« 9月4日(木)このタイミングだからこそサウナ。。。 | トップページ | 9月6日(土)食べてばっかしIN大阪 »

9月5日(金)水炊き 長野さんへ参戦

 N700系のぞみ号にて西下。山陽新幹線といえばもちろん
「ひかりレールスター」
が最善なんだけれど、接続の関係からこうなったのだ。
001_2
(予想外に混雑していたN700系のぞみ号博多行き)


 言うまでもなく
「東海道山陽新幹線は西へ行くほど空いてくる」
ということで、新大阪の時点でガラガラかと思ったらそうではないのに驚く。
 
 AC100が常備されている窓側席を確保するのも楽勝ではなく、
「エクスプレス予約でも2人席のE席は最後まで満席だった」
まあ、3人がけのA席からC席まで3席独占したので快適といえば快適。
002_2
(AC100を完備)

 
 飛行機の場合は絶対通路側だけど、新幹線は絶対窓側だよね。
 でねえ、こののぞみ号は
「およそ5分遅れで新大阪に到着してきた」
実は、新山口での接続が8分なので結構ギリギリ。

 とはいえ、常識的に考えれば
「ここからは遅れを回復するはず、少なくとも遅れが拡大することはない」
と確信していたけれど、車掌さんに尋ねると
「これはN700で目一杯のダイヤなので、回復はほとんどしないですね。一応接続の依頼をしてみましょう」
とのこと。

 そうこうしているうちに、まもなく岡山で放送が入り
「快速マリンライナーは接続が決定しましたが、ご乗車の方は7号車へ集合してください」
なんて言っている。

 まあ、マリンライナーとのぞみ号は元々接続ダイヤになっているんだろうけれど、
「快速やまぐち号」
の場合はちょっと不安ではある。
003_2
(山口線の気動車に接続)


 結論からいうと、
「無事接続してくれて、1分遅延」
一応、待たせては悪いと思い走った走った。
「山口線といえばSL」
 元々なぜ国鉄時代にこの山口線にSLを走らせたかというと、
「東京からこれ以上遠くなると飛行機を使われてしまうから」
という理由だったらしい。
 まあこのあたりが東京から新幹線利用の限界点ということなんだろうけれど、20年前のひかり号ではここまで来るのも大変だったろうと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
007
(一応県庁所在地の駅なんだけれど。。。。)


 一応、山口は県庁所在地なんだけれど、
「あまりにも寂しく衝撃を受ける」
目的地まで徒歩10分程度なんだけれど、かなりヤバイ気配だ。
005_2
(再生なるか?)


 滞在1時間ほどで商談を終え、山口から新山口へ戻る。ここは接続がうまくなく50分ほど時間を潰してから
「ひかりレールスター」
に乗って、小倉で再度途中下車、ここで更に商談を1件済ませ、最後はこだま号で博多へ。。。。。
008
(さらに西へ)


 余談なんだけれど、AC電源があるのはうれしいけれど
「やっぱり山陽区間のトンネルは携帯の圏外がほとんど」
ドコモのFOMAカードも役に立たない、来年にもN700系でのLANが利用できるようになるとのことだけれど、もう実際には利用できそうなんだから実験でもいいからサービスを始めて欲しいと思う今日この頃ではあるのだ。。。。。

 天神へ出て、ここでも商談を済ませ。今宵の宿である
「西鉄グランドホテルへチェックイン」
いつものように、とりいそぎ
「ビスケットシュー他」
をいただき、一息つく。。。。。
009
(大好物のビスケットシュー)


 で実は今日は大きなハプニングが発生、
「なんと携帯が故障」
メール他は全く問題ないんだけれど、
「通話が出来なくなったのだ」
ドコモショップへ駆け込んだら、完全に壊れてしまったようであり、他にもたくさん故障ポイントが見つかってしまったので、思い切って機種変更をするか大いに悩むところではあるのだ。。。。。

 福岡での会食は
水炊きの老舗 長野さん
お店が22時までなので、1時間ほどという条件で参戦。
010
(水たき 長野さんへ参戦)
011
(酢モツ)

