« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

12月31日(水)「動く」はなったのか?

 もうこうなってくると全く曜日感覚がなくなってくるんだけれど
「今日が12月31日ということだけは間違いない」
泣いても笑っても今日が最後である。

 ということで今日も早朝から参戦、普通に考えれば
「今日は朝はすごいけれど、夕方からの引けは早い」
というのが定番なんだけれど、もう全然そんな気配はなく9時まで延々と民族大移動が続く東京駅なのだった。。。

 きのうのイッキマンさんに続いて、今日はうっちーさんも来店していただいて、非常にありがたく思う今日この頃でもあるのだ。。。
 で、予算的には昨日の8がけくらいの予定だったのに、予想を大幅に上回る
「いわゆるうれしい誤算」
というやつだったので、大変よい一日となったのだった。。。。

 ただ、正直なところ昨日の晩もなかなか寝付けず、
「久しぶりに立ったまま眠ってしまった」
極限状態の今日この頃ではあるのだ、いかんせん
「もう若者と一緒に最前線に立ち続けるのも何年もできないなあ」
と老いを実感する今日この頃でもあるのだった。。。。

 ひと段落ついたところで、
「大みそか恒例の初詣ならぬ終詣で」
深川へ毎年参戦するけれど、10年前は真っ暗だったのに年々人気(ひとけ)を大いに感じるようになったのだった。
 それこそ、帰省する人はするけれど、しない人は
「年末年始は特別」
という雰囲気が明らかに年々なくなってきたことだけは間違いないようだ。

 ところで、今年は年頭に
「動」
ということを宣言したんだけれど、1年終ってみてどうだったのだろうか?

 正直なところ、例年にも増して遠征は増えたと思う。特に顕著だったのが海外、列挙してみると
「香港3・マカオ3・台湾・ブルネイ・シンガポール・カナダ・アメリカ・中国」
と確かに盛大に
「移動している」
ことだけは間違いないようだ。

 かっこいい言葉で
「外から日本を見る」
なんていう人もいるけれど、少なくとも
「行ってみて、体験してみないと比較すら出来ない」
と思う今日この頃ではあるのだ、そういう意味では本当に収穫が多い年だったと思う今日この頃ではあるのだ。。

 ただ、
「本当の意味で「動」だったのか?」
と問いただすと、これまた格好いい言葉で言うと
「「動」のための準備の一年だった」
と言うことも出来るけれど、
「それはただの言い訳に過ぎない」
と言われると返す言葉が見つからない今日この頃でもあるのだ。。。。

 余談だけれど、海外では当然のごとく英語を使わざるを得ないんだけれど、
「○○ありますか?」
というのが、すべて
「Have」
を使えばいいというのがようやく分かったのが今年だったのだ。
 非常にレベルの低いこと書くけれど
「ドゥ ユー ハブ アイスクリーム?」
これ日本語に直すと、
「あなたは、アイスクリームを持っていますか?」
となるわけだけれど、きっと先方は
「この店にアイスクリームはあるのか?」
と受け取ってくれるわけだ。

 ようやく今年この法則を理解したので、
「ぐっと世界が広がったような気がする」
今日この頃ではあるのだ。
 実はこの
「Have」
の使い方については沢木耕太郎さんも
「旅する力」
の中で同様なことを書いていたのが非常にうれしかった。

 帰宅後、
「エロージュ号3着を確認」
ここ2戦不可解な大敗が続いていたので、半信半疑だったけれど、なんとか実力を示した格好で一息。
 だだ、そうすると
「ここ2戦は一体なんだったのか?」
という疑問が大いに残る、あと重賞3着といっても
「馬場が重いとはいえ、ちょっと時計が遅い。やっぱり大井1600メートルは1分41秒台で来てほしい」
というのが正直なところだ、880万まで賞金を加算したのでしばらく除外はないけれど、
「今後順番は回ってくるのだろうか?」
とちょっと不安な先行きを感じる今日この頃なのであった。。。。

 さすがに疲れ果てたので
「日付が変わるのを待たずに」
早々に就寝。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月30日(火)ひとり民族大移動

 いよいよ今日は12月30日、言うまでもなく
「帰省のピーク」
である。

 ということで、小生も臨戦態勢を整え5時起床で参戦、参戦はいいんだけれど
「前の晩ちょっと眠れなくて体調は非常に悪い」
だけどなんというか、
「とにかく凄いよね」
次から次へと人が津波のように押し寄せるんだからねえ。。。。

 心底
「まさに民族大移動」
と思ってしまうのだ、そして
「東京ってこんなに地方出身者がいるんだ」
と心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 小生は東京生まれの東京育ちなので分らないけれど
「やっぱり東京以外の地域では、まだまだお正月は一家そろって過ごす」
という非常に素晴らしい伝統があるのだと感心してしまうのだ。

 だけど、さっき
「民族大移動」
と書いて思い出したのが
「アンドレ・ザ・ジャイアント」
 彼の入場シーンを古館アナは
「まさに、ひとり人間大移動」
と表現していたけれど、古館氏の表現力もすごいけれど、そういわしめたアンドレの偉大さを、今日の人の流れを見ていると再認識してしまった今日この頃でもあるのだ。。。。

 アンドレのエピソードというと、
「ビールを一人で10ダース飲んだ」
とか逸話がいっぱいあるけれど、昔のプロレスにはこの手のエピソードがいっぱいあったから楽しかったのだ。最近はこの手の楽しい話が大仁田厚以降なくなったからプロレスがつまらなくなったと、つくづく感じる今日この頃ではあるのだ。。。。

 ところで、昨日の東北・上越・長野・山形・秋田新幹線に続いて
「東海道新幹線夕方にストップ」
通路に座り込んでいる人たちも大変だと心から思う今日頃ではあるのだ。。。。
 だけど、あれを復旧させる
「スジ屋さんも尋常じゃない苦労なんだろうなあ」
と心から同情する今日この頃でもあるのだ。。。。

 まあ、今日はとにかく大変だったけれど、大いに結果が出たので気持ちのよい疲れ。一気に白髪になってしまったイッキマンさんも来店したしね。
 だけど、ここ一カ月の動きをみていると
「お歳暮は切り詰めても帰省は大事」
という日本人の心理がわかったような気がする今日この頃ではあるのだ。。。。

 さすがに疲れ果ててタクシーで帰宅なんだけれど、これが新人さんの運転手さんで参った。
「千駄ヶ谷って言ったのに、千駄木へ向かおうとするんだもんね」
まあ、初心者なので百歩譲ってそれは許すけれど、
「異常にブレーキ踏んで全部信号引っかかっちゃうんだもの」
もちろん怒ったりはしないし、誰だって最初は初心者だから仕方がないけれど、
「ベテランドライバーでも初心者でもこちらが払う金額は一緒、(というか今回の場合は明らかに高くなった)」
というのが大いに納得いかない今日この頃でもあるのだ。。。。。

 まったくの余談だけれど、このブログの検索ランキングでいまだに
「」
が上位にランキングされているのが大いに笑える今日この頃でもあるけれど、密かに
「」
で検索をかけてくる人もいるから油断できないと思う今日この頃でもあるのだ。。。

「1秒でも早く結婚したい女たち」
をヤフーで検索すると、小生のページの
「帝国ホテルでバイキング」
が上位にヒットしてしまうのももっとおかしく思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月29日(月)500年企業に学ぼう

 事実上オフィスへの出社は年内最後なので、朝からパソコン前に陣取って雑務をこなす。
 夕方から東京駅へ転戦、
「よくもまあ、これだけ多くの人がいるなあ」
と心から感心するくらい大勢の人が新幹線口へ向けてコンコースを移動している。

 実は、小生もここ10年は年末年始当たり前のように東京で過ごしているけれど、以前は29日から31日まで毎年遠征に出かけていたものだ。
 水沢競馬・高知競馬なんかへ参戦して、
「地域地域で開催される今年のチャンピオン決定戦」
を楽しんだものだ、当時は高知競や岩手競馬でもこの大一番では1000万近いかなりの高額賞金がかけられたものだけれど、今となっては夢のような日々だったと誰もが思うのだと思う。

 で、今日は大井で東京大賞典なんだけれど、あまり関心がわかず、おつきあいでほんの少しだけ馬券を購入したけれど、全くかすりもせず。
 いかんせん、有馬記念翌日の月曜では
「売上も相当キツイと思う」
今日この頃ではあるのだ。
 大昔は、有馬記念が23日かなんかの年に翌週の日曜が30日で東京大賞典という超恵まれた年があり、さすがにこの日は大いに盛り上がったと記憶している。

 今日は遅くまで頑張ったので、みなで軽くお食事。
 さんざん迷った挙句選んだ店は
「バーミヤン」
いかんせん小生、今日は車なので駐車場付きというのは非常にうれしいのだ。
 バーミヤンもいかんせん小生の生活範囲に存在していないので、滅多に入場することはない。
 だけどねえ
「思ったよりがんばってるじゃん」
というのが正直なところだよね、店員さんの対応もすごくよかったし、お味も決して悪くない。
 フカヒレラーメン、チャーハンなんか
「この値段でこの味なら一切文句はなし」
という感じなんだけれど、いかんせん
「バーミヤンに40分滞在して3人で9000円というのはいくらなんでも注文し過ぎ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。
P1040007
(五目焼きそば)


 だけど、かなりの確率で
「この店も近々閉店されるんだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。
 いかんせん
「昨今のファミレスに対する逆風ってキツイよね」
よくマスコミでは
「何でもあるけれど、食べたいものは何もない」
的な書かれ方しているけれど、
「やっぱり、小生はファミレスは嫌いではない、というかむしろ好き」
最近は行ってないけれど、
「デニーズのハンバーグ、フレンチトースト・ロイホのオニグラ、ヨーグルトジャーマニー」
などなど結構お世話になったしなあ。。。。
P1040008
(ふかひれ麺)


 たしかにデパートの最上階の食堂も
「おじいちゃんは、そば・おばあさんは寿司、パパはス中華定食、ママはスパゲティ、お姉さんはハンバーグ、僕はお子様ランチ」
なんていう注文が可能だったのに、今ではそういう店も皆無になってきしとってもさみしく思う今日この頃でもあるのだ。。。
P1040009
(エビマヨ)


 でも、少なくとも小生が子供の頃は、百貨店やファミレスというのは
「明らかにハレだったし、ワクワクしたものだ」
ではいったい
「今の子供はどこで何を食べさせればワクワクするのだろうか?」
子供どころか奥さんもいない小生には見当もつかない今日この頃ではあるのだ。。。。
P1040010
(マーボー豆腐)


 川島蓉子著
「虎屋ブランド物語」
読了、いかんせん世界は100年に1度の不況とのこと。
 だったら、そういう不況を5回も乗り切っている
「500年企業に学ぼう」
というのはごく当たり前のことである。

 いかんせん、お菓子業界でも
「虎屋さんは別格である」
なんといってもHP見ると関ヶ原の戦いとか単語が普通に出てくるし、なんといっても
「明治天皇と一緒に上京してきた」
と言われてしまうとグウの音も出ない今日この頃でもある。。。。。

 最近では
「森進一が謝りに行く際に手土産に使った」
ということでも話題になったよね、実際あの報道で売上が上がったというのは衝撃的だったけど。。。。
 ということで。
「こんな時こそみんなで虎屋さんから学ぼう」
と思う今日この頃ではあるけれど、残念ながらこの本自体は論評に値しない作品だったことだけは書いておかねばならないのがとても残念な今日この頃ではあるのだ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月28日(日)帝国ホテルでバイキング

 今日の東京駅は、予想通り昨日よりは勢いがない。まあ普通に考えれば金曜日に仕事納めの人は、昨日帰省する人が多いだろうし、明日、明後日まで仕事の人の方が実際には多いと思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 同級生Kさんと
「ランチミーティング in 帝国ホテル」
を開催。
 当初、中華ということで
「赤坂四川飯店」
も候補にあがったけれど、なんと昨日で年内は営業終了とのことだ。
 まあ、たしかにあの
「永田町の論理が通用するエリアは昨日で営業終了しても仕方がない」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 なぜ、帝国ホテルなのか?ということなんだけれど、しごく単純に小生が
インペリアルバイキング サールへ参戦したかった」
ということに尽きるのだ。

 しかも帝国ホテルは、
「Kさんご夫妻が披露宴を催し、小生がスピーチの大役を果たした由緒ある地」
ということで、即決となったのだった。
 ちなみにさすがの小生も帝国での披露宴にお呼ばれしたのは計3回しかない。余談だけれど、
「帝国の披露宴といえば、ローストビーフのセカンドサービス(お代わり自由)とデザートのアイスで炎がボッと燃えるやつ」
というお決まりの儀式が3回ともあって大いに感激したのは今でも印象に残っている今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1030994
(牛フィレ肉のパイ包み焼き マデラソース他)


 お時間が1時30分ということで、すんなりと予約を許されたのだった。ただ、
「帝国ホテルの駐車場がなんと満車」
さすがにここまで押し迫ると結婚式はないだろうし、見合いもまさかねえ(笑)
「一体皆さん何しに帝国ホテルへ参戦しているのだろうか?」
と思ったら、
「三越スーパーバーゲン(仮称)」
が開催されているようで、ご婦人方が盛大に列をなしているではないか。
P1030995
(ローストポーク他)


 三越=ご婦人富裕層=帝国ホテル
なんとも強力な取り合わせだとつくづく思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 肝心のバイキングは
「ランチ5250円(税込・サ別)」
なんだけれど、これはもう盛大に賑わっているのよ。
P1030996
(タンシチュー)


 正直なところ
「お料理は絶賛というわけにもいかないし、品数も思ったより少ないけれど、まあ帝国で5000円でこの内容なら満足」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030997
(サラダバー)


 やっぱり、色々な外資系ホテル全盛の時代だけれど
「日曜に家族でホテルへご飯へ行くなら日本のホテルに分がありそうだ」
この帝国もいいし、今はなきキャピタル東急の中華ヴァイキングなんていうのも定番だし、今はあるかどうかしらないけれどニューオータニの最上階のグルグル廻る中華レストランもそれなりに格を主張している。
P1030998
(伝統のポテトサラダ他)


 周囲を見回すと男性2人なんていのはもちろん皆無。
「おばあさんのお誕生日祝い」
なんていう雰囲気のテーブルが多くみられた。
 まあ、なんというか
東京アメリカンクラブと似た芸風を感じる」
今日この頃ではあるのだった。。。。
P1040001
(チキンカレー)


 Kさんとは高校の時からの長い付き合いなんだけれど、当然のように彼も
「先日、西麻布の店へ参戦済み」
とのことで、その話で大いに盛り上がる。
 また
「モリモ○が上場した半年後に廃止ならば、キム○○の(タクではない)結婚も半年後に離婚というのも記録ではないだろうか?」
ということで大いに盛り上がる。
P1040002
(デザート1 プリンがベリィグウ(笑))


 ちなみにKさんのお父さんは会社を経営されていたんだけれど、今年の夏に亡くなったのだ。そして
「会社は解散した」
とのこと。
P1040003
(デザート2)


 これを聞いて
「あっぱれ」
と心から思った、昔から
「会社というのは役目が終わったら解散すべき」
というのが小生の主張なんだけれど
「全く違う業態になったりしながら延命しようとするけれど、やっぱり失敗して最終的な分配もできなくなる」
というのが多いんだけれど、解散するというのはさすがと思う今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1040004
(御馳走様、素晴らしい景色です)


 どうも今日は
「世間では有馬記念の日らしい」
だけど当然ながらJRAの馬券って年に1~2度しか買わないし、どんな馬が出ているかも分からないのでパス。 
 せっかくなので、おなじみのTCKを購入するも敗戦。
「だけど、今日の大井売上げというのはどんなものだろうか?」
有馬記念終了後にofftへ転進する人もいるだろうけれど、
「今日、1レースから大井へ参戦する人というのは、かなりのお方だ」
心から尊敬する今日この頃ではあるのだ。

 帰宅後、テレビ東京でやっていた、久米さんの番組を見ていたら
「1秒でも早く結婚したい女たち」
というのが存在していることが判明した。
 今更言うまでもなく、小生は
「1秒でも早く結婚したい男」
なんだけれど、なぜかマッチングがうまくいかない今日この頃なのである。。。。

 録画したサンジャポを見て
「あの10歳の天才演歌少女は口パクではないのか?」
と思いつつ早々に就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月27日(土)帰省初日

