« 9月12日(土)本厄・大殺界・天中殺 | トップページ | 9月14日(月)りくおさんは今日どこで誰と? »

9月13日(日)ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルルにて残念会

 昨夜のゲリラ豪雨と打って変わって、快晴の日曜日。時間的にはかなり早いんだけれど、
「サンジャポを見てから早々に出発」
総武緩行線に乗って西船橋経由で中山競馬場へ到着!

 秋競馬1週目の日曜というのに
「13時でまだ指定席を売っている」
だけど、かつてあった2000円のB指定は廃止になり最低でも2800円ではちょっと手が出ない今日この頃ではあるよね。。。。
P1070783_edited
(恐るべしマック!)


 場内は明らかに空いていて
「混雑しているのはマクドナルドのみ」
ただ、小生としては
「中山=豚汁」
ということで、三幸さんの豚汁で空腹を満たす。
P1070782_edited
(まずは豚汁)


 基本的にJRAの馬券は、あまり購入しないので文藝春秋を読んだりして時間を潰して、
「いよいよマイネルスケルツィ号が出走する京成杯AHのパドック」
この競走、大昔は
「京王杯AH」
だったので、今でも小生は京王杯と呼んでしまう、ちなみにホークスも小生の中では依然としてダイエーだ。
P1070784_edited
(お久しぶりです)


 スケルツィに会うには久し振りなんだけれど、
「やっぱり500キロ超える大きな馬は迫力があっていい!」
そして、調子はともかく
「なんか古馬の雰囲気になったなあ」
って感じだよね、6歳の秋だから当たり前なんだけれど、すごく感慨深い今日この頃ではあるのだ。。。。。
 ちなみに、小生にとっては
「6歳っていうと、昔でいう7歳だよねえ」
と必ず1を足して実感するオールドファンなのだ。。。。。
P1070787_edited
(なんか長距離向きの体型になった?)


 このパドックでは
「1番人気のヒカルオオゾラが1円も要らないことを確信」
となると
「スケルツィでいけるのでは?でも、どうせまた3着なんだろうなあ」
との思いが交差しつつ適当に馬券を購入!
P1070791_edited
(ピカピカ)
P1070792_edited
(軽い足取り)
P1070794_edited
(何気にいいコンビ)
P1070795_edited
(気合が乗ってきた)
P1070796_edited
(頑張れ!)


 なんか先々週のポップコーンとおなじく4コーナーから直線で先頭にたった瞬間は
「とにかく声を枯らして声援しましたよ!」
でも、最後はゴール直前で交わされて
「いつもの通り3着(爆)」
騎手もうまくのったし、
「まあ、ポップコーン同様、外枠じゃなかったらなあ」
と運のなさを恨めしく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1070797_edited
(大きくなったヴィジョン)
P1070798_edited
(スタート!!)
P1070799_edited
(おお!!!!!!)
P1070800_edited
(もらったか!)
P1070801_edited
(惜しい!!)


 疲れ果てて、重い足取りをひきずって武蔵野線・京葉線を乗り継いで、さらには
「八丁堀で日比谷線に乗り換え。」
この八丁堀という駅を使うのは初めてなんだけれど、そういえば高校の時に
「八丁堀に住んでいるという理由で、あだ名が「はっちょ」というやつがいたなあ」
と、全くもってどうでもいいことを思いだしてしまう今日この頃でもあるのだ。。。。

 諸般の事情で、
「広尾へ参戦」
若干早めについてしまったので、なぜか
「広尾湯にてひと汗流す」
こういうとき、銭湯に入って汗を流せるのはすごくうれしく思う今日この頃ではあるんだれど、男湯には
「全身芸術的な方がいらっしゃって・・・・」
どうしてもチラチラ見たりして、おちつかないのがとても残念な今日この頃でもあるのだった。。。
P1070802_edited
(なぜか銭湯へ)


 広尾といえば、なんといっても
「明治屋」
ただ、どうしても小生の中では今の建物ではなく昔の建物のイメージが強いよね、そして
「ナポリのアイスクリームとケンタッキーフライドチキン」
幼稚園生や小学生の頃は、
「とにかく、ナポリのアイスやシャーベットというのはあこがれの的でした」
ただ、いかんせん広尾とか天現寺というのは30年以上前の忌まわしい出来事がトラウマとなって、あまり好きにはなれない町なんだよねえ。。。。。
P1070803_edited
(広尾=明治屋)


 あと今でも分からないのが
「MEIDIYA」
小生の英語感覚では
「MEIJIYA」
だと思うんだけれど、日本橋も
「NIHOMBASHI」
とNではなくMで表示する場合も多い。
P1070804_edited
(MEIDIYA)


 ヘボン式か何かよく分からないけれど、
「なんとなく格式を感じる」
今日この頃ではあるよね、ゴルフ場を
「カンツリークラブ」
と呼ぶのもそうだし、
「ソッカー部」
もひょっとしたら同じかもしれないと思ったりもする今日この頃でもあるのだ。。。。。

 で、なぜ広尾にきたかというと、以前から参戦したかった
ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル
への参戦を果たすためだ。
P1070805_edited
(チョリソ)


 かなり評判がよろしいことはうかがっていたのだけれど、なかなか予約が取れずに今日初めて参戦となったのだった。
 まあ、いわゆる
「ビストロというかカジュアルフレンチダイニング」
なんだけれど、
「やっぱり、素晴らしいお店でございます」
いきなりフレッシュな桃を見せられて
「ベリーニはいかがですか?」
と言われてしまうと、それを断る勇気はございませんでした。
P1070806_edited
(絶品のソーセージ)


 そこからは完全にお店のペースでオーダーしたけれど、
「苦味のあるサラダ・チョリソ・自慢のソーセージ」
とかなりおいしゅうございました、
「ムール貝のなんとか」
は量が多くてちょっと飽きてしまったけれど、ニンニクがきいていてタマラナイ・・・・・

 メインは
「伊達鳥のグリル」
をいただいたんだけれど、皮がパリパリで香ばしく、お肉自体のお味もとってもおいしゅうございました!
P1070807_edited
(おいしい鳥)


 普段あまり飲まない小生も、ついつい調子にのって
「ベリーニ・リースリング・シラー×2」
と4杯もいただいしてしまって、もうフラフラ。。。。。

 だけど、
「本当によろしいお店なので、再戦を決意してお店を後にしたのでした」
ただ、これはお店のせいではないんだけれど、飲んでしまうと眠れなくなってしまうので小生のツライところ、なぜか意識が完全になくなったのは午前4時近くなのであった。。。。。

|

« 9月12日(土)本厄・大殺界・天中殺 | トップページ | 9月14日(月)りくおさんは今日どこで誰と? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/46208933

この記事へのトラックバック一覧です: 9月13日(日)ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルルにて残念会:

« 9月12日(土)本厄・大殺界・天中殺 | トップページ | 9月14日(月)りくおさんは今日どこで誰と? »