« 8月5日(火)灼熱の甲子園 | トップページ | 8月7日(木)ラパウザと擬似恋愛 »

8月6日(水)年金特別便と 6/7

 今朝は早い時間からバタバタ、事務所にこもってパソコンを闘う。昨日、一日放置しておいたメール・電話などの対応に追われる。それにしても
「各スポーツ紙の1面が塾高初戦突破!」
とは驚いた。
 
 なんだかんだいっても
「慶應というブランド」
の大きさを改めて実感する今日この頃ではある。
 これが、慶應志木とか慶應湘南藤沢とは違って慶應高校というところにバリューがあるのも確かだと思う。一応、普通部時代に優勝している古豪だしね。

 まあ、それはそれとしておいておいて実は大いに納得いっていないのが昨日の
「レベルエックス号の不可解な敗戦」
昨日甲子園で会った角南氏のコメントによると
「調教師が逃げろといったのに、騎手が無視した」
まあ、簡単にいえば
「ヤラズ=800丁」
と言うことなんだと思う、いまどきこういうことが平然と行われているとは衝撃を受けた。

 まあ、
「なに、今更そんなこと言ってんだ。あの賞金なんだから当たり前だろ!」
といわれたら返す言葉はないけれど、2歳戦のJRAトライアルでこんなことが行われているとは正直ビックリした今日この頃ではある。
 
 とはいえ小生、そういうヤリ・ヤラズとかを全て否定する気はもうとうない
「そういうのを含めて競馬だ!」
と理解しているからね、でも当事者になってみると困るのが正直なところではある今日この頃ではある。。。。

 帰宅すると
「年金特別便」
が届いていた、結構封を切るときはドキドキする。この開封のドキドキ感というのは
「高校生の3月以来ではないだろうか?(爆)」
 小生の場合は、大学生のときに国民年金に加入、就職して厚生年金、そして転職といった感じだ
「田村で金・谷で金・母で金」
とは違うかもしれないけれど、3つのステージで年金を払っている。(余談だけれど、柔ちゃんもすっかりヒールになったよね。皆さん1回戦で負けることを結構願っているのではないだろうか?)
P1020220
(やってきました年金特別便)


 これが継続されているかが最大のポイントだったんだけれど
「おかげさまで全く問題なかった」
一安心だけれど、まあ当たり前だよね。。。。
 こんな当たり前のことで安心するんだから
「この国の行政のやばさ」
を再認識する今日この頃ではある。。。。

 だけど、今更だけど小生が大学生時に学生も全入となったのだ。
「ある意味高校生でなくてよかった(爆)」
 けれど、当然のごとく自分では払っておらず親に払ってもらっていたのだ。
「ということで、親には人より多めの学費(爆)と老後の面倒まで見てもらっていた」
ということになる。改めて深く御礼を申し上げる次第である。

 当然のことなんだけれど
「どう考えても学生さんからも徴収するのは無理だと思いませんかね?」
こういう無謀な発想からして仕組みが破綻していると思うのは小生だけだろうか?などと思いつつ早々に就寝。。。。

 床についてから、りくおさんのブログを見ていたら、
「なんと既に昨日の甲子園編がアップされているではないか!」
普段、平日のアップは滅多にないので、今回のイベントの大きさを再認識する次第である。
 
 しかし、りくおさんが
「ホテル阪神のサウナと水攻めはよかった」
と書いてあるので、今回のプラン提唱者としては大変うれしく感じる今日この頃ではある。
 
 だけど、りくおさんがこの日記を
「一体どこで更新したのか?」
については、小生には想像すらできないのだ、ただ
「6/7」
という数字の重さだけを再認識する今日この頃ではある。。。。。

|

« 8月5日(火)灼熱の甲子園 | トップページ | 8月7日(木)ラパウザと擬似恋愛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/42088211

この記事へのトラックバック一覧です: 8月6日(水)年金特別便と 6/7:

« 8月5日(火)灼熱の甲子園 | トップページ | 8月7日(木)ラパウザと擬似恋愛 »