« 10月2日(木)ありがとうとお客さんに言われる店 | トップページ | 10月4日(土)考え込む »

10月3日(金)だから九州

 サンロイヤルといえば、もちろん
「桜島を眺めながら入る朝風呂」
が基本中の基本なんだけれど、今日は時間がなく断念。。。
P1030002
(おはようございます)


 8時のリレーつばめに乗り込んで北上、車中で南日本・日経・日刊を読んでいるうちに新八代駅に到着。ここでリレーつばめにお乗換え、ちょっとウツラウツラしてレッツノートに向かっているうちに、鳥栖にて下車。

 ここで、みどり号へお乗換えなんだけれど、お時間があるので
「名物かしわうどん」
をかっ込む、相変わらずここの駅そば(うどん)は日本一だ。なんというか、かしわのおだしがよく出ていておツユを飲み干してしまいそうになるのが厄介といえば厄介だ。
P1030003
(名物かしわうどん)


 鳥栖は鹿児島本線と長崎本線の分岐点というわけで次々と特急が入っては去っていく。衝撃的だったのは
「はやぶさ号熊本行き」
まあ来年3月に廃止が噂されているけれど、確かに1車両2~3人しか確認することが出来なかった。
 その2~3人も老人とマニアが半々といった感じ、もはや空前のともし火だろう。なにより俊足揃いのこの区間ではダイヤを組むのもたいへんそうだ。後ろがリレーつばめだと困るからだろう、続いて登場したのがゆふいんの森だった。。。。
P1030004
(はやぶさ号とは。。。。)
P1030006
(ゆふいんの森も続いて登場)

 みどり号車内、2日遅れでようやく手に入った週刊文春
「政治広報センター社長 宮川隆義氏による 衆院選「300選挙区」完全予測」
を熟読、その驚愕の内容に衝撃を受ける。

 ただ、その驚愕の内容といっても自民党の議席数ではなく宮川氏の2つの昔話
「小泉氏が初当選したとき、彼は我が家で選挙速報を見ていた。「おい純ちゃん、間もなく当確になるぞ、万歳にいかんゃー」と私に促されて事務所へ向かった」
「息子の進次郎は子供の頃、孝太郎と一緒に小泉に連れられて、三浦海岸にあった私の別荘に海水浴に来ていた」
という小泉氏との関係を語ったネタと

 故・中川一郎氏の後継問題で、鈴木宗男氏と中川昭一氏が揉めたとき
「私が故・一郎氏の後見人だった福田赳夫元首相を野沢の自宅に訪ねて相談した結果、「嫡男だよ」の一声で決着した」
という2つの心温まるエピソードを披露しているからだ、まあ当落予測とは全く関係ないと思うけれど、
「俺はこんなに政界の裏事情を知っているから、説得力あるだろう!学者なんかとは格が違うんだよ」
というアッピールとしては非常に有効と心から敬服する今日この頃ではあるのだ。。。。。。
P1030007
(ここへ帰ってきました)


 なんて文春を熟読しているうちに、無事早岐駅に到着。ここでお迎えの車にのって、まずは昼食会場である、おなじみの
「うず潮」
さんへ参戦。。。。。
P1030017
(すっかりおなじみ)
P1030008
(白い黒鯛)
P1030009
(透き通るイカ)
P1030010
(ゲソ)

 うず潮さんといってもJR東日本の回転寿司ではなく、本当のうず潮のそばにあるお店なのだ。ここで超新鮮なお魚をふんだんにいただく。白い黒鯛・水いか・あわびなどなど。。。。。。
 まあ、もちろん新鮮なお刺身も美味しいけれど、最後に出てきた
「鯛の卵の煮付けとアラカブの味噌汁とご飯」
これがなんといっても最高でございました。
P1030011
(あわびのバター焼き)
P1030012
(アラの煮付け)
P1030014
(たらこではなくたいこ?)
P1030013
(アラカブの味噌汁と白いご飯)

 で、食後は肝心要の
「みかんの視察」
正直なところ
「もうそんな季節なのかあ!」
とつくづくおもう、今日この頃でもあるのだ。
P1030020
(まだまだ青い)
P1030021
(シートを全面に敷くのだ)

 冷静に考えると
「この一年間一体自分は何してきたのだろうか?少しは成長したのだろうか?」
なんて自問自答してしまうけれど、もちろん答えは分かりきっている。
 全く成長してないもんね、それに比べてここのみかん
「出島の華の生産者の方々は本当に偉大だ!」
本当に研究に研究を重ねて、毎年毎年美味しいみかんを作ってくれている、所詮小生なんか能書きだけ偉そうなこと言ったって何もできやしないからね。
P1030023
(心が休まるのだ)


 昨シーズンの出来が素晴らしかったので
「来年は期待しないでくれ」
と言われていたんだけれど、どうやら今年も昨年よりは落ちつけれど、まずまずの出来映えのようでまずは一安心。。。
P1030026
(あと一ヶ月半頑張ってくれよ!)


 産地を隅々まで回ってから、みどり号にて博多へ。正直、今日は色々と思うところあって心底疲れてたので、珍しくホテルで食事を済ませ、ホテルで考え事をしてユックリしていたら、小生が福岡に潜伏中ということを察した方から電話が入る。

 ちょっと袋小路に入り込んでいたので、
「心からありがたく思う」
今日この頃なのであった。。。。。
 ちょっと遅い時間なので検討する間もなく
俺たちの地鶏家 鳥ZEN亭
さんへ参戦。

 鳥ZEN亭さんは、銀座鳥善さんと同じ経営。鳥善は高級店、こちらは
「俺たちの」
と名乗っているくらいだから、非常にカジュアルなお店だ。
P1030028
(地鶏の塩焼き)


 まあ、小生はもう晩御飯を済ませているので、2・3切れつまむ程度。色々あるけれど、こういうときに相談というか気を紛らわせてくれる方が福岡にいらっしゃるというのはありがたいものだ。
 鹿児島にも尊敬する人と料理があり、素晴らしい温泉もある。長崎にも、心から尊敬できるみかんの作り手もいらっしゃる。
P1030029
(とりなべ)


 まあある意味
「それが福岡!それが鹿児島!それが長崎!それが九州!!」
ということなのだろう。だから、愛してやまない今日この頃なのである。。。。。。

|

« 10月2日(木)ありがとうとお客さんに言われる店 | トップページ | 10月4日(土)考え込む »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/42704558

この記事へのトラックバック一覧です: 10月3日(金)だから九州:

« 10月2日(木)ありがとうとお客さんに言われる店 | トップページ | 10月4日(土)考え込む »