« 1月19日(木)塩ホルモンとゴミ袋 | トップページ | 1月21日(土)お喰い始めの儀 »

1月20日(金)美人若女将を囲んで

 特典航空券にて
「鹿児島へ」
基本的に
「A社の特典航空券は乗りたい便は、まずとれない」
といふのがあるんだけれど、さすがに閑散期といふことなんだろう。。。。
096
(あけましておめでとうごひます)


 リムジンバスで市内、
「まずは、桜島さんに帰省の報告と、新年のご挨拶!」
ドルフィンポートへ参戦したんですけど
「ちょっと暑いくらいのポカポカ陽気」
に、思わず
「ニヤリ」
としてしまふ今日この頃ではあるよねえ。。。
095
(今年もよろぴくお願いいたします)


 盛大に悩んだ挙句
「めっけもん寿司へ参戦」
正直なところ
「依然として、寿司1カン食べるのは、まだまだしんどい」
巻物なら、全く問題ないんだけどねえ。。。
098
(塩3カン)
097
(かんぱち)

 〆に
「まぐろ大トロ・中トロ・赤身3カンセット 945円」
をいただくことを真剣に考えたんだけれど
「やっぱり、昼からそれはないだろ」
と思いとどまり、かんぴょう巻(わさび入り)をいただいて、早々に撤収。。。。
100
(ぶりとろ)
099
(ねぎま汁)

 山の6階催事場では、盛大に
「駅弁とうまいもの大会」
が開催されているんだけれど、驚いたのは
「いまだに、あのロールケーキやら、マダムSのバームクーヘンに長蛇の列が・・・・」
これ、余談ですけど、このD島ロールは鹿児島市内のスーパーでも販売されているんですよ
「全く同じ名前かつ、オレンジ色でそっくりなロゴだけど、よーく見る違う店名で・・・・」
このあたりについては、ちょっと恐ろしすぎてアレなんだけれど。。。。

 盛大な歓迎を受けてから、
「矯正歯科で施術を受ける」
たっぷり1時間診ていただいたんだけれど
「順調ですね」
とのことで、
「ほっと一安心」
確かに、日一日改善改善?しているのは自分でもわかっているけど、先生に言われると
「やはりうれしく思ふ」
今日この頃ではあるのだ。。。

 R226を南下して
「指宿へ向かふ」
かなり、久しぶりの
砂蒸し温泉 砂楽さんへ参戦」
この時間に砂に埋もれるのは何年ぶりだろうか、いつもはお昼だもんね。
101
(お久しぶりです)


 全盛期は、30分は埋まっていたんだけれど、
「歳をとったのか?久しぶりのせいか?20分が限界」
でも、この
「熱い砂の重みと、心臓のドクドク感がたまりません」
ただし、
「上がり湯の、循環塩素たっぷり風呂だけは、なんとかしてくれませんかねえ?かなりキツイですよ!」
こんなに素晴らしい源泉が台無しでござひます。。。。

 今宵のお泊りは、指宿なんですけど、諸般の事情により
「美人若女将を囲む会 in焼鳥あっちゃん
へ緊急参戦!
103
(鳥刺し)
105
(焼鳥)

 安くて美味しい焼鳥をいただきながら
「本当はテレビCMなんか、出たくなかった問題」
「温泉に温まりにきたのに、窓が閉まらなくて寒いのはダメだ問題」
「指宿では社長室長が流行だ!問題」
といった諸問題を徹底討議した結果
「鹿児島純心の生徒さんは素晴らしい、娘ができたら是非入学させたい」
といふ結論が一旦は出る。
106
(地元産のじゃこサラダ)
110
(友達の友達は友達なのか?問題が紛糾!)

 しかししかし、いかんせん、お料理も続々出てくるので、鹿児島ならではの焼酎をいただきながら
「国道226は、下りにも追い越し車線をつくってほしいぞ問題!」
「ラ・サールと純心問題」
「天文館に映画館が必要なのか?問題」
「街こん問題」
「いくら鹿児島を愛しても、このサッカリン入りの甘ったるい醤油だけへ愛せないぞ問題」
といった、あまにも難解な山積する諸問題を討議した結果
「やっぱり鹿児島美人時計は11時11分が一番だ!」
といふ、誰もが納得する結論が出たところでお開きとなった、
「いやあ、皆さんありがとうござひました!」
。。。。。
108_2
(地鶏炭火焼き)
111
(美人若女将にちょっかいを出すG氏)

 今宵のお宿は
南薩のロイホこと、指宿ロイヤルホテル
激しい討論の疲れを温泉で癒してから、早々に就寝。。。。。。

|

« 1月19日(木)塩ホルモンとゴミ袋 | トップページ | 1月21日(土)お喰い始めの儀 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/53788700

この記事へのトラックバック一覧です: 1月20日(金)美人若女将を囲んで:

« 1月19日(木)塩ホルモンとゴミ袋 | トップページ | 1月21日(土)お喰い始めの儀 »