« 7月21日(月)エロージュ号衝撃のデビュー! | トップページ | 7月23日(水)かっとびハート »

7月22日(火)オール3

 朝メールを確認すると、ある方から添付ファイルで
「ご子息の通信簿が送られてきた」
まあ、正直そんな究極の個人情報を他人に送りつけることだけでもビックリなんだけれど、よーくみると

 3段階で
「オール3」
なのを確認してさらに度肝を抜かれた。
 ちなみに学業以外の
「生活のようす」
とやらも
「全て2段階のオール2」
ということは、
「これ以上完璧な子供はいない」
ということになる。。。。。。

 今の小学校の評価が
「絶対評価なのか?相対評価なのか?」
は子供のいない小生には知る由もないけれど、なんとなくだけれど
「絶対評価と称して、皆さん総じてよい点数がついているのでは?」
と勘ぐってしまう今日この頃ではある。。。。

 だって、噂では小学校の徒競走で
「手をつないで走って皆で一緒にゴールする」
らしいじゃないですか。

 たしか小生が小学校の時は、低学年の時は普通に出席番号だか背の順だかで走ったけれど、高学年になったら事前に予選が行われて
「遅い奴は遅い奴だけで走ったような記憶がある」
競馬で言うと新馬戦の前に
「能力試験をやる」
ような感じであるけれど、これはやっぱり不公平であるといえよう。

 たしか小生も肥満児の仲間達とともに走って、3着だかになったけれど、前の組とかに編入されたらブッチギリの最下位に決まっていたからね。
 南関東競馬でいうところの
「C3-10組」
みたいなものだけれど、競馬の場合は格付けが違えば賞金も違うからいいけれど、徒競走の場合は
「名誉だけなので」
不公平と言えるような気がする今日この頃ではある。。。。。。

 まあ、ちなみにその完璧なお子さんのお父さんは
「小生の指導と遺伝子の賜物」
と認識しているらしいけれど、
「親はなくても子は育つ」
の代表例であるような気がしないでもない今日この頃ではある。。。。。

 ちなみに余計なお世話であるけれど、その小学生が成績と生活態度が完璧なのは分かったけれど、多くの人の幸せのために
「口の堅いお子さんであって欲しい」
と切に思う今日この頃でもある。。。。。。

 まあしかしながら、なんだかんだいっても
「お子さんのことを自慢したくて仕方がないんだなあ」
と微笑ましく思う面もあるけれど、だったら
「・・・・・・・」
という気もしないでもないけどね。

 大分の教育委員会の問題も、底なしの感がしてきた。
「小学校への家宅捜索」
につづいて
「大分合同新聞幹部も娘の採用を依頼していた」
ときたもんだ。

 あとは、当然のことながら
「政治家の名前をドンドン出すべき」
なんだけれど、これが不思議なまでに出てこない。出てこないのがかえって怪し過ぎると思う今日この頃ではあるけどね。。。。。

 なんかでも、この
「教育委員会=極悪っていう構図は昔の青春ドラマそのものだね」
大体、型破りな若い先生がPTAや意地悪な教頭先生と教育委員会に目をつけられて、クビになりそうなところを生徒達と理解ある校長先生に救われて・・・・・・

 というのが定番中の定番なんだけれど、いかんせん教育委員会という組織に全くといっていいほどご縁がなかったから、存在自体がよく分からない。なんでも行政からは独立しているようだけれど
「こういう組織が一番怪しい」
と思っていたけれど、本当に腐りきっていたというのは痛快だ。

 ある意味、今まで教育委員会が腐りきっているなんて
「当たり前すぎて誰も言う人もいなかったんだろうなあ」
なんて思いながら早々に就寝。。。。。

 まあ、政界の口利きや
「官僚の腐敗」
なんていうのも全く同じで、周囲のマスコミや番記者なんかは当たり前に知っていても報道しないことが多いんだろう。そういう意味でも、小生は今後もブログを通じて、○○おさんについてお知らせする義務を感じる今日この頃でもある。。。。。。
 

|

« 7月21日(月)エロージュ号衝撃のデビュー! | トップページ | 7月23日(水)かっとびハート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/41940446

この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日(火)オール3:

« 7月21日(月)エロージュ号衝撃のデビュー! | トップページ | 7月23日(水)かっとびハート »