« 10月30日(木)世界のG田と自己責任 | トップページ | 11月1日(土)みち子さんは石田えりの方が・・・ »

10月31日(金)村田君のマーケティング論と「愛」

 早いもので今日で10月も終わり、あと2ヶ月で来年である。今日は、とにかくたまりにたまったデスク上の雑務を徹底的にこなす一日。

 まあ、それはそれでいいんだけれど、やはり
「あまり建設的な作業ではない」
まあ、所詮は一週間ほおっておいてもほとんど問題ない事ばかりだから、慌てて行動に移す必要のないことばかりなわけだ。

 ひと段落してから、日経ビジネスを読んでいたら巻頭の有訓無訓のところで
「村田昭治氏が登場している」
村田君といえば、小生に数少ないAを与えてくれた偉大なる教授(現在は名誉教授)である。

 タイトルは
「マーケティングは「愛」愛情なき商売から脱却を」
という非常に村田君らしい表現方法が変わっていないのがうれしい限りだ。

 要約すると、
・戦後、日本を悪くしたのは「能率・マニュアル・標準化」
・店のよる違いがなくなる、「商売のコモディティー化」が進み、人間のコモディティー化が進んだ
・外で老人が待っているのに、10時キッチリにならないと開店しない百貨店は愛情がないのでは?
・マーケティングは子供を産み育てることだ!
・お客に愛情を注げば、必ず愛情を返してくれる
・これからの商売は、顧客満足だけでなく、顧客幸福を追求しなければならない
・経営者自身が愛情を失っているから会社が乾燥化している
・とにかく、愛情の糸をもう一度紡ぎ直すところからやり直さなければだめだ!

 ということなんだけれど
「全くもっておっしゃるとおりだし、大いに反省しなければならない」
と思う今日この頃ではある。

 余談だけれど、村田君はゼミ生を中心に270組ほど媒酌人を務めてきたとのことだけれど、
「あのとき村田君の門を叩くべきだったのでは?」
と今更ながら後悔する今日この頃ではあるけれど、
「毎週万字レポート」
という恐ろしい評判があり断念したけれど、
「まあ一度も授業に出席しないでAを獲得したということは、彼は小生に教えることなど何もなかったのでは?」
という気がしないでもない今日この頃でもあるのだ。。。。。

 でも本当にちょっと文字で書くと恥ずかしいけれど
「愛」
なんだよね、別に
「歌舞伎町のホストクラブへ行こう」
というわけではないだけれど、商売に関しては多少なりともここまでこれたのは
「お客様へ愛が少しは伝わっているということなんだろう」
しかしながら、一方で私生活が全くだめなのは小生が
「相手に何をしてもらいたいかしか考えていないからではないだろうか?」
やっぱり
「まずは相手に何をしてあげられるのかを考えるべきなんだと」
分かってはいるんだけれど、
「そういうことを考える相手がいないなあ~」
と思う今日この頃でもあるのだ。。。。。。

 夕方から三連休前の金曜日ということで東京駅は大混雑だ、のぞみ・ひかり・やまびこ・こまち号は全て×がついていた、景気が悪いっていったって
「三連休ともなれば皆さんお出かけになるんだから、まだまだ大丈夫なのでは?」
と思ってしまう今日この頃ではあるのだ。。。。。

 政府の緊急経済対策とやらを発表する席で麻生氏は
「3年後の消費税増税をセットで発表した」
 これをどう考えるかは色々あるけれど、
「とにかく住宅ローン減税や高速道路割引もあるし、3年後に消費税も上がるから「家と車を早急に買いませう」」
という人が多いのか?
「3年後に消費税が上がってますます生活が苦しくなるんだから、もっとお金を溜めておこう」
と考える人が多いのか?

 小生には分からないけれど、たしか小沢一郎君が昔言っていたけれど
「まず消費税を3%に下げて、そこから毎年1%づつ上げて最終的には8%だかにする」
まあそうすると
「いきなり高い買い物を買うし、毎年駆け込み需要が起きる」
ただ、毎年消費税上がる月は消費が一気に冷え込むという面もあるけれど、
「なかなか理にかなっているじゃん」
と思うのは小生だけなのだろうか?
 みんな単純なんだから、
「もっとも減税を実感出来る形で減税するのが最も効果的では?」
と思う今日この頃ではあるのだ。

 それこそ、サラリーマンの場合
「自分が毎月、住民税・所得税・厚生年金・健康保険でいくらづづ引かれているかって正確に把握している人なんてかなり少ないでしょ?」
まあ、正確に把握させないように天引き制度を導入したんだろけれどね。

 あと麻生氏が、
「ここで消費税UPを公言したということは、これを総選挙の争点にするつもりなのだろうか?」
ここのところの
「新聞の論調も消費税UPだし」
先日見た
「TVタックルでは、たけしも消費税UPを主張していたのには驚いたけどね」
だから
「こう言えばマスコミや世論も味方して選挙の負け方を少なくできるのだろう!」
と思ったのだろうか?

 それとも
「一応財源を言っておかないと、民主党を批判できなくなるという程度のことなのだろうか?」
ちょっと考えこんだけれど、
「どう考えても、この人からは愛が伝わってこないなあ」
と改めて思う今日この頃ではあるのだ。。。。。。。


|

« 10月30日(木)世界のG田と自己責任 | トップページ | 11月1日(土)みち子さんは石田えりの方が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/42974133

この記事へのトラックバック一覧です: 10月31日(金)村田君のマーケティング論と「愛」:

« 10月30日(木)世界のG田と自己責任 | トップページ | 11月1日(土)みち子さんは石田えりの方が・・・ »