« 1月21日(水)マレーのうし | トップページ | 1月23日(金)香港経由マカオへ移動 »

1月22日(木)マレーに心残りあり

 世界を精力的に飛び回るエクゼクティブの朝は
「朝食前のひと泳ぎ」
から始まる。
P1040398
(朝日をたっぷりと浴びて)


 まだ夜が明けきっていない南国KLの中心で
「軽くクロールで10往復」
真っ赤な朝日をたっぷりと浴びながらのプールは最高に気持ちがよいのだ。
P1040399
(凄く気持ちいいのだ)
P1040405
(さすがにプールサイドは無人)
P1040406
(ジャグジーとサウナで汗を流す)


 ひと泳ぎの後は、考えるまでもなく
「朝食ヴァイキング」
と決まっている、シンガポールのグランドハイアットと比べるのはかわいそうだし、食材の制限の中
「非常にがむばっていると思う」
だけど、つくづく
「豚って欠かせない食材なんだ」
ということを再認識する今日この頃だよね。
P1040408
(おいしいパン)
P1040411
(地元紙とカレーが欠かせないのだ)

 普段、小生のソウルフードである
「とんかつ」
以外では、そんなに意識しないんだけれど、こうやってイスラム圏へ遠征してくると
「改めて豚肉の美味しさ」
を感じることが出来るのだ、やっぱり
「ソーセージもチキンやビーフではなんか違うしなあ」
なんてつくづく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040413
(若手のたまご職人奮闘)
P1040415
(ちょっと固め)

 お外へ一歩出ると
「とんでもない暑さ」
なんだけれど、意を決して視察へ向かう。

 初めての街を散策するときには
「ランドマーク」
を見つけることが大切だ、このKLの街の場合は考えるまでもなく
「ツインタワー」
この巨大な建物のおかげで、大体の距離と方向がつかめるので迷子になることはない。
P1040417
(暑いよお)


 いうなれば
「マカオでいうところのグランドリスボア」
大阪野田の富士電機の電飾看板なんていうのと一緒だ(笑)

 ちょっと歩くと
「汗が吹き出てくるんだけれど」
やっとの思いで
「パビリオン」
なる新しく出来たショッピングセンターへ到着。
P1040429
(人気のスポットらしいパビリオン)
P1040421
(春らしいけど、暑いよお)

 なんだか分からないけれど、
「盛大にブランドショップ」
が盛大に入っているし、高級スーパー、フードコートなんかも見ていて面白い。

 やっぱり気になるのはブランドより
「食」
なんだけれど、スーパーでは結構日本製品も並んでいる。
 その中でもどうにも納得いかないのが
「コカコーラ」
現地生産品は30円ほどで買えるんだけれど、
「日本産も300円程度の価格で販売されているのだ」
皆さんに話しを聞くと
「マニアのコレクション」
とのことだけれど
「本当にそれだけなのかしらん?」
と、どうにも合点がいかない今日この頃ではあるのだ。
P1040422
(お正月前の売り出し)


 こういうことは香港でもあったんだけれど、日本メーカーの商品
「お菓子やラーメンなどの食品全般」
ほぼ内容は同じだと思うのに、
「盛大に価格差があっても日本国内工場で製造された商品を好む方がいらっしゃる」
いくら中国の工場で製造されたといっても、日本のメーカーの製品だったらそんなに安全性で差異があるとは思えないんだけれど、やっぱり食へのこだわりはアジアの富裕層にとっては日本以上なのかもしれないと思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040424
(巨大なフードコート)


 一番の繁華街である
「ブキッビンタン通り」
を東北から南西へ向かって歩くとKLモノレールを挟んで
「東西で街の雰囲気が一変する」
東が比較的高級な雰囲気があるけれど、西へ行くと
「一気に怪しげというか、庶民的というか小生好みの街並みになる」
たいした距離が離れていないにもかかわらず、道路一本隔ててこんなに違う芸風になるのは面白い。
「御堂筋のそごう周辺から一気に動物園前駅周辺へ行ってしまった感じ」
という表現もあながち大げさではないと思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040425
(上品なサイド)