 早朝6時過ぎから東京駅へ、なんと巷では昨日の26日が仕事納めの会社も多いとのことで
「昨日の夜から今日の夕方にかけてが帰省の1回目のピークとなる」
いかんせんまだ27日だし、にわかには信じられないんだけれど、
「実際早朝からお土産を買い求めるお客様が多数押し寄せてくる」
なんというか、やっぱりこういう超繁忙期に自分で接客するとテンション上がるよね。

 綺麗ごとだということはわかっているけれど
「すべては現場にある」
ということは間違いないようだ。
 ところで、今回あるメーカーの社長に就任したばかりの60過ぎの男性が自ら店頭に立って陣頭指揮をとっていたのには感動したね。

 周囲には
「あんなオジサンが売り場に立ったって」
と否定的なことを言う人もいたけれど、
「言いたいやつには言わせておけ」
と思う今日この頃ではあるのだった。。。。。

 2時過ぎに落ちついたところで弟子を伴って
「すきやき1080円のランチ」
この弟子は、とにかくお金がなくて
「朝食=吉野家 昼食=カップラーメン 晩御飯=吉野家」
という規則正しい食生活を365日繰り返していて、とにかく野菜が不足しているのが明らかなので、
「今日は思いっきり野菜を食べさせよう」
ということなのだった。。。。
P1040006
(帰省客でにぎわう東京駅)


 当初はその食いっぷりに注目していたんだけれど、ほどなくしてお隣のテーブルの会話に聞き耳をたてるようになった。
 お隣のテーブルは、
「結婚が決まったカップルが、新郎のご両親を含めて4人での和やかな会食」
という
「小生がもっとも憧れるシチュエーションのようなのだ」
当初は積極的に聞こうと思ったわけではないんだけれど、やっぱり興味深い内容であり
「サントリー ウエィテングヴァー アヴァンティーのように聞き耳を立てるようになってしまった」
今日この頃ではあるのだった。。。。

 なんというか
「非常に無難な会話に終始していて、4人の適度な緊張感が伝わってきた」
どうやら式は軽井沢の教会で行われるらしく、ご両親が
「そういうのは会社の上司の方とかに失礼ではないのか?」
と非常にまっとうなご心配をされているご様子だった。

 で、非常に耳に残ったのが
「直前に ちょっと待った!とか衝撃の告白とかあったらおもしろいね」
なんて精一杯のジョークを飛ばしたお父さんの気遣いを心から微笑ましく思った今日この頃ではあるのだ。。。。

 という風に普通の男性は一生のうちに
「若夫婦役と、うれしいけれど、ちょっとさみしそうなお父さん役」
の2役を演じることができるはずなんだけれど、
「このままでは一生聞き耳を立てるだけの人生で終わるのが濃厚な」
世界経済同様に先行きの見通しが立たない今日この頃なのであった。。。。

 夕方6時前
「電光掲示板に 富士 はやぶさ」
の文字が光ったので、
「せっかくなので一目見ておこうかしらん」
とホームへ上がったら、
「ものすごい人だかりに衝撃を受けた」
さすがに今日は乗客も多そうだし、撮影の方もすごい人出の様子。
 まあ、色々な意見はあるだろうけれど、
「廃止もやむなし」
と思う今日この頃ではあるのだ。

 さすがに今日は予想通り引けが早く8時過ぎにお先に撤退。
 ちなみに、報告によると、どうやら今日の羽田は盛り上がりがなかったようだ、
「だけどねえ、普通に考えるとこの時期の羽田ー福岡の航空券とか高過ぎですよ」
特割1で33900でしょ、これを2人で往復したら、それだけで135600円。
 
 これにお子さんが2人も加わったら、そんなに簡単に帰省なんかできやしない。航空会社は来年国際線の値上げを3年連続でするそうだけれど、
「これだけ原油が下がっているのに、いまだにバカ高いサーチャージをとったりして差額分ボロ儲けしているのにさらに値上げ」
こんなに既得権益が守られているのに、まだ足りないというのはすごいとしかいいようがない今日この頃でもあるのだ。。。。

 帰宅あと、さほどお腹が減ってないのに
「リッツ」
を食べ始めたら止まらなくなってしまい、盛大に食べきってしまった。
 かなり危険な信号が点灯を始めた今日この頃でもあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日(金)熱くて辛いモノと夢

 ちょっとここ最近記憶にない寒さ、しかもとんでもなく強い風のおまけまでついている。ただ、今日の風は単なるおまけではなく
「徹底的に寒さを増幅させる、やっかいな風だ」
しかもこういうときに限ってお昼過ぎから外出となるからついていない。
 
 冷え切った身体には
「辛くて熱いモノ!」
ということで有楽町、韓豚屋さんに弟子を引率して参戦。
P1030987
(熱くて辛いチゲ)


 ランチメニューの中から
「辛い麺、さらに辛い麺、超辛い鍋、石焼ビビムパ他」
を盛大にいただく、
「いやあ、とにかく身体の芯から温まるよね」
結局のところ、韓国のような冬寒い地域では
「辛いものが発達するというのは必然なのだ」
ロシアでウォッカが日常的に飲まれているのも同じことなんだと思う今日この頃ではあるけれど、
「カナダやアイスランドなんかの食文化については全く知識がないので偉そうなことは言えない」
今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1030988
(熱くて辛い麺1)


 まあ、そういう外国の食文化に触れるためにも
「来年あたりはスターアライアンス世界一周航空券で行く世界一周遠征にでも参戦する必要があるのでは?」
とさらに強く思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030989
(熱くて辛い麺2)


 山手線に乗って恵比寿へ、
「恵比寿駅といえばエビスビールの曲である」
まあ、それはそれでいいんだけれど、
「エビスビールのCMの曲も勝手には変更出来ない契約なのだろうか?」
だけど
「やっぱり一企業のCMソングを刷り込むのもいかがなものだろうか?」
と思ったりもするし
「水道橋の読売の曲や高田馬場の鉄腕アトムもいかがなものだろうか?」
と思ったりもする今日この頃でもあるのだった。。。。

 小生もあの曲になってから水道橋へ行く際もひとつ前の飯田橋で降りて歩いたり、遠回りして丸の内線を使ったりするようになってしまったしね。
「鉄腕アトムの曲だってもう今の子供は知るはずもないよね」
100年後に残しておきたい日本の名曲100選に入っているわけでもないだろうし。。。。。

 なんて考えながら
「浅田次郎著 勇気凛凛ルリの色」
を読んでいたら、
なんとこの本のタイトルである勇気凛凛ルリの色というフレーズは
「昭和30年代半ばの人気ドラマ 少年探偵団のフレーズである」
ということをようやく理解した小生なのであった。。。

 いわゆる
「ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団!」
という歌いだしのところは人生の師泉麻人氏でおなじみの
「テレビ探偵団」
でも替え歌されていたけれど、そのあとが
「勇気凛凛ルリの色」
と続くとは今の今まで知らなかった、己の無知さ加減を大いに恥じる今日この頃でもあるのだった。。。。。

 恵比寿駅から徒歩10分のところにある某社のオフィスでアポなんだけれど、30分ほど早く到着したので、
「隣接するフレッシュネスバーガーに駆け込んで読書」
お隣の席では若いお姉さんが年賀状をしたためている。
 小生も毎年この時期は会社近くのジョナサンに避難して年賀状1枚1枚に
「同級生または下の人には 来年もよろぴくお願いいたします」
と一筆添えているんだけれど、いかせん喪中のため今年は
「よろぴくお願いします」
と一筆したためる機会がないので、この場を借りて書いておくことにしようと思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 で、肝心のアポなんだけれど、
「海外で大成功をおさめている日本の小売業の方」
非常に勉強になりましたよ、
「お忙しい中2時間もお話をさせていただいたんだけれど、やっぱりこういう出会いってとっても大事だなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 ひとつ例を上げると、
「日本のスーパーのレジは依然としてフォーク並びができていない」
たしかに今年の夏にNYに行った際に立ち寄ったホールフーズは完全にフォーク並びが出来ていた。
 こんな例をひとつとっても
「結局お客様優先よりも売り手の都合が優先されているのが日本の小売業だ」
と言われてしまうと、非常に納得してしまう今日この頃でもあるのだ。。。。

 まあ今後どういう形の付き合いになるかはわからないけれど
「出会いを大事にして、勉強させていただきたい」
と思う今日この頃でもあるのだった。。。。。

 夜は諸般の事情により
「西麻布にオープンした会員制バー MJ」
へ参戦。
P1030990
(なんと会員制なのだ)


 オーナーはおなじみ西麻布の中年飲食業者なんだけれど
「こういう店をやるのが夢だった」
と喜んでいるようで非常に微笑ましい限りだ。

 で、こういう店とはどういう店かというと
「いわゆる今はやりのガールズバー」
というやつなのね、
「カウンター超しに若い女の子とお話ししながらお酒を飲む」
というスタイルで、風営法上
「横に座って接客しちゃいけない」
ということのようだ。
P1030992
(なんと指紋認証方式なのだ)


 まあ、なんというか大昔からこのように
「法の抜け道をついたお店というのは常に存在する」
一番いい例が
「お酒屋さんの隅っこで缶詰を肴に飲ませるタイプの店」
あれも本来お酒屋さんでは飲ませちゃいけないんだろうけれど、試飲とか色々と建前があるんだと聞いたことがあるのだ。。。。

 まあ、いろいろあるだろうけれど
「己の夢を実現させたんだから大したものだと言わざるを得ない」
と心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 珍しく飲んで1時近くに帰宅、
「せっかく来年はうし年なので、小生も夢を整理しなければならない」
と思いつつ早々に就寝。。。。
P1030993
(開店祝いのボトルを)


 いろいろあるけれど、心から
「I HAVE A DREAM」
と言えるものはなんだろうか?
なんて考え込んでいたら眠れなくなってしまったので、勇気凛凛ルリの色を読みすすんでいたら面白くてさらに目が冴えてしまった今日この頃でもあるのだった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月25日(木)トップスタイリスト

 午後から時間をみつけて
「床屋さんへ参戦」
前にも書いたけれど、ここ2年近くお願いしていた女性のスタッフが転勤してしまい、後任の方に1度やっていただいたら、
「どうもしっくりいかない」
 その店は銀座のクラブと同じシステムで
「1度ついた担当がずうっと担当する=いわゆる指名替えがない」
ので、
「チェンジ!」
ということがなかなかいいずらい仕組みになっているので店自体をチェンジしたのだ。

 ということで、先月は同じ系列の他店舗へ参戦したんだけれど、どうにもしっくりいかず
「今回はまた別の支店へ参戦となった」
結論から言うと
「ああ、よかった。これで来月から悩まないですむ」
ということである。
 小生の髪型なんかどうでもいい方にきまってるんだけれど、
「たしかにしっくりくる、こないというのはある」
だから
「女性がそれこそ飛行機や新幹線に乗ってまで美容院へ参戦することもようやく理解した」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 ちなみに帰り際にいただいた名刺の肩書きを見ると
「トップスタイリスト」
とある、なんだかよくわからないけれど浮き沈みの激しいスタイリスト業界の中で
「トップ」
と名乗るんだから、
「相当な技量をもった売れっ子さんなんだろう」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 夕方から協力業者の社長さんが来社、
「実はこの会社は連鎖倒産の危機に瀕しているのだ」
世の中死の商人じゃないけれど、
「倒産危機速報」
みたいのが出回ちゃって、
「負債金額●●円」
とか書かれたものだから、
「金額もそうだけれど、風評被害がたまったもんじゃないらしい」
しかも負債金額だけ書かれていて、売掛金は書かれてないから
「売掛金で相殺できる金額や保険が下りる金額も書くべきだ!」
とすごく憤慨しているけれど、
「まったくもっておっしゃるとおり」
と言わざるを得ない。

 でもまあ、
「今回は倒産した当日まで納品してしまって、事前に一言言ってくれてもいいとは思ったけれど、昔からずいぶんお世話になったから」
と心から感謝しているようなセリフを言っていたのがすごく耳に残った。

 やっぱり
「裸一巻で会社を立ち上げてきた人は違う!」
と真剣に感動し
「この社長さんにはできる限りの協力はしていきたい」
と心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 なんというか小生も多くの創業者社長さんを見てきているけれど
「やっぱり立ち上げて、ある程度の商売ができる社長さんは何か持っている!」
ということはつくづく感じるのだ。
 とんかつのご主人もそうだし、白クマのご主人もそう、
「感謝の心をもち、人を裏切らない」
というのが一つのキーワードのような気がしないでもない今日この頃でもあるのだ。。。。

 TCK年末開催は、今日は一日限定のトゥインクル開催。正直この寒さの中でどれだけの売上があるかわからないけれど、
「会社にいても馬券買ってみよう」
という気にはなる今日この頃ではあるのだ。
 さすがに大みそかとかは日中開催でもいいと思うけれど、今日の売り上げがよければ
「もう少しナイターを増やしてはいかがかしらん?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 今日でクリスマスも終了、
「あとは年末の帰省から初売りへとまっしぐら」
ここからは加速度的に一日一日の進み方が速くなるのを実感しつつ疲れ果てて早々に就寝。。。。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月24日(水)遅まきながらiPod nano

 いよいよクリスマスイブということで、朝から盛大にケーキが売れる。てっきり昨日の23日祝日がピークかと思っていたら
「なんだかんだいっても24日は別格の日」
ということを改めて感じる今日この頃ではあるのだ。。。。

 ということで小生も昨日、一昨日に引き続いて閉店後
「盛大にクリスマスケーキをいただく」
まあ、なぜ
「クリスマスにショートケーキを食べるのか?」
という理由は全くわからないけれど
「とにかく美味しくて食べると幸せな気分になれる」
ということだけはよーく理解した今日この頃なのであった。。。。

 ところで、毎年この時期に放送されている
「Mー1グランプリ」
とかいう漫才のコンテスト番組が今年も好視聴率だったようだ、しかもネット上では
「あの判定はおかしいのでは?」
という議論が巻き起こっているようで、巷の注目度の高さに衝撃を受ける今日この頃ではあるのだ。。。
 
 小生もお笑い好きで、
「NGKでは年に最低2~3回は参戦して生で漫才や新喜劇を見る」
だけど、
「ライブで見るのは好きだけれど、テレビはあんまり興味がないよね」
バラエティ番組とかもほとんど見ないし、そして
「あれは吉本の出来レースだ!」
とか怒っている人も多いけれど
「だからどうなのよ?」
という気がしてしまう今日この頃ではあるのだ。。。。

 たけし演じる東条英機を見たけれど、
「あまりにもリアルな東条に衝撃を受けた」
そして原作がおなじみの保坂正康氏なので、話の展開は非常に説得力があった。

 おそらく見ている人は
「東条英機ってもっと極悪非道だったんじゃないのか?結構真剣に戦争回避しようとしたのね。」
と意外に感じ、
「ずいぶん、いい人に描かれてるのね」
と不満に思ったと思う。

 なんというか
「国や国民のことよりも、己の地位に執着した器の小さい人間。だけど天皇だけは徹底的に敬っている」
という描かれ方だった。

 まあ、それはいいんだけれど、
「やっぱり陸軍大臣と参謀を兼務したりをして、徹底的に独裁体制をつくりあげたこと」
なんかも描くべきだとは思うけれど、それは後々のことだから開戦への道筋に絞ったドラマとしてはまあよくできていたと感心する今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ところで首相といえば麻生太郎君も、先日ハローワ-クへ参戦して求職する若者に対して
「今まで何やってたの?何やりたいか明確にしないとだめだよ!」
とニヤニヤしながら説教垂れていたけれど、あの映像も衝撃的だよね。
 
 まあ、そういう行動が報じられるから支持率がドンドン下がっていいんだけれど、まあ欲を言えば
「あのとき若者が徹底的に麻生氏を糾弾して泣きながら訴える!」
とかやって、その後テレビにでまくったりすると、民主党から出馬のオファーなんかきちゃったりして
「シンデレラストーリー誕生」
となったのにと残念でならない今日この頃ではあるのだ。。。。

 CSにて
「人間の条件」
を見て、
「るるぶタイ・るるぶマレーシア・るるぶシンガポール・るるぶマカオ・るるぶ香港マカオ」
を眺めつつ早々に就寝。。。。。。

 ところで、小生も遅まきながら
「iPod nano」
を購入したのだ、別に
「NO MUSIC NO LIFE」
という人間ではないんだけれど、なんとなく欲しくなって購入したのだ。

