« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

1月31日(土)ジラ太りとは?

 朝一で1件ご挨拶を済ませ、福岡空港へ。
「今朝東京から来たメムバーと合流」
トヨタレンタカーカローラ号にて、一路唐津へ向かう。

 都市高速から西九州道を進むんだけれど、途中から
「ETCの使えない一般有料道路」
みたいなのがところどころ挟まれていて、その都度現金での支払いとなる。
 今後、西九州道を延伸するかは別として、
「少なくともETCは導入してほしい」
と切望する今日この頃ではあるのだ。。。。。

 11月以来の唐津へ到着、いきなりお昼ご飯なんだけれど、
「魚庵 旬彩」
なるお店へご案内される。
P1040586
(天然ひらめ)
P1040589
(鯛のかぶと煮)

 なんだかよくわからないけれど、
「とにかく、お昼から盛大にお魚が登場したのだ」
まあ、
「いかは定番なんだけれど、ひらめなど盛りだくさん」
伊万里牛なんかも出ちゃったりして
「まあ、お気持ちはありがたいけれど、いくらななでも昼からこんなには食べられませ~ん」
って感じ。
P1040590
(伊万里牛)


 いかは例によって
「げそを天ぷらにしてくれるんだけれど、あなごとかまでついちゃったりして」
もうやり過ぎで最後は完全にダウン。。。。。
P1040588
(みずいか)
P1040591
(なぜか寿司)
P1040592
(てんぷら)


 まあ、唐津のメインはお魚でなく
「さちのかいちご」
なんだけれど、なんというか事前の触れ込みとは。。。。
「まあ、現地を自分の目で見て舌で味わって、話を聞かないと何も分からない」
というのを改めて実感する今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040596
(さちのかの園)
P1040595
(明後日収穫予定とのこと)

 視察終了後、車を走らせ佐世保へ。今宵の宿は諸般の事情により
「チサングランド佐世保」
ただねえ、これが予想以上にコストパフォーマンスに優れていたのだ。
 まあ、角部屋だったということもあるけれど、
「窓から護衛艦なんかもみえたし、お部屋とベッドもかなり広いしね」
 夜は早岐へ移動して、新鮮なお魚をいただきながら
「出島の華みかんの反省会」
会場はおなじみ
「花りん」
ここもコストパフォーマンスに関しては相変わらず優れている。
P1040600
(護衛艦って何を護衛するのか?米軍?)
P1040604
(相変わらずの氷)

 いつもおいしいけれど、今日はなんといっても
「サバが絶品だった!」
あのとろけるような甘さはなんとも言えないよねえ。。。。
P1040605
(ナマコ)
P1040612
(白子)
P1040607
(サバが絶品!)


 今日は反省会といっても、
「全国的にほぼ唯一の勝ち組産地だったので祝勝会みたいなもの」
明るく楽しく、大いに飲み、大いに食べ、大いに語ったのだった。。。。。
「今までの苦労が実になったということ」
こちらとしても、精一杯応援してきた甲斐があるというものだ。。。。
P1040610
(ほおば焼き)
P1040609
(タイラ貝)
P1040611
(アワビのバター焼き)


 まあ、
「ウーロン茶にお花がついていたのはご愛嬌」
暗い世の中だけれど、今日はたのしゅうございました。
P1040606
(笑)


 解散後、
「久しぶりに本場の佐世保バーガーでも食うべい」
と思い、色々あたったんだけれど、予想外に皆さん早目の店じまい。(なんかイメージ違うよね)
 徒歩圏で唯一深夜まで営業している
「ブルースカイ(五反田ではない)」
へ参戦。
 ママさんがおひとりで切り盛りしているカウンターだけの小さなお店なんだけれど
うし「おすすめはどれですか?」
ママ「おすすめはないけれど、よく出るのはベーコンエッグバーガーです」
とぶっきらぼうに言われたので、一瞬険悪な雰囲気が漂ったけれど、3分ほどで無事出来上がり。
P1040616
(ブルースカイへ参戦)


 食べ方が難しかったけれど、ママさんのご指導もあって無事完食。
 以前にも佐世保バーガーは
「ログキッド・ひかり・ビッグマン他へ参戦したことがある」
まあ、他店と比べても仕方がないけれど、
「特筆することは特にない」
というのが正直なところ。
P1040613
(たいして大きくないのだ)


 まあ、他の店も
「こりゃうまい!」
って感じはなく、
「ログキットのボリュウムだけはすごい」
と感じたことくらいしか印象がないなあ。。。。

 ちょっと、
「今日は一日中食べているだけ!」
という感じなので、大いに危機感を感じる今日この頃ではあるけれど
「このホテルには体重計がなくてよかった」
という最悪の安心感を抱きつつ早々に就寝。。。。
P1040615
(縦にして食べる)


 ところで
「見城 徹著 編集者という病い」
読了。
 見城氏といえば、幻冬社の社長としてあまりにも有名なんだけれど、小生にとってはなんといっても
「ジラ太りの見城」
というイメージしかないのだ。

 小生の愛読書中の愛読書(ベスト3には入る)
「つかへい腹黒日記の中で編集者として頻繁に登場するのだ」
だけど今回、見城氏の著作を読んでみて初めて
「つかこうへい氏と角川が15年間の独占契約を結んでいたことがわかった」
まあ、よくもそんなもの結んだと思うけれど
「それくらいの思い入れがないとダメなんだろうなあ」
とつくづく思う今日この頃であるけれど、
「出島の華みかんについては、小生もそのくらいの思い入れがあるので」
今日はすごく楽しかったのだ。

 是非ともいつの日か
「それくらい思い入れる女性が登場しないかしらん?」
と思う今日この頃でもあるけれど、
「そんな夢みたいなこと言っているから、結婚できずに終わってしまったんだろうなあ」
と改めて自らの半生を振り返る今日この頃でもあるのだ。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日(金)納得いかないことばかり

 夢というのは非常に恐ろしい、実はこのところA社と徹底的に揉めて、どうしても納得いかず
「昨日も徹底的に暴言を吐き続けていたのだ」
ただ、こちらとしても本音でいえば
「落としどころを探していたんだけれど、最後は担当者が開き直ってきたのだ」
ここまで来ると小生としても引くに引けずに
「じゃあ、あんたじゃ話しにならない。上司を出せ!」
となってしまい、事態は泥沼の様相を呈してきた。

 まあ、結末は書かないけれど、さっき見た夢の中では
「他の件で、徹底的に暴言を吐いている己の醜い姿があったのだ」
でもねえ、小生だって責任ある立場で仕事している以上、どうしても納得いかないときは簡単に引き下がるわけなはいかないなけれど、
「やっぱりもの凄いストレスになっていることを改めて実感する」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 16時の777-300にて福岡へ、その気になればもう1便前に乗れたんだけれど、
「なんと2便続けて満席」
まあ理由は767と一回り小型の飛行機だからなんだけれど、サイズを小さくして満席で飛ばせば効率はいいんだろうけれど、
「ビジネス客をギュウギュウ詰めにしてしまうのも、いかがなものかと思う」
今日この頃ではあるけどね。。。。

 某百貨店にて開催されている、
「チョコレートの祭典」
会場へ参戦、はっきりいって
「予想通りおおごけの様子」
まあ、敗因ははっきりしているんだけれど、世界中の関係者にこのブログが読まれていることが発覚したので、あまりにも差しさわりがあるのでここに記することは出来ない。
P1040569
(すごいオープンな運転席)


 地下鉄七隈線に初参戦を果たす。
「運転席がオープンになっていて衝撃を受ける」
どうも実際のところは無人運転なので、
「乗員は不要」
のようだけれど、駆け込み乗車などの際に生じる緊急事態などの対策要員っぽい雰囲気だ。
 ただし、
「だったら先頭車両でなく最後部に乗って乗り降りだけは確認した方が合理的では?」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「天神まで500メートルも歩く天神南駅止まりにしてしまう路線を作った方たちとは」
根本的にかんがえ方が相容れないのだと思う今日この頃ではある。。。。。

 福岡郊外の
元祖もつ鍋 万十屋さん
へ初参戦を果たす。

 小生も、福岡市内の著名なもつ鍋店へはほとんど参戦してきた自負があるけれど、
「さすがにここまで遠いと今まで参戦がかなわなかったのだ」
なんというか、
「周囲が真っ暗な田んぼの真ん中にお店がポツンと佇んでいて衝撃を受ける」
まあ、メニューは基本的にもつ鍋だけなんだけれど、
「すき焼き風もつ鍋」
と言ったほうが分かりやすいだろう。
P1040570
(真っ暗闇の中にポツンと)
P1040573
(センマイ)

 甘辛いタレで、他のもつ鍋店では投入しない
「センマイ」
なんかも入れちゃって、まあオリジナリティたっぷりのお味でした。
P1040572
(漬け込んだモツ)


 勿論
「これはこれでアリ!」
なんだけれど、
「ちょっとというか、大いにおなかがもたれてしまった」
今日この頃ではあるけれど、特筆すべき点として
「ソフトクリームがメチャおいしゅうございました!」
全国ベスト3に入る、濃厚なお味。
 千歳空港の
「雪印モア・ロッテスノーのレディボーデン」
に匹敵するくらい濃厚なお味でとってもおいしゅうございました。
P1040575
(野菜もたっぷり)
P1040578
(グツグツ)

 早々にホテルへ引き上げ
「探偵!ナイトスクープ」
を見ようと思ったら、なんと
「タモリ倶楽部スペシャル」
が放送中・・・・・
P1040579
(甘辛く煮て)
P1040576
(友)

 関東圏ではともかく
「ナイトスクープを飛ばすとは視聴者の理解が得られないのでは?」
と思いつつ、番組を見たら
「なつかしの映像っていっても、比較的新しい映像ばっかりで更に納得がいかない」
と思いつつ早々に就寝。。。。。。。
P1040581
(やっぱチャンポンでしょ)
P1040582
(石焼ビビンパ風)

 ところで、これまた書くのは大いに差し障りがあるんだけれど、
「会社の倒産にもルールってあると思う」
今日この頃ではあるのだ。
 1月末の支払いの直前に民事再生法の申請、
「ということは、最も売れる12月分と1月の2ヶ月分売り掛け分を回収不能になる業者が多数生じてしまう」
何割カットか分からないけれど、
「当然連鎖倒産が出るだろう」
しかも、HP上で
「旧経営者の放漫経営に重ね」
といきなり旧経営者の責任を最初に言及する経営者にはあきれ果ててしまうのだ。
 どうして
「あと1ヶ月、いや3日間待てなかったのか?」
理解不能だ。。。。
 
 さらにさらに
「I百貨店にスポンサーを依頼」
したというけれど、もう既に出資もしていたし
「そのやり方が通用しなかった」
なのに一体
「今更なにをするつもりなのだろうか?」
きつい言い方すると
「そのスポンサー企業がついたから、協力し今回大いに迷惑をかけられた業者も多数あるはずだ」
どう考えたって、今後うまく行くとは思えない。
P1040585
(メチャうま)


 しかも、近くにはその支援企業の直営店もある、
「株主やその直営店の関係者だって納得いかないだろう、オーバーストアは明白だしね」
まあ、他にも一杯書きたいことはあるけれど、
「とにかく経営者の品格を問う」
そして
「もはや何回目か分からないけれど、再生させる必要があるのか?再生する資格があるのか?」
真剣に考えるべきと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月29日(木)双方の言い分を聞く

 午前中は複数の来客あり、お昼過ぎから
「銀座松屋へ参戦」
松屋さんは普段あまりというか、全くご縁がない百貨店であるけれど、
「GINZAおいしい1週間」
なる食品催事へ参戦。
 全国から顔みしりの方が参戦していらっしゃって、
「あれっ」
とか複数お声掛けをいただいて、非常にありがたく思う今日この頃であるのだ。。。。。
P1040549
(銀座松屋へ参戦)


 ただ、さほど魅力あるお昼ごはんを発見することができず、
「松屋へ転進」
りくおさんは吉野家派のようで、
「いつも七味を大量に使用するので、牛丼といふより七味紅しやうが丼になつてしまふ。
なるべく生野菜もいただくやうにしてゐる。」

と書かれているけれど、
「小生は松屋派である」
なんといっても
「生野菜のレベルが違う!」
はっきりいって
「牛丼を食べに行くというよりも、生野菜と七味と紅生姜を食べに行く」
という方が正しくらいだと思う今日この頃であるのだ。。。。
P1040553
(前菜は生野菜2皿)
P1040554
(ドレッシングをたっぷりかけて!)

 今日も
「生野菜2皿・七味紅しやうが丼」
をいただくが、ご飯は半分くらい残すやうにしているのだった。。。。。
P1040555
(七味をまんべんなく)
P1040556
(紅しやうがもたっぷりと)

 話は戻るけれど、銀座松屋といえば
「JRA御用達および夏に行われる鉄道模型ショウ」
というイメージ以外何もない今日この頃ではあるけれど、
「まだ外商さんはJRAをしっかり抑えてるんだろうか?」
個人的にはすこーしだけ気になる今日この頃でもあるのだ。。。。。。

 夜は女性の弟子と打ち合わせを兼ねてお食事。
 かねてから気になっていた
豚組 しゃぶ庵
へ初参戦を果たす。

 この豚組さんは他に
「とんかつ専門店」
が霞町にあり、以前参戦したことがあるのだ。
 店内は古い民家風のつくりで
「2人用の半個室が並んでいたりして」
とてもいい感じだ。
P1040558
(焼豚のワゴンサービス)


 びっくりしたのが
「板さんによる黒豚焼豚のワゴンサービス」
まあ、目の前で切って持ってくれるだけで雰囲気は盛り上がることは確かだけれど、お味は。。。。。。
P1040559
(う~ん)


 肝心の豚しゃぶは、
「たれが3種類あったりして、演出だけはすごいんだけれど」
お味の方は。。。。。。。。。
 ぽんずもちょっと変わってるんだけれど、
「なんかパンチに欠けるのよね」
普通のぽんずで食べたらもっとおいしいのになあ。。。。
P1040565
(しゃぶしゃぶ登場!)

 
 やっぱり、
豚しゃぶは、鹿児島の華蓮に限る
改めて思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 まあ、当たり前だけれど、
「皆さん仕事上の悩みが盛大にあるようだけれど、そのほとんどが人間関係」
ということだけは間違いない。
 それも大きな職場ならともかく
「2~3人の小さな組織だと確かにツライ」
と思う今日この頃ではあるけれど、いかんせん
「お互いの言い分を聞いてみないことには何もジャッジできない」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040563
(豚は2種類)


 お互いの言い分を聞いてジャッジするといえば
もうかなり昔だけれど、既婚の友人と新宿の北の一丁だかで飲むことになったんだけれど、
「当初2人きりのはずだったのに、当日になって先方の奥様が同伴されてきたのだ」
事前に夫婦の危機を聞かされていたので
「なんだ思ったより夫婦仲いいじゃん!」
と安心していたんだけれど、宴もたけなわの頃ダンナがトイレに消えた隙に
うし「本当のところどうなのいったい?」
奥様「私は仕事を続けて行きたいんだけれど、彼はどうしても直に子供が欲しいって・・・・・」
なんて会話があって、
「かなり厳しい状況に直面している」
ということを小生に訴えてきたのだ。
P1040561
(タレは3種類)


 まあ、今をして思えば
「その時はSOSを発してたんだろうなあ」
と思うけれど、そのお二人は数ヶ月後あっさりと離婚した。
 そのあと、友人からもお話を聞いたんだけれど、
「とにかく言うことがが全く違うのには衝撃を受けた」
ことだけは覚えているのだ。
P1040566
(おかわり)


 そんなことを思い出しながら帰宅したら
「なんと、りくおさんのブログが盛大に更新されている!」
相変わらず
「思わせぶりな発言ばかり」
なんだけれど、中でも
「どうしても気になることが2つ」
まずは
「膳場キャスターが2度目の離婚とのこと。なかなかできることではない。」
これ、なかなか思い切ったコメントであるといえよう、まあまたお互いの言い分を聞いてみたいとは思う今日この頃ではあるけどね(笑)
P1040567
(しめはラーメン)


 そして、
「日曜日は、お世話になつたお偉いさんの通夜へ。壽命を3日ぐらゐ縮めてしまつたやうな氣がするので」
これがすごく個人的には気にったのだ、文章から読むと
「会社の元上司の方が亡くなったようだけれど、仕事のことで迷惑をかけたのか?それともプライベートなことで迷惑をかけたのか???」
これこそ、
「お互いの言い分を聞いてみたい」
なんて思いつつ早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月28日(水)パンチに欠ける

 昼に来客あり、昨日もランチミーティングで洋食だったので
「今日は和食にするべい」
と思案した結果、かなり久しぶりに
「伊勢定さんにて、うなぎ」
をいただくことに。
P1040527
(伊勢定さんへ参戦)


 江戸っ子といえば、
「うなぎには目がない」
はずなんだけれど、小生本籍地が江戸の中心にもかかわらず
「そんなにうなぎは好きでない」
やっぱり、本籍だけではだめなのかしらん?

 本籍で思い出したけれど、
「本籍というのは一体何のためにあるのだろうか?」
なんというか、やっぱり
「根っこは差別問題なんだろうか?」
よく分からないなあ。。。。
「皇居を勝手に本籍地にしてしまう方もいらっしゃる」
というし、その存在意義が全く分からない今日この頃ではあるよね。。。。

 話は戻ってうな重なんだけれど、
「松・竹・梅・あやめ・桜・菊」
と6ランクから選べるんだけれど、
「松が一番安いので驚いてしまった」
今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040528
(ずいぶんランクがあるのだ)

 
 ちなみに、今日はお客さんと一緒だったんだけれど、
「こういう場合、どれを選ぶべきか、牽制し合ってしまうよね(笑)」
個人的には昼だし松(2020円)で充分なんだけれど、
「あ・うんの呼吸で下から2番目の竹」
をいただくことになったのだった。。。。。
P1040525
(竹+赤出汁)


 まあ、さすがに著名なお店だし
「2730円も払ってるんだから、おいしいよね」
だけどまあ
「自分のお金で2730円払って食べる気はおきないなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。
P1040526
(確かにおいしい)


 よく、
「うなぎは関東と関西で全く別物」
と言われるけれど、個人的には
「福岡でよく食べる、せいろがいいなあ」
と思ったりするのだ。。。。

 普通は、お昼を盛大にお客さんと食べるときは、夜は抜いて帰宅するんだけれど、今日はまた会食。
 会場は悩んだ挙句、
「そろそろパンチの効いた東南アジア料理でも食べたいなあ!」
と思い、街場の店ベトナム料理でも行こうと思ったけれど、さすがにお客さん同伴なので
インターコンチネンタルホテル内エイジアンテーブル
へ参戦。。。。。
P1040530
(生春巻き)
P1040532
(鳥の辛いサラダ)

 ここは、さすがにホテル内レストランというだけあって
「全て上品に仕上がっていて、東南アジア料理特有のパンチには欠ける」
だけど、それなりにおいしいし
「何より景色がいい、そしてとにかくお客さんが少ないのがいい」
ということで、たまーに参戦するのだ。
P1040533
(上品なトムヤムクン)
P1040534
(素晴らしい夜景)

 一皿一皿のポーションが小さいので
「なんだかんだで盛大に頼んでしまった」
あとねえ、やっぱり辛さが全然足りないので、
「なんか辛いやつ持ってきて!」
とお姉さんに頼んだら
「では、これを。。。これで足りなかったらシェフが調合するそうです」
だけど、最も辛いというやつを盛大にまぶして食べたんだけれど
「なんか想像していたのと全然違う七味みたいなやつで料理に合わず」
ちょっとストレスが残ったので
「これは、やっぱり早急にマレーシアへ戻って屋台街へ参戦せねば!」
と心に誓う今日この頃なのであった。。。。。
P1040536
(ベトナム風しゃぶしゃぶ)


