« 4月4日(月)どうでもいいけど気になる数字 | トップページ | 4月6日(水)喜多方で半面盛 »

4月5日(火)仙台へ

 2時30分起床、なんとか2時間弱の仮眠がとれたので、一安心
「午前3時ちょうどに、北へ向かって出発」
中央環状から東北道へ、当たり前だけれど車はほとんどなく、スイスイ進む。。。。

 1時間経過したところで
「上河内SAにてトイレ休憩および、給油完了」
今回の行程は給油の問題だけが心配だったんだけれど、これで心配する必要は全くなくなった。
P1020085
(北へ北へ)


 後は、
「ひたすら仙台へ向けてアクセルを踏み続ける」
気が張っていることもあって、心配された眠気も全く襲ってこず、仙台に近い国見SAにて2度目の休憩。。。。

 今回、仙台を訪問する目的は
「ボランディアでも、炊き出しでもなく、ケーキをお届けすること」
ということではあるんだけれど、
「とにかく、お客さんのところへ参戦する」
ということが小生にとっては、大事でした。
P1020086
(朝日がまぶしい)


 高速を降りて、仙台市内へ入る際は緊張したんだけれど、ビックリしたのが
「7時前に到着したんだけれど、コンビニが営業していない」
これが、
「商品がないからなのか?治安を考慮してなのか?は分からない」
でも、やっぱりかなり心細くなることはまちがいない。
 ただし、
「街中を見る限り、倒壊した建物は全く見られない」
ちょっと意外に思っていたんだけれど、ちょっと太平洋側へ近づいてみると。。。。。
P1020104
(仙台駅)


 そこには信じられない光景が広がっていました、まあ正しく言うと
「テレビで新聞で見ていたんだけれど、明らかに生で見ると違う」
海から数キロ内陸に入ったところに
「仙台東部道路」
という高速道路が通っているんだけれど、
「この道路の東と西ではまるっきり世界が違う」
だけど、海が全く見えないのに、ここまで津波が来ているというのが。。。。。
P1020099

P1020095


 なんというか、ある程度想像はしていたけれど、
「ここまでとは。。。。」
ちょっと表現が適切でないかもしれないけれど、
「SF映画に出てくる、未来の戦争の跡」
って感じで、車から降りるのすら怖くなってしまいました。。。。
P1020093

P1020101

P1020096

 ちょっと、思うところは多々あるんだけれど、
「中心部の百貨店へ」
いやあ、
「みなさんに、本当に快く迎えていただきました」
そして、たいして告知していないのに
「たくさんのお客様が・・・・・」
本当に本当に、皆さんに喜んでいただいて、うれしゅうございます。
P1020108
(上層階が厳しいとのこと)


 ちなみに、こちらの百貨店も
「今のところ、1階と地下のみの営業。しかも10時から16時という超短縮営業」
2階から上の上層階は、かなり内部で傷んでいる箇所があるとのこと。

 一旦退場して、
「もう1件のお取引先へ」
こちらは、完全なオフィスなんだけれど、一時的に機能を山形へ移動させていたけれど、今週から戻ったとのこと。
 こちらでも喜んでいただいたようで、何よりでございました。。。。
P1020106
(一見すると)


 市内中心部を軽く歩いたんだけれど、
「確かに、閉まっている店は多いけれど、そんなに目立つほどではない」
そして、さらに三越さんへ参戦したんだけれど、こちらは上層階2フロアは閉まっているけれど、なんとか営業している模様。

 とはいえ、地下の食品売場も
「営業していない店舗が多数ある」
特に、沿岸部に工場や会社がある、笹かまの店が被害を受けているようだ。
P1020109
(マクドナルドも)


 あるお店の前で思わず立ち止まる、空っぽのケースの前に、一人で立って来店客に、笑顔で
「ご迷惑をおかけします、6月までにはなんとか再開します。これからもよろしくお願いします」
って、繰り返し繰り返し対応している女性を見ると、涙が止まらなくなってしまふ。

 安っぽい言葉よりも、
「仙台に金を落とせ!東北に金を落とせ!経済を回せ」
ということで、まずは三越さんの中にある
伊達の牛たんにて、極厚芯タン定食
正直なところ、
「ちょっと、いつもより焼き過ぎでは?」
って感じでもしないでもなかったけれど、まさか食べられるとは思っていなかったので、とってもうれしく思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1020111
(極厚芯タン)


 さらに、お店の外には某果物屋さんがあるんだけれど
「応援の意味を込めて、地元産の果物を盛大に購入」
させていただきました。。。。
P1020112
(宮城産のいちごなど購入)


 でもねえ、やっぱりところどころに
「あまりにもあんまりな、張り紙を見つけるんですよね」
こういうのを見ると、あまりにも。。。。。。。。
P1020114
(ガスが未だとのこと)
P1020117
(言葉が見つからない)

 売場に戻ると、午前中よりもさらに多くのお客様がいらっしゃっていて
「心から、うれしく思う」
そして、
「こんな状況なのに、来ていただいて本当に・・・・」
と感謝されると。。。。。。
P1020118
(まだ閉まっている店が多い)


 もちろん、小生は
「盛大に義援金を持ってきたわけでも、救援したわけでも、ボランティアをしたわけでもない」
だけど、
「来て、本当によかった」
心から思いつつ仙台を後に。。。。。
P1020115
(食い入るように新聞に見入る方々)


 現地で、色々なものを見たし、たくさんの方から
「現地の状況も伺った」
だけど、ここに書くのにはちょっとためらってしまう内容のものが多い。

 よって、まずは自分の目で見たことから
「明らかに仙台東部道路が防波堤の役割をしていた、この東と西では被害状況がかなり違う」
聞くところによると
「ここに上がった方は、助かった方が多い」
とのこと。
 中心街は、閉めている店も多いが、ドトールなどは営業している、ただし
「コンビニも含めて、営業時間がすごく短い」
そして、コンビニの店頭には
「2日から弁当入りました!」
なんていう張り紙が貼ってあり、店内に入ると極端に品数が少ない、雑誌などは皆無。。。。。

 聞くところによると
「ガスの復旧が中心部が最も遅い」
とのことで、
「銭湯の整理券が配られている(30分単位)」
 そして
「夜は、真っ暗闇で怖い」
とのこと、治安については色々聞いたけれど、真偽のほどは定かではない。

 お店を開いたときは
「とにかく、パンが売れた」
ご飯、カップ麺が続くと
「次はパンが欲しくなる」
そして、更に落ち着いてくるとケーキなどの甘いものが欲しくなるということなので、小生のタイミングもよかったのだろう。

 この時期になってもコンビニに商品が薄く、全国チェーンのブランドも営業できないのは
「海に近い配送センターがやられている」
これが最もこたえているようだ。

 心配されたガソリンスタンドの行列も、3日前までは盛大にあったけれど、
「今日の時点では、すべて解消」
とのことで、とにかく一歩一歩だけれど、進みだしている。

 小生は、避難所を訪れたわけでもなんでもないけれど、普段お世話になっている方々へ多少なりとも恩返しができたし
「喜んでいただいて、本当によかった」
勿論、自己満足とは分かってはいるけれど、なんかすっきりして仙台を後に、福島経由米沢へ。。。。。

今日の日記については、ご批判もあるだろうし、かなり悩んだけれど、やはりここへ記しておこうと思うことにした。

|

« 4月4日(月)どうでもいいけど気になる数字 | トップページ | 4月6日(水)喜多方で半面盛 »

東北」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報をありがとうございました。。。
小生も私用での関西遠征を取りやめ、そのコストで時期を見計らって一日でも二日でも何かボランティア的なことをすることにしています。
仙台には若かりし頃お付き合いしていた女性がいたのですが震災以降、唯一の連絡手段だった携帯もメールも繋がらない状況です。大変残念です。

投稿: ブログの一ふぁん | 2011/04/09 16:09

一ふぁんさん、なんと申し上げてよいものか。

投稿: うし | 2011/04/14 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/51318844

この記事へのトラックバック一覧です: 4月5日(火)仙台へ:

« 4月4日(月)どうでもいいけど気になる数字 | トップページ | 4月6日(水)喜多方で半面盛 »