« 1月20日(火)名物にうまいものなし | トップページ | 1月22日(木)マレーに心残りあり »

1月21日(水)マレーのうし

 6時30分起床、7時チェックアウト。地下鉄を乗り継いで7時40分過ぎには
「チャンギ国際空港へ到着」
もともと国土が著しく狭いとはいえ、非常に近くて便利だ。
P1040339
(パタパタがうれしい)


 昨年2月に利用した、新しい第3ターミナルと比べると、本日利用する第2ターミナルはかなり古ぼけた感は否めないけれど、
「スポーツジムや映画館」
なんていうものまであって、歩いているだけでも非常に楽しい空港だ。

 とはいえ小生はそんなものには見向きもせずに
「ラウンジにて無料の朝食を盛大にいただく」
これまた前回の第3ターミナルのラウンジと比べるのはかわいそうだけれど、フードもまずまず合格点を与えられる内容。
P1040341
(スタアラのラウンジでお食事)


 ご搭乗ギリギリの時刻まで、
「大いに飲み、大いに食べ、そして大いにレッツノートへ向かった」
なんだかんだいっても、国際線特に海外の空港を利用するの際は
「団体旅行並みに2時間前には到着するようにしている」
今回も2時間以上待機時間があったんだけれど、実に快適に過ごすことが出来たのだった。

 ご搭乗時刻が近づいたので、ゲートへ向かったんだけれど、この空港の特徴として
「セキュリティーが搭乗口1箇所なのね」
つまり、ゲートの数だけセキュリティーがあるので、
「混雑することがないのではないだろうか?」
なんて思いながら速やかに優先搭乗。。。。
P1040344
(SQに乗れるとうれしい)


 SQ108便は
「東京行きではなく、クアラルンプールが目的地」
ということで、
「小生の次なる参戦の地はクアラルンプールなのだ」
このシンガポーポールーKL間というのは、シャトル便のように頻繁に運航している模様、ただし小生のチケットが前倒しで乗れる権利があるかどうかは定かではなかった。
P1040346
(ちゃんとお茶が出るのだ)


 この区間の移動は、事前に
「マレー鉄道での移動も検討したんだけれど」
どうも
「景色がつまらない」
とのアドヴァイスがあって、ごく普通にSQの利用となったのだ。

 777-300は6割の搭乗率、
「上がったと思ったらもう降下している」
まあ、羽田ー伊丹間より距離が短いんだから当たり前といえば当たり前だ。
P1040347
(さすがに近い)


 でも、そんな距離でも
「笑顔で接客、お飲み物までだしてくれるんだから、さすがはSQである」
エコノミー利用だけれど、十分リラックスできた今日この頃ではあるのだ。。。。

 クアラルンプール国際空港は2度目の利用である、7年前にマレーシア政府の招聘で(かっこいい)ジョホールバルへ視察に行った際に乗り継いで以来の参戦だ。

 ということで、KLの街へ出るのは初めてとなる、
「やっぱりタクシーが楽だ」
というアドヴァイスを事前にいただいてたんだけれど、
「切符を買う、電車に乗る、景色を見る、乗り換える、ホテルを探す、歩く」
という一連の流れこそが旅の基本との思いから、迷うことなく空港特急である
「KLIA Ekspres」
を選択。
P1040356
(やっぱ電車でしょう)


 およそ28分でKLセントラル駅へ到着。この空港特急なんだけれど、
「線路がほぼ一直線の割りには速度はイマイチ」
もうすこし頑張って19分くらいまで短縮した方がアッピールにもなると思う。
P1040350
(南国を実感)


 だけど、この電車からの車窓なんだけれど
「森の中の空港」
を自認するだけあった、しばらくは森の中を走り続ける、正直なところ
「本当に、あと20分程度で中心部に着くのかしらん?」
と思ったけれど、よくはわらからないけれど
「KLの市街地は東西ではなく南北に発展しているのでは?」
と想像したりもする今日この頃でもあるのだ。。。。
P1040351
(どこまで行っても森)


 ちなみに東京は
「南と西から先に広がっていった」
という経緯もあるし、
「それ、まだ間に合うからKL空港へ向かう森を買い占めておけば儲けできるぞ」
と一瞬考えしまった今日この頃なのであった。。。。

 セントラル駅で乗り換えなんだけれど、一瞬迷ったけれど、インフォメーションで聞いたらすぐに分かった。
「この国もシンガポール同様、日本語の案内が予想以上にあるのに驚く」
ここから乗り換えた
「Putra LRT」
は、日本でいうところの新交通システムみたいな乗り物。
P1040358
(新交通システムへ乗り換えて)


 およそ10分ほどでKLCC駅に到着、徒歩5分ほどで今宵の宿
「マンダリンオリエンタルホテル クアラルンプール」
へチェックイン。
P1040359
(ありましたよ!扇のホテルが)
P1040360
(実はかなり安いレートなのだ)

