« 10月29日(土)やきう・えいが・そうさく | トップページ | 10月31日(月)うし故郷へ帰る »

10月30日(日)ステキな金縛り

 一応、もう一回必死に探してはみたけれど、遺憾ながら結論として
「もう諦めるしかない」
ってことで、速やかに日比谷へ。。。。
P1020311
(楽しみにしてました)


 そう、昨日から公開されている
「ステキな金縛り」
へ参戦なのだ。。。。。
P1020314
(盛大にパレード開催)


 10時前の回だといふのに
「日劇2は、ほぼ満員。。大箱の大スクーリンがいっぱいのお客さんで埋まる、いい感じだねえ!!」
入場券売り場は盛大に並んでいるし、
「やっぱりネットで席が抑えられるVitは便利!だけど1800円だもんねえ(笑)」
今さらだけれど、
「前売り券買うとVitは使えない」
やっぱり
「この矛盾を何とかしていただけないかしらん?」
と、毎度のことながら思ふ今日この頃ではあるよね。。。
P1020321
(お馬さんも参戦)


 まあ、いつものことだだけれど
「三谷作品は凄いよねえ、笑いっぱなし」
ただ、
「もうひと味といふか、奥深さといふか、ドラマ(とくにラスト)があってもよかったのでは?」
と思ふ今日この頃ではあるけれど、時間の長さを感じない面白さでした。
P1020324_2
(あ、あれは??)


 ちなみに宣伝文句にある
「泣ける」
といふのは、いささかといふか大変疑問でござひます。。。。
P1020331
(美女3号が!)


 個人的には
「佐藤浩一扮する村田さん?がまだ売れなくなった役者やっているのね」
これが最高でござひました。。。。
P1020320
(楽しそう)


 あと、
「せっかく唐沢寿一を医者役で使ふなら、もう一ひねり欲しかった。。。。それにしても深田恭子は色っぽい」
まあ、他にも細かい感想があるけれど、
「まずは、もう一回観てからにしよう」
と思ふ今日この頃ではあるよねえ。。。。
P1020323
(名入り提灯?)


 本日は、
「日本橋100年だかのパレード」
小生的にはご縁がないんだけれど、
「美女2号やら、香○○平といふ男など、多数出場するので、冷やかしに」
正直なところ、あまり意味は分からないけれど、
「盛大な化粧を施した美女3号がいらっしゃいましたよ」
といふことで、盛大に撮影。。。。。。。
P1020343
(香○○○といふおとこも!)


 終了後にも記念撮影したんだけれど、
「さっき見た、ステキな金縛りの落ち武者そっくり!」
って感じでござひました。。。。
P1020348
(落ち武者みたい)


 なんか、いつも通り千駄ヶ谷で下車するのも悔しいので、四ツ谷駅で下車して、以前から気になっていた
カレーうどん食堂 のら豚屋
さんへ初参戦。。。。。

 なんかねえ、
「チャーシューみたいな のら豚1枚入り カレーうどん」
をいただいたんだけれど、
「専門店だけあって、そこそこ美味しいけど、やっぱり太田市場の浅野屋さんがいいなあ」
って感じでござひました。。。。
P1020351
(おいしいことはおいしい)

 帰宅後、
「CSでCSを観戦」
滅多にセリーグは見ないので選手はよく分らないけれど、8回まではかなり面白い試合でした。
 まあ、
「天気もよくなかったし、家でゆっくり見れてよかった。。。。。」
と思うしかない今日この頃でござひます。。。。

 せっかく体力を温存できたので、サンジャポを見てから早々に就寝。。。。。

|

« 10月29日(土)やきう・えいが・そうさく | トップページ | 10月31日(月)うし故郷へ帰る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ねえ、よしこ何やってんの?これ?びっくりなんですけど!笑

投稿: Fujiko | 2011/10/31 12:11

 まあ、日本式のはろぅいんみたいなものかと。。。最後の写真は、ホント落ち武者そのもの。。。(笑)

投稿: うし | 2011/10/31 16:53

細かい事を言うようですが、喜子は2号じゃなかったの・・・

投稿: 1号 | 2011/10/31 22:26

 いやいや、ご指摘ありがとうございます。私も2号じゃないかと思ってました。速やかに訂正します!しかし、この写真の反響はすごい!

投稿: うし | 2011/10/31 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/53119909

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日(日)ステキな金縛り:

« 10月29日(土)やきう・えいが・そうさく | トップページ | 10月31日(月)うし故郷へ帰る »