 今週のダイヤ改定で
「JAL・ANA共に関空便が大幅に減便」
とのこと、まあそれ自体は至極当然の流れなんだけれど、記事の中で気になったのが
「事前に相談しにいった航空各社の幹部に対して、「羽田で寂しい思いをしますよ」とクギを刺した」
という一文。。。。
P1040542
(グリーンカレー)
P1040545
(鳥の焼いたやつ)

 まあ、よくあることなんだろうけれど
「官が民を脅迫していいのか!」
と思う今日この頃ではあるよね、まあこういうのが漏れて記事になるだけましといえばましだけどね。
P1040546
(辛味セット)


 今日は諸般の事情により
「色々とリセットした日となった」
ある意味地合いが悪過ぎるので、ひと安心という気持ちもある。
「所詮、小生の器に入る水はたいして多くないのだろう」
CSにて
「人間の條件」
を見ながら早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月27日(火)アメリカンスタンダード

 今日は朝から6件ほどアポが入っていたけれど、岡山から遠征予定だった若者が
「インフルエンザのため欠航」
の連絡が入る。

 実はASEAN諸国歴訪中の留守を守っていたアシスタントボーイも、
「38度の熱でダウン」
小生の帰国と入れ替わりで休養に入った。

 というように皆さん続々とダウンしているようだけれど、
「幸いなことに今のところ小生は大丈夫のようだ」
やっぱり海外を飛び回るエクゼクティブ(笑)は
「まずは体力が大事」
ということなんだと思うとともに、
「記録的大敗を喫したとはいえマカオで徹底的に休暇を楽しんできたからしばらくは大丈夫」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 お昼は上海でお世話になった方とランチミーティング、
「改めて大陸での難しい商習慣などについて認識する」
これは今回の歴訪を通じてシンガポール以外のほぼすべての国で感じたことだけれど、
「やっぱりアジアの国ではまだまだいろいろあるよね」
ちょっとそういうのは小生苦手である。
「だけど、だったらやりようによってはビジネスチャンスが大きく広がっているのでは?」
と思う今日この頃でもあるよね。

 まったくもって小生には関係ないんだけれど
「トヨタ自動車の次期社長になる豊田章男氏の経歴を見て衝撃を受けた」
だって、慶應高校から慶大法学部そして
「バブソンでMBA取得」
って
「どっかで聞いたことがある経歴だ・・・」
だけど大きなお世話だけれど、日本財界のプリンス中のプリンスで
「名古屋に住んでいたなら、東海高校から東大でも目指せばいいじゃん」
と思うし、
「なぜ彼は経済でなく法律へ進んだのか?」
についても伺ってみたい今日この頃ではあるのだ。。。。

 マレーシア在住のI田氏によると
「とにかく日本以外では、修士で何を学んだかが大事」
とのことであるので、経営学修士を取得したというのは素晴らしい選択なんだろうけどね。
 で、I田氏もやはり法律学科卒なので
「なんで法律を出てお前はこんな仕事やってるのか?」
と頻繁に問われるそうだ。

 そういう面では
「小生は選択の余地がなかったとはいえ商学部卒」
というのは非常に納得してくれるんだと思う今日この頃ではある。
 まったくの余談だけれど、小生のアシスタントは
「人間科学学科卒である」
よく
「いったいどんな授業があるのか?」
と聞いても明確な答えが返ってきた試しがない。

 人間科学も分からないけれど、最近高いイスやベッドなんかの能書きに
「人間工学」
というのが頻繁に使われるよね、
「太いシャープペンシル」
なんていうのが最も身近なところにその概念が表れているらしい。
 
 確かに
「初めてあれを使ったときは衝撃を受けたものだ」
 あと個人的に是非とも人間工学とやらを使って作ってほしいのが
「たっぷりと出る形をした洋式便座」
多分実際のところは皆さんも感じていると思うのが
「絶対、和式の方がしっかり出る」
そりゃ、そうだと思うんだけれど、今更なかなか和式へ戻ることはないし近い将来絶滅することは間違いない。
 おそらく、もうすでにTOTOはアメリカンスタンダード社なんかよりは人間工学を利用していると思うけれど、
「是非とも、血管が切れるくらい力まなくてもしっかり出る洋式トイレを作ってほしい」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。

 ここまで書いて思ったのが、
「アメリカの水回りメーカーの社名 アメリカンスタンダード社というのはスゴイよね」
自ら
「俺がアメリカだ!」
みたいなかんじだもんねえ、
「やっぱりこれくらいの自信というか意気込みがないとだめなのかしらん?」
と思うとともに
「アメリカ人って皆さんアメリカンスタンダード=グローバルスタンダードである」
と勝手に思っているけれど
「実際それでなんとかなってきたところも否めないけど、今後どうなのかしらん?」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 野球なんかも
「カナダが入っているとはいえ国内大会のくせにワールドシリーズだもんねえ」
なんて思いつつ早々に就寝。。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月26日(月)2度から8度

 さすがに東京の朝は寒い、なんでも今日は特に寒いとのことだけれど、
「気温差が30度もあるんだもんね」
なんて思う今日この頃ではあるけれど、
「香港・マカオというクッションを挟めてよかった」
と自分に言い聞かせることにするけれど、
「ずいぶん高いクッション代だったなあ」
とつくづく思う今日この頃でもあるけどね。

 ちなみに、帰りの便でCAさんに
「どうですか?日本かなり寒いですか?何度くらい?」
と伺ったら
「2度から8度くらいです」
とあまり要領を得ない回答が返ってきた。
 正直なところ
「なんだこいつ!予想最低気温と最高気温をただ言ってるだけじゃないのか?」
と思ったけれど、実際帰国して車の温度計を見ると
「成田では2度だったのが都心へ近付くにつれて1度づづ上昇し、渋谷区では8度を示したのだ」
なんというか
「あっ晴れANAのCAさん」
と思わず唸ってしまった今日この頃ではあるのだ。。。。

 まあ、そんなことはさておいて
「盛大にたまったデスクの上を片付ける」
すごーくバタバタなんだけれど、なんだかとても気持ちがいい一日。
 やっぱり
「マカオで盛大に負けてストレス解消になったのかしらん?だったら安いもんだよね」
と思う面も実際あるのだ、マンダリンのサウナで話したおじさんも
「とにかくストレス解消だよ」
とおっしゃっていたけれど、
「先週1000万、今週200万負けてストレス解消になるんだったら、いったい年収はいくらなのか?」
と考えてしまう今日この頃でもあるけどね。。。。。

 帰宅後、NHKスペシャル
「リストラの果てに ~日雇いに流れ込む人々~」
非常にタイムリーな特集だとは思うけれど、
「なぜ、鹿児島にスポットを当てたのか真意が見えない」
最低賃金が特に低そうな場所を選んだというくらいしか思いつかないしね。
 ちょっと他にも色々意見あるんだけれど、差しさわりありそうなのでこれくらいにしておくことにする。
 早々に就寝したんだけれど、なぜか深夜に
「心臓がドキドキしてきた」
ので起きだす。

 仕方がないので購入を依頼しておいた先週号の
「週刊東洋経済 百貨店スーパー総崩れ!」
を読む。
 読んだんだけれど、スーパーの部はともかく
「百貨店のページは、俺でも書けそうなことばっかしじゃん」
という感じでがっくり。

 後ろの方に掲載されていた
「就職ブランドランキング」
フジテレビ・博報堂・電通・ANA・集英社・JTB・資生堂・三菱東京UFJ・講談社・テレビ朝日と順位が続くんだけれど、
「必ずしも業界の順位通りでないのが意外だった、でもマスコミばっかりなのね」
博報堂と電通や集英社と講談社っていうのも、個人的なイメージでは逆かなと思っていたけれど、まあ皆さんいろいろと考えていらっしゃるのだろう。
 講談社以外はお知り合いがいるけれど
「内情は分からないけれど、たしかに皆さん楽しくやっている感じがする」
今日この頃ではあるよね。

 もしも今、どこへでも転職出来るとしたら
「どこの会社へ入りたいか?」
と言われると結構悩むけれど、
「やっぱり今の仕事が天職だ!生まれ変わってのこの仕事に就く!」
なんて言えれば格好いいだけれど、
「一時は確かにそう思ったけれど、ちょっとリスクが大きいよねえ」
なんて考えつつようやく再度就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月25日(日)すてたもんじゃない日本!

 もうここまで徹底して負けがこんでくると
「はっきりいって勝てる気がしなくなる」
そんな状態でバクチしたってお金をドブに捨てるだけだって分かってるんだけれど
「6時に起床して、そのまま永利(ウィン)へ参戦」
 バクチの鉄則に
「負けがこんできたら、見(ケン)、場を変える」
というのもあるんだけれど、
「やっぱり打ち慣れたところの方が気が楽なのだ」
まあ、厳密に言うと
「同じブラックジャクでもカジノによってルールが微妙に異なるので、意外と勝手がわかるまで時間がかかる」
のも事実だけどね。
P1040498
(猪木ではないけれど、やる前から負ける話するやつがどこにいる!)


 結論から書くと
「予定通りの大惨敗」
しかも、最後の方は
「これを取り返すには、掛け金を上げるしかない!」
という典型的な愚かなバクチ打ちになり下がってしまい、分不相応な最低金額のテーブルに陣取ってしまった。
P1040500
(なんでこんなものがあるのだ!)


 だけど、不思議なもので
「これが、日本円を目の前に置いて賭けるとしたら、びびってしまい絶対に出来ない金額なんだよね」
ところが、チップだと完全に感覚が麻痺しちゃって、
「いわゆるゲーム感覚になっちゃうのよ」
最後の方なんて
「このままやってたって、最後の1枚までチップがなくなるのも時間の問題」
って分かってるけれど
「どうにもこうにもやめられないのだ」
まあでも、
「オケラになっての帰国というのも逆にすっきりする」
と割り切って退場。

 まだ時間があるので、ASEAN歴訪の疲れをスパにて洗い流して
「すっきりしてからマカオを後に」
なんというか、悲壮感というよりもサバサバした感じの今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040501
(意外とおいしい船内食)


 ここまで来ると完全に金銭感覚が麻痺してしまい
「どうせなら現金はないけれど、カード使ってうまいもの食って帰ろう」
と思い、
「フォーシーズンホテルにて中華」
チャーハンと魚介のXO醤炒めをいただいてからデザートにチーズケーキ。
P1040504
(素晴らしい景色を見ながら)
P1040505
(おいしいパン)

 当たり前だけれど、
「さすがは3つ星中華だよね」
ウインカジノ内の店で食べるチャーハンもおいしいと思ったけれど、ここのもおいしい。
 なんというか
「ラーメン屋さんと中華料理店の違いそのものって感じ」
どちらがどうということでなく、違った美味しさなのね。
P1040506
(やっぱりおいしいチャーハン)
P1040507
(さすがは3つ星)
P1040509
(濃厚チーズケーキ)


 旧正月で混雑する出国、およびセキュリティを抜けてから
「タイ航空のラウンジにてくつろぐ」
ご飯がおいしいので、またまた盛大に食べてしまひました。。。。
P1040512
(相変わらず超広いよね)
P1040516
(やっぱりラウンジはタイ航空がいい)
P1040515
(すごくくつろげるのだ)
P1040514
(また食べちゃう)

 帰りのNH910便は
「マイレージ使用のCへアップグレード」
機材がボロボロのジャムボだったので、いつものNEWSTYLE-CLUBANAでなかったけれど、お隣がいなかったので快適そのもの。
P1040513
(今日の帰りはジャムボ)


 くつろぎながら
「男はつらいよ」
第一弾を見て、日刊を読んでいるうちに早くも着陸。
 まったくの余談だけれど、やっぱり第一弾だけあって、出演者の方皆さんお若いよね。
「渥美さんの演技の素晴らしさ、倍賞さんの美しさも際立ってるよね」
ANAの国際線は映画のチャンネルが増えたようだし、これから毎月寅さんを上映していくのだとしたら、大いに楽しみな今日この頃ではあるよね、たしか2作目は寅さんのお母さん役として登場した
「ミヤコ蝶々さんの演技が素晴らしかったと、今でも記憶に残っている」
この渥美さんとか、ミヤコ蝶々さんとか伴 淳三郎さん、フランキー堺さんなんかが登場する
「昔の喜劇列車シリーズ」
ちょっと前は年末年始に深夜テレビでみられたものだけれど、最近すっかり見れなくなった。
 なんとかして
「映画館で見てみたいなあ」
と心から願う今日この頃であるのだ。。。。
P1040520
(楽チン)


 まったくもって余談だけれど、日刊スポーツに大きく
「すてたもんじゃない日本!」
と大きな文字が躍ってたのを発見、
「いったい何だなんだ?」
とよく読んでいくと
「あるタクシー会社が500人の大量採用!しかも寮あり、支度金まで出します」
というんだから、たしかに
「すてたもんじゃない」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。
「まあ、色々あるだろうけれど、本当にせっぱつまってるんだったら、とりあえず応募してみては?」
と心から思うよね。
P1040522
(ちょっとねえ(笑))


 8時少し前に着陸して、9時30分前に帰宅できるんだから
「ありがたい」
としかいいようがない今日この頃ではあるのだ。。。。

 まあ、なんだかんだいって
「1週間ぶりの我が家というのは落ち着くものだ」
ちょっと盛大に散財したけれど
「ストレス解消と思えば決して高くない」
まあ、どれくらい負けたかというのはノーコメントだけれど、
「ある程度(若夫婦?子供2人、お父さん、お母さん)の大家族での熱海位ならみんなで行って卓球まで盛大にできるくらいの金額かしらん?」
ってところで、
浅田次郎著
「満天の星 勇気凛凛ルリの色」
読了。
P1040524
(結構な移動距離でした)


 今回は浅田さんの文庫本を3冊持参したけれど、2冊読了した。
 週刊現代に連載していたエッセーをまとめたものんだけれど、やっぱり途中で直木賞を受賞した回は
「そのうれしさがものすごーく伝わってきたのだ」
特に
「どうしても小説家になりかった」
というフレーズと
「お母さんありがとう」
というくくりを繰りかえすんだけれど、こっちまで
「よかったねえ」
と涙ぐんでしまうよね。

 やっぱり
「どんな道でも成功する人っていうのは、どうしても●●になりたかったと連呼できるくらい努力した人なんだろうなあ」
とつくづく思う今日この頃であるとともに、
「じゃあ、小生として今何を心から希望しているのか?」
と自問自答すると、
「速やかにマカオへ戻って負けを取り戻したい!ラスベガスへ行きたい!世界一周したい!」
とかいろいろあることはあるけれど、
「やっぱり人並みに結婚して、子供作ってN研の全国テストの順位で一喜一憂したい!N研へ行かせるか習い事をさせるか悩みたい!アメリカンスクールへ行かせるかブリティッシュスクールへ通わせるか悩みたい!」
とは思うけれど、
「家族で熱海で温泉卓球はいいや」
なんて思いつつ早々に就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月24日(土)借金してバクチ

 朝7時起床、
「迷うことなくウィンカジノへ参戦」
今まで、早朝に参戦して負けたことはないのだ。
 普通に考えれば
「徹夜して死にそうになっているディーラーと、熟睡して万全な体調で戦いに挑む小生では勝負にならない」
はずなんだけれど、予想に反して徹底的に負けを増やす。
P1040491
(豚肉ピータン粥)
P1040492
(エビシウマイ)


 正直なところ、ほかにどこへ行くこともなく、朝ごはんと昼ごはんとお昼寝だけを挟んで、
「徹底的に戦ったのよ」
だけど、とにかくドンドン負けが増える一方。

 12から引けば、10が出る。ディーラーが16から5を連発とか、
「ちょっと信じられない事態が延々と続くのだ」
そして、予想に反して
「手持ちのお金がなくなった」
まあ、ここまでならよかったんだけれど、そんな小生には強い味方があったのだ、そう
「キャッシングマシーン!」
まあ、言うならば
「借金してバクチ!」
という前代未聞の堕落ぶりを発揮したんだけれど、
「まあ、海外ではキャッシングってそんなにおかしなことではないんだよね」
言い訳するわけじゃないけれど、
「為替手数料考えると、金利と変わらないどころか安いくらい」
ということなんですよ。
P1040493
(ランチのサラダヴァー)
P1040495
(お肉もたっぷり)

 マシンで
「英語の指示に従って操作するんだけれど、なんだか分からないうちに普通にお金を貸してくれた」
まあ、結論から書くと
「それもあっという間に負けてしまったんだけれどね」
ちょっと呆然としてしまって、晩御飯も食べる元気がなく、全てを忘れるため
「サウナで徹底的に汗と一緒に負け犬根性を洗い流す」
ということで、サウナで徹底的に汗を流して
「ウンウン」
唸っていたら、いきなり
「日本の方ですか?」
と話しかけられたのだ。
P1040500
(強い味方)


 ちょっと話したんだけれど、この方
「先週も週末、羽田から関空経由で参戦して1000万の負け、今日も200万の負け」
と盛大にやっていらっしゃるとのこと。
P1040486_2
(ちょっと楽しくないよね)


 ひょんなことから、共通の知人まで登場しちゃうし、
「マレーともども、世界は狭いよね」
を改めて感じる今日この頃ではあるのだ。。。
P1040489_2
(エッグタルトは忘れずに)


 浅田次郎著 満天の星 勇気凛凛ルリの色を読みながら失意のまま早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月23日(金)香港経由マカオへ移動

 6時10分起床、6時40分チェックアウト。チェックアウトの際に請求されると思っていた、ネット使用料金と朝食の代金がなかったので
「払いますよ!」
と言ったんだけれど
「ノープロブレム」
みたいな返答が返ってきた。
P1040466
(7時ではまだ真っ暗なのだ)


 まあ、こちらが払うと言っているのにホテルがいいと言っているんだから、ありがたい話である。
 だけど、根本的な疑問として
「海外のホテルは1部屋に1人泊まっても2人泊まっても料金は一緒」
「日本のホテルのネット使用料金は普通のホテルは無料だけれど、高いホテルになると有料になる」
「海外のホテルのプールは基本無料だけれど、日本は基本有料」
なんて違いがあるけど、舶来のホテルがなぜ日本だけ料金体系が違うんだろうね?

