« 12月21日(日)自殺行為 | トップページ | 12月23日(火)沢木さんの本には重大な難点がある »

12月22日(月)100年と100人

  午前中は会議、午後から来客が複数。1件は非常に前向きな打ち合わせ、仮にA社としておくけれど
「A社とタイアップして地方からお客さんを呼ぼう」
という企画だ。

 既存のパンフレットを見せていただいたけれど、なかなか興味深い。
「帝国ホテルバイキング・品川プリンスホテルバイキング・浅草葵丸進にて天丼・築地すしざんまい・もんじゃ食べ放題」
なんていうプランが並んでいるけれど、どれも追加料金なしの同条件ならば間違いなく
「帝国ホテル選ぶに決まってんじゃん」
と思う今日この頃でもあるけれど、どうやら一概にそうも言えないとの実情にさらに衝撃を受ける今日この頃でもあった。。。。

 おまけで色々なパンフレット持ってきてくれたんだけれど、興味深かったのが
「気軽に行こう! ぴったんこパンダ(成都・雅安)3日間」
ようはパンダの基地を見学に行こうというプランで、
「パンダの臨時宿舎・パンダとのふれあいの時間をお楽しみいただけます!2008年10月現在のパンダ保有頭数は61頭!かわいいパンダに会いたい!貴重な触れ合い体験の休日。」
などと非常に魅力的なコピーが並んでいるのだ。
「大いに検討に値する」
と真剣に思う今日この頃なのであった。。。。。

 朝は異様な暖かさだったのに、午後から雨も降ったりして一気に気温が下がっていった。夕方は雨のピークになってしまい、なんというか
「とても高いケーキ買って帰る雰囲気じゃない!」
ということで、昨日に引き続き盛大にショートケーキをいただくことにする。
P1030979
(惚れぼれするよね)


 なんというか、見ているだけれど惚れぼれするような素晴らしいケーキをいただくんだけれど、
「心の底から美味しい!」
と嘘偽りなく思う今日この頃ではあるけれど、
「小生が連日盛大に食べているようではお話にならない」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 帰宅して珍しく報道ステーション、
「いったいいつ河野明子アナの結婚報告があるのか?」
と思って見ていたら、オープニングでもなく、スポーツコーナーでもなく最後の最後だった。
 まあ、意地悪く言うと
「最後まで引っ張りやがって」
となるけれど、冷静に考えれば番組の冒頭で
「私結婚します!」
と笑顔ではやれば大ひんしゅくかったと思うので、当然といえば当然と思う今日この頃でもある。。。。

 だけど、河野アナといえば慶大ラクロス部時代から交際していたラクロス部のコーチと結婚真近という報道が大昔にあったし、報ステの22上のスタッフとの同棲が報じられたけれど、こんなことになっていたのね。
 でも
「よく今まで報じられなかったのよ、たいしたもんだよ」
と感心する今日この頃でもあるのだ。。。。

 余談だけれど、昨日のサンジャポの中の番宣でTBS小林麻耶アナがVTR中
「青木ゆうこりん、今度一緒に遊びましょうね!」
と笑顔で言っていたのを苦笑いで見ていた青木アナの方に好感をもっているのは小生だけだろうか?

 河野アナは、幼稚舎から慶大で父親は医師って、どっかで聞いたことあるような経歴だ。青木アナは、名門浦和一女から慶大というのも
「いかにも」
ってコースで妙に納得してしまう今日この頃でもあるのだ。。。。
P1030981_2
(もう食べられません)


 で、たまたま見た報ステでトヨタの社長さんが
「100年に1度の不景気で・・・・」
と言っていた、たしかにこの
「100年に1どの不景気という表現はよく使われるけれど本当だろうか?」
100年前の不景気というのをどの時代のことを指しているかわからないけれど、
「そこまではひどくないのでは?」
と思う今日この頃でもある。

 実際、お歳暮見たって、そこまで売れてない雰囲気じゃないしね。
「100年に1度の不景気がこれくらいの悪さで済むんだったらすごくうれしい」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 だけど、人間ながいこと生きていると
「戦争・地震・100年に1度の不況」
に出くわす可能性がある、父親は戦争のみ経験して亡くなったし、母親は戦争と100年に1度の不景気は経験したけれど、
「できることなら地震だけは経験せずに終わりたい」
と語っている。

 繰り返すけれど、これが100年に1度の不景気ならば
「3つのうち1つだけで済めば超ラッキー」
と思う今日この頃でもあるけれど、
「少なくとも地震だけ経験するんだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。

 まったくの余談だけれど、100という数字には思い出があって、学生時代女性にアプローチして他の男に敗れ去ったM田君が
「俺とあいつだったら100人が100人俺のこと選ぶよ普通!」
と悔しがっていたの思い出してしまった今日この頃でもある。。。。
 ちなみに、それ以降M田君のことを
「100人M田」
と我々は密かに呼んでいたことを彼は知らない。。。。。

 この不況の中で一人勝ちを続けるユニクロの柳井社長がカンブリアン宮殿で語っていた
「チラシは私共からお客様へのラブレターである」
この一言に
「しびれてしまった」
 先日も書いたけれど、日経ビジネスで語っていた村田昭治慶大名誉教授の
「お客に愛情を注げは、必ず愛情を返してくれます」
という言葉と全く同じである。

 小生にとってはチラシではなく
「メルマガと正念場での声掛けによる呼び込みがお客様へのラブレターである」
でも、それはただ単にお客様へのラブレターでなく、
「私はこの商品をこんなに愛してます、こんなに素晴らしいから是非皆さんにも味わって欲しい」
という思いをこめて書いている。

 まだまだかもしれないけれど、この冬は伝わっているような気もする。だけど、
「どうしても仕事を離れた女性へのラブレターは伝わらないんだよなあ」
とつくづく自らのふがいなさを実感する今日この頃でもあるのだ。。。。。

|

« 12月21日(日)自殺行為 | トップページ | 12月23日(火)沢木さんの本には重大な難点がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/43497370

この記事へのトラックバック一覧です: 12月22日(月)100年と100人:

« 12月21日(日)自殺行為 | トップページ | 12月23日(火)沢木さんの本には重大な難点がある »