« 3月14日(水)いまさらながら万平恐るべし! | トップページ | 3月16日(金)毎年恒例のブッフェ »

3月15日(木)素敵な庭を造りあげる

 さすがに今朝は起床がつらいんだけれど、サラリーマン時代の師から言われた
「飲んだ翌日はいつもより早く起きて、早く会社へ行け」
との言いつけを忠実に守り、なんとかBSにてカーネーションを見て早々に出勤。。。。

 PCを立ち上げて、ヤフーニュースを見ていたら
「東京マラソン日本人トップの藤原選手にBMWが贈られた」
なんて記事があるけれど、
「優勝ならともかく、日本人トップでBMW328i」
っていふのも、
「ちょっと思ふところがあるよねえ」
って気がする今日この頃ではあるよね。

 もちろん対象を日本人選手に限定するとすれば、もしも優勝したら
「7シリーズくらい贈呈しちゃふのかしらん?」
それにしても、BMWさんは景気よさそうだよね、
「ミッションイポッシブルでは、盛大に車ぶっ壊しちゃっていたしねえ。。。。」
ただ、それはともかく
「写真の左後ろに小さく写っている女性って超美しいよね」
勿論、関係者だかプレゼンターのモデルさんとかだとは思ふけれど、死ぬまでに一度くらいこれくらいの極上の美女と
「マンゴーカレー食べて、デザートにパフェ。ヒルズのプレミアシートで映画観て、個室焼肉。葉山へドライヴして、ラ・マーレ・ド・チャヤ でお食事。一緒にゴルフへ参戦。」
なんてことをしてみたいなあ、と夢みたいなことを考えてしまふ今日この頃ではあるけれど、考えるだけむなしいので止めておこふと思ふ、あさイチなのであった。。。。

 先日取材対応したフリーペーパーが送られてきたので、パラパラめくっていると
「石田純一の恋愛術入門」
なる見出しが目に飛び込んできて、思わず熟読してしまった。。。

 おそらく、この人こういふ恋愛指南みたいなページを複数の女性誌で書いている?と見えて
「さすがに面白いし、説得力アリ」
まづは、小生の一番関心があるとことである
・ステップ1「女性の気を引くにはどうするべきか?」
といふことなんですけど、
「素敵な「庭」を造りあげれば自然と小鳥は寄ってくる」
なんて、書いてあるんですよね!

 まあ、正直言って皆さんご存知のとほり
「小生にはとても、こんな艶っぽい文章書けない」
っていふくらい、
「これだけで参ってしまひます」
って感じなんですけど、要約すると
①「女性が男に惚れるといふことは、その男の世界観に惚れることと同義」
②「男は自分を選んだらどんないいことがあるのかプレゼンしなければならない」
③「ただし、プレゼン能力は勿論のこと、肝心なのは材料で、学生なら夢を語るでよかったけど、社会人は「どう生きてきたか!何を持っているかを見せられなければダメ」
とのことのやふだ。

 いわゆる
「膝を打つ」
とはことの事でござひまして、
「ぢゃあ小生の庭ってどんなだろう?その内容をプレゼンするには?」
となると、
「それを全て凝縮しているのが、うし日記ぢゃないか!」
といふ明快な回答が導き出されるのは自明の理である。

 しかしながら、小生の知る限り、女性の読者の大多数が既婚者、例外として
「小学校6年生」
もいらっしゃるけれど、いずれにしろさすがに、あと10年以上も待てない。

 といふことは、やっぱり
「未婚の女性が寄ってこないといふことは、小生の庭がステキではない」
といふことになるんだろうと思ふ今日この頃ではあるよね。

 確かに
「高級フルーツパーラーでマンゴーカレー食べて、デザートにパフェ。ヒルズのプレミアシートでMIP3観て、個室焼肉。ベンツで葉山へドライヴして、ラ・マーレ・ド・チャヤ でお食事。一緒にゴルフへ参戦。」
なんていふのと違って
「万平で万平揚げ食べて、〆に焼きおにぎり。好きな映画は、喜劇列車・旅行シリーズ。金太郎でてっちゃん鍋。マカオへ参戦してBJで中敗。 観客10しかいないマリーンズ2軍キャムプへ参戦。」
並べて書き出すと
「やっぱり、どう転んでもステキな庭とは言えないなあ」
と改めて現状を直視したら、一気に寂しくなってしまひ、昨日睡眠不足だったこともあり、今宵も枕を濡らしつつ早々に就寝。。。。。。

|

« 3月14日(水)いまさらながら万平恐るべし! | トップページ | 3月16日(金)毎年恒例のブッフェ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/54227220

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15日(木)素敵な庭を造りあげる:

« 3月14日(水)いまさらながら万平恐るべし! | トップページ | 3月16日(金)毎年恒例のブッフェ »