 でも、一応今回も
「プール フィー フリー?」
と聞いたら
「コンプリメンタリー」
との回答が返ってきたので、早速今週購入したばかりの新兵器のSHARP電子辞書PW-TC980にて検索したら
「どうも、含まれる=無料」
という意味合いのようだ。
 非常にレベルの低い話だけれど、
「電子辞書という強い味方を得て非常に心強く思う」
今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ただ、電子辞書というと、やっぱり子供のころのように
「まず、あっち系の単語を引いちゃうよね」
しかも、電子は
「発音してくれるので、大いに笑える」
今日この頃でもあるのだ。。。。。

 まだ、まっ暗闇の中、行きと同じくPutra LRTからKLIA Ekspresへと乗り継いでクアラルンプール国際空港へ到着、非常に便利だ。
 余談だけれど、昨日行ったブキッ・ビンタン周辺にはモノレールが走っている、ただそのモノレールとPutra LRTが接続していないんだよね、これが接続するともっと便利になるのになあ、と思う今日この頃ではあるけれど、ちょっとKLの街とは御縁がなさそうなので、気にしないことにしようと思う。

 これまた余談なんだけれど、空港特急であるKLIA Ekspresに乗る際は自動改札を通るんだけれど、
「なんと、乗った駅で切符が回収されてしまうのだ」
一瞬詰まったと思って聞いたら、なんと
「ノープロブレム」
とのことで、衝撃を受けるのだ。 
 ちなみに、香港の空港特急の場合空港行きは空港で改札がなく、切符を回収する箱が置いてあるだけなのだ。ただマレーの場合は途中駅がないので問題ないけれど、
「香港の場合は途中で九龍・青衣と一応駅があるので、そこまでの切符で乗ることができる」
まあ、やってみる気はおきないけれど、おそらくキセルが簡単にできそうな気配なのだ。
P1040467
(かなり立派なハブ空港)


 今日は香港への移動、この区間は
「キャセイとマレーシア航空のコードシェア便が飛んでいる」
ちなみに、キャセイのコードで乗った方がサーチャージの違いから数千円安く乗れるのだ。
 MHがスタアラだったらMHのコードで発券したけれど、
「一応、CXだとワンワールドルビーの資格があるのでこちらを選択」
ただねえ、
「ワンワールドはルビーだとラウンジが使えないのだ」
一応交渉したんだけれど、答えはもちろん
「ノー」
ということで、思案した挙句
「なんとおよそ10年ぶりにバーガーキングへ参戦」
まあ、色々あるけれど
「日々空港ラウンジを使えるありがたさを改めて感じる」
今日この頃でもあるのだった。。。。
P1040468
(バーキンとは。。。。)


 香港まではおよそ3時間50分と結構長時間のフライト、
「エコノミーで隣の人がいらっしゃる辛さを大いに感じる」
ただねえ、以前から思っていたんだけれど
「キャセイの機内食はまずくない」
たいしたことないオムレツなんだけれど、
「思わず全部食べてしまいそうだったからね」
つくづく
「どうしてJ社とA社には何故これくらいのことが出来ないのだろうか?」
と思うけれど、根本的な考え方が違うのだと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040469
(いつもキャセイはおいしいのだ)
P1040470
(実は結構遠いのだ)

 やっとの思いで中1週間の香港国際空港へ着陸、機場快綫から港島線と乗り継いで銅鑼灣へ。ここで1件打ち合わせ及び視察、今日は日本の
「青森・静岡フェア」
が盛大に開催されている。
 思っていたよりも普通な感じでイヴェントが行われていてちょっとびっくりする今日この頃ではあるのだ。。。
P1040472
(タイムズスクエア)
P1040473
(青森フェア)
P1040475
(こちらは静岡フェア)


 一応、これをもちまして業務は終了、速やかに信徳中心へ向い噴射飛航に乗って
「マカオへ戻って来ました」
いつものように皆さんに
「WELL COME BACK」
と笑顔で迎えていただくと、心から
「ああ、ここへ戻ってきてよかった」
と思うと同時に
「小生にとって、ここが完全にアジアの拠点・ハブになってしまった」
ことを実感する今日この頃でもあるよね。
P1040478
(おなじみターボジェット)
P1040479
(ちょっと衝撃的な情報が)
P1040480
(かなりの冷え込み)


 ただ、色々とお話を聞くと
「どうやら、このマンダリンオリエンタルマカオはカジノ王スタンレーホーに完全に売却された」
とのことである。
 年末に新しいマンダリンオリエンタルがMGMの隣にオープンするから
「もうこのホテル持っている意味ない」
という判断からの売却なんだけろうけれど、
「なんとかこの空間をなくさないで欲しい、間違ってもリスボアみたいにしないでほしい!」
本当に本当に心から願ってやまないのだ。
P1040488
(おいしいゴマだんご)


 まあ、そんな動揺があったせいではないだろうけれど、
「今日のBJは記録的大敗」
普通は
「勝ったり、負けたり」
なんだけれど、
「今日はほとんど一回も波というかチャンスらしいチャンスが来ないのだ」
こうなってくると
「ああ、これはこのままやってても絶対に浮上しない、持っているチップすべてなくなるだけ」
とわかるんだけれど、やめられなくなっちゃうのが典型的なダメ人間の小生なのである。
P1040481
(まったくいいところがなし)
P1040482
(チャーハンはおいしい)
P1040484
(劇辛!牛肉のラーユ煮)
P1040489
(絶品のエッグタルト)

 そんなに遅い時間ではないんだけれど、
「敗戦後、軽くお食事を済ませ」
リスボアの地下などを見学する元気もなく早々に撤退、早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月22日(木)マレーに心残りあり

 世界を精力的に飛び回るエクゼクティブの朝は
「朝食前のひと泳ぎ」
から始まる。
P1040398
(朝日をたっぷりと浴びて)


 まだ夜が明けきっていない南国KLの中心で
「軽くクロールで10往復」
真っ赤な朝日をたっぷりと浴びながらのプールは最高に気持ちがよいのだ。
P1040399
(凄く気持ちいいのだ)
P1040405
(さすがにプールサイドは無人)
P1040406
(ジャグジーとサウナで汗を流す)


 ひと泳ぎの後は、考えるまでもなく
「朝食ヴァイキング」
と決まっている、シンガポールのグランドハイアットと比べるのはかわいそうだし、食材の制限の中
「非常にがむばっていると思う」
だけど、つくづく
「豚って欠かせない食材なんだ」
ということを再認識する今日この頃だよね。
P1040408
(おいしいパン)
P1040411
(地元紙とカレーが欠かせないのだ)

 普段、小生のソウルフードである
「とんかつ」
以外では、そんなに意識しないんだけれど、こうやってイスラム圏へ遠征してくると
「改めて豚肉の美味しさ」
を感じることが出来るのだ、やっぱり
「ソーセージもチキンやビーフではなんか違うしなあ」
なんてつくづく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040413
(若手のたまご職人奮闘)
P1040415
(ちょっと固め)

 お外へ一歩出ると
「とんでもない暑さ」
なんだけれど、意を決して視察へ向かう。

 初めての街を散策するときには
「ランドマーク」
を見つけることが大切だ、このKLの街の場合は考えるまでもなく
「ツインタワー」
この巨大な建物のおかげで、大体の距離と方向がつかめるので迷子になることはない。
P1040417
(暑いよお)


 いうなれば
「マカオでいうところのグランドリスボア」
大阪野田の富士電機の電飾看板なんていうのと一緒だ(笑)

 ちょっと歩くと
「汗が吹き出てくるんだけれど」
やっとの思いで
「パビリオン」
なる新しく出来たショッピングセンターへ到着。
P1040429
(人気のスポットらしいパビリオン)
P1040421
(春らしいけど、暑いよお)

 なんだか分からないけれど、
「盛大にブランドショップ」
が盛大に入っているし、高級スーパー、フードコートなんかも見ていて面白い。

 やっぱり気になるのはブランドより
「食」
なんだけれど、スーパーでは結構日本製品も並んでいる。
 その中でもどうにも納得いかないのが
「コカコーラ」
現地生産品は30円ほどで買えるんだけれど、
「日本産も300円程度の価格で販売されているのだ」
皆さんに話しを聞くと
「マニアのコレクション」
とのことだけれど
「本当にそれだけなのかしらん?」
と、どうにも合点がいかない今日この頃ではあるのだ。
P1040422
(お正月前の売り出し)


 こういうことは香港でもあったんだけれど、日本メーカーの商品
「お菓子やラーメンなどの食品全般」
ほぼ内容は同じだと思うのに、
「盛大に価格差があっても日本国内工場で製造された商品を好む方がいらっしゃる」
いくら中国の工場で製造されたといっても、日本のメーカーの製品だったらそんなに安全性で差異があるとは思えないんだけれど、やっぱり食へのこだわりはアジアの富裕層にとっては日本以上なのかもしれないと思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040424
(巨大なフードコート)


 一番の繁華街である
「ブキッビンタン通り」
を東北から南西へ向かって歩くとKLモノレールを挟んで
「東西で街の雰囲気が一変する」
東が比較的高級な雰囲気があるけれど、西へ行くと
「一気に怪しげというか、庶民的というか小生好みの街並みになる」
たいした距離が離れていないにもかかわらず、道路一本隔ててこんなに違う芸風になるのは面白い。
「御堂筋のそごう周辺から一気に動物園前駅周辺へ行ってしまった感じ」
という表現もあながち大げさではないと思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040425
(上品なサイド)


 ただねえ、その
「怪しげな西南地区も200メートルも歩けば終わってしまう」
まあ、それくらい小さな繁華街なのである、ただその中で所狭しと
「盛大にマッサージの客引きがいるんだよ」
まあ、元々マッサージを求めて参戦したので、色々と物色して速やかにお店を決める。
P1040426
(庶民的なサイド)


 まず
「足裏を1時間」
オーダーしたんだけれど
「まさか客引きのおじさん自ら施術してくれるとは思わなかったんだけれど、これが結構いいのよね」
まあ、疲れていたというのもあるんだけれど、
「これなら」
と思い、言われるがままに
「さらにボディーを1時間追加」
足裏は皆さんと一緒の大部屋で施術してくれていたんだけれど、
「ボディーは奥の個室で上半身脱いでパンツ一丁に・・・・」
まあ、確かに怪しいオイルなんかぬっちゃって気持ちいいんだけれど
「なんだか、途中から怪しくなってきた」
半分眠ってたんで、意識が薄れてたんだけれど
「なんかパンツの中に手突っ込んでなかったかしらん?」
最初は偶然かと思ったけれど
「明らかに触ってるんだよね・・・・」
いかんせん、小生独身の割りにそっちの気は微塵もないので
「ノーノー、ストップストップ!ドンタッチ!」
と起き上がって絶叫したんだけれど、おじさんは慌てることなく
「ノープロブレム・ノープロブレム」
と意に介さない模様。。。。
P1040428
(ここが問題の店)


 まあ、それから盛大に触ることはなかったので施術を継続したけれど
「ちょっと焦ってしまった」
今日この頃ではあるのだ、でもまあ
「2時間でおよそ3000円ならば、多少触られても仕方がないのかしらん?」
と思う今日この頃ではあるけれど、先方がサービスのつもりでやってたんだとしたら
「ちょっとサービスの方向性が違うのでは」
と思う今日この頃ではあるのだ、ちなみにお店はブキッビンタン通りの最も西側の店ですよ。。。。
P1040430
(すいかジュース)


 まあ、ちょっとハプニングはあったけれど、
「確かに腕はいいので、肩なんか大分楽になった」
でもこれ以上お外にいると
「ちびくろサンボの虎のように熱さ溶けてでうしのバターになっちゃうので」
速やかにホテルへ戻り、パソコンに向かってお仕事を片付けてから
「再びプールへ参戦」
朝方はまだ気温も上がっておらず、人も寂しかったけれど
「今度は皆さん盛大にプールをエンジョイしている」
周囲を見回すと
「家族連れがチャプチャプやったり」
「カップルがイチャイチャしたり」
している中で小生の全身をふるに使ったダイナミックな泳ぎを披露するのは大いに気を使うのだ。
 
 余談だけれど、朝食の時プールで一緒になったビジネスマンから
「さっきはプールで一緒だったけれど、いい泳ぎしてたねえ!」
なんて話しかけられて
「これはどこかの投資会社かなんかからダイレクターかなんかのオファーか?」
と思って一瞬身構えたけれど、いかんせん語学力に乏しい小生は
「いやあ、にやにや!」
というめがねはかけていないけれど、典型的な日本人を演じることしか出来ず、先方もオファーは断念したようだ。。。。。
P1040432
(南国特有の愛のスコール)


 夜はお仕事を終えてお迎えに来てくれたI田さんと
「ジャラン・アロー屋台街」
へ参戦、なんというか
「これぞ東南アジアの食い物屋だ!」
という感じで店の前を歩いているだけでワクワクしてくるのだ。
P1040436
(こういう街が一番好きだ)


 多分、ダメな競馬場の食堂と同じで
「どこへ入ってもメニューや味に差異があるとは思えない」
ということで、たまたま雨宿りで立ち寄った店へ参戦することに。
P1040445
(この店に決定)
P1040438
(から揚げの辛いやつ)
P1040440
(魚の辛くておいしいカレー)


 結局、2軒ハシゴしたんだけれど
「安くて美味しいですよ」
この国はとにかく
「ビールを飲まなければ食費はかなり安く押さることが出来るのだ」
ちなみに店頭でもビールは230円前後、これが香港だと1本100円くらいでスーパードライ売ってるからね。
P1040442
(野菜炒め芋揚げ器)
P1040444
(おひさしぶりです!)
P1040448
(マレーといえばサテ)


 この屋台街には各国からの観光客が大勢いたんだけれど、注目したのは近くに座った熟年夫婦
「夫婦そろって食事中もカバンをたすきがけしてるのよ」
そして食後に撮影していたので
「撮りましょうか?」
と親切に声をかけたら
「と、とんでもない!」
みたいに
「今まで見合いでも経験したことのないようなノーをつきつけられたのだ」
よく言う
「海外では人を見たら泥棒と思え!男は外では7人の敵がいる!」
を徹底的に実践しているようなんだけれど、大きなお世話だけれど
「なんか、海外をエンジョイしてないなあ」
という雰囲気を全身から漂わせていたけどね。。。。
P1040449
(伊勢うどんみたいなやつ)
P1040450
(楽しいマレーシア)

 全く持って余談なんだけれど、かつてジュリアナの女王と呼ばれた荒木師匠(荒木久美子さん)がトゥナイトで
「男から車に乗らないって声かけられたら、どうやって断るの?」
と、最近すっかり消えてしまった乱一世の問いかけに
「そういうときは、よんもじです。の・ら・な・い」
とコメントしていたのを思い出したけれど、同じ断り方でも
「荒木師匠とは格が100枚くらい違う」
といわざるを得ない今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1040457
(暑いけど楽しい街です)


 I田さんとは今日でお別れなので、
「大いに飲み・大いに食べ・大いに語った」
「おぎさんのブログは更新されて読んだけれど、難しすぎで分からない問題」
「しかしながら、まあ夫婦仲はよいようのなので、ぺんぎんずバー合コンを企画してよかった問題」
「とはいえ、全く連絡がないのは失礼ではないか問題」
「とにかく昨日の夜は世界の狭さに衝撃を受けた問題」
「日本の企業は出る杭は打たれるけれど、海外では出る杭はもっと伸ばせである問題」
「どこの会社に勤務しているのではなく、何の仕事をしているのかが大事だ問題」
などを討議した結果
「小生は今まで27回結婚式でスピーチしているけれど、人の奥さんをうらやましく思ったのはI田さんの奥さんが最初で最後だ」
という結論が一旦は出たけれど
「やっぱり、りくおさんはスケールがワールドクラスだ!」
ということで意見が一致したところでお開きとなったのだった。。。。
P1040458
(どの店へ入っても同じっぽい雰囲気)
P1040459
(ドリアン専門店)

 次回はいつお会いできるか分からないけれど、
「なんとなく、マレーシアへはまた近々来ないといけないかしらん?」
と思う今日この頃ではあるのだ。
P1040463
(とりあえず)
P1040465
(ライトアップが見事)

 いかんせん、街自体はもうそんなに魅力を感じないけれど
「お会いしたい人が一杯いるからねえ」
そういう意味でも今回唯一心残りなのは
「I田夫人にお会いできなかったこと。。。。。」
熱いシャワーを浴びて
「りくおさんから送付されてきた写真に衝撃を受けつつ」
疲れ果てて就寝、今日も充実した一日でした。。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月21日(水)マレーのうし

 6時30分起床、7時チェックアウト。地下鉄を乗り継いで7時40分過ぎには
「チャンギ国際空港へ到着」
もともと国土が著しく狭いとはいえ、非常に近くて便利だ。
P1040339
(パタパタがうれしい)


 昨年2月に利用した、新しい第3ターミナルと比べると、本日利用する第2ターミナルはかなり古ぼけた感は否めないけれど、
「スポーツジムや映画館」
なんていうものまであって、歩いているだけでも非常に楽しい空港だ。

 とはいえ小生はそんなものには見向きもせずに
「ラウンジにて無料の朝食を盛大にいただく」
これまた前回の第3ターミナルのラウンジと比べるのはかわいそうだけれど、フードもまずまず合格点を与えられる内容。
P1040341
(スタアラのラウンジでお食事)


 ご搭乗ギリギリの時刻まで、
「大いに飲み、大いに食べ、そして大いにレッツノートへ向かった」
なんだかんだいっても、国際線特に海外の空港を利用するの際は
「団体旅行並みに2時間前には到着するようにしている」
今回も2時間以上待機時間があったんだけれど、実に快適に過ごすことが出来たのだった。

 ご搭乗時刻が近づいたので、ゲートへ向かったんだけれど、この空港の特徴として
「セキュリティーが搭乗口1箇所なのね」
つまり、ゲートの数だけセキュリティーがあるので、
「混雑することがないのではないだろうか?」
なんて思いながら速やかに優先搭乗。。。。
P1040344
(SQに乗れるとうれしい)


 SQ108便は
「東京行きではなく、クアラルンプールが目的地」
ということで、
「小生の次なる参戦の地はクアラルンプールなのだ」
このシンガポーポールーKL間というのは、シャトル便のように頻繁に運航している模様、ただし小生のチケットが前倒しで乗れる権利があるかどうかは定かではなかった。
P1040346
(ちゃんとお茶が出るのだ)


 この区間の移動は、事前に
「マレー鉄道での移動も検討したんだけれど」
どうも
「景色がつまらない」
とのアドヴァイスがあって、ごく普通にSQの利用となったのだ。

 777-300は6割の搭乗率、
「上がったと思ったらもう降下している」
まあ、羽田ー伊丹間より距離が短いんだから当たり前といえば当たり前だ。
P1040347
(さすがに近い)


 でも、そんな距離でも
「笑顔で接客、お飲み物までだしてくれるんだから、さすがはSQである」
エコノミー利用だけれど、十分リラックスできた今日この頃ではあるのだ。。。。

 クアラルンプール国際空港は2度目の利用である、7年前にマレーシア政府の招聘で(かっこいい)ジョホールバルへ視察に行った際に乗り継いで以来の参戦だ。

 ということで、KLの街へ出るのは初めてとなる、
「やっぱりタクシーが楽だ」
というアドヴァイスを事前にいただいてたんだけれど、
「切符を買う、電車に乗る、景色を見る、乗り換える、ホテルを探す、歩く」
という一連の流れこそが旅の基本との思いから、迷うことなく空港特急である
「KLIA Ekspres」
を選択。
P1040356
(やっぱ電車でしょう)


 およそ28分でKLセントラル駅へ到着。この空港特急なんだけれど、
「線路がほぼ一直線の割りには速度はイマイチ」
もうすこし頑張って19分くらいまで短縮した方がアッピールにもなると思う。
P1040350
(南国を実感)


 だけど、この電車からの車窓なんだけれど
「森の中の空港」
を自認するだけあった、しばらくは森の中を走り続ける、正直なところ
「本当に、あと20分程度で中心部に着くのかしらん?」
と思ったけれど、よくはわらからないけれど
「KLの市街地は東西ではなく南北に発展しているのでは?」
と想像したりもする今日この頃でもあるのだ。。。。
P1040351
(どこまで行っても森)


 ちなみに東京は
「南と西から先に広がっていった」
という経緯もあるし、
「それ、まだ間に合うからKL空港へ向かう森を買い占めておけば儲けできるぞ」
と一瞬考えしまった今日この頃なのであった。。。。

 セントラル駅で乗り換えなんだけれど、一瞬迷ったけれど、インフォメーションで聞いたらすぐに分かった。
「この国もシンガポール同様、日本語の案内が予想以上にあるのに驚く」
ここから乗り換えた
「Putra LRT」
は、日本でいうところの新交通システムみたいな乗り物。
P1040358
(新交通システムへ乗り換えて)


 およそ10分ほどでKLCC駅に到着、徒歩5分ほどで今宵の宿
「マンダリンオリエンタルホテル クアラルンプール」
へチェックイン。
P1040359
(ありましたよ!扇のホテルが)
P1040360
(実はかなり安いレートなのだ)

 いやあ、正直なところ
「想定外の暑さに汗ビッショリ」
とりあえず熱いシャワーで汗を流していると、お部屋の電話が鳴り響いた。
「なんだ、またGMのご挨拶からしん?今回はお忍びで来ているので、あんまり気を使って欲しくないんだけどなあ(爆)」
と思って受話器をとって
「ハロー!」
と英語でしゃべってやったら、いきなり聞こえてきたのは
「いやあ、うしさん到着されました?下で待ってますので!!」
という日本語だったのだ。
P1040362
(ここは元競馬場らしい)


 そう、マレーシア在住10年という
「I田さんである」
今回、マレーシアを訪問した大きな目的のひとつがI田氏との再会である。

 まあ、おぎさん夫妻同様
「こちらから海外まで足を伸ばさないとお会いできないのが難点であるが」
本日は午後半休をとっていただいたようで、非常にありがたく思う今日この頃ではあるのだ。。。。
 
 まずは再会を祝して
「マンダリンの中華料理店にで盛大に飲茶をいただく」
ちなみに、改めて言うまでのなく
「マレーシアはイスラム教の国である。ということは豚、お酒は基本的に料理に使っていない」
ということで、
「シウマイなんかも、豚ではなく鳥や牛を使っているので、微妙に味が違うのだ」
これはブルネイでも感じたことだけれど、
「外見は同じなので、パッと見は分からないんだけれど、食べてみると違うんだよねえ」
とはいえ、昔話しに花を咲かせながら美味しく盛大にいただいてしまったのだった。。。。
P1040367
(腸粉)
P1040368
(エビ)
P1040370
(ふかひれスープ)
P1040373
(このマンゴープリンは。。。。)

 一旦、I田さんと解散して
「小生は商談」
商談はいいんだけれど、ここで衝撃的な事実が発覚したのだ。
「担当者の方は先輩、もう一人登場した日本人が同級生なのだった!」
なんというか、
P1040376
(旧正月目前)


 商談というよりも、非常にローカルな学校の話しに終始してしまう今日この頃ではあり
「では、話しの続きは後ほどご飯を食べながら」
というごく自然の流れになり、I田さんも含めて
「同じ高校4人、うち小生以外の3人が中学まで一緒」
という、ちょっと
「ここは本当にクアラルンプールなのかしらん?」
という全く想定外の濃いメムバーでの会食となったのだった。。。。。
P1040380
(ツインタワー)


 お店はちょっと郊外にあるとのことで、各々車で向かったんだけれど
「東南アジア特有の大渋滞にはまってしまった」
雨が降ったせいもあるんだろけれど、ここまで動かなくなってしまったのは大昔の韓国遠征以来だ。
P1040382
(大渋滞)

 
 参戦した東北菜なるお店は
「以前は扉もなかったけれど、俺が月に20回通ったおかげで扉が出来た」
とご担当のTさんが豪語しているけれど
「いくら他にまともな店が少ないとはいえ、月に20回参戦というのはいかがなものかと思う」
今日この頃ではあるけれど、
「俺の全盛期は首周りが50センチあった」
といわれてしまうと、もう何もいえなくなってしまう小心者の小生なのであった。。。。。
P1040385
(東北菜?)


