« 12月9日(火)余裕を持ち続けたい | トップページ | 12月11日(木)社長と先生 »

12月10日(水)根津でたいやき

 昨日の通夜に続いて今日は告別式。
 告別式といえば
「10時または11時開始」
というのが定番なんだけれど、何故か中途半端な12時開始。
 
 ということで、朝は通常通り出勤してから地下鉄に乗って根津へ向かう、
「根津というと、いかにも泉麻人さんだったら、それこそ散策本1冊くらいかけそうなイメージがある」
ということで、
「ちょっと早めに行って、下町の人情味あふれる店で昼飯でも食ったろうかい!」
と思ったんだけれど、めぼしい店は全く見つからず。

 唯一気になったの店が
根津のたいやき
なんというか
「いかにも!」
ってにおいがしたので、速やかに列へ参戦して1個いただきました。
P1030880
(根津のたいやきやさんへ参戦)


 大きさは普通だけれど
「外の皮はカリっとしていて、中はしっぽまであんこがギッシリ。」
という表現がピッタリですね(かなりありきたりの表現)
 でもかなり甘さ控えめ過ぎて小生的には・・・・・ 

 だけど、
「たいやきの褒め言葉って、あんこがしっぽまでギッシリ」
というのが定番だけれど、そんなに心配だったら
「今川焼きや大判焼き、回転焼き(地方によって呼称が違う)を食べればいいじゃん」
と思う今日この頃ではあるけれど、
「たいやきに思いいれがある人はいかにも多そう」
という今日この頃ではあるのだ。。。。

 今川焼きといえば、中学生の時に通った
「三田の慶應仲通り中ほどの角に今川焼きとお好み焼き店があった」
テイクアウト専門の店で、
「今川焼き60円、お好み焼き150円だか200円だか」
だった記憶があり、もちろん校則違反であるが、食べ盛りの小生は日々愛用していた。

 今川焼きは
「あん・クリーム・チーズ」
と3種類あったけれど、小生のオーダーは専らクリーム。
 なんというか、
「こんなチーズなんて食えるかよ!」
とここでも食わず嫌いぶりを発揮していたけれど、高校か大学の時に再訪し意を決してチーズを食べたら美味しかったと記憶している。
P1030877
(皮はパリっと)


 告別式が終わり、町屋の火葬場へ転戦。
 車中、導師様と同乗することになり、色々と疑問を投げかける
うし  「引導を渡すの、引導はいつ渡したんですかね?」
導師様「2回あって、なくなる直前と、さっきです」
うし  「お焼香は何回がいいんですか?」
導師様「宗派というより、地域によって昔からの習慣で決まってるみたいですね、色々説があるので分           かりません。」
うし  「仏教的には、この火葬する前と後は意味合いが違うんですか?」
導師様「火葬は明治時代に勝手に決めたことだから、全く意味合いはないです」
なんて、質疑応答をしている間に町屋へと到着。

 到着はしたんだけれど
「まだ、お釜が空いてませんのでしばらくおまちください」
との係りの方の言に従い、ロビーにて待機。

 で、いよいよそのときが来たんだけれど、よくテレビで見るような
「ちょっと待て!おばあちゃんはまだ生きてるんだ!」
なんていう場面もないまま、お釜のふたは固く閉ざされたのだった。。。。。

 およそ40分ほどで焼き上がりました。
 高級菜ばしでお骨を骨壷に収めますが、
「2人1組で骨を持ち上げるけど、このあたりの意味合いは何だろうか?」
でも宗教的にはさっきりの理屈だと関係なさそうだしねえ。

 係りの方が
「この年齢の方にしては、骨が一杯残ってます。少ない方はこの半分くらいですよ」
なんて言われると
「一同、妙に笑顔になったりする」
あのあたりの心理状態はなんとなく微笑ましい。

 式場へ戻り
「繰上げ初七日」
これもよく分からないけれど、想像するに
「死んだ人を7日くらいは覚えておいてあげてくださいよ!」
という趣旨なんだと思うけれど、その日中にやっちゃうからね。

 だったら、思い切って
「繰上げ49日までやってしまう時代も近い将来あるのでは?」
と思うと同時に
「そこまでやると、お寺の経営があやうくなるからやらないだろうなあ」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。

 だけどなんというか、何代も前から菩提寺が決まっていると
「もう変更って出来ないのだろうか?」
実際のところ和尚さんだか、お坊さんだか、導師様だか分からないけれど、
「周りにいる方はあまり尊敬できる方がいない」
ぶっちゃけなところ
「この人に引導渡して欲しくないし、お経読んでもらいたくないし、お金払いたくない」
っていうのが本音でもあるよね。

 実際お値段だって
「戒名は○円で、通夜と葬式出張費用で○円」
これも競争原理が働かないから
「100%言い値だよね」
小生も父親の葬式の際に交渉しようとしたけれど、全く交渉の余地がなかった記憶がある。

 どうもこの世界はよく分からない、それこそ
「昔は僧兵なんていたんだろうしね」
神社は好きなところへお参りにいけばいいけれど、
「お寺は選べないしなあ、だけど青山霊園とかのお墓の方は菩提寺って概念とかあるのだろうか?」
なんて思いつつ
「CSにて人間の条件」
を見てから疲れ果てて早々に就寝。。。。。。

 

|

« 12月9日(火)余裕を持ち続けたい | トップページ | 12月11日(木)社長と先生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたくし、今<三田>の近くに住んでまして、慶應仲通りもよく通るのですが、、たいやき屋さん、見たことなかったような。。fish
まだ存在するのでしょうか?
ミスドも無くなりましたしね、、、あの辺りのお店屋さん、結構変わったような。。。typhoon
まだ<麻布ラーメン>は、挑戦してないんですヨmotorsports

投稿: lilia | 2008/12/11 23:11

 仲通りの店はたいやきではなく、今川焼きでした。田町から慶應へ向かって左に曲がる角にあったのですが、もう消滅しているようです。慶應御用達の制服屋というか紳士服やさんもたくさんありましたが、原さんとか望月さんとかもなさそうですね。
 喫茶店のペナントはまだ現存しているとの報告が先日ありましたので、是非とも一度参戦してみてください!

投稿: うし | 2008/12/12 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/43378657

この記事へのトラックバック一覧です: 12月10日(水)根津でたいやき:

« 12月9日(火)余裕を持ち続けたい | トップページ | 12月11日(木)社長と先生 »