« 7月8日(日)鶯谷で肉を喰らう人たち | トップページ | 7月10日(火)ああ!ダメだよそれは!人として! »

7月9日(月)ガロン

 帰宅後に、すっかり定番になってしまった
「リッツ」
を盛大にいただく。

 本来は
「ゼロコーラだけ飲んで、速やかに就寝がベスト」
といふのは分かりきっているんだけれど、
「お腹が空いていなくても、なにかつまみたい」
といふ時に最適なのが
「このリッツ」
なんですよねえ。。。。

 とはいへ
「15枚も食べてしまふと。。。」
カロリーも大変だけれど、
「多分、成分的にきっと体にいいとは・・・・」
って感じなんですけど、
「とにかく、リッツは抜群にウマイから仕方がない」
って感じですよ。

 オレオは、そんなに古くなさそうだけれど、
「マクビティとかも(これはイギリスだけど)アメリカ人が古くから徹底的に食べてそうで、ウマイけど、いかにも・・・・」
子供の頃見ていた、
「奥様は魔女をはじめとするアメリカのテレビドラマ」
に頻繁に登場していて
「太った子供が盛大に食べていて、うらやましく思った」
のが懐かしいよね。

 家には、巨大な冷蔵庫の中に
「大きな瓶に入った牛乳・オレンジジュース」

「これぞアメリカ!」
って感じで、とってもとっても子供ながらに
「アメリカってスゲエ、オレンジジュース飲み放題なんだ!」
と心から思ったものだよね。

 あれは、きっと
「ガロン瓶なんだろうね」
なんとなく
「ガロン、ポンドとかエーカーっていふ単位には憧れてしまふ」
けど、
「ヤード、フィート、インチ」
となると、あまり魅力を感じない。

 ところが、
「バレル」
となると、
「死ぬまでに一度でいいから、ケンタッキーでバーレル買って一人で食べてみたいなあ」
と思ふから、なんとも不思議ではござひます。。。


 とはいえ、
「大阪で、ケンタッキー食べ放題(カーネルヴァフェ)へ参戦した時は、こんなものせいぜい3キレでいいや」
と思ったことも、記憶に新しゅうござひます。。。
 
 ジュースの思ひでといへば、
「小学校6年生の時に、千駄ヶ谷駅の自動販売機で友達と一緒に、紙コップ入りのファンタグレープ?を購入」
ものすごい罪悪感があったので
「隠れてトイレで飲んだ」
しかも、翌日二人で
「いやあ、ホントやばかったよね、もう二度とやめよう」
と心から反省したものだ。

 ちなみに、目の前の東京体育館のプール周辺には
「スイミングスクールを終えた、某私立の小学生たちが、母親に付き添われ、盛大に肉まんを食べ、コーラを飲んでいた」
ある意味、我々にとっては
「アメリカみたいなもので、彼らはスゲエ、世界が違ふ」
と、敗北感さえ感じなかったんですよね。

 で、中学へ入学すると、
「昼はパンと一緒に森永ピクニックシリーズ(フルーツ牛乳など)を購入することが出来た」
更に、放課後には校内のコカコーラの自販機での購入が許された。

 といふことで、
「自由を謳歌したといふか、おとなの扱いを勘違いしたといふか、このあたりから、制限が効かないアメリカの子供のようになってしまったわけですよ」
。。。。。。。

 まあ、今さらながら
「このあたりが、未だに独り身の原因なんだろうなあ」
と思ひつつ、早々に就寝。。。。。

|

« 7月8日(日)鶯谷で肉を喰らう人たち | トップページ | 7月10日(火)ああ!ダメだよそれは!人として! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/55158228

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日(月)ガロン:

« 7月8日(日)鶯谷で肉を喰らう人たち | トップページ | 7月10日(火)ああ!ダメだよそれは!人として! »