« 8月29日(月)最後の晩餐? | トップページ | 8月31日(水)20年ぶりの手術台へ »

8月30日(火)入院

 7時起床
「速やかに入浴」
を済ませ、ベランダに出てばし桜島さんへご挨拶。。。。。
003_3
(今朝は特に感慨深い)


 とはいえ、
「さすがに眩しいので、昇る朝日というのはそんなに長時間見ることはできません」
ということで、日経・日刊・南日本の3紙を熟読。。。。。。

 チェックアウトまでかなり余裕があるので
「伊集院静 著 大人の流儀」
を一気に読了。。。。

 最後の最後に
「夏目雅子さんとの話が出てくるけど、そこだけ文体が全く変わってくる」
そして
「明らかに、思いが込められている「愛」を感じる文章なんですよね」
いねむり先生の時もそうだったけれど、いくら再婚だか再再婚だかしても
「特別な人だったんだろうなあ」
と、思ったりもする今日この頃ではあるんだけれど、
「小生にも、たった一人でいいから、そういう人がこんな時にいてくれたらなあ」
と切なくなってしまふ今日この頃でもあるのだ。。。。
014_2
(ドルフィンポートから桜島さんへ最後の別れとお願い)


 ドルフィンポートの
「めっけもんにて、娑婆最後のお食事」
やっぱり、多少なりとも緊張しているか、4枚ほどしか進まず。。。。
007_3
(本まぐろ中とろ)
009_2
(かつを)
011
(水いか)


 食後に、
「喫茶ママにてしろくまさん」
をいただけば、あとは思ひ残すことはなしもなし。。。。
015
(しろくまさん)


 諸般の事情により
「ふるさと鹿児島の某病院へ入院」
話せば長くなるというか、己の行動を合理的に説明するのは難しいんだけれど
「タイミングとご縁は重要だ」
ということなんですよねえ。。。。
016
(一応個室です)


 若い看護師さんの説明を受ける
「受ければ受けるほど事の重大性を理解してしまい、不安になってきてしまひます」
今回は、単独での手術なんだけれど
「やっぱり、こういうときに独身は厳しいなあ」
と心底思って心細くなってしまふ今日この頃ではあるよねえ。。。。
017
(なんと葬儀屋さんが近くにあって便利)
018
(おお!桜島さんが!!)

 それにしても3分おきに、いろいろな方がご説明に登場していただいて
「痛い、腫れる、熱が出る、吐き気がすごい、特に明日の夜は我慢できないかもしれない」
とか言われると、
「もう、分ったから勘弁してよ。。。」
って感じになってしまひますよねえ。。。。
014_3
(本当に最後の晩餐)

 
 本当に最後の晩餐をいただき、
「睡眠時無呼吸症候群検査装置を全身に装着」
文字通り早々に就寝なんだけれど、早々に眠れるとはとても思えない。。。。。
018_2
(全身管だらけ)


 久しぶりに、心から心配というか参ってます、これを乗り越えて得られるものもわからない。
(ということで、次回更新は未定といふか、更新できるのかしらん?)

|

« 8月29日(月)最後の晩餐? | トップページ | 8月31日(水)20年ぶりの手術台へ »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/52604856

この記事へのトラックバック一覧です: 8月30日(火)入院:

« 8月29日(月)最後の晩餐? | トップページ | 8月31日(水)20年ぶりの手術台へ »