 で、今必死になってCDから移しているんだけれど、
「こんなに便利なモノとは思わなかったのだ」
勝手に分類とかしてくれちゃったりするしね。
 一応、お部屋と車の中に放置してあったすべてのこの際だから入れてしまおうと思って作業してるんだけれど、昔買ったCDを並べてみると
「非常に恥ずかしいのが多い」
まあ、共に今はなき大阪近鉄バファローズやオリックスブルーウエーブのCDなんかも一応リストに加えておくけど。
 作業中に
「おお、久しぶりに聞いてみようかしらん」
と聞き入っちゃったりするしてなんだか妙に懐かしく思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 別に
「CD1枚1枚、1曲1曲に思い出が・・・」
というつもりはないけれど、基本的に音楽がなくても生きていける小生が購入するということは、
「それなりに理由(わけ)がある」
ということになるので、なんとなく思い出がよみがえってくるような気がする今日この頃ではあるのだ。。。。

 二度と読まないと確信していても本を捨てることができない小生としては
「本もすべてこのようにコンパクトになって欲しいなあ」
と一瞬思ったけれど
「やっぱり本は埃をかぶっても、本棚に並んでることが肝心」だから不要だ
と思う今日この頃なのであった。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月23日(火)沢木さんの本には重大な難点がある

 朝一で新宿へ、10時の開店と同時に大勢の方が伊勢丹へ走りこんでくる。その凄まじさに朝から度肝を抜かれてしまった今日このころなのである。。。。

 まあ、今年は
「景気が悪いのでホテルなんかではなくおうちでホームパーチィー」
をやる方が多いとは聞いていたけれど、それにしてもこの賑わいは想像を絶している。
P1030982
(地下の食品売り場はすごい人だかり)


 キハチさんのショートケーキなんか、それこそ
「いったい何台売れるんだろうか?」
てな具合で列を作っているし、
「ビゴーテのチキンも店の周りを2周くらいする勢い」
にビックリしたし、RF1や柿安のサラダも行列ができているのだ。

 一瞬、
「どこかのチキンでも買ってお昼に食べてやろうかしらん」
と思ったけれど、
「新宿まで来て、なにもそんなことしなくてもいいだろう!他に行くべき店が目の前にあるぢゃないか!」
ということで、
「11時の開店を待ってシェーキーズへ参戦!」
厳密に言うと、11時5分くらい前に階段の上に到着したんだけれど、
「40の独身男が開店前のシェーキーズの扉前でうろつく」
というの現実が異常に恥ずかしく思えて、11時の開店を待っていたのだった。。。。

 で、階段を下りると衝撃的な光景が目に飛び込んできたのだ。
「なんと、入場待ちの列が20名様ほどいるのよね」
皆さん馬鹿にするけれど
「なんだかんだ言ってもシェーキーズ好きなんじゃん!」
と妙に安心したのもつかの間
「今日は休日なので、1180円いただきます!」
というお姉さんの冷たい言葉に衝撃を受ける今日この頃なのである。。。。
P1030983
(やっぱりシェーキーズ)


 やっぱりねえ、飲み物別で
「1180円って高過ぎではないかしらん?」
と思ったけれれど、まあシェーキーズに代わる存在がないから仕方ないと思う今日この頃でもある。
 しかしながら、
「これ以上の出費をする意思はなく、ドリンクはノーサンキュー」
とういうことで、お水をいただきながら、ピザとパスタとポテト、サラダ、ビーフカレーを盛大にいただく。

 一応、周囲を見回すと男性の一人客は結構いるけれど、
「女性の一人客がいたのに衝撃を受ける」
カウンター席に陣取って、読書しながらピザをほおばっていたから、
「いやあ、やっぱりピザはシェーキーズですよねえ、よろしかったらご一緒しませんか?」
とか声かけようかと一瞬思ったけれど、小生も食べるのに精一杯だったので断念、お食事を済ませ速やかに退場。
P1030984
(当然シェーキーズ)


 表に出ると、年末の新宿恒例の
「神はあなたのそばにいます~」
なんていう落ち着いた声がハンドスピーカーから流れてくる。

 彼らはノボリというか、かつて
「世界一強いアントニオ猪木頑張れ!」
と猪木の全盛時に後援者が猪木の入場時にふりかざしていた布製の看板と同様なものを手に持って新宿に毎年この時期になると現れるけれど、
「いったい普段はどlこで何をしているのだろうか?」
と思うと同時に、
「いやあ、これがないと年の瀬じゃないよね!」
と妙にうれしくなる今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030985
(年末の風物詩)


 日本橋周辺も結構な人出のようでなにより、
「今日の繁華街の様子とかみていると、そんな100年に1度の不況が来ている感じはしないなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 帰宅後
「泉麻人著 おじさまの法則」
読了、相変わらず泉氏のコラムは小生の嗜好にピッタリ。
 いつ読んでも
「こんな日常のことをうまく書けるなあ」
と感心せざるを得ない今日この頃でもあるのだ、とくに
「たとえ」
が素晴らしいと常々思う、当たり前だけれど
「プロの文章はすごい」
とつくづく思う今日この頃でもある。。。。

 続いて、
「沢木耕太郎著 旅する力―深夜特急ノート」
を読みだしてしまったら、結局眠れなくなってしまって早朝4時までかかって一気に読了。

 相変わらず、沢木氏の本は
「一度読みだしてしまうと止まらなくなってしまうのが重大な難点だ」
エッセイというか、深夜特急の旅に出るまでの過程を中心に書かれている。
 子供の頃に
「ひとりで電車に乗って松坂屋に参戦したことが彼にとっての最初に旅だった」
ということから始まって、
「猿岩石の旅を酷評(笑)」
したところで終わるのだ。

 ふと、小生にとって
「最初の旅とはどれだったのだろうか?」
と考えると、
「高校生の時、夏休みに一人で新潟競馬へ参戦した」
ことを思い出した、おそらくこれが最初の一人旅だったのだろう。

 駅前の1泊4000円前後の
「ベンクーガーホテル」
へ泊り、今みたいに街歩きをせずに部屋でコイン式テレビを見て、アダルトビデオが見れる喜びにひたっていた記憶がある。
 日中は、1レースから競馬場に参戦していたけれど、
「あまりの暑さに冷房機の前から動けなくなってしまった」
というのも今となっては楽しい思い出である、それをきっかけに
「日本全国の競馬場制覇の旅」
が始まるんだけれど、山口瞳さんの
「草競馬流浪記」
がバイブルとなったことは言うまでもない。

 さすがにほとんど眠れず、明日というかイブの今日は一日が辛そうだ。。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月22日(月)100年と100人

  午前中は会議、午後から来客が複数。1件は非常に前向きな打ち合わせ、仮にA社としておくけれど
「A社とタイアップして地方からお客さんを呼ぼう」
という企画だ。

 既存のパンフレットを見せていただいたけれど、なかなか興味深い。
「帝国ホテルバイキング・品川プリンスホテルバイキング・浅草葵丸進にて天丼・築地すしざんまい・もんじゃ食べ放題」
なんていうプランが並んでいるけれど、どれも追加料金なしの同条件ならば間違いなく
「帝国ホテル選ぶに決まってんじゃん」
と思う今日この頃でもあるけれど、どうやら一概にそうも言えないとの実情にさらに衝撃を受ける今日この頃でもあった。。。。

 おまけで色々なパンフレット持ってきてくれたんだけれど、興味深かったのが
「気軽に行こう! ぴったんこパンダ(成都・雅安)3日間」
ようはパンダの基地を見学に行こうというプランで、
「パンダの臨時宿舎・パンダとのふれあいの時間をお楽しみいただけます!2008年10月現在のパンダ保有頭数は61頭!かわいいパンダに会いたい!貴重な触れ合い体験の休日。」
などと非常に魅力的なコピーが並んでいるのだ。
「大いに検討に値する」
と真剣に思う今日この頃なのであった。。。。。

 朝は異様な暖かさだったのに、午後から雨も降ったりして一気に気温が下がっていった。夕方は雨のピークになってしまい、なんというか
「とても高いケーキ買って帰る雰囲気じゃない!」
ということで、昨日に引き続き盛大にショートケーキをいただくことにする。
P1030979
(惚れぼれするよね)


 なんというか、見ているだけれど惚れぼれするような素晴らしいケーキをいただくんだけれど、
「心の底から美味しい!」
と嘘偽りなく思う今日この頃ではあるけれど、
「小生が連日盛大に食べているようではお話にならない」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 帰宅して珍しく報道ステーション、
「いったいいつ河野明子アナの結婚報告があるのか?」
と思って見ていたら、オープニングでもなく、スポーツコーナーでもなく最後の最後だった。
 まあ、意地悪く言うと
「最後まで引っ張りやがって」
となるけれど、冷静に考えれば番組の冒頭で
「私結婚します!」
と笑顔ではやれば大ひんしゅくかったと思うので、当然といえば当然と思う今日この頃でもある。。。。

 だけど、河野アナといえば慶大ラクロス部時代から交際していたラクロス部のコーチと結婚真近という報道が大昔にあったし、報ステの22上のスタッフとの同棲が報じられたけれど、こんなことになっていたのね。
 でも
「よく今まで報じられなかったのよ、たいしたもんだよ」
と感心する今日この頃でもあるのだ。。。。

 余談だけれど、昨日のサンジャポの中の番宣でTBS小林麻耶アナがVTR中
「青木ゆうこりん、今度一緒に遊びましょうね!」
と笑顔で言っていたのを苦笑いで見ていた青木アナの方に好感をもっているのは小生だけだろうか?

 河野アナは、幼稚舎から慶大で父親は医師って、どっかで聞いたことあるような経歴だ。青木アナは、名門浦和一女から慶大というのも
「いかにも」
ってコースで妙に納得してしまう今日この頃でもあるのだ。。。。
P1030981_2
(もう食べられません)


 で、たまたま見た報ステでトヨタの社長さんが
「100年に1度の不景気で・・・・」
と言っていた、たしかにこの
「100年に1どの不景気という表現はよく使われるけれど本当だろうか?」
100年前の不景気というのをどの時代のことを指しているかわからないけれど、
「そこまではひどくないのでは?」
と思う今日この頃でもある。

 実際、お歳暮見たって、そこまで売れてない雰囲気じゃないしね。
「100年に1度の不景気がこれくらいの悪さで済むんだったらすごくうれしい」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 だけど、人間ながいこと生きていると
「戦争・地震・100年に1度の不況」
に出くわす可能性がある、父親は戦争のみ経験して亡くなったし、母親は戦争と100年に1度の不景気は経験したけれど、
「できることなら地震だけは経験せずに終わりたい」
と語っている。

 繰り返すけれど、これが100年に1度の不景気ならば
「3つのうち1つだけで済めば超ラッキー」
と思う今日この頃でもあるけれど、
「少なくとも地震だけ経験するんだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 まったくの余談だけれど、100という数字には思い出があって、学生時代女性にアプローチして他の男に敗れ去ったM田君が
「俺とあいつだったら100人が100人俺のこと選ぶよ普通!」
と悔しがっていたの思い出してしまった今日この頃でもある。。。。
 ちなみに、それ以降M田君のことを
「100人M田」
と我々は密かに呼んでいたことを彼は知らない。。。。。

 この不況の中で一人勝ちを続けるユニクロの柳井社長がカンブリアン宮殿で語っていた
「チラシは私共からお客様へのラブレターである」
この一言に
「しびれてしまった」
 先日も書いたけれど、日経ビジネスで語っていた村田昭治慶大名誉教授の
「お客に愛情を注げは、必ず愛情を返してくれます」
という言葉と全く同じである。

 小生にとってはチラシではなく
「メルマガと正念場での声掛けによる呼び込みがお客様へのラブレターである」
でも、それはただ単にお客様へのラブレターでなく、
「私はこの商品をこんなに愛してます、こんなに素晴らしいから是非皆さんにも味わって欲しい」
という思いをこめて書いている。

 まだまだかもしれないけれど、この冬は伝わっているような気もする。だけど、
「どうしても仕事を離れた女性へのラブレターは伝わらないんだよなあ」
とつくづく自らのふがいなさを実感する今日この頃でもあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月21日(日)自殺行為

 正直なところ、
「あまり心地よい目覚めとはいえない」
ただ、まったりもしれいられず、早々にチェックアウト。

 食べようかたべまいか散々悩んだ挙句、意を決して
「天ぷらひらお」
へ参戦を決意。
P1030964
(これで十分)


 これまた券売機の前で散々悩んだ挙句、意を決して
「天ぷら定食にいも天をつける」
いつものことなんだけれど、
「食べ放題の塩辛とつけものだけでも十分ご飯はいただける!」
ご飯と味噌汁と、漬物と塩辛とのりかなんかのお昼ご飯を手軽に毎日食べられればいいなあ、と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1030965
(エビは最後にとっておきたい)


 このひらおさんは、空港の近くに本店があるんだけれど、先日土曜日の夜に店の前を通ったら大変な賑わいだった。
「だけど、ひらおさんを土曜日の晩御飯にはしたくないなあ」
と思う今日この頃でもあるのだった。。。。。。
P1030966
(イモは欠かせないのだ)


 繁忙期の運賃はとにかく高い、先月購入したビジネスキップの片割れを使おうと思ったら差額を要求されて衝撃を受ける。
 まあ、百歩譲って高い運賃は仕方がないけれど、
「だったらマイルもたくさんつけろよ!」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030976
(777-300)


 いつもは通路側なんだけれど、今日は珍しく
「非常口の窓側席」
久しぶりに
「富士山を綺麗に見ることができた」
前の戦争中
「B29は富士山を目標に日本へ近づいた」
というのも非常によく分かる、こんな分かりやすいランドマークって他にないだろうと思う今日この頃でもあるのだった。。。。
P1030969
(富士山は別格だよね)


 今日から一応クリスマス体制に入る、店頭にはお持ち帰り用のゴージャスなクリスマスケーキも並べるんだけれど、売れ行きはそんなに芳しくない。
 ということで、
「試食」
という口実の元、閉店後に盛大にいただいてしまう。
 自分で言うのもあれなんだけれど、
「メチャ美味しいよね」
なんというか、自殺行為と分かっていても、もう食べだすと止まらなくなってしまう今日この頃なのである。
P1030978
(自殺行為)


 本当に
「いくらでも食べられる!」
とはまさにこのことで、結局一人で
「5号サイズ1つは食べてしまったのではないか」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 風呂上りに日課である体重計に乗ったけれど、
「う~ん予想よりは。。。。」
ということで、サンジャポを見てから
「泉麻人著 おじさまの法則」
を読みつつ早々に就寝。。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月20日(土)美味しいものばかり

 昨晩は、
「咳がでたり、痒くなったりしてとても熟睡したとは言えず」
快適な目覚めとは程遠い朝。
P1030939
(思わずうわあ!)