 ただねえ、その
「怪しげな西南地区も200メートルも歩けば終わってしまう」
まあ、それくらい小さな繁華街なのである、ただその中で所狭しと
「盛大にマッサージの客引きがいるんだよ」
まあ、元々マッサージを求めて参戦したので、色々と物色して速やかにお店を決める。
P1040426
(庶民的なサイド)


 まず
「足裏を1時間」
オーダーしたんだけれど
「まさか客引きのおじさん自ら施術してくれるとは思わなかったんだけれど、これが結構いいのよね」
まあ、疲れていたというのもあるんだけれど、
「これなら」
と思い、言われるがままに
「さらにボディーを1時間追加」
足裏は皆さんと一緒の大部屋で施術してくれていたんだけれど、
「ボディーは奥の個室で上半身脱いでパンツ一丁に・・・・」
まあ、確かに怪しいオイルなんかぬっちゃって気持ちいいんだけれど
「なんだか、途中から怪しくなってきた」
半分眠ってたんで、意識が薄れてたんだけれど
「なんかパンツの中に手突っ込んでなかったかしらん?」
最初は偶然かと思ったけれど
「明らかに触ってるんだよね・・・・」
いかんせん、小生独身の割りにそっちの気は微塵もないので
「ノーノー、ストップストップ!ドンタッチ!」
と起き上がって絶叫したんだけれど、おじさんは慌てることなく
「ノープロブレム・ノープロブレム」
と意に介さない模様。。。。
P1040428
(ここが問題の店)


 まあ、それから盛大に触ることはなかったので施術を継続したけれど
「ちょっと焦ってしまった」
今日この頃ではあるのだ、でもまあ
「2時間でおよそ3000円ならば、多少触られても仕方がないのかしらん?」
と思う今日この頃ではあるけれど、先方がサービスのつもりでやってたんだとしたら
「ちょっとサービスの方向性が違うのでは」
と思う今日この頃ではあるのだ、ちなみにお店はブキッビンタン通りの最も西側の店ですよ。。。。
P1040430
(すいかジュース)


 まあ、ちょっとハプニングはあったけれど、
「確かに腕はいいので、肩なんか大分楽になった」
でもこれ以上お外にいると
「ちびくろサンボの虎のように熱さ溶けてでうしのバターになっちゃうので」
速やかにホテルへ戻り、パソコンに向かってお仕事を片付けてから
「再びプールへ参戦」
朝方はまだ気温も上がっておらず、人も寂しかったけれど
「今度は皆さん盛大にプールをエンジョイしている」
周囲を見回すと
「家族連れがチャプチャプやったり」
「カップルがイチャイチャしたり」
している中で小生の全身をふるに使ったダイナミックな泳ぎを披露するのは大いに気を使うのだ。
 
 余談だけれど、朝食の時プールで一緒になったビジネスマンから
「さっきはプールで一緒だったけれど、いい泳ぎしてたねえ!」
なんて話しかけられて
「これはどこかの投資会社かなんかからダイレクターかなんかのオファーか?」
と思って一瞬身構えたけれど、いかんせん語学力に乏しい小生は
「いやあ、にやにや!」
というめがねはかけていないけれど、典型的な日本人を演じることしか出来ず、先方もオファーは断念したようだ。。。。。
P1040432
(南国特有の愛のスコール)


 夜はお仕事を終えてお迎えに来てくれたI田さんと
「ジャラン・アロー屋台街」
へ参戦、なんというか
「これぞ東南アジアの食い物屋だ!」
という感じで店の前を歩いているだけでワクワクしてくるのだ。
P1040436
(こういう街が一番好きだ)


 多分、ダメな競馬場の食堂と同じで
「どこへ入ってもメニューや味に差異があるとは思えない」
ということで、たまたま雨宿りで立ち寄った店へ参戦することに。
P1040445
(この店に決定)
P1040438
(から揚げの辛いやつ)
P1040440
(魚の辛くておいしいカレー)