 いやあ、正直なところ
「想定外の暑さに汗ビッショリ」
とりあえず熱いシャワーで汗を流していると、お部屋の電話が鳴り響いた。
「なんだ、またGMのご挨拶からしん?今回はお忍びで来ているので、あんまり気を使って欲しくないんだけどなあ(爆)」
と思って受話器をとって
「ハロー!」
と英語でしゃべってやったら、いきなり聞こえてきたのは
「いやあ、うしさん到着されました?下で待ってますので!!」
という日本語だったのだ。
P1040362
(ここは元競馬場らしい)


 そう、マレーシア在住10年という
「I田さんである」
今回、マレーシアを訪問した大きな目的のひとつがI田氏との再会である。

 まあ、おぎさん夫妻同様
「こちらから海外まで足を伸ばさないとお会いできないのが難点であるが」
本日は午後半休をとっていただいたようで、非常にありがたく思う今日この頃ではあるのだ。。。。
 
 まずは再会を祝して
「マンダリンの中華料理店にで盛大に飲茶をいただく」
ちなみに、改めて言うまでのなく
「マレーシアはイスラム教の国である。ということは豚、お酒は基本的に料理に使っていない」
ということで、
「シウマイなんかも、豚ではなく鳥や牛を使っているので、微妙に味が違うのだ」
これはブルネイでも感じたことだけれど、
「外見は同じなので、パッと見は分からないんだけれど、食べてみると違うんだよねえ」
とはいえ、昔話しに花を咲かせながら美味しく盛大にいただいてしまったのだった。。。。
P1040367
(腸粉)
P1040368
(エビ)
P1040370
(ふかひれスープ)
P1040373
(このマンゴープリンは。。。。)

 一旦、I田さんと解散して
「小生は商談」
商談はいいんだけれど、ここで衝撃的な事実が発覚したのだ。
「担当者の方は先輩、もう一人登場した日本人が同級生なのだった!」
なんというか、
P1040376
(旧正月目前)


 商談というよりも、非常にローカルな学校の話しに終始してしまう今日この頃ではあり
「では、話しの続きは後ほどご飯を食べながら」
というごく自然の流れになり、I田さんも含めて
「同じ高校4人、うち小生以外の3人が中学まで一緒」
という、ちょっと
「ここは本当にクアラルンプールなのかしらん?」
という全く想定外の濃いメムバーでの会食となったのだった。。。。。
P1040380
(ツインタワー)


 お店はちょっと郊外にあるとのことで、各々車で向かったんだけれど
「東南アジア特有の大渋滞にはまってしまった」
雨が降ったせいもあるんだろけれど、ここまで動かなくなってしまったのは大昔の韓国遠征以来だ。
P1040382
(大渋滞)

 
 参戦した東北菜なるお店は
「以前は扉もなかったけれど、俺が月に20回通ったおかげで扉が出来た」
とご担当のTさんが豪語しているけれど
「いくら他にまともな店が少ないとはいえ、月に20回参戦というのはいかがなものかと思う」
今日この頃ではあるけれど、
「俺の全盛期は首周りが50センチあった」
といわれてしまうと、もう何もいえなくなってしまう小心者の小生なのであった。。。。。
P1040385
(東北菜?)


 中国東北料理というふれこみが、何を意味するかイマイチ理解していなかったんだけれど、
「どれも味付けが濃いし、辛さも山椒がピリリと効いていておいしゅうございました!」
まあ、しかしながら今日のところはお料理の感想よりも
「話しの濃さに衝撃を受けて」
しまった今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040386
(山椒がかなり効いている)
P1040388
(なすのピリ辛いため)
P1040389
(豚と卵の炒め物)


「4人で高校生活が計1○年というのは計算が合わない問題」
「日吉の裏というけれど、本当はあちらが表ではないのか問題」
「佐久協をやすしと読める人間は存在しない問題」
「高校ゴルフ部の主将は大学で先輩を殴って退部した問題」
などはまだいいとしても
「あいつ知ってる?」
と話題に出た人物のことを小生は知らなくても、I田氏が
「ああ、その弟と一緒でした」
というのが連発してしまい、
「とにかくあまりにも世間が狭い」
という結論が一旦は出たんだけれど、
「そういえば、今中学の部長って誰なの?」
という更なる話題が出たので
「遺憾ながら、その問題だけは小生ついていけないので」
夜も更けてきたので
「かの地での再会を約束して」
お開きとなったのだった。。。。。
P1040390
(たまご豆腐)
P1040391
(焼き餃子)
P1040393
(ネギを使ったホイコーローがうまい)
P1040394
(水餃子)
P1040395_2
(大学いも)


 さすがに
「盛りだくさんの一日だったので」
暑いし、楽しくて疲れ果てて
「マレーの虎ならぬ、マレーのうしも」
早々に就寝。。。。。。
P1040383
(おやすみなさい)


 

|

« 1月20日(火)名物にうまいものなし | トップページ | 1月22日(木)マレーに心残りあり »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/43836129

この記事へのトラックバック一覧です: 1月21日(水)マレーのうし:

« 1月20日(火)名物にうまいものなし | トップページ | 1月22日(木)マレーに心残りあり »