« 1月6日(金)体を洗わず心を洗う | トップページ | 1月8日(日)年の初めの金太郎 »

1月7日(土)本当にコバルトブルーでした

 まだ夜も明けない
「早朝5時50分起床!」
速やかに身支度を整えて、
「早朝ラムネ温泉へ参戦」
昨晩の天気予報では
「竹田の最低気温はマイナス4度」
とのことだったので、きっとそのくらいなんだろう。。。。
003
(夜明け前)


 いかせん、
「ラムネ温泉の早朝営業は6時~7時の1時間なんですよ!」
まあ10時まで待てば問題ないんだけれど
「やっぱり、朝食前のラムネが大事!」
といふことで、極寒の中およそ1時間じっくりとラムネの湯に浸る。。。。。

 すっかりいい気持ちになり
「心を洗って、スッキリ」
いくらポッカポカになっても、帰り路ですっかり冷えてしまふのが難点でござひますけどね。。。。
002
(早朝ラムネ)


 本日は、1月7日といふことで
「七草粥!」
正直なところ
「前回いつ食べたかは全く記憶に残っていない」
でも、やっぱり今の小生にとってはお粥は本当にうれしゅうござひます。。。。
005
(七草粥)


 お部屋でひとやすみしていたら
「いつの間にか、ウツラウツラ」
って感じで至福の時間を過ごしてチェックアウト!

 すっかり
「生き返らせていただき」
心から御礼を申し上げさせていただきます、女将さんから
「うしさん、次回はお一人はダメですよ!」
といふ温かいお言葉を頂戴しつつ、オススメいただいた
七里田温泉へ向かふ」
若旦那曰く
「私がいふのもアレですけど、なかなかいい炭酸泉持ってるんですよ」
とオススメされたので。。。。
007
(長湯から10分くらい)


 で、本来なら
「ぬるめで、泡が盛大につく下湯」
へも参戦しないといけないところだったんだけれど、
「ちょっと場所が離れていて、一度着替えないといけない」
とのことなので、温かい内湯のみ参戦!
006
(お湯はすごくいい)


 まあ、正直なところ
「大丸とほぼ同じ感じ」
ではあるんだけれど、露天もあってなかなかよろしゅうござひました。

 一緒になった方としばし温泉談義、この方は山口からの方で
「ご夫婦で九州の八十八湯を巡っている
とのことで、
「すでに75湯くらい制覇した」
とのこと、当然このスタンプラリーが始まる前から盛大に温泉めぐりしていて、何回も浸かっているところが多いとのこと。

 自分でいるのもアレ僭越だけれd、九州の温泉については小生もそこそこ知識と経験があるので
「非常に話がもりがって、うれしゅうござひました」
こうやって、見知らぬ人と楽しくお話できるのが、たのしゅうござひます。。。。
011
(噂の庄屋の館へ)


 といふことで、次に向かったのは、この方におすすめされた
コバルトブルーの大露天風呂で有名な、ゆふいん庄屋の館
何を隠そう、小生
「湯布院は、ちょっと人が多すぎて、ここのところ敬遠しているんですよね」
確か、数年前に夢想園へ参戦して以来のはず。
010
(盛大な足湯)


 ここが
「循環・塩素入り」
だったので、あまりよいイメージがなかったので足が遠のいていたのですが、
「この、庄屋の館は見事に予想を裏切ってくれました!」
いやあ、
「このコバルトブルーの源泉かけ流しの露天風呂は素晴らしい!!」
なんていふか、
「とにかくお湯が素晴らしいんですよ!本当にまさにコバルトブルーなんですよ!!」
ちょっと、また参戦しそうでござひます。。。。
009
(コバルトってなんだ?)


 大分道を西へ向かひ、
「久留米へ」
残念ながら、ここへ写真はもちろん詳細を記すことは出来ないだけれど、
「いち○の新しい品種の視察と打ち合わせね」
当然ながら、まだ世には出ていないんだけれど
「これは・・・」
って感じでござひます。。。。
008
(いい天気だね)

  
 今宵は、小生に
「仕掛けの仕方を1から教えてくれた師と新年会」
まずは、以前から気になっていた
博多一口にら饅頭の 一優亭へ参戦」
なんだかねえ、お客さんは学生さんばかり
「あきらかに場違い感が」
入店の時からプンプン。。。。。
003
(これがにら饅頭)


 まあ、実際食べてみても
「場違い」
って感じでござひます。
004
(自らひっくり返す)


 看板の
「にら饅頭とやらも、イマイチ味がしないといふか。。。」
まあ、注文する方が悪いと思われる
「もつ鍋も、スープの味が濃すぎちゃって。。。」
まあ、いい勉強でござひました。。。。
005
(う~ん)


 といふことで、お馴染みの
「鉄なべ であい橋店へ転進」
ただねえ、前回も思ったんだけれど
「なんか、以前と比べて・・・・」
勿論、美味しいことは美味しいんだけれど。。。。。
006
(決して、といふわけではないけど)


 だからといふわけではないけれど、至近に開店した
HIGHBALL BAR中州1923へ初参戦」
いわゆる、新橋と赤坂見附で参戦した店の博多版ね。
010
(すっかりおなじみ)


 まあ、から揚げやらナポリタンはともかく
「ここのハイボールはメチャ美味しいのよ」
お水っていふか、炭酸が全然違うんですよ、
「きめが細かいといふか。。。」
今宵も角ハイを、とってもおいしくいただかせていただきました!

 だけど、まあ
「景気のいい話は全く聞こえてこないよね」
この春には、よく知った方々も続々と退社するようだし、こんな時こそなんとか力になりたいと思ふのだけれど。。。
007
(おいしゅうござひます)


 美味しいハイボールなので、ついつい急ピッチで飲んでしまい、
「かなり酔っぱらって、フラフラの状態でなんとかお部屋へ」
就寝前に、
「久しぶりにマッサージ」
この方とは、結構長いお付き合い?なんだけれど、今回はおよそ半年ぶりなんですよ。
009
(中津から揚げは、う~ん)


 身体さわった瞬間
「あれ、うしさんずいぶん痩せましたね?まさかご病気されました?」
とこられて
「やっぱり、そう来ますか?」
って感じなんだけれど、深く考える間もなく、あっさり眠りについてしまひ、なんとかお支払だけはしたものの、気持ちよく就寝。。。。。。

|

« 1月6日(金)体を洗わず心を洗う | トップページ | 1月8日(日)年の初めの金太郎 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/53678220

この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日(土)本当にコバルトブルーでした:

« 1月6日(金)体を洗わず心を洗う | トップページ | 1月8日(日)年の初めの金太郎 »