 だけど、カーテンを開けると
「あまりにも雄大な桜島が飛び込んでくる」
なんというか
「この瞬間のために鹿児島まで来るんだよね」
まあ、分かりきっていることではあるんだけれど、
「こんなにくっきりと、そして雄大に桜島が見えたのはいつ以来だろうか?」
なんというか、
「己の器の小ささと比べること事態失礼なんだけれど、ホントため息しか出ず思わず見入ってしまう」
今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030938
(クッキリと)


 展望温泉からも
「またまた素晴らしい景色にうっとり」
ここは露天がないのが、唯一の欠点といえば欠点だけれど、城山より距離が近い分だけ迫力があるのだ。。。。

 ソファーにふんぞり返って南日本、日経、日刊の3紙を熟読。もちろん、合間合間に
「テラスへ出て桜島に見入ってしまう」
ことだけは言うまでもない事実だ。。。。。

 チェックアウトの際フロント氏から
「うしさん、年内のご予約はもういただいておりませんね、今年1年誠にありがとうございました!また来年もよろぴくお願いいたします!」
と想定外の年末のご挨拶を賜ったりして、かなりいい気分よく退場となったのだった。。。。

 M百貨店の来年早々での終了が決まっているので、唯一の百貨店となるYへ参戦。さすがに今日は売り出しも重なっているとのことで
「盛大ににぎわっている」
色々な皆さんにご挨拶を済ませるけれど、皆さんの第一声が
「いやあ、今年のみかん本当に美味しかったねえ。他が全滅だったので違いが露骨だよね。他のは人にあげちゃうだけれど、うしさんのところのみかんだけは家族で奪い合いになるんだよ!」
となる。

 ここまで言ってもらえると
「心からうれしく思う」
今日この頃ではあるのだ、色々あるけれどやりがいというか、達成感みたいなものを感じるからね。

 気分よくなったところで、最上階の食堂にて
「名物の焼きそば」
をいただく、まあ正直なところド田舎の百貨店のファミリー食堂なんだけれど、
「ここの焼きそばは野菜たっぷりと美味しい」
周りの人たちも半数以上の方が、おなじメニューを食べているようだ。
P1030942
(美味しいですよ)


 なんというか、それこそ都内の百貨店ではこの手のなんでも食べられる食堂自体が消滅してしまったけれど、
「百貨店の原点ってここだと思う」
今日この頃ではあるのだ。

 まあ、
「鹿児島は他に何もないし行くところもないんだろ」
と言われてしまえばそれまでなんだけれど、
「週末のお昼は家族で百貨店の食堂行ってあれを食べよう!」
という習慣がまだ残っているというのは素晴らしいと思う今日この頃ではあるのだ。
P1030943
(山形屋屋上から)

 
 もちろん、お子様用のメニューもあるしね、小生だって子供の頃は
「渋谷東急本店のレストランに連れて行ってもらって石焼ステーキ食べるのが楽しみだった」
そういうワクワク感がなくなってしまったから百貨店業態の衰退があると思う今日この頃でもあるのだ。。。。
P1030944
(賑わう天文館)


 食後のデザートは
喫茶ママでしろくま
と決まっている、ここもすっかりご主人とは仲良しになって大歓迎してくれるようになった。
P1030946
(フルーツたっぷりのしろくま)

 
 昨日の丸一さんもそうだけれど
「本当に原価を無視した商売してるよね」
奇麗事かもしれないけれど
「お客さんのために!」
という想いが伝わってくる店だから小生は通ってしまうのだった。。。。

 丸一のとんかつ、山形屋の焼きそば、喫茶ママのしろくま、サンロイヤルから眺める桜島。とくれば、選択肢は2つしかない
「指宿で砂蒸しまたは妙見石原荘の露天風呂」
ということで、今日は時間の関係上、
「空港近くの妙見石原荘へ参戦!」
フロントで、
「もう、お客さんお分かりですよね?」
とさらっと入場を許されたのだった。。。。。
P1030947
(ここで着替えて)
P1030950
(独り占め)
P1030949
(素晴らしすぎる)


 1時間ほど、
「出たり入ったりを繰り返し」
川の流れを見つつ入浴、なんというか
「嫌なことを何も考えないですむ至福の時間だよね」
こんな素敵な温泉を独り占めできる小生は
「本当にラッキー」
と心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 鹿児島→福岡間は、もうほとんど勝負があったようで、かろうじて残っている便も今日なんかは
「32人乗りのプロペラ機」
これがまたかなり盛大に揺れたんだけれど、揺れはかなり好きな方なので結構楽しめた30分今日の空の旅なのであった。。。。。
P1030951
(賑わうきらめき通り)


 今宵の宴は
西中洲 藤よし
ここは、焼き鳥が美味しいんだけれど、
「水炊きも評判よろしいとのことで、フルコース」
相変わらず焼き鳥は絶品だったけれど、
「から揚げがメチャ美味しかったのだ」
これはうれしい誤算。
P1030953
(名物の焼き鳥)
P1030954
(絶品のから揚げ!)

 で、今日のメイン
「水炊きなんだけれど」
なんというか、もちろん美味しいんだけれど
「まあ、やっぱりここでは水炊きは1回食べればいいよね」
という感じではある、やっぱり専門店である
「長野へ急げ!」
と思う今日この頃でもあるのだった。。。。。
P1030956
(お約束のスープ)
P1030957
(濃厚なポン酢をつけて)
P1030958
(お野菜もたっぷりと)
P1030959
(ツクネも忘れずに)
P1030960
(しめはもちろん雑炊)


 半年間も引っ張りまわされたSホテルから大変不愉快なメールが届き憤慨。
「どんなことがっても海外でもSホテルなんかに泊まってやるもんか!」
と心に固く誓い早々に就寝。。。。。。

 だけどねえ、昨日の鹿児島ではテレビのCMが
「私は貝になりたい」
が繰り返し繰り返し登場したけれど、今日の福岡は
「ダースベイダー降臨」
が延々と繰り返されている、まあ昔から
「北海道はカラカミ、テレ朝の深夜はハウスとコーワが延々と繰り返される」
という風に決まっていたけれど、あんまりな感じになってきたよね。
P1030962
(クリスマスですねえ)


 亀田の世界戦や日本シリーズでも
「TBSは徹底的にパチンコメーカーしかCM流さないけどね」
これ本当にCMの出稿がないんだなあ、と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月19日(金)夜行列車と八代亜紀さん

 西武のアイスホッケーチームが廃部とのこと。西武のアイスホッケーといえば、かつては
「西武対国土計画」
とか
「堤義明さんの紅白戦」
という試合が行われていて、大昔の佐々木信也さんの地上波プロ野球ニュースでも番組の最後に必ず映像付きで試合結果が報じられていた。

 子供心にも
「不思議だなあ」
と思っていたけれど、いつの間にかドンドン扱いが小さくなっていった感がある。
 もちろんJリーグなど他のプロスポーツが増えていったこともあるけれど、結局
「堤義明さんの終了がすべてだったのだ」
極論だけれど、
「日本のウインタースポーツは堤義明さんなしでは成り立たない」
そういっても過言でないことがまたひとつ証明されてしまった感がする。

 これが堤義明さん健在だったら
「ライオンズの方が先に売却されていたのでは?」
と真剣に思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 まあ、色々あるけれど
「サイは投げられた!」
ということで、ウダウダしていても仕方がない、ということで夕方羽田へ。

 2ビルのゲート内を歩いていたら、周囲が騒がしい
「どうもエクザイル?」
とかみんな口にしているけれど、小生には全く分からなかった。

 小生の目の前を歩いている人がそれっぽいんだけれど、急ぎ足で前に出て確認したけれど、全く見たこともない人だったからね。
 ANA鹿児島行きは
「なんと満席でのご案内」
どうも修学旅行の団体さんがいるみたいだ、まあそれはいいんだけれど、
「集団で地べたに座らせるのはいかがなものかしらん?」
いくら制服だからって通路に座ったら汚れるだろうし、
「通路は座るところではない!」
と心から先生に言いたい。
P1030929
(地べたに座るのはやめた方がいい)

 勝手にゲート内のお土産やさん巡ったり、ベンチに座ってブログ更新したり
「完全な自由行動にすべきだと思う」
今日この頃ではあるのだ、さすがに小生の母校では中学の時既にこんな扱いは受けなかったと記憶している今日この頃ではあるのだ。。。。

 一ヶ月以上ぶりの鹿児島は
「予想より遥かに寒い」
向かった先は言うまでもなく
「味のとんかつ丸一!」
皆さんに温かく迎えていただいて、
「上ロースかつ頼んだに、エビフライが2本もついてきちゃったりして♪」
なんか
「ここへ来ると、本当にホッとする」
今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030931
(ジャーン)


 一口食べた瞬間
「ああ、これが食べたかったんだ!これが本物なんだ!」
一口一口噛締めながら味わう今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1030932
(エビフライのおまけつき!)


 だけど、これだけ不景気なのに
「いやあ、うちは不景気全く関係ないね。凄いよ!」
と平然と言ってのけるTさんは凄いと心から思う今日この頃でもあるのだ。。。。
P1030933
(この断面が!)


 ゆっくりいただいて、お話しをたっぷりとさせていただいて閉店のお時間に退場。本当はもっともっとゆっくりお話があるんだけれど、いかんせん体調不良なので仕方がない。
「夜になると声がほとんど出なくなってしまうのだ」
これは心底つらいよね、段々声が枯れていってしまうのよねえ。。。。
P1030934
(いつの間にかエビが増殖(笑))


 サンロイヤルの自室で一休みしてから、
「展望温泉でたっぷりと汗を流す」
サウナは15分くらいしか入れない体調なんだけれど、温泉に肩まで浸かったり、足だけ浸かったりを1時間ほど繰り返して退場。

 お部屋へ戻って
「探偵!ナイトスクープ」
をリアルタイムで見る、いかんせん東京では2週遅れだし、福岡ではなぜか1週遅れだから妙にうれしい。
 と思ったら今週は今年の総集編みたいなやつで
「ほとんど見たことある」
というこが発覚し、かなりかっかり。。。。。
P1030935
(もうすぐ休刊は寂しい)


 就寝前のNHKニュースで
「はやぶさ・富士廃止」
のニュースが盛大に扱われていた、なんだか分からないけれど
「八代亜紀さんが出てきてコメントしている」
それも結構長い尺なのよね。

 「田舎から夜行に揺られてでてきて、一人前になるまで帰らないと誓った。田舎のキャバレーを回るときも夜行ばっかり。寂しいときも、この線路が田舎まで繋がってるんだと思って・・・・」
なんてもう
「NHKが求めている100点満点のコメントなのよ」
いやあ、種村直樹さんとか川島 令三さんとかにコメントを依頼しないで
「八代さんを選んだNHKはさすがだし、何を求められているか100%理解して実践する八代亜紀さんもプロ!」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 早々に床に入ったけれど、なんだかとっても具合が悪くなってしまい起き出して読書。
「浅田次郎著 勝負の極意」
読了。
 
 なんというか
「競馬だけの本はちょっともういいかしらん?」
という感じがする今日この頃ではあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月18日(木)時の流れが速すぎる

 今日は朝から盛大に会議があったり、舞浜へ行ったり羽田へ行ったり
「まさに師走」
別に小生は師匠ではないけれど、走り回ることはあるのだ。

 ただ、舞浜や羽田なんていうのは車での移動だと、さほど辛くはないし、時間的にものすごく助かるのだ。
 まあ、
「3000CCの車に乗ってCO2をたくさん排出するな」
と言われるかもしれないけれど、ちょっと許して欲しいと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ところで、連日連日新聞テレビで
「派遣切り、使い捨て」
なんて報道ばっかりなんだけれど、我が軍にも繁忙期の派遣の方たくさんいる。

 で、
「実際どうなんですか?仕事ドンドンなくなってるんですか?」
と聞いてきたら
「いやあ、そんなことないですよ。今月は丸々こちらでお世話になってますけど、友達も頻繁に仕事依頼のメールが来ているようです」
との回答が返ってきた。

 まあ、これだけではよく分からないし、テレビや新聞の報道だけでも全く分からない。ただ、事実としてあるのは
「弊社は慢性の人手不足」
ということだ。。。。。。

 それはともかく、今日は12月18日。なんというか、
「とにかく1日がすぐ終わってしまうし、1週間も速すぎる」
こんなに1日が短く感じるようになるのは困りモノである、
「このままだとどう考えても後悔する人生になってしまうので、もう少し真剣に生きなければ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 せっかく小生だってこの世に生を受けたんだから
「一度くらいは結婚してみたいし、子供の幼稚園や小学校受験で悩んでみたいし、焼き鯛を買いに行きたいし、市主催の親子キャンプに参戦してみたいし、高尾山へ行ってみたい」
と思う今日この頃ではあるのだ。

 馬は走らないし、野球も本気で応援する球団がなくなっちゃったし
「ちょっと生きがいがなくなってきた」
今、真剣にしてみたいと思っているのは
「世界一周だけ」
それも沢木耕太郎さんみたいな貧乏旅行でなく、
「スターアライアンス世界一周航空券ファーストクラス」
これで盛大にやりたいのだ・
 
 だけどお金はなんとかなったとしても一ヶ月も休むのは難しいよね、ということで
「ソウル発着にすれば何回かに分けて一周できる」
という技があると知ったので、真剣に考えてみようと思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 まあ、ちょっと現実的な人生では明るい未来の展望が開けないので、
「せめてこれくらいの夢は見てみようと」
真剣に思う今日この頃ではあるのだ、
「今日はヤフー占いで98点だったのに何にもいいことなかったなあ」
と思いつつ疲れ果てていつの間にか就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月17日(水)富田靖子さんのおもひで

 今朝の日刊に
「富田靖子 10歳年下の男性と結婚」
と報じられていた。

 まあ、どうでもいいんだけれど小生と彼女とは浅からぬ因縁があるのだ、小生は高校時代渋谷から東横線に乗って、日吉駅で下車していたけれど、日吉駅からその電車に毎朝乗り込んできたのが
「22年前の富田靖子さんだ」
たしかアイコ16歳でデビューしたばかりで、まだ高校生。
 
 日吉の下宿から高校のある綱島だかへ通学していたのだ、小生はあまり関心がなかったけれど、ちょっと厄介な輩が
「ねえ、富田靖子さんでしょ!握手してくださいよ!」
と頻繁に話かけるものの、
「すみません、学校との約束で通学中は出来ないんです」
と、全く持って筋の通った断り方をしていたんだけれど、あんまりしつこく言うので
「もういい加減にしてください!」
とピシャリとお断りされていた。

 その後、彼は
「芸能人だからって調子に乗ってるんじゃねえぞ!」
と今で言うところの
「逆ギレ」
までしてしまい、傍からみても富田靖子さんがかわいそうだと思ったものだ。

 ごくまれに、2時50分発の急行に乗り込むと、先方も乗っていて
「なんとなくチラチラ見てしまった」
のも記憶にあるし、一点張というラーメン店で
「みそらーめんを食べるシーンを目撃した」
という情報も頻繁に聞かれたものだ。

 だけど、その当時だからそんなもので許されたけれど、
「今だったら携帯のカメラで徹底的に撮影されてしまうんだろうなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 午後から雨の中お出かけ、久しぶりの講義というか講習会。せっかく呼んでいただいたのに、
「こんな声で本当に申し訳ない」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 しかも、こんな社会情勢の中で早くも来年度の契約更新のオファーもいただいたりして、
「心からありがたく思う」
今日この頃でもあるのである。。。。。

 なんだかんだで、会社を出たのが22時過ぎ、久米宏ファンの小生としては、久しぶりに氏の番組を見ることができてうれしいんだけれど、
「ちょっと厳しい雰囲気を否めないよね」
なんとか応援したいと思ってるんだけれど、スタッフというか企画に恵まれていない雰囲気を感じざるを得ない今日この頃ではあるのだ。。。。。

 CSにて
「人間の条件」
を見てから、床に入り
「浅田次郎著 勝負の極意」
を読みながら早々に就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月16日(火)櫻川さんへ参戦

 ここのところ負け戦というか防衛戦の準備に割かれる時間が多いなど、明るい話が全くなくなってきた今日この頃ではあるのだ。。。。

 依然として体調も優れないどころか、
「お腹の張りがすごくて」
ちょっとキツイ、それこそ
「針を刺したらシューってしぼみそうな雰囲気さえ感じる」
今日この頃でもあるのだ。

 そんな体調の悪さもある中、夜は忘年会開催が予定されているので、お昼はセブンのおにぎり2つ。
「直巻きのシャケと五目御飯」
セブンのおにぎりといえば、何年か前に一瞬だけ販売された
「いなり握り」
みたいなのがあって、凄く好きだったんだけれど、それこそ一瞬にして棚から消え去ってしまったのだ。

 あと、セブンのおにぎりといえば、先月山口の店で食べた
「五目にぎり、味付け海苔」
これも美味しかったね、小生基本的に海苔はパリパリの方がすきなんだけれど、関東では何故か直巻きしか販売されてないからね、このあたりの商品政策の違いは大いに気になる今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ということで、夜は
「ミシュラン1つ星の 日本橋 櫻川さんへ参戦」
ここへ参戦するのは、通算3度目だけれど、
「コストパフォーマンスバツグン!」
の大好きなお店なのだ。。
P1030908
(日本橋櫻川さんへ参戦)
P1030909
(廊下を進んでいって)
P1030910
(なんと階段を降りるのだ)


 日本橋三井タワーの某フルーツパーラーの横に入口があり、ドンドン進んで行って階段を下りてお部屋へ案内されたので、
「実質中2階になるのだろうか?」
ちなみにお出口は1階にもあるので、お忍びで参戦した
「理由(わけ)ありカップル」
なんかは別々の出口から退場できるのでオススメであるのだ。

 基本的に、このお店は
「昼6050円、夜13200円(税サ込み)のおまかせコースのみ」
ということで、お席に案内されると、勝手に次とお料理が運ばれてくる。
P1030911
(お船が登場)
P1030913
(ホヤとアワビと白子)
P1030914
(カニのお椀が♪)


 お料理もそうだけれど、
「器が素晴らしい」
見ても楽しいし、食べてももっと楽しいのだ。
P1030916
(フグの厚切り!!)
P1030918
(お船に乗ったおつくり)
P1030920
(鳥さんが2羽登場!)
P1030921
(お餅にはさまれたカラスミがなんとも♪
P1030922
(まながづおとフォアグラ!!)
P1030923
(ここで意表をついてフカヒレと湯葉)

 もうここまでで大満足なんだけれど、シメは3種類のミニ丼の中から
「マグロ」
をチョイス、これがまたなんともこおばしさと、半熟玉子と。。。。。
P1030924
(焼きマグロ)


 最後に、
「水菓子・わらび餅・お抹茶」
といただけば、もうなにも入りません!
P1030925
(季節の果物(笑))
P1030926
(わらび餅)
P1030927
(ミルクください!)