 中国東北料理というふれこみが、何を意味するかイマイチ理解していなかったんだけれど、
「どれも味付けが濃いし、辛さも山椒がピリリと効いていておいしゅうございました!」
まあ、しかしながら今日のところはお料理の感想よりも
「話しの濃さに衝撃を受けて」
しまった今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040386
(山椒がかなり効いている)
P1040388
(なすのピリ辛いため)
P1040389
(豚と卵の炒め物)


「4人で高校生活が計1○年というのは計算が合わない問題」
「日吉の裏というけれど、本当はあちらが表ではないのか問題」
「佐久協をやすしと読める人間は存在しない問題」
「高校ゴルフ部の主将は大学で先輩を殴って退部した問題」
などはまだいいとしても
「あいつ知ってる?」
と話題に出た人物のことを小生は知らなくても、I田氏が
「ああ、その弟と一緒でした」
というのが連発してしまい、
「とにかくあまりにも世間が狭い」
という結論が一旦は出たんだけれど、
「そういえば、今中学の部長って誰なの?」
という更なる話題が出たので
「遺憾ながら、その問題だけは小生ついていけないので」
夜も更けてきたので
「かの地での再会を約束して」
お開きとなったのだった。。。。。
P1040390
(たまご豆腐)
P1040391
(焼き餃子)
P1040393
(ネギを使ったホイコーローがうまい)
P1040394
(水餃子)
P1040395_2
(大学いも)


 さすがに
「盛りだくさんの一日だったので」
暑いし、楽しくて疲れ果てて
「マレーの虎ならぬ、マレーのうしも」
早々に就寝。。。。。。
P1040383
(おやすみなさい)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月20日(火)名物にうまいものなし

 ベッドはバカでかいし、硬さもちょうどいいんだけれど、なぜか熟睡出来ず
「1時間おきに目が覚めて最終的に現地時間7時に起床」
でも、全く眠くないし睡眠としては6.0(合格点)くらいというところ。
P1040316
(おはようございます)


 通常なら
「速やかに着替えて街へ出て、お粥」
が定番なんだけれど、昨日チラっと見たブッフェが素晴らしそうだったので
「迷うことなく朝食ブッフェへ参戦!」
小生も数多くのホテルブッフェへ参戦を果たしてきたけれど
「ここは5本の指に入ると断言してしまう」
今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040314
(朝食ブッフェへ参戦)
P1040311
(フルーツカウンター)
P1040295
(コールドミート)
P1040303
(インド料理コーナー)
P1040297
(まずはカレーから)


 こういう朝も昼も夜も
「オール ユー キャン イート」
専用のレストランというのは、お店の設計の段階からして違うのだ。
P1040296
(おいしいパン)
P1040301
(飲茶)

 ここは自由貿易の地にふさわしく
「とにかく各国の料理がふんだんにある」
まずは場内全体を見回してから本格的なカレーなんか選らんでしまう今日この頃なのであった。。。。
P1040304
(涼しげなジュースコーナー)


 朝食ヴァイキングの友といえば国内外問わず日経と決まってるんだけれど、今朝はなぜか日経が配達されず
「先日倒産したと報道されていた ヘラルドトリビューン」
を熟読しながら(笑)徹底的にいただけば、大満足。。。。。
P1040305
(焼きそばとチャーハン)


 だけど、これだけ各国の料理がそろっているんだから
「日本そば・うどん・稲荷寿司なんていうのもあってもいいのでは?」
とないものねだりをしてしまう今日この頃ではあるし、
「思い出したけれど、デザートもパンケーキとか欲しかったなあ」
と言い出すとキリがない今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040307
(たまご職人が2人も!)
P1040308
(おいしゅうございました♪)
P1040309
(しめはヨーグルトで)


 朝食を食べ終わって御部屋へ戻ると、丁度日本の始業時間となり
「徹底的にメールと電話が舞い込む」
こういうとき、素晴らしいデスクがあるのでとってもお仕事がはかどる今日この頃ではあるのだ。。。

 10時過ぎに意を決して街へ出る、昨日ほどの灼熱地獄ではないようだ。
 オーチャード周辺のショッピングセンター、
「高島屋」
などを視察、相変わらずの品揃えにビックリ。。。。
P1040320
(つまらん街だ)
P1040319
(まあブランド店が好きな人はいいけどね)

 で、1件目のアポ、ランチミーティングとなる。
 個人的には中華が食べたかったんだけれど、いきなり
「和食でいいですか?」
と言われてしまったので、仕方がなくお弁当みたいなやつをご一緒したんだけれど、
「味も決しておかしくないし、こういうの食べてると、ここがシンガポールということを忘れてしまう」
今日この頃ではあるのだった。。。。。
P1040317
(高島屋の地下)
P1040318
(旧正月前の売り出し)

 終了後、
「グランドハイアットのラウンジにで2件目の商談」
まあ、商談というか世間話のようなものだけれど、現地に駐在している方と1時間お話しするだけで、大いに勉強になるのだった。。。。

 夜は予定していたお相手がドタキャンになり
「寂しく一人でお食事」
まあ、迷うことなく
「やっぱ名物チキンライスを一度は食べなきゃ!」
ということで、るるぶシンガポールに大きく取り上げられていた
「メリタスマンダリンホテルの展望レストラン」
へ参戦。

 ちなみにこのメリタスマンダリンなるホテルは、マンダリンオリエンタルとは一切関係なく
「なんちゃってマンダリン」
と呼ばれているとのことだ。

 かなり古いホテルのようだけれど、
「38階からのヴューは確かにすばらしい」
この展望レストランは丸くなっていて、
「いわゆるニューオータニのアレみたいなやつ」
昔は回っていたような感じだけれど、残念ながら現在はその動きを止めているようだ。
P1040327
(なんちゃってマンダリンの展望レストラン)
P1040328
(景色1)
P1040326
(景色2)
P1040325
(景色3)
P1040324
(景色4)


 で、肝心なチキンライスなんだけれど、
「いわゆる蒸し鶏なのよ」
まあ、中華の前菜でお馴染みのやつなんだけれど、なぜかこの国では名物料理と認定されているとのこと。
 この料理は
「よっぽどいい鳥使った上で、うまく調理しないとパサパサでおいしくないのだ」
先週香港のフォーシーズンホテルで食べたのがメチャ美味しかったんだけれど
「今回のは・・・・・・」
まあ、景色がよかったのがよしとしておこうと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040330
(チキンライス)
P1040334
(チキンウイングと揚げ餃子は美味)

 ホテルへ戻って敷地内を散策、一瞬プールをエンジョイしようかと思ったけれど、
「プールサイドで仕事している人はいても泳いでいる人はいないので断念」
お部屋でパソコンの前に向かっていたら、疲れがでたようで早々に就寝。。。。。。
P1040321
(お庭)


 就寝しようとしたら、りくおさんからメールが届く。
「またセランでも行ったのかしらん?それとも熱海?」
と思ったら
「なんと、おぎさんのブログが更新されているとのこと」
一報に衝撃を受けるけれど、冷静に考えると
「てっきり忙しくて音信不通になっていたと思ったら、そうでもないのね」
ということで、りくおさんは大いに憤慨しているようだ。
P1040323
(泳ぐ雰囲気にあらず)


 りくおさんいわく
「やっぱり人間、MBAなんかとっちゃうと、もう自分とは無益な過去の関係を全て絶ちたいんだろう」
とのことである。

 その点、りくおさんの場合は
「過去を断ちたいんだか、過去も含めて楽しみたいだかさっぱり分からないよね」
いかんせん
「今時セランだもんなあ」
どうにもよく分からない今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040337
(フルーツが身近にあってうらやましい)


 ところで、このシンガポールの印象なんだけれど
「とにかく物価が高い、日本より高いものも結構あるくらい」
特に食品や外食なんかは、かなり高いと思う。

 一方で
「公共交通機関は安い」
聞くところによると、所得は一世帯あたり共働きで1000万はあるとのこと。
 しかも、住宅は独自の政策によって比較的安価であるらしい、言わずもがな
「暑いのでスーツやコートなんか高い服は皆無」
となると、お金使うのは
「食・教育・旅行」
ということになるのは自明の理だ。
P1040336
(ココヤシのジュース)


 ただ、冷静に考えてみると
「ここから教育を除いたのが小生」
ということになるような気がする今日この頃ではあるけれどね。

 ただし小生とっては
「あんまり魅力はない国だよね」
街歩いていても、全く楽しくないしなあ。

 なんというか
「アジア特有の猥雑さみたいなのが全く感じることが出来ないのだ」
勿論小生が、そういうところに行ってないといいうのもあるんだろうけれど、
「ちょっと人工的すぎて、面白みがない」
カジノが出来るらしいけれど、
「あまり積極的に参戦する気はおきないよね」
なんて思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月19日(月)下山口へ戻る

 中9日で成田のラウンジ
「別に中9日だからというわけでもないけれど、相変わらずフードがしけてる」
最大のウリが、
「そば・うどん」
っていうんだから、ショボショボである。

 ただ、相変わらず女性スタッフの対応はすばらしい、
「フードでは完敗だけれど、女性スタッフでは完勝=1勝1敗」
というところだろう。
P1040260
(冷凍麺だからまずくはないけれど。。)


 今朝は、とにかく出発前に打たなければならないメール・電話が多数あったので
「ご搭乗1時間前にラウンジに入って徹底的にパソコンへ向かう」
打てるだけメールを打ったので、後ほどのリターンが恐ろしく思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 本日の目的地は
「1年ぶりのシンガポール」
言うまでもなくシンガポールといえば
「シンガポール航空であり、総2階建てのA380と決まっている」
ところが、諸般の事情によりA社を利用することになった。。
P1040261
(SQに乗りたいよお)


 一方が最新鋭のA380なのに対し
「こちらはボロボロの767」
あんまりにもあんまりなんだけれど、
「ポイントでCへアップグレードできたのでまあよしとしておこう」
 わが軍はいわゆる
「悪評高いCLUB ANA ASIA」
というやつで、2-1-2列なのはいいけれど、リクライニング角度やシートピッチとか御話にならないのだ、まあ小生はUGなので偉そうなこといえないけれど、
「お金払ってC乗れる人は絶対SQ選ぶよね」
ご丁寧にこの路線に限り2倍マイルとかやってもA社は空席ありだけれど、S社はなんと満席。
P1040264
(厳しいねえ)


 ここまで来たら
「A社はシンガポール路線撤退すべきでは?」
と思うけれど、マレーシアからも撤退しているし、これ以上撤退すると総崩れになるのでそれも出来ないんだろうなあ、と思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040263
(前菜はサーモン)


 シンガポールへは7時間以上かかるんだけれど
「思った以上にお食事はまともだったし、意外とよく眠れたし、読書もよく出来たのでさほど苦痛にならなかった」
ただCAさんたちは、7時間動きっぱなしで、ひとごとながら大変そうに思った今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040265
(メインの肉は結構おいしかった)
P1040266
(デザートはいちごのムース)

 世界一といわれる
「チャンギ空港から市内へは電車を選択」
勿論、バスやタクシーが便利なんだろけれど
「切符を買う、電車に乗る、外の景色を見る、乗り換える、歩く」
という流れがとっても大事だと思うので、なるべく鉄道を利用するよう心がけているのだ。
P1040269
(イメージより遠いよね)


 まあ、それはいいんだけれど
「今回は、ちょっとした失敗があった」
路線図を見ると
「乗り換えはシティホール駅の1回だけと思っていたんだけど、空港線は完全な支線だったのだ」
2つ目の駅で、皆さん降りて反対側の電車に乗り換えているので
「ひょっとして?」
と思ったんだけれど、メールの確認なんかで気がちってしまいとっさの判断が出来なかったのだ。
P1040272
(車両と車両の間に扉がない)


 いうなれば
「西武球場前から西所沢行きの電車だったのね」
扉が閉まると思いっきり来た方向へ動き出したので、慌てて
「1つ目の下山口で降りて戻ったのだ」
まあ、これもいい経験と言えるだろう。。。。
P1040273
(下山口へ戻って)
P1040275
(ひばりが丘?)

 シティホール駅で南北線に乗り換えて
「無事オーチャード駅で下車」
ここで先ほど購入した切符を再び自動販売機に戻して
「デポジットを戻してもらうのだ」
これは、ちょっとビックリ。
P1040279
(切符は全てIC)


 つまり全ての切符がICになっているので
「1回の乗車でもデポジットが発生するということ」
日本の自動改札だと切符がつまったりするトラブルがあるけれど、全ての切符がIC化するとANAのスキップ同様自動改札機のトラブルが圧倒的に減るし、切符再利用でも出来るし、非常にすばらしい制度だと思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040280
(券売機へ戻すとお金が戻る)


 今宵の宿は、地の利だけで選んだ
「グランドハイアット」
結果から言うと
「これは大正解!」
チェックインの際
・フロント氏「ツインのベッドルームでいいか?」
・うし    「いやあ、一人で寂しいから大きなベッドを独占      してゆっくり眠りたいよ」
・フロント氏「了解、ちょっと待ってて」
・うし    「以前はこういうときツインを選んでたんだけれど、最近はダブル派になったのよ」
・フロント氏「分かりました、ではアップグレードしましょう」
・うし    「話しが早いじゃないか!ハイアットにしてよかったよ」
・フロント氏「寛いでいってくれ!」
 なんて会話の後、ご案内されたお部屋は
「次の間まであって、非常にすばらしい御部屋でございました」
ここまでいい御部屋に泊まったのは、7年前に最初にマカオのマンダリンへ参戦した時
「なんとスイートへご案内されて衝撃を受けて以来」
ちなみに、そのときはあまりに御部屋が広くて寂しくなってしまった記憶があるのだけれど、今回はちょうどいい感じ。。。
P1040282
(見えてきました)
P1040283
(綺麗な町並みは相変わらず)
P1040284
(伊勢丹の目の前なのだ)


 とにかく
「30度もあって、暑くて厚くて死にそうなので、シャワーで汗を流す」
汗を流すといっても、当然のごとくシャワーブースが別なのでバスタブにもつかれるのよね。
P1040285
(超ラッキー)
P1040287
(マクラが4つも(笑))

 晩御飯は、疲れていて遠出が出来ず
「ホテルに隣接するショッピングセンターにてチキン入りチャーハン」
まあ、なんてことないお味だけれど、とりあえず安心できるお味だよね。
P1040291
(ニュー新橋ビルのイメージ?)
P1040290_2
(客引きに負けてこの店へ)


P1040289
(チキンチャーハン)

 食後に伊勢丹正面にあるジェラートショップで
「ピナゴラータとブラッドオレンジ」
をいただいたら
「とってもとってもおいしゅうございました!」
普段
「旅は街を歩くこと」
と認識している小生も、暑さに参ってしまい早々に御部屋へ。。。。。
P1040292
(いかにも美味しそうだったので)


 なんだか知らないけれど、
「たくさん来ているメールに返事」
だけど、こんな時に限って皆さんエクセルやパワーポイントの添付ファイルガンガン送りつけてくるんだよね、大体こういうホテルって
「ハイスピードインターネット(自称) 1泊1500円くらい」
っていうのは相場なんだけれど、
「全然ハイスピードじゃないんだよね、つくづく日本のネット環境のすばらしさを再認識する」
今日この頃だよね。
P1040293
(とってもおいしゅうございました)


 余談なんだけれど、シンガポールに詳しいと思われる先輩へ
「どこかいい店ないですかね?」
ってメールだしたのよ。
 これは、当然
「名物チキンライスや中華を指したつもりだったんだけれど・・・」
第三者からありがたいことに詳細なメールが転送されてきたのはいいんだけれど、
「・ママは居ないです。 女の子が来ます。 女の子が入ってきて  座っていいか聞いていきます。 チップは40シンガポールドル 連れ出しは150~200シンガポールドル」
「マネージャーは シンさん 韓国人。 韓国人の女の子は日本語が話せる」
「KTV(カラオケ屋)は ①「サンチョパンサ」 ②「アラベスク」 ③「ロイヤルホテルの何だか」だったと思います。
  いやらしさは①<②<③でした。」

P1040288
(夜でも30度)


 という、
「小生が全く望んでいないジャンルの店の詳細な情報が送られてきて衝撃を受ける」
当然、そんな
「いやらしさを数字で現せるような店は行かず」
ひたすらパソコンの前に向かってから力尽きて就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月18日(日)スカパーばっかし

 8時前に起床、1~2本前の便へ変更も考えたけれど
「やっぱりジャムボがいいなあ」
と思い、予定通り10時5分の便に乗り込む。

 乗り込んだはいいんだけれど、
「修学旅行の一団とご一緒になる」
前回、羽田で出くわした時もそうだったけれど、
「やっぱり今日も搭乗口の前で地べたに座らせてるんだよね」
で、その地べたに座った制服のまま座席に座るわけじゃないですか、
「ちょっとというか、全く理解できない」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 まあ、それはおいておいて
「離陸の時には、皆さん盛大に盛り上がっていらした」
女子生徒さんは皆さん
「キャーキャー」
大騒ぎしていて、CAさんは恐縮していたけれど
「修学旅行で初めての飛行機の方もいるんだろうから、テンション高くならない方がおかしい」
と思い非常に微笑ましく思う今日この頃なのであった。。。。

 10時5分の飛行機にのって12時前に会社へ到着できるのだから
「非常に便利」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 明日からに準備を徹底的に。お昼は、松屋にしようかと思ったけれど、あまりの寒さに遠出する気にならず
「吉野家へ参戦」
並盛に七味と紅しょうがをたっぷりと添えていただく。
P1040258
(まずは七味をまんべんに)


