« 1月7日(木)バンコクの千○屋さんはどこに? | トップページ | 1月9日(土)楽しいなあ »

1月8日(金)おまえを殺して、私も死んでやる問題!!

 6時起床、6時30分チェックアウト
「スワンナブーム国際空港へは7時過ぎに到着」
スタアラゴールドカウンターで速やかにチェックインは済んだけれど、
「出国手続きの列が盛大に伸びていた」
038
(さらば微笑みの国)


なんとか、無事出国、手荷物検査を済ませ
「ラウンジで朝食をいただく」
まあ、時間が時間だったので仕方がないけれど、
「フードはパイ類のみだった」
せっかくなんだから、
「グリーンカレー・レッドカレーくらいは食べさせてくれたらなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。
037
(ラウンジで待機)
035
(一昨日の報知(笑))

 ご搭乗の時間が近づいたので、ゲートへ向かい待機するも
「お時間になっても、一向にご搭乗開始にならない」
しかも、飛行機を見ていると
「明らかに、積み込みではなく下ろしている!」
と思った瞬間に、放送がかかり皆さんいっせいに立ち上がって移動を始めたのだ。
030
(荷物下ろしてませんか?)


 恐る恐る流暢な英語で尋ねると
「ようは1時間以上遅れる、搭乗口も変更になるので、移動しなさい」
ということで、小生はラウンジへUターン。
040
(ラウンジへUターン)


 まあ、乗り継ぎがないのが不幸中の幸いだけれど、
「海外でこういうのは、ちょっと不安」
というのが正直なところだよね、ただ
「こういうとき、ラウンジが使えるのは本当にありがたく思う」
今日この頃ではあるのだ。

 だから、どうしても
「スタアラ系の会社を選らんでしまうのだ」
JGCはワンワールドルビーにしかならないので、
「提携会社のラウンジは使えないのだ」
これだと、厳しいといわざるを得ない今日この頃ではあるよね。
039
(機材変更)


 ちなみに、TGのラウンジは通路を挟んで2つあったので、今回は先ほどと違うラウンジへ入場したら、
「フードは同じだけれど、内装がゴージャスでした」
ファーストクラス用ではないと思うけれど、イマイチ違いが分かりません。。。。
 でもねえ、こういうときは英語が不如意なので
「乗り遅れたら大変!」
と思って、イマイチ寛げないんだよねえ。。。。
041
(おいしゅうございました)


 と思っているうちに
「無事、ご搭乗」
乗ってしまえば、ウツラウツラして、おいしいご飯をいただいているうちに、2時間30分のフライトは無事終了。
044
(森の中の空港)


 そうです、次なる目的地は
「マレーシアはクアラルンプール」
いつもとおり、快適な
「KLIAエクスプレスと新交通システムを乗り継いでKLCCヘ」
ちょっと遅れてしまったので、商談を後回しにして
「マンダリンオリエンタルKLへチェックイン」
ここのプールはおきにいりなので、本来ならば一泳ぎ、といきたいところだけれど、中途半端に時間がないので
「サウナとジャグジーのみで我慢」
しかしねえ、いつものことだけれど
「東南アジアは本当にホモが多いよね!」
今日も更衣室で、筋肉ムキムキの男性に
「ニヤニヤと目で嘗め回されてしまった」
いくら結婚できなくても、そういうアレだけはないので。。。。。
045
(ウエル カムバック)
046
(プールは断念)

 一汗流して、商談へ向かおうと思ったら
「なんと、盛大な雨だかスコールだか・・・」
タイは乾季なのに、どうやらマレーは雨季の模様。。。。。
048
(おお!)


 商談といっても、いかんせんお相手が学校の大先輩なので、どうしても話題が
「本筋から外れた、シー○ーやマーマ○ー○、といった直接仕事に関係ない方向に行ってしまう」
困った事態になってしまう、今日この頃ではあるのだ。。。。
060
(肉骨茶へ参戦)


 まあ、このまま雑談に終始してもラチが開かないので、お食事ということになる。
 マレーシアさん、さらにお客さんなのに同級生を加えて4人で
「おなじみ肉骨茶(バクテー)へ参戦!」
肉骨茶は前回に引き続き2回目ではあるんけれど、いかんせん
「前回は二次会での参戦だったので、満腹で堪能できなったのでリベンジ参戦となる」
相変わらず、
「煮えたぎる土鍋の中には、豚肉がところ狭しとうごめいている」
ニンニクと辛しをつけて食べるので、まずいわけはないんだけれど
「なんとも、不思議な料理なんだよねえ」
豚肉の漢方薬煮?と言ったらTさん怒るだろうか?
052
(これが肉骨茶だ!)
053
(お野菜もたっぷり)
054
(ニンニクと唐辛子をたっぷりつけて)
055
(野菜炒め)
056
(玉子焼き)
057
(よくお会いしますね)

 いかんせん肉骨茶は30分もあれば食べ終わってしまうので、大先輩のご案内で
「お粥とチキンのおいしい店へ転進!」
しかし、なんというか
「遠いマレーの地で学年こそ違えど、同じ高校出身者4人が会食というのは、冷静に考えなくてもスゴイ」
と言わざるを得ない今日この頃ではあるよね。
072
(二次会へ)


 おいしいお粥とチキンをいただきながら
「弟に抜かれなくてよかった問題」
「おまえたちを殺して、私も死んでやる問題」
「なぜ、教科は20点満点で採点されるのに、総合評価は10段階しかも、小数点以下2桁まで評価されるのか?問題」
「バンコクには蹴球部5人、アメフト5人、端艇部7人いるらしけど、いくらなんでも多すぎないか問題」
「ゴルフ解説の戸○○は、おそらく卒業していないに、なぜあんなに偉そうなのか?問題」
と言った南方向きの話題を討議した結果、
「帰国前に、是非帝王へご一緒しませう!」
という非常に建設的、かつ友好的な結論が出たところで二次会がお開きとなった。
068
(おいしいチキン)
062
(玉子焼き)
064
(お粥)
066
(三つ葉とネギをたっぷりとかけて)

 まあ、せっかくマレーシアへ来たので
「フットマッサージを1時間」
残念ながらこれはおおはずれ、しかしタイもそうだったけれど、
「今日は特に、メムバーがメムバーだったので、遠い南国にいるとは思えない雰囲気でございました」
マレーシアさんなんか、ここ1年で5回くらい会っているし、話題があまりにも身近な話題ばっかりだったしねえ。。。
074
(マレーの夜)
077
(まずは足を温めて)
075
(またお会いしましょう)


 次は
「いつ、どこで皆さんとお会いできるのかしらん?」
と思いつつ力尽きて就寝。。。。。。。

|

« 1月7日(木)バンコクの千○屋さんはどこに? | トップページ | 1月9日(土)楽しいなあ »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/47253823

この記事へのトラックバック一覧です: 1月8日(金)おまえを殺して、私も死んでやる問題!!:

« 1月7日(木)バンコクの千○屋さんはどこに? | トップページ | 1月9日(土)楽しいなあ »