 いつも思うけれど
「このコストパフォーマンスのよさは比類がないよね」
とつくづくおもう今日この頃ではあるのだ、今日はスーツの男性8名だったけれど、きっといつの日か
「おしのびで女性と参戦したいなあ」
と心から思う今日この頃ではあるけれど、
「別に人の目をしのぶ必要は全くないのでは?」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 今日は表参道から徒歩にて帰宅、右手に表参道ヒルズを見ながら坂を下って
「看護協会の前で、南野法務大臣」
を思い出し、
「あの人を法務大臣に任命した小泉氏はつくづく偉大だ」
と改めて感慨にふけってしまった。
P1030928
(原宿の夜は早い)


 シェーキーズの前を通り過ぎると
「平日スペシャルバイキング」
の文字が躍っていて、思わず立ち止まってじっくりと読んでしまった。

 シェーキーズの隣といえば
「キディランド」
なんだけれど、子供の頃はお金も持たずによく行ったよね、だけど
「ゲーム全盛の今、価格競争力を持たない玩具専門店はどうやって戦っているのだろうか?」
つくづくおもうけれど、
浮き沈みの激しい原宿において未だに健在というのは、たいしたものと言わざるを得ない今日この頃ではあるけれど、
「やっぱり孫に頼まれて、たまごっち購入のため早朝から宮沢喜一先生を並ばせた店の格」
ということなんだと改めて思い知ったような気がする今日この頃ではあるのだ。。。。。

 浅田次郎著
「サイマー」
読了、まあ競馬ネタなので読んだけれど、正直そこまで面白いとは感じなかった、まだまだ在庫があるので次にとりかかる本を悩みながら早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月15日(月)恒例の浅草へ参戦

 今日は新聞休刊日なので、日刊を熟読すると
「昨年度のトヨタの役員賞与は29人で計10億2000万円」
という記事があった、まあこれを単純に29で割ってもあまり意味ないけれど、とりあえず割り算すると
「約3500万円」
となる、これを多いと見るか意外と少ないと見るかは意見が別れるところであろう。

 ちなみに、小生トヨタに出資しているわけでもないし、トヨタは公的資金を注入されているわけでもないので、小生には全く関係ない。
 ただ
「米ビッグ3の役員の年俸と比較してみたい」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。  

 トップの年俸といえば
「JALの社長の年収が900万円」
とのことでユーチューブを通じで世界で賞賛されているけれど、パイロットより全然安いのはともかく
「副社長を初めとするその他の役員さんの年収は当然社長以下なんだろうか?」
これ、かねてから大きな疑問だったんだけれど、全く出てこないからね。

 社長の年収を公開するならば
「是非とも全役員の年収も公開すべきでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 だけどねえ、
「年収900万しかクローズアップされない社長さんっていうのはいかがなものでしょうかね?」
今は一気にやばくなったけれど、
「年収10億でも20億でもいいけれど、倒産寸前からV字回復させて高配当利回りを実現させるゴーン氏の方が方が株主にとって歓迎すべき社長である」
ということだけは間違いないと思う今日子の頃ではあるのだ。。。。

 午前中は会議、延々と会議。お昼までの設定だったんだけれど、結局終わったのが14時過ぎ。
 かねてから
「会議の長い会社はダメな会社」
と書いてきたけれど、実際ここまで景気悪くなってくると、議論すべきことも多くなる昨今の社会情勢でもあるのだ。

 慌てて15時過ぎに浅草へ向かう、諸般の事情で毎年この時期に浅草へ参戦するのが定番となっている。まあ、本来浅草寺が主たる目的地ではないんだけれど、
「お参りもしました」
だけど、なんというかこの閑散期にもかかわらず浅草っているのはものすごい人出だよね。
「これはたいしたものだ」
と改めて思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030901
(仲見世を通って)


 だけど、一説によると
「ついで参りはダメ」
といわれているけれど、なかなか
「それだけを目的にお寺へ行くのもそうそうないのでは?」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。
P1030902
(来年こそご縁がありますように。。。)


 毎年、この時期の浅草では
「大黒家で天丼を食らう!」
と決めているんだけれど、いかんせん体調が悪くて
「そんなにというか全く食指が動かない」
だけど、どう考えても
「この時間に浅草で他に参戦すべき店もない」
ということで
「例年通り、大黒家へ参戦」
昼時は行列が出来ているけれど、さすがにこの時間ではすんなり入場を許された。
P1030907
(いつもの大黒家へ参戦)


 天丼には
「エビ1本+もろもろ・エビ2本+かき揚げ・エビ4本」
と3種類あるんだけれど、今日のところは
「竹というか中を注文」
 出来上がるまでの間
「お茶を飲みながら食べる漬物が至福の時間だ」
P1030903
(待っている間の漬物が大好き)


 で、いよいよ運ばれてきましたよ
「お約束通り、丼からエビがはみ出してるよね!」
これ見た目は真っ黒で
「とんでもなくしょっぱそう」
だけれど、食べてみるとそんなに塩辛くもないのよね。
P1030904
(丼からはみ出るエビの尻尾)
P1030905
(ジャーン)

 まあ、お味については今更語ることもないけれど、
「やっぱり、エビに味というか旨みが全くない」
というのは厳しいけれど、まあこれはこれ、縁起物ということで自分を納得させる今日この頃ではあるのだ。。。。

 毎年この浅草では一人で考えことをするようにしている、
「この1年自分はどうだったのだろうか?」
と考え続けて早10年経ってしまった。
 正直なところ、10年前には
「10年後も結婚できないでいるとは想像もしなかったよね」
とつくづく考え込んだら、もはやあきらめの境地に達してしまった。。。。

 夕方から同級生が続々と登場、ありがたいとしか言いようがない。ちょっとかなり後ろ向きな仕事をしてから22時過ぎに帰宅、入浴しても咳が止まらず。
「今夜も横になるのが怖い」
今日この頃ではあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月14日(日)さすがはピクサー

 昨晩は、かなりひどい咳が続いて熟睡できずに朝を迎えてしまった。小生は、子供の頃かなり重症の喘息患者だったけれど、大人になるに従ってほとんど発作がでることはなくなった。
 それこそ、子供の頃は家族旅行や林間学校なんかへ行くとかなりの高い確率で発作が出てしまい
「咳が止まらなくなる」
ことがままあったものだ。
 咳もひどいけれど、背中の肩甲骨の辺りの痛みがひどくなって部屋の柱の出っ張っている部分に背中をこすり付けたりした事は記憶に新しい。
 今でも思うけれど
「何故、喘息の発作は圧倒的に夜から明け方におきやすいのか?」
まあ理由はあるんだろうけれど、今となっては知りたくもない。

 だけど
「呼吸が出来ない苦しさ」
っていうのはちょっと経験した者でないと分からないよね。
 余談だけれど、中学の時お医者さんに
「喘息は過呼吸だから、発作の時はなるべく呼吸を小さくしなさい」
と言われたときは
「目からうろこが落ちる思い」
だった、女医さんから
「あんた、そんなことも知らなかったのか?」
とあきれられたけれど、実際知らなかったんだから仕方がない。

 前置き長くなったけれど、
「完全に同じではないけれど、かなり喘息っぽい咳」
という自覚症状があり、
「かえって加齢と共に眠っていたの因子が復活したのかしらん?」
と恐ろしくなる今日この頃ではあるのだ。。。。

 今日は文字通り
「冷たい雨、あいにくの雨」
という表現がピッタリだよね、今日この雨が降られてしまうと商売やっている人たちは泣くに泣けないのではないだろうか?
 
 もはや諦めの境地にならざるを得なくなってくる今日この頃であるけれど、新聞を読むと
「トヨタ役員賞与0」
との見出しが踊っているけれど、
「彼らの年収がいくらで、そのうち賞与がいくらなのか具体的な数字は掲載されていない」
なんかちょっとというか、すごく嫌なリーク記事だよね。

 日本橋地区はあまりにも寒々しいので、地下鉄に乗って銀座地区へ。
「この雨でも歩行者天国開催」
というに衝撃を受けるけれど、
「さすがは銀座」
歩行者天国もにぎわっているし、数寄屋橋チャンスセンターの1番窓口の列の長さも強烈である。
P1030899
(さすがは銀座)


 ところで、日曜の銀座といえば
「和光定休日」
というイメージが強いんだけれど、
「なんと和光は日曜営業始めたのね!」
何年前からそうなったかは分からないけれど、
「どうせなら、徹底してあの場所で日曜休みを徹底して欲しいなあ」
と思う今日この頃でもある。。。。
P1030898
(和光営業中とは。。。。)

 こういう寒くて、体調が悪い日は
「徹底的に辛いものを食べる!」
というのが民間療法の基本である。
 それこそ、中学生の頃は
「ちょっと風邪気味で危ない!」
と思ったときは
「国鉄渋谷駅山手線外回りホームの山の手そばで、七味とネギをたっぷりと入れた天ぷらうどん」
を食べると風邪の悪化を未然に防ぐことが出来たのだ。

 ということで、
「韓豚屋さんにて、明太スンドゥブ定食 定食 辛さ2倍」
をいただく。
P1030896
(おいしそう)


 正直なところ
「これは、並みの辛さではない」
でもねえ、辛いもの好きの小生としては大感激で、追加のキムチまで綺麗に平らげてしまいました。
P1030897
(熱々のグツグツの辛辛)


 銀座に来てから気づいたんだけれど、
「今日は14日で、東宝系の映画館は1000円で観られる日なのだ!」
ということで、慌てて検討した結果
「ウォーリー字幕版」
をやっている日比谷映画へ参戦。

 この日比谷映画は、
「音響もいいし、スクリーンも大きさし、傾斜もあってお気に入りの小屋だ」
さすがに1000円デーとあって、結構な混雑ぶり。

 ところで、この映画は
「吹き替え版と字幕版がある」
ここ日比谷映画では早い時間2回は吹き替え、その後は字幕版での上映だけれど、調べてみると全国的には
「圧倒的に吹き替え版が多いのね」
ある意味驚いたというか勉強になる今日この頃ではあるのだ。。。。。

 だけど、素朴な疑問として
「お子様達は楽しめるのだろうか」
かなりメッセージ性が強い作品なので、
「吹き替え版を選択するお子様達にはちょっと楽しんでいただけないのでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 結論から言うと
「さすがはピクサー」
ということなんだと思う、観ておいて損はないですね。

 普段なら、銀座から三越前はお散歩に最適の距離なんだけれど、さすがに今日は具合も悪いし寒いし銀座線を利用。
 売場に出ているうちは大丈夫なんだけれど、オフィスでデスクワークしていると咳が止まらなくなる、ちょっと危険な信号。。。。

 帰宅、
「篤姫最終回・サンジャポ」
を見てから早々に床に入るけれど、ちょっと怖くて仕方がない。
 
 全くの余談だけれど
「清原氏のご長男慶應幼稚舎合格」
とはビックリ、
「花田勝氏再婚、お相手は国仲涼子風」
とのこと、1度目はCAの美恵子さん、2度目は幼稚園の先生ですか。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月13日(土)波高し

 今朝も早朝から市場へ、外苑から首都高へ上がろうと思ったら4号上りが渋滞のため、芝公園まで下を走る。
「さあ、高速へ上がろう」
と思ったら、
「なんと入口閉鎖」
あまりの事態に衝撃を受けた、あとで調べたら
「どうも福岡へ当日移動の麻生太郎君のおかげらしい」
だけど、どうせ午前中から首脳会談が行われるんだったら、昨日の夜遅くに帝国ホテル
「ゴールデンライオン」
なんかで一杯やらずに、最終便で福岡入りして
「やま中でもつ鍋・鉄なべで餃子」
を食べてから
「西鉄グランドホテルやソラリアのバーで一杯やって、そのまま宿泊!」
というのがごく一般的な選択だと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 まあ、そんなことはさておいて、ひとしごと終えてから、いつも通り浅野屋さんで朝ごはん。
 本日のメニューは散々悩んだ挙句
「たぬきうどん・ミニカレー」
風邪が治りかけの小生としては
「ネギと七味をたっぷりと入れて!」
もうなんだか、風邪も治りそうだよね、と心から思うくらい幸せな気分になる今日このこの頃ではあるのだ。。。。
P1030882
(ネギたっぷりのたぬきうどん)
P1030883
(定番ミニカレー)

 今日はこの冬最大の山場ということで、奮闘する。奮闘するんだけれど、
「かなり状況は厳しいと言わざるを得ない」
これは全国的な傾向なんだけれど、11月中旬から下旬のシーズン前半はそれなりの数字が出ていた、ところが12月に入って一気に落ち込んできているのだ。
 全国から耳に入ってくる数字も、ちょっと信じられないものばかり。今まで、あまり景気の悪化を実感していなかったけれど、
「ここまで一気に冷え込むとは予想も出来なかった」
今日この頃ではあるのだ。。。。

 だけど、最近聞こえてくるのは
「派遣社員切り」
この問題よく分からないけれど、
「期間中に勝手に契約を打ち切ることは違法ではないのだろうか?」
中間に存在するはずの請負会社の存在も全く表に出てこないしね、どう考えても
「期間を短縮するから、寮からも速やかに退去してください」
というのも人道上大いに問題あるといわざるを得ない。

 本来ならばもっと遅くまで残業のはずだけれど、
「皆が頑張ったおかげか?景気が悪いせいなのか?」
分からないけれど、比較的早めに終わったので、
「じゃあ、たまにはうまいもんでも食ったろうか!」
ということで、向かった先は何故か神保町。

 土曜の夜の神保町がここまで人気がないとは思わなかった、9時だというのにあまりの寂しさに衝撃を受ける。結局ほとんど選択肢がないまま
揚子江菜館
へ参戦。
P1030885
(ナスは美味しい)


 なんだかよく分からないけれど
「想定よりもお値段が高め」
一瞬躊躇したけれど、他に選択肢もないので炭水化物系を中心におなか一杯いただく。
 どうも元祖冷やし中華のお店らしく、この時期でも冷やし中華があるのに衝撃を受けた。せっかくなのでいただいたら
「なるほど」
という感じだ、冷静に考えるとお外でお金払って冷やし中華を食べたのは初めてかもしれない。
P1030888
(たしかに美味しい)
P1030889
(五目(笑))

 いつも我が家では夏の土曜日のお昼は
「マルちゃんの冷やし中華が定番」
だったし、あんなもの外でお金払ってという感じが未だにあるからね。
P1030890_2
(元祖!)