 吉野家と付き合い出して30年あまりになるわけだけれど
「なんで、吉野家の七味はいくらかけても全く辛くないのだろうか?」
お持ち帰りの時なんか、小袋の七味を10袋は持って帰るけれど
「どうせ、そんなに使わないんだろう!ふざけるなよ」
って顔を店員さんにされるけれど、実際使うんだからなあ。。。。。
P1040259
(紅しょうがもたっぷりと)


 浅田次郎著
「オー・マイ・ガアッ!」
読了、これはカッシーノと違って自身の本格的な遠征記ではないんだけれど、
「なぜか、ところどころ浅田氏自身も登場しちゃったりする」
著者の愛するラスベガスを舞台にした小説なんだけれど、
「ラスベガスへますます行きたくなった」
これは著者に対する最大の賛辞だと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 朝日ニュースターにて
「サンデープロジェクト」
渡辺 喜美君が登場してたんだけれど、最後に田原氏が司会の2人に
「どう、分かった?」
と尋ねたんだけれど、普段全くダメダメな小川彩佳アナが
「国民運動って言われても、じゃあ我々がどうやって運動に参加すればいいのか分からない」
という全く持っておっしゃるとおりの
「感想というか疑問を述べていたので、たまにはやるじゃん!」
と感心した今日この頃であると共に、
 
 竹中平蔵君と金子勝君の討論は
「批判ばっかりして、全く代替案を出さない金子君の完敗」
おそらく誰が判定しても、同様なジャッジになるのではないだろうか?と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 昨日、NHK相撲中継のエンディングでアナウンサーが
「明日の解説は、第54代横綱の輪島大士さんとデーモン小暮閣下です」
と言っていたのを聞いて、
「うお、NHKも思い切ったことするなあ!」
と衝撃を受けてしまった、今日見れなかったのはとっても残念だけれど、妙にうれしく思う今日この頃であった。。

 珍しく、今日は徹底的にテレビ
「グリーンチャンネルの競馬場の達人に、芝草宇宙が出ていてさらに衝撃を受ける」
しかも
「1日20万以上購入して、ほとんど当たらない」
今どれくらい収入があるか分からないけれど
「ちょっとやりすぎでは?」
と心配してしまうと共に
「この方、ホームグランドの川口オートではどんな買い方してるんだろう?」
と大きなお世話な心配をしながら早々に就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月17日(土)深夜にティラミスの方程式

 朝一
「貸切状態のサウナでたっぷりと汗を流す」
巣鴨のSAKURAもいいけれど、やっぱり小生としては
「この阪神サウナの日本一のサウナの座はゆるぎようがない」
と認定せざるを得ない今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040240
(おはようございます)


 もう少しユックリしていたいところだけれど、アポがあるので早々にチェックアウト。環状線に乗って、1件新年のご挨拶だけ早々に済ませ綱渡り的に伊丹へ。

 9・10搭乗口の間に
「カウンターの鮨屋が出来ていて衝撃を受ける」
確か、去年はイカ焼きみたいな店があったと思ったけれど、いつの間にか鮨屋に衣替えしているのだ。
 しかも、もっと驚くことに
「カウンターには盛大にお客さんが座っていて、皆さんおいしそうに寿司をつまんでいる」
個人的には、あの場所には
「きつねうどんの店」
が欲しいと常々思っているけれど、お鮨屋さんが皆さんに愛されつづけるのか気になって仕方がない今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040241
(一時話題となったQ400)


 もっとも今日の小生は、東京へ戻るのではなく
「プロペラ機で福岡へ向かう」
大阪ー福岡間は普通の方は新幹線なんだろうけれど、
「プロペラ機でいいから、1時間に1本飛んでくれれば絶対需要はあるのになあ」
とつくづく思う今日この頃ではあるのだった。。。。。

 プロペラ機は
「狭い・うるさい・遅い」
とネガティブな要素がも多いけれど、
「高度が低いのでとても景色がよく見える」
もっとも、小生はいつも通路側で読書して就寝なんだけれどね。。。。。

 久留米へ行ったり、黒崎へ行ってごあいさつを済ませてから定宿
「西鉄グランドホテルへチェックイン」
土曜日なんだけれど、シーズンオフということでかなりお安いお値段なのに衝撃を受けた。

 小生的にはもつ鍋の気分だったんだけれど、本日お誕生日の方のご意向で
「牛萬8929酒家」
さんへ参戦することになった。。。。
P1040245
(ロ-ス)


 このお店は隣接する高級焼肉店
「利花苑と同じ肉を使っているというふれこみ」
それをカジュアルに食べさせてくれるということで参戦となったのだった。。。。
P1040249
(ミノ)


 センマイ・ユッケなどはおいしゅうございました。
「上ロース・カルビもまずまず・・・」
まあでも、小生的には
「福岡で焼肉って一食損した気分になることは否めない」
今日この頃ではあるのだ。。。。。。
P1040252
(上カルビ)


 二次会ということで、
話題のガールズバー 新世界
さんへ参戦、西麻布の店と違って
「この店は非常に好感がもてた」
とにかく、
「元気がよくて、明るいし、明朗会計」
メニューがすべて500円均一、そしてなぜかよく分からないが
「角瓶を前面にだして営業しているのよね イシオシはもちろんハイボール」
その他のお飲みものもすべてサントリー製品、
「ひょっとしてサントリ-のアンテナショップかしらん?」
と思ったら、そうではないとのこと。
P1040254
(角瓶消費量日本一とのこと)


 でも、
「角瓶消費量日本一の店です」
とママさんは得意気に語っていた、ただなぞなのが
「コーラだけはペプシでなくコカコーラだったのがよく分からない」
というか、こだわりがあるんだろうなあ。。。。。

 いずれにしても、
「すごくコストパフォーマンスがいいので気に入ってしまったのだ」
是非とも
「西麻布の中年飲食業者にも見に行ってほしいなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 今日のシメは
「Shin―Shinさんでラーメン」
まあ、根本的にこちらのラーメンは苦手というのもあるけれど
「ちょっと相性が悪かったなあ」
と思い、残念な今日この頃なのであった。。。。。
P1040256
(シメのラーメン)


 ラーメンでシメのはずが
「思いのほか深夜まで仕事の相談」
まあ、東京にはなかなかいないけれど、遠い福岡には
「仕事の相談をできる人がいて幸せだなあ」
と思う今日この頃なのではあるけれど、これだけ食ったのに
「まだティラミス食べるのはやり過ぎでは?」
と思ってしまうのだけれど、
「ティラミス=セラン=りくおさん」
という方程式を思い出させていただいたのは感謝しなければならない。

 ホテルヘ戻ってからも
「徹底的に考え込んで」
疲れ果てて就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月16日(金)値踏み

 早朝のニュースで、
「ニューヨークで旅客機がハドソン川に墜落」
の情報に衝撃を受ける。

 普通に考えれば
「うわ、オバマ就任直前のこの時期にテロか!日本は大丈夫だろうけれど、またセキュリティが・・・・」
なんて思ったけれど、その後の情報で
「テロではない・乗員乗客は全員無事」
との続報が入り、再び衝撃を受ける。

 テロでもないのに
「飛行機のエンジンが2機とも終了・川に着水して全員無事」
だけど、エンジンが2つとも終了したのに
「全員無事って奇跡としか思えない。この機長凄い!!」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040230
(なぜか羽田にいたわたるくん?)


 まあ、ニューヨークには少々土地勘がある小生としては(笑)
「現場の状況が目に浮かんでくるよね」
ラガーディア空港は昨年の6月に利用したしね、余談だけれど、この空港のスタアラのラウンジは
「なんとセキュリティの外にあって存在する意味がない」
とひどく憤慨したのは記憶に新しいのだ。

 そんなこんなで
「14時の便で大阪へ」
アポを遅めの時間に固めたので、ホテルに荷物を置いて先に
「狸狸亭(ポンポコテイ)へ参戦」
今年も変わらず
「カレー焼きうどん・豚モダン焼き」
を美味しくいただく。
P1040231
(おなじみカレー焼きうどん)


 大将とも話したけれど、
「意外にも、この店は高い」
と認識されているらしく、結構大変のようだ。
P1040232
(七味をたっぷりとかけて)


 でも、小生がお気に入りの店だから言うわけではないけれど
「具材もたっぷりと使っているし、なにより美味しいし決して高くないよ」
と声を大にして言いたいと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040233
(よーく混ぜるのだ)


 だけど、
「やっぱり、こういう色々なメニュー食べたい店は一人で来るのはつらいよね」
とんぺい焼き・焼きそばなどなど
「食べたいアイテムがたくさんあるのに我慢するのはとってもつらい」
今日この頃なのであった。。。。。
P1040234
(豚モダン)


 梅田へ戻って、ご挨拶件商談を3件ほど
「いずれも大変な歓迎を受ける」
心から
「今年も1年よろしくお願いします」
とご挨拶して退場。
P1040235
(青のりをたっぷりと)


 いつもの通り
「阪神サウナで2時間ほどたっぷりと汗を流す」
ここでも皆さんから
「ああ、うしさん今年もよろしくお願いします」
「いやいや、こちらこそお願いします」
というご挨拶を交わして、晴れ晴れとした気持ちで退場。
P1040236
(かぶをぶしもたっぷり)


 お部屋を暗くして、
「ゼロコーラをチビチビやりながら見る大阪の夜景はすばらしい」
心から思う今日この頃ではあるのだけれど、
「大阪で見る、探偵!ナイトスクープもなぜか東京で見るより面白く感じる」
今日この頃なのであった。。。。
P1040239
(すばらしい夜景)


 だけど、小生もビジネスで相手と交渉することが多いけれど、
「徹底的に突っぱねるべきなのか?ここいらで妥協すべきなのか?」
と大いに悩む場面にぶつかることが多くなってきた。

 まあ、一般的には
「相手との力関係」
というのが重要なんだろうけれど、その判断する基準が凄く難しく感じる今日この頃でもあるのだ。。。。

 今日も、お電話である会社の方と話していて
「そちらから頼んできた案件でしょ、それを当初と違う条件にしておいて、社内の事情2日でが変わったから条件を変更する。これ以外妥協の余地はない」
なんていうのは
「あまりにも商道徳に反している」
と結構こちらも言ってしまった。

 まあ、
「だったら止めればいいじゃん」
というのが当たり前の意見なんだろうけれど、
「一応、こういう条件でやりますって社内で通してしまったことだしね」
というのもあるけれど
「こんな一方的な条件の変更に屈したくない」
という思いが強いのだ。

 全く違う案件だけれど、先日某所のある方から
「どうだ!これは御社にとっても願ったりかなったりだろう。一応条件はあるけれど、こんなことは俺のサジ加減ひとつでどうにでもなるってことをよく考えて回答をくれ」
なんて今時言われてしまったときは
「あまりの時代錯誤ぶりに怒るどころか、あきれ果ててしまったことは記憶に新しいのだ」
ただねえ、ちょっと次元は違うかもしれないけれど
「自分はお取引き先に対してどう接しているのだろうか?」
というのは考えなおさなければならない。

 よく
「どんな相手にも同じように接する・上から目線で見ない・肩書きに左右されない」
という人がいることは認めるけれど、
「小生のように器が小さい人間は、会った瞬間に相手を値踏みして自分より上か下か?」
ということを判断してこちらの態度を決めていることは否定できない。

 これは
「仕事での付き合いに限らないことなんだけれどね」
まあ自分でも
「これだから嫌われる」
という風に理解はしているんだけれど、典型的にだめな人間の証拠だよね。

 だけど、そうでない人は
「自分の中で相手を値踏みするけれど、かしこいからそれを表に出さないだけなのか?それとも値踏みとかしないのか?それとも???」
大いに気になる今日この頃なのであった。。。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月15日(木)デニム

 今日は1月15日、一昔前だと
「成人の日である」
当然祝日で、
「JRAの開催日でもあった」
なぜか成人の日は、ダイヤモンドステークスっていうイメージがいまだにあるのだ。
 ところで基本的にハッピーマンデーは賛成だけれど、今年の場合は成人の日が1月12日が休みだった。
 この正月明け
「いきなりの三連休というのは普通の人は動かないしあまりにも意味がないと思う」
今日この頃でもあるけどね。

 正月に帰省して、再び戻るのも大変だし
「だったら、2月の建国記念の日と3月の春分の日はハッピーマンデーにならないので、2月か3月へ移動してもいいのではないかしらん?または思い切って1月4日とかね」
なんて思う今日この頃でもあるのだ。

 1月15日が成人の日というのは
「かつてこの日が小正月だった=その日に元服の儀が行われていた」
ということに起因するらしいけれど、前記した祝日と違って簡単にハッピーマンデーにできるような祝日だったら、もっと有効な日程へ移動してもいいと思う今日この頃ではあるのだった。。。。 

 余談だけれど、学校関連の記念日で中学から大学まで
「1月10日と4月23日はお休みだった」
4月23日はともかく、1月10日というのは、先ほどと同様の理由であまりうれしくなかったと記憶している。
 
 この1月10日は
「お正月明けすぐで、あんまりありがたくはないなあ、どうせならもっと他の日だったら。。。」
と思ったものだ。
 これまた余談だけれど、
「大学病院もこの日はお休みになる」
まあ、一般の患者さんは事前に分からないで来院して衝撃を受けた人が続出してしまうのではないかと、いつも人事なら心配したものだ。

 中大で大変な事件が起きたようだけれど、小生が学生のときには自殺した女子学生さんがいた。
 詳細は知らないけれど、
「S助教授へのおもいから・・・・」
とか言われていたけれど、今改めてネットで検索すると盛大に載っていたので衝撃を受ける。

 小生も般教で民法をとっていて、当然一回も授業へは参戦したことがなかったんだけれど
「どうも今日は出席をとるらしい・試験の内容を発表するらしい」
との情報を入手して参戦したら
「教室は立錐の余地もないほど人であふれていて衝撃を受けた」
まあ、冷静に考えると
「全員出席することができない教室を設定するというのはいかがなものかしらん?」
という気がしないでもない今日この頃ではあるのだ。。。。。

 でねえ、S君が人をかき分けて教室へ入場してきて開口一番
「な、なんですかこれは!!!!!もう帰ってください!!!!今日は出席はとらないし、試験のことは掲示板へ張り出します」
と宣言し、小生も含めて続々と退場。

 最後に教室に残った学生は、かつての川崎球場のように数えられるほどだったらしい。だけど、S君を生で見たのは最初で最後だったけれど
「ええっ???モテモテって聞いてたんだけどなあ。」
って感じだったことだけは覚えているけどなあ。。。。。 

 ついでだけれど、大学の授業で不愉快なのが
「前方の席をゼミ生で固めて、勝手に盛り上がるタイプのヤツ」
あのテのやつには一度出て不愉快だったので、二度と出なかったら見事に単位が来なかった。

 小生の下の名前と教授の下の名前がが字は違うけれど、読み方が一緒だったし、交通経済という
「一見楽しそうな内容」
と思ったら、ただの経済学の延長で全く理解できなかったしなあ。。。
 その方は
「航空問題ならこの人!」
という感じで結構テレビに出てコメントしているけれど、まさにそういうことを授業でやってくれると期待したら、全くの期待外れだったなあ。。。。

 帰りに
「東京染井温泉 SAKURA」
へ立ち寄って、たっぷりと汗を流す。決して自宅から近いわけではないけれど、すっかり定着した感がある。
「とにかく清潔・混雑していない・車が置ける」
というのがすごく魅力的である。

 帰宅後、CSにて
「俺たちの朝」
主人公の3人が鹿児島のリゾートホテルへバイトに行くという設定の回なんだけれど、
「舞台は予想通り城山観光ホテル」
30年前の映像だけれど、館内や天文館の町並みも基本的には面影が残っていて、非常にうれしく思った。

 CSで昔の作品を見る楽しみというのは、
「町並みやファッションの変化を感じる」
なんていうのもあって、ベルボトムやオッスが愛用している
「ジーンズの上下」
なんていうのもうれしく思う。

 まあ、余談だけれど、
「ジーンズとデニムというのはイコールなのだろうか?」
なんかデニムって言われてもピンと来ない今日この頃ではあるのだ。

 パンツというのも、あくまでも小生にとっては下着であり、
「下着の上にはくものは、ズボン・スラックスである」
いつから、
「パンツをパンツと日本人は呼べなくなってしまったのだろうか?」
ちなみに女性用の下着は
「ショーツなのか?パンティーなのか?」
そして
「ショーツとはショートパンツの略なんだろうか?」
だとすると、男女問わずに使用する単語のような気もするしなあ。。。。

 考えても何も分からないし、あまりにもどうでもいいので
「GGAORAにて吉本新喜劇」
を見てから速やかに就寝。。。。。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月14日(水)平成生まれ

 今日は朝から3本会議が続く、その間にも複数来客があったりして、かなりバタバタな一日であった。
 で、一日の締めは
「社内の成人祝賀会」
女の子ばかり8人なんだけれど、新成人の方がいらっしゃるので
「皆でご飯を食べてお祝いしましょう!」
という趣旨の会。

 改めて皆さんの経歴を見ると
「なんと平成元年生まれがいらっしゃるのね」
平成元年といえば、小生わけありの学生さんの頃、しかもまさにハタチ。。。。。
当時の小生と比べる
「社会に出ているだけあって、皆さん大人だよね」
今でも情けないけれど、当時の小生は人生で最もくすぶっていた頃だしなあ。。。。

 まあ、このご時世に18歳から働くというのは、色々あるんだと思う。中には4年生の夜間高校出身の方もいて、日々一生懸命働いてくれている。
 つくづく
「背負っているモノが小生とは違う」
と思うと共に
「こんなに一生懸命、明るく頑張ってくれている人達に対する小生の責任もとんでもなく重いなあ、より一層頑張らないといけないなあ」
と固く心に誓う今日この頃なのであった。。。。

 でもねえ皆さんのご両親の年齢とか聞くと
「41歳」
とか言われてしまうんだよね、
「ちょっと待ってよナンコウさん(池中玄太風に)」
としかいいようがない今日この頃ではあるのだった。。。。。

 一方20年前の1月の小生というと、どうしても思い出すのが
「大喪の礼の前日、買ったばかりの車で熱海へ向かった日」
夜出発だったんけれど
「午前0時を過ぎると都内は封鎖されて出れなくなる」
とか冗談を言っていたら、なんと納入されたばかり新車が初期不良で帰りはレンタカーを借りて戻ってきたのだ。
まあ
「今となってはいい思い出」
ではあるけれど、
「冷静に考えると、新車で故障っていうのもひどい話だった」
と改めて思う今日この頃ではあるのだった。。。。

 ところで、改めて大喪の礼の日程を調べたら
「なんと2月24日だった」
まあ、たしかに1月に亡くなってその月中にできるわけないしねえ。
 
 そういえば、その日は
「拙宅に隣接するセブンイレブンノシャッターも開店以来初めて下された日」
として覚えている、あの自粛ムードはちょっと強烈だったよね。

 余談だけれど、今月号の文藝春秋も
「皇室関連が多かったなあ」
あとは、
「ガンの話ばっかり」
今回もそうだけれど、最近はよく亡くなった方の独占闘病記なんか掲載されちゃうけれど、
「読むのがつらいし、個人的にはそういうのを掲載するのはいかがなものかな?」
と思う今日この頃ではあるよね。

 前にも書いたけれど、
「鳥越俊太郎さんのガンの手術風景の保険CMもちょっとなあ」
でも、一昔前なら
「どうせガンなんかにはまだならないだろうなあ」
とあまり関心がなかったけれど、こんなに敏感になったのは
「やっぱり、今日会食した子たちの倍生きてきた証なんだろうなあ」
と思いつつ早々に就寝。。。。。。。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月13日(火)緊張で手が震える

 午前中は会議、終了後銀座線に乗って
「溜池山王駅へ向かう」
かなりの乗降客数のようだ、この溜池山王駅は小生が子供の頃は存在しておらず、比較的新しい駅なのだ。
 この駅ができる前は
「コマツさんとかANAホテルさんなんていうのはかなり交通の便が悪かった」
と思うけれど、この駅の開業で一気に利便性が高まった地域だと思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 最近出来た駅というのは、このように単純に地名を足した名前が多い
「清澄白川・白金高輪」
なんていうのも、イチイチ納得できない部分があるけれど、仕方がないのだろう。

