« 3月3日(火)37度でぐったり | トップページ | 3月5日(木)肉骨茶 »

3月4日(水)パンダバスと寝釈迦様

 早朝6時20分起床、速やかに身支度を整ええて
「バナナパンケーキ」
の朝食を速やかに済ませて玄関に待機している車に乗り込む。
P1050090
(おはようございます!)


 そう今日は午前中、かの有名な
「パンダバス」
による市内観光に参戦となったのだった。。。。。

 パンダバスとは
「るるぶでお馴染みの海外市内観光」
今までは
「パンダバスに乗るやつなんかいるのかよ?」
と馬鹿にしていたこともあるけれど、諸般の事情で初参戦となったのよ、集合場所は
「我がインターコンチネンタルホテル」
と非常に有難かったんだけれど、5分くらい走った別のホテルで一度車から降ろされた。

 どうやら、
「各ホテルでピックアップして来た客をここでツアー別の車に乗り換えさせるハブらしい」
でねえ、肝心のバスなんだけれど
「なんと、パンダなんかどこにもいない普通のバン」
ちょっと詐欺に遭ったようなもんだよね、
「パンダバスの名に偽りあり!」
一瞬、ここで
「こんなバス乗れるか!」
と踵を返そうかとも思ったけれど、小生ももういい歳なのでここは大人の対応に終始することにする。。。。。

 まず最初に向かった先は
「ワット・アルン」
チャオプラー川の対岸から渡し船に乗って参戦。
P1050092
(渡し舟に乗って)


 由緒ある寺なんだけれど、
「その由緒はともかく、凄い建物だよね」
美しさは勿論のこと、
「その急勾配に驚いた」
途中まで上がることが出来るんだけれど、昇りはともかく下りが相当に怖かった今日この頃ではあるのだ。。。。
P1050095
(凄い存在感)
P1050099
(急階段)
P1050100
(結構な高さ)


 お次は、
「ワット・プラケオ&王宮」
の見学なんだけれど、
「確かに建物は美しいし、その存在感に圧倒される」
だけど、とにかく無学な小生はその歴史的背景を全く理解していないので、イマイチのめり込めないのだ。
P1050121
(プラ・シー・ラタナ・チェティ)
P1050122
(プラ・スワナ・チェディ)
P1050124
(東武ワールドスクエア)
P1050127
(プラサート・プレテープ・ビードン)
P1050129
(本堂)
P1050135
(プラサート・プラテープ・ビードン)


 
 勿論理由は、無学だけでなく
「昨日ほどではないけれど、とにかく35度の暑さにやられてるのよ。。。。」
でも、そんな小生でも、大きく心動かされたのが
「ワット・ポーの寝釈迦仏」
その大きさにも圧倒されるんだけれど、
「なんといっても、その表情にやられてしまった」
ガイドさんいわく
「お釈迦様が、病で死ぬ直前になっても無の境地で一生懸命頑張った」
ということを表しているとのことだ。
P1050112
(とんでもない大きさ)


 まあ、理屈はともかく
「この寝釈迦様の表情は凄すぎる」
ちょっと感激してしまった、しばし動けなくなって見入ってしまったのだ。。。。
P1050115
(とにかく暑い)


 大げさでなく
「この、寝釈迦様を見に行くだけでもタイへ参戦する価値は十分にあると」
心から思う今日この頃ではあるよね。。。。。
P1050111
(感動!)
P1050119
(ひとつひとつの表情が凄いのだ)

 一応、これで
「パンダバスでの市内観光は無事終了」
まあ、たった3箇所といえば3箇所なんだけれど、ガイドさん付きで
「950バーツ(約2700円)は安い」
なかなか自分だけでは、これだけ回れないよね
「パンダバス侮れず!」
考えを改める今日この頃でもあるのだ。。。。

 御部屋でシャワーを浴びて、一休みしてから
「本格的な商談を2時間」
一応、これが今回のメインの目的だったんだけれど、
「一緒に飲んで喰ってばっかりで、肝心の話しが出来なかったんだけれど、ようやく目的を達することが出来て」
ホッと一息つき、
「ミスターフィートさんへ参戦」
今日もたっぷり2時間揉んでいただきました。。。。。
P1050144
(生バンド付きの屋台村)


 バンコク最後の夜は、勿論
「からーいタイ料理」
タクシーで乗り付けたので、イマイチ店の名前が分からないけれど、
「ガイヤーン」
という鳥料理がメチャ辛いけど、本当に本当にどれもこれも
「おいしゅうございました!」
P1050140
(ここのトムヤムクンが一番おいしかった)
P1050139
(定番の空芯菜)
P1050142
(すいかジュース)


 いやあねえ、とにかく
「本場のタイ料理って、どれもこれも美味しいよね」
もう心から大満足な今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1050136
(ガイヤーン)
P1050137
(トントロ)
P1050138
(ラープ・ムー)
P1050141
(超辛い ソムタム・タイ)
P1050143
(ガイ・ホー・バイ・トゥーイ)


 今宵も
「飲みに行きませう!」
と盛大にお誘いを受けたんだけれど、疲労困憊なので丁重に辞退。
 早々にホテルへ戻りシャワーを浴びてから今日もラウンジでお仕事をしてから、疲れ果てて就寝。。。。。。

|

« 3月3日(火)37度でぐったり | トップページ | 3月5日(木)肉骨茶 »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/44252083

この記事へのトラックバック一覧です: 3月4日(水)パンダバスと寝釈迦様:

« 3月3日(火)37度でぐったり | トップページ | 3月5日(木)肉骨茶 »