 この店四川系なのか分からないけれど、
「麻婆豆腐・麻婆茄子」
がなかなかおいしゅうございました、ただ正直なところ
「チャーハン・五目焼きそば・五目麺」
といったところについてはお世辞にも・・・・・・
P1030892
(グリンピースが(爆))


 帰りの車中で、武道館の横を通る際に元ジャ○がポツリと
「武道館かあ、懐かしいなあ」
とつぶやいたのを聞き逃さなかった、確かにこの人ここのステージ踏んでるんだよね。
 冷静に考えると
「こいつは只者ではない」
と再認識する今日この頃ではあるのだ。。。。

 文藝春秋を読みながら早々に床についたんだけれど
「咳がひどくて全く眠れず」
公私共々、心身ともに
「波高し」
な今日この頃ではあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月12日(金)あんまんとスタバ

 今週は14日の日曜日まで
「セブンイレブンのおにぎりが100円(一部の商品を除く)セールである」
普段からセブンのおにぎりを愛用している小生としては、大いに助かるし普段以上に購入してしまう。
 当然ながらそういう考えの方は他にもたくさんいらっしゃるようで、
「拙宅に隣接するセブンは朝普段の倍くらいのおにぎりが陳列されている」
オーナーさんも強気でオーダー出来るのだろう。

 小生、別にコンビニマニヤではないけれど
「やっぱり、おにぎりとおでんだけはセブン以外では購入できない」
なんて話をしていたら
「サンドイッチはファミマ」
なんていう方がいたけれど、なかなかファミマのお世話になる機会すらない今日この頃ではあるのだ。

 で、この季節は
「やっぱり肉まん」
なんだけれど、常々思う疑問として
「あんまんって食べる人どれくらいの割合でいるのだろうか?」
「毎年新作が出るけれど、意味あるのだろうか?」
「セブンの中村屋以外はちょっと厳しいのでは?」
というのがあるけれど、一説によると
「中村屋のあんまんは、とろーりとして美味しい」
なんて言う人がいるのに衝撃を受けた今日この頃ではある。。。。

 そんでもって、井村屋の肉まんって大昔に食べて
「なんじゃこりゃ?」
という最悪のイメージがあったんだけれど、
「どうも最近リニューアルして美味しくなった」
なんて言う人がいるのにも衝撃を受けた今日この頃でもあるのだ。。。。

 前置きが長くなったけれど、ということで
「今日のお昼は、セブンのおにぎり2つと、とろりんシュー」
でもつくづくおもうけれど、
「どうやったら、とりりんシューを100円で売れるのだろうか?」
不思議でたまらないよね、これは
「コージーコーナーのジャンボシュークリーム」
にも言えることだけれど、心から尊敬してやまない今日この頃ではあるのだ。。。。。

 まあ、なんというか日中は心労がたまるようなことばかりおきるので、
「浅田次郎著 カッシーノ!2」
を懐に忍ばせ近所のスタバへ緊急避難して一気に読了。

 いやあ、なんというか
「この本のおかげで、読んでいる時間だけは現実逃避させてくれるよね!」
深夜帰宅すると、楽天ブックスにて購入した本が一気に10冊届いていた。
 
 まあ悩ましいけれど、とっても贅沢な時間である
「次はどの本読もうかしらん?」
なんて思いつつ疲れ果てて就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月11日(木)社長と先生

 早朝から市場へ参戦、今日は異常なくらい暖かくてコートも不要な勢いすら感じる。
 一仕事終えてから、9時過ぎに会社へ向かったんだけれど、
「首都高ガラガラ、およそ15分ほどで会社へ到着」
それこそ土曜日のような雰囲気さえ感じる今日この頃ではあるのだ。。。。

 実は
「今日はヤフー占いで97点!」
という高得点の日なので
「今日はいいことあるだろうなあ~」
と思っていたら、一気に奈落の底へ突き落とされるような一日となってしまったのだった。

 こんなとき負けないためには
「盛大に昼飯を食うしかない!だけど手許不如意」
ということで
「フォルクスへ参戦」
お肉は一口だけ手をつけて、サラダヴァーを3回お代わりして満腹にするのだった。
 ここのサラダヴァーはいつ行っても特に代わり映えもないし、ドレッシングも特においしくないし、野菜自身も美味しくないんだけれど、
「お値段だけは魅力的である」
ランチで880円ならどう考えてもわざわざ野菜食べにいくよね。

 ランチから盛大にグラ○○(グラタンではない)の超高級スペイン料理店へ参戦しているliliaさんとは格があまりにも違いすぎるといわざるを得ないけれど、小生も会社の近くにある、あのサン○○にはディナーで1度参戦したけれど、
「おなか一杯にならないし、ワイン飲んで3万なら他に行くべき店がある」
と思った過去があるのだ。

 他に行くべき店といえば
「世界で一番高いステーキ店と言われる、新橋のA(漢字が書けないあの店)」
も死ぬまでに一度接待してもらって行きたいと思っていたけれど、
「あそこで4~5万払うなら、もっと他に行くべき店はある」
と来週NHKの今日の料理に出演予定の美人料理研究家の方に吐き捨てられた。
 
 たしかに
「あの店も10年後に営業しているのかしらん?」
と心配にはなるよね、でも日経とか文藝春秋とかにも広告だしているしなあ。。。。
 どうも客層としては
「製薬会社がお医者さん接待で、ここで肉を食べてから銀座へ繰り出す」
的な使われ方らしいけれど、まあそれもまたよしである。

 銀座で接待というと、店内では
「社長!先生!」
この2つが敬称として飛び交っているイメージがある。
 残念ながら小生、依然としてそのどちらでもないんだけれど、一度だけ講演の際には
「それでは講師のうし先生お願いします」
と先生付けで呼ばれて
「妙に照れてしまった」
ことは記憶に新しいのだ。

 まあ、その気になれば勝手に会社立ち上げれば
「社長!」
と呼ばれることはそう難しくはないけれど、今のところその予定は全くない。
 そんな中で、前にも書いたけれど、中学一年生の時からもう20年近く
「社長!」
と呼ばれ続けている友人がいる。

 まあ、ひょんなことから付いたあだ名なんだけれど、街中で携帯にかかってきた電話をとるとき
「はあーい社長で~す」
と出ると、周囲の人が
「なんだこいつが社長なのか?」
と好奇の視線を送ってくるのが快感だと語っていた。

 社長は現在、大手ゼネコンの課長なんだけれど、
「是非とも本物の社長になって新橋のAから銀座へ連れて行って欲しいなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 かなり厳しい状況なんだけれど、唯一の救いはお歳暮にみかんを贈った方々から
「美味しい!さすがだ!甘いねえ!」
など最上級の褒め言葉を賜ることが出来ること。
 まあ、
「この仕事やっていてよかった」
と思う瞬間なんだけれど、体調も悪化して先行きが全く見えないので、現実逃避として
「浅田次郎著 カッシーノ!2」
を読みながら早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月10日(水)根津でたいやき

 昨日の通夜に続いて今日は告別式。
 告別式といえば
「10時または11時開始」
というのが定番なんだけれど、何故か中途半端な12時開始。
 
 ということで、朝は通常通り出勤してから地下鉄に乗って根津へ向かう、
「根津というと、いかにも泉麻人さんだったら、それこそ散策本1冊くらいかけそうなイメージがある」
ということで、
「ちょっと早めに行って、下町の人情味あふれる店で昼飯でも食ったろうかい!」
と思ったんだけれど、めぼしい店は全く見つからず。

 唯一気になったの店が
根津のたいやき
なんというか
「いかにも!」
ってにおいがしたので、速やかに列へ参戦して1個いただきました。
P1030880
(根津のたいやきやさんへ参戦)


 大きさは普通だけれど
「外の皮はカリっとしていて、中はしっぽまであんこがギッシリ。」
という表現がピッタリですね(かなりありきたりの表現)
 でもかなり甘さ控えめ過ぎて小生的には・・・・・ 

 だけど、
「たいやきの褒め言葉って、あんこがしっぽまでギッシリ」
というのが定番だけれど、そんなに心配だったら
「今川焼きや大判焼き、回転焼き(地方によって呼称が違う)を食べればいいじゃん」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「たいやきに思いいれがある人はいかにも多そう」
という今日この頃ではあるのだ。。。。

 今川焼きといえば、中学生の時に通った
「三田の慶應仲通り中ほどの角に今川焼きとお好み焼き店があった」
テイクアウト専門の店で、
「今川焼き60円、お好み焼き150円だか200円だか」
だった記憶があり、もちろん校則違反であるが、食べ盛りの小生は日々愛用していた。

 今川焼きは
「あん・クリーム・チーズ」
と3種類あったけれど、小生のオーダーは専らクリーム。
 なんというか、
「こんなチーズなんて食えるかよ!」
とここでも食わず嫌いぶりを発揮していたけれど、高校か大学の時に再訪し意を決してチーズを食べたら美味しかったと記憶している。
P1030877
(皮はパリっと)


 告別式が終わり、町屋の火葬場へ転戦。
 車中、導師様と同乗することになり、色々と疑問を投げかける
うし  「引導を渡すの、引導はいつ渡したんですかね?」
導師様「2回あって、なくなる直前と、さっきです」
うし  「お焼香は何回がいいんですか?」
導師様「宗派というより、地域によって昔からの習慣で決まってるみたいですね、色々説があるので分           かりません。」
うし  「仏教的には、この火葬する前と後は意味合いが違うんですか?」
導師様「火葬は明治時代に勝手に決めたことだから、全く意味合いはないです」
なんて、質疑応答をしている間に町屋へと到着。

 到着はしたんだけれど
「まだ、お釜が空いてませんのでしばらくおまちください」
との係りの方の言に従い、ロビーにて待機。

 で、いよいよそのときが来たんだけれど、よくテレビで見るような
「ちょっと待て!おばあちゃんはまだ生きてるんだ!」
なんていう場面もないまま、お釜のふたは固く閉ざされたのだった。。。。。

 およそ40分ほどで焼き上がりました。
 高級菜ばしでお骨を骨壷に収めますが、
「2人1組で骨を持ち上げるけど、このあたりの意味合いは何だろうか?」
でも宗教的にはさっきりの理屈だと関係なさそうだしねえ。

 係りの方が
「この年齢の方にしては、骨が一杯残ってます。少ない方はこの半分くらいですよ」
なんて言われると
「一同、妙に笑顔になったりする」
あのあたりの心理状態はなんとなく微笑ましい。

 式場へ戻り
「繰上げ初七日」
これもよく分からないけれど、想像するに
「死んだ人を7日くらいは覚えておいてあげてくださいよ!」
という趣旨なんだと思うけれど、その日中にやっちゃうからね。

 だったら、思い切って
「繰上げ49日までやってしまう時代も近い将来あるのでは?」
と思うと同時に
「そこまでやると、お寺の経営があやうくなるからやらないだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 だけどなんというか、何代も前から菩提寺が決まっていると
「もう変更って出来ないのだろうか?」
実際のところ和尚さんだか、お坊さんだか、導師様だか分からないけれど、
「周りにいる方はあまり尊敬できる方がいない」
ぶっちゃけなところ
「この人に引導渡して欲しくないし、お経読んでもらいたくないし、お金払いたくない」
っていうのが本音でもあるよね。

 実際お値段だって
「戒名は○円で、通夜と葬式出張費用で○円」
これも競争原理が働かないから
「100%言い値だよね」
小生も父親の葬式の際に交渉しようとしたけれど、全く交渉の余地がなかった記憶がある。

 どうもこの世界はよく分からない、それこそ
「昔は僧兵なんていたんだろうしね」
神社は好きなところへお参りにいけばいいけれど、
「お寺は選べないしなあ、だけど青山霊園とかのお墓の方は菩提寺って概念とかあるのだろうか?」
なんて思いつつ
「CSにて人間の条件」
を見てから疲れ果てて早々に就寝。。。。。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月9日(火)余裕を持ち続けたい

 確かに年末と言えば年末なんだけれど、今日は早くも
「年末のご挨拶・カレンダー配り」
に遭遇することになった。

 カレンダーはともかく、率直な疑問として
「この時期から年末のご挨拶をスタートするということは、一体何社くらい回られるのだろうか?」
ちょっと計算してみると
「少なく見積もっても1日6件×15=90社」
だけど普通の営業さんならともかく、かなり大きな会社の専務さんだからちょっと驚いてしまう今日この頃なのであった。

 なんて刻一刻来年が近づいてきている真っ最中に不幸があって
「お通夜へ参戦」
お通夜というと
「お焼香」
なんだけれど、子供の頃から
「盛大に燃やすのが好きだった」
ところが、最近のは
「煙がでないタイプ」
が増えてきて結構がっかりすることが多かったけれど、今日のは珍しく盛大に煙が出た。

 いつも悩むのが
「お焼香の回数が2回なのか?3回なのか?」
燃やすのが好きな小生としては断然3回派なんだけれど、たまに
「本日はたくさんの方にご参列いただいておりますので、お焼香は心を込めて1回にてお願いします」
と気勢を制するおくり人さんがいらっしゃるけれど、
「今日は参列者が少ないので心を込めて3回ご焼香」
させていただいたのだ。

 お経の後は、
「お清めというか、直会(なおらい)」
まあ、とにかく今日は内々の会なので
「いやあ、奴さん酒が好きだったなあ。今日はお清めだ!飲もう飲もう!」
なんて徹底的に飲み続ける輩もいなければ、親戚が集う時の定番
「おお、いくつになったんだ?嫁さんはどうなってるんだ?」
なんていうのもなく粛々と飲み食いが行われたのだ。。。

 まあ、それはいいんだけれど衝撃的な出来事があったのだ、参列者の方に公務員の方がいらっしゃったんだけれど
「証拠として会葬御礼を役所に提出しなければならない」
とのことで焦っていたのだ。
 
 いかんせん今日はご会葬御礼も作ってなかったので。。。。
 しかし、そんなものの提出を要求する方もいかがなものかと思うと共に
「じゃあ、記念撮影でもしますか?」
「いや、それじゃ日付が入らないから証拠にならない」
「だったら、今日の日付が入った新聞を持って棺の前で写真を撮ったら?」
なんて真剣に議論するのを楽しめるような
「余裕を我々は持ち続けたいなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 お葬式といえば
「香典」
なんだけれど、よくあるのが
「クラスの仲間皆で3000円」
なんていうのもあるけれど、こういうのもお返しに困るよね。
 
 10年以上前に、群馬での葬式に参列した際
「新生活運動」
と称して、
「香典は一律3000円、香典返し無し」
という経験をしたけれど、
「これは非常に合理的だ!」
と感心した覚えがあるけれど、なかなか広まらないようだし、
「広まっても小生の商売上困ってしまう」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 だけど、お見舞いでもお祝いでも
「半返し」
というのも冷静に考えると
「非常にめんどくさいルール」
だと思うと同時に
「日本の贈答文化を守らねばならないし、内需に大いに役立っている」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 だけど、最近
「百貨店の食品バイヤーでお中元・お歳暮お断り」
というのがあるけれど、
「なんとかしてギフトを拡大しませう!」
とやっている人たちがその文化を否定するんだから、本末転倒と言わざるを得ないよね。

 今日はお通夜から直帰したので、
「なんと9時前に帰宅」
これ幸いと
「カッシーノ2!」
をひたすら読みながら早々に就寝。。。。。。。

 余談だけれど、帰り際に
「ゲンダイと間違ってフジを購入してしまった」
あまりにも読むところがなくてちょっと困り果てた小生なのであった。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月8日(月)カレーうどんにはエプロンを!