 まあ、あまりにも有名なお店なんだけれど、恥ずかしながら初参戦なのだ。大きな鍋に鶏ガラでとった白濁したスープがグツグツと煮えてくる。
 まずは、スープなんだけれど塩を加える必要もなく丁度いい塩梅
「いやあ、すばらしいお味だよね!」
もうなんというか、ずうっと飲んでいたいくらいの美味しさでした。
012
(大きなアルマイト?の鍋で!)
013
(骨つきのお肉が一杯沈んでいるのだ!)
014
(このスープが最高♪)


 で、いよいよ骨付きのお肉
「これが、またプリプリで!!!!」
甘めのポン酢とよーくあって、とってもとってもおいしゅうございました。
 つくねもたまらん美味しさだし、お野菜までとっても満足させていただきました。途中、骨付きのお肉だけはお代わりしてしまひまひた。。。。。。
015
(メチャうま!!)
016
(続いてツクネ)
018
(これがもう、とろけそうなのよ)
020
(お野菜もたっぷりと)

 しめはもちろん最高のスープでつくった
「ぞうすいとから揚げ」
このおいしさは、もう声がでなくなったよねえ~
021
(このぞうすいがなんとも。。。。)
022
(懐かしいお味がするから揚げ)

 まあ、これで終わればいいんだけれど、軽くデザートに
鉄なべ餃子と焼きそば(爆)」
このほぼ満腹な状態でも美味しく食べられるんだから、この餃子の偉大さを再認識する今日この頃ではあるのだった。。。。。
024
(軽くデザート1)
025
(デザート2)

 気分よく歩いてホテルへ戻ったら、なんとエレベーターで
「ボビーと一緒になってしまった!」
しかも米国人コーチと一緒に機嫌よく盛り上がっている。
 思い切って
「ワット ア ハード ネゴシエイター ユー アー!」
とか話しかけようかとおも思ったけれど、英語で返されても困るのでやめておいたシャイな小生なのであった。。。

 ところで、自民党総裁選。
「与謝野馨まではよかったよ」
でも、そのあとの
「石原だ、石破だ、挙句の果ては山本一太などなどなど・・・」
まで名乗り上げちゃってさあ。。。。
026
(気分よくホテルへ帰ったら)


 皆さん
「売名とキャリアアップ?」
が目的なわけじゃないですか!ただ、今回よく分かったのが
「麻生太郎ってやっぱり人望ないのね」
あれだけ血統がよくてお金持っているのに、基本的に党内でも所詮弱小派閥の長だし、いかにもアンチが多そう。
山崎・古賀連合とか徹底的にやりそうだしね。
 
 対抗馬と見られていた
「小池百合子も同じだよね」
まあ、この人の場合はあんなに政党移るような輩だから根本的に相手にされないのは当然だけれどね。
 
 ただ、やっぱり昔の自民党総裁選といえば
「椎名裁定とか竹下さんとか」
そういう大物が仕切ったけれど、もうそういう人もいないのね。

 いかにも終わった後にになって、森喜朗君が
「あれは俺が仕切ったんだ」
とか田原総一郎相手に自慢するんだろうけれど、
「実質彼には全く力がないんだろうなあ」
とつくづく思う今日この頃ではあるのだ。。。。。
 まあ、ある意味そういうところが
「彼の愛すべきところ」
なんだけれどね。。。。

 まあ、しかし
「皆さん本当に20人集められるのかしらん?」
と人事ながら心配する今日この頃ではあるけれど、昨日の時点とはうってかわって
「ここまでやってしまうと、自民党の末期症状を見せ付けるだけ」
という気がして、非常にうれしい今日この頃ではあるのだ。。。。
 
 でも正直なところ麻生太郎でなくて与謝野馨さんが総理になって
「私と小沢さんとどちらを選ぶんですか?」
と問われたら、大いに悩んでしまう今日この頃ではあるのだ。。。。。

|

« 9月4日(木)このタイミングだからこそサウナ。。。 | トップページ | 9月6日(土)食べてばっかしIN大阪 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/42399593

この記事へのトラックバック一覧です: 9月5日(金)水炊き 長野さんへ参戦:

« 9月4日(木)このタイミングだからこそサウナ。。。 | トップページ | 9月6日(土)食べてばっかしIN大阪 »