« 6月10日(水)キヤノン・キユーピー・オンキヨー | トップページ | 6月12日(金)ブッシュと熱中時代 »

6月11日(木)ねんきん定期便到着

 昨日、帰宅すると
「ねんきん定期便」
なるものが到着していた、根本的な疑問として
「何故、年金はひらがなで定期便は漢字なんだろうか?」
まあ、それはおいておいて
「重要・親展」
と赤字が書いてあるけれど、確かに重要であり本人以外の者が軽々しく開封すべきものではないよね。。。。
P1060705
(定期便がやってきた!)


 で、早速開封したんだけれど、
「はっきりいって読むのがめんどくさい」
まあ肝心なところは
「今まで払っていたはずの記録がしっかり残っているのか?」
「じゃあ、結局のところこのまま制度が破たんせずに60だか65になるといくらもらえるのよ?」
の2点につきると思う今日この頃ではあるよね。。。。。

 小生の場合
「学生時代に親が払ってくれた(爆)国民年金と一社目の会社での厚生年金、二社目の会社での厚生年金がうまく空白期間がなくつながっているのかしらん?」
ということなんだけれど、ちょっとというか大いに疑義があったのだ。
 
 一社目の会社と現在の会社の間に
「空いている期間があります」
との表示があるのね、
「資格を失った年月日が3月21日で資格を取得した年月日が同年4月1日」
まあ確かに厳密にいえば、10日間の空白があるんだけれど、
「これが未納にあたるのか?」
ちょっと分からない、ただこういうことがないようにと細心の注意を払っていたつもりだっただけに愕然とする今日この頃ではあるのだ。。。。
P1060706
(空いている期間ねえ)


 まさかその10日間
「日割りで国民年金に入るべきだったのかしらん?」
と思う今日この頃ではあるけれど、まあ些細な問題とはいえ
「将来出馬する際に菅 直人君みたいになっても困るしなあ」
と真剣に心配する今日この頃ではあるよね、まさか小泉純一郎君みたいに
「社員もいろいろです」
ってわけではなく、私の場合はごく普通の転職だったしなあ。。。。。

 だけど、空いている期間がありますって
「小生の場合、隣の席はいつも空いているけどねえ。。。」
なんて思いつつ、東京駅へ参戦。
P1060701
(980円也)


 せっかくなので、久しぶりに
「但馬屋さんで、しゃぶしゃぶ980円也」
盛大に野菜をいただいて、とにかくコストパフォーマンスバツクンと心からありがたく思う今日この頃ではあるんだけれど、デザートに
「今ブームの 神田達磨さんの たいやき
の誘惑に負けてしまった自分を責めてしまう今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1060703
(今、時代はたい焼きだ!)
P1060702
(職人さんが)

 いつも混雑していたので、大いに気になっていたんだけれど、念願かなって今日は購入したのだ。まあ、結論から言いますと
「羽つき餃子みたいな感じは面白いけれど、一回食べればいいかしらん?」
って感じだよね、上質な小豆を使っていることはよーくわかるしあんこたっぷりなのはうれしいけれど
「もうちょっと甘くてもいいのでは?」
やっぱりねえ、甘いものをあんまりにも甘さを控えてしまうのは。。。。。。。。
P1060704
(あんこがすごい量)


 さすがに今日はマリンへ参戦する気もおきずに8時過ぎまで雑務をこなしてから帰宅、
「マリーンズが盛大にやったよう」
ただ、正直なところ
「しまった、今日行けばよかったとは全く思わない」
今日この頃ではあるけれど、
「2000本まであと194本に迫る幸一の今シーズン8本目のヒットを見逃したのだけはシマッタ」
と心から悔やむ今日この頃ではあるのだ。。。。。

 日経夕刊に
「お見合いパーティー」
の記事が掲載されていた。
加藤夏希さんでお馴染みのエクシオさんのことが紹介されていたので、早速ネットで検索。
真剣に近々
「一度参戦することを決意!」
ただひとつだけ問題がある、
「会場でブログ用の撮影は許されるのだろうか?」
撮影できないと参加する意味がないので、
「事前に確認してみようかしらん?」
などと考えつつ早々に就寝。。。。。。。

|

« 6月10日(水)キヤノン・キユーピー・オンキヨー | トップページ | 6月12日(金)ブッシュと熱中時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/45308664

この記事へのトラックバック一覧です: 6月11日(木)ねんきん定期便到着:

« 6月10日(水)キヤノン・キユーピー・オンキヨー | トップページ | 6月12日(金)ブッシュと熱中時代 »