 今朝も早朝から大田へ、4号上り、環状線が混雑しているときは芝公園まで下を走るけれど、今日は渋滞なしなので外苑から首都高へ上がる。
 距離は圧倒的に遠回りだけれど、
「やっぱり空いている首都高を走るはとても気持ちが良い」
しかも楽だしね。

 12月の繁忙期だというのに市場内は
「ちょっと深刻なくらい活気がない」
話す人話す人
「景気のいい話が全く聞こえてこない」
といういのはちょっと記憶にない今日この頃ではあるのだ。。。。。

 とはいえ
「景気が悪くても腹が減るので、朝飯は食べなければならない」
というより
「景気が悪いときこそ、普段食べない朝飯を食べて景気をつけなければならない」
ということで
「浅野屋でカレーうどん」
朝からちょっとというか、かなりカロリーが高いけれど
「身体の芯から温まる」
のでたまに食べてしまう意志の弱い小生なのであった。。。。。
P1030874
(熱々のカレーうどん)

 だけど、このカレーうどんにはカロリーのほかにもうひとつ難点があるのだ。
 それは言うまでもなく
「汁が跳ねてネクタイ・シャツを汚してしまう」
ということで、
「ハンカチを首から下げつつ、恐る恐るフーフーしながら」
完食してしまう今日この頃なのである。。。。。

 だけど、実際問題小生としては
「このカレーうどんほど恐ろしい食べ物を他に知らない」
お食事中にエプロンするのって
「焼肉・ジンギスカン」
が代表選手だけれど、
「明らかに焼肉よりも恐ろしいよね」
あとは、千歳空港内の味の時計台さんで
「辛味噌ラーメン」
を頼むと、エプロンがついてくるけれど、確かにあれも恐ろしい。

 だけど、辛味噌ラーメンの場合は
「跳ね方は他のフレーバーと変わらないと思うけれど、やっぱり染みの度合いが違うからエプロンが用意されるんだろうけれど、明確な基準が分からない」
今日この頃なのである。。。。

 12月の朝の上りは例年混雑しているので、早めに帰途についたけれど、
「全く渋滞がなく20分ほどで会社へ到着」
ここでも景気の悪化を確認してしまうのだ。

 マスコミ各社の内閣支持率が出て
「支持率が急落」
との文字が躍っている。

 このテの報道でいつも出てくるのが
「自民党寄りの読売が発表する支持率が朝日や日経よりも下回った」
とか解説している人が多くいるけれど、ということは
「こういう数字はかなり意図的に作られている」
ということが大前提になっているということである。

 たしかに、読売の場合はナベツネ氏が
「よし、今回は23%でいこう!」
とか勝手に数字を言っている可能性が高い、まあ他の新聞も似たり寄ったりだろうと思うので、こういう調査は
「主義主張があるマスコミでなく、第三者の専門機関にでも委託すべきでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 浅田次郎著
「カッシーノ!1読了」
いやあ、恥ずかしながら小生、浅田氏の著作を読むのは初めてである。
「なんとなく、嫌いだったんだけれど、いかに食わず嫌いが世間を狭くするか!」
ということを痛感した今日この頃ではある。。。。。

 まあ、これは小説というより
「紀行文、しかも世界のカジノを巡る」
という
「小生にとって面白いに決まっている」
とはいえ正直なところ
「ここまで面白いとは思わなかったのだ、まあうれしい誤算ということなんだろう」
この本を推薦してくれた
「るいさんにこの場を借りて心から御礼を申し上げたい」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 NHKスペシャル
「引き揚げはこうして実現した ~旧満州・葫蘆(ころ) 島への道~」
を見て早々に就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月7日(日)青い鳥

 たっぷり眠って疲れもとれたので、新宿へ向かい前々から気になっていた映画
青い鳥
へ参戦。

 新宿武蔵野館は、150人ほどの小さな小屋なんだけれど、
「これが見事に満席」
日曜の初回という
「この映画を観る人はここへ集中しそう」
という回ではあったけれど、たいしたものといえる。

 なんとなくだけれど、
「ゆっくり午後からというより午前中から映画行くぞ!」
という気合が入ったような方々が多いような気がしないでもなかったのだった。。。。

 阿部寛扮する臨時教員が
「いじめによる自殺未遂の生徒を出してしまったクラスへ赴任してくる」
ところから物語が始まるんだけれど、
「評判とおり、なかなかいい映画でした」
まあ、原作がしっかりしているんだろうけれど、
「阿部寛がよかった」
正直、歩き方とか
「ちょっと過剰な演出を感じたところも多々あるけれど」
まあ、そのあたりはおいておいて
「勉強させていただきました、考える機会を与えてもらった」
というのが正直な感想だ。

 なかなか上手く文章には書けないけれど、
「本当はこの映画は誰かと一緒に観て語り合う必要があるのでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 この映画、最後には
「阿部扮する教師の思いが伝わるんだけれど、正直なところ今の子供というか親も含めてもっともっとたちが悪いのでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 余談だけれど、エンドの出演者の名前で
「萌・もえ」
が数人いた、中学生役の女の子の芸名だか本名だか分からないけれど
「時代は萌なのだろうか?小生の周りには萌はいないなあ?」
と思う今日この頃なのでもあった。。。。。

 今更なんだけれど
「新宿伊勢丹前といえばシェーキーズだ!」
と思い、階段を下りるんだけれど
「予想通り、お待ちのお客様が多数いらしゃるので断念」
とにかくここのシェーキーズはいつも混んでいる、大昔は新宿にもう1店舗大箱のシェーキーズがあったけれど、いつの間にか閉店してしまった。
「新宿にもっと大箱のシェーキーズを!」
と心から願う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ちょっと尋常な混雑の仕方ではない
「伊勢丹」
へ顔を出してから日本橋にて雑務。
 この時期は、普段なかなかデスクワークが出来ないので、電話もかかってこない日曜の夕方は貴重な時間なのだった。。。。

 8時に帰宅
「篤姫・最後の戦犯」
とNHKのドラマを連続して見てから、咳が止まらず大いに体調が優れないので
「浅田次郎著 カッシーノ1」
を読みつつ早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月6日(土)大瓶と霞ヶ関ビルと東京ドームと北朝鮮

 5時30分起床、6時出発、6時30分着。久しぶりの市場は
「やっぱり空気が違う」
いよいよ今日から待望していた
「この冬の主役の登場」
ということで、早朝からかけつけたということだ。

 早朝7時前に
「おはようございます!ご無沙汰!久しぶりだね!もっと来なきゃだめだよ!」
と皆さんと挨拶を交わすとやっぱり身が引き締まるのだ。
P1030869
(活気あふれるセリ)


 長崎で会ってから2週間ぶりの再会だけれど、
「やっぱり、出島の華だけは別格だ」
と心から安心させてくれるよね。

 一仕事終えた後はおなじみ
「浅野屋で、みそらーめん・ミニカレー」
最近の小生として考えられないくらいヘヴィーな内容なんだけど
「ここへ来るとこのセットを注文しないわけにはいかないのだ」
なんというか、熱々のみそラーメンと家庭風のカレーがなんともいえず幸せな気分にしてくれるのだった。。。。
P1030871
(熱々味噌らーめん)


 しかし、皆さんのお話を聞くと
「本当に景気悪い話ばっかりだ」
一昨日、わが社とは直接は関係ないんだけれど、よーく知っている会社が自己破産した。
 今日はその話に終始したんだけれど、今だから言うわけではないんだけれど、
「明らかにヤバイ雰囲気が半年以上前からあったのだ」
で、その会社への売上が半分近くを占める会社の方へ忠告し続けていたんだけれど
「絶対にそんなことない」
といい続けていた。
P1030870
(ミニカレー)


 まあ、正直なところ
「中小企業の場合は、それを察知したって取引止めるわけにもいかないだろうから、仕方がないといえば仕方がない」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「連鎖がなければいいけど」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 だけど、色々話を聞くと
「裏サイト」
が結構あるみたいで、
「イニシャルで、ここはヤバイ・給料が遅配要注意・来月15日の手形が危険!!」
なんてことを有料で見られるサイトがあるとのこと。

 まあ、
「こういう時代だからこその商売もあるんだなあ」
とつくづく思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 会社へ戻ってから、午後は
「徹底的にみかんと格闘」
なんというか
「歳暮の季節が来た!」
ということをつくづく実感する今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030872
(本格的なみかんの季節)


 さすがに疲れ果てて少し早めに9時過ぎには退社、
「ちょっと本格的にグッタリ」
ダラダラとネットを見ていたら、なんと盛大に
りくおさんのブログが更新されている
まあ、色々気になるところはあるんだけれど、最も気になったのが
朝から幸せだと、一日がとてもうまくいくものである。しかし、さすがに朝の運動はハラが減る。早晝にする。」
読んでみてもさっぱり分からない
「朝から運動で幸せ????出張先ではなさそうだし、ネコも写ってないけれど????」
まあ考えても小生のような凡人には何も見えてこないので早々に就寝。。。。。

 昨日だかの新聞読んでいたら
「サントリーのザ・プレミアムモルツが1000万ケースだかを今年1年で売り上げた」
との記事が目についた。

 まあ、その内容事態はどうでもいいんだけれど
「1ケースは大瓶20本に換算」
と但し書きがあった。
 ビールの出荷数の記事のさいには、必ずこの但し書きがつくんだけれど、
「最近、なかなかビールの大瓶って見ないよね?」
安い焼き鳥やとかいくと、出てくるけれど
「基本は生か中瓶、家だと350ミリリットル缶」
というのが普通ではないだろうか?

 だから
「缶ビール何本分とかの方が分かりやすいのでは?」
と思うのは小生だけだろうか?

 あと、昔は容量を表す目安として
「霞ヶ関ビル○杯分」
とかあったけれど、
「さすがに最近は霞ヶ関ビルの存在感もなくなってきたよね」
たまーに
「東京ドーム○杯分」
というのも使われるけれど(面積を表すときにも使われる)、これもイマイチ説得力がない。

 こういうことこそ水関係に強い
「りくおさんに聞いてみたい」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 最後に、ただし書きといえばテレビでは
「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」
と必ず略称と正式名称を重ねて言っていたけれど、いつの間にか
「北朝鮮だけになった」
ような気がする、
「これは一体いつ・誰の判断で?そうなったのか?」
大いに気になる今日この頃ではあるのだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(金)スーパー?

 昨晩はかなり疲れてしまって、前代未聞の23時前に就寝したんだけれど、
「朝まで完璧な熟睡」
いつもながら
「さすがはホテル阪神、阪神サウナ」
と心から思う今日この頃ではあるのだ。。。。。。

 7時に起床、日経と日刊を読んでからしばしパソコンへ向かう。一休みしてから、大変申しわけないんだけれど
「平日の朝っぱらからスパへ参戦」
当たり前なんだけれど、ガラガラだ。
 大変申しわけないけれど
「サウナと露天風呂で寛ぐ」
昨日に引き続いてサウナへは長居せず、露天風呂に出たり入ったりして無心になる。
P1030861
(体調もすっかり良くなりました)


 昨日のチェックインした時と全くの別人になり元気にチェックアウト!
「一晩泊まっただけで元気になるホテル、それがホテル阪神ということなんだと改めて認識する」
今日この頃ではあるのだ。。。。。

 13時発の羽田行きは、10分ほど離陸が遅れたのはいいんだけれど
「ちょっと盛大に揺れた」
これだけ揺れるとお飲み物のサービスがないのも致し方ないと納得。

 オフィスでいくつかアポ、雑務をこなしてから某社のお取引先懇親会へ出席すべく
「ホテルニューオータニへ参戦」
この会へ出席するのは3年連続なんだけれど、ニューオータニへ参戦するのも年に一回このときだけだ。
 しかし、まあなんというか
「これだけ盛大な会を毎年開催してくれるんだから、たいしたものと言わざるを得ない」
カタログギフトのお土産までいただけるしね。
P1030867
(いまどきありがたい)


 この懇親会は、諸般の事情で
「なんとビールが大手4社の銘柄が並ぶ」
コンパニオンさんに
「ぶっちゃけどの銘柄が一番出ますか?」
と伺うと
「えっ、今日だけはその内容についてはノーコメントとさせてくださいませ(笑)」
とのお答えが返ってきた。
P1030863
(前菜)


 いかんせん、小生はお酒ほとんど飲まないので、あまり実感わかないけれど、
「スーパードライの独壇場になってきた」
のは分かっていたけれど、
「ザ・プレミアムモルツの勢いも本物っぽいよね」
お歳暮でいただいたものを母親が毎日飲んでいるけれど
「今までサントリービールはまずいと思っていたけれど、これは確かに美味しい」
と絶賛しているからね。
P1030866
(あわび)


 会は早々に終わったので、
「パティスリーSATSUKI(ケーキショップ)を覗いてみて仰天」
なんでも
「スーパー」
が頭についちゃって、そのうえメチャ高い。
 エルメが高いのはまだしも、
「スーパーモンブラン1365円、スーパーpureプリン840円」
このあたりはまだ許せる?としても
「スーパークロワッサン840円、そしてスーパーフルーツケーキ13650円!!」
これはいくらなんでもやりすぎではないかい????
 ちなみに
「エッセルスーパーカップ」
は売っていませんでした。。。。。
 まあ、
「ANA国際線のスーパーチーズバーガーよりはいいのかしらん」
と思う今日この頃ではあるけどね。


 どうでもいいけれど、マリーンズ入団拒否の長野選手の理由は笑った
「社会人でやり残したことがあったのが一番かな。阿蘇の大自然でゆっくり考えた2週間前の時点で決めていた」
入団しないのはいいんだけれど
「社会人でやり残したことがあるんだったら、プロ志望届なんか出さなければいいのに」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 だけどねえ、ちょっとやばいと思うのが
「ホンダはF1から撤退した今、野球部の存続を認めるのだろうか?そのリスクを彼は考えているのだろうか?」
まあ余計なお世話だけどね、だけど2年前には
「日本ハムは最も嫌いな球団です」
と宣言して入団を拒否したけれど、
「マリーンズは2番目に嫌いなチームなのだろうか?それとも11番目なのだろうか?」
そこだけは聞いてみたいと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 昨晩早めに寝て、今朝早起きしたので
「一気に眠くなって」
早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日(木)横断歩道で反省

 つくづく縁というか偶然というのは恐ろしい、超ひさしぶりに入場した羽田のJALサクララウンジにて
「1年ぶりだかで恩師と再会、前回あったのは、たしか代々木のフォルクスだかで、今回はサクララウンジ」
 小生がJALを使うことは本当にまれだし、今日だってその前に超不愉快な出来事があってひと悶着した後で、時間もキリギリなので、素通りしてゲートへ向かおうかと思ったけれど
「ゼロコーラだけ1杯飲んでおこうかしらん」
ということで約2分間立ち寄っただけだったんだけれどね。

 この方は、某医学部の准教授なんだけれど
「高校の時小生の家庭教師をしていただいていたご縁があるのだ」
その後もなんだかんだご縁があったりして、ご縁が続いているんだけれど、
「人間としてもすばらしいし、なにより奥さんが超美人さんなのだ」
当時、披露宴にゲスト参加したけれど、
「おお!」
と思ったもんね、余談だけれど
「助教授というのはいつから准教授になったのだろうか?」
だだったら
「副部長とかも准部長とかにした方がいいのでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 久しぶりのJAL便の目的地は
「南紀白浜!」
そう、和歌山と大阪へ出張なんだけれど、なんとかやりくりして午前中の2時間だけ
アドベンチャーワールドへ寄ってパンダの赤ちゃんに会ってこようかしらん!」
という大胆な計画なのだ。

 南紀白浜行きは普通運賃しかないので株主優待を利用、そしてバス。ちなみに、お隣には南紀へご旅行へ行かれる老夫婦が機内で入念な計画、打ち合わせをしているようでとても微笑ましい。
 しかし、さすがに
「あっという間に着陸するよね」
空港からタクシーに飛び乗って、隣接するアドベンチャーワールドへ向かう。

 タクシーの運転手さんにとってはアンラッキーな客だと思うけれど、こればっかりは仕方がない。
 車中で
「お客さんお仕事ですか?」
「そうです、こんな平日にスーツ着て男が一人で遊びに来ませんよ(笑)」
「あそこも双子が生まれたはいいけれど、1頭1億リース料がかかるから、実は双子で困っているらしいですよ」
「じゃあ、五つ子が生まれたらつぶれちゃうかもしれませんね」
「ほな、事務所の方へ車廻しますか?」
「い、いや正面玄関で結構です」
という雑談をしているうちに、無事10時25分過ぎに到着。。。。。

 チケットを購入して、パンダランドへと走る、走る、走る。これにはちょっと理由があって
「梅浜・永浜の一般公開および体重測定が10時20分から20分間限定で行われるのだ」
正直なところ、これを見逃したら今日無理やり参戦した意味が全くなくなってしまうのだった。。。。。
P1030817
(ジャーン!)