 そういう意味で、最も意味不明なのが、決して新しくはないんだけれど御堂筋線の
「西中島南方」
これは、
「中島という地域の西南に位置するという意味なのだろうか?」
さっぱりわからないけれど、
「とにかく大阪の地下鉄というと、にしなかじまみなみがた」
を速やかに思いだしてしまう印象深い駅なのである。。。。

 で、小生が向かった先は元テレ朝の本拠地でおなじみの
「アークヒルズ」
この建物内のある機関で
「なんと講演のお仕事なのである」
あんまり細かくは書けないけれど、すごいゴージャスな役員会議室みたいなところで30人もの偉い方を相手にパワーポイントを使っての講演となったのだった。。。。

 講演する人は小生を含めて2人、
「先攻だったら嫌だなあ」
と思ったら後攻でよかった、しかも明らかに役割分担があって
「小生はお笑い」
ここで講演する人としてはかなり異色のキャラなんだろ思う、まあ選者の意図を徹底的に理解して
「徹底的に色モノに徹する」
今日この頃であったのだった。。。。。

 持ち時間50分をきっちりとこなして
「なんとか、うまく終えたのでは?」
と思う今日この頃なのだけれど、やっぱりかなり緊張していたようで
「レーザーポインターを持つ手が震えてしまって使えなかったのだ」
ということで、急きょマウスを使って指差しをして事なきを得たけれど、
「昔ロッキード事件の証人喚問で、緊張のあまりサイン出来なかったシーンを思い出す」
今日この頃なのであった。。。。。

 終わったあと、ご担当者が
「いやあ、素晴らしい講演でした!」
と歯の浮くようなセリフを言ってきたのには衝撃を受けたけれど、
「まあなんとかったかしらん」
とひと安心した今日この頃ではあるのだった。。。。。

 ところで、この景気の悪い暗い世の中少しでも明るく生きようと思い購入したのが
「魂の応援 六大学の応援CD」
なんと、一説によると
「昨年、最も売れたCDはこれ」
という衝撃的な事実があるらしい。

 昨日到着したんだけれど、
「車の中とか、寝る前とかずうっと聞いちゃうよね。やっぱり血が騒ぐんだろう」
まあ、各校の応援が聞けてノリノリになるんだけれど、なんといっても
「大進撃→スパークリングマーチ→コンバットマーチと続くW大の応援が好みだ」
昔から他校なのに
「早大校歌・紺碧の空・早稲田の栄光も思わず口ずさんでたからね」
ただ、個人的には
「タイムリーマーチ→ダイナマイトマーチ」
の流れも好きだったので、続編を出すときはこのパターンも入れて欲しいと思う今日この頃ではあるのだ。。。

 ちなみにK大は
「シリウス→アニマル→アラビアンコネクションと続くんだけれど、どうもこの流れは馴染めない」
まあ、時代が違うといえばそれまでなんだけれどねえ。。。。
 あと不満といえば
「ピッコロをもう少しうまい人に演奏してもらいたかったなあ(笑)」
と思う今日この頃ではあるのだった。。。。。

 いずれにしても、結構前から準備していたお仕事が無事?に終わってよかった、何回やっても
「人前でしゃべるのは緊張する」
ミスター円=榊原英資氏のように
「余裕たっぷりとニヤニヤしながらしゃべれるようになるといいなあ」
と思いながら、早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月12日(月)アッケラカーのカー

 定時に起床、定時に出社
「こういうとき、時差1時間のありがたさを痛感する」
今日この頃なのであった。。。。

 実際、この時差1時間というのは
「現地滞在中は1時間早起きになるわけで、1日が非常に長く有効に使えるのだ」
しかも、行きは時間がかかるけれど、
「帰りが抜群に早く帰れるのがとっても体にもうれしく思う」
今日この頃でもあるのだった。。。。。

 ただ、
「日本橋周辺は日中、雪なんか降りだしちゃってメチャ寒いよね」
マカオも十分寒かったけれど、当たり前だけれど比較にならないほど寒い。
 昨日、帰国する機内で
「東京は曇り、気温は2度」
というアナウンスがあった時は、小生だけ
「お~」
と声を上げてしまって恥ずかしい思いをしたけれど、個人的には
「60歳になっても、「おー」と感嘆の声を上げるんだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだった。。。。

 さほどたまっていないデスクを片付け、明日の大切なイヴェントへ向けての最終準備。
「いかんせんパワーポイントを使うのは恥ずかしながら初めてなので、イマイチ勝手が分からない時代遅れな小生なのであった。。。。」
 一応スライドショーみたいなのやりながら、しゃべっていくとかなり持ち時間よりも短く終わってしまったけれど、まあなんとかなるだとう、ということでリハーサルも終了。。。。。

 ここのところ、外食が続いていたので、たまにはおうちでご飯を食べようと早めに帰宅
「卵焼き・ポテトサラダ・つけもの・味噌汁・ほうれんそうのおひたし」
というオーソドックスなメニューとなったのだった。

 まあ、色々あるけれど
「結局、こういうおかずが一番だ」
というところに行きつくのは小生が歳をとったせいだけではないだろう。
 他にも、子供のころは
「大根の煮付け、かぼちゃ、ごま豆腐」
なんてところは好んで食べなかったけれど、年を重ねていくと好きになるのはDNAのせいなのだろうか?
 ただ、
「デパ地下のまつおか、なんかへ参戦する気はおきない」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 疑問なのは、
「じゃあ、アメリカ人とかも歳をとると食の好みとか変化するのだろうか?」
ハンバーガーやホトッドッグ中心(すごい偏見)から、フイレオフィッシュやツナサンドとかへ移行したりするのかしらん?

 就寝間際に確認すると
「またまた、りくおさんの日記が更新されている」
大いに気になる記述があったんだけれど、
「寢過ごすにもほどがあるので相變はらず氣をつけなくてはならない。急いで歸らうとしてゐるときが一番危ない」
との内容なんだけれど、文の前後を読んでも
「ただ単に、電車で寝過したとは考えれないけど、どこか自宅以外の他の場所で寝ていたのかしらん?」
なんて思ったりする今日この頃であると共に
「1人シェーキーズの勇氣がないので(笑)。」
とも書いてあるけれど
「りくおさんの方が小生の500倍は勇気があるのでは?」
と改めて思いつつ早々に就寝。。。。。。。。

 最近海外が多いので
「思い切って電子辞書を購入」
したんだけれど、あまりにも重いし大きいし、付属品がいっぱいついているので箱を開封はしたものの、そこから作業をする気にはならず、
「結局のところ小生も、アッケラカーのカーなのでは?」
と思う今日この頃なのであった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月11日(日)飲む・打つ・買う

 いきなりなんだけれど、
 「飲む・打つ・買うは男の甲斐性」
という言葉がある、ただ小生の敬愛する山口瞳さんは
「1つもやらない男は全くもってお話にならないけれど、3つやる男は破滅する」
ともおっしゃっている。

 まったくもって
「おっしゃるとおり、さすがとしかいいようがない」
と思う今日この頃ではあるのだ。
P1040198
(おはようございます)


 ちなみに、小生は
「酒はほとんど飲まない、というより飲めないに近い」
大昔から少し飲んだだけで、熱くなったり頭が痛くなったりするのだ。
 とはいえ、中学1年生の時に
「部活動の打ち上げでの飲酒がバレて親が呼び出された」
というれっきとした犯罪歴があることはあまり知られていない。

 ある武道系の部に所属していたんだけれど、月に1回大学生から小学生というか80過ぎの大先輩まで一緒になって稽古する日があるのだ。
 で、半年に1回
「すき焼き会」
というのがあって、盛大にすき焼きをいただくんだけれど、その席で大学生からお酒を飲まされたのだ。
 これが小生にとっても
「初飲酒であり、その後学校にばれて初恋(来い)となったのだった」
だからというわけではないけれど、以後ほとんどお酒は飲まない人生を送っている。

 先日お邪魔した上海での公式行事では
「日中友好のために(個人的にはさほど友好したいとは。。。)死にそうになってイッキしたけど」
そもそも、
「つがれたお酒は飲まなければいけないなんて習慣は論外だ」
とつくづく思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 次の
「買う」
なんだけれど、今まで意図的に書かないようにしていたけれど
「やっぱり独身40歳なので、今まで全くなかったと言ったら嘘になる」
ただ、加齢のせいもあるだろうけれど、ここ数年はとんと御無沙汰であるのだ。

 ただねえ、
「関心はなくはない、というか大いにあるのだ」
実は、このマカオというの街は、
「そこいら中にそういう施設がある」
昨日も書いた
「18(エイティーン)サウナ」
なんていうのはその中でも老舗中の老舗として君臨し続けているとのことだ。

 今更書くけれど、昨年だか1度参戦したことがあるのだ、たしか4000円だかの入場料を払って中へ入ると
「巨大なプールのような浴槽が複数とサウナがある」
洗い場では、短パンとTシャツをまとったお姉さんが垢すりみたいなのをやっていたと思う。
P1040201_2
(香港の代理店で皆さんクーポンを購入するらしい)


 正直
「あまりのスケールに圧倒された」
小生は普通に自分で体を洗って、入浴後サウナで汗を流したんだけれど、なんか異常に落ち着かなかったと記憶している。

 で、入浴後バスタオルで体を拭こうとしたら、お姉さんが寄ってきて
「勝手に体を拭いてくれるのだ(要チップ)」
当然のごとく体中ね(笑)。。。。。

 そのあとは、ガウンをまとって休憩室へ、
「いわゆる日本にあるサウナと同じスタイルのソファーが盛大に並んでいるのだ」
皆さん、寝っ転がってマッサージや爪切りなんかのオプションを楽しんでいらっしゃるようだ。

 ちなみに休憩室内は
「フリーフード・ドリンク」
小生も恐る恐る焼きそばとシウマイをつまんだけれど、なかなかおいしかったと記憶している。

 ソファーでくつろいでいると、とにかく猛烈なオプションの売り込みがあるのだ。
 気のいい小生はオシに負けてしまいフットマッサージをお願いした。
 たしか30分コースだったんだけれど、20分くらいしたところで
「ショータイムだから行け!」
と言われて何のことか分からず人の流れについてお風呂場へ戻ると。

 そこでは今まで見たこともないような
「言葉では表現できないような光景を目の当たりにしたのだ」
大音量のアップテンポな曲にのって
「ビギニ姿の女性が、それこそ50人以上は並んで競馬のパドックのごとく周回していたのだ」
噂には聞いていたけれど、あまりにも衝撃的な光景なので小心者の小生の緊張は頂点に達した。

 コンテストのように胸には番号札がついていて、係りのお兄さんに番号を告げると
「黒服のお兄さんがPDAに番号を打ち込むのだ」
なかなかシステム化されていると感心したのを覚えている。

 でねえ、どうも女性は結構世界各地から参戦しているようで
「胸の番号札に 台・越・蒙など出身国が書かれている」
フィーも出身国によって結構違うようだ。

 小生はその30分に1度行われるショーを遠巻きに見るだけで退場したんだけれど
「世の中にはすげーところがあるんだなあ、話のネタになる」
と思ったし、さらに本音では
「ロッカーから財布盗まれなくてよかった」
と徹底的な小心者ぶりを発揮したのだった。。。。

 他にも
「ホテルリスボアの地下には、回遊魚と呼ばれる女性が数多く歩いていらっしゃる」
まあ名物といえば名物なんだけれど、この一団についてはとりあえず無料なので毎回見学することにしているのを書くのは初めてであるのだ(笑)

 ようやく最後の
「打つ」
なんだけれど、今まで数多く打ってきたけれど、
「カジノへ行くのが怖い」
と思ったのは久し振りである。
P1040193
(ウインへの道のりが怖い)


 小生が初めてカジノへ参戦したのは、今から20年ほど前
「マカノカジノの老舗中の老舗 前述したリスボアである」
あのセキュリティーを通過して入場した瞬間の衝撃は今でも忘れない。
「こんなところがあったのか!生きて帰れるのか?マジで怖い」
と心の底から衝撃におののいたものだ。
「場内は薄暗く、タバコの煙がで奥が見えないほど、そこにギッシリと人が詰まっていて、罵声が飛び交う」
よくテレビで見るラスベガスの華やかさとは全く別物であったのだった。。。
P1040195
(見えてきました)


 まあ、あれはあれでよかったと思う面もあるけれど、
「やっぱり今の明るいマカオの方が数倍魅力的である」
と思う今日この頃ではあるのだ。

 ということで、マカオへ足しげく通いだしたんだけれど、
「こんなに怖いと思ったことは初めて」
まあ、普通に考えれば
「遊びに行くのが怖いならば、行かなきゃいいじゃん!バッカじゃなかろかルンバ」
ということなんだろうけれど、
「そもそもバクチやるなんてバッカにきまっているし、このままおめおめと負けたまま引き下がれるか!そして、なにより飲まないし、買わない小生が打たなくなったらもっとダメ人間になる」
という思いのが方が強い今日この頃でもあるのだ。

 決戦の地への道すがら自ら奮い立たせるために
「ロッキーのCDの中からトレーニングモンタージュ」
を聞きながら向かったり結構いろいろ作戦考えたりしてね。(笑)

 一進一退が続いたところで、
「意を決してレートを上げる」
ここからが真剣勝負なんだけれど、
「今日は見事に勘がさ冴えていたし、なによりツイテいた」
途中パスした回の選択もズバリだったし、
「ここだ!」
と思って、今までの4倍にベットを上げたところで
「ダブルエースをスプリットして完勝!」
これで昨日の負けを取り戻し、なおかつ小勝利を得たところで退場とあいなりました!
P1040196
(シウマイ)


 いかなせん、まだ朝9時前で大いに時間は残っているんだけれど、
「また次回もあるし勝ち逃げ!」
ということで、
「気分すっきりと、お粥と飲茶で勝利の朝食」
心からほっとした今日この頃でもあるのだった。。。。。 
P1040197
(アツアツのお粥)


 今日は諸般の事情により香港空港直行便でなく、上環便。ここで、立ち寄りを済ませてから空港へ。
 ここでも非常にうれしい出来事が
「今日は満席なので、Cヘアップグレードさせていただきます!」
という天使のささやきが聞こえてきたのだ!
P1040200
(4度目の船内食)
P1040203
(いつも素晴らしい空港だと思う)


 今日はタイ航空でなく
「エアフラのラウンジを初体験」
予想通り空間もフードもタイ航空の方が数段上だった、ただせっかく案内いただいたので
「バナナチーズケーキ」
みたいなのは、さすがにおいしゅうございました。。。。。
P1040204
(エアフラのラウンジ)
P1040205
(決してまずくはないけれど、品数が少ない)
P1040207
(絶品のバナナチーズケーキ)


 相変わらずいただけないのが
「A社の機内食」
エコノミーでもビジネスでも変わらずまずいんだから、どうにもならないよね。
P1040208
(予定の747から777へダウン)
P1040210
(非常に快適な空間だ)


 
 まあ、無料でUGしていただいたんだから文句は全くないんだけれど、
「作っている方もおいしいと思ってのかしらん?」
といつもながら思ってしまう今日この頃なのであった。。。。
P1040211
(なんとかならんのかしらん?)


 定刻より15分も早めに到着、衝撃的だったのが入国審査のお姉さん
「スタンプ押す場所いっぱいなので次のページもいいでしょうか?」
ときたもんだ、
「素晴らしいとしかいいようがないけれど、そんなことまで気にしなくても・・・・」
と思う今日この頃ではあるのだった。。。。。

 8時に着陸して9時25分には帰宅しているんだから、
「便利な時代になった」
とつくづく思う今日この頃でもあるのだった。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日(土)勝てる気がしない!

 現地時間7時起床、今回はご厚意で
「メムバーラウンジでの朝食をサービス」
していただいたので、喜んで活用させていただくことにする。
P1040147
(早朝のラウンジを独占)


 ただ無人のラウンジというのは、非常に居心地が悪い。
お姉さんがあれやこれやと世話焼いてくれるんだけれど、ちょっとゆっくりする気分にならないので早々に退場。
 正直なところ、
「お粥は美味しくなかったけれど、デニッシュはさすが」
だけどねえプールを見ると
「なんと泳いでいる方がいらっしゃるのよ!」
この寒さの中早朝7時からいくら温水とはいえ屋外で泳ぐ方がいるとは、とんでもなく驚いてしまう今日この頃なのであった。。。。。
P1040148
(日経の到着は9時過ぎになります)


 ただねえ、小生だって7時に起床して
「8時前にはカジノに参戦しているんだから、非常に健康的」
と心から思う今日この頃ではある。
 昨日書いたとおり
「負ける気が全くしない」
ということで、今日も朝から参戦して
「当たり前のように小勝利を収め」
勝ちを増やしたところで退場。
P1040149
(香港へ通勤)
P1040150
(土曜朝の香港行き豪華位は当然のごとくガラガラ)
P1040151
(一応。。。。)


 ターボジェットにのって、一旦香港へ戻り銅鑼灣。
 アポまで時間があるので
「せっかくなので翠園にて軽く飲茶」
土曜日のお昼ということで、店内は家族連れで大混雑。
 10分ほど待ってようやくお席へ着いた、
「さすがにお昼は朝よりもメニューが豊富」
焼いた鶏肉に甘辛いソースをかけたのと、デザートのグレープフルーツ汁粉みたいなのがとってもおいしゅうございました。
P1040129
(香港へ帰って来ました)
P1040152
(プリプリのエビシウマイ)
P1040153
(鳥のチャーシューみたいなやつ)
P1040154
(チャーシューマン)
P1040156
(これはかなりおいしゅうございました)
P1040158
(店内は大混雑)

 一昨日に続いて
「時代廣場(タイムズスクエアへ参戦」
今日はより込み入ったお話しができて、大変勉強になりました。
 安っぽい言葉だけれど
「外から日本を見る」
をということの大切さをつくづく感じる今日この頃でもあるのだった。。。。。
 なんというか、今日お会いしたのは女性ではないけれど
「久しぶりに運命的な出会いかもしれない」
と出合った瞬間に感じてしまったのはこちら側だけだろうか?
P1040161
(一昨日に続き時代廣場)


 中環にある
「オリバーズ」
という日本では言うとナショナル麻布みたいな白人比率が異常に高いスーパーを見学。
 シティスーパーが明るい感じの店内なのに対して
「こちらは歴史と高級感を感じさせる店内」
あまりにも対極的な2店を見比べる機会をもてたのは大いに役に立だつと思う今日この頃ではあるのだった。。。。
P1040163
(オリバーズさんも興味深い店だ)


 信徳中心にて
「成功旅行社を冷やかしてから速やかにマカオへ帰る(爆)」
なんというか、
「完全にマカオがハブになってきた感がある」
今日この頃なのである。。。。。
P1040167
(なんか偉い人が来たらしい)
P1040169
(ホテル傍の日本食材の店)

 お部屋に荷物を置いて
「速やかにウィン参戦」
土曜日の夕方というのに、
「明らかに一時の勢いは感じられないよね」
なんて思いながら、
「負ける気のしないBJへ参戦」
一進一退を繰り返し、ちょっと疲れてきたので街を散策、まだまだ建築中の巨大な建物がたくさんあるけれど
「本当に完成するのだろうか?」
多分半分は完成せずに
「見苦しい状況になるんだろうなあ」
と確信する今日この頃でもあるのだった。。。。。。
P1040171
(ウィンの増築部)
P1040174
(凱旋門???)
P1040175
(いつまでもこの輝きを!)


 夜のセナド広場を見学し、移転し綺麗になった
「新八百伴へ参戦」
確かに建物は新しくなったけれど、中身はあんまり変化がないよう。
P1040181
(夜のセナド広場)
P1040184
(移転して新築したのだ)

 そしてそして、
「とにかく懐も暖かいので、グランドリスボア内の中華レストラン8で、フカヒレ麺でも盛大に喰ってやろうかしらん!」
と思い、参戦したら
「なんとブックフル」
とのこと、まあ土曜日の夜だから当たり前と言えば当たり前かもしれないけれど
「さすがはミシュラン1つ星店」
ということなんだろい思う今日この頃である。
P1040185
(ブックフルでした)
P1040179
(スタンレーホー?)