 結局、2軒ハシゴしたんだけれど
「安くて美味しいですよ」
この国はとにかく
「ビールを飲まなければ食費はかなり安く押さることが出来るのだ」
ちなみに店頭でもビールは230円前後、これが香港だと1本100円くらいでスーパードライ売ってるからね。
P1040442
(野菜炒め芋揚げ器)
P1040444
(おひさしぶりです!)
P1040448
(マレーといえばサテ)


 この屋台街には各国からの観光客が大勢いたんだけれど、注目したのは近くに座った熟年夫婦
「夫婦そろって食事中もカバンをたすきがけしてるのよ」
そして食後に撮影していたので
「撮りましょうか?」
と親切に声をかけたら
「と、とんでもない!」
みたいに
「今まで見合いでも経験したことのないようなノーをつきつけられたのだ」
よく言う
「海外では人を見たら泥棒と思え!男は外では7人の敵がいる!」
を徹底的に実践しているようなんだけれど、大きなお世話だけれど
「なんか、海外をエンジョイしてないなあ」
という雰囲気を全身から漂わせていたけどね。。。。
P1040449
(伊勢うどんみたいなやつ)
P1040450
(楽しいマレーシア)

 全く持って余談なんだけれど、かつてジュリアナの女王と呼ばれた荒木師匠(荒木久美子さん)がトゥナイトで
「男から車に乗らないって声かけられたら、どうやって断るの?」
と、最近すっかり消えてしまった乱一世の問いかけに
「そういうときは、よんもじです。の・ら・な・い」
とコメントしていたのを思い出したけれど、同じ断り方でも
「荒木師匠とは格が100枚くらい違う」
といわざるを得ない今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1040457
(暑いけど楽しい街です)


 I田さんとは今日でお別れなので、
「大いに飲み・大いに食べ・大いに語った」
「おぎさんのブログは更新されて読んだけれど、難しすぎで分からない問題」
「しかしながら、まあ夫婦仲はよいようのなので、ぺんぎんずバー合コンを企画してよかった問題」
「とはいえ、全く連絡がないのは失礼ではないか問題」
「とにかく昨日の夜は世界の狭さに衝撃を受けた問題」
「日本の企業は出る杭は打たれるけれど、海外では出る杭はもっと伸ばせである問題」
「どこの会社に勤務しているのではなく、何の仕事をしているのかが大事だ問題」
などを討議した結果
「小生は今まで27回結婚式でスピーチしているけれど、人の奥さんをうらやましく思ったのはI田さんの奥さんが最初で最後だ」
という結論が一旦は出たけれど
「やっぱり、りくおさんはスケールがワールドクラスだ!」
ということで意見が一致したところでお開きとなったのだった。。。。
P1040458
(どの店へ入っても同じっぽい雰囲気)
P1040459
(ドリアン専門店)

 次回はいつお会いできるか分からないけれど、
「なんとなく、マレーシアへはまた近々来ないといけないかしらん?」
と思う今日この頃ではあるのだ。
P1040463
(とりあえず)
P1040465
(ライトアップが見事)

 いかんせん、街自体はもうそんなに魅力を感じないけれど
「お会いしたい人が一杯いるからねえ」
そういう意味でも今回唯一心残りなのは
「I田夫人にお会いできなかったこと。。。。。」
熱いシャワーを浴びて
「りくおさんから送付されてきた写真に衝撃を受けつつ」
疲れ果てて就寝、今日も充実した一日でした。。。。。。


|

« 1月21日(水)マレーのうし | トップページ | 1月23日(金)香港経由マカオへ移動 »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/43841516

この記事へのトラックバック一覧です: 1月22日(木)マレーに心残りあり:

« 1月21日(水)マレーのうし | トップページ | 1月23日(金)香港経由マカオへ移動 »