され、
「やっぱり、遠回りはしているけれど、小生の歩んできた道に間違はなかった。これからも、己の信じる道を貫けば、ひょっとしたら、少しはいいことがあるかもしれない」
と、隠れて涙を流しつつ退場。。。。。
P1070592
(たのしゅうござひました)


 誰がどう考えるまでもなく
「AWSの経営が楽とは思へない」
小生も、1年以上ブランクがあって申し訳なかったけれど、
「今回は、4人も初心者を引き連れてきて、多少なりとも恩返しは出来たとおもふ」
今日この頃であるんですよね。
P1070565
(名残おしいけど)


 そんな小生の功績と思ひが通じだのか?
「降水確率90%なのに、事実上雨が降らなかったのだって、奇跡ぢゃないですか!パンダバックヤードツアーだって、なんとかなったし・・・」
とってもとってもうれしゅうござひます。。。。。
P1070593
(空港で和歌山ラーメン850JPY(笑))


 とはいへ、実は最後に難関が待っていました
「実は、昼の便は視界不良で欠航したんですよ」
羽田は離陸したけれど、
「結局、降りられず関空へダイバード」
どう考えても
「昼から劇的に天候が回復したとは思えない」
といふことで、正直
「五分五分」
って予想でしたね。

 もしも、NGの場合は
「レンタカーで関空へ!くろしお号で日根野経由件空へ!くろしお号で新大阪!白浜でもう1泊」
とか検討していたんだけれど、無事羽田からの便が着陸した時は
「おお!救援機が来たぞ!」
って感じで、レストランでお食事中の皆さんが、中東で拘束でもされていたかのごとく、拍手喝采でのお迎えでした。
P1070594_2
(おお!帰れるぞ!!!!!)


 小生のお席は、
「最前列通路側」
なんですけど、予想通り窓側には
「待合室でお見かけした、世耕参議院議員」
がお座りでしたけど、興味が全くないので共に熟睡。

 それよりも
「J-AIRのCAさんは、ちょっとドキドキするくら可愛かったねえ」
同行者の皆さんも同意見だったよう。。。。

 天候が危ぶまれた、今回のツアーでしたが
「奇跡的に、全てがうまくいって、皆様にもご満足いただけたようで、心からうれしゅうござひます」
それにしても
「幼稚園の同窓生、中学の同級生と、こうやって遠征するとは30年前は、夢にも思ひませんでした(笑)」
まあ、これも全て
「AWSの魅力なせる技」
ってことで、心から嬉しく思ひつつ、さすがに疲れ果てて早々に就寝。。。。。

|

« 6月30日(土)美女軍団と行く南紀白浜ツアー前篇 | トップページ | 7月2日(月)壮大な実験に注目! »

関西」カテゴリの記事

コメント

AWS楽しそうだったね。メンバーも最高!ランチタイムにどんな遺憾な問題が発生したの? またいつものですか?

投稿: 1号 | 2012/07/04 09:35

 えっとですね、小生が自信を持って描いたパンダちゃんの絵を皆が酷評するですよ。そんなんだから、○○○○って。。。。。
 次回は、是非ご一緒しませう!ペンギンも見なければならないし、ナイトサファリやナイトマリンライヴへも参戦せねば!!

投稿: うし | 2012/07/04 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/55102983

この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日(日)美女軍団と行く南紀白浜ツアー後編:

« 6月30日(土)美女軍団と行く南紀白浜ツアー前篇 | トップページ | 7月2日(月)壮大な実験に注目! »