 なんとなか間に合いましたよ、だけど
「なんと1匹(梅浜)しかいないのよ」
どうも片割れの永浜は、お母さんにお乳をもらっている最中とのことで午前の部の公開は中止とのことだ。
P1030821
(4080g)


 でねえ、やっぱり空いているので超間近で見たけれど
「これはかわいい!!!!」
なんというか、もうちょっと言葉に出来ないくらいかわいいよね。
P1030827
(この目のまわりが。。。。)


 まあ、よく使う表現が
「ぬいぐるみみたい」
というのがあるんだけれど、あれはちょっと失礼で本物を見たことがない方の発想でして
「どう考えたって本物の方が数百倍かわいいよ!!!」
初めて幸浜を見たときは、もちっと大きかったし、愛浜・明浜を生まれたばかりに見たときは、あまりにも小さくてほとんど判別出来なかったのだ。
P1030829
(パンダとは思えない)


 ちなみに今朝の体重は
「4080gで昨日比195g」
とのことだ、だけど
「一日で約2グラムも成長するって凄いよね、良浜のおっぱいを200CC以上飲んでるということなのかしらん?」
と思うと同時に
「抱いているお姉さんも毎日成長を実感できるだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるけれど、
小生だって焼肉食べたりすると昨日比で2キロ近くは平気で変わるから、たいしたことはないのでは?」
と一瞬思ったけれど、
「小生と梅浜では分母が違うからなあ」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
P1030833
(ベストショット)


 この
「サンアンドスター製ではない赤ちゃんパンダ」
の見学は、最初の5分は1列目をお子さん専用、次の10分は歩いて見学、そして最後の5分はお姉さんに抱かれてかなり近くで見学できるという、なかなか考えられたシステムであったのだった。。。。。

 最後の最後に目の前に来てくれたけれど
「ちょっと想像を絶するかわいさだった」
もうなんというか、最後は
「ちょっと待ってもう少し!!」
と言いたかったくらい名残惜しかったけれど、こればっかりは仕方が無かったのだった。。。。
P1030834
(また会いに来ますよ)


 でねえ、一応言っておきますけれど、隣のブースには
「最長老の永明がいるんですよ」
だけど、本当に
「だーれにも相手にされないんだよねえ」
まあ、彼にも問題があって
「相変わらず、もう固まっちゃってビクともしないのよ」
それこそ、
「ちょっと具合でも悪いのか?老衰なのか?」
という気配すらかんじたんだけれど、小生は
「永明に敬意を表してご挨拶は忘れない!」
だけど、本当に
「パンダとマンツーマンになれる動物園って世界探しても他にないのでは?」
と改めて思う今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030825
(風格たっぷりだよね)


 続いての再会は屋外運動場に放牧されている
「愛浜・明浜の双子ちゃんと幸浜」
まあ、とにかくここにはパンダが一杯いるけれど、小生は
「幸浜に最も親しみを感じている」
やっぱり、小さいときから知っているから成長してくるとうれしいよね。
P1030837
(すっかり大きくなった幸浜)
P1030838
(風格すら漂ってきた)
P1030840
(木登り?だって!!)


 だけど、お姉さんと遊んでいたあの幸浜が
「こんなに大きくなって、木登りするようになるとは時の流れを感じざるを得ない」
今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030841
(なんか偉そうでしょ)
P1030842
(芸達者)
P1030844
(ベストショット)


 お隣の双子ちゃんは、
「愛浜は結構動くし、笹を食べたりしているけれど、明浜は木の上で寝たまんま」
となると、やっぱり
「幸浜の前から離れられなくなっちゃうよねえ!」
P1030846
(双子ちゃん)
P1030847
(1匹だけ動くけど)
P1030848
(もう1匹はびくともしない)

 
 実はこのアドベンチャーワールドへ参戦するのは、1年以上ぶりなんだけれど、
「なんか普通というか、昨日来たような感じさえするのは何故だろうか?」
やっぱり
「おなじみの面々が揃っている」
という安心感があるよね。
P1030852
(初めてみたときは真っ赤だった)


 本来ならば、
「マリンワールドでのイルカショー・ペンギン・サファリ」
とこれから盛りだくさんの内容のはずなんだけれど、いかんせん今日はスケジュールが詰まっているので早々に退場。
P1030854
(明らかに上海より暮らしやすそう)


 しかし、わざわざここまで来て
「1時間ちょっとの滞在時間で退場してしまうのは小生だけではないだろうか?」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「是非年明けにでもゆっくり来よう」
と誓い、後ろ髪を引かれる思い出白浜駅からスーパーくろしお号に乗り込む小生なであった。。。。
P1030855
(またね!)
P1030857
(おやすみなさい)

 ここからは、今日は刻んだスケジュールとなる。途中の海南駅で下車、お迎えの車にのって
「ある方のご自宅へ行ってお焼香」
滞在時間30分ほどで、今度は和歌山駅へ向かい、ここでも滞在時間30分でくろしお号に再度乗り込んで天王寺へ向かったのだ。。。。
P1030858
(う~んクリスマス近し)


 ここで、早くも盛大に来夏の打ち合わせを3件、計2時間ほど済ませてから、今度は御堂筋線にて梅田へ向かう。
 正直な話、
「梅田へ到着した時には盛大に疲れが出てしまった」
とはいえ、ここで2件計1時間ほど前向きな商談を済ませて、これで本日の公式行事はようやく終了となる。

 ここからは私的な行事の始まりということで、まずは
「狸狸亭(ぽんぽこてい)」
にて、カレー焼きうどん・モダン焼きを盛大にいただく。
 正直なところ、最後はちょっともてあましてしまうけれど
「相変わらずおいしゅうございました」
日中余計なもの食べるのを我慢していた甲斐があったと心からおもう今日この頃ではあるのだ。。。。
P1030859
(いつものやつ)
P1030860
(おなじみのやつ)

 結構な疲れを感じつつ、
「ホテル阪神へ到着」
この頃には頭が盛大に痛くなっちゃったんだけれど、
「やっとの思いで阪神サウナへたどりつく」
今日は無理をせずに、
「サウナを10分だけにして、露天風呂で盛大に寛ぐ」
普段だったらサウナで計30分は汗を流すところなんだけれど、今日のところは無理はせず。

 頭痛は大分おさまったけれど、さすがに今日は疲れ果ててグッタリ。
乾燥が怖いので、バスに温泉をたっぷりとためて
「珍しく11時前に」
早々に就寝。。。。。。。

 実は今日
「はっ」
とすることがあった、天王寺の駅前で信号を待っていたら、赤信号なんだけれ右折可だけの表示になったので、赤の状態で皆が渡りだした。
 小生も渡ってしまったんだけれど、反対側で待っていた親子連れのお母さんが
「ダメ!まだ赤でしょ!」
と横断歩道を渡ろうとする子供をたしなめていたのだ。
 
 この光景を見た瞬間
「これは大変なことをしてしまった」
と我に返ったよね、
「もちろん、赤信号の場合絶対に渡らないとは言わないけれど、時と場合を見なければならない」
と心から思い反省する今日この頃なのである。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月3日(水)和式便器のレバーとラリーは続いてますか?

 今朝の日経MJに毎年恒例の
「2008年ヒット商品番付」
が掲載されていた。
 
 東西の横綱から前頭までヒット商品とやらた並んでいるけれど、
「どれもあんまりにもあんまりだよね」
一応羅列すると
「ユニクロ・H&M・セブンプレミアム・低価格小型パソコン・Wii Fit・ブルーレイ・・・・」
と続くんだけれど、あまりにも小生に無縁のヒット商品ばかりで衝撃を受ける今日この頃ではあるのだ。。。。

 まあ、ヒット商品がここまでショボイということが
「いかに今年がヤバイ年なのか」
ということを鮮明にあらわしていると思う今日この頃なのである。。。。。。

 ちなみに
「日刊スポーツ1面は 愛ちゃん熱愛」
まあ、これも確かにビッグカップル誕生といえばそうなんだけれど、個人的には全く関心がない。
 唯一気になったのが、レポーターの
「ラリーは続いてますか?」
という質問。

 まあ、精一杯頑張ったんだろうけれど、
「いかんせん、卓球とテニスでラリーって言われても困るのでは?」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 ただ、小生の場合ラリーどころか
「サーブしても一回もボールが返ってこないというか、フォールトばかりというか、壁打ちばっかりというか」
そんなのばっかりだから、うらやましく思う今日この頃ではあるのだ。

 ちょっと昨日から不愉快なことが多いので、
「いっちょ盛大にサラダバーでも喰ったろうかい!」
ということになり
「シズラー亀戸店へ参戦」
まあ決して安いとは思わないけれど、
「ここのサラダバーは充実している」
ただ、残念なのはメインのお料理にはいつも不満を感じてしまうのだ。
P1030811
(サラダバー1皿目)


 今日はトラディショナルバーガーみたいなのを食べたけれど、
「どうもハンバーグもパンも感心しない」
サラダバーが主役なのでメインはどうでもいいといえばそれまでなんだけれど、一応ランチで1780円だか払ってるんだからなあ。。。。。
P1030812
(2皿目)


 余談なんだけれど、ここのトイレの和式便所には
「レバーは手で押してください」
と書かれた張り紙が貼ってあった。

 だけど、これ昔から思うけれど
「実際このレバー手で押す人の割合ってどれくらいいるのだろうか?」
ルールとしては手というのは分かるんだけれど、普通の人は足で押しているのではないだろうか?

 どうでもいいけれど、小学校5年生だかの学級会である女子が
「トイレのレバーを足で踏む人がいるので困る」
というような発言をしていたけれど、それに対してある男子生徒が
「お前なんで分かるんだ?上から覗いたのか?」
とかなり的を得た突っ込みを入れていたのを思い出した。
P1030814
(トラディショナルバーガー)


 当時、子供ながら
「なるほど、するどい突込みだ!」
と思ったものである。彼とはその後中学は別だったけれど、高校で再会しその後弁護士になって独立開業している。

 やっぱり
「賢い奴は子供の頃から賢くて、大人になっても賢いのだと」
つくづくおもう今日この頃ではあるのだ、一方の小生は昔から今でもずうっとダメダメだからね。
 まあ、たしかに一瞬勝ち組へ名乗りをあげた時期もあったかもしれないけれど、
「すっかり負け組がここ何年も定着しちゃったからね」
なんて思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 ふとしたきっかけで知り合った、某ラーメンチェーン店の方から
「ラーメン60人前、冷凍餃子60人前が届いた」
ちょっとビックリであるけれど、本当にありがたいとしかいいようがない。
 
 しかも店名は明かせないけれど、このお店は小生と深いご縁があるお店なのだ。
 ということで、
「徹底的に話が盛り上がってしまい」
こういうことになってしまったのだった。
 まあ、自分で言うのもなんだけれど、
「そのラーメンやさんのことをここまでマニアックに話せる人と出会ったの初めてだと思うよ」
それはその方もおっしゃってたしね、まあ世の中狭いもので
「どこでなにが起きるか分からない」
ということをつくづく実感する今日この頃ではあるのだ。。。。。

 とはいえ、
「いきなり運命的な出会いがあって、電撃入籍!なんて可能性だけは全くないんだろうなあ」
とつくづく思う今日この頃ではあるけれど、
「こう暗いご時世、夢を全く見ないで現実だけを直視するだけではあまりにつら過ぎるのでは?」
なんて一人寂しく思いつつ疲れ果てて就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月2日(火)占いはアテにならない

 実は、今日12月2日を心待ちにしていたのだ、何故かというと
「ヤフーの占いで95点」
という非常に高得点の日であることが先週の時点で判明していたし、日刊スポーツ紙上での占いでも一昨日あたりから運気が上昇してきているのが分かっていたので
「恐らく、今日はメチャいい日のはず!」
と思っていて喜び勇んで出社したんだけれど
「何一ついいことが無かっただけでなく、超不愉快な事件が続出したのだ」
まあ、小生滅多に荒れたりしないんだけれど
「ちょっと一気に荒れたり落ち込んだり」
盛大にやってしまったのだった。。。。。

 つくづく己の未熟さを痛感する今日この頃であると同時に
「かなり勘違いしていたことを再認識する」
今日この頃ではあるのだった。。。。。。

 まあ、
「もう一度0からやり直すいい機会であると同時に、調子に乗っていた自分を気づかせていただいたと感謝することにしようと思う」
今日この頃ではあるのだ。。。。。

 ところで、今日朝日コムで注目に値する記事があった
麻生首相では総選挙戦えない」 政権2カ月、失速状態
という特集なんだけれど、小生が注目したのは2つ。
・極秘に幹事長と国対委員長を呼んで打ち合わせをした内容が、簡単に新聞記者に漏れる。ということは、その2人(一応3人)の中に平気でリークする輩がいる
・完全に首相に解散権がなくなった

 たしかに
「これはもう末期症状だよね!」
かつて
「重大な決意をした」
と解散をにおわせながら解散出来なかった方よりもたちが悪くなってきたよね。

 まあ、しかし冷静に考えると
「就任即解散していた場合、ひょっとしたら自公で過半をとって麻生内閣続行」
となった可能性があった、まあここまで麻生氏の正体が国民にバレてしまうと
「どんなに粘ったって来年の9月でサヨウナラ」
となるので、
「期限が切られただけ、まだましと思えるのかもしれない」
なんて思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 全国で
「夕刊の廃止が続出」
とのことだ、我らが南日本新聞も残念ながら来年2月で休刊とのこと。
 まあ、確かに地方紙の夕刊って、
「本当に薄いし、数少ない記事も共同通信配信の記事ばっかり」
なんで、あんまり価値がないんだけれど、
「やっぱりホテルへチェックインして地元紙の夕刊を読む楽しみ」
というのあるよね、テレビ欄も大事だし地元百貨店の催事の広告とかも必見だし、地方発の旅行の広告
「金曜夕刊の映画の広告」
なんていうのも大好きだ。

 確かに速報性では劣るかもしれないけれど
「なんでもネットネットというのはつまらない、もっと紙媒体頑張れ!」
と思う今日この頃だよね。
 
 この11月に単月で過去最高の売上げを記録した
「ユニクロ恐るべし!」
と心から思いつつ早々に就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日(月)忙しいと情報

 早いもので今日から12月、今年も残すところあと1月だ。毎年思うのは
「とにかくここからの31日はとにかく早く進む」
一日一日がとにかく早い、
「忙しいという字は、心を亡くすと書くので使ってはいけません」
と瀬戸内寂聴さんが徹子の部屋に出演したときに言っていたので、なるべく使わないようにしているけれど、なかなかそうも言っていられないと思う今日この頃ではある。。。。

 徹子の部屋といえば、
「毎年年末にタモリがゲストに出るのが定番だったけれど、今も続いているのだろうか?」
なんてどうでもいいことを考えるということは、まだまだ余裕があるということなんだろう、と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 だけど、こういう
「漢字の起源のウンチクなんていうのは講演なんかで語ると凄く説得力がある」
同様の例として、いつか使ってやろうと思っているのが
「インフォーメーションを情報と訳したのは福澤諭吉であり、情けに報いると書きます。だから情報は独り占めしないで、発信して共有するのが大事なんですよ」
というやつなんだけれど、最近とんと講演のお呼びがかからないので、こうやって披露してしまう今日この頃ではあるのだ。

 あと、全く余談だけれど
「Vをヴとしたのも福澤諭吉」
というのも誰かに聞いたことがある、だからいつも意図的に
「アドヴェンチャーワールド」
と表記しているんだけれど、公式表示では
「アドベンチャーワールド」
となっている。

 あと、全く関係ないけれど、かつてJRA在籍の馬で
ハッピィーギネス
という馬がいて、山野浩一さんが酷評していた。
 たしかに
「ハッピーギネスでいいのでは?」
と今でも思う今日この頃ではあるのだ。
 促音の
「小さいイ というのはどういう表記の際に使うのは正しいのだろうか?」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 お昼ごはんは辛いものが食べたくなり、散策して発見した
らあめん花月園さんにて、赤鬼タンメン
をいただく。
P1030810
(真っ赤なタンメン)


 小生好みの太麺に真っ赤なスープとたっぷりの野菜が絡んで
「予想以上においしゅうございました」
次回も参戦しようと思うけれど、
「いかにもカロリーがやばそうな気がする」
今日この頃ではあるのだ。。。。。

 2008ユーキャン 新語・流行語大賞が発表された。
大賞の
「グー」
はどうでもいいんだけれど、
「なんでユーキャンなのか?たしか現代用語の基礎知識が勝手に選定していたはずでは?」
と思ったら
「現代用語の基礎知識は生きていて、ユーキャンは家庭教師のユーキャンで冠スポンサーなのね」
どうもこういう
「ネーミングライツとか冠スポンサーというのはあまり好きでない」
と思う今日この頃ではあるのだ。。。。

 そもそも、
「現代用語の基礎知識を全面に出すことがこのイベントの目的ではなかったのだろうか?」
まあ、それ以前の疑問として
「今でも現代用語の基礎知識って商売になっているのだろうか?普通ウィキペディアで検索して終わりだよね」
なんて書いていたら
「小さい促音のィってこうやって使うのね?」
と納得したところで早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »