« 1月24日(日)暗闇の中に一筋の光を見つける! | トップページ | 1月26日(火)紀ノ国屋とユアーズ »

1月25日(月)正しい責任の取り方とは?

 朝一、久しぶりに市場へ、多少早起きするだけで
「いやあ、俺は頑張ってるぞ!」
と勘違いしてしまう、自分をかわいく思う今日この頃ではあるよね。。。。
P1100034_edited
(寒い)


 打ち合わせを終えて、せっかくなので
「浅野屋さんで、みそらーめん+ミニカレー」
みそラーメンのスープが、いつもより煮詰まった感があって、ちょっと残念。
P1100036_edited
(アツアツのみそ)


 不思議に思うのが、文字にすると
「ミニカレー」
なんだけれど、発音すると
「ミニガレー」
と濁音をつけてしまうけれど、すぐには思い出せないけれど、こういう例って他にもあったような気がしないでもない今日この頃ではあるのだ。。。。
P1100037_edited
(ミニカレー)


 月曜の朝ということで、渋滞が怖かったんだけれど
「案外すんなりとオフィスへ戻りひと安心」
来客が数件あったけれど、とにくアクシデントはない月曜日。

 川崎競馬へ出走した
「エロージュ号は2着に終わる」
逃げ馬を甘く見た戸崎のミスといよりも、今回も外枠に泣いたって感じだよね。

 目的地が広尾なので、少し早めにオフィスを出て
「銀座までウォーキングがてら散策してから、日比谷線」
あまりご縁がないけれど、銀座通り沿いのスーパーブランドショップとやらも、あまり元気があるとは思えない雰囲気ではございました。

 広尾といえば、小生の子供の頃は
「あこがれの地だった!」
なんといっても、明治屋というのはハイソな空間だったし、店頭にあった
「ナポリの果物の皮を容器にしたシャーベット」
というのは、
「どうやっても手の届かないリッチなもの」
として、ただただウインドウ越しに、指をくわえてみつめるだけだった。。。。

 当時のアイスといえば、なんといっても
「森永バニラエイト」
が小生にとっての、
「ワンランク上の贅沢なもの」
であり、普段は
「名糖ホームランバー」
という風に、使い分けていたものだ。

 だから、今でも
「アイスクリームのベンチマークとして、常にバニラエイトを意識し続けている」
何としても死ぬまでに、もう一度バニラエイトを食べてみたいと思うので、
「是非とも、森永さん復活させてください!」
と声を大にして叫びたい今日この頃ではあるけれど、夢がかなった瞬間に
「あれ、こんなものだっけ?ちょっと美化しすぎてたかしらん?」
とがっがりするのが怖い今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1100041_edited
(玉海力さん)


 今年初めての
「ちゃんこ玉海力さん」
しかも、、今宵は美女1・2号、美人女優、大井町さん、元西麻布の青年飲食業Mと言った、最近にない豪華なメムバーが終結ということで、いやが上にも気分が盛り上がる今日この頃ではあるよね。。。。。。
P1100039_edited
(塩)


 美味しい焼鳥や、
「玉海力オリジナル焼酎」
をいただきながら、
「美女1号とK氏が高校生の時、ロンドンで密会していたのは、さすがだ問題」
「今週土曜日、21時からCXで放送予定のハッピーフライトは絶対みよう問題」
「パンダの赤ちゃんより、自分の子供の方が1万倍カワイイ、問題」
「美人女優とMは、かつてBS朝日で共演したことがあり、実は8年ぶりの再会だ問題」
といった、小生の結婚問題とは関係ない話題で盛り上がっていたうちは、よかったものの
P1100040_edited
(タレ)


 みそちゃんこが登場したあたりから
「女優さんから、うしさんは本当に改善する気はあるのか?」問題」
といった、ど真ん中のストレートが投じられ、場の雰囲気が一変した。
P1100042_edited
(みそちゃんこ)


 そこからは、せきを切ったように
「美女1号と座敷で同席するって分かっていて、穴の開いた5本指ソックスを履いてくるようでは、もう救いようがないのでは?問題」
「本気ならば、まずはブログを今日限りで閉鎖すべきでは?問題」
といった、徹底的に小生を糾弾する雰囲気になってきてしまった。
P1100043_edited
(歓談する美女1号、2号)


 そこで、なんとか必死に同じく独身である
「M氏だって独身だけど、大丈夫なのか?問題」
へ話題をそらそうとするけれど、小生の場合と違って
「幼稚園から高校まで学校休んだことない、発熱しても24時間以内に完治するのはさすがだ」
「M井は、大人だから、我々が気にしなくても大丈夫だ」
という、同じ独身でも小生とは180度違う結論が、あっさりと出てしまい、どうにも納得がいかない今日この頃ではあるのだ。。。。
P1100045_edited
(次回は塩で?)


 しかしながら、なんとか交渉を重ねるうちに
「フルーツサンド付きならば、演舞場の飛龍伝へ一緒に行ってあげてもよい問題」
が浮上して、明るい兆しを見せ始めるが、最後の最後に人格者であるところの大井町さんから
「うしを甘やかしてきた、俺たちにも責任がある」
という、なんとも微妙な結論が出てしまい、お腹も一杯になったところで、お開きとなったのだ。。。。

 まあ、色々諸問題はあるけれど、小生が結婚出来ない責任を
「大井町さんが感じてくれている、というのは有難いの一言」
しかし、冷静に考えると
「彼は、仲介を生業としているんだから、責任とって御嫁さんも仲介してくれればいいじゃん!」
と思いつつ、枕を涙で濡らしながら力尽きて就寝。。。。。。

|

« 1月24日(日)暗闇の中に一筋の光を見つける! | トップページ | 1月26日(火)紀ノ国屋とユアーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

色々問題があったな。
うしちゃん、良いおつまみだったよ。
顔出してくれてありがとう!pig

投稿: しみずよしこ | 2010/01/26 21:57

 よしこさん、どうもです。おつまみって言われてもねえ。。。。
 

投稿: うし | 2010/01/27 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/47388046

この記事へのトラックバック一覧です: 1月25日(月)正しい責任の取り方とは?:

« 1月24日(日)暗闇の中に一筋の光を見つける! | トップページ | 1月26日(火)紀ノ国屋とユアーズ »