 ちなみに
「グランドリスボアのホテル部門が先日開業した」
とのことであるが、まあご縁があるとは思えないけれど、
「一体どんな内装なのか?そして稼働率は?」
すこしだけ気になる今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1040180
(年内の取り壊しが決まっているリスボア)


 フカヒレの代わりといっては、失礼だけれど
「じゃあ、いっちょ盛大に北京ダックでも喰ったかい。こっちはとにかく博打に勝ってるんだからなあ!」
ということで、ウィンへ戻り盛大に晩御飯をいただく。
P1040188
(蒸し鳥)


 散々悩んだ挙句
「北京ダック・チャーハン・茹で鳥」
とそれこそ盛大に注文、ただねえ盛大といっても
「ペキンダックは4つで1000円という安さ」
だけど、やっぱりおいしいよね。
P1040191
(ペキンダックを4本も!)

 
 日本では馬鹿馬鹿しくて絶対に注文しないけどね、
「まあ、これもマカオの魅力のひとつだよねえ」
なんて思いながら
「絶対に負けないはずのBJの場へ戻る」
。。。。。。。。
P1040192
(調子に乗りすぎたのか?)


 そう、ここまではよかったのよ
「ところが、世の中そんなに甘くないということが分かるまで、さほど時間を要しなかった」
なんだか自分でもわけが分からないうちに
「みるみるうちにチップが目の前からなくなっていったのだ」
なんというか
「打つ手打つ手が全て裏目に出るのだ」
今まで結構長い事バクチ打ってきたけれど
「ここまで悪い流れが続いたのは初めてかもしれない」
さっきまでの流れが嘘のように変わったのだ。

 冷静なときだったら絶対にしないような
「チップがなくなったら、次から次へど1000HKD紙幣を鷲づかみにして放り投げたり・・・・」
で最後はめがねの女性ディーラーもかわいそうに思ってくれて色々言ってくれたんだけれど・・・・・・
・ディーラー「ちょっと落ち着きなさい、こういう時は一回休んだら?」
・うし    「大きなお世話だ、とっととカード配れ」
・ディーラー「せめてテーブルを代わるとかして流れを変えないと」
・うし    「大きなお世話だ、とっととカード配れ」
・ディーラー「もう結構負けてるでしょ、ポケットからお札だすのはもう・・・」
・うし    「大きなお世話だ、とっととチップをよこせ」
(ディーラーの英語は想像、小生のセリフは流暢な日本語です)
 
 で結局気づいたら
「今までの儲けを全て吐き出した上、さらに中敗の域に・・・・・・」
もう手持ちの1000HKDがなくなったので、すごすごと退場することになったのだった。。。。。
 正直なところ
「こんな体験は初めてだと思う」
バクチって
「結局相手は自分だし、自分の決めたルールを遵守する」
ということが
「浮き沈みの激しいカジノで永く遊ぶ必須の条件」
と分かっていたつもりだったんだけれど。。。。。。。。。。。

 それが
「どうやっても勝つ気がしない」
という中でもお札をチップに替え続けるんだから、魔がさしたとした思えない今日この頃なのであった。。。。。
 
 ただ、小生の敬愛する浅田次郎先生も
「意識が朦朧とする中、惰性で賭け続け、負け続けることがある意味ギャンブルの醍醐味」
と書かれているけれど、
「なんとなく、その境地に達してしまった感が否めない」
なんというか、最後の方は
「早く負けてチップ全部なくなっちまえ!」
なんて異常な心理状態になってたからね。

 いわゆる
「我を失う」
というのはこういうことを言うのだろう、だけど
「まだ夜も10時前だというのに、退場せざるを得ない」
といのは全くもって情けない限りだ。

 ホテルに戻って、熱いシャワーを浴びてようやく我に返る。
我に返った今なら取り返せる!さあクレジットカード持ってカジノへ戻ろう!」
と一瞬思ったけれど、さすがにそれをやって失敗すると
「取り返しのつかない事態になってしまう」
と寸でのところ思いとどまり、12時前に早々に就寝。。。。。。。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月9日(金)負ける気がしない!

 香港の朝は、言うまでもなく
「飲茶と衛星版日経から始まる」
現地時間9時を過ぎているというのに、いつも通り店内は賑わっていて活気を感じる今日この頃なのであった。
P1040101
(香港の朝)


 熱々の中国茶をすすりながら、
「各種シウマイ・豚肉ピータン粥他」
を盛大にいただくと
「香港へ戻ってきた」
ことを実感する瞬間ではあるのだった。。。。
P1040105
(エビシウマイ)
P1040106
(豚ピータン粥)
P1040108
(実際に見て選ぶのが飲茶の醍醐味)


 ワゴンのおばさんたちは英語も通じないので、ほとんど指差しだけでコミュニケーションをとるんだけれど、なんとなく盛り上がってしまい。
 何台もワゴンが集まってきて
「勝手にオススメ品をテーブルに並べられてしまいビックリ」
ヘタしたら
「もう顔覚えられているのかしらん?」
なんて思ってエッグタルトを食べたら、これだけは次回ノーサンキュウ。。。
P1040109
(続々とワゴンが集結)


 日経の1面トップは
「トヨタ社長交代・大政奉還」
と書いてあるけれど、これ元旦の朝日が抜いた内容だ。
 日経としては
「そんなこと誰だってわかっていたけれど、記事にするタイミングってものがあるろう。だから朝日はだめなんだ」
なんて言いたいんだろうなあ、と思う今日この頃でもあるのだった。。。。
P1040110
(野菜餃子)
P1040111
(エッグタルトはここでなくてもいいよね)

 お部屋のもどって、メールそのほか雑務をこなしてから地下鉄に乗って、中環。
 今日はまた別のお客さんと
「3つ星中華の四季酒店(フォーシーズンズホテル)にてランチミーティング」
楽しみにしていた、龍景軒がブックフルなのは残念だったけれど、1階のラウンジにておいしい中華をいただく。
P1040113
(中環へ)
P1040114
(話題のシティスーパー)

 結論から言うと、健康的な美女であるY嬢とご一緒できたからかもしれないけれど
「さすが3つ星、とってもおいしゅうございました」
どれも美味しいけれど
「特に酢豚は、今まで食べたなかで最も美味しかった」
ちょっと感激した今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040115
(すばらしい景色を眺めながら楽しい昼食)
P1040119
(エビの炒め物)
P1040120
(チキンライスの素)
P1040121
(ひき肉とインゲンの炒め物)
P1040122
(絶品の酢豚)


 やっぱり
「安い香港もいいけれど、高い香港もたまにはいいなあ」
と改めて思う今日この頃ではあるのだ。
P1040123
(サービスのパン)
P1040124
(マンゴーたっぷりのデザート)

 Y嬢、香港人のT女史らとは別れた後は、中環から上環へ徒歩で移動し信徳中心からおなじみ
「マカオ行きのターボジェット」
へ乗り込む。
P1040128
(おなじみターボジェット)
P1040116
(うっとりする景色)
P1040130
(有名な成功旅行社には目もくれず)


 こんな時間でも
「船内食がでるのが凄い」
今日はマカロニ弁当みたいなのだったけれど、
「A社の機内食よりこちらの方がまだましでは?」
と思ってしまう今日この頃ではあるのだ、勿論一口しか手をつけなかったけどね。
 まあ、色々事情はあるんだけろうけれど、
「ほとんどの人、この船内食食べてないよね、あまりにももったいない。アイスとか出してくれたらうれしいのに」
と思う今日この頃ではあるのだった。。。。
P1040131
(おなじみの果汁先生)

 
 2ヶ月ぶりのマカオなんだけれど
「ちょっとというか、かなり寒い」
当然のようにコートは持参していないんだけれど、これだとかなり寒い。
P1040132
(寒い寒い)


 おなじみマンダリンオリエンタルまでは徒歩で10分ほどの距離なんだけれど、その間も風が強くて寒い寒い。
 でもでも
「お帰りなさい!」
とスタッフの方に笑顔で出迎えていただくと
「やっぱり、ここしかないよねえ」
と心からあったまってしまう今日この頃なのであった。。。。。
P1040133
(いつもありがとうございます!)
P1040135
(いくら温水とはいえこの寒さでは無理)
P1040136
(心から癒されるのだ)


 歓迎のお茶をいただいて、一息つく間もなく
「ウインへ参戦」
なんか、報道されている通り
「ここ2ヶ月でさらに衰退してきた」
というのを実感する今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040137
(倒産の噂がたえない)


 小一時間戦って、小勝利を獲得。ちょっとネガティブな考えことをしてしまい、疲れたので
「おなじみのマッサージ店で、いつもはフットだけのところを今日は奮発して全身タイマッサージ」
ところが、これはちょっとというかあまりにも力不足でダメダメだった。。。。

 とはいえ
「軽くでもウツラウツラ」
出来たので元気を取り戻して、ウィンへ戻る。

 まずは腹ごしらえということで
「バーベキューチキン・春巻き・チャーハン」
と盛大にいただく、相変わらずここの中華は手軽で非常においしいのだ。
P1040139
(鳥のあぶり焼きは美味)
P1040140
(いわゆるスプリングロール)
P1040142
(お気に入りのフライドライス)


 ちょっと食べすぎの感はあるけれど、
「まあ香港・マカオだから仕方がない、戦いには力つけないといけないしね」
ということで、BJ台へ戦線復帰。

 1時間弱しか戦わなかったけれど、
「中勝利を獲得したところで退場」
我ながら
「今日の自分は冴えていたし、非常に合理的な判断が出来た。そして何よりツキがあった」
ということで
「とても楽しく遊ばせていただいたのだ」
正直なところ、まださほど長時間プレイしていないから疲れていないし、時間もまだ全然早いんだけれど速やかに勝ち逃げする今日この頃ではあるのだった。。。。。
P1040143
(彼は建物からして傾いているらしい)


 いつ見ても編成の意図が分からないNHKの国際放送をつけていたら、
「経済番組で、今男性のブラジャーが売れている」
というのをやっていた。

 まあ、そういう商品の存在は知っていたけれど、
「やっぱり変だよ、何もブラジャーでなくても。。。つけていると安心できるって????」
と思う今日この頃ではあるし
「それだったら腹巻とかでいいじゃん」P1040145
(なんてうれしいプレゼントなのだ!)


と普通の人なら誰でも思う今日この頃ではあるよねえ。。。。。

 ただ、笑ったのが男性のキャスター
「よくNHKで特集すると、ブームは終わり。と言われたものですが。今回の場合は今後大きくなるか、全くダメかどちらでしょうね」
と自虐的に言っていたのが大いに笑えた。

 なぜか、多方面から複数メールが来たので、盛大に深夜にやり取りしてから就寝。。。。。。
「去年は3回参戦して全勝だし、今日も中勝利。BJで負けるやつの気がしれない」
なんて気が大きくなってしまった今日この頃でもあるのだった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月8日(木)とりあえず香港

 相変わらず成田のANAラウンジは、確かに一見内装はゴージャスかもしれないけれど
「食べ物などを含めてJALに一日の長がある」
だってANAの場合
「ウリはうどん・そば」
っていうんだから寂しい限りだよね。
P1040062
(おなじみのANAうどん)


 とはいえ、係りのお姉さんが積極的にお運びとかしれくれるので
「接客はすばらしい」
から気持ちよく機上の人になれるのだった。。。。。

 NH909便は
「初体験のプレミアムエコノミー」
一昔前のスーパーシートくらいの居住性があり、思った以上に快適。
「香港くらいの距離ならばこれで十分」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 週間文春を読み、まずい機内食をいただき、
「鉄道員(ぽっぽや)を観て」
もう一眠りしても
「まだ鹿児島上空を過ぎたところ」
ということで、
「いっちょ盛大に寝てやろうか!」
と思ったけれど、なかなか寝付けず、神保町のR女史ご推薦の
「浅田次郎著 オー・マイ・ガアッ!」
を読みだしたら、一気に目が冴えてしまった。
P1040063
(どうしたらこうなるのだろうか?)


 いつもながら
「機内では離陸前からベルトサインが消灯するまでが一番眠れる」
そのあとはほとんど眠れなくなるのがとても不思議な今日この頃ではあるのだった。。。。
 とはいえ、香港までは5時間ほどなので
「たいしたストレスもなく無事着陸」
今日は入国に15分ほどかかったけれど、いつもの手順で機場快綫から港島線と乗りついで 銅鑼灣のエクセルシオールへ無事チェックイン。
P1040064
(わざわざ逆方向向きに座る人々)


 ただ、とても残念なことに
「小生が大ファンだった日本人女性ゲストリレーションがペニンシュラへ移籍してしまった旨フロントで告げられ」
大いに衝撃を受ける、
「だったら、今後ペニンスラにしようかしらん?」
と思ったけれど、予算の関係上それはとても無理な相談ではあるのだった。。。。
P1040100
(すっかりおなじみ)

 
 だからかもしれないけれど
「今日のお部屋は海側ではなかった」
とても残念だけれど、お部屋の構成としては全く変らないのでとりたてて不満はないのだ。。。。
P1040065
(お部屋は満足)


 1階のカフェ購入した、おなじみ
「エッグタルト」
をいただいてから 銅鑼灣の街へ出撃。
P1040066
(とりあえず!)


 お約束までまだ時間があるので、
「池記さんにて、海老ワンタン麺・ピータン、豚肉粥」
香港には
「麺粥店がたくさんあって、どこへ参戦してもそんなに悲惨なことにはならない」
手軽においしいお粥と麺が食べられるから、とてもうれしく思う今日この頃ではあるのだった。。。。。
P1040067
(おなじみの風景)
P1040074
(よさげな店構え)
P1040071
(あれ?ワンタンがない!!)
P1040073
(下から出てきて一安心)
P1040072
(豚肉ピータン粥)


 タイムズスクエア地下にて
「デザートのマンゴープリン」
をいただくが、これが予想外においしゅうございました。
P1040069
(タイムズスクエアって世界中にあるのね)
P1040076
(予想外の美味しさ)

 諸般の事情で
「日本人が経営して大成功しているシティスーパーを3店舗巡る」
噂には聞いていたけれど、
「これは凄いね」
品物は中国本土の商品はほとんどないし、
「生鮮含めて日本の高級スーパーとおんなじ」
というか、
「それ以上にマニアックな商品構成に大いに驚く」
今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040077
(あまおうに和歌山みかん)


・よくもまあ、これだけ日本製品で固めたよね
・レジでフォーク並びさせるところなんか、是非日本のスーパーにも見習ってもらいたい
・日本だと冷凍食品は専用のコーナーだけれど、ここでは生鮮野菜の中に冷凍野菜があったりして、お客本位の陳列をしている
P1040079
(立派立派)


 まだまだ思った点はたくさんあるんだけれど、これくらいにしておいて楽しい夕食へと移る。
 とりあえず入った
「尚膳さんはごく普通の中華料理店」
まあ、正直なところ二度と参戦することはないだろうけれど、
「メニューの選択に問題があった」
という気もする今日この頃ではあるのだった。。。。。
P1040081
(前菜の肉盛り合わせ)
P1040082
(すり身の揚げ物)
P1040080
(エビと鳥の辛い炒め物)
P1040083
(大根と豚の煮込み)

 2時間ほど、楽しいおしゃべりをさせていただいて。先方はいかにも
「まだ飲み足りなさそうな雰囲気だったけれど、丁重に辞退」
速やかに灣仔行き最終のスターフェリーに乗って香港島へ。
P1040086
(いつもの景色)
P1040088
(前回の流用ではありません)

 ここからは、いつものように徒歩にてホテルヘ。ともったら
「ホテルの傍の雑居ビルで火災発生!」
消防車3台がかけつけ、一時周囲は見物人で大騒ぎとなったけれど、たいしたことなかったようで一安心。
P1040095
(火事だあ!!!!)
P1040098
(黒い煙がモクモク)

 さすがに疲れ果てて、現地時間1時過ぎに就寝、長い長い一日が終了。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月7日(水)常勝?常翔?

 今日は一日中、オフィスにこもって雑務及び出張の日程調整、および新年のごあいさつを受ける。
 多数雑務をお願いしている、弟子を伴って
新味園さんのランチ中華ヴァイキングへ参戦」
ここは980円とリーズナブルの割にはメニューも豊富だし、味も決して悪くない。
P1040060
(1皿目)


 弟子も一緒だし、比較的暇な一日なので
「大いに油断して、盛大に食べてしまう」
2009年に入りさらにダメな小生なのであった。。。。
P1040061
(2皿目は盛大に!)


 船橋記念(S3)へ出走の
「ドラゴンシャンハイ4着」
どう考えてもスパロービートには勝てないと思ったけれど、最後にクビだけ差されて4着になったのは、
「もう彼の限界を感じてしまう」
今日この頃ではあるのだ。

 思えば、このブログを始めるきっかけになったのが、
4年前の1月30日ドラゴンシャンハイが中央500万下を圧勝した快挙
だったんだけれど、
「当時3歳で夢が大きく膨らんだけれど、今では7歳でB1へ格付け下がって4着」
脚元もノドも悪いし、
「休養ばっかりで思ったほど活躍はしてくれなかったけれど、大きな夢も見せてくれたし、もうそろそろ休んでほしい」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「競走馬にとってはどちらが幸せなことなのかは、難しすぎる」
今日この頃ではあるのだった。。。。。

 実は、今開催に出走予定だった
「スピークイージー号は一昨日調教後に心臓麻痺で急死」
まあ、馬と付き合うということはこういうことの繰り返し
「出会いの数だけ寂しい別れがあると、わかっているけどやめられない」
今日この頃なのであった。。。。。

 巣鴨温泉にて2時間ほど、たっぷり汗を流す。
「サウナ内で放送されていたテレビの内容があまりにも重く、汗と共に思わず涙ぐんでしまった」
ということで、お昼の中華バイキング分はしっかりと落とせたような気がしないでもない今日この頃ではあるけれど、
「やっぱりもうすこし自宅の近くにも温浴施設が欲しいなあ」
とつくづく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。。

 高校ラグビーの結果を報じるニュースで
「じょうしょうけいこう」
ってアナウンサーが連呼しているので
「いつも勝っている、(常勝)けいこう高校って凄いな?明訓高校みたいなものかしらん?」
と思ったら校名が
「常翔啓光なのね」
とようやく理解し、衝撃を受ける今日この頃ではあるのだった。。。。

 CSにてドラマ
「人間の条件」
を見てから、床に就き
「週刊文春 政治広報センター社長 宮川隆義氏による衆議院300選挙区完全予測」
その驚愕の結果にすっかり目が覚めてしまったので
「浅田次郎著 勇気凛凛ルリの色 福音について」
を読みつつようやく就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月6日(火)家人・細君他

 昨晩は11時に就寝したものの、なかなか寝付けず。
「ウツラウツラして目が覚める、またウツラウツラ」
という最悪の展開。

 とはいえ都合7時間は横になっていたので、だいぶ楽ではあるのだ。
 速やかに着替えて
「我が家へ隣接するセブンイレブンへ参戦」
棚はところどころかけているものの、ありましたよ。
 ようやく
「カップヌードルライト」
をレギュラー・シーフードと各1つづづ購入できたのだった。
P1040052
(カップヌードルライト)


 さっそく、お昼にレギュラータイプを食べたら
「正直なところ、全くわからない。」
今まで、コーラをはじめとしてカロリーオフものは数多く試してきた小生だけれど、
「これは完璧!」
まあ、ゼロカロリーとかではないので、そんなに難しくないといえば、それまでなんだけれど
「ちょっと病みつきになりそうな」
今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1040051
(198キロカロリー!)
P1040054
(具は変わらず)
P1040055
(麺がよく出来てますよ)


 ただ、さすがに198キロカロリーでは満腹感が程遠いので、続いて
「シーフードライト」
まあスープと具は現行品と同一なので、当たり前といえば当たり前なんだけれど、たいしたものだとつくづく感じる今日この頃ではあるのだ。
P1040056
(続いてシーフード)


 2つ食べても
「396キロカロリー、スープは半分くらい残しているので実質350キロカロリーくらいだと思う」
ということは、おにぎり2つ食べるよりも若干少ないくらいだからねえ。。。

 ちなみに、午後からコンビニ回ったら
「各店とも盛大に陳列されていたし、日清食品ホールディングスの株価は下落」
まあ、小生の見通しなど所詮こんなものだということを改めて実感する今日この頃なのであった。。。。。
P1040057
(R女史から心憎い贈り物)


 今日は8時前には退場出来たので、
東京 染井温泉 SAKURAさん
へ急きょ参戦、前回にも増して空いていて非常にリラックス出来るのだ。
 ダメなサウナというのは
「サウナマットが清潔でない」
のが特徴としてあるけれど、ここはそんなことないしね。

 1時間ほど、たっぷりと汗を流すと爽快感バツグン。
「やっぱり我が家のお風呂に問題があるのかしらん?」
とつくづく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 ところで、小生の周囲でもブログをやられる方が日に日に増えているが、お子さんをお持ちの方にとっては、
「ネタがお子さん中心になるは当然と言えるだろう」
だけど、当たり前かもしれないけれど
「皆さん、自分のお子さんの優位性をアッピールするよね」
まあ、他の子に比べてかわいいとか、アドベンチャーワールドで舞台へあがったとか言われても困るけれど、
「通信簿でオール3とか、日能研で何位だとか数値で表現してもらえると説得力を非常に感じる」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 それこそ福田氏と違って
「自分(子供を含む)を客観的に見ることがなかなかできない人が多い」
と思うけれど、前述したように数値で表してくれるとわかりやすいよね。

 ただ不思議なのが、
「皆さんお子さんのことは自慢するけれど、奥さんやダンナさんのことは自慢しないけど、この違いはなんだろうか?」
 さすがに
「我ながらあっぱれな妻だ」
とか書くとヤバイと皆さん思っていらっしゃるのだろうか?

