« 12月25日(木)トップスタイリスト | トップページ | 12月27日(土)帰省初日 »

12月26日(金)熱くて辛いモノと夢

 ちょっとここ最近記憶にない寒さ、しかもとんでもなく強い風のおまけまでついている。ただ、今日の風は単なるおまけではなく
「徹底的に寒さを増幅させる、やっかいな風だ」
しかもこういうときに限ってお昼過ぎから外出となるからついていない。
 
 冷え切った身体には
「辛くて熱いモノ!」
ということで有楽町、韓豚屋さんに弟子を引率して参戦。
P1030987
(熱くて辛いチゲ)


 ランチメニューの中から
「辛い麺、さらに辛い麺、超辛い鍋、石焼ビビムパ他」
を盛大にいただく、
「いやあ、とにかく身体の芯から温まるよね」
結局のところ、韓国のような冬寒い地域では
「辛いものが発達するというのは必然なのだ」
ロシアでウォッカが日常的に飲まれているのも同じことなんだと思う今日この頃ではあるけれど、
「カナダやアイスランドなんかの食文化については全く知識がないので偉そうなことは言えない」
今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1030988
(熱くて辛い麺1)


 まあ、そういう外国の食文化に触れるためにも
「来年あたりはスターアライアンス世界一周航空券で行く世界一周遠征にでも参戦する必要があるのでは?」
とさらに強く思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030989
(熱くて辛い麺2)


 山手線に乗って恵比寿へ、
「恵比寿駅といえばエビスビールの曲である」
まあ、それはそれでいいんだけれど、
「エビスビールのCMの曲も勝手には変更出来ない契約なのだろうか?」
だけど
「やっぱり一企業のCMソングを刷り込むのもいかがなものだろうか?」
と思ったりもするし
「水道橋の読売の曲や高田馬場の鉄腕アトムもいかがなものだろうか?」
と思ったりもする今日この頃でもあるのだった。。。。

 小生もあの曲になってから水道橋へ行く際もひとつ前の飯田橋で降りて歩いたり、遠回りして丸の内線を使ったりするようになってしまったしね。
「鉄腕アトムの曲だってもう今の子供は知るはずもないよね」
100年後に残しておきたい日本の名曲100選に入っているわけでもないだろうし。。。。。

 なんて考えながら
「浅田次郎著 勇気凛凛ルリの色」
を読んでいたら、
なんとこの本のタイトルである勇気凛凛ルリの色というフレーズは
「昭和30年代半ばの人気ドラマ 少年探偵団のフレーズである」
ということをようやく理解した小生なのであった。。。

 いわゆる
「ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団!」
という歌いだしのところは人生の師泉麻人氏でおなじみの
「テレビ探偵団」
でも替え歌されていたけれど、そのあとが
「勇気凛凛ルリの色」
と続くとは今の今まで知らなかった、己の無知さ加減を大いに恥じる今日この頃でもあるのだった。。。。。

 恵比寿駅から徒歩10分のところにある某社のオフィスでアポなんだけれど、30分ほど早く到着したので、
「隣接するフレッシュネスバーガーに駆け込んで読書」
お隣の席では若いお姉さんが年賀状をしたためている。
 小生も毎年この時期は会社近くのジョナサンに避難して年賀状1枚1枚に
「同級生または下の人には 来年もよろぴくお願いいたします」
と一筆添えているんだけれど、いかせん喪中のため今年は
「よろぴくお願いします」
と一筆したためる機会がないので、この場を借りて書いておくことにしようと思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 で、肝心のアポなんだけれど、
「海外で大成功をおさめている日本の小売業の方」
非常に勉強になりましたよ、
「お忙しい中2時間もお話をさせていただいたんだけれど、やっぱりこういう出会いってとっても大事だなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 ひとつ例を上げると、
「日本のスーパーのレジは依然としてフォーク並びができていない」
たしかに今年の夏にNYに行った際に立ち寄ったホールフーズは完全にフォーク並びが出来ていた。
 こんな例をひとつとっても
「結局お客様優先よりも売り手の都合が優先されているのが日本の小売業だ」
と言われてしまうと、非常に納得してしまう今日この頃でもあるのだ。。。。

 まあ今後どういう形の付き合いになるかはわからないけれど
「出会いを大事にして、勉強させていただきたい」
と思う今日この頃でもあるのだった。。。。。

 夜は諸般の事情により
「西麻布にオープンした会員制バー MJ」
へ参戦。
P1030990
(なんと会員制なのだ)


 オーナーはおなじみ西麻布の中年飲食業者なんだけれど
「こういう店をやるのが夢だった」
と喜んでいるようで非常に微笑ましい限りだ。

 で、こういう店とはどういう店かというと
「いわゆる今はやりのガールズバー」
というやつなのね、
「カウンター超しに若い女の子とお話ししながらお酒を飲む」
というスタイルで、風営法上
「横に座って接客しちゃいけない」
ということのようだ。
P1030992
(なんと指紋認証方式なのだ)


 まあ、なんというか大昔からこのように
「法の抜け道をついたお店というのは常に存在する」
一番いい例が
「お酒屋さんの隅っこで缶詰を肴に飲ませるタイプの店」
あれも本来お酒屋さんでは飲ませちゃいけないんだろうけれど、試飲とか色々と建前があるんだと聞いたことがあるのだ。。。。

 まあ、いろいろあるだろうけれど
「己の夢を実現させたんだから大したものだと言わざるを得ない」
と心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 珍しく飲んで1時近くに帰宅、
「せっかく来年はうし年なので、小生も夢を整理しなければならない」
と思いつつ早々に就寝。。。。
P1030993
(開店祝いのボトルを)


 いろいろあるけれど、心から
「I HAVE A DREAM」
と言えるものはなんだろうか?
なんて考え込んでいたら眠れなくなってしまったので、勇気凛凛ルリの色を読みすすんでいたら面白くてさらに目が冴えてしまった今日この頃でもあるのだった。。。。。

|

« 12月25日(木)トップスタイリスト | トップページ | 12月27日(土)帰省初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/43543682

この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日(金)熱くて辛いモノと夢:

« 12月25日(木)トップスタイリスト | トップページ | 12月27日(土)帰省初日 »