 それとも
「子供はかわいくて仕方がないけれど、奥さんやダンナは・・・・・」
ということなのだろうか?

 いかんせん、小生には
「家人も細君も内儀も嬶(かかあ)も、連れ合いも、ワイフ」
も存在しないので見当のつかない今日この頃でもあるのだ。。。。

 11時には床に入って
「浅田次郎著 勇気凛々ルリの色四十肩と恋愛」
読了後、
「保阪正康著 知らないと恥ずかしい!日本の戦争常識とウソ」
を読みつつ、明日発売の週刊文春に掲載される、政治広報センター社長 宮川隆義による
「麻生自民「解党」 衆議院300選挙区完全予測」
を心待ちにしながら早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月5日(月)遺伝子の強さ

 1月5日は
「初セリ」
ということで、早朝から太田へ向かう。

 しかし、
「今日の寒さは格別」
パンツの上にステテコ、半そでの下着の上に長そでの下着まで着込んで参戦したんだけれど、
「体の芯まで冷えてしまう」
今日この頃なのであった。。。。
P1040044
(風物詩)


 とはいえ、やっぱり初セリには関係者が大勢集まるので
「挨拶がまとめてできる」
という大きなメリットがあるので、参戦しないわけにはいかないのだ。
P1040047
(早くも桜が満開)


 あんまりにも寒いので
「一仕事終えた後の、みそラーメンは格別」
朝から鍋焼きうどん食べているメムバーもいたけれど、
「やっぱりみそラーメン」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040048
(熱々をふーふー)


 羽田を経由して、日本橋へ向かう。
「次から次へ参戦していらっしゃる年始のご挨拶を受ける」
ほとんどの方が
「タオルをご持参されるけれど、メモ帳や紙コップなんていうのも変わっていてうれしく思う」
今日この頃でもあるのだった。。。。。

 今日1月5日は、待望の日であったのだ。
「カップヌードルライト」
そう、あのカップヌードルのカロリーオフヴァージョンが今日発売されるのだ。
 ということで、早速近所のセブンへ参戦したら
「なんと売り切れ・・・・」
しかも、
「直営店のくせに棚がスカスカ!鈴木会長が見たら卒倒すると思うよ。ホント」
気を取り直してローソン、apへ転進したもの
「まあ、セブンの棚にないものが、その他のコンビニにあるわけもない」
ということで3店舗目であきらめ。。。。

 あきらめといえば
「しまった、日清食品ホールディングス株買っとけばよかった」
と一瞬思ったけれど、そんな資金なんてどこにもないということを理解するまでには、さほど時間はかからなかった今日この頃ではあった。。。。。

 渡辺 喜美氏の行動は、個人的には応援したいんだけれど
「やっぱりとっとと離党すべき」
と思う今日この頃だよね、オヤジさんは当時小沢一郎君に
「首相にしてやるから、来い」
と言われたけれど、どういういきさつかはわからないけれど、土壇場で自民党に残った。

 あのとき、
「ミッチーが離党すれば自民党は完全に崩壊した」
という人は今でも多い、さてどうなることやら?

 だけど、
「政治家の二世っていうのは、見事なまでに皆さんオヤジさんにそっくりだよね」
普通は息子はお母さんに似るっていわれるけれど、田中真紀子さんも誰が見ても角栄の娘だし、
「やっぱり政治家くらい強烈な人種は遺伝子が強いのだろうか?」
なんて思う今日この頃ではあるけれど、
「小生のように控え目で、おとなしく、個性のない人間のお子さんはどんな感じになるのだろうか?」
是非見てみたいと思ったけれど、そんな無謀な願いは考えるだけ時間の無駄だし、体調も悪いので11時前早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月4日(日)ミスターよりムッシュ

 午前中、出社する前に
東京染井温泉 sakura
へ参戦。

 このサクラさんへは初参戦なんだけれど、JR巣鴨駅徒歩10分という非常に便利な場所にあるのだ。
 車で参戦したんだけれど、周辺は警官が物々しい警備なんで
「いったい何だ?」
と思ったら
「おばあちゃんの原宿=とげぬき地蔵へお参りの方で大混雑の模様」
しかしながら、サクラさんは早い時間ということもあって比較的ゆっくり入浴できたのだった。
P1040028
(清潔で気に入りました)


 初めて参戦したけれど、そんなにスペースは広くないけれど
「清潔だし、とてもリラックスできる」
まあ、温泉といっても
「循環・加温・塩素入り」
と3点セットなんだけれど、
「スタジアムサウナ」
と呼ばれる、ひな壇式の大きなサウナはテレビもあって、とってもくつろげたので大いに気に入った。

 1時間30分ほど、
「サウナ・水風呂・寝湯・露天風呂」
などを徹底的に繰り返して、すっかりリフレッシュした今日この頃なのであった。。。。

 まあ、ただのサウナみたいなものだけれど、
「歌舞伎町とかでなく住宅街にあるので、客層がいいのがうれしい」
それにしても、最初は
「スタジアムサウナっていったいどんなサウナなのか?」
大いに気になったね、まさかマジックミラーになっていて外から見られているわけでもなかろうし、サウナの中で我慢比べをすることもないだろうしねえ。。。。

 正月休み最後の日本橋周辺は、もう
「祭りの後の静けさ」
ちょっと明日からが大いに心配になる今日この頃ではあるのだ。。。。。

 東京駅へ転戦すると、
「見事なまでに人の流れが逆なのね」
八重洲から丸の内へ向かうものすごい流れがあったのだった。
 ちなみに中山金杯は的中、
「プレミアムのおかげで当たり損にならずにすんだ」
まあ、こうやってみると
「控除率25%の大きさをつくづく実感してしまう」
今日この頃ではあるのだ、だって5%違うだけで全然配当金額変わってくるからなあ。。。。
P1040029
(流れが逆)


 今日は一家そろって会食、新年の会食といえば
「やっぱり中華でしょう!」
ということで、渋谷東急本店 揚州飯店へ参戦。
P1040031
(前菜)
P1040032
(フカヒレ姿煮アボカドソース)
P1040033
(寒ブリの鉄板焼きXOジャンソース)


 通常1万円のコースが半額ということで、迷うことなくコースを選択。まあ、それはいいんだけれど
「次から次へとたくさん料理が出てきて、もうお腹いっぱい」
なんというかお味について特にコメントすることは差し控えるけれど、
「もう1~2品減らしてもいいから・・・・・」
と思う今日この頃でもあったのだった。。。。
P1040036
(ナマコと鶏手羽先と海老の子の煮込み)
P1040037
(エビ)
P1040040
(燕の巣とアロエのカニ卵スープ)


 帰宅後
「榊原 英資著 榊原式スピード思考力」
読了、榊原 英資氏といえば
「ミスター円」
である。

 しかしながら、一説には
「自らミスター円を名乗りだした」
との情報もあるけれど、ミスターロッテと呼ばれた 
「初芝清」
や、13歳で現役だった競争馬 
「ミスタートウジン」
法律漫談でおなじみの
「ミスター梅介」
よりは格が上なんだろと思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 こう考えてみると日本には
「ミスターと呼ばれる男は長嶋茂雄さんを筆頭に数限りなく存在する」
しかしながら、
「ムッシュと呼ばれるのは、ムッシュかまやつと吉田義男さんくらいしか思い浮かばない」
そう考えると、
「この2人の方が遥かに格が上ではないのかしらん?」
と思いつつ早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月3日(土)箱根駅伝と河野洋平議長

 今日は副都心線に乗って、新宿界隈へ向かう。
 昨日の初売りは大賑わいだったようだけれど、さすがに今日はたいした盛り上がりは感じられない。
「結局、お客さんは初売りに集中するようである」
まあ、普通に考えれば目玉品がなければ、わざわざ景気悪いのに、このクソ寒い中お買いものに参戦するメリットなど感じられないというのはごく当たり前のようだ。

 総武緩行線に乗って、信濃町へ転戦。この街は、諸般の事情によってお正月は大いに賑わっている、今日でも十分人出があるようだけれど、大学ラグビーも重なった昨日はかなりの人出だったとのこと。

 さらに東京駅へ転進し、日本橋地区へさしかかると
「とんでもない人出だ」
沿道で、皆さん
「読売や報知の小旗を持って待っている」
まあ、箱根駅伝を待っていらっしゃる方々だ。
 もちろん、それ自体はいいのだけれどねえ、毎年書くけれど
「どうにもこの箱根駅伝は納得がいかない」
そもそも、全国の大学日本一を決める大会でもない、それをこうやってマスコミが煽って煽って煽るのである。
P1040026
(にぎわう日本橋周辺)


 おそらく、陸上で長距離やられている学生さんは、この箱根で走ることが最大の目的になっているのだろう、
「だからマラソン選手が育たない」
と指摘する専門家もいたし、(個人的には育たなくてもいいと思ってるけどね)
「使い捨ての読売や報知の小旗はあまりにも無駄だ!」
そもそも、あれで読売や報知の存在をテレビで知ったって、普通に人は読者にはならないと思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 まだ、出場校の旗を振って応援するのならば理解できるけれど、
「読売と報知の旗ねえ。。。」
ちなみに、置いてある箱を見たら
「読売200本、報知70本」
と書いてあったのを小生は見逃さなかったのだった。。。。

 あと、箱根駅伝といえば
河野洋平 日本陸連会長
毎年必ず和服でテレビに映るけれど、ご自身は早大競走部のマネージャーだったとは知らなかった、しかもお父さんの一郎氏は第1回から4回まで連続出場して区間賞まで獲得していたとは、恐れ入ったのだ。
(ある意味、この選手とマネージャーの差が親子の差でもある)
 しかも、
「是非とも、日本のすべてに門戸を開放せよ」
と持論を述べているんだから、さすがは、議長在任記録を更新するだけのことはあると思う今日この頃ではあるのだ。。。

 さすがに今日も引けが早い、小生も疲れがたまってきたので、なんと8時には帰宅。
「浅田次郎著 勇気凛々瑠璃の色四十肩と恋愛」
を読みながら早々に就寝。。。。

 ところで、日比谷公園のテント村だけれど、あの
「大村氏は不愉快だよね」
とはいえ、まあパフォーマンスとはいえこの寒い時期に日比谷公園へ行っておにぎりだかを配るだけでもえらいと言えばえらいことは間違いない。
 
 かつて伊豆大島の噴火で避難してききた方へ、カップラーメンを配られたら
「某議員の名前がひとつひとつに書かれていた」
というのも笑ったけれど、まあ少なくとも何もしない議員さんよりはマシと思う今日この頃ではあるけれど、
「やっぱり大村氏と山本一太だけは生理的にだめなんだよなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日(金)今年も目が離せない

 今日から早くも百貨店も一斉に営業開始。
「いわゆる初売り」
である、
「不景気のさなか、少しでも夢を求める買い物客が日本橋三越前にも早朝から詰めかけ、開店を10分早めて対応」
なんてことなんだろうけれど、小生の目視では年々列は短くなっているような気がしないでもない今日この頃ではあるのだ。。。。。

 まあ、いかんせん小生は
「開店前の百貨店に並んで福袋を買う」
なんてことは一生しないのでその心理は、はかりかねるけれど
「消費することは素晴らしいことだ」
という時代なので、ありがたいの一言である。

 しかしながら、おそらく福袋を購入する人は毎年同じ方であることが容易に推測できる、ということは
「少なくとも昨年購入したものには福が入っていた」
と実感しているから今年の並ぶのだろうと思う今日この頃でもあるのだった。。。。

 だけど三越の初売りといえば、一昔前は1月3日と決まっていたけれど、一度2日にしてしまったら、もう後戻りはできないだろう。そういえば
「池袋西武が数年前元日営業を実施」
したけれど、あまりにも結果が伴わなかったのであっさり終了してのは記憶に新しい。

 この営業日の問題に関しては、三越伊勢丹さんが
「定休日を設定・営業時間の短縮を検討」
と報じられていたけれど、
「大賛成」
昔みたいに、
「三越は月曜・高島屋は水曜・伊勢丹は木曜」
という風に休みが決まっていた方が社員のお休みも取りやすい。
 売上だって、まあ食品は落ちるかもしれないけれど、ほとんどが目的のお客さんの1階から上はさほど落ちるとは思えないし、ぜひとも実施してほしいと思う今日この頃ではあるのだ。

 今日は皇居で一般参賀もあって結構な人出、早くもUターン客もいるようで、東京駅周辺はまだまだにぎわっている。ただ、予想通り引けは徹底的に早そうなので早々に帰宅。

 昨日、今日到着した年賀状に目を通す。メールで返事ができる方へはメールするけれど、その他の方へは
「寒中見舞い」
ということで、ちょっと厄介。

 ただ、米国から帰国後行方不明になっていた
「おぎさん夫妻からの年賀状が到着した」
まあ、これはこれでよしとするけれど、もう1通大いに関心があった
「りくおさんからの年賀状が到着した」
二人のお子さんの写真を拝見すると、
「ずいぶんと大きくなったなあ」
と感心したもの、どうも左上にもうひとこま写真がある。
「あれ、またお子さんでも生まれたのかしらん?」
と思い刮目したら
「なんと、ねこちゃんだった」
まったくもって、人騒がせな年賀状である。

 ふと気になって、りくおさんのブログを確認すると、新年早々盛大に更新されている。
 ブログを読むと、さらに気になることばかりである。
・12月26日に温泉研修合宿とあるけれど、ずいぶんとがんばる会社なのね。しかも、花火が見れるということはやっぱり熱海とか?箱根ではなさそう
・温泉では調子よかったのに、いきなり体調が悪くなるマイナスオーラとは???
・新年会へ参加したらしいけれど、受け入れられただけでうれしいような場所とは?

 とにかく今年もりくおさんのブログから目が離せない一年になりそうと思うとともに、
「帰国前後の海外引越しのドタバタや、知識経営についての(浅い)考察については、不定期になりますがこれからも続けたいと思います(いつ気が変わるかはナゾ)。」
と書かれたきり一切の更新が行われていない、おぎさんブログの再開を心より願う今日この頃でもあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月1日(木)塩ひよこ のち シェーキーズ

 1月1日いわゆる
「元日」
である、大変申し訳ないけれど今日だけは弟子に任せて朝食は家で食べることになっているのだ。

 今年は喪中なので、小生から年賀状は出していないのだけれど、当然そんな事情を知らない方々からは年賀状が送られてくる。
 まあ、それはそれで正直なところ
「うれしい」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 ただ、母親が憤慨していたのは、事前に喪中である旨伝えていたにもかかわらず、しっかり年賀状が届いて
「お母様が亡くなってさみしいお正月ですね」
とご丁寧な一言まで書き添えられているのには、かなりの衝撃を受けた今日この頃ではあったのだった。。。。

 お昼前に羽田へ向かう、さすがに今日はすいていると思って外苑から首都高へ上がろうと思ったら、
「なんと4号線上りが渋滞」
仕方がなく、246から青山墓地を抜けて芝公園へ向かおうと思ったら
「なんと青山墓地内が大渋滞」
そういえば、今日お墓参りへ行かれる方も多くいらっしゃるのね。
 これは
「素晴らしい習慣」
だと思う今日この頃ではあるけれど、もう少し前に気付けばよかったと思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040012
(晴れ着姿のグランドさんもいなくて残念)


 羽田は予想通り閑散としている、数年前には
「元日 超割・バーゲンフェア」
という日程があった時は大混雑していたけれど、年末から概ね航空輸送は低調だったとのこと。

 東京駅へ転進すると、
「年が変ってもものすごい人出」
皆さんいったいどこへ行かれるのだろうか?とつくづく思う今日この頃でもあるけれど。

 今日、東京駅で発見したのが
「塩ひよこ」
そう、おなじみひよこちゃんの東京駅限定塩味ヴァージョン。
P1040016
(大人気 塩ひよこ)


 結構な行列なので、せっかくなので購入。
 だけど
「ひよこを食べたのは何年ぶりだろうか?」
おそらく10年ではきかないだとう、と思うけれど、久しぶりに実物を見ると
「相変わらずかわいいよね」
なんというか、目の部分なんてすごくかわいいけれど、オットセイみたいな感じもする今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1040024
(かわいいねえ)


 だけど、一口いただいた瞬間
「えっ、全然塩の味しないなあ~」
と思ってしまった今日この頃でもあるのだ。
 まあ、冷静に考えるまでもないけれど
「実は、ひよこは北九州の銘菓だ」
それを東京限定として販売するのはいかがなものかと思う今日この頃でもあるけどね。。。。。
P1040025
(味の違いは????)


 今日も大いに盛り上がったので、新年早々がんばってくれたご褒美にご飯へ行こうということになったんだけれど、さすがに元日なので営業してそうな魅力ある店が見当つかない。
 こんな時に頼りになるのは
「なんといってもシェーキーズである」
お電話して確認すると、
「平常通り営業いたしております」
という非常に心強い言葉が返ってきた。
P1040023
(シェーキーズへ参戦)


 ということで、さっそく
「シェーキーズ高田馬場店へ参戦」
そしたら、意外や意外
「結構混雑してるのよねえ」
なんだかんだいっても、
「皆さん正月でもシェーキーズなんだ!」
ということを改めて認識する今日この頃なのであった。。。。
P1040017
(まずはサラダバー)


 しかも、今日はお正月ということ
「夜もバイキング実施」
という非常に願ったりかなったりだったのだった。。。
P1040018
(いつものお味)


 そういえば、大昔だと巷の飲食店は
「クリスマス・正月限定メニュー」
なんて高い値段でやっていただけれど、さすがにそういうのはなくなったよね。

 ということで、
「1180円のホリデーバイキングを盛大にいただく」
普段吉野家オンリーの弟子も大いに喜んでくれたようで、とにかく盛大に食べている。
 ちなみに、その弟子は
「今日のお昼はプロントでパスタ2人前」
をペロリと平らげたようである。。。。。
P1040022
(徹底的に食べる弟子)
P1040019
(爆)

 今年の目標は、昨年に引き続き
「動」
の一文字にこだわってみたいと思う今